5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

電子書籍のブームがもう去ったわけだが

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/11(火) 00:14:25 ID:Xf+57cl3
電子書籍元年wが終わったわけだが

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/11(火) 00:18:02 ID:D/sargDb
電子書籍は流行るよ
出版社が本気出せば

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/11(火) 09:17:25 ID:f1mO9+rh
2011年は電子書籍の黒船来襲の年になるな
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/ebookint/20101220_415925.html

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/11(火) 11:54:55 ID:v/fVX+ii
いや、もうエンターテイメントで、本買う人が減ったし。
お子様はアニメで十分かも。
難しい本は図書館で借りるし。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/13(木) 07:50:12 ID:18RlXCwe
要するに紙で出ている本を全部電子版で買えるようにすれば問題解決。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/13(木) 09:42:08 ID:5QNn/Vh2
情報弱者切捨て。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/13(木) 13:00:14 ID:QyRGu83o
情報弱者に端末買わせる→ブーム終了→最初にもどる

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/13(木) 16:34:27 ID:5LDHODWE
次の電子書籍元年は何年後くらいなんでしょうね?

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/14(金) 23:43:26 ID:50m1nnbx
前の電子書籍元年は、1990年の中盤あたりじゃなかったっけ。
あと10年は元年来ないな。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/15(土) 05:48:41 ID:ekiFXrtw
>>9
個人的には、去年から不十分ながら活性化してると思うけどね

本屋に並んで無い様な古いラインナップばかりだったのが、仮にも現役で本屋に並んでる本がラインナップされて来たし

欲しい本が全部手に入るってのは遠そうだけど、新規開拓の積もりで見ると以外と読むの有る
(欲しい本は紙で買いつつ、電子書籍で面白そうなの無いか各Store物色してる)


11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/15(土) 12:41:31 ID:xonES7EV
新聞・雑誌ならあと捨てる手間が省けて便利かもしれんが、写しとったりスクラップとかはできないのかやっぱり。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/17(月) 06:05:25 ID:jDdxVzS0
一般人に本を読む為に専用端末を買わせようと思ったら
高くても5000円代理想を言えば2000円代にしないと無理だろw
かと言って汎用端末にしたらマニアの玩具だし、携帯電話関係にでも載せるしか無いっしょ

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/17(月) 07:15:45 ID:ProM0cNj
>>12
5000円代では無く、5000円台ですよね?

あと、すでにガラケーにもスマートフォンにもビューアは無料で搭載出来ますし、最初から搭載されてるものも少なくありません

ニッチな電子書籍専用端末は、関数電卓が現在も\980-\5,680と言うのを見ると、長い時間をかけても\5,000以下は難しいかも知れません


14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/17(月) 07:16:50 ID:ProM0cNj
>>13
あ、\5,000台か
10年後なら、あるいは。。。


15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/17(月) 07:31:17 ID:jDdxVzS0
>>13
ガラケーやスマホって話しになると、かつて専用端末な電子書籍をプッシュしていた方々が
行った画面の大きさ云々って批判が戻って来るんですよね

携帯電話で有る以上5インチ程度のサイズにすると電話機能に支障が出かね無いし
自分も日本じゃ10年くらいは無理かなーと思ってます
日本は紙の本が安いですからねー

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/17(月) 07:50:50 ID:jDdxVzS0
>>9
2000年辺りにも一回有りませんでしたか?
後、携帯マンガの類いのサービスが始まった時もw

何で毎回既存のコンテンツやサービスを全否定する所から始めたがるのかね
本当に不思議だ

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/17(月) 07:58:04 ID:ProM0cNj
>>15
しばらくは、書籍を消耗品と捉える人はガラケーやスマートフォン
(自炊派は除く)

一生ものと考える人は多少高くても専用端末で、それぞれ1割〜2割は移行するでしょう

それ以上は、どちらも品揃えやDRM。部屋の書籍占有率次第でしょうね

今もなお、紙の本に電子書籍は一冊あたりの利便性で判定負けになりますから、紙の本はよほどの事が無い限りは残るでしょうし、専用端末の価格下落も、撤退前以外は緩やかでしょう


18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/17(月) 08:00:06 ID:ProM0cNj
以上、電子書籍天気予報でした


19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/17(月) 10:03:06 ID:6WUOK1cR
一生物と考える人は、現時点では、自炊意外難しいでしょう。
実際に、10年以上前にテキスト化した物はそのまま残っているし。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/17(月) 10:42:16 ID:kpgz1deO
何冊か見たが今のpc ipad等の画面だと見づらい
いちいち拡大とか手間かかるしなぁ
本なら近づければすぐ読めるし、ざっと読みやすい
手間かける割には微妙だよな

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/17(月) 10:50:15 ID:6WUOK1cR
40歳くらいになれば、顔を近づけるより、拡大するほうが快適になるよ。
だから人生の半分くらいは、電子書籍のほうが快適かも。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/17(月) 13:17:51 ID:CRQRVbfY
>>20
PCなら、20インチ以上、1600×1200以上で見るのが普通じゃね?

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/17(月) 13:20:11 ID:ProM0cNj
>>22
ノートの方が多いのに、それを普通と言える感覚が分からん


24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/17(月) 14:10:27 ID:DFjBWhig
>>23
俺は殆どワークステーションでしか作業しないからPCと言えば
設置型を想定してしまうんだな。
そうか、普通の作業に使う人はノートだな。


25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/17(月) 15:11:20 ID:jDdxVzS0
不安なのはメディア(特にネットのメディア)が「これからは電子書籍の時代だ、紙の本は消える」と
言わんばかりの煽り方をしてるんでメーカーの成功のハードルが上がってるように見受けられる事かな?


前回の電子書籍元年から細々とながらも続けて来たシャープも今回失敗したら撤退しやしないかと不安で溜まらん

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/17(月) 16:26:36 ID:6WUOK1cR
ヘタに大きくして採算性が悪化、撤退という可能性はあるな。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/17(月) 16:28:45 ID:jGWx7r5P
こんなもん細々とやりゃいいのに

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/17(月) 17:49:00 ID:OqTd5StG
WSでもUXGAってそんなに多くないと思うんだが…
うちが一掃したからそう思うだけなのかも知れんが

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/17(月) 18:04:29 ID:CCAd6bHZ
>>21
メガネのほうが快適じゃね?

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/17(月) 18:15:59 ID:6WUOK1cR
老眼鏡?
オイラは指示するけど、みんななかなか買わないよ。
それに眼鏡になれていない人は案外苦痛らしいし。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/17(月) 18:38:01 ID:3NPGuPty
>>28
WSでどんな仕事してんだ?
技術計算でも、カルテ参照やCADでも、
UXGAなんて最低ラインじゃねーの?

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/17(月) 21:33:52 ID:w05dc+U7
>>31
CAD
10年近く前に調達したものらしいが、一昨年全部取り替えた
「こんなもんで仕事できるかっ!」って反乱起こしてw

>>22に対してのレスだったんだが、よく見ると「以上」って書いてあるな…
俺の早とちりだった。済まん

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/20(木) 15:30:10 ID:xeXLVjCO
日本の電子ブック市場は悲惨だな。
ラインナップが吾輩は猫であるみたいな古典文学か、変なエッセイとか・・・・
正直やる気無いでしょ?

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/21(金) 00:52:19 ID:WOgyp6R3
出版社や本屋がやる気ないつぶれるから

youtubeみたいに入手困難なものはPDFで無料閲覧可能な世の中まだかな

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/21(金) 11:49:59 ID:4L1j2Jw9
何万冊でも1つに詰め込めるっていうのが素晴らしいじゃないか

部屋もスッキリ。デカイ家に住んでるやつには関係無いなw


36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/21(金) 15:44:44 ID:WOgyp6R3
本はかさばるかから基本的に買わなくなった部屋に1・2冊の電子書籍で済んだら最高
PDF化屋が各駅に一件あれば良いのに

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/21(金) 20:36:55 ID:480L55U8
>>35
クラッシュで全滅すると思うとゾッとするがな

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/22(土) 03:37:05 ID:fByUg+p4
>>37
私もそれが一番怖い
2番目は端末の破損


39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/22(土) 08:18:08 ID:pN716kv2
>>37 >>38
デジカメのデータとかにもそうやってゾッとしてるの? アナログフィルム派?

おれは職場にもデータ置いてるよ
きっかけは、職場でも読みたいときがある&帰宅時にふと読みたくなった本を端末にいれて
帰りたい、ってことだったけど
結果、データのバックアップにもなってる どちらかが火事にあおうが大丈夫
職場じゃなくてもクラウド上に置いておくってのもあり

最低限PCでも読めるコンテンツしかないから、端末壊れて修理中の間はUMPCの出番だな

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/22(土) 08:32:55 ID:fByUg+p4
>>39
バックアップ忘れとかも無い訳じゃないし、画像データも消える時は消えるからね

HDD無事でもマザーとかグラボが逝く時も有るから

データが無事ならそれで良いって訳でも無い

見たい時に見れない状態ってのを経験すると分かる

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/22(土) 08:46:22 ID:pN716kv2
>>40
ん? 心配してるわりには何もしてないってこと?
画像データも消えるときは消える、ってあきらめの境地?
Dropbox、SugerSyncやらRAIDやらバックアップ用ソフトなどなど、意識せずにバックアップできる環境も増えたし
データの同期は昔よりだいぶ楽になったと思う

見たいときに見れない、ってのは昔のはなしでしょ?
スマホもたいていの種類のファイルを閲覧できるようになったし、ガラパゴスみたいな端末縛りの
コンテンツさえ買わなきゃ、見たいときに見れない、なんてことはなかなかない時代になったと思うけど

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/22(土) 09:09:29 ID:fByUg+p4
>>41
いや、外付けHDDとSDカードにもバックアップ取ってるし、一応PCでも読めるよ

ただ、Readerで読む快適さに比べるとストレス溜まる

真剣に予備としてもう一台買おうかと考え中


43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/22(土) 09:14:10 ID:pN716kv2
>>42
なんだw
それじゃクラッシュしても「全滅」しないじゃん

> >>37
> 私もそれが一番怖い
なんていうから

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/22(土) 09:42:08 ID:fByUg+p4
>>43
いや、デスクトップにデータ貯めてたんだが、マザーが逝ってな。。。

いささか慌てた経験が有るんで

PCバラす時間も中々取れんかったし、組み立ては楽しかったのに、バラすのは面倒くさいし



45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/22(土) 11:15:56 ID:IxiDXwsa
でバックアップ無限地獄ですな

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/22(土) 11:19:56 ID:tyFO7TIr
そんなん紙の本でもコーヒーぽちゃとか
火事になったとかありまんがな。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/22(土) 11:26:27 ID:pN716kv2
まあね、自分もバックアップを主目的として職場にも置いてるってわけじゃないし
積極的、神経質にバックアップを意識してるわけでもないし

結局本だから最悪買い直せばいいしな かつ絶版なら素直にあきらめるか中古か

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/22(土) 11:43:16 ID:MPWPUqYL
本は全てPDFで共有にならんかな
図書館はネット上にしかいらなくなるな

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/22(土) 13:02:23 ID:PRhJ19MI
で、カラオケみたいに、閲覧数で、印税貰うわけだ。
悪くないけど、原資は税金方式?

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/22(土) 23:58:58 ID:9MTgWaC0
つーても、電子機器なだけあって、壊れる可能性はやはり高くなるな
今みたいな形態でずっと行くとなると、そこら辺を加味した値段にして欲しくはある

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/23(日) 04:16:58 ID:IIZlkdBw
本棚を圧縮したい
本棚に並べたくない
ダウンロードでこっそり買いたい

って需要だろ?
これはもう社会人に漫画やラノベを読ませる為に存在してるデバイスだろと思うのだが
そのへんが全然充実してないってどういうことだよ 出版社は何考えてんのか
お堅い日経だの経済誌だのは普通に400円出して紙本を買うのに躊躇しないって

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/23(日) 08:43:55 ID:tWW8KXrv
>ダウンロードでこっそり買いたい
この条件から漫画やラノベという選択肢はパッと挙がらないんじゃね?
エロ関係増やせばいいんだよ。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/23(日) 09:08:27 ID:uQ8hLE20
>>52
エロ関係は十分すぎるくらいに電子書籍になってるな

今やエロゲーすらもDL出来る時代だよ

ただ、PC向けが圧倒的過ぎるだけで


54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/23(日) 10:47:33 ID:f0RUSPvS
漫画やラノベは普通でもそこそこ売れるからな。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/23(日) 12:34:41 ID:9X0Xuc7N
>>53
あの端末ではなかなかその用途には向かないのでとw

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/11(金) 16:58:31 ID:3qro6eFm


57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/11(金) 21:52:43 ID:HFhGTuGq
なんかもう電子書籍板自体がいらないよな
電子書籍元年(笑)は何回繰り返せば気が済むのかね
iPadももう下火だし、終了だな

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/11(金) 22:35:20 ID:g75rKSTR
板の場所もどうかと思うね。「漫画・小説等」の中じゃ明らかに浮いてるw

話題の傾向も書籍のないようかん系はほとんど無くて端末の話ばかりだし
ご近所の板と空気違いすぎw

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/11(金) 22:42:27 ID:luGfR026
紙を電子に転記したからって、内容が変わるわけでもない。
その内容を話す板は既に在るしなぁ。

目標が「紙のように読める」である限り、読書として紙は超えられないし。
紙に至らない点を批判されて終わるだけだよ。

アーカイブとかに付加価値を求めるのもいいけど、
それは個々人のライフスタイルと密接に関わった他者の介在できない問題だしな。

60 :美咲 ◆y9synVxvE2 :2011/02/11(金) 22:44:44 ID:qIYkQ3ED
>>57
「圏域は小さいですが情報密度は濃い」そんなビオトープのひとつとして存在はし続けると思うヨ

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/11(金) 22:48:35 ID:luGfR026
>>60
電子書籍の表現はネットと殆ど同じなのに…商売のために区切っただけ。
「電子書籍だから情報密度が濃い」なんて保証はどこにもないよ。

62 :美咲 ◆y9synVxvE2 :2011/02/11(金) 23:04:01 ID:qIYkQ3ED
>>61
触れたのはこの板の存在意義のことね

あえてお答えするなら、ネットでも価値ある情報は有料での開示ですよね。
電子書籍の表現方法や配信方法もまだ過渡期だけれど、そこには大きな可能性をわたしは感じます。
ワクワクしておりますw

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/11(金) 23:32:37 ID:MBTjApC/
まどっちにしてもカテゴリ違いも甚だしいわ。
個人的にはモバイル板でやれよと思うがね。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/11(金) 23:55:39 ID:eR2oJvFq
いやいや電子書籍とは情報商材の事ですからね
この手の詐欺商売は無くなりませんよ

去年一番売れた情報商材は電子書籍事業で儲けるですけどねw

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/12(土) 00:18:06 ID:QWR3X2ca
ああ、電子教科書にでもなれば端末屋は笑いが止まらんだろうしな。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/12(土) 02:08:24 ID:hSiWtcRy
電子教科書ってゴミだな

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/12(土) 07:40:02 ID:tlPvhD2E
電子教科書は普及しないだろw
話題性の為のアピールだよ
子供がPCを一台持つのが当たり前な時代にならないと厳しい
電子黒板はコスト下がれば広がりそうだが

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/12(土) 07:45:33 ID:y8JE1jV9
電子書籍でしか出ていない本ならともかく、そうでないならこの板で
本の内容について話す意味は無いな

だから端末やサイト、業界の動きみたいな話し中心になっちまうんだが
それだとやはり漫画・小説板では相当に浮く気がするw

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/12(土) 08:35:33 ID:1qMff8Oj
pdfやePubファイルの配布を積極的にやってる小説投稿サイトなんか、
文芸書籍サロンじゃなくてここに本スレ持ってきて貰えるといいんだがね

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/12(土) 09:06:29 ID:AQ6XQJLe
電子教科書か
 
・ページを左にスライドするとノートが現れてすぐメモができる
・文字にリンクがはってあって、タップすると参考書がすぐ現れる
・地名などはすぐに地図にリンクされる
・その他特殊用語は辞書にリンクされる
・「問題」ボタンをおすとすぐにその項目の過去問などにジャンプできる
 赤本の過去問とリンクし学校名で検索もできる
・英語は発音がすぐに出る
・アドオン形式で参考書を次々追加でき、どんどんリンクが増える

くらいまで付いてるなら大人でも欲しいが、そこまでじゃないんだろうな

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/12(土) 09:50:53 ID:odKxPAK7
>>69
文章はノーコストのブラウザで読めるし、わざわざ閉鎖環境に来ないよ。
書き手は「電子書籍を作ってる」なんて思ってない…「小説」を作ってるんだし。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/12(土) 10:09:56 ID:I7MWzAIA
まあその通りなんだろうけど、文芸書籍サロンというのもなんか違くね?な気が

電子書籍リーダー使ってる人はどの端末でもコンテンツの貧弱さに嘆いてるから、
ePubを公開してくれてるサイトと電子書籍ユーザーの親和性は結構高い気がす

うまく連携取れればどちらにとっても有益だと思うんだが

「Web書籍・電子書籍」みたいな板がありゃいいんじゃないかなあ

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/12(土) 10:29:55 ID:FdY52KyA
出版社側が電子書籍で売りたい本とユーザーの買いたい本が合ってない状態なんだと思いますね。
今は過去には開いたこともない雑誌を試し読みして面白そうなのを買ってますね。
恐らくそういう本は多いと思うから、新たな書籍の世界を知るツールとして買うという考え方もありますよ。
今日はソトコトっていう雑誌を買ってしまいました。
これはおすすめで配信されてきたのをお試しで読んだのがきっかけですけどね。

だから今まで紙の本になりにくかった、ユーザー層の狭い専門紙も広告活動をうまくやれば十分売れると思うね。
これはいけると思うよマジで。マニア向けのwebサイト作れる人なら十分収入になる。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/12(土) 10:39:03 ID:ektHDBq6
>>72
この板の設置理由がそれなんだから
むしろ端末の話している奴らがモバイル板等に出て行くのがスジってもんだ

74 名前:動け動けウゴウゴ2ちゃんねる[sage] 投稿日:2010/02/23(火) 23:24:40 ID:CAjuMwuq0
【板名】電子書籍・電子漫画
【理由】ttp://enchanting.cside.com/service/freecomic.html
    のようになWeb上にて提供されるWeb漫画等、
    電子書籍の需要が増してきたので。
【内容】Web上等で、電子書籍として提供されている作品、
    及び一般書籍の電子版の作品について語る板。
    書籍には漫画を含む。
【鯖】おまかせ
【フォルダ】ebooks
【カテゴリ】漫画・小説等
【名無し】774日更新
【ID】強制


75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/12(土) 11:18:57 ID:gIDRn28q
筋論はともかく、Web書籍・Web漫画関係はほとんど話されてないね。この板。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/12(土) 12:29:47 ID:QWR3X2ca
>>74
需要は増していないな。煽られているだけだ。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/12(土) 16:09:17 ID:ej1YrE3K
雑談スレの方が向いてるかな

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/13(日) 10:43:40 ID:9K4ZJrje
いや、ハナからずっと冷めた視点で語るのがこのスレだから。
そもそもあんな雑談こそモバ板でやるべ゛きものだ。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/13(日) 10:47:06 ID:FbjEqS/O
日経BPが76億円「損失」してたんだよな
http://www.fx-it.com/blog/2010/04/bp766700.html
 
紙媒体終わりだろ


80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/13(日) 12:53:30 ID:RkZ/aZlx
>>79
電子書籍事業の投資が現時点でまったく回収できないからだろw
リンク先の設備投資のところを読んでみろバカ

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/13(日) 14:42:16 ID:FbjEqS/O
いまBP内部ぐっちゃぐちゃだよ
希望退職とか募り始めてるし。
設備投資回収うんぬんの話じゃない。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/13(日) 16:02:41 ID:HAYF1khM
>>57
何回って俺が知ってるだけでも5回は元年をやってる訳だがw
・パソコン通信で平井和正が書き下ろしを配信。続いて電子書店パピルスが開店
・エキスパンドブックの発表
・.bookとxmdf発表
・携帯電話の電子書籍ブーム
・今回

電脳筒井線は金を取ったのは紙の本何で外した
他にも有りそうだなw

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/13(日) 23:12:43 ID:9K4ZJrje
>>57
前スレでもあったが媒体が違うだけなのにこのカテゴリにあることがナンセンスなんだよな。
文庫板とかハードカバー板を作るようなもの。
あの過疎板のモバ板ですら古いけど結構なスレッド数があるのにココときたら全く笑うしかない。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/13(日) 23:14:10 ID:CJTZT+QI
>>82
そのなかで、まあまあ形になったのは携帯電話の電子書籍だけだな

今回の電子書籍ブームでiPadは脱落したと思う
iBOOKは売り上げの3割上納で、出版社がドン引きしてるから

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/14(月) 00:00:01 ID:te/vIrrO
>>売り上げの3割上納で
紙で印刷したら、流通コストや印刷代考えたらそれどころじゃ済まないんだが


86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/14(月) 00:29:35 ID:+vfGg6HF
>>85
出版社クオリティを保つコストも考えなきゃいかんしな。
やっぱり個人だけで作ってる限り平均クオリティは一段低めだし。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/14(月) 04:21:21 ID:NsQm2G0Z
>>85
タイトルごとに想定される販売数のことを考えたことある?
電子書籍は紙本の数十分の1の世界
広告費を紙本以上に投入しなけりゃ注目されないのに
費用対効果は得られない

流通コストは実売にかかってくるので紙も電子も同じ
印刷代は価格設定でピンキリだけど10%程度で出版するのが普通
販売数を考えたら簡単に吸収逆転される

電子書籍が安くなるとか持論を語りたいなら
ジャンル、価格、販売数の3点を明確にしなければ誰にも伝わらない


88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/14(月) 10:35:40 ID:dBbxnytc
つか、去年の段階でアップルに期待してる連中の気が知れなかったしね
ショバ代ボッタクリはいつもの手口だし

ただ、電子書籍関係者がそれを想定してなかったことに驚いた
これでは電子書籍の未来は暗いかも知れないわ

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/14(月) 16:11:23 ID:+vfGg6HF
>>88
関係者は承知してたんだよね。言わなかっただけ。
紙だけ作ってたコンテンツ制作側が知らなかっただけで。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/14(月) 19:19:34 ID:yqGI9FHx
去年雨後の筍のように出版された電子書籍関係の新書を数冊読めば、
3割酷ければ5割上納の電子書籍の実態は掴めたはずなんだけどね
自分たちが参入する市場を調査してないとか、どんだけおめでたいんだか

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/14(月) 21:06:33 ID:zsKABiBX
ある意味何十年もイノベーションのなかった出版印刷業界の代わりに
AppleらIT企業ががんばってくれてるわけだ。
それなら今まで出版業界に落ちていたお金の半分くらいはIT企業に流れてもいいな。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/14(月) 21:10:57 ID:+vfGg6HF
>>91
ガラパゴスが体現してるじゃないか、ぜひ買ってやってくれ。
紙の本より高いものも散見されるが、そりゃぁIT企業分なので払ってやってくれ。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/14(月) 21:23:17 ID:zsKABiBX
そうね。
ガラパゴスなんぞにはこれっぽっちも興味はないが
何十年も停滞しといてそれでも利益出せると思ってる業界にお金を落とすよりは
ガラパゴスでも買ってやった方がまだ有益かもな。


94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/14(月) 22:01:38 ID:zG/HwRvs
しかし、こんだけ騒いどいて、今回もまた空振りで電子書籍元年が終わるとまずいんじゃない?
今回電子書籍に有利なことは、
今まで以上に紙書籍が疲弊している。
ipad、iphone、Androidがある。
後は、何がある?

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/14(月) 22:35:42 ID:gEFejle1
別に何も変わらないよ

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/14(月) 23:01:45 ID:/LKgYVrY
いやどんどん変わってるし、おまいらが気がつかないだけじゃないか?
町の本屋は無くなってるし、出版社自体倒産してる。
更に2年後位には学校に電子書籍端末が導入されるようだから、見えにくいところで変わってきてるよ。
その気になってネットをググると前には無かったような、いくつもサイトが見つかってくる。
ググるもブックサービスやってきてるしな。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/14(月) 23:12:33 ID:Zui+UbJI
まぁ、サービスは色々あるが
どれも定着してないな
消費者がついてきてない中、企業だけがどや?ってなってる

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/14(月) 23:19:35 ID:/LKgYVrY
日本の電子書籍は順調に伸びてるみたいですよ。
携帯で読む人が増えたんだね。
これからは更に増えてくると思うよ。
地方にいったら本屋のないところもあると思うぞ。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/14(月) 23:22:31 ID:mKpSFRio
>>98
またおまいか!
どこにでも登場するよなw

言ってる事が毎度同じ過ぎ!www

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/14(月) 23:23:11 ID:dp1yx0+x
>>87
したり顔で意味有りげな文章書いてるが、具体的なものが何も書かれていないな、君の文章には

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/14(月) 23:29:41 ID:r7WSL05D

ティンカスニートの夢の世界へ、カモン!
            ↓

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/15(火) 00:01:53 ID:FKmpgxZ9
しかし電子書籍のスレはどこにいっても批判的な野郎ばかりだな。
こうやって使えばいいぞ!なんて事を書けばそれに対して文句言うだけ。何も生産的な意見はない。
政治と一緒でホントに日本人は心底腐ってしまったな。
Amazonだのkindleなんてのは、楽々日本の市場をさらっていけるだろう。
もう日本の若者には将来はないのかもしれん…

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/15(火) 00:11:02 ID:bJHkyEDr
ヨド行くと老人がソニーに群がってるから
流行ってるみたいだよ

老人の財布を緩める救世主かも

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/15(火) 00:51:11 ID:9yJGXiJR
批判的な野郎×
現実的な人々◎

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/15(火) 01:13:25 ID:azyQeG4+
お前も必ず年を取るんだぞ

お年寄りと言いなさい

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/15(火) 04:34:10 ID:fp+0csuF
使いたい奴は使えばいい。データベースとしては便利だろうし。
ただ全て置き換えられるほどのものでもない。

10年前のITバブルを髣髴とさせるものを感じるんだよな。
もっともバブルにもなっていないのだが。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/15(火) 05:33:29 ID:NmfuIhHn
>>94
小説はXMDF に統一されそう?
ぐらいかな

readerとガラパゴスでXMDF読めるのは大きい

まだまだ数式の扱い方とかが未整備なんで、電子書籍が紙の本を置き換えるなんて夢のまた夢だけど


108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/15(火) 09:25:06 ID:+RPUq47s
>>102
紙の本を読まなくなる事が生産的?
電子書籍を積極的に使おうとするのは、普通に消費行動だよ。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/15(火) 10:09:31 ID:/Kf76fmz
XMDFでいいな。
あまりいじらないで欲しい。
安価(10000円切るくらい)で、XMDFとJPEGくらいしか表示できない電子ペーパーのリーダーが出ないかな。
月刊誌や文庫、全集と抱き合わせでも良いな。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/15(火) 11:13:09 ID:x2VUy7O9
>>106
youtubeのようにフリー素材が多少劣化でも気軽に誰でも読める状況になれば
爆発的に普及するだろ

特に絶版分野の救世主にならんかなぁ・・

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/15(火) 12:30:36 ID:/Kf76fmz
徐々に増えつつある、青空文庫も長い目で見れば十分脅威だと思う。
日本語文学の場合、戦後新かなに切り替わったあたりが大きな節目になると思うので、
今後それ以降の作品が急激に増えることになると思う。


112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/15(火) 18:41:04 ID:fp+0csuF
儲けにならなければ企業は動かないから著作権で何でも縛り付ける。
売れなければ話にならないから売れる物をラインナップ。
絶版本や専門書のデータ化なぞ問題外、結局そこらへんの町の本屋と同じような品揃えになる。
結局魅力に乏しいものになり尻すぼみ・・・

になるのではないかと思っている。
フリーなデータがどこまで認められるかにかかっているような気がするな。

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/15(火) 19:21:14 ID:k/OE/hfH
売れるものが魅力が無くて
売れないものは魅力があるのか?
中学生でももう少しまともな事言えるぞ

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/15(火) 22:08:59 ID:2DFn0iCs
紙の本業界に電子書籍の充実を求めるくらいなら
Amazon、Googleあたりを拝んどいた方が報わるよきっと
紙の本業界はせいぜい色気出してみるくらいで本気には程遠い
息ある限り電子書籍はもうからんとか文句垂れて
最後は紙の本といっしょにのたれ死ぬんだろ


115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/15(火) 22:12:26 ID:fp+0csuF
>>113
電子書籍の魅力次第ってことだよ。小学生でも判るぜw

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/15(火) 22:17:26 ID:D81qQmOc
>>112
言いたい事を的確に表現する為の知能が足りてない

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/15(火) 22:51:20 ID:fp+0csuF
わかったわかったw
電子書籍で絶版本も専門書も出るよきっとw

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/15(火) 23:21:17 ID:6w4bAjDd
需要がないから、絶版
何百円の利益を得るために、電子書籍化とかはないよ

どんな値段でも絶対買うという、コアな100人がいるなら
一冊一万円とかで出せるだろうけどね

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/15(火) 23:34:24 ID:fp+0csuF
>>118
最近の中学生はそう考えないらしいんだ。

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/16(水) 01:17:59 ID:hcQVQXKx
>>118
違うなyoutubeなんかは絶版の良い物を皆に見て欲しい聞いて欲しいと
無償でうpしてくれる人が沢山いるんだよ

紙の本は再販が何万部単位になるから難しいって点もあるだろ?
数百人数千人が見たいだけだと印刷はできないんだ

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/16(水) 01:20:43 ID:2xfcL9bU
つまり絶版本は割れで入手するわけか。
古本買うなんてレベルじゃないなそりゃ。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/16(水) 01:58:59 ID:llQCnrQb
>>120
どうせ、漫画か何かだろ?
そんなんありがたがってる時点で感覚がアレなんだよw

てか、youtubeで見れるんなら、それで我慢しとけよ

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/16(水) 02:15:17 ID:hcQVQXKx
youtubeは譬えで
本でもそんなようなシステムを期待という事だ

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/16(水) 04:16:41 ID:49zXajmk
提供サイドの問題もあるが、大きいのは購入側の姿勢だろう。
月500円程度しか本を買わないやつが大半だとすると、そこからタブレットやブックリーダーを
買うところまで持って行くのはかなり難しい。

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/16(水) 04:55:17 ID:ME6CIBXj
>>112>>115
>フリーなデータがどこまで認められるか
違法うpを認めろってか
乞食根性丸出しでなにが電子書籍魅力だカス
お前みたいなクズが全ての足を引っ張っているんだよ


126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/16(水) 05:10:33 ID:AFl7fX88
平成21年の政府の統計だと、書籍・他の印刷物(新聞など)の
世帯あたりの一ヶ月の平均支出額は4,194円で
世帯人員の平均が3.43人だから、一人あたりだと約1223円かな

月に文庫2冊くらい買うとして、紙より電子書籍が一冊あたり100円
2冊で200円お得であるとすれば
一年でリーダーの元がとれるのが値ごろだと考えると
200×12で2400円くらいのリーダーが出れば流行るかも

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/16(水) 05:35:30 ID:ME6CIBXj
>>126
世帯あたりの支出から新聞を一ヶ月分抜いたらいくらになるのか計算してみろ
出版物が如何に売れていないのか理解できるだろ
電子になればどうこういうレベルではない

統計を持ってきて例に出すのはいいけど
新聞を見ない自分基準でしかモノを考えないのはどうかと思うぞ



128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/16(水) 06:35:19 ID:pkIBpxvm
>>118
今、売ってるラインナップも本屋じゃ絶版にいつかはなるけど、電子書籍はならない
これからの電子書籍もこれはこれで積み重なって行けば価値が出て来るかも?

新刊本だけでも全てを電子化出来てないのは明らかだから、紙の本が消える事もないだろうが


129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/16(水) 07:41:24 ID:fxTSt5N+
本が売れないとか、電子書籍が売れないと出版社がヤバいってのは
ユーザーがクソ高い端末を別に買って更に電子書籍を買わないと行けない理由には成らないんだが
それとも、この手のスレで散々言われて否定された出版社さえ紙の印刷物を捨てれば
読者が増えると思ってる口か?


売りたいなら値段とか品揃えでかなりの魅力を出さないと無理じゃ無いか?

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/16(水) 08:52:03 ID:J//5qJmI
>>125
絶版物をムダに高値でなく発売してくれれば買うけどな

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/16(水) 09:36:38 ID:3xBsIy8c
>>130
絶版物が何部売れるんだよw
作る手間は新刊と変わらないしな。
より、金になる方にリソースを割くだろうよ。

タノミコム、みたいに
購入約束前提で1000人集まったら…とかはあるかもしれないが
果たして何冊でるかな

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/16(水) 10:19:49 ID:DoJMpu01
雑談スレでやれよ

議論が拡散してる

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/16(水) 12:04:23 ID:uORI0Z3+
ここが雑談スレだろ

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/16(水) 18:18:58 ID:z/NMw6Pv
グーグルなら紙の現物一冊持ち込むだけで電子版にしてくれると聞いたが。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/16(水) 18:58:48 ID:wyXqZi9f
>>134
自炊スキャンサービスと同じだからな

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/16(水) 19:02:53 ID:2xfcL9bU
>>125
ああ、「フリー」って違法アップとしか理解できないんだ。


ところでカテゴリ的にこの板そのものが雑談板でしかないんだが。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/16(水) 19:22:39 ID:q0ZtBn7D
>>134-135
持ち込んだ現物の著者か、出版社じゃないとだめだよw

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/16(水) 19:51:32 ID:wyXqZi9f
>>136
「FREE」はコンテンツ商売でフリーが一般的では無かったから出来たんだと思うけどな。


139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/16(水) 21:33:07 ID:Y/jxs4YQ
紙本に先がないのは当然としても、ただ紙本を電子化しただけの電子書籍っつーのも、まあ先はないだろう。
いわゆるアプリタイプの電子書籍ならまだ可能性があるだろうが。
あれは内容はもちろんどう見せるかがとても大事。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/16(水) 21:48:52 ID:WZYyz5i/
電子書籍の最大の特徴は、有料サービスであることだから、無料あるいは有料でも持って緩い課金サービスとの競争で生き残れるかどうかだと思うな。
そういう意味では紙の本と同じ。


141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/16(水) 22:56:17 ID:3j/B+KoR
ゲームや複雑なアプリケーションと異なり、デザインや開発ノウハウが
不要なため参入障壁が非常に低く、粗製乱造が相次いだのかもしれません。

出版関係者を中心に、鳴り物入りで参入した電子書籍がごく一部のタイトルを
除いて全然売れないということで話題になっていますが、
世界に比べて日本国内のiPhone向け電子書籍市場は早くも供給過剰の様相を
呈している可能性があります。
http://smartphone-note.blogspot.com/2011/02/iphone.html
以上みてきたように、無料、有料のどちらにおいても、
ブック、スポーツ、メディカルは登録数の割に
ダウンロードが少なく供給過剰になっていると言えます。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/16(水) 23:07:17 ID:JQ3kO9rh
iTunesに登録したいだけ、なんていう編集者のエゴが多いからな。
飲み屋のねーちゃんに自慢するネタ…ぐらいの自己満足っぷりがヒドイ。

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/16(水) 23:14:45 ID:t3b9G1oU
ブックは特殊だよ、漫画を一巻ごとに一アプリとして出してるからおかしく見えるだけで
本来はiBooksに収まるはずなんだよ

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/16(水) 23:21:00 ID:gorZ78oC
どこに収まろうと登録数の割にダウンロードが少なく供給過剰になるのは必至だなw

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/16(水) 23:26:21 ID:fxTSt5N+
専用リーダー系の電子書籍の市場規模=端末の台数だからな
売れるかどうかはそれを見れば解るだろとw

本命は携帯電話とAndroidアプリのリーダーだよ

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/16(水) 23:32:33 ID:N6xs6kNE
携帯電話向け電子書籍市場は早くも供給過剰の様相を呈している…

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/17(木) 08:48:44 ID:q/6BYOam
>>139
とりあえず、Appleではアプリタイプの電子書籍はこれからすべて却下される方向だよ

Androidに逃げるのが一番無難だな
iPadと違ってAndroidマーケットにこだわる必要もないし


148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/17(木) 09:22:47 ID:cWmlo5Rm
>>147
いや、却下ではない


149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/17(木) 11:07:43 ID:IrT5iIUy
テキストとPDFと画像が表示できるだけで良いんだよ
Zipのまま扱えるなら文句言わない
それでeInkで6インチ1024x768でモノクロで1万、カラーで3万
そのくらいで出たら本気出す

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/17(木) 11:35:54 ID:AuP9Y7EX
>>149
つiped

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/17(木) 11:54:10 ID:ss6WC5/9
6インチでPDFは見たくないなー

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/17(木) 12:49:27 ID:MRMc9jma
ここのデジタル写真集は安くて高解像度だぞ
http://i-hon.jp

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/17(木) 19:01:56 ID:TG3KwwuK
多少はマシなGoogleのOne Passに乗るか、自前で鯖とリーダーアプリを開発するか
アップルに絶望してるだけなら、何度目かのブームは完全に終わりそうだ

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/17(木) 21:38:12 ID:GWy2UJTU
電子書籍って非オタ的な意味での同人誌作って
無償配布するのにはうってつけっぽいけど、
それで商売するには現状ではどう考えても無理っぽいよな。
端末が高い上にフォーマットもバラバラじゃあね。

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/17(木) 21:46:22 ID:vs7C84Pk
無償配布なら、PDFかHTMLで十分じゃない?

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/17(木) 21:51:12 ID:Bue+8cOW
>>154
Webで無料での作品配信なんていくらでも出来るからな、
むしろWebの方が高機能で多彩な表現が出来る
わざわざ閲覧環境が限定的な電子書籍の形をとる必要性が無い。

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/17(木) 22:08:24 ID:RQrsQW5L
Google形式は端末選ばないけどな

だが、おまーらは新都社で我慢しとけ

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/20(日) 21:45:44.17 ID:/2BuokVR
電子書籍元年とか言ってたから
弟切草みたいなゲームブックタイプの電子書籍とか雑誌とかバンバン出てくるかと思いきや
書籍ビジネスは頭の硬い既得権の保守派ばっかでつまらないですね


159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/20(日) 22:11:41.12 ID:Zr93fZQ5
ゲームがやりたい・作りたいなら、ゲーム会社に頼めよ


160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/20(日) 22:27:30.93 ID:/2BuokVR
>>159
ゲームがやりたいんじゃなくて、
一例としてマルチエンディングタイプとか紙ではやりにくい文章コンテンツを上げだだけ
DVDでも出たては選択肢によってストーリーが変わるとかあったじゃん

デジタルデータで参考書作ってランダムで問題を出すとか
おいしいお店の本を出して、自分で☆評価して順位順に並び替えてページ表示するとか
いろいろ可能性があるのになにも変化がないってことよ

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/20(日) 22:30:38.53 ID:Q6fDZ5D/
そういうコンテンツは電子書籍という括りがなくてもいいし、
わーわー騒いでいるけど、電子書籍で重要なことは、著作権保護だけだから。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/20(日) 22:40:35.21 ID:pgyX2GgB
電子書籍で重要なことは何も無いから

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/20(日) 22:43:06.73 ID:+4SwZuw4
まぁ未だ雑談でしか盛り上がれない状況が現状を象徴してるわな。

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/20(日) 23:24:28.13 ID:y0DkmDyg
>>160
ゲームブックは紙でいろいろ復刊されてるけど儲け出てないし、
ケータイのデジタルゲームブックは流行らなかったでしょ

ランダムで問題出す参考書はPCソフトやDSである

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/20(日) 23:38:11.70 ID:nRihXxh8

669 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/13(土) 21:04:10 ID:???
電子書籍のなんたらってイベント、今NHKでちょっと流れたけど
あれ、わざと気持ち悪い子ばかり選んで映してるだろ?w


670 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/13(土) 22:11:42 ID:???
NHKで、ちょとイベント見たけど
ありゃだめだ!w
コマの中のキャラいじったら動くとか、パラパラ漫画とか、横スクローとか
変な小細工ばっかで、絶対廃るって!w
てか、あんなもん04年の時点でも似たような事やってたろ!何で学習しないんだ?
キモヲタ学生のお遊びじゃねーか、あんなの!ダメダメ!

しかも出てくるの出てくるの、絵に描いたような小太りのキモイのばっかじゃねーか!


671 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/13(土) 22:31:16 ID:???
中二病マストアイテム、電子書籍

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/21(月) 19:00:01.21 ID:vfCzwVK2
電子書籍がらみで、「新しい体制に、古い出版社は対応できるのか、
生き伸びれるのか」て論調の記事を良く見るけど、

実は逆だと思う。

電子書籍自体で稼げた著者も業者も皆無に近い。

電子書籍は古い体制に勝てるの? 
そもそも読者はデジタルで読みたいの? 
ニーズあるの?

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/21(月) 21:08:05.44 ID:YX6zBEaV
>>166
あるよ
自炊やってるやつら増えてるだろ。

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/21(月) 21:10:47.87 ID:hvmRHCIz
電子書籍(嗤)

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/21(月) 21:32:49.65 ID:p1foVp5h
置き場に困ったコミックくらいじゃないのかそんなの

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/21(月) 21:47:07.99 ID:sbZjpZDI
>>166
それは言えるな

自分は電子書籍大歓迎だが、置き場所を気にしないで済むってのとページめくりが楽って以外は、紙に比べてメリットらしいメリットが無いからね

まあ、だからこそ、紙との共存にしかならないし、決して主役になれないって思ってるんで、安心してるから上手く付き合えてる訳だが

所詮は本に部屋を占領された奴だけが渇望する慰みものよ


171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/21(月) 22:37:02.63 ID:v9q7HKQa
>所詮は本に部屋を占領された奴だけが

実際は、せまい共同便所の四畳半アパートで
エロ漫画に埋もれて身動きが出来ない小太りだけが

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/21(月) 23:41:45.74 ID:weZwr96n
流行りだからって自炊に手を出した奴の大半は、既に脱落してそうだけど

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/22(火) 18:50:21.08 ID:OWEIxXXd
自炊は本を捨てるためのいい訳だからな
自炊に回したい本はもう読まない本だと自ら烙印を押しているのに
それに気づく奴は少ない

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/22(火) 19:04:04.53 ID:kxhgGZ2w
気の利いたことを言ったつもりのおバカさん

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/22(火) 19:09:30.80 ID:lGxBCXmn
いいじゃん。2,3年してからふと読みたくなったときに読めるのがいいんだよ

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/22(火) 20:37:22.70 ID:xCpIMlay
いや俺の場合は読みたいから自炊したいのだ。
休みと通勤の行き来位しか時間がとれない。
読んでない本が溜まってる(ToT)

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/22(火) 23:52:20.02 ID:61oTxCB6
自炊する時間に読めばいいじゃん

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/23(水) 06:17:12.66 ID:HZtrgimC
ワロタw
たしかに自炊の必要性がないな

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/23(水) 20:57:52.16 ID:I1YYXABG
てか、自炊って本当に流行ってるのか?

とりあえずiPadやGalaxy tab持ちはやってないし
都内の電車でも週に一回くらいしか見ないな

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 00:34:52.36 ID:p+CRFu2h
そもそも電車の中でも本読んでる人かなり減ったような
ちょい前までは新聞や週刊誌読んでる人はもっと多かった気がする

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 00:57:59.89 ID:fKVoCG9W
みんな大画面の携帯でネットかなんか見てる

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 01:35:42.56 ID:vpmTnpXI
なんか電子書籍が利用しやすくなるほど
webとの境界があいまいになってくる気がする
つまり使いやすいタブレットさえあればコンテンツ自体はブラウザ上のhtmlで読めればいい

ただドストエフスキーの作品をそれで楽しめるかどうかだ
つまりコンテンツの二極化問題
ブログみたいなハウツー本はもう紙では買う気しない

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 01:45:30.05 ID:grl4eSp5
>ブログみたいなハウツー本はもう紙では買う気しない

そんなん、最初っから興味ないしw

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 01:58:40.99 ID:GvNpTYeY
ドストエフスキーだって何の問題もなくReaderで読めるだろ
こんてんつのにきょくか?はぁ?あたまおかしいんじゃない?



185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 02:45:39.91 ID:vpmTnpXI
>>183
>>184
応答サンクス
書籍販売点数は出版不況といいながら過去最高
出版社は今、質より量でなんとか稼いでるわけだ
電子書籍もブログとたいして変わらない内容で有料だと悲しくなる

確かにドストエフスキーはReaderで読める
ただそれは既にそのような「本」が出ているから
今のところ売れている電子書籍はまだ紙が前提だ

そういう意味で今はまだ電子書籍コンテンツ単体で
ドストエフスキーのような作品が生まれるとは考えにくい

佐々木俊尚が言うキュレーションの役目を果たすような
プラットフォームが認知されない限り
なかなか電子書籍は普及しないだろうな
長レスゴメン

ちなみに自分は電子書籍推進派です


186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 06:37:34.09 ID:GK+jNv0s
スイーツ(笑)、ライフハック(笑)、キュレーション(笑)

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 07:21:55.17 ID:uwkxFDmb
紙が石版に変わった時も、手書きが活版印刷に変わった時も、したり顔で
新技術を貶める奴がいたんだろうなあ

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 09:40:15.65 ID:OM38qD9b
>>187
電子書籍の新技術って何だ?

表現はHTML派生サブセットの要素記述だし
DRMは音楽映像の使い回しだ
画像やフォントの拡大縮小は古い技術だ

電子書籍って単純に『フリーなネット表現コンテンツに課金するための〔ビジネスモデル〕』だよ?
iPhone等に見られる凝った表現の電子書籍等は『マルチメディア』と昔言われていてな…


189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 11:03:31.91 ID:B5R1ZFdp
まーたへりくつを
新技術。媒体の遷移。アーキテクチャの革新。
呼び方とか何でもいいんだよ

紙書籍→電子書籍

石版や木簡が紙になったように。手書きが活版印刷になったように。
長期的に見ればこの流れは必然。

抵抗する者は置いて行かれ敗れ去る。
変化に果敢に対応しようとする者は生き残る。

好んで負け組にくみしたい人はご勝手に。

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 11:12:56.81 ID:MLDirJEM
>>189
そのたとえ、出るとは思った

石版や木簡が紙へ遷移することは、大量印刷できるように遷移することは
行為自体が新しいので技術革新といっていいと思うし、使用する万人にメリットがあった

既にネット等に存在してる技術や表現を組み合わせて、何が出来るか?
…答えはネットからの収益システムをくみ上げる事だけ。
…現在提示されてるメリットを享受できるユーザ層は年100冊以上を読む極一部のビブリオマニアだけでは。

新しい概念だから絶対移行する流れが出来る…そんなわけは無い。
一般消費者にとってもメリットがデメリットを大幅に上回るから移行するんだよ。

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 11:25:43.35 ID:OM38qD9b
>>189
メリットに乏しい現在は堪え忍ぶ研究期間としても
何処かで上手いこと普及出来る様に挽回したいものだな

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 11:39:28.06 ID:FQptzGu/
ないわー

革新の最大の要因は費用的・時間的コスト。それに加えて媒体に用いられる資源。
紙から電子への変化はその全てに該当している。

「社会システム的に抵抗勢力がいる=普及しない」なんてことにはならんのよ。
数十年、100年のスパンで考えてみれ。


つーか議論のための議論がしたいだけなんでしょあんたら。
時間の無駄。くだらないからそういうのやめれ

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 12:01:50.16 ID:7SpFp8Gc
数年スパンで買い替え要求される電子端末のどこが経済的?
電子機器の歴史を振り返れば
規格の変更で機械の買い替えを強いるの繰り返しじゃない

100年とかチープなSFみたいに脳に電子端末を埋め込む未来でも見てるのかね

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 12:52:24.65 ID:OM38qD9b
>>192
> 革新の最大の要因は費用的・時間的コスト。それに加えて媒体に用いられる資源。
> 紙から電子への変化はその全てに該当している。

製作時のコストは低下しないよ?
量産流通コストはデジタル製作やサーバ等の他方に代替されてるだけ。
届けられるまでの時間は短くなるかも…appleみたいに精査すると完成してから一ヶ月かかってるみたいだけど。
媒体資源では電子デバイスは壊れやすいしな。買う時には何もコンテンツを消費してない状態で初期投資と言う名の負債になる。

100年後を夢見るでも良いけれど、自然と解決する問題じゃ無い。
それに誰かが解決するまで、問題は現在進行形で存在し続けるのを忘れてしまっては…駄目だろ。


195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 17:01:16.79 ID:k/SwtEwp
幾ら理屈をこねようが、
いいものはどんな媒体でも生きるだろうし、糞はどんな媒体でも糞だと思う。
多くの「天才」演奏家がデビューしては数年で忘れられていく今、
モノラルで録音されたフルトヴェングラーのベートーヴェンの交響曲を
ipodで聴いて十分喜んでいるも未だに結構いる。

木簡で書かれようと巻物に書かれようと活字で打たれようと、
論語は変わらないし、司馬遷は司馬遷、杜甫は杜甫として生き続けている。
神保町の古本屋で何年も前から埃をかぶっていようと、
電子化されて軽くて持ち運びにも収納にも便利になろうと、
プラトンはプラトン、シェイクスピアはシェイクスピア、芥川は芥川。
どんな立派な装いの本で発売されてもケータイ小説はケータイ小説だよ。

電子書籍なんて別に救世主にも恐怖の大王でも何でもないでしょ。
本屋や出版社がつぶれてるのは何十年も前から
紙屑みたいな本ばかり売ってるからじゃないの?
こんな阿呆みたいな時代でも、よくよく見ればやっぱり人は
本当に人生の指針や自分の糧となるものには頭を下げているよ。
100年後を夢見るなら、100年先にも残る作品を遺そうとするのが本当だと思う。
ここで商売にならない奇麗事言ってもしょうがないけどさ。チラ裏失礼。

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 18:27:25.20 ID:W4iWwvCk
↑駄文の例thx.

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 18:33:58.36 ID:yZ10uAkS
たしかにな、有名作家が軒並み電子書籍を出せばある程度流行るだろう

ただ電子化しても大して売れないけどな
市場がニッチすぎる

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 19:03:12.74 ID:bgesCI3O
人気は出版屋が営業してつくるの

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 06:28:36.02 ID:mhqUMgL0
別にブーム終わってもいいや
Kindle+自炊小説PDFでもう十分満足
むしろ目移りするから毎年モデルチェンジしないでもらいたい

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 08:49:12.65 ID:IVGIXyqa
今存在する携帯電話の電子書籍市場が、今回のブームで多少大きくなる程度じゃないかな
スマートフォンの流行に電子書籍も少しは乗れると思うし

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 09:20:06.32 ID:MNIvvcup
昨日話してたのと同じようなこと雑談スレでやってるからそっちに一本化しよう

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 21:02:39.33 ID:EzG1V7g3
週間少年ジャンプを発売日の0時に自動配信とかだったら
コピーガードガチガチでも大きな子供に売れるんじゃね?
でも1週間で上書きされるとか糞仕様になりそうだがな

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 21:40:59.95 ID:EVm+woUr
>>201
この板全部それでいいよ

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 21:55:43.67 ID:EVm+woUr
売れてなさすぎ! モーニング・ツーAndroid版のDL数たったの20部
http://rocketnews24.com/?p=76506

やっぱもう終わったみたい。

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 22:45:50.92 ID:rzFBf/IA
ある書籍の電子書籍版を買ったら

どのメーカー間でも

今後電子書籍の規格が変化しようとも

その購入分のライセンス料金については
一切無駄にならないようにしてくれたら
爆発的に普及すると思う。

今はなんか色んな規格があったり
すぐ廃れたりしそうだったりして
購入する気が全く起きない・・・


206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 23:09:26.08 ID:2YJpoI9Q
>>205
紙という人間に直接的な共通企画から
電子という特定アルゴリズムを通さねば読めない規格に対してのジレンマだよ。

規格のライセンス互換性なんて無理無理
ゲーム機の前例を見てもプラットフォーム間戦争は継続中。
皆目指すは一強! 一時的な協力はあっても継続しない。

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 23:26:29.50 ID:r7dCBuX7
>>205
小説に関しては、XMDFが一強になりそうだけどね
問題は、雑誌と漫画の方は絶賛戦国時代中なのがね


208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 23:37:11.27 ID:qolO2f+g
雑談スレに合流しようぜ

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 23:48:49.93 ID:rzFBf/IA
>>206
ゲームは元々電子デバイスしかないから
規格乱立もしょうがないかと思えるけど
電子書籍の場合は同内容のもので「紙」という最強のライバルがいるからなあ。

メーカーそれぞれが一強を目指すあまり
電子書籍市場そのものを
潰しかねないというのがなんとも悲しい

>>207
でもこの先何年使えるか全く分からないのが
怖いんだよね
DVD→ブルーレイとかみたいな進化による
買換えは多少は納得できるけど
書籍なんていう中身そのものは一切換わらないものについて
買いなおしをさせられるのだけは
死んでもイヤだ・・・って人は多いと思うんだけど。
だからやっぱり普及のためには補償というかサポート宣言みたなのが
必要なんじゃないかなあ


210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 23:54:36.05 ID:ho/cX6Eq
まだ紙の本なんか読んでるんですか?
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/ebooks/1298636639/l50

こんなスレまでたって完全に議論が拡散してる
雑談スレに集まったほうがいい

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/26(土) 00:04:22.42 ID:XJl8maYr
こっちを雑談スレにすればいい

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/26(土) 00:12:26.89 ID:PPT0bJHi
>>209
XMDFにはPDA全盛時代からの、10年近い歴史と、地道なラインナップ拡充で得たシェアが有るよ
法律が変わらない限りは、小説に関しては逆転不可能な位には

そして、最低限、DRMフリーのXMDFはPCでは読める
(ここだけは、保証出来ると思う)

まあ、逆に言えば、Readerやガラパゴスが無くなったら、PCか、シャープ製電子辞書やガラケーでしか読めなくなるって事なんだけど。。。

ここが、電子書籍に関心が薄い人を惹きつけられない所なんだろうな。。。



213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/26(土) 00:15:48.72 ID:dGo6/xRB
ここは目的が明確な雑談スレ
向こうは特に決まりの無い雑談スレ
別に問題は無かろう

つーか、この板の存在自体が漫画小説カテから大きく外れている

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/26(土) 00:26:25.92 ID:0CNEUz7j
>>213
そう言いつつ、ほとんどいつも同じこと話してるわけだが・・・

板自体人少な目なんだし集まった方が良くね?

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/26(土) 00:37:00.62 ID:ERXSthlg
板全部で4,5人しかいないしなw

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/26(土) 01:49:53.11 ID:tjnvUD7b
>>214
みんなでモバ板行った方がもっと良くね?

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/26(土) 09:14:12.44 ID:XSg8ZKrJ
XMDFは規格を全面的に公開してしまえば良かったんだがな

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/26(土) 09:27:17.02 ID:PPT0bJHi
>>217
公開されたらされたで、出版社が警戒して、電子書籍のラインナップ拡充が鈍ったら困るな

自炊もののリフロー対応はePub3.0じゃ不満なのか?

テキストがソースなら、ChainLPで、自分のデバイスと視力に合った形でPDFにする事も出来る訳だが
(もちろん、検索も出来るぞ)


219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/26(土) 19:20:10.19 ID:rc+yG430

次のブームに向けて豊富を
       ↓

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/26(土) 19:22:49.15 ID:/HwLvwy2
雑談スレに合流よろ

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/26(土) 20:29:13.06 ID:tjnvUD7b
モバ板行けってw

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/26(土) 20:44:45.62 ID:PPT0bJHi
欲しがりません
勝つまでは


223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/26(土) 23:31:50.24 ID:tjnvUD7b
勝たないから欲しがれない

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/26(土) 23:37:26.06 ID:1TfiekzT
しかし出版社が電子化しなくても、自炊というユーザーレベルの電子書籍の道ができちゃったよね。


225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 00:02:56.70 ID:tjnvUD7b
個人で使ってる分にはともかくデータ交換とかやられた日にはどうなるんだろうな。
グレーゾーンのやり取りで「元年」ではあまりに(;´∀`)…痛いなぁ…

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 00:13:08.95 ID:AbCOB+sx
133 :名無しさん@十一周年:2011/02/26(土) 23:48:50.49 ID:oT19s33s0

一人モンのアニヲタが40過ぎると
気が狂うってホントかもな。

カマって欲しいからか、自炊した物を
ネット流したりするんだろうなw

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 00:20:24.43 ID:EtcTXVhl
次のブームは10年後くらいかな…
おまいら幾つよ?w

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 00:36:45.76 ID:y8rQRqBk
>>224 >>225

121 :名無しさん@十一周年:2011/02/26(土) 20:37:32.19 ID:GMPlNns40
実際のところ、自炊ファイルってあまり使えないのよ
だからどーでもいいわ

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 01:29:08.42 ID:IvoMaG9w
>>228
なるほど。
自分とこだけでしか使えんデータってのもあまり意味ないもんな。

電子書籍ってそんなもんか。

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 01:38:02.00 ID:1QMgNDLG
>>229
自分の本は自分だけが使えりゃいいんじゃないのか?
何がしたいんだ?

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 01:46:13.66 ID:IvoMaG9w
人に貸すとかみせてやるとか。本ならごく普通のことだが。

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 01:56:48.41 ID:K4/QCksL
>231
紙だろうと本の貸し借りが楽しいのは厨房までじゃね?
大人になったら普通ねだらないし、買うでしょ

電子は貸しづらいから貸せないと言ういい訳も出来るしな
どうしても貸したいなら、端末ごと貸すとか

まぁ、俺は紙はだからどーでもいいが、

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 02:28:03.49 ID:RTXpfBEy
雑談スレと進行がかぶってる。雑談スレでやろうぜ

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 12:02:16.26 ID:7j0HFh6s
始まってもいなかった電子書籍ブーム。

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 12:56:45.00 ID:HvrFNe7u
さいきん、紙の本読んでる人が増えたよ。
電子書籍端末なんて 売り場にも店員配置されてない有様だからなー。

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 14:56:48.99 ID:sa7tsQYi
電子書籍は規格も乱立、端末も乱立、ショップも乱立で、
おまけに端末か規格かショップが廃れたら同じ本でも買い直し、じゃ
流行りようがないと思うんだよな。読み捨ての雑誌ならいいかもしれんが、
後々読み返す書籍が業者の都合で全部パーになる現状じゃリスクが高すぎる

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 15:05:13.31 ID:e5B4NkxX
>>236
回避策はどこかが個人情報の集中管理をすることだ。

何の本を読んでいるか、どのぐらいのペースで読んでいるか、傍線を引いたのはどの文章か…
それらを集中管理しないと理想には届かない。無理だ。

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 15:41:03.96 ID:jjHhDaYX
雑談スレでやろうぜ。人が分散してると続く話も続かない

スレ立てた>>1の気持ちは分かるがここは板自体の活性化を考えてひとつm(。_。)m

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 22:11:18.42 ID:IvoMaG9w
>>232
違うな。たとえば雑誌なら同僚間で違う種類のものを購読して自分が読んだら他にまわす。
あるいは一度読んでみたいが買ってまでとはというような文芸書を買った奴に借りる、またその逆。
少ない小遣いをやり繰りする勤め人の知恵。

まぁ子供なら一人でこっそり読みたい物には便利だろうな確かに。

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 22:24:52.86 ID:coiJgSlX
あれこれ考えずに日本で電子書籍を強力に伸ばす方法を考えようや。
紙の書籍も売れ、尚且つ電子書籍も売れる。世界No1の電子書籍の先進国にしようや。
ちょっと前まで日本の電子書籍は世界No1だったのが昨年米国に抜かれてるからな。
何にしても最近の日本は負け続けてるから、ここは何とか踏ん張りたい。中間フォーマットだのepub3だの言ってる間に、他国が入り込んできて皆無くなってしまうぞ。
紙の書籍と電子書籍が両立しながら日本の出版業界が伸びて世界の班となる道を考えようや。


241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 22:31:11.55 ID:e5B4NkxX
>>240
理想は立派だがな…そうやってはっぱをかける人が口だけなんだ。誰も動かないよ。

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 23:09:49.98 ID:5dGT0y/0
つーか2chで語っても現実には影響ないだろ
大手や著名人は見ないからな

話題もループしすぎ
ほんとにブーム去ったな、端末発売の次がないw

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 23:44:13.90 ID:AsOWdGtS
俺なんて、車もシェアしてんだぜぇ
貧乏自慢じゃねぇぞーw

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/28(月) 00:14:14.80 ID:g8SIWgE5
>>240
http://www.shiratani.net/2011/02/17/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E3%81%AE1%E4%BA%BA%E3%81%82%E3%81%9F%E3%82%8A%E9%9B%BB%E5%AD%90%E6%9B%B8%E7%B1%8D%E8%B3%BC%E5%85%A5%E9%A1%8D%E3%81%AF%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E4%BA%BA%E3%81%AE3/
こんな見方もあるんでそんなに必死こく必要はないさ。
ただ端末売りたい連中が必死になってるだけ。

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/28(月) 01:04:07.59 ID:dRnfxfLP
そもそも、去年まで日本は電子書籍では世界一の規模を誇って居ただろうがw
それを、やれ遅れて居るとか煽って居たのは誰かとw

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/28(月) 02:32:12.92 ID:do60ll43
>>236
バカだな
iPadやiPhoneでしか買ってないか、買った事無い奴の台詞だな

PC向けの電子書籍はコピー自由なの多いぞ
ebjだって、家族や友人と共有する事前提のアカウント(トランクルーム)作れば共有出来るだろ

様は、頭の使い方なんだよ


247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/28(月) 06:20:55.48 ID:Gbl2dwy3
>>240
世界の班ってのは範だな。
まあ端末はPCでもいいからな。携帯路線は今までも売れてるから、スマホが売れてると言うことは、やっぱり伸びるんだろうね。


248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/28(月) 06:24:45.70 ID:G7BJxKc0
様は頭の使いようなんだよ(キリッ

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/28(月) 21:35:31.02 ID:PkEjW+fq
様は?

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/02(水) 10:14:31.90 ID:5jhKRbck
ttp://www.iriver.jp/company/press.php?article=418
こういうアレ方面な機能を盛り込んだ大手製品が欲しい
あと、デザイン何とかして欲しい

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/03(木) 19:59:58.09 ID:EuSNwniJ
電子書籍が売れてるのはアメリカだけという事を理解した方がよい
むしろヨーロッパでは売れてない。

色々な事情があるが、一番大きいのは
「紙の本は文化」「電子書籍は文化ではない」
の考え方からEUでは紙の本では無きに等しい税率が
電子書籍では非常に高い税率となって
普及が遅れている一因となっている

もっとも
amazonの英語文化に対するヨーロッパの文化的な抵抗感が
働いているとも取れるわけだが


252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/04(金) 03:38:29.34 ID:HRatryn7
>>251
フランス在住だけど当地ではFnacというツタヤを立派にしてヨドバシを
くっつけたような書籍AVカメラPC旅行プレイガイド総合店チェーンが
オリジナルのリーダー端末と共に電子書籍を展開している。
売れてるのかな。
あと税率に関しては来年の1月から安くなるみたいです。

http://www.ebouquin.fr/2010/12/13/la-tva-a-55-sur-le-livre-numerique-repoussee-au-1er-janvier-2012/

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/04(金) 03:46:48.30 ID:HRatryn7
リンク間違えた。こっち。
http://pme.service-public.fr/actualites/breves/taux-reduit-tva-etendu-au-livre-numerique-2012.html

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/04(金) 10:31:08.82 ID:GZ55P/UU
違法DLしたエロ漫画が快適に読めます!とか売りにすれば売れるんじゃね?
秋葉の良くわからないような店で2万以下ぐらいで出せば
普通の人はこれ買って何するのか良くわからない

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/04(金) 10:38:22.47 ID:gd3okcUU
スレタイ、ブームが去ったって失礼な。まだ、来てないわw
一部ネットメディアが騒いでるだけじゃねーかw

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/04(金) 18:29:17.85 ID:gCt2QKN/
>>255
過去の事例からそれをブームと呼んでいたし、
騒いだ事実として「ブームが来た」と言う
そしてブームが広がらずに去った。

つまり「第4(?)次電子書籍ブーム」は終わったのだ。

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/04(金) 21:47:05.77 ID:gd3okcUU
>>256
ざっと数えて5回目

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/04(金) 21:58:54.25 ID:zByBD4Ci
おまいらの周りには電子書籍読んでるやつはいないのか?

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/04(金) 22:06:16.42 ID:J3O95ZyE
そんな猿はいない

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/04(金) 22:40:52.83 ID:zByBD4Ci
>>259
そもそも本を読んでるやつがいないんだろ。
要は猿しかしないっていう状態?

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/04(金) 22:43:45.25 ID:v9mKiieW
電子書籍ブームだと煽るブームは
情報商材屋を中心に継続中w

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/04(金) 22:46:11.86 ID:tRzfOxue
情報商材w

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/04(金) 22:52:52.14 ID:gCt2QKN/
スマン
情報商材と電子書籍の明確な区分がわからない。
同じだろ。

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/04(金) 23:04:58.60 ID:gd3okcUU
マジレスすると、97年辺りから電子書籍を追っかけて居る連中の中にも
今回の電子書籍への一部の煽りっぷりは気持ち悪いと思っていて批判的な連中が結構居るっぽい
(俺もその口だw)

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/04(金) 23:07:50.57 ID:gCt2QKN/
>>264
それって、好きなんだけどマイナーなアニメや漫画が広く一般に認知されると嫌悪感を示す、に近いな。

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/04(金) 23:23:26.78 ID:S50hInst
>>265
マイナーなのに「売れてる風を装う」のが気持ち悪いってことでしょ

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/04(金) 23:39:57.04 ID:gd3okcUU
今までも何度か電子書籍元年は有ったけど、殆どはネットメディアのごく一部が報道して終わり
物になった携帯電話のアレですら200億円とか300億円とかの市場になってから
騒ぎ出した状態だからねー

現状PC向けの100億円にすら及ばない状況でこの騒ぎ方はハッキリ言っておかしい

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/04(金) 23:53:20.62 ID:gd3okcUU
あぁ言ってる事が矛盾してるw<俺

去年のベストセラーのもしドラが160万部だっけ?
それだけの市場規模が今ネットメディアが必死に煽ってる専用端末に有るのかね?
(端末の売れた台数見れば即市場規模が解るのかw)
携帯電話かゲーム機にでも展開を考える方が余程現実的じゃ無いか?って気がしてならん

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/04(金) 23:58:38.73 ID:cadkBh5g
>>266
それ、エンタメ商売の基本じゃんw

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/04(金) 23:59:26.41 ID:gCt2QKN/
>>268
携帯電話プラットフォームの市場数とか考えるとどうだろう。
とは言っても、文字が読めるだけの低クオリティなんだけどね。
将来的な予測として期待感をあおるのは間違ってないと思うけどね。

今回のスタートアップは失敗してる、という前提に立って戦略の練り直しが求められてるのになぁ。
とは思う。



271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 00:24:39.77 ID:Lools5M/
前に、携帯で出てるのは、ゲームとかで
電子書籍は供給過剰で数が多く賑わって見えるけど
たいして売れてないって、何かに書いてあったな


272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 00:45:57.57 ID:seFxERG0
>>271
でも、電子書籍市場の市場規模は去年までは日本が世界一だったんだぞw
(2010年の統計でアメリカに抜かれたらしいが)

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 00:48:44.69 ID:owG08pia
>日本が世界一
一般の人は、まるで興味なかったけどね

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 01:03:23.52 ID:nANYNkCz
活字の主役がネットに移り、
電子か紙かどうかに関わらず
本と言うあり方事態がマイナーになりつつあるという現実

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 01:03:38.06 ID:y1bRXpWm
>>272
アメリカの電子書籍は4億4000万ドルで市場シェア8.82%だとか言ってるけど
全体的な市場規模が240億ドル弱なんでどう考えても数字が合わないんだよね
どうも電子書籍にしやすい分野だけを切り取った数字みたい

その計算が許されるなら日本の電子書籍(携帯漫画)の出版市場(漫画)のシェアは
10%を大きく越えているとか言えちゃうんだよw

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 01:12:22.95 ID:EJ90RlR5
>活字の主役がネットに移り、

新聞やテレビはネットと喰い合うからやばいかもね

本は新聞やテレビと地味に共存し続けてきたし、
ネットとも地味に共存するよ

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 01:14:33.43 ID:ijHA/Zsc
孫正義氏の提唱する「光の道」計画が進んでいれば、
5年以内に光回線で日本中が繋がり、
小中高校生にはみな一人一台ずつスマートパッドが配られていた。
そしたら日本の電子書籍もかなり浸透していっただろう。
教育という観点から漫画よりむしろ小説などの文芸作品の需要が
高まったのではないだろうか。
とにかく日本経済が「光の道」によって一転することは間違いない。
と、思う。……いつかわかるときが来る、か。

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 01:22:17.99 ID:seFxERG0
>>273
だから、俺としてはアメリカで大流行って論調の報道自体を疑いたい所なんだが
実際は日本の携帯電話のアレのブームの時レベルの話しでしたとかオチが付かないだろうな

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 01:27:28.70 ID:87NITd7I
>>277
子供手当てレベルだな

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 01:28:48.95 ID:O49jHuzj
>>254
中国あたりで日本の全マンガをDATA化したものを
売りに出すのを期待w

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 01:32:13.91 ID:87NITd7I
>>280
もう既にいくつかは中国で流通してるだろ

著作権意識の低い所へコンテンツを流すという行為をどう考えるか。
…まぁ、向こうでも流通してるようなメジャーコンテンツを公式として流す意味はあるんだろうけど。

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 03:37:42.28 ID:Wwyccj/q
「ブーム」って馬鹿が好んで使う言葉だよな


283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 08:02:55.47 ID:m3u5ZspE
ブームは「出版社」でブームになってるというのではないか。
それならわかります。
しかしスマホが売れてるから、これから電子ブックは売れますよ。
官能小説は間違いなく熟れまくる。

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 09:23:07.93 ID:B7wuH4nc
専用端末は売れんとw

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 09:26:04.71 ID:B7wuH4nc
>>277
昔竹中の頃にe-Japan戦略というのがあってだな・・・・

もうとっくに済んでる筈なんだが変わった物は何なんだろうか。

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 10:12:03.32 ID:ULtbyHE6
光ファイバーがかなり普及したじゃん。
ウチには来てないけど。

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 10:53:02.58 ID:l8XmO/Nb
zip(とrar)に圧縮されたjpgをストレスなく読めます

この宣伝文句で一部の人にはバカ売れする
あと、その宣伝で釣られた奴の後を追っていけば
著作権がらみでしょっ引けて、警察のノルマも安心になる

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 11:42:10.03 ID:m3u5ZspE
今は街の本屋さんが減って、ネットの本屋さんが増えてる時代です。
更にハード屋さんが本屋を作るケースも出てきてます。
これはまず読むツールがあって本屋がぶら下がるケースですね。
シャープ、ソニー、au、パナ?
ネットの本屋さんは何で差別化をするのでしょうね。
対応する端末の種類でしょうか?
しかし現在の一般的な端末は中途半端ですね。

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 12:07:00.48 ID:nANYNkCz
端末屋としてはネットがちゃんと見れれば活字需要の8割りは満たせるって考えだろ
廃れ行く本を端末上に再現するために無駄に労力をかけないのは正しい経営判断

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 12:52:29.76 ID:NhvZ3jm9
>>289
実際に満たされる事と、所有欲を満たす事は別だけどね

ネットだけで満たされるなら、電子書籍の需要なんて、話題にすらならない



291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 14:31:44.57 ID:knHRp19w
ネットの本屋さんつっても
メインに扱うのはやっぱ紙だけどね

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 14:38:49.12 ID:wC+fZL6u
>>283
スマホ普及してるが、電子ブックは数だけやたら多くて
殆ど売れてないらしいよ。供給過剰状態。

ゲームとか、手の込んだアプリとは、そこそこ売れてるみたい。
電子ブックは、スマホで自分のアップした電子ブックを読む程度だろ
それを、流行ってると言い張ってるだけw

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 14:49:37.97 ID:IdX5Cx0z
>>283
電子ブックって90年代で終わったでしょ ソニーのやつ

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 14:56:56.30 ID:m3u5ZspE
>>292
電子書籍の読める携帯の普及で女性向けの官能小説が売れてるらしいからね。要は店頭で買いにくいという理由みたいだけどね。
それならスマホになったら、単純に考えてもっと売れると思うよ。
スマホで慣れてきたら、普通に小説も買うようになると思う。

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 15:12:51.01 ID:GG1cATjl
スマートフォン購入層は既存の携帯ユーザーがほとんどだろ?
携帯はメールやwebが主で、やってゲームくらいの層が買い換えるわけだ。
それがスマートフォンになったからって、いきなり本を読み出すという仮定があり得ない。
そりゃいくらかは増えるだろうが、エロ媒体という特殊な例を持ち出してほかの電子書籍も同じだ、なんて暴論もいいところ。
もう終わってるのよ、電子書籍ブームなんて。

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 15:14:48.95 ID:ULtbyHE6
小説を読みなれていないと、文章だけからは、情景が上手く理解できないと思うんだ。
そこで、アニメやマンガとメディアミックスな展開をしてやると、小説も理解しやすく売れると思うな。
人気のあるシリーズ物は小説だけのエピソードがあるようにすれば活字を飲みなれなていないファンが買う。

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 15:25:35.56 ID:mWDA1oHE

  即時性中毒と厨房のアブノーマル
http://wiredvision.jp/news/201011/2010113023.html

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 15:35:46.67 ID:m3u5ZspE
>>295
俺はそうは思わないな。
携帯からわざわざスマホに買い換える人は理由があるからでしょ。
従来と同じ使い方でいいならわざわざスマホに引っ越さない。
当然スマホって何ができるんだ?てアチコチ触って、いろいろなサービスを試すと思いますよ。
そこに電子ブックがあって試しに買ってみようと思う人は当然いますよ。店頭で買いにくい官能小説なんかは、十分にありでしょう。
ちなみにTUTAYA GALAPAGOSを見てると女の子の体なんでも相談bookというのがあって、水虫編、痔編なんてのがある。
それぞれ52円。
なるほど、こういうニーズはあるだろうな…と思うよ。
まあ売る方もプロだし生活かかってるから何か思い付くでしょうよ。

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 15:54:36.08 ID:584x/bGJ
>売る方もプロだし生活かかってるから
厨房ニートが多いらしいよ

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 15:58:06.73 ID:Hd9Lb6Kb
>携帯からわざわざスマホに買い換える人は理由があるからでしょ。
俺の場合は、販売店からの催促が
めっちゃうるさかったからw
電子書籍なんて読む気まったくないよ
あと、ガガのファンだったから、それだけw

301 : [―{}@{}@{}-] 名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 16:34:29.24 ID:ULtbyHE6
今スマフォはブームらしいから、
特にに考えなく買うよ。

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 16:36:32.54 ID:rFlJa6h6
そーいう先入観がある奴が潮流を読むなんてことは絶対に無理だろーね

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 16:41:31.81 ID:rFlJa6h6
おっと301宛じゃないかんね

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 16:54:09.07 ID:GG1cATjl
スマートフォンに買い換える理由ね…
たぶんもてはやされて流行ってるから、という理由が一番多いと思うよ。
スマートフォンとガラケーの違いを明確に答えられる人って少ないでしょ。
基本機能はガラケーの高級機と大差ないし、キャリア縛りサービスのあるなしくらい。
スマートフォンを本当に必要とする、情報端末をばりばり使う人の市場ってものすごく狭いよ。
一昔前のPalmやZaurusの売り上げ規模見ればそれくらいすぐわかる。
最初は物珍しさから利用するけど、飽きたら見向きもしなくなるのが一般ユーザーの特徴。
見捨てられる運命にあるサービス、それがスマートフォンの電子書籍だよ。

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 16:56:37.46 ID:D7o8UiyX
時々、電子書籍の普及に反対する人らが組織的に書き込んでん
じゃないかって思うw

あと、電子書籍を自分では読みもしないで叩いてる感がありあり

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 17:12:55.70 ID:GG1cATjl
実際に自炊もしてスマートフォンで読んだこともあるし、電子書籍リーダーも使ってるぞ。
電子書籍の長所と短所を体験した上で、電子書籍は流行らないと判断してるだけだ。

供給が潤沢になった上で電子書籍がブーム、というのはわかるが、
供給がこれからという今の段階でブームと呼んでいるのがかなりうさんくさい。
ましてや、ついでに電子書籍を読めるスマートフォンの躍進が電子書籍の夜明けだ、なんて眉唾物だ。
パソコン普及期の「ペーパーレス時代」、今ではお笑いぐさのキャッチフレーズが流行った日本だぞ。

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 17:18:39.60 ID:D7o8UiyX
Amazon、Google、Appleという3大黒船の脅威は確実に迫ってて、
前向きに対応していかなければ、確実に飲み込まれる。おいしいところを
全部持っていかれる。

過去の「ブーム」には無かった外圧の存在は小さくないと思うが

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 17:23:07.48 ID:m3u5ZspE
>>306
まあ今の状態はブームとはいえんわな。
これからスタートっていうところでしょう。
しかし今までは出版社自体が取り組んでるっていう感じはなかったが、今は出版社から雑誌もかなり出てきてるし、前とは様子が違うよ。
今日もストア見てたが、プロレス雑誌とかも新たに追加されてた。
どんどん増えてるっていう感じだよ。
前とは状況が違うよ。


309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 17:50:05.72 ID:2Dyw8Kvq
そもそも書籍発行の1形態に過ぎない電子書籍に「ブーム」はおかしい罠。スレタイ自体が罠。

一般化、普及という面では今回の「元年」は過去のどれよりも明らかに大きい波

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 18:00:27.58 ID:GG1cATjl
ガイアツね、指摘してる問題はそこじゃないんだ。
需要が追いついてない、広がりに欠けることを問題にしてるんだ。
新しいものに敏感な若者は暇はあるけど金がなく、趣味が多様化して本に使う金は目に見えて減ってる。
比較的新しいものに敏感で金がある中年社会人は、暇がなくて不況の影響で財布のひもも固くなってる。
中高年になると暇と金はあるけど、電子機器に対する苦手意識が強く、老眼の影響もあって手軽な娯楽テレビに流れやすい。
電子書籍の市場はある程度拡大することは否定しないが、限界があるのは明白だよ。

インターネットの普及の弊害の一つなんだが、情報やデータが安く見られやすくなってるんだよね。
本や新聞なんてその最たるもので、それまでのビジネスが根底から崩れ始めてる。
電子化がその解決策の一つとして注目されてきた訳なんだけど、既に破綻した例がちらほら見受けられる。

趣味の多様化に情報の低価格化、このコンボに電子書籍が耐えられるとは思えないなぁ。
企業は市場が盛り上がればそりゃ動くさ、利益追求組織としての使命だもの。
でも、社運をかけてる企業なんてほとんどいないじゃない。
未だにポージングの域を出てないと思うよ。

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 18:01:04.84 ID:y1bRXpWm
消費者側からの需要圧力が上がってきての電子書籍ブームではなく
家電メーカー、携帯キャリアからの資本の流入による作られたブームというのを
冷静に見るべきだよ

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 18:04:59.76 ID:KHfeGTSp
御託並べてなよ

守旧派は寂しいもんだね。枯れ行くしかない
心が枯れてる

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 18:06:49.61 ID:tk03yrOy
>>303
>>298の事ね? わかりますw

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 18:08:32.58 ID:uWt78lmH
>>312
それ言っちゃ負けですよw

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 18:13:21.40 ID:u1+GTRQd
↑アホ

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 18:15:47.99 ID:p0aZuxqP
>スマートフォンを本当に必要とする、情報端末をばりばり使う人の市場ってものすごく狭いよ。
>一昔前のPalmやZaurusの売り上げ規模見ればそれくらいすぐわかる。

だよなぁw
俺もZaurus買ったんだよ、当時高かったビデオカメラ付きw
結構楽しかったよ。でも気が付いたらいつの間にかゴミ箱行きw
まぁ、厨房のころ何となく作った戦車のプラモみたいなもんで、
大人のオモチャだなw

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 18:16:09.91 ID:92kgEgJb
ネット小説から「まおゆう」みたいな怪物が生まれる土壌は十分に育ってるわけで
それがパブーetcのePub出版プラットフォームと結びついたら既存の出版社には脅威になるだろうね

これも過去の元年にはなかった流れやね

「電子書籍」という単語にとらわれると全体を見損なう


318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 18:17:36.64 ID:h0Lraevw
>>317
ナニソレ?w

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 18:20:42.18 ID:g3O0o5Eg
なんだろうねw

聞いたこと無いわ

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 18:21:03.63 ID:HYaXJw65
>>317
はじかしいから、素人相手の厨房アイテム持ってきて
既存の出版社には脅威にとか、笑わすのはやめてね

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 18:24:28.49 ID:Lsr8R5ZS
というかまおゆうとかパブーとか何のことか・・・有名なの?

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 18:26:14.23 ID:Rtxzl6Ft
結局SonyやSharpの社員がブームブーム騒いでるだけだな
kindleが来ようが今年後半には誰も電子書籍のこと何て覚えてないよ

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 18:29:41.51 ID:WcQGWBV+
>>322
まだその段にすら至ってない

まぁ、今後電子書籍の時代自体は間違いなく来るだろうから、今のうちに失敗重ねておくべきかもね

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 18:31:19.83 ID:GG1cATjl
守旧派ね…
一般人を甘く見てるだろ?
すごいぞ、一般人は。
地デジの移行とアナログの停波が2011年なのは2008年の段階からCMや番組でさんざん周知してたのに、
2010年の暮れになってやっと騒ぎだしたんだから。
iPadと電子書籍も去年はやたらと持ち上げてたけど、来年どころか今年の暮れにどれだけの人が覚えているやら。

スマートフォンは携帯という下地があったからヒットしたけど、紙の本が電子書籍の下地になるかね?
日本人の読書平均は月2〜3冊程度で、電子書籍端末買ってまで電子書籍読みたい人が多いとはとても思えない。

文化庁の統計を見ても、電子書籍を必要としそうな「本の虫」は全体の2割もいない。
ttp://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/yoronchousa/index.html

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 18:34:56.79 ID:y+XDX9lI
二割に売れれば十分じゃね?

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 18:49:57.66 ID:GG1cATjl
いや、電子書籍端末買うとか、所有欲より利便性とるとか、
購入のハードル考えたら2割どころか1割も怪しいから…

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 18:59:45.38 ID:KNstZI84
このスレ的には結論が出たな


結論『電子書籍ブームは去る以前に始まってすらいない!』


−−−−−  糸冬  了  −−−−−


以後は雑談スレに合流でノシ

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 19:03:49.64 ID:qwt7vHQk
>>317
まおゆうは確かに面白かったけど、それぐらいなら商業出版としてたくさん出てる。
まおゆうは評価され出版されたけど、その売り上げは他に埋没していて特別取り上げられないのが事実だ。

ネットで、素人で、という点が評価された部分も大きい。
出版社を通した既存の作品クオリティは、逆に面白くなければ叩かれる、のが普通だからね。

まおゆう並みの展開を見せる文章作品がどれだけネットにあるのか。既存出版に比較して極端に少ない。
継続してネットオンリーでヒットが出せるかといわれれば…無いだろう。
人を育てる機構が無い。個人努力に帰結する部分が大きすぎる。天才を待つだけだよ。

…しかしネット作品のゴールが出版社による紙出版とは皮肉にもほどがあるな。

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 19:13:34.66 ID:GzQ/NwYP
自演はいいから

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 19:14:52.64 ID:YX1lhzZQ
マーケティングとかマネージメントを考えれば
出版者と組んでやったほうが圧倒的に有利なんだから当たり前
ネットで全てが完結するとか思っている人がいるほうが不思議だ

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 19:28:41.60 ID:a6E9Jc/v
おまいら終了ですよ

結論は出てるんだからこれ以上スレを伸ばすな

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 19:45:01.35 ID:qwt7vHQk
>>331
雑談スレに統一しろ、だろ。

しかし、このスレがある限り書き込みは続いてしまうよ。
返答レスを雑談スレに書き込んで、このスレではそちらに誘導するだけぐらいしか対処は無いと思う。


333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 19:45:01.44 ID:/fSCh0PG
>>317
紙だから編集してそこそこの値段つけても売れる。
EPUBならオリジナルを単純に変換した無料版と並べて売られるようになるぞ。
売れるわけない。

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 20:00:13.71 ID:y1bRXpWm
>>332
この板で作品について語らないスレは全て雑談スレだぞ>>74


335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 20:05:13.35 ID:qwt7vHQk
>>333
まおゆうはオリジナルをePubに変換して読破した。
htmlそのままでもよかったんだけどね。

既存Web親和性が高すぎて、電子書籍形式って低解像度デバイスでちょっと読みやすくするだけのツール扱い。
BMPをJPEGに変換するレベルのお話。

>>334
ここも雑談スレだな…しゃーないじゃないか。
作品を語るスレとその周辺を語るスレとの比率が『漫画・小説等』のカテゴリとしてはおかしいレベルなんだから。
家電版にあるべき、というのは納得できる話なんだが。

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 20:12:50.02 ID:1Aa4YZB1
終了だぞ。

結論『ブームは去ったどころか始まってもいない』

終了!

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 20:38:07.78 ID:m3u5ZspE
>>306
ひょっとしてSonyのReader使いか?
だとちょっと俺とは判断が違うかもしれんな。
雑誌はカラー機でないとダメだから、iPadかGALAPAGOSでないと今の様子はわからんと思うよ。
雑誌はかなり増えてきてるよ。

それにスマホ使いなら青空文庫もかなり面白くなってきてるのはわかるだろ。
本好きなら、使わないと損だよな。


338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 20:44:17.21 ID:OoleiI7w
アホか

ブームなんか来てないんだよ。

糸冬 了

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 05:19:24.19 ID:szKnkBWw
過去のブームとは違うねーw
失敗したブームの決まり文句だよな

今回のブームその過去のブームの携帯電話書籍の市場に追いつけても居ない訳だがw
更に追い越せないなんて分析も何処かのマーケッティング会社から出てたよな
黒船じゃ無くて日本の後追いしていた連中が逆上陸しただけじゃ無いのかw?

紙の本が1000円以下がメインの日本じゃ最低でも端末の値段を5000円以下にしきゃ
専用端末の電子書籍は話しにも成らないよ

っつうか、1万円以上の端末で元が取れる程本が売れるなら書籍市場がこんなに傾いちゃ居ねえw

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 06:59:56.52 ID:nFA7HVO5
スレ伸ばすんじゃねーよボケ

結論【ブームは去ったどころか来てもいなかった】


ーーー 糸冬 了 ーーー

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 08:44:03.21 ID:H8VoSwFF
90年代半ばの「インターネットブーム」を思い出すな
当時もブームだブームだ言いながら、自宅に高価な端末持っててインターネットにまで接続してるのは
一部のスキモノだけだった。冷静な人は、ブームと叫ぶマスコミの喧伝を冷めた目で見ていた

でも、結局インターネットは一般にも普通に普及した
電子書籍も同じ流れになりそうな匂いを感じる
マスコミのブーム報道とは関係なく、端末が安くなりコンテンツが増えるなりに従って
ジワジワ普及が進んでいくと予想

そういう意味では「ブームは去るどころか来てもいなかった」というのは否定しない

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 08:50:04.40 ID:TFDOTyeD
終了だっつってんだろ。黙れカス

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 09:01:09.37 ID:6FDvL6dG
必死すぎw
このスレが続くと何か不都合でもあるのか?

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 09:05:41.46 ID:tbLT8bdE
ブームは去ったどころか来てもいなかった。
だから、これから始まるかもしれないw

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 09:35:11.89 ID:Cf446IKk
電通の正体
http://www35.atwiki.jp/kolia 
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/313.html

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 09:36:19.96 ID:7gTevkD1
必死でスレを伸ばして実はブームだったとかこれからブームが来るということにしたい奴がいるようだな

結論:電子書籍ブームは去ったどころか来てすらいなかった


  *** ス  レ  糸冬  了 ***

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 09:51:24.86 ID:6FDvL6dG
ブームの定義にもよるけど、今後もブームはこないよ
普及自体は今後もジワジワと進んでいくだろうけどね

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 10:01:11.92 ID:lnNiOPyG
その結論で合ってる。


 ◇◇◇ 糸冬 了 ◇◇◇

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 10:16:37.83 ID:6FDvL6dG
書き込みのたびに「終了」レスが何分後に付くのか毎回楽しみになってきた

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 10:50:51.45 ID:Pr53SMo8
XMDFは終わる途中。
ドットブックは始まってもいない。
epub3.0は日本で流行るかどうかは分からない

現時点では電子書籍(端末・コンテンツともに)に手を出すのは危険だなw

……さて、「終了」レスはつくかな?

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 10:54:07.36 ID:gEX3rjQ5
いやブームは間違いなくきている。
ただこれは出版社のブームだよ。
街の書店が無くなり、ネットの書店が次から次へとでているね。
スマホの増加とPad端末のブームはブームと言えるだろう。
これはそう時間をかけずに、一致してユーザー側の大ブームになるな。
電子書籍端末で読み慣れると案外いいもんだよ。
要は有料の情報を買うという事だ。そこはプロの世界で、webのタダ情報とはまた違うものがある。

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 11:53:24.65 ID:+QqFmUnf
有料化だけが電子書籍の目玉だが
…そんならWebでいいじゃないか。日経の有料プランだってあるわけだし。

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 11:58:46.18 ID:gEX3rjQ5
web繋がらない場所だと読めんでしょう

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 12:24:21.97 ID:+QqFmUnf
いや、それは電子書籍もWebにつながらなければ購入できないでしょう。
キャッシングが問題だというなら、オフラインで読める一般的なHTMLメールやRSSの形式だって良い。

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 12:45:00.46 ID:Pr53SMo8
HTMLメールって画像とかはネットに繋がってないと表示できないでしょ。
オフラインで読むためには、HTMLに画像とかの関連ファイルもまとめてパッケージだな。
結局epubになるw

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 13:15:50.44 ID:+QqFmUnf
>>355
えー、Base64の画像埋め込みは出来るじゃないですかw
構造化やパッケージングの便利さはあるだろうけどね。

しかしまぁ、電子書籍というカテゴリーの新設をしなくても出来ることばかりなんだけどなぁ…とは思うよ。

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 17:45:03.17 ID:DWMxLOav
おまえらまだやってたのか
結論は出てるんだからこれ以上引っ張るんじゃねーぞボケ

結論【電子書籍ブームは去る以前に来てもいなかった】


ιゅぅりょぅ

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 18:10:06.22 ID:gEX3rjQ5
>>354
単に字が読めればいいってもんじゃないと思うが。

>>357
出版社では今大ブームになってるよな。
今日は小学舘のeBookサイトものぞいてたけど。
そこはPCで読まなきゃいかんのね。


359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 18:17:17.85 ID:ZhSuZGzn
しゅっぱんしゃでぶーむ?ないわー

黒船が来るから仕方なく、嫌々と半身でちまちまポーズを見せてるだけ
そんなことしてたら黒船にあっさり撃沈されるのにね


つーかsyu-ryou

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 18:31:34.64 ID:gEX3rjQ5
>>359
流通が変化してきてるからな。そら何やら手は打つだろ。
毎日新聞なんかは、新聞の宅配所を朝日?だか読売のを借りてるから、こういう流通の変化を逆にチャンスだととらえてないかね?

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 19:43:50.75 ID:kWyuIqmp
>>359
去年電子書籍の話題が爆発的に増えたのは自然発生的なものだとでも思ってるのか?
ものすごく多くの投資がされているのに気づかないようなら文字は読めるけど理解力は無いタイプの人だね
ただ投資の結果が実を結んでいないだけさw

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 20:07:27.07 ID:KL1vZgR0
ブームというのは本来前向きで明るいもの
黒船に煽られて嫌々やってる出版社の動きはブームなんかじゃない

結論は出てるんだから議論を蒸し返すんじゃないよ

はい終了

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 21:11:07.28 ID:6FDvL6dG
ブームの定義にもよるな
去年あんだけ話題になったのは十分ブームって言ってもいいだろ

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 21:15:23.03 ID:gEX3rjQ5
>>362
いや、嫌々とは違うと思うんだけどね。
もう出版界は先細りで縮小を続けてるなかで、スマホ、タブレット端末の出現で新たな生き残りの道が見えてきたところでしょう。
ユーザーに器ができてきたわけだから、後は何を入れるかっていう事を考えますやん。
書店は無くなっても出版社は残る可能性ができたわけで。

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 21:41:30.89 ID:73AnePK7
今、出版社がやってることって、これまでと大差ないぞ
実際のどころ、未だに読みたい本は書店行くかAmazonで取り寄せるしかないし

まぁ、選択肢が増えたって意味で、個人的には昨年のブームは良かったが

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 21:49:29.86 ID:ks5oxN9R
まだ強弁するか

ブームなんて無かった

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 21:49:39.00 ID:p6ZMR6Mu
この手のブームはメーカーが煽るものだしな

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 21:54:42.05 ID:73AnePK7
>>366
実際に流行ろうが流行るまいが、金掛けて宣伝して知名度を跳ね上げて
市場にそれっぽい流れが少しでもできれば、それはブーム
単に、一瞬で潰れただけの話だが
以前からのユーザーからしてみれば、こんなもんでも有り難い
できればコンテンツ提供側をもう少し動かして欲しかったが、それは次の機会に持ち越し

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 21:55:06.92 ID:XASeCpeK
>>365
出版社単位で色んな電子書籍ストアを覗くと、結構変わってる

pdfやbookendでしか売ってなかった所が、別のストアでxmdfで同じタイトルで売り始めたり

総じて言える事は、大手は動きが少ないか、消極的
紙の本では2番手3番手に甘んじてる所が積極的になってる

弱小すぎると、電子化する余裕も無いのか、こちらも動きが無い


370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 22:00:43.11 ID:73AnePK7
>>369
今回のだけを見ると、大きく変わったように見えるが
毎回ブームが到来する毎に、そういった変化は見える
そういう意味で大差ないと言ったのよ
大手は幾つか話聞く機会があったんだが、対応がまちまちなんで、一概にどうとは言いづらいかな

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 22:29:30.59 ID:XASeCpeK
>>370
そうなのか。。。
参考までに聞くけど


>pdfやbookendでしか売ってなかった所が、別のストアでxmdfで同じタイトルで売り始めたり

この部分も毎回有ったのかな。。。

2番手3番手に甘んじてる所が〜は毎回有っただろうけど、フォーマットを切り替えたりってのは、毎回するには思い切りが良すぎる気がする


372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 22:39:50.67 ID:73AnePK7
>>371
それを含めた部分が今回の変化と捉えてる
まぁ、過去の変化の中には、袋小路に詰まっちゃったのもあるけど

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 22:53:17.44 ID:XASeCpeK
>>372
そっか、まあ、AppleやAmazonが来ても、眈々と、粛々と、電子化するんだろね


374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/07(月) 00:44:46.63 ID:f3pTTNmo
もう詰まっってるよ

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/07(月) 00:49:07.77 ID:MHxw02ca
今年こそ電子書籍元年にしようぜ。

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/07(月) 02:45:20.15 ID:sml/v/P3
1985年から数えて、何回目の電子書籍元年?w

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/07(月) 09:49:09.46 ID:9nwwdpkU
ブームというのとは違うと思うけど、今回の元年は電子書籍が定着したという意味では
初めて元年と読んで差し支えないレベル

黒船、出版社の動き、EPUBの普及

これまでは波が寄せては引いての繰り返しだったけど、今回の波は引くことは無いでしょ
あとはじわじわと浸透して、順次紙書籍が電子書籍に置き換わっていく

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/07(月) 10:17:12.24 ID:cr0K9Vmf
ストアの撤退があれば、引いた、と呼んでいいと思う

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/07(月) 13:43:02.70 ID:C/HMXON8
そろそろどっか引くっぽい?

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/07(月) 14:24:58.82 ID:tD3z8pAr
引くも何も今新規参入と証して入ってる所って、
過去の元年の時に参入してずっと残ってる所が別の看板を出してる所が殆どで
本当の意味での新規参入なんて、ツタヤとSonyのReaderStoreくらいじゃんw
(DOCOMOも何か有ったっけ?)

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/07(月) 17:44:37.10 ID:G48/ce/N
アメリカで既に普及したってのは
相当大きいと思うけどな

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/07(月) 17:48:04.85 ID:G48/ce/N
犯罪ではあるがコピーしやすいとか、単に何処でも読めるという
手軽さ、安価に買えるというところがウォークマンと被るんだよなぁ。
ウォークマンなんてオーディオマニアには相当馬鹿にされていた。

だいたい世界中には近くに本屋がない所が五万とある。まずは
そういう所からチープ革命が始まると思うよ。

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/07(月) 18:31:03.03 ID:orQtst8a
世界で見て、本屋がない地域だと
電子書籍を流通させるためのインフラが整わないか
高価すぎて手が出ないかのどちらかが殆どかと

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/07(月) 18:49:50.88 ID:MqUKLZ5T
チープ革命をいうのならば本の値段自体も安くなって貰わないと困る
のだが、海外は再販が無かったり時限再販だったりするので少し古い
本はアホみたいに安くなるからなぁ。
当然そういう安い新古本が書店にある状態では電子版の価格も対向
して安くなる。数年前20〜30ドルした本の電子版が10ユーロ以下で
買えたりするし。

日本も2〜3年前の出版物についてはブクオフ潰しにいくような値付け
にすればいいのに。紙の本は難しくても電子版なら出来るんじゃない
のかな。

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/07(月) 20:04:28.63 ID:cr0K9Vmf
>>384
20ドルと10ユーロだと、あんまり安くなってないな

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/07(月) 20:39:41.95 ID:pfeNtyWy
>>384
2〜3年前にハードカバーで出した本を
文庫で安く売っる行為はブクオフ対策か?
価格設定での中古対策なんて存在しないよ
Jコミは少しだけ可能性があるけどね

>海外は再販が無かったり時限再販だったりするので少し古い 本はアホみたいに安くなるからなぁ
これはシステムの違いだよ
海外の場合後払いで実売印税が多く一度に多く作って印税支払期限までに売り捌くので
最初の価格はかなり高く、売れ残りは損金処分ってシステム
日本は刷り部数に対する前払い印税で少部数作って市場の反応がよければ多く作り足す

どっちがいいとも言えないけどスレ違いだぁな

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/07(月) 20:43:10.20 ID:hEId2L2Q
>>383
固定電話が引かれていなかったような新興国では携帯普及率が固定電話の普及率を越えている。
寧ろ固定電話が無かったからこそ急激に普及したんだろう。

最近はローエンド携帯でもネットにつながるので電子書籍端末は誰でも持っている状態になる。
電子書籍だって、いままで本屋が無かった地域ほど急激に普及するかもしれない。
無料のネットに対して本の存在意義が示せればの話だが。

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/07(月) 20:51:45.20 ID:eklCP2kG
無理やり感が
ゲイバーのママっぽい

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/07(月) 20:53:30.20 ID:uURMshgm
後進国ではむしろ書籍が消滅して、WEBだけでいいやという感じになるかもしれない。

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/07(月) 20:58:56.16 ID:eJITfnJJ
日本メディアの限定された情報しかしない日本人は
中東や東欧、後進国?と思ってる国が、実はどれだけ民主化されてて
ハリウッドやエンタメ、書籍やCDに溢れてるか知らないでしょ

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/07(月) 21:31:13.98 ID:cr0K9Vmf
>>387
安価な端末が普及してるのはわかるが、画面がネックじゃないか?
比較的大きな画面のスマートフォンが出てきて、ようやく読めそうだ、と思われたのに。

>>390
書籍の話だろ。紙の本。
新興国において、高価で小さい画面で読みづらい電子書籍を支持する理由が無いな

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/07(月) 21:58:11.54 ID:MqUKLZ5T
自分の場合アフリカ系の学生の相手をすることも多いんだけど、
こういう国では現地語による出版の基盤が弱くて、ちょっと高度な
内容になるとまず旧宗主国で出版された本、次に英語の書籍になる。

ある意味で日本とは比べられないぐらいに高等教育における輸入
書籍への依存度が高い。もちろんこういう教育を受けられるのは
限られたエリート層だけなんだけど。

なんで結局はコストとの兼ね合いにはなるんだけれども、国境を
越えて旧宗主国の言葉や英語で出版されたライブラリーにネットで
アクセス出来るってのは非常に大きいと思う。本はどうしても国外
から調達してこなくてはいけないって国もあるわけで、
専用端末の普及はともかく、電子書籍自体は結構期待大だと思う。

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/07(月) 22:47:31.31 ID:3ZSQABVF
>>392
あのな、それちょっと本で読んだことがあるんだが、言語にもいろいろな言語があるんだが、下級言語は高等の学問には使えないらしい。要は教えられないという事なんかね。
だから英語に変わったりするんだよ。
ちなみに日本語は上位の高等言語なので大学でも使えるという事でしたよ。

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/07(月) 23:23:29.58 ID:5kKxrZxP
東アフリカ諸国は現地いった人の話だと
スワヒリ語が共通言語として通用するらしいね
それでもやっぱり英語使うけど、学術出版は殆ど英語みたいだね
最近はスワヒリへの翻訳もでてんのかな?
東アフリカ諸国の日常会話はスワヒリで大体通用するらしい

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/07(月) 23:47:00.30 ID:MqUKLZ5T
自分が特に関わった例ではセネガルかな。その学生さんはセネガル
にてフランス語で教育をうけているのだが、他方でウォロフという
現地語をネットに乗っけるために色々頑張っていた。ソフトをウォロフ
にローカライズするなど「セネガル人がウォロフ語でウェブにアクセス
出来るようにするのが夢なんだ」とか語ってたな。

でも彼が持っていた教科書や技術書の類の大半はフラ語版だった。
ウォロフ自体話者数は数百万のオーダーらしいし、フランス語や英語の
出版物に頼るところ大なのはまぁやむ無しだろうなぁ。スレちごめん。

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/08(火) 00:04:38.91 ID:LqXpBd/C
う〜ん、なかなかいい書き込みだ。
ちょっと知恵がついたような気になるなw

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/08(火) 10:57:03.18 ID:XCnndEmu
どうせ不正取得したZipのマンガ読んだりがメインになるんだろ、日本だと
こんなの流行ったら誰も得しねーよ
DRMでがっちがちにかためて、非対応機は輸入禁止にしろ
著作権なめんな

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/08(火) 11:15:55.92 ID:cDq1wUQg
DRMでガッチガチに固めたら、逆に違法ZIPが流行るだろ
DRMこそ、むしろ誰得

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/08(火) 11:42:39.63 ID:XCnndEmu
じゃあ、違法コピーをもっと取り締まれよ
不正なパケット発見したら問答無用で家宅捜査できるようにしろ

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/08(火) 13:41:23.81 ID:kkjbd2ng
>>399
「確実」に不正ならな

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/08(火) 13:43:25.18 ID:XCnndEmu
見切りでもいいじゃねーか
何かしら出てくるよw

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/08(火) 13:48:05.08 ID:KafY4J46
雑談スレでやれ

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/08(火) 14:06:14.26 ID:KTkKZU2Z
偽札づくりと同等に罪を重くすればいいだけの話。
偽札規制は完璧にできているんだからできないこともない。

ま、でもこれは現実的ではないから、
勝手に販売をすれば重大な犯罪として20年くらいぶち込めばいい。
当然不当に利益を上げたぶんの10倍の金額を支払い義務とさせる。
発覚すれば違法コピーされ被害を受けたほうが儲かるというシステム作りですべて解決。

以上

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/08(火) 14:32:24.26 ID:iILeKFtG
つまり著作権は神聖にして侵すべからず権利なんですね。よくわかりました。

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/08(火) 21:49:33.96 ID:GIrsbgBQ
自炊はどうなるw

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/08(火) 22:30:46.58 ID:HMrh5SRI
電子書籍の最大の利点は置き場所に困らないところ。
ムーアの法則で記憶容量がアホみたいに伸びてるんで、いわゆる「四次元ポケット」みたいな使い方が出来る。
でもそんなに本を買って読んでるヤツいるかっていうとそんなには居ないわけで。

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/08(火) 22:35:11.45 ID:iILeKFtG
>>405
自炊は著作隣接権とか、版面権とかで不可にできるな。
というわけで、禁止にする事は十分可能。

バカバカしい話だと思うが。

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/08(火) 22:37:09.41 ID:HMrh5SRI
>>407
図書館のコピーはどうなるんだ?
アレ何の権利があって出来るのか知らんけど。

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/08(火) 22:41:29.18 ID:iILeKFtG
図書館は、著作権より歴史があるから出来ることで、それ以外に根拠はない。
つまり図書館は著作権の入れない聖域というわけ。
そもそも著作権自身根拠は曖昧だな。
要するに、きちんとした整合性のある物ではないんだな。

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/08(火) 23:40:12.65 ID:GIrsbgBQ
下手すると図書館のほうが便利なんじゃないか
貸し借りもできずコピーも取れないようなものが書籍なのかとw

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/08(火) 23:54:18.64 ID:LqXpBd/C
そういや作家が図書館に本を置かないでくれって言ってるよね。
まあタダで読まれてるわけだからね。

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/09(水) 00:07:01.48 ID:a2rX4xWY
うん。図書館に新刊を置くのはだめだよな。
せめて3年オチくらいしたものじゃないと。

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/09(水) 00:08:00.98 ID:ixo3Hmms
学術書とかならともかく、ラノベとか歴史小説とかはそう言いたくなるのも分かる。

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/09(水) 11:56:28.32 ID:CbEP8Zq+
国会図書館ってLO見たいなアレな雑誌も保管してんの?

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/09(水) 12:03:32.04 ID:f4wF325g
当然

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/09(水) 12:22:08.91 ID:EyqbyhTP
>>414
出版社がちゃんと納本してればね
納本しても払いは価格の半分だそうだからメリット無いしな

未納の罰則は有るけど運用はされてないんじゃないかな

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/09(水) 14:47:51.32 ID:X0OmjLf7
LOってどんな雑誌なん?

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/09(水) 15:05:11.24 ID:CbEP8Zq+
熊本の女児殺害ニューススレに良く出てくる雑誌
職場なら調べちゃダメだw

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/09(水) 22:07:23.22 ID:jld09BF+
パッとした話題が無いねぇ…。
そろそろドラゴン村上の出番じゃね?
まさかアレっきりってわけじゃないだろう。




…と、いいたいところだけど
もうすっかり飽きちゃってるんだろうな。

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/09(水) 22:23:56.72 ID:yomS7qMR
飽きるどころか、さらにはまってますが。

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/09(水) 22:45:03.09 ID:b7UHeCWy
パチンカスw

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/25(金) 12:59:18.27 ID:7RHfqphb
震災のあとからめっきり電子書籍の話題なくなってんなw
Google booksも権利問題片付かなそうだし
また、5年後に電子書籍かね

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/25(金) 19:39:46.47 ID:sZnI3dDk
震災

紙の生産が混乱、物流が混乱

電子書籍の時代!

とはならなかったなw

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/25(金) 19:53:59.02 ID:Pkf6TUP8
IPAD2発売直前に津波攻撃

電気がなければなんの役にもたたない・・・
手回し式発電機でも標準で付けないと

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/25(金) 20:02:30.25 ID:fCtDy62x
震災

ジャンプ無料配布「おれたちゃ、技術的にできるんだよ?これからは頭下げるのはどっちかな?」

取次・書店「中抜きの恐怖・・・もう出版社には逆らえない・・・横柄な態度ができないよ・・・」

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/25(金) 23:34:02.24 ID:lDfg2Bxc

いつものヴァカが必死なくらいで
あとは、いっきに盛り下がったなw

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/26(土) 03:05:29.06 ID:7LHd0ezE
馬鹿をわざわざヴァカと書く人って救いがたいくらい頭が悪い印象

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/26(土) 03:17:02.14 ID:le+Q+gxY
救いがたいヴァカ乙

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/26(土) 07:55:22.99 ID:ReOMPMZE
震災

節電

電子書籍?(゚听)イラネ

じゃないのか

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/26(土) 10:43:06.34 ID:XRKnPEdP
電子ペーパー端末&1000mA以上のソーラーバッテリーがあれば無敵かも試練

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/26(土) 13:06:12.31 ID:aKf2Nsnq
kindleは毎日数時間使っても2週間は持つから節電には最適。iPadは(゚听)イラネ

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/27(日) 02:07:35.45 ID:j/17z/9z
>>431
被災地ではもう読めなくなるな

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/27(日) 17:40:04.07 ID:tR6qoH9c
>>430
発電量と、バッテリー容量を混同しないで下さい


434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/27(日) 19:04:04.06 ID:loZqEi7h
震災

節電

製紙工場停止or縮小

紙の本?(゚听)イラネ

電子書籍推進

じゃないのか

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/28(月) 00:48:58.40 ID:As0It0+O
>>434
電子書籍もメーカーの工場が。。。
サーバーの分散してない所はサーバーも。。。

紙の本は瓦が落ちてきても読める可能性が高いけど、電子書籍端末は一発で粉々


436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/28(月) 01:48:38.05 ID:jzVNp9lG
紙の本も電子書籍も震災の現地にあっては愛読困難。
せいぜい読めるのは、たまに配りに来る恐怖新聞くらいだ

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/28(月) 02:22:40.20 ID:As0It0+O
>>436
少なくとも、津波と火災さえ免れれば、瓦礫の中から取り出せば読める可能性は高い

瓦礫からカップラーメンを見つけて持っていく現地映像が有ったけど、少なくともカップが壊れて無いカップラーメンを見つけるよりは、容易に読める状態の紙の本は見つけられるはず


438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/28(月) 02:40:06.83 ID:KkHgO1ld
一度水に浸かるとくっついて開かなくなるのが欠点

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/28(月) 02:46:11.49 ID:As0It0+O
>>438
水に弱いのは電子書籍も一緒

防水はいずれ付くかも知れないが、災害時には紙の方が読める可能性が高いのは変わらん


440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/28(月) 04:58:01.87 ID:KkHgO1ld
振動や圧縮で作る電気で実用できるリモコンもあえるそうだし
完全防水にして
操作だけで電気を賄って欲しい

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/28(月) 05:21:47.09 ID:L6TiZdXt
電子書籍が読めるか云々よりも、そもそも本を読めるヒマと気持ちの
余裕があるのかどうか心配した方がいいんでないなかい。

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/28(月) 09:18:30.35 ID:f/nC2oka
避難所にいる子供は、漫画を読んでたりするみたいよ

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/28(月) 13:22:54.03 ID:gLlLKEAI
>>442
あれは、人間的余裕というよりも、
単なる反射w

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/28(月) 18:20:25.14 ID:DBA1GjvP
自分の経験から言うと、
一番楽しめないのは、込み入ったストーリーの小説。
マンガは割と大丈夫。
慰問に来てくれる芸人とかは楽しめるので歓迎される。

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/28(月) 19:15:27.22 ID:ZAogzjUr
日常の回復ってのがストレスの緩和には一番重要だからな

446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/29(火) 01:07:11.32 ID:iwKnsSMe
何も娯楽がなければ
漫画だけでもあれば日常から逃避できそう

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/29(火) 02:45:52.41 ID:VGTC8IVR

はい、現実↓
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1301285713/
【話題】 “震災不況”待ったなし! 消費は3兆円減 「回復までに最低2年は必要」

448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/29(火) 04:26:23.73 ID:cLYFkwwV
ソースに2chのスレを貼る時点で
電子書籍の時代が来るとか妄想してる人と同じ脳内構造だと思われるぞ

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/29(火) 08:19:17.72 ID:CRfEzBNg
>>448
クリックひとつせずにw 中に何が書いてあるのかも見ずにw

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/29(火) 20:28:49.42 ID:vPxa1tZD
終わコンの話題はもういいよ
次世代の電子書籍でも考えようぜ

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/30(水) 10:11:34.14 ID:Xs1n2gso
震災で電子書籍ブームはとどめを刺された印象があるな
電気が無ければ電子書籍もクラウドも絵に描いた餅だったし

452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/30(水) 10:51:49.77 ID:0i5NTSMT
【震災関連】出版物のインキ業界、材料・生産力・流通力不足で「非常事態」を宣言
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1301447748/

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/30(水) 14:41:39.60 ID:gFBY2jye
クラウドは元気に稼動中だけど?
リアル倉庫とかは、やられてるけど

そもそも、携帯使えなくなってもインターネットが
止まってないじゃんw

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/30(水) 14:44:20.68 ID:6pFIQ1mC
×インターネットが
○インターネットは

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/30(水) 19:06:04.71 ID:DTkfm04d
体内で生化学的に発電を行って動作する埋め込みインプラント型の
衛星通信機能付き電子書籍端末出せば解決

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/30(水) 19:17:36.60 ID:vFV0sfMW
>>455
ぼー。。。としてる奴が居たら、本当に惚けてるか、読書してるかのどっちかだな

ハタから見てたら怖そうだ


457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/30(水) 23:22:47.81 ID://7WPya3
Googleが電子書籍の覇者になる事を
紙がお認めになられたのだよ

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/31(木) 09:37:47.36 ID:n1lKitUe
989 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/03/30(水) 19:41:12.50 ID:Irt9hvzU
電子書籍で被災地支援 無償公開の動き活発に
http://www.nikkei.com/life/culture/article/g=96958A96889DE0E7E4E5E6E7EAE2E0E4E2E1E0E2E3E39F8893E2E2E2;p=9694E3EBE2E6E0E2E3E2EBE7E3E6

放射能・原発の記事を無料で出している出版社もありますね

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/31(木) 09:55:26.78 ID:M8BI+dv3
実際に震災で被災した人は、端末や通信環境の問題から電子書籍は見られんわな


460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/31(木) 10:27:34.66 ID:s7EIH97n
避難所にいるような状態でも、そろそろ電気が復旧してきているので、
ケータイ向けとか、スマフォ向けとかなら利用できるんじゃない?

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/31(木) 13:11:35.60 ID:son+89kq
>>460
復興資金が必要なこの時期に、
個人で楽しむだけの電子書籍に数百円も出せないよ。

機器が無くとも関係無い、不公平感が無い
そして回し読みが出来る紙の方がメリットが大きい。

…それに今必要なのは
個人個人の楽しみより、回し読み等で産まれるコミュニケーションだよ。

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/31(木) 13:52:56.39 ID:rUBfUuph
女の子もみんなで輪姦してこみゅにけーしょん^^

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/31(木) 18:31:03.07 ID:IGBXPe+y
以前に電子書籍に数百円バンバン使っていたなら素直に聞けるがな

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/31(木) 19:30:00.42 ID:s7EIH97n
そもそも緊急事態ということで、普通では考えられない無料開放がIT関係では起こっているような気がするんだけど。
自分は被災者じゃないけど、週刊アスキーdownloadしたよ。
印刷製本の手配が難しくなっているからの措置だけど、縮小傾向の雑誌メディアなんか一気に勝負をかけているとも言えるよね。
公衆無線LANもそうだよね。

465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/31(木) 19:37:36.85 ID:e8uoGz7F
お試し版を見て、やっぱ雑誌は電子書籍で読み飛ばしたいなぁと思った

ジャンプとか全部読まないので、3作/週まで月300円とかなら余裕で払うのに。

466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/31(木) 19:48:32.14 ID:lOSwvnI/
必死か?

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/31(木) 20:56:46.81 ID:aChPFSuY
電力や通信インフラが安定していて成立するメディアだからな
欠点が露呈し、首都圏の電力事情も不安定な今、紙本の足を引っ張る事と
無料で配るくらいしか話題に上る手段が無いんだよ

468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/31(木) 21:31:21.62 ID:I4IZEJ3e
>>467
そうなんだよな
計画停電程度や、すぐに電力復旧する場所なら電子書籍は問題無いんだろうけど、未だに電力復旧出来てない所も有るのを見ると、紙の本に軍配が上がるんだよな。。。
しかも、避難所の大半は学校=図書室が有る。だもんな


469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/31(木) 21:44:48.04 ID:s7EIH97n
でも、いつも携帯している、スマフォに自炊本を中心に1000冊以上入れてある。
着の身着のまま避難したとしても、津波に流されたのでなければ、自分の場合は手放していない可能性が高いな。

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/31(木) 23:01:34.50 ID:bMIP+d1w
家も権利書も印鑑も流され、役場の職員も照会データも流され、
この先食料自給も収入のメドも立たないというのに、リアリティがないのぉ

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/31(木) 23:14:30.53 ID:CKFiXg2b
そんな状況だったら紙だろうが電子書籍だろうが本読む気にならない気が…
あ、紙は最悪防寒に使えるか。

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/01(金) 00:03:11.05 ID:Z7ulOAym
>>471
あくまで娯楽
被災時に〜なんてのは余裕のあるエア被災位にしか駄目だろ

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/01(金) 00:32:36.88 ID:6+Yu13uL
漫談社のばぁさんが逝ったらしい

474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/01(金) 01:59:55.53 ID:IBcQ4B0F
逃げる時に持ち運びしやすいのは電子書籍だな
紙本は1〜2冊に限られてほぼ全部汚水で駄目になる
電子書籍は防水バックに放り込んで逃げれば数千冊の本を守ることができる

475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/01(金) 02:00:07.17 ID:XDe6iKjr
電車も節電で
普通の本とソニーのは暗くて読みにくいだろうなw

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/01(金) 02:34:12.50 ID:/x/s+7+s
家族のアルバムを取りに戻って亡くなった人もいるだろうに
>>474のエゴ臭には反吐が出るな


477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/01(金) 08:16:55.17 ID:mpRRTNpu
家族のアルバムはスキャンしてストレージサービスにアップしとけよ。
動画もようつべで非公開にしておくのが良いぞ。
自分で管理しているよりなくしにくい。

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/01(金) 12:21:29.35 ID:d4tvPbsq
>>477
思い出はアナログで残すべき。
見れれば同じだなんて思っちゃいけない。

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/01(金) 12:23:50.33 ID:mpRRTNpu
そうは言っても、動画なんか最初からデジタルデータしかないし。
写真は家族がいまだにフィルムカメラ使ってるから結構あるけど。

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/01(金) 12:28:06.88 ID:IBcQ4B0F
書籍の話してんのにアルバムのことまで考えなきゃいけないのかよw
そこまでして否定したいのかw

481 :278:2011/04/01(金) 13:09:39.35 ID:olD0QD5q
たとえデジタル写真でもデバイスに表示されてから網膜を通じ視神経に届くまでの経路はアナログ

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/01(金) 14:33:06.85 ID:Llwmbljm
雑談スレが建たないほど寂れたとはw

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/01(金) 14:36:47.23 ID:faDIOdBr
忍法帖の導入で建てられる人が激減したから

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/01(金) 14:42:37.66 ID:mpRRTNpu
家に帰ってもう一度やって見るけど、無理かも。

485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/01(金) 16:20:01.39 ID:y0e4qHqx
>>481
頭の中の情報は極めて離散的で非線形だよ

486 :485:2011/04/01(金) 16:26:19.41 ID:7lhsRkpu
まぁ、だからといって
電子端末で見るべきとは思わないが、
寧ろ、紙の画が、好きだけどね。

487 :485:2011/04/01(金) 16:27:40.40 ID:7lhsRkpu
×紙の画が
○紙の方が

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/01(金) 18:02:05.72 ID:/x/s+7+s
>>480
アルバムの話してるのに電子書籍が否定されたとか思うほうがどうかしてるね
業者は常に自分の事を言われているように思うのかもしれないがな

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/01(金) 19:07:42.71 ID:IBcQ4B0F
スレタイに電子書籍って書いてあるんだけどw

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/01(金) 20:19:12.13 ID:4TVe8A6c
流れを無視して営業活動しか考えない
クズ業者臭ぷんぷんですね

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/01(金) 21:52:39.69 ID:+VhpVGU6
商魂とは、そういうもんだ!

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/01(金) 22:11:00.11 ID:f0zf6KK8
そのクズ呼ばわりされる営業のおかげで
会社も商品も知名度が上がり回転し
下っ端社畜奴隷にも餌を与えてやれるんだが

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/01(金) 22:17:22.20 ID:mpRRTNpu
誰か雑談スレ立ててくれない?
自分には無理だった。

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/01(金) 23:16:20.13 ID:IBcQ4B0F
やってみるノ

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/01(金) 23:53:56.83 ID:IBcQ4B0F
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/ebooks/1301667909/

代行してもらった

496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/04(月) 21:32:16.12 ID:gMzn6wm2
>>475
Reader だがマジで読みにくい、というか場所によっては読めないレベル。
ライト付きのブックカバーを買おうかと考えるレベル。

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/05(火) 02:23:25.58 ID:Jz2YbjKy
>>496
そら、紙の本よりも反射率で劣ってるもんよ
あたり前っちゃあたり前
ただ、車の車内灯程度の光源が有れば、(目には悪いがw)十分読める


498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/05(火) 11:14:37.50 ID:EwSpXqGK
紙の本って万能じゃね?
電池なくても読めるんだぜ

499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/05(火) 11:36:53.08 ID:SJ2MhzoA
指で押した圧力で発電するヤツを搭載してくれれば
電池いらない

ソニーの程度の電気消費なら十分可能だろ早くつくれ

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/05(火) 11:46:37.04 ID:8IW09uKC
それだったら、リチウムコイン電池くらいで使えることを目処に開発して、
コイン電池で運用しても良いし、より一般的な乾電池2本にしても良いし、
充電池にしても良いし、それを手回し発電機で充電できるようにしても良いのでは?
このくらいの容量で、充放電効率がよく、クイックチャージが出来るのなら、
少し大きめの発電機を用意すれば数分で一気に充電できるのではないかな。
コイン電池くらいの電力で運用できる機器が良いな。

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/05(火) 12:10:46.91 ID:vvWvlnBa
ページめくり動作で発電できるようにしろ

今すぐニダ

502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/05(火) 12:21:09.39 ID:4rj8HRSJ
>>498
紙本はワンソフト、ワンハード。
ソフトとハードが一体化した超絶マシンだからな。
しかも、ソフトは交換できず、
読むごとに劣化(年季、思い出が入るとも言う)するという
サプライサイドにとっては、この上も無く有難いマシン。

503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/06(水) 00:17:14.08 ID:BJXe3QEY
>>502
古本屋で格安で売られるからそれほど有難くもない。
むしろサポート打ち切ればいくらでも稼げるハードの方が有難いんじゃないかw

504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/06(水) 00:43:50.38 ID:5pIqEufV
古本屋に並ぶとある程度宣伝になるのかもな
劣化は新品購入や改訂版の製作に繋がるか

505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/06(水) 09:02:13.40 ID:E+nxg1+l
>>498
電卓みたいにソーラーパワーで動く端末がデフォになると
俺は妄想している

506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/06(水) 09:50:35.14 ID:4+8AWxDo
まじめな話、ソーラーパワーだと、フラッシュメモリーの読み出し書き込みに少々電圧が足りない。
電卓と違ってディスプレイも大きいし何か技術革新が必要。

507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/06(水) 11:23:18.92 ID:lURy16aI
とりあえずはソーラーで蓄電→使用→消耗したらまた蓄電でいいんじゃね

508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/06(水) 11:33:44.52 ID:xe2VmECa
エロ漫画用の端末は自家発電できるようにして欲しいな

509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/06(水) 11:39:15.67 ID:4+8AWxDo
そうなると、単純に乾電池で良くない?
随分簡単で安いよ。充電池が使いたければ、乾電池型充電池を使えば良いし、
その充電池をソーラーバッテリーで充電しても良いし、そもその微々たる量の電力なので、
何で充電してもあまり影響ないし。
勿論、機器自体に太陽電池を載せれば、災害時にも使いやすいけど、長期間にわたる停電にあう可能性を考えると、
オーバースペックというか、過剰な装備という気がしなくもない。
それはそうとして電子ブックリーダーの場合、電源OFF時にバックアップしなくても栞だけ残しておけば良いので、
充電池なしの太陽電池だけのシステムが出来ると良いなあ。

510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/06(水) 14:02:24.62 ID://w5hK8K
どんどん盛り下がりんぐ

511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/07(木) 09:20:58.83 ID:HFfxbX92
太陽光パネル付の無線キーボードもあるんだし
結構いけるんじゃねーの?

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/07(木) 09:48:54.33 ID:xin7DFmv
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20101126/354597/
これか。
キーボードは消費電力の割りにでかいので有利だな。

513 : 忍法帖【Lv=4,xxxP】 :2011/04/07(木) 10:14:53.03 ID:ei5PvUvq
サイズはA4だが電子ペーパーディスプレイは
5インチのReader想像した

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/07(木) 22:39:33.00 ID:8eKQhKii
将来的にはどこにいても無線充電で
バッテリーなんて気にならないはず!

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 00:17:18.26 ID:AclWVLWt
>>514
停電したら、無線でも充電出来んがな


516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 10:37:54.38 ID:BImfswiS
端末の数や色々な制約を考えると、当面電子書籍は紙の本を補完する存在であれば良いんだけどね


517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 11:14:32.20 ID:Ce3DzMZY
テキストを読むのに、本というスタイルは必須ではないんだな。
本が必須なのは、販売するためになんだな。

518 : 忍法帖【Lv=1,xxxP】 :2011/04/08(金) 11:57:05.68 ID:gyyLGE5Y
>>517
そう?
kindleで何億稼いだ作家がいるとか必死でコピペしてる人はそう思ってないんじゃね?

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 12:30:05.45 ID:Ce3DzMZY
上手く通じなかったみたいだけど、本というのは、電子書籍も含んでの話。
例えば、小説や論文を書いても、無料で公開しようと思うのなら、テキストファイルでもHTMLでもいい。
画像でもいい。読みたい人が読みたいように読めばいい。

520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 13:48:10.85 ID:PGwxSJvU
コピーが問題
コピーは国外追放ぐらいの罰則にしないと

521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 14:20:22.19 ID:xVV66+CO
イギリスやアメリカで電子書籍が売れているのは
ePubで統一されているから。
今年、日本でもePub3.0に統一されると爆発的に普及していくだろう。
なぜなら本好きは

522 : 忍法帖【Lv=1,xxxP】 :2011/04/08(金) 16:55:24.48 ID:gyyLGE5Y
kindleが電子書籍シェアの7割を占めているのに
ePubで統一してるとかしれっと嘘をつける所が凄いな

妄想と現実の区別も付かなくなってきたのか?

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 18:16:57.42 ID:xVV66+CO
>>522
>kindleが電子書籍シェアの7割を占めている

よくもまあこんなデタラメを書くところがすごいな。

524 : 忍法帖【Lv=1,xxxP】 :2011/04/08(金) 18:45:09.68 ID:gyyLGE5Y
>>523
http://latimesblogs.latimes.com/entertainmentnewsbuzz/2010/10/cowen-and-company-ebook-kindle-ibooks-market-survey.html
電子書籍業者は明確な金額を公表してないから
信じないのは自由だけどね

525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 19:08:57.17 ID:xVV66+CO
ネットリテラシーの問題。
たとえば持ち運びのできるカシオの電子辞書が売れているからといって、
カシオが電子辞書のシェアを独占しているとは誰も思わない。
パソコンがあるのだからパソコンで使える電子辞書で十分。
まるで、日本人をバカにしたブラックユーモアで船から飛び降りさせるのに、
「みんなはもう飛び込みましたよ」というのを絵に描いたような宣伝に踊らされている。
そんだけの話。

526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 19:20:10.10 ID:Wd/quWtK
AmazonだけAZW、その他諸々はApple含め皆EPUB対応、って感じじゃ
無いのかな。現状は。
もちっと詳しくみればAmazonはAZW、AppleとBNはEPUB+独自DRM、
残りは殆どEPUB+Adobe DRMみたいな勢力図。

Adobe含め制作環境の充実に関わるプレーヤーが多いのもEPUBの強み
だと思う。なので将来的にKindleがEPUBをサポートしたりEPUBでの
入稿を認めるようになってもさほど不思議ではないと思う。
囲い込みはDRMでも出来るわけだし。

527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 19:22:22.37 ID:ulug3Hnv
だって、日本人はバカだもの
childish knuckleheadsって言われてるし

528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 19:23:54.12 ID:k+B/1oTs
nutshead?

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 20:22:54.93 ID:xjt/Gp2a
>>526
ePubでもいいけど、
今のところはDRMの陰に隠れて一部実装や独自拡張ばかりじゃないかな。
Amazonでもdoc形式等々を受け付けておいて、azwになるまでの過程は隠している。
実装としてどんな形式になってるかわかったもんじゃない。…判るのはDRMが破られたときか?

日本ではePubなんて商業メインストリームとしては影も形も無いわ。
独自タグ・独自フォーマットばかり。そりゃぁ中間フォーマットで利権を守ろうとするのもしょうがない。腐ってる。

530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 21:39:06.67 ID:Wd/quWtK
>>529
>今のところはDRMの陰に隠れて一部実装や独自拡張ばかりじゃないかな

あまり無いと思う。EPUB端末なんてApple除けば殆どAdobe RMSDKベース
だからレンダラーも一緒。Appleが独自拡張で先走りそうなことを除けば案外
使われている仕様は揃っていると思う。
あとDRMといってもEPUB+Adobe DRMの場合は端末非依存だからデバイス
を決め打ちした拡張を施す意味がない。

アメリカのブックストア(BooksOnBoardとか)で時々EPUBの電子ブック買う
けど、メーカー問わず色々な端末で読めるので結構便利。こういう方向性が
良いんだけれどもなぁ。

531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/09(土) 01:18:19.40 ID:QxC8zzod
>>528
オコチャマ能無し野郎とか、池沼、発達障害とか言うスラングらしい
日本語的は、キモヲタとかアニメ豚とかいったところかw
キモヲタには確か別な言い方があったと思う

532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/09(土) 01:25:12.24 ID:65Th1rwy
>>526
詳しくはしらんが、
AZWとmobi(実質AZW)で約6割超えてるって記事どこかで見たな。
残り四割弱をその他で分け合ってると。


533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/09(土) 21:16:48.77 ID:9iwbzbhb
●「このままでは暮らしていけない」全ての人に。
まず日本人を救おう!  働きながら、短期間・不足分のみのプチ活用推奨!

震災、原発恐慌で申請者が殺到。すでに200万世帯! 競争率8倍、ノウハウ公開版。
基準は住宅補助を含めて3人世帯@27万円、1人@13万円前後。

書籍「プチ生活保護のススメ」
http://www.amazon.co.jp/dp/490649644X
どうしていいかわからない人へ!申請書つきマニュアル改訂版

534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/10(日) 10:16:02.77 ID:ypOUDA/T
凄い物見つけました。昨日から朝までに読んでしまいました。
コンクールに落ちたというけれど、タダでこんな物が読めるなら高いお金出して単行本を買うのが馬鹿らしくなりますよ。特に女性にお勧めです。

http://p.booklog.jp/book/8242
http://epubs.jp/watch_video.php?v=52NMA6S73U47


535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/10(日) 10:52:26.33 ID:oCP49cPJ
タダでも要らない物はある

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/10(日) 14:03:03.15 ID:n5K7CBGD
地震でとりあえず登場したアスキーとか新聞のPDF版見てると、
便利だよなぁと思う。紙使わない分、節電にもなりそうだし。

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/11(月) 00:28:24.14 ID:YU/CDYHZ
>>536
紙使わない分、節電
が、分からない


538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/11(月) 00:53:45.10 ID:lERW2Gd8
印刷工場が稼動しないで済むってことだろ

539 : 忍法帖【Lv=3,xxxP】 :2011/04/11(月) 06:06:20.49 ID:0tibtjdj
>>538
本気で言っているの?
節電を考えるならまず目の前の箱の電源を切るといいよ

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/11(月) 06:44:23.78 ID:2TocCDoJ
PCの電源落として首つれとな

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/11(月) 09:21:22.15 ID:UNX9gbLo
実際、紙の本と電子書籍ではどっちが節電になるんだろう
トータルで考えると、特に読み捨ての雑誌なんかは電子書籍の方が節電効果は高そうな気はするが

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/11(月) 15:21:47.20 ID:f6fOesCc
SDカード対応で本体メモリなし、通信機能なし
jpgがzipのままストレス無く表示されるだけで良いよ
これでe-inkモノクロで8000円で出してくれ

543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/11(月) 16:46:45.19 ID:wJX9uH1q
貧すれば鈍する

544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/11(月) 20:39:26.52 ID:/T25e/NJ
>>539
536の代わりに返事しただけでなんでそこまで言われるんだ?w
でもすでにハード持ってる前提なら
PDFなんて無料に等しいだろ

545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/11(月) 20:56:18.65 ID:B7tXu+cj
>>544
精密電子機器の製造電気代ってどれぐらいなんだろうな。
紙の可読量より相当多い気がする。

546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/11(月) 23:45:45.98 ID:ml3r5jCg
インキと紙調達して輪転機回して、製本してなおかつ燃料使って配布して
捨てるとなれば燃やさなきゃなんないし、どんだけ反エコなんだよ実本は。

547 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/12(火) 00:25:26.61 ID:qY11+Rn4
そんなことより
己の身の振り方を考えれ

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/12(火) 00:32:05.46 ID:4KgnX3nI
この数年CO2削減が問題になって色々な企業が省エネ、CO2対策を売りにて新商品を売っていたのに
電子書籍はその手の売り方をしてない辺り全然省エネじゃないと思ったほうが確実

まぁ目的が違うんだから比較は無意味だよ

549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/12(火) 10:51:54.50 ID:IvmNEN1P
今でも数百年前の書籍は閲覧できるわけだが
電子ファイルは500年600年後も問題なく見られると思う?

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/12(火) 12:54:31.68 ID:rR6rpuwN
文明が途絶えるとアウトだな。
文明が途絶えて、遺跡から発掘されても読めるように、いくらかは石板にしておくべきだな。

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/12(火) 23:42:55.13 ID:zZEayLhV
検索じゃね

http://denshi.o-oi.net/


552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/16(土) 11:47:04.00 ID:kpmwmXgT
1万で、SDカード対応で、圧縮ファイルのまま読めて、jpgももちろんOKなe-inkの6インチを出してくれ

553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/18(月) 15:36:46.97 ID:pqCHd7vX
>>549
そこまで過ぎなくても
今LDオンリーでしか発売してないものを見るの大変なように、
20年後には読めなくなることがあるから、電子書籍の方が保存性が低いのは確か。

554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/22(金) 06:20:38.86 ID:nO+Stflk
オンデマ出版でプリントアウトしたものが残ってる可能性があるよ

555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/22(金) 13:32:35.53 ID:FzW9HFOM
やっぱ、紙か。。

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/26(火) 11:14:48.33 ID:0VK21DAL
紙の本にpdfデータ付けて売ればいいんだ!

557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/26(火) 12:05:10.35 ID:Nfh9Vm7U
>>556
もう出てますがな。別途落としてくる必要はあるけど。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4047269840/

558 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/28(木) 09:53:50.08 ID:NOSj+SCA
一番勢いのあるスレが 24.8(Jane) だもんな
ブームがあったのかどうかも怪しい・・・

559 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/03(火) 19:30:06.06 ID:pY+IeJAW
さっき NHKの番組で電子書籍の話やっていたんでかわぐちかいじの「ジパング」がいくらなのかみてみた

450円もするんだね あほらしい 普及しないわけだわ
NHKの番組の中では印刷や運送 保管の経費がかからんから安くなるとのことなのに
リーダーも万単位 素人が電子書籍を買う理由はありませんな(笑)

560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/03(火) 21:59:55.84 ID:r+VF+Xgt
何なら古本屋行けばいいもんな

561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/04(水) 01:15:44.47 ID:6S0hrYBH
それどころかジパングのような有名作品なら自炊データがP2Pやアップローダーで不法かつお気軽に入手できるのが現状
日本でReader/Kindle/GALAPAGOS/iPhone&iPad/Androidタブレットを買っている連中のかなりの部分もこれに依存しているので端末は売れても電子書籍は売れない

562 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/04(水) 01:29:03.69 ID:taA9tGV8
>>558
しかもスレッドが30も無いんだからなぁ。
加えて内容はどこも雑談レベルで肝心の書籍としての作品の話題はほとんどない。
モバ板の延長レベルの板で漫画・小説のカテゴリ違いも甚だしい。
正直ここに板があること自体時期尚早。

563 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/04(水) 08:55:09.30 ID:/6fMscJL
電子書籍のコンテンツ売り場みたら実物の本と値段変わらないのな 出版社真面目に電子書籍やる気ないだろ(笑)

実物の本なら古本屋に売れたりヤフオクに出したり人にあげたりもできるのにさ
電子書籍はリーダーなければ人にあげることすらできない 売れるわきゃねえわな

564 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/04(水) 15:17:20.14 ID:Xw38yP1m
今までは紙の本より高かったんだがw

565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/05(木) 10:41:15.61 ID:NVrNbTwc
原本と同じ値段じゃ日本で流行るわけねえw

566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/05(木) 14:57:30.53 ID:ynd/xjRS
技術的には今すぐでも可能なんだろうけど。

567 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/05(木) 21:10:22.01 ID:Orl5PHJH
というか紙の書籍が高いアメリカと違って、
日本の紙の本は安いからな。
電子書籍でもっと安く!なんてミリ。
個人ならともかく、安くしたら企業がコスト回収できん

568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/05(木) 23:31:03.70 ID:om8UXbU6
というわけで日本では電子書籍はしゆーりょーで

出版元がやる気なしなしだもんな

569 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/05(木) 23:38:41.73 ID:db4TGmE3
ハワイとか行けば思い知るが、アメ公は日本人の比じゃないほど
色んな層が本を読むからな。それもあっちこっちで。パッと見はすごく勤勉。

570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/07(土) 18:46:20.33 ID:RWNdLvpz
>>565
新作が同時に全て販売されるなら同じ価格でも勝負になるさ
あまりに読める本が少なすぎるし、旬をすぎたものが古本屋に溢れた頃に定価で出されても買うわけがない

571 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/07(土) 22:33:17.64 ID:EtBV0awi
新作がなんで同じ値段で電子書籍で利益でるほど売れるんだよ(笑)

新しいもの好きなやつだけだろ、そんなん買うやつ。リーダーに万単位かけてその上紙の本と同じ値段

一般人は紙の本しか買わねぇよ ひとに貸すこともできねぇだろ でんしばんなら半値がいいとこだよ

572 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/07(土) 23:23:57.15 ID:XPYvXvil
あるいは、時々価格を見直して、エンターテイメント作品なんか、
1年経ったら半額とか、10年経ったら1/3とか一律に値下げすることにした方が良い。
中古がないので、古本を流通する事を思えばその辺が妥当。

573 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/08(日) 01:03:37.67 ID:MoF1/Pk+
実本と併売している場合はそんなに思い切って
下げないと思うけど、文庫版よりは安くしてほしいな。

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/08(日) 01:19:41.35 ID:Ro3OZ7o0
でもこの位やればブックオフを駆逐できるよ。
マンガ、ラノベで
1年70%
3年半額
10年40%
くらいでもいいな。
一年もすれば、古本も出回り、図書館に入る所は入るわけだから内容を省略した廉価版でもいいから、
値下げするべきだな。

575 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/08(日) 01:24:59.14 ID:HU2mfalm
いいものを細く長く売る、っていうのとは間逆だなw
そういう流れが出来てしまったら質の低下がはっきり出るだろうね。

576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/08(日) 02:28:49.28 ID:u3q62wc7
所詮はティンカスのたわごと
やさしく聞き流してあげなさい

577 : [―{}@{}@{}-] 名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/08(日) 03:07:33.88 ID:Ro3OZ7o0
たわ言だとしか感じないのか。

578 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2011/05/08(日) 10:09:59.98 ID:qQzS482f
50人ほどの中小出版社勤務だが、電子書籍で結構食っている。
ただ、社員はやらされているというのが殆どで本気で電子考えているの10人だけだな。
価格に関しては、いろいろなキャンペーンしかけて期間限定で安くすることも考えている。
個人的には紙の初版は1500から2000刷って、売り切れたらオンデマンドでの販売と
電子書籍のみにしようと思っている。
というかアマゾンがオンデマンド始めるらしいから、マージン取って、あとは任せるという
のもありかと思う。将来的には先に電子でアマゾンで出して、紙のオーダーが入って、オンデマンドで
販売というのが主流になる可能性はある。まあ本の内容にもよるが。


579 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/08(日) 11:17:56.09 ID:Pio0w5rI
何ヵ月か前のヤンジャンのサラリーマン金太郎 あの中にでていた電子書籍のマンガ あんなのは現実的には無理なんかね?

広告とリンクしていてその製品をクリックしたら商品ページに移って とかは面白いと思うんだな 広告の効果測定簡単だしさ 出稿するがわからしたらかなりメリットあるが出版社がやらないだろうな
広告の値下げ要因になるからな

580 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2011/05/08(日) 12:48:51.62 ID:qQzS482f
>>579

金太郎は読んでないが、それはありだね。
早速、取次に確認してみる。

581 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/08(日) 13:54:15.24 ID:yk7AsK4p
>>578
うちもPODやる予定
聞いてみたら、通常版と平行して廉価版として売っても言いそうだ。
通常版のページとリンクするよう開発中との事。
また、日本語のまま各国のAmazonで販売OKらしい。

そういえば、Amazonが英国でリアル書店出すって話は進んでんのかね?

582 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2011/05/08(日) 15:41:50.33 ID:qQzS482f
>>581
というかもう、始まっているんだね。
情報弱者で恥ずかしいわ。
情報、ありがとう。

明日、編集長とミーティングする。

amazon UK か。
いやあ、知らなかった。
アマゾン関係者に聞いてみるかな。
絶対に教えてくれないと思うけど。


583 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/08(日) 15:58:46.65 ID:gveXJCmx
>>582
Amazonリアル書店の件は
内密に進行中だから、問い合わせても
教えてくれませんよ。
不動産物色し始めたのが09年からなんで、
今、どのあたりかなと思っただけです。

ま、お互い、色々展開していきたいですね。

584 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2011/05/08(日) 18:51:17.52 ID:qQzS482f
>583
やっぱり教えてはくれないだろうね。
ただ、その展開も頭に入れていろいろと想像すると面白いかも。
個人的には出版社はもう、1人か数人でやるものだと思っている。
もちろん、1人がマルチプレーヤーというのは大前提だしインデザ使えないなら終了。
正直20人超えてる会社はよっぽど馬鹿当たりを続けないと将来暗いね。

585 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/09(月) 08:12:13.30 ID:g6bp7nwv
電子書籍が復活するにはだ!!

AKBのまゆゆとか篠田とかともちんのフルヌードが電子書籍のみで発売決定!とかなら爆発的に売れる気がする 端末がね

ただその後 電子書籍のソフトが売れることはないだろうけどな

586 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/09(月) 09:39:00.33 ID:epUibY+i
>>585
誰?それ

587 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/09(月) 11:45:01.72 ID:g6bp7nwv
よく考えればAKBがコンテンツってことで限定版ながらPSPの本体同梱 3万以上するやつが完売したほどだから別にフルヌードにならなくても 電子書籍番のみ特別カットつきで写真集売り出せばいくらかは売れるわな いまの人気でなきゃ無理だが

588 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/09(月) 11:54:11.92 ID:6oGEfJGF
AKBに限定しなくても、ヲタク系はいけるかもね。
ただ、それ以降コンテンツを買ってくれる保証はないけど。

589 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/09(月) 12:59:25.54 ID:g6bp7nwv
いやぁ 今だとAKBクラスの人気とファンの購買力がないと万単位のリーダーは買ってくれないっしょ?
いや アニメファンじゃないからアニメ系だとわからないけど

AKBの今の人気にあやかって月刊AKBとかさ 週刊でもいいけど コンテンツ売ればある程度売れるかもね

ただ電子書籍で売るよりもネット会員で売ったほうが莫大な売上になるから電子書籍でやる意味はないか(笑)

590 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/09(月) 13:42:35.97 ID:csWaHxZQ
ナニソレ?

591 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/09(月) 18:09:53.57 ID:iVaIPe7w
電書が端末売るために引っ張ってくるんだから、ネット通販とか関係ねーべ
それ以前の問題だが

592 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/11(水) 11:35:20.89 ID:RZjxMO9j
電子書籍ったらEインクでしょ?
写真集はないだろ。
コミックだって今後のコミックが
カラーになったら漫画家は大変じゃないか?

593 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/11(水) 15:52:05.62 ID:TfpsEoMY
ガラパゴスはカラーだろ?
携帯だってカラー表示だ
何も問題なかろうもん

594 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/11(水) 15:53:56.56 ID:GxrsggLk
大変なのは「漫画家」。
結局対応するしかないわけだけど。

595 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/12(木) 08:42:05.21 ID:+9B9Ls+t
漫画家も紙とGペン トーンでアシスタント何人も使ってシコシコでなく いんとぅーすとかタブレット使ってデジ絵で作っていくようになるんですなぁ

アシスタントのひとは失業の可能性が高くなるなぁ

596 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/12(木) 09:42:45.25 ID:NUM7xMAY
編集、アシだけで過去の作品出して
新人漫画家の方が失業するんじゃね?
最近の漫画の劣化酷いじゃん?

597 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/12(木) 10:29:04.87 ID:1iVpgMQd
ラノベ原作の漫画みたいに分業制の漫画が増えるかもね。

598 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/12(木) 21:54:07.00 ID:r9PxuNy6
電子書籍ねぇ、ヒット作が継続してでれば変わるんじゃ。
タブレット機次第で化けると思う、電子書籍専用端末は売れないしな。

599 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/12(木) 22:15:02.44 ID:ds3TRnEB
端末が売れなければヒットといえる程売れようがないのでは?
結局一番多い端末=携帯で読める程度のものしか商売にならないんじゃないか。

600 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/12(木) 23:24:46.26 ID:lM5bLqoS
NHKですら電子書籍元年とか煽ってたのに・・・

601 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/13(金) 00:33:25.30 ID:Y6SUDVXm
NHKで煽られたら終息するって知らないの?w

602 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/13(金) 00:42:15.96 ID:Dr0cxrYk
今年は電子書籍二年。

603 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/13(金) 00:43:16.58 ID:zORyKohg
元号だったのかw

604 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/13(金) 07:31:44.58 ID:/kjG00Lw
結局単なるブームだったのかねえ

EPUB3.0で弾みを付けるのに失敗したら完全に終了かな

605 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/13(金) 07:44:34.71 ID:YIfln7Tb
電車書籍は読み込める端末の数=市場規模だからねー
一番大きい市場がスマホとPCの延長見たいなタブレットじゃあ
日本じゃあ先行する携帯書籍のオマケな扱いに成るのは容易に想像付くわな

606 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/13(金) 08:16:43.30 ID:2NynfAPA
値下げしなきゃ無理だろうな 会社の仲間とダイヤモンド プレジデントとか東洋経済とかさ 担当して買ってまわしよみしてるけど電子書籍でそれは無理だもんな いろいろ本読んだり勉強したいが給料あがらずでそんなに本雑誌に金かけられないよ

607 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/13(金) 08:23:25.59 ID:NZOvuzcl
端末が出ればブームがくるなんてのは勘違い。初代ファミコンもDSも最初はそんなに売れてなかったよ。
ハリポタ級のキラーコンテンツが電子書籍専用で出ないとだめだろうね。

608 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/13(金) 09:24:12.14 ID:4ZMKwvZm
今の電子書籍って、紙の書籍を売るための捨石にしか利用されてない
同じ(様な)値段なら、手元に物が残る方がいいかとかそんな感じになっちゃってる
よっぽど電子書籍を売りたくないんだろうなとは伝わってくる

609 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/13(金) 14:10:27.38 ID:yK6fLBqF
携帯書籍自体がオマケみたいなモン

610 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/13(金) 14:23:35.59 ID:3nVzNwTY
現時点で日本では致命的に売れてない。
端末普及やEPUB3.0に望みを繋いでる皆さんも、
まさかこんなに売れないとは思ってなかったでしょ?

611 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/13(金) 14:36:03.21 ID:XjpJAMu7
>>610
売れてないけど、青空文庫は読まれている。
日本の電書の標準形式は、
たぶん青空文庫形式なんだろうな。

612 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/13(金) 15:33:38.48 ID:zY/t6Wo0
売れていないもなにも、買うものがないじゃん・・・
紙で出したって売れたか怪しい本ばかりで、欲しい本が全然出てこない。

613 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/13(金) 17:43:54.50 ID:bjahWuB8

なぜか、
電子になると、盗めないかなが先にたって
買いたく無くなるからでは?w

614 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/13(金) 18:11:35.43 ID:JTXClUfl
現金で即座に買えるのなら、紙より安いから
まとめ買いしてもいいようなものもあるんだが。

カード以外のもっと簡便、多様な支払い法が
ないものか。

615 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/13(金) 18:50:01.05 ID:3dNB0+7v
なんで、カードが嫌なんだろ?
めちゃくちゃ便利だよ。リポ払いもあるし。
あんなもん、よっぽど間抜けぐらいしか失敗しないのに。
支払い用の口座作ってもいいしね。

616 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/13(金) 19:04:23.10 ID:9xABB2Hg
っ流出

617 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/13(金) 19:25:43.61 ID:zY/t6Wo0
心配なら限度額絞れば?

618 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/13(金) 19:44:12.30 ID:9xABB2Hg
心配しなきゃいけないこと自体煩わしい

補償がどうとか以前の気持ちの問題

619 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/13(金) 20:10:48.54 ID:8TLAsmeX
個人的には、ある程度リスクがある方が
いい意味での警戒心が芽生え自己防衛力が付くから
特に、幼児性が抜け切らない日本人にはいいと思うんだよね

620 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/13(金) 20:17:28.19 ID:zY/t6Wo0
まぁ、食わず嫌いというか、ろくに使っていないのでリスクも
なにもよく解っていないだけだとは思う。

621 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/13(金) 20:23:12.91 ID:9xABB2Hg
まあ馬鹿とハサミは使いようって言うからな(´ω`)

自分は現金orウェブマネーで十分ですわ

622 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/13(金) 20:28:04.42 ID:zY/t6Wo0
それで買いたいものが買いにくいのなら意味がないではないかw

というか実際問題としてWebMoneyに対応したストアもちらほら
出てきているけれども。

623 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/16(月) 11:48:03.02 ID:fljg/5GF
>>615
カードは否定しないが、リボだけは全力で否定する
アレは規制されない方が不思議

624 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/16(月) 11:57:52.52 ID:h0tGM7IK
>>623
命知らずのIYHerが口を揃えて「あれはヤバイ」とか言ってるぐらいだものな。

625 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/17(火) 18:44:26.26 ID:6+QjD/cH
>>623
具体的にどういう問題があったん?
又聞き妄想抜きでおながい

626 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/17(火) 19:56:46.39 ID:WR8pMA6w
>>625
「リボ トラブル」で検索すると沢山出てくるよ。

要するに月々の支払い額に上限があるものだから支払期間が長期化するん
だよね。結果的にカード会社に金利手数料を余分に取られる事になる。
しまいには月々の返済額の大半が金利の支払いに消えてしまい元金残高が
全然減らない状態になってしまったりする。

基本的には情弱ホイホイのトラップだと考えた方が良い。カード契約時に
デフォルトでリボ払いになっているカード会社もあるので要注意。

627 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/17(火) 20:13:48.21 ID:mZK/euW4
カードは1回払いが常識だな。
ツケで買えて、月1回銀行口座から引き落とし。

突発的な出費が心配な人は、銀行で定期預金して総合口座担保を
設定しておけばいい。預金残高が足りなくなったら自動で貸し付けを
受けられる。金利はリボより遙かに安い。

628 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/17(火) 20:36:24.30 ID:xBU4i2DA
基本高い買物しないから
リボ2回払いくらいで終わるので便利だけどね


629 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/17(火) 20:46:03.24 ID:WR8pMA6w
高い買い物しないならリボにするまでもなくそもそも一回払いで良いじゃん。

630 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/17(火) 21:18:50.08 ID:eDe443Zh
アメリカさまではリボというかミニマムペイメントが普通だからな。
原発といいクレカといい基本的にアメリカさまの言う通りだからな。

631 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/17(火) 22:20:31.01 ID:tCbOQ/uy
光熱費とか他にも支払いがあるので、
3万円の買物が、半分づつになってくれるのは
結構有難いね。

632 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/18(水) 09:40:55.63 ID:cwN7aynY
長期利息による総支払額の増加の話なのにw

633 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/18(水) 11:34:17.70 ID:6cl0ckUN
おまいら スレ違いだぞ


一度カードブラックになったものからしたらカードは一回払いにしとけ 金利かからないから リボなんて恐ろしく高いよ てかローンも住宅ローンだけにしといたほうがいいよ

あと 住宅ローンしてると銀行が3%くらいで金貸してくれるから銀行からかりるがよろし 絶対キャッシングはするな 金利がもったいなさすぎる

634 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/18(水) 20:04:47.03 ID:iFtO+EEu
そんなの当たり前
賢く使いこなせないブラックになるような怠惰な子は
カードを持たないように

635 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/19(木) 09:50:41.96 ID:HI6N8zEZ
ただし、一番金利的にお得なのが2回払い
貧乏臭いけどな、手数料0円なのは2回払いまで
金利手数料的にも一番お得

当然だけど、一番損してるのはプリペイドな
特にSuicaチャージ

電子書籍とまったく関係ないけど

636 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/19(木) 17:16:12.26 ID:STJFPPgf
プリペイドったって何万も入れてなきゃ損じゃないだろ

637 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/19(木) 17:18:18.12 ID:3eZfQkYC
カード会社によっては二回払いがないとこもあり

俺の持っているセゾンはないよ 金利つかないのは一回払いのみ

638 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/19(木) 19:18:23.70 ID:yFB9E2vW
確か、セゾンは持っちゃダメカードだったはず。。

639 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/20(金) 09:29:36.75 ID:hVulAREN
セゾンはダメカードなの?なんで?ポイント失効しないからいいなあと思っていたんだけど

640 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/20(金) 10:45:56.97 ID:kj3TNL2F
>>636
まあ実際に損するかどうかじゃなくて、仕組みで見れば損であるって事で
あとはポイントサービス全般は損だよな
店の借金を金利0で客が負担してると同様、しかも踏み倒されても文句言えない

641 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/20(金) 18:02:21.72 ID:QJHs5wAk
電子書籍、驚くべき急成長―AmazonのKindle eブック、紙版の売上冊数を超える
by Jason Kincaid on 2011年5月20日
ttp://jp.techcrunch.com/archives/20110519that-was-fast-amazons-kindle-ebook-sales-surpass-print-it-only-took-four-years/

642 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/20(金) 21:52:34.80 ID:Rxb+RZ4m
>Kindle市場の急成長の重要な要因のひとつはAmazonがデバイスの価格を大幅に下げたことにある。

つまり日本では無理だな

643 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/20(金) 22:22:09.78 ID:AomZzGM1
kindleは日本からでも買えるし
kindleがepubに対応し
ePubが縦書きに対応すると決まったし
amazonがepubで出すのも時間の問題だろうし


644 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/20(金) 23:54:56.21 ID:e8NoXzY6
>>641
それは英語圏だから

漢字文化、漫画脳文化には適さない文字が潰れる
今の三倍の表示能力で1万円じゃないと。その頃には市場を外資が埋めている。
英語圏で無い日本は、これから、どんどん負組になる

645 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 00:04:32.22 ID:3VzFPE1a
外国は本の値段のつけ方が正常だからな。

日本にありがちな、
電子書籍で紙の本と同じ値段って、なめてんのか、と思う。

まあ、取次の抵抗があるのだろう。
電子書籍で流すんだったら取引しないとかなんとか。

646 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 01:03:49.66 ID:790XdFb3
いや、どちらにしても文庫に対抗できない

647 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 01:28:03.60 ID:lvmtq7g0
海外の価格の取り分を見ると単に書店の取り分が価格の半分だからな
それを2000円のハードカバー中心で商売やってりゃ直販の安売りに負けるわw

648 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 03:09:46.86 ID:iALRuVPl
アマゾンの凄い所は、電子にばかり目を向けてないところ
紙も平行してやってる、アマゾンオンデマンドも凄いよ
電子だけじゃダメだとちゃんと頭に入れてる


649 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 11:25:14.94 ID:Nz57IwZr
文庫が出たら価格かえりゃいいだけ。

650 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 13:03:55.18 ID:iCDfWb74
日本は普通の本よりマンガプッシュでやってった方がいいと思う
後はカラー対応して写真集系プッシュだな
所帯持ちリーマンには絶対売れるw

651 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 13:44:14.31 ID:+yphe7mB
イラニャイ

652 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 15:22:57.86 ID:iCDfWb74
売るにはエロだよ

653 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 15:43:09.25 ID:3Hlm5Zc3
モットイラニャイ

654 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 15:46:42.66 ID:1NdxFn5w
やっぱBLでしょ

655 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 15:50:17.01 ID:iBtmGuy2
40過ぎて誰にも相手にされなくなった腐女子は
シんだ方がいいと思うんだよね
図書館でエンタメBL小説を借りまくったり
気が狂って、近所の子供刺したりするよりは

656 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 16:37:05.46 ID:iCDfWb74
んじゃブームはこねーわ
業界的にはむしろブーム終われって思ってそうだけど

657 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 20:31:46.01 ID:lvmtq7g0
>>649
500円の半分は250円にしか成らないの解ってます?
電子書籍は端末台も掛かるんですよ

658 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/22(日) 05:23:09.62 ID:raVrEvC+
【電子書籍】袋綴じ、マーガリンで消えるモザイク、使用に伴うカピカピ感などを忠実に再現した「電子エロ本」(画像有)
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/mitemite/1281096529/

659 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/22(日) 10:03:52.93 ID:j7PJwi2h
http://www.youtube.com/watch?nomobile=1&v=KwYTeW7xv6M

660 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/22(日) 15:19:25.52 ID:7RnU5A4Q
この板こそもバーボンスレ立てるにはもってこいだと思うぞ。

661 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/23(月) 16:35:57.09 ID:Wl0xyFSU
このスレで、このトーンだと盛り上がりはなかなか難しいね。。


662 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/23(月) 16:57:04.20 ID:R9349IIe
そのためにもバーボンスレ立ててお客を呼び込まないと

663 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/24(火) 10:56:36.39 ID:PxgrhoRh
ヨーロッパとアメリカ以外はどうなんよ?

664 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/24(火) 19:41:41.35 ID:L41oyeBV
『ビデオが普及したのはエロビデオがあったから』
それまでは日活ロマンポルノとか、そんな時代。自宅で見れるアダルトビデオはそりゃもう…w
『インターネットが普及したのはエロがあったから』
ビデオだと買うせよ借りるにせよ人目が気になるけど、ネットはないしね。

なんて言われることもあるけど、わざわざ電子書籍端末購入して(もしくはスマートフォンの小さな画面)で
見たいものってある?。ブックオフにでも行けば本は安いし。。もうエロはネットでいいし。

ただ、本屋に行かなくてもすぐに得られるのはいい。
とはいえ、Amazonでも楽天ブックスでも1,2日待てば紙の本は手に入るしなぁ。
価格的に、紙の本より安くならないと、とても買う気になれない。
もしくは電子書籍しか見られない本があるとかじゃないと。


665 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/24(火) 20:48:28.56 ID:wD/BMJhM
紙の本と違って場所取らない。
実際ここ数年紙の本をあまり買っていないので、本が増えないで済んでいる。
でもそれはそれで寂しい。

666 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/24(火) 22:05:40.91 ID:T9uH2Zfr
かなり利点あるから流行って欲しい

とりあえず利便性を向上させるのが先決かね
使い勝手悪いとそれだけで買う気失せる

667 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/25(水) 08:46:49.68 ID:pIqolJan
>>664
kindleで英文のエロ小説買ってみな。何かと捗るぜ。電車の中で人の目を気にせずに読めるし。
気が付いたら特定の分野の単語力はやたら増えるし。

668 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/25(水) 09:13:14.16 ID:93f61wUD
「なんとかにすると、とにかく捗るぜ」みたいな捗るをやたら使う言い方って元ネタあるの?

669 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/25(水) 09:15:44.54 ID:fg36eYS9
I'm coming! I'm coming!

とか萌えんわ(´・ω・`)
エロは和物に限る

670 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/25(水) 09:53:56.93 ID:FX10CrBz
イクとくるの違いはなんだろう?

671 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/25(水) 11:50:31.30 ID:FX10CrBz
ハードを売りたいのかソフトを売りたいのかいまいちわからん状態

672 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/25(水) 12:01:28.32 ID:Gt32B3ke
まだあったのかこの板
もう終わりだろ

673 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/25(水) 18:01:51.79 ID:EXAotVZr
「電子書籍なら本がたまらない、置場所にもこらまないぜ」というが 捨てればいいだけじゃないか?


674 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/25(水) 20:04:22.27 ID:4IJEC59u
そもそも読まなければ、すべて解決。

675 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/25(水) 20:05:35.63 ID:6P8YXQqe
紙書籍も電子書籍も読まないオレが一番の勝ち組

676 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/26(木) 10:14:01.50 ID:22qFprD0
逆に海外で流行ってるのはなんでなんだ?

677 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/26(木) 10:47:39.14 ID:+9wZuiGZ
たとえば英語の本は世界中で売れる可能性があるわけで、それを紙本でカバーしきれるかというか難しいだろう。
そういうメリットもあると思うな。

678 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/26(木) 15:26:00.41 ID:MkzSFH8O
北米の場合ハードカバーはでかくて重い、書店が遠いというのもある
けれども、Kindleが最初に成功することが出来たのは多分に本の値段
だと思う。

679 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/26(木) 16:14:43.93 ID:WTloCE7w
平均で価格が1000円近く違うんだっけ?

680 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/26(木) 19:09:27.83 ID:qyPeC1hP
>>677
amazonは世界中のamazonでPODやるから大丈夫

681 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/27(金) 14:58:47.68 ID:3JbRZ5tt
この板、スレの数が少なすぎだろw
板があるのに気付いたのもついこの前だけど

682 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/27(金) 15:05:25.89 ID:4aJNUd92
(´・ω・`)板の必要性自体疑問だがな

683 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/27(金) 21:43:11.26 ID:OEitVPFe
端末の値段は?

684 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 01:10:57.39 ID:7a6CZlTO
>>679
日本の漫画本は安ければ300円、高くても900円くらいなのに
アメリカだと普通に1500円近くするらしい。

685 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 01:31:10.96 ID:K983u0MM
>>684
アメリカは書店の取り分が50%何で印刷(ファイル作成)と販売を
アマゾンが兼ねる場合は半額に出来るっぽいね

TV何かでその件に触れる時は%で言われるから大した違いは無いように思っちゃうんだよなー

686 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 01:42:49.97 ID:25J885PI
>>684
おもいっきり書き込んでるからねw
しかも数人で、色塗り、ペン入れ、台詞書き、別々にやってるらしい
勿論、一人でやってる場合もあるらしいが、血はでるわ、暴力
激しいわで、軽く1500から2300円くらいするみたいだね。

687 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 11:05:11.90 ID:tfln0Adc
なんか結局amazon、appleが抜きん出て
日本の電子書籍プラットフォームは無くなる予感…

そう思いませんか、どうでしょう?

688 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 12:36:07.27 ID:8ToEsWU5
>>687
どっちも出版社に阻まれて、でも日本の電子書籍プラットフォームもパッとしなくて、現状維持
(少しずつ本は増えるけど、紙の方は倍の速度で増えてるので、相対的にはむしろ遅れてる)

っていう予感ならするけど


689 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 13:56:24.75 ID:tfln0Adc
>>688
消費者にとっては一番最悪な予感w

読書好きな自分としてはamazon、appleにがんばってもらって、
それでいて日本の開発者にとっても
電子書籍の可能性を考えられるような場所が生まれてほしい限りです

690 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 14:40:36.88 ID:1UJ1PSSc
>>688
新技術でもなし、単なるビジネスだからな。
儲からなければやる必要性が無い。

出版社に阻まれて、とは言うが
散々言われた「電子書籍は著者から直接読者に」をやれば良いのに。
…やれないのは著者単体でが出版社並みのプロモーションが出来ないから。
正直、ごく一部のネームバリューのある人以外は並に売れない。

>>689
必要なのは、開発者に対するアプローチではなく
著者に対するアプローチだろ。
…もし、開発者=著者とか書いたのなら、電子配信業者っぽいなw

691 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 17:16:18.86 ID:mDXeDd0y
>690
実はネームバリューだけじゃ売れないんだよ
出版屋の販促営業が煽り続けないと
信じられないかもしれないけど、フーンってな感じで
手にさえ取ってくれないよ

692 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 18:21:16.26 ID:K983u0MM
電子書籍の販促ってWEB広告でも打つの?
それとも雑誌に広告でも

結局売るためのアレやこれやが不足しているって事か

693 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 19:41:16.30 ID:PW0wChXN
出版屋の販促営業が煽り続け、売りたい本、作家、関連商品を
露出させ続けるから、ネームバリューが生まれるわけで、
ネームバリューがあるから露出させるんじゃない。
出版屋の販促営業が露出させ続ける事で「ネームが定着する」もの
当然それには金が掛かる。掛かった金は回収しないとね。

694 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 20:54:39.91 ID:XS4dcmGk
いーから、さっさと集配作業に戻るんだ!

695 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/29(日) 00:48:22.21 ID:pZEVxO1z
東野圭吾の白銀ジャックは、100万部近く売った時点では、出版社には利益が出てない状態だったらしい
こういうのは、別に本に限った話じゃないけどね

696 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/29(日) 01:47:01.96 ID:3yacBYi1
本を買う・読む習慣がある層ってのは、国民の20%くらいしかいないからねぇ
たくさんの字が並んでいるのを見るだけでも嫌ってのも20%くらいいる

残りの60%に買ってみようと思わせないと売れない

697 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/29(日) 01:49:24.44 ID:i/k7niVR
まぁ、おまえらは東電の営業に踊らされて担がれて迎合し、
どこまでも付いて行く、付いて行かざるを得ない下請け
作業員を兼ねた消費者なんだよ。
いーから、東電社員の書いた本でも有難く読んどけ!


698 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/30(月) 00:21:31.77 ID:Em539yHC
どちらにしても日本で流行るのはもう少し先だな

699 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/30(月) 09:42:31.55 ID:PcKotiGl
流行自体おきないだろ(笑)
紙で十分だよ

ハードが5000円くらいになるか携帯の(スマホじゃないよ)中でダウンロードしてよめりゃあね なんとかなるかもだな

700 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/30(月) 10:23:55.73 ID:xb3dxeNh
エロ系充実させりゃそこそこ売れるよ
でも、そこそこどまりだけどな

701 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/30(月) 12:15:08.14 ID:dhAq8E6A
>>699
5000円でも怪しく無いか?
今文庫って500円〜1000円くらいか?
すると書店の取り分を全て引いても一冊150円〜300円か?
今、年に10冊以上本を買う人間がどれだけ居るのか?
実際は安めの8桁電卓程度の値段に為らないと一般化は無理な気がする。
もしくは、固定ファンの居るマニア向けジャンルで雑誌を中心に展開するしかw
(あぁ固定ファン云々はe文庫がその系統かw)

702 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/30(月) 14:06:24.28 ID:qI2BSkbU
俺は、年に10冊以上買ってるなぁ
某大学出版局が出してるマニア向けが多いけどね
俺みたいなのは、少ないのかなぁ

703 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/30(月) 16:20:43.56 ID:StzRndn/
活字中毒で本を持たずに電車にのると落ち着かないぐらいだから年間50冊ぐらいは買ってる。
場所塞ぎだから古本屋に売ったり、図書館に寄付したり、単純に捨てたりとしてきたけど、
20年前に自炊環境があれば、そうやって処分してきた本もデータ形式で保管できてたと
思うと残念だ。

704 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/30(月) 16:23:28.76 ID:ztNogYCr
嘘だろ?
処分してしまったエロ本、エロ漫画を思い、考えた作り話と見た。

705 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/30(月) 16:30:18.50 ID:StzRndn/
>>704
確かにエロ本もエロ漫画も大量に処分してきたけど、これを惜しいとは思わないな。
と言うか指摘されるまで処分してきたことすら忘れてたw

706 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/30(月) 17:31:05.23 ID:+Nss8aNV
>>704
月に4、5冊だから普通のペース


707 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/30(月) 17:53:13.29 ID:tqgBOgfb
置き場が無いからと言って、過去にどれだけの文庫や漫画を棄ててきたかと思うと
少なくとも段ボール2,3箱は行ってる

708 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/30(月) 18:01:44.33 ID:dhAq8E6A
いや、明らかにマニアばかりなこのスレでアンケート取っても意味が無いだろw
問題はたださえ小さい出版市場をさらに切り取ってどーするって事何だからw

709 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/30(月) 18:04:07.78 ID:dhAq8E6A
それに俺の周りでマンガ込みでアンケートとったら所有数の平均は8000冊超えたわw
(皆本を詰め込む部屋を確保している)

710 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/30(月) 21:00:25.05 ID:zmErl8lG
>>709
比率的に極まれな例ですね。
そいつらをターゲットにしたビジネスはキツい。

711 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/30(月) 21:43:41.90 ID:PcKotiGl
俺だと 文庫含め本は去年 10冊くらいしか買ってないよ。
そのかわり週刊誌マンガばかり毎週買っている。だから本を読む時間がとれないアホ。
ヤンマガスピリッツポスト現代 SPA イブニング マガジン モーニング ヤンジャン 文春新潮 ダイヤモンド 東洋経済 エコノミスト 特集がよければニュースウィーク 最低これだけは買っているからなかなか本を読む時間ないなぁ
これらが電子書籍で安くなりゃ小遣い他に回せるんだが

712 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/31(火) 02:42:07.11 ID:5YSKBwW7
>>710
んで、自炊はどうだ?と聞いて見たら
こんな大量の本を処理出来る訳ねーだろと言う真っ当な答えが返って来たと言うw

713 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/01(水) 01:48:49.97 ID:kr+ht7+r
自炊って本の端切るんだろ?絶対嫌だ。本がかわいそうじゃん。切らなくてもスキャンできるようになったらやるけど

714 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 10:35:45.29 ID:SSth6Wgz
電子書籍とかe-Bookじゃなくて
なんか統一的な名称が出来ればよかったのに

715 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/05(日) 11:08:48.67 ID:wADmDemk
なんだかんだ言ってソフト(書籍)が無ければどうにもならない。
なんとかしてくれよ。
出版社は紙とデータ両方売れば総売り上げ増えると思うけど。
ソニーストアとかシャープ・ツタヤが利益取りすぎなんだろどうせ。

716 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/05(日) 13:09:37.05 ID:Ck7796Fk
>>715
紙の売り上げ落ちたら意味ないから


717 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/05(日) 13:47:20.70 ID:1RYovZ2s
>>716
紙の売上落ちても、データ書籍の売上げあんじゃん。
紙の需要そんなに簡単に無くならないだろうから、
紙+データで書籍市場は大きくなると思うけどね。
紙の出版社に対してデータで得た利益をちゃんと
配分しないからデータ書籍数増えないんだろ。

718 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/05(日) 15:40:50.99 ID:29jFsNpq
【電子化】スキャンサービスについて2【電子書籍】

871 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05 /31(火) 06:40:18.70 ID:XLGHavMK
いい加減出版社がきちんとどの端末でも読める規格作って売れ
原本のデータが一番綺麗に決まってるし、本代+スキャン代とか無意味すぎる

872 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05 /31(火) 06:56:59.68 ID:WlqxODRL
印刷屋絡んでるからムリ

873 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05 /31(火) 08:09:21.80 ID:oIwDFIaE
>>872
印刷屋と出版社の癒着って事?
それ意味がわからないよ
出版社はpdfをユーザに直販できるんだから印刷屋への中間フィーがなくなるし
出版社は印刷屋に脅されてんの?

879 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05 /31(火) 12:21:01.95 ID:ttaRKrnE
>>873
出版社は印刷屋や製紙会社に出資してるので、潰れると自分に跳ね返ってくる(新聞は特に顕著だな)
弱小出版社は流通に借金してるので流通の言いなり

719 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/05(日) 15:52:29.44 ID:KOt0WPuJ
>>718に一つ補足を入れると、弱小どころか中堅(下手すりゃ大手まで)
電子にシフトしちゃうと、会社を当面回す資金が確保できない
出版社から書店取次に納品して、書店取次から出版社へ入金される
これを利用して、余剰在庫を出庫し、一時的なキャッシュを用立てするのは、結構普通に行われている手法

720 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/05(日) 23:44:21.17 ID:TOOdlbre
>>717
電子書籍で売れるのは一部で、その他は点でダメってまえから言われてるじゃない。
自費出版も電子書籍で安価にできるサービスあるけど、景気のいい話まったく聞かない。
電子書籍なんて一部のマニアで完結する程度の市場規模しかないよ。

721 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/05(日) 23:51:28.44 ID:1RYovZ2s
>>720
今はあまりにも電子書籍の蔵書数が少ないから端末持ってる人が
少ないでしょ。
それで市場規模大きくなる訳ないじゃん。
蔵書数が増えることが一番重要でしょ。
一瞬で消えていったセガサターンとかドリームキャストと同じ。

722 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 06:45:28.61 ID:UTHlB0gq
ソフトとゲーム機の関係とは似ているが違うと思う。
メーカーは多分そうしたいと思っているのだろうけど。

なんせハードが無くてももともとソフトは紙で手に入るのだからハードを買う意味が無い。
まぁすぐ手に入るとか置き場所に困らないといったメリットはあるにしても、ソレが生きるジャンルは雑誌かコミックあたりだろうし。

723 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 09:11:26.40 ID:ul8OKhn/
>>721
それよく言うけどパイが増えても、人気コンテンツの一極集中型、ってのは変わらないでしょ。
数万台売り上げてるはずの専用端末でも、ダウンロード100未満が多数だったり…台数比1%以下かよ。

724 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 14:23:40.83 ID:xjKWtpy9
>>723
そんなこと当たり前の話。
紙の本でも売れるの一部じゃん。
一般人はもちろん読書家すら全然取り込めてない。
買いたいソフトが無ければハードが売れない。
そのソフト・ハードが属する市場(電子書籍市場)も一向に大きくならない。

>>722
紙で手に入るからハードを買う意味が無いって思う人はそりゃたくさんいる。
でも蔵書が少なすぎてハードを買う意味が無いと思う人もたくさんいると思わない?

725 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 15:52:53.64 ID:kTDz6a7W
薄い本は電子化しろ
紙の無駄だ

726 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 21:50:32.29 ID:VzPtmk8o
>>725
逆だろ。重い本こそ電子化してくれ。紙の無駄だ。

727 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 22:50:06.93 ID:Je0qUH3x
>>724
電子書籍はオオカミ少年になってしまったんだよ。
『電子書籍元年がきたー』と言っても誰も本気を出さない。
金を掛けた実績を出さない限り誰も乗ってこない。


728 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/07(火) 01:51:03.98 ID:OcBg73TG
>>724
んー蔵書が少ない人はそもそも本など読まない人間ではなかろうか?

729 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/07(火) 02:18:09.32 ID:d6RZ/Yyg
予みたい電子の蔵書が少な過ぎという意味では?

730 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/07(火) 10:45:05.61 ID:L+djkBeU
雑誌は電子化しろ
紙の無駄だ

731 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/07(火) 11:40:45.90 ID:XTPxnfcb
>>728, >>729
日本語の電子書籍の蔵書数が少なすぎって意味です。
日本最大の電子書籍屋と言われるパピレスでも日本語蔵書数2万ちょいくらいみたいだし。
池袋ジュンク堂なら150万冊。
これくらいは欲しいな。

732 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/07(火) 17:38:29.14 ID:bjrmwJe2
>>731
パピレスに掲載冊数17万7千冊と出てるあれのうち、そんなに洋書が多いのか。。。w
まあ、クソ本が多いのは認めるし、bookend形式も多いからpcでしか読めない不便もあるだろうが、xmdfの品揃えもバカに出来ない

漫画、雑誌、小説合わせれば、10万冊は行ってるだろ
多分


733 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/10(金) 06:45:42.04 ID:3wvZEa0s
>>690
月12万ドルの収入も……自費出版が笑う日
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110429-00000003-zdn_mkt-soci

安価な電子書籍がベストセラーに―価格面で大手出版社に圧力
http://jp.wsj.com/Life-Style/node_226008

電子書籍の売り上げ、「紙の本」を上回る 全米書籍市場で初
http://www.cnn.co.jp/business/30002472.html

Kindle売れっ子作家の稼ぎはなんと数億円!
Kindle売れっ子作家TOP25
25人のうち、過去に出版社と仕事をしたことがあるのはたった6人だけ。
http://www.gizmodo.jp/2011/03/kindle_3.html

734 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/10(金) 13:47:27.43 ID:rvR+VMug
電子書籍リーダーも電子化して欲しい

735 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/10(金) 18:02:10.35 ID:DDt5sQAk
>>734
つkindle for iPhone/iPad/android/blackBerry/PC/mac

電子化されてるんで、お好きなのどぞ


736 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/20(月) 10:49:57.27 ID:TkGUBaFI
俺も電子化したい

737 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/20(月) 12:45:25.58 ID:YU2gJ2a5
電波をとばすだけで我慢しとけ

738 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/20(月) 12:50:00.57 ID:TkGUBaFI
いや、受信はするが飛ばさない
それが俺のジャスティス

739 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/20(月) 14:54:04.19 ID:06yHlw3N
チネ

740 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/20(月) 18:36:28.52 ID:zEKkaWj+
>>733
新聞社は広告難で提灯記事が多いなw

741 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/21(火) 01:22:38.52 ID:E5sV4Cpe
>>740
電子書籍の広告は入らないのかな

742 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/21(火) 15:25:06.72 ID:XkTBOgm9
赤松健が開始した広告収入方式の電子書籍は今でも売れているのだろうか

743 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/21(火) 17:49:48.00 ID:lUxBH1Mj
息してない

744 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/21(火) 20:11:12.78 ID:KQUtcMBB
・男性用ブラジャー
・男性用化粧品
・電子書籍

745 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/26(日) 20:53:25.19 ID:LM23jT8E
何故「自炊」は定着しなかったのか
http://anond.hatelabo.jp/20110519094748

746 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/27(月) 10:39:30.30 ID:cdRaRw0E
自炊せんでも人の作った飯がいっぱいあるからな

747 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/02(土) 01:26:37.49 ID:IYAqNn7d
まず、ハードウェアが高すぎる。
3万とか4万とか誰が出すんだよ。1冊500円としても80冊買えるぞ。

次いでコンテンツ不足。
超有名な作者とか文庫シリーズすら購入出来ない。

そして検索性の悪さ。
Amazonとか見習え。


視聴ハードウェア本体は、6800円くらいが普及の限度だろ

748 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/02(土) 02:02:47.81 ID:ly+cuTcz
視聴って・・・テレビかよ

749 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/03(日) 08:36:34.71 ID:EpurTRT6
一冊五百円ってどういう本だよ。少年漫画か?

750 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/04(月) 00:58:33.29 ID:BTUuZpRQ
ソフトウェア(書籍)の価格はともかく、端末が高すぎる。
それとソフトウェアがショボ過ぎる。
各種「え! こんだけ有名な作品や文庫も全然無いの!?」と驚かされる。

あとショップの検索性や操作性悪すぎ。
Amazon見習え。
ゲーム機にも言えるけど、キラーソフトが無いと普及はしない。


751 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/04(月) 01:39:37.20 ID:0Ssb6LK0
>>750
電子書籍もソフトウェアと言えばそうだけど、そういう文脈ならコンテンツと言った方が良い


752 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/04(月) 01:51:19.10 ID:G+eX0cGi
>>750
:ゲーム機と違って本というソフトだけでも楽しめるし。

753 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/07(木) 01:41:06.71 ID:ZlK86JHL
>>752
つまり、ゲームウォッチ時代の再来
か!

754 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/08(金) 07:35:28.19 ID:xXkVstCs
ゲームに例えるのも変だけどあえて例えりゃ、
個々のゲームウォッチがある中で内容の同じソフトとそれが遊べるゲーム機が売られる状態か。

ソフトがゲームウォッチを遥かに凌駕する内容なのが普通だが書籍じゃそれも難しいし、
後はソフトが遥かに安くなきゃ買う価値ないな。

755 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/08(金) 09:08:01.44 ID:aLzIeDvL
そこはスパムに満ちたレッドオーシャン

「パッケージ市場崩壊、iPhoneアプリももうからない」 ゲームメーカーが生き残るには (1/3)
ttp://www.itmedia.co.jp/news/articles/1002/17/news087.html

【IT】違法性“大きい”:公式Android Marketで「リパッケージ」版のアプリが氾濫[11/06/28]
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1309272201/




756 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/08(金) 19:41:16.88 ID:d8vB6S8V
まーせいぜいふんばりやー

757 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/08(金) 22:58:47.50 ID:voegTPVj
ブーム去りすぎ

758 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/08(金) 23:31:12.48 ID:xXkVstCs
この板どうするんたろうなw

759 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/09(土) 13:05:43.83 ID:+JgTAppm
初動ブームは去ったけど、業界全体としてゆっくりだけど着実な底流を
動かすことには成功したから成功と言って良いんじゃね?

端末買っちゃった人は大手が充実するまでのんびりとネット小説でも
読んでいればいい。

760 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/09(土) 14:26:04.37 ID:2MszWLs2
スペースタウンも終わりだしなんだか尻すぼみになってないか

761 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/09(土) 14:33:17.06 ID:qt74jEmG
シャープが電子書籍に関してガラパゴス事業を始めた以上スペースタウンは
残っている方がむしろ不思議だし今回の終了も既定路線なのでは。

762 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/09(土) 14:46:13.88 ID:swkMmZUi
>>759
ずっと前からそうで、今回は特に動きが大きかった分期待も大きかった

763 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/09(土) 14:51:36.99 ID:Kb76acII
5月に出る予定のePub3がなぜだか音沙汰なしだ。
抵抗勢力が止めているんだろう。

しかしその反動で脅威のePub3が出てきたときこそが、
電子書籍の大ブーム、大海嘯が始まる。

日本のガラパゴスフォーマットはすでに死に体だ。
もう諦めろ。抵抗勢力め。

764 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/09(土) 15:04:44.37 ID:2MszWLs2
もともと需要ないだけじゃないか?

765 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/09(土) 15:25:02.14 ID:fplNX6dC
>>763
陰謀論w

766 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/09(土) 16:44:11.15 ID:Kb76acII
いや、陰謀論とする隠蔽論が、さらに真実を包み隠す。
今の政府と同じだ。
メルトダウンはしていた! これが真実。
やらせメールがあった! これも真実。

電子書籍が普及すると、大手出版取次はどうなる? 数兆円の損害は現実的数字。
出版取次は戦後何十年と出版業界を支え牛耳ってきた。みすみす損をしてたまるか。
何とかしなければならない!
俺たち取次が生き残るいい方法が見つかるまで、電子書籍の促進は抑えろ。
いいな? 出版社諸君。
協力しないと、現状の出版物を流通させてやらないぞ。
今はまだ紙の本も売れている。電子書籍だけではやっていけないだろ?
まだまだ我々取次があっての商売だ。わかったな?

これが真実。

767 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/09(土) 16:56:47.64 ID:DqaOJoXM
脳内真実っすか
リアル真実に変わってから出直して来て下さい

768 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/09(土) 17:04:12.18 ID:Kb76acII
真実は常に否定、歪曲される運命にある。
しかし、真実は、最後には必ず勝つ! これも運命。

769 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/09(土) 17:49:34.67 ID:89tujY+W
ベートー弁はいいから

770 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/09(土) 20:12:58.57 ID:2MszWLs2
というかそもそも電子書籍流行らせようというのが陰謀だろ

771 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/09(土) 23:57:37.60 ID:DqaOJoXM
陰謀もへったくれも紙の本からして安売り路線の日本じゃ
電子書籍が売れる要因なんて無いだろ

772 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/10(日) 00:49:08.57 ID:xtYm9z+f
要は、本気で利益だそうと思ったら
紙の本と同じくらいの値段設定しかできんってこったな

773 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/10(日) 01:05:08.31 ID:wuOm4SAT
>>768
君が否定してるものが真実なのなw

774 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/10(日) 12:52:26.05 ID:84l3leFe
俺のところにもやらせメールがきた。

電子書籍は売れない、紙の本は残る、というふうな喧伝をしてくれと。


775 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/10(日) 14:28:23.30 ID:CpqwCyy9
まぁ、殆ど寡占状態にある大手取次2社併せても
売上ベースで1兆5千億くらいしかないんだけどな

776 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/10(日) 16:28:19.03 ID:84l3leFe
電子書籍が完全普及すると本だけを専門に売る店(書店)がなくなるよ。

777 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/10(日) 16:38:12.63 ID:GR4XEOI7
>>774
どこからどこから?
脳内秘密結社?w


778 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/11(月) 18:55:29.81 ID:AJGnn1VJ
海外の高額な本に比べて、日本の本は医学書や専門書を抜かせば
安いもんだよ。
わざわざ、電子にしないでいいくらいに。

779 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/13(水) 01:50:24.71 ID:tzsred7o

まあ、なんだかんだでうるさいし
理屈にもならん訳分からんこと
ほざいてる連中ばっかだし
やっぱジャパンはスルーして
チャイナとインドにしとくか。

780 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/13(水) 02:26:50.28 ID:6I8CISM7
日本人は自炊で行く

781 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/13(水) 02:43:22.13 ID:tzsred7o
>>780
戦時中じゃないんだから
ボケてるくせいに強欲な爺さん連中のせいで
無理やり竹槍持たされて
ジャングルの中で自炊しなきゃいけない
ハメになるのもイヤなんだが。

782 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/13(水) 12:55:59.60 ID:m5Kl7b4y
中国でコンテンツ商売が成り立つと思ってる時点で情弱だな・・・
本当に哀れだ

783 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/13(水) 13:23:39.89 ID:ekylNfYJ

>>782
中国はおろか
日本でもエロのみ。

784 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/15(金) 20:51:02.50 ID:6dXi0pAa
GARAPAGOSも、電子書籍捨や独自プラットフォーム捨てて
どこでもある汎用androidタブレットになったな。


シャープ、「GALAPAGOS」を汎用 Android タブレットへ方向転換
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110715-00000001-inet-mobi

785 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/15(金) 21:06:44.94 ID:SIBHwlkf
ガラパゴスでもなんでもなくなるわけかw

786 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/16(土) 06:13:09.18 ID:vfLHFIDg
ガラパゴス構想が一番最初に報道されたときは、Androidタブレットと言われてたからね
それが発売直前になって独自OS・・・
なんか一周して元に戻った感じすらする

787 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/16(土) 10:58:49.45 ID:hKUpm5mL
先祖がえりか

788 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/17(日) 14:36:43.10 ID:mLK+sOg+
これからだろ

789 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/19(火) 11:44:19.06 ID:2xCK+eBO
なんか流行らんなー

790 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/19(火) 23:45:24.09 ID:3nV6MXgC
迷走と言う。

791 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/20(水) 09:49:35.68 ID:pqhKaJ55
話題にすらならねぇ('A`)
7インチぐらいでe-INKモノクロで800×480以上で
zipのままjpg表示できるだけでいいのに
内蔵ストレージ無しのSD(HCまで)カードのみ対応でも良いのに
12kぐらいで・・・

792 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/20(水) 10:03:32.20 ID:K5jy76Gc
イラネ

793 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/20(水) 10:23:44.65 ID:pqhKaJ55
マンガ処分したいだけなんだよ
どうせ捨てるなら電子化しておきたい
それだけだ

794 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/20(水) 10:50:14.16 ID:fcJDK4k5
>>791 わざと言ってんだろ?
Google iRiver Story HD : 6インチ 1024x768 140ドル=11,200円
WiFi登載、SDメモリ32GB対応 Comicビュアー装備 ZIP対応

795 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/20(水) 10:57:12.50 ID:yQY+b0qF
強気に出て惨敗。それで路線変更。

796 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/21(木) 06:25:51.46 ID:iLf8lxys
こんな変なものに命運かけるようなこと言ってたからなぁ・・・
シャープには真面目にモバイルで頑張って欲しかった。
ネットウォーカーのまともな後継機を出して欲しかった。

797 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/21(木) 09:48:26.34 ID:6kbB0rai
電子書籍に命運をかけたらおしまいだろw

798 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/21(木) 09:52:52.33 ID:6kbB0rai
電子書籍なんかに命運をかけたらおしまいだろw

799 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/21(木) 10:02:10.05 ID:/LYoaYX4
馬鹿だなお前ら、シャープに命何個あると思ってるんだよ・・・
たんに「電子図書部門長」の命運ってだけだろw

800 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/21(木) 11:24:03.96 ID:85L/+siM
>>794
日本で出るならマジで買う

801 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/21(木) 21:01:48.61 ID:eLhbLd+y
>>776
なるほど。その論理で言えば
本屋が完全に普及すると、電子書籍を売る店がなくなるわけだな


802 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/21(木) 21:33:54.83 ID:GyRb/2z/
確かに昭和の時代はそうだったから、正論だな。

803 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/22(金) 11:34:23.93 ID:C3cd+tjb
1000年後は読めないんだろうなぁ
紙なら読めるんだがな

804 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/22(金) 12:52:16.43 ID:q0CeFH5w
紙の本はもうすでに人間が一生かかっても読み切れないほどで、
どっかの国の図書館か博物館ではすべて電子化させたというのが話題になっていたな。
電子化させたなら本文の検索も容易く有効利用もできる。が、紙は無理。
それに、紙は膨大に膨れあがり場所を取る。だから紙の本はすべてを残すことができない。
消えゆく前に電子化して保存をするというのは先見の明があるな。

805 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/22(金) 13:48:55.71 ID:wer8woqD
それは、未来もなお続くであろう、国民国家の将来の人達へ残す
資料であり財産なわけで、わずか数十年で死ぬ一個人を想定してるわけじゃない。
また、閲覧の為と言うよりは、良い状態のまま末永く残すのが目的。
だから、ボチボチとしかやらないし、今生きてる人間がその恩恵に預かれるとは限らない。

806 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/22(金) 16:37:27.89 ID:F7WuMC0t
リスト作ってラベル貼って返却されるたびに書架に戻すの考えれば普通に合理的だろ


807 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/22(金) 16:58:29.40 ID:WxN/MRqn
>>806
だから、ぼちぼち合理化していきますよって話。
50年か、100年かけて。
その間、リスト作ってラベル貼って返却されるたびに書架に戻す仕事を
してるだけ。

808 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/22(金) 19:20:21.43 ID:Qv7Th0iU
そうか、もうすぐ仕事がなくなるんだね!
図書館もなくなるんだね! ITってすごいね!

809 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/22(金) 23:12:37.32 ID:7tK1r5QB
なくなりません
なくなるのは、おまえ

810 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/23(土) 15:57:49.04 ID:m8K7zQ9j


電子書籍はめちゃくちゃ流行ってるだろ


皆違法ダウンロードした漫画読んでるし



811 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/23(土) 16:39:51.19 ID:D1v/mH4x
俺はキモイんだぞぉ!って、言いたいわけね♪

812 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/23(土) 20:32:46.49 ID:QVOpfe64
>>810
お前と一緒にすんな


813 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/23(土) 23:49:13.50 ID:IW3N5bsY
ブーム去りすぎ

814 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/24(日) 00:08:45.71 ID:65oguXGO
値段同じなら紙で買うわ
流行らせる気まったくないだろ

815 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/24(日) 00:08:45.91 ID:fgSc+hS3
いやどの辺がブームだったのと

816 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/24(日) 00:17:14.58 ID:lP/w/79X
>>814
売る気があると思う方がおかしい


817 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/24(日) 07:06:03.57 ID:IjuNBhQq
結局、儲けるのは国とコネある大手だけだよな。
中途半端にIT企業が横槍入れても無駄銭だったというわけさ。

818 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/24(日) 07:43:02.57 ID:lP/w/79X
>>817
大手も儲かって無いような。。。


819 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/24(日) 12:51:04.13 ID:Pod5UoZl
ブーム以前からあるダウンロードサイトは
それなりに回ってるがな

820 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/25(月) 01:48:55.13 ID:nIs0f2zy
トントンまで持っていけるサイトが幾つ出てくるかねぇ
これから2,3年で撤退するとこが続出しそうだな

821 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/25(月) 02:09:17.80 ID:Iz3QsduM
パブースレもどっか行っちゃったね

822 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/25(月) 07:12:58.31 ID:HueEIjuS
パブーは韓国贔屓が酷かったから無くなっても一向に構わない

823 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/25(月) 07:32:23.69 ID:QQo2CAI8
普通の日本人が理由もなく日本より韓国を贔屓するわけがない

やっぱり在日企業なのかな>ぱぶー

824 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/25(月) 09:41:21.57 ID:HueEIjuS
パブーというかペパボだな
幹部に在日入り込んでるじゃね

825 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/25(月) 09:45:30.60 ID:nIs0f2zy
元々福岡発祥の企業だからな>ペパボ
頭の先までズブズブという可能性が高い

826 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/25(月) 11:50:24.60 ID:YidLBuYY
童話と〃の名簿は必携だな

827 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/26(火) 12:48:07.70 ID:P055yp+7
親会社が出版とぜんぜん関係ない企業で電子書籍事業やってるような所は、
採算合わなくなったらポイなんだろうなぁ。

828 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/26(火) 13:32:01.14 ID:QP8lqa7H
ただで読めるから流行ると思ったw

829 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/26(火) 14:11:38.90 ID:ORNrodTQ
>>828
青空文庫会計報告みると一応利益出せてるっぽいぞ
今のこの時期この分野で黒字出してから成功と捉えていいんじゃないか

830 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/27(水) 09:14:19.13 ID:nbXEwv46
電子ペーパー端末が高いよ。
キンドル3でさえ円換算だと1万ちょっとなのにSONY Readerは2万とか。
最低でも1万を切らないと普及しないと思う。

831 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/27(水) 09:57:41.22 ID:cik1TMqk
端末買う金で何十冊本買えるか・・・
って考えちゃうユーザーが多いだろうね

832 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/27(水) 10:06:49.45 ID:K3kHh65v
自炊して書棚を整理 って人は、低解像度のSONYなんか眼中ないと思うけどね
PCでも読めるので、あえてKindleならDX、小型ならPad系やGoogleの新しいStoryHD
ただ、どれも現状では見開きで見れないのでブックリーダーにはそれほど重きを置いていない

見開きで見るなら、最低1920x1080は必要で、それ以下は論外
んでそんな解像度はノートPCかデスクトップ用モニタしかないのでPCありきの考えしか持っていない

あと、SONYリーダの価格については文句はないよ
SONYリーダの価格に不満を感じるようなプアな連中は、そもそも本を読まないので、考慮する必要がない
オンライン図書の価格にしろ、自炊環境にしても、月に数万自由に使える人だけの趣味性のあるアイテムであって

SONYリーダ高い! なんて奴はそもそも、本自体割れを拾ってるような屑やゴミ虫なので相手してもしょうが無い

833 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/27(水) 10:18:35.22 ID:ZUe/G+oP
本一冊買うか
リーダー+電子書籍買うか

後者は新しいモノ好きか、情強ぶって見通しの立たないモノに金使ってる情弱
金額の問題じゃないよ

そもそも昨今、本を読む機会そのものが少なくなってるし

834 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/27(水) 11:38:42.44 ID:iblaiY4m
>>794
これ日本で出る可能性あるの?

835 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/27(水) 11:50:57.66 ID:K3kHh65v
>>834 無いね
でもだから何なの?
+5千円程度で手に入るなら欲しいなら手にれるだろ

836 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/27(水) 11:59:38.92 ID:HffkKmCp
電子書籍リーダーを単体で売ろうとしても売れはしないだろう。
それに気付かないのが情弱。
iPadのようにネット閲覧、電話、通信、ゲームなど、電子書籍リーダー以外としても使えるものが残る。
そんだけの話。

837 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/27(水) 12:50:31.10 ID:iblaiY4m
日本語対応してるなら出すけどな

838 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/27(水) 14:32:29.54 ID:6v1oy3Dv
リーダーの価格は、本棚を買っていると思えば安い物だがなぁ


839 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/27(水) 14:53:38.77 ID:cik1TMqk
>>836
Apple狂信者はお帰りくださいー

840 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/27(水) 15:25:26.93 ID:Be/hH/HL
>>836
良い売り方の例:ハッピータブレット20万円。大川先生御著書150冊入りガラパゴス。

841 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/27(水) 15:57:06.23 ID:Mv/pjVpy
>>839
お前みたいなイジケ虫がアップルをのさばらしていることに気付けよバカw

842 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/27(水) 21:40:04.92 ID:NgJGE4Sf
>>836
・携帯の様な多機能の内の一つ
・単一機能特化型
どのように普及していくかはまだ分からない。
黎明期でどうこう言っても仕方ない。そもそも爆発的に普及するかさえ怪しい。

843 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/27(水) 22:06:16.60 ID:Mv/pjVpy
紙の本がなくなれば爆発的に普及する。

844 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/27(水) 22:09:07.44 ID:Mv/pjVpy
紙の本がなくなるということは、新聞もなくなり、ノートも文具もなくなる。
電子書籍が普及することで職を失う人間の数は計り知れない。
だから緩やかに移行していくだろうが、原発と違って逆行することはない。

845 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 01:49:59.68 ID:l9zdqLkd
いい加減、夢と現実の区別ぐらいつければ?
現時点であそこまで使えないものに将来はない

あんなものは未来永劫、無価値だろうな

846 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 04:29:35.79 ID:BmywVRNt
間接的なメディアが直接的なメディアに取って代わることはない。
完全に置き換わるなんて妄想はいい加減止めて欲しい。

847 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 05:58:36.74 ID:zxjqhGqF
未だに小中高生の教科書を電子化させて持たせれば〜とか言ってる頭がお花畑がいるからな
本当にどうしようもない

848 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 09:30:19.18 ID:aR1fsmlV
本読むのにe-inkは液晶より全然良いんだが
日本のメーカーはあまりいいものを出そうとしないよね

849 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 09:53:50.17 ID:arN94Kzq
今まで家電メーカーは、録音機とか録画機とか著作権なんか関係ねーって感じで
製品作ってきたんだから、電子書籍リーダーも何でも読めて使い捨てできるぐらいの安物
作りゃいいのにね。

850 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 10:32:51.03 ID:zxjqhGqF
>>849
ソニーやビクターは当時、裁判沙汰にまでなってたぞ

851 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 13:00:12.50 ID:Mh+9wsG0
レコーダーや記録用テープに
金額上乗せだったっけ?

852 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 14:10:39.23 ID:llHkvLhb
確かにレコード盤からCDに変わったとき、抵抗勢力が暴れていた。

CD? あんな味気ないものが流行るわけないだろ。ジャケットがあっての音楽だ。
あんなもの、未来永劫、無価値だよ。

そうだな、CDはレコード盤のように回っているところが見えない。
間接的なCD装置は直接的に目に見えるレコード盤に取って代わるわけがないだろ(笑)。
ほんとマジでCD信者の妄想はいい加減やめてほしい。

同意。CDが出回ったら、オラは死ぬわ。夢と現実の区別のつかないお花畑野郎が、
あんな無味乾燥なテカテカに興味をもつだけだよ。

真っ黒なレコード盤の重厚な味わいがあって、そこに針を落とす瞬間に音楽の世界が広がる。
CDバカは文化というものがわかっちゃいないんだよ。本当にどうしょうもない。

※やらせメールは送られてきていません(キリッ

853 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 17:04:39.75 ID:mAhTgG2k
このスレじゃ何度も突っ込まれてるけど、音楽業界と書籍を比べるのは前提から間違ってるぞw

854 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 17:28:22.33 ID:eo5+JJsB
じゃぁもっとわかりやすい例えをあげてみてよ

855 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 18:10:03.30 ID:zxjqhGqF
>>852
頭わるそーな書き込みダナー

856 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 18:13:28.63 ID:ARQSJk5v
出版社・業界・政治・日本の体質といった物にケチを付ける奴は思考停止して
努力を放棄している事に気がついていない

自分の趣味なのにな、趣味のためには違法だろうと何だろうと手を染めりゃいいのにw

857 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 18:35:57.59 ID:zxjqhGqF
>>856
なにシレッと犯罪教唆行為してんのw

858 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 19:35:19.71 ID:mAhTgG2k
マジで解って無い奴居るのかw
電子書籍は紙の本に比べて余計な金がかかるくせに
投資に見合ったメリットが無いのが問題だな

本は買うだけで、余計なプレイヤー無しで読めるからね

859 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 19:39:31.42 ID:eo5+JJsB
自分的メリット

・本の置き場所を取らない
・電車の中や旅行先にでも、数十冊持ち歩ける

終わったと思ってる人は、これをメリットと感じないんだろうな


860 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 19:42:25.42 ID:Jc0No1ES
あまり本読まないならそうだな

861 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 19:43:20.09 ID:Jc0No1ES
858ね

862 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 19:49:46.44 ID:mAhTgG2k
そして、本を沢山読む人がそんなに居たら、出版不況なんぞなって無いってのも既出の議論

863 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 19:57:49.09 ID:Im8fJIu3
>>859
・置き場に困るほど本を買う人
・往復の通勤で、複数冊の本を読めてしまう人
・ある程度以上の頻度で旅行し、旅先では、観光よりのんびり体を優先する人
どちらかというとニッチだ
メリットを享受できる人間が少ない以上、現状で展望の開けたジャンルとは言えない
正直、未だ大多数は、ブーム以前から細々と自炊し続けてきた層だと思うよ

864 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 20:00:12.36 ID:eo5+JJsB
メリットが無いというから、メリットの例を挙げたのに

こんどはメリットを享受する人間が少ないとか言い出す

次はなんでしょうか?

865 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 20:03:45.18 ID:nbmOG1UW
別に本が読まれなくなったって事は無いと思うよ。
実用書や学術書、その入門書や文庫版とか適当に売れてるよ。
ただ、回転率が異様に良かったガキ向け漫画やオサン週刊誌が落ちただけだろ。
ようやく、しょーも無いものを幾ら読んでも身にならないと悟って
つつましやかに消費するようになっただけの話だろw

866 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 20:07:12.66 ID:blCjB79R
>>862 購読数と読破数は全く変わらないが、Bookoffで買うことが恐ろしく増えた

原因はそれだろw

867 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 20:17:59.62 ID:Im8fJIu3
>>864
ん?
メリットと感じないんだろうなって言うから
それをメリットととらえる人が少ないって言っただけじゃん?

868 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 20:24:20.57 ID:mAhTgG2k
>>866
出版不況が言われだしたのはバブルの頃からだよ
それでバブルの頃、危機感を持ったのか中規模の出版社が副業に手を出して潰れた

869 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 20:27:51.68 ID:blCjB79R
ほっとけよ、偏屈な奴ってのは 常に不正不満を言ってないと生きていけないんだよ
そうすることでしか、矮小なレゾンデートルを維持できないんだよ

死んだあとにも「なんかチッコイ嫌なやつだったな」と言われてすぐに記憶から消え去るだけの存在

870 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 20:27:57.06 ID:mAhTgG2k
っつうか、このスレって電子書籍元年を3〜4回は煽られて、
その度に出版社側の規制がきつくなって来たのを 
目の当たりにしてきて、いい加減期待もしなく成った連中のたまり場だろ

電子書店パピルスの営業開始前から追ってるっぽい奴が複数人居るように見えるんだがw

871 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 20:31:20.50 ID:zxjqhGqF
つーかディスプレイだと目が疲れやすいだろ
パネルによっては一気に近視とか進みそう

872 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 20:38:01.22 ID:llHkvLhb
国民読書元年と電子書籍元年は2010年。

873 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 21:03:33.44 ID:Jjd1wfHP
おう、アスキーアスペクトがパソ通で小説配信始めた頃からやってるぞw

874 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 21:11:59.26 ID:mAhTgG2k
>>873
俺はPC-VANだw
やはり他にも居たかw
こりゃ残りのNIFTY(確か三社同時配信だし)も居るなw

875 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/28(木) 23:45:21.05 ID:m37DZ8N9
>>859
メリットに文字の大きさ変えられるってのは付けないのか
所詮は自炊派か。。。

デメリットは出版社によっては押絵が無かったりする事。。。Orz

漫画のカバー裏のオマケが無いのもデメリットだなぁ。。。


876 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/29(金) 00:45:04.10 ID:DYBMNhBq
そもそもスレッドの数が現状を物語っているだろうにw

877 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/29(金) 00:47:41.05 ID:t9sMdVZa
>>875
挿絵が無くなるのは「とにかく安くしろボケ」という意見に押されて
値段下げる課程でイラストレータに払う印税を捻出できなくなったから、
ってのも。値段下げるには「質を下げる」しかないんだよな出版では。

印刷代なんてコンテンツの中身にかかるコストに比べればたかが知れてる。
上製本はともかく、コミックとか文庫ならなおさら。

878 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/29(金) 08:54:01.29 ID:lu/2juog
>>875
老人乙w

電子書籍も買っているが、やはりきちんとプロがレイアウトした紙面の
ほうが美しいと思うんだがなぁ。
文字データ化の利点はわかるが、写植そのままのレイアウトでも表示
出来るようにして欲しい。

>>877
イラストレーターに、「印税」? ごく一部を除けば、そんなの無いだろ。
電子出版時の契約の話なら、講談社みたいなのは共通化したはずだし

イラスト削除も、文字データのみも、データ量を減らす事しか考えて無いからこうなる

879 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/29(金) 09:58:23.87 ID:64A0xP1i
コミックにくらべりゃノベルの挿し絵量なんかたかがしれてんだから、データ量なんか気にしてないよ。

新規はともかく、旧作は電子の契約無いから再契約の手間とコスト
はぶくのに挿し絵カットするだけ。
書籍の新書や文庫落ちとかと同じ。

880 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/29(金) 11:21:24.05 ID:lu/2juog
中の人乙

契約の都合ばかり考えて、商品として成り立つかどうかを考えていないのか


881 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/29(金) 12:02:20.56 ID:d05MDBeX
Zip読み込みOKの画像表示だけで良いよ
カラーe-ink採用して解像度高めで18000円
文字表示なんぞイラン
SDHC・SDXC対応してくれれば後はどうでもいい
eroBookの完成や

882 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/29(金) 14:06:04.43 ID:SH9TI2tG
>>880
そういう手間省いてコストカットしないと、商品として成立しないんじゃない?

883 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/29(金) 14:21:33.97 ID:WyS2iXV+
未だに商品として成立するとかしないとか、どれだけ見通し甘いのさw 
まともな人なら一目でこりゃ粗悪すぎて商品化とか無理と気づくぞ? 

マジ頭悪杉

884 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/29(金) 14:34:12.55 ID:Yht0QGv0
いーから、さっさと倉庫作業に戻るんだ!

885 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/29(金) 15:02:14.87 ID:lu/2juog
>>882
その場合は、成立しないとは言わず、コストと見合わないってだけじゃね?

言ってみれば、時々中国のニュースなどで見る、肝心な所を省いて外見だけ製品のように見せかけたシロモノ
そんなものはすぐにゴミだと看過されて売れないよね

886 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/29(金) 16:05:58.64 ID:TPZb0hBZ
>>875
そうそう。あと、帯ね。絶対付かないと思う。
あと、連載時のカラーの部分はそのまま載せてほしいところ。

887 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/29(金) 22:35:12.30 ID:10I9gPiN
もう出版社は終わり

撲滅推奨 コミック割れサイト一覧

ERQコミック(コミック総合割れ)
http://mangazip.net/

(´・ω・`)漫画
http://shobo--n.info/
(=゚ω゚=)少女マンガ
http://shobo--n.info/girl/
(`・ω・´)小説
http://shobo--n.info/novel/
(・∀・)同人誌
http://shobo--n.info/doujin/
(´・ω・`) - 雑談掲示板
http://www.rodacomibbs.info/board/
(´・ω・`)ミラー(単行本割れ)
http://rodacomi.info/

俺たちの RAW BUNKO(少年ジャンプ先取り割れ)
ttp://www.raw-bunko.com/
____________
ACCS
https://www2.accsjp.or.jp/piracy/piracy.php
警視庁匿名通報フォーム
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/anket/other.htm


888 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/30(土) 23:32:15.23 ID:gS1Rkfj6
机やテーブルから落としただけで
壊れちゃ、話にならん

889 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/01(月) 12:01:32.77 ID:qWFkxbo/
風呂で読めたり
汁かけても壊れないようにはして欲しいな
何の汁かって?
お前の想像してるもんだよ

890 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/01(月) 13:26:18.13 ID:BBoBGreo
麺つゆか
最近暑いものな

891 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/01(月) 18:33:36.80 ID:pcmnUx3Y
白くてネバネバするお汁は勘弁

892 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/01(月) 18:56:20.10 ID:6Q/kj+ID
とろろも混ぜるとは豪勢な

893 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/01(月) 20:12:14.36 ID:5lO/hYNT
どの道3cc位ならどうということはない

894 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/02(火) 08:25:09.27 ID:R0u5UVlb
姉ちゃんの弁当にかけといてみるわ

895 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/03(水) 13:51:41.16 ID:79fqbYe7
ブームが来ると良いね

896 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/03(水) 16:25:26.48 ID:+ollXDR5
ブームが来なくても静かに定着していく事もある

かも知れない。

897 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/03(水) 17:33:39.07 ID:3Q0l0AxT
いま、電子書籍が静かなブーム(キリッ

898 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/03(水) 17:44:03.63 ID:2qsou5Fj
>>896
電子書籍元年が来る度に、電子書籍に取り憑かれた亡霊は増えてそうだが。。。


899 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/05(金) 12:21:35.64 ID:3CTUg9mC
kim jong ill wants to blow his taepodong in the governor's ass?

900 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/05(金) 18:26:38.83 ID:jgVc8op+
Kim Jong-il
じゃねーの

901 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/05(金) 18:34:00.86 ID:sei1Oi3w
今年はもう電子書籍二年でしょ。
元年で注目を浴び、二年目に端末が普及し、来年三年目にブームが来るな。

902 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/05(金) 19:02:33.29 ID:MgLZrVJs
来ないです

903 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/05(金) 20:55:54.78 ID:wVmyZrEJ
>>901
2年目の今年も折り返しましたが、端末の普及具合は順調ですか?


904 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/05(金) 23:10:10.61 ID:6Fag86Z9
電子書籍元年って1990年じゃなかったっけ?

905 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/05(金) 23:16:50.51 ID:sei1Oi3w
>>903
ぞくぞく電子書籍端末が増えてきているよ!

http://event.yahoo.co.jp/ebook/index.html

2010年は電子書籍元年といわれて、大きな話題になりました。
2011年はさまざまな通信キャリアやメーカーから新しい端末が発売され、その動向から目が離せません。

「持っていないが、購入したい! 44%」

http://event.yahoo.co.jp/ebook/research/result.html?poll_id=11478&wv=1


906 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/05(金) 23:36:50.77 ID:wVmyZrEJ
>>905
いあ。。。
端末が増えたかどうかじゃなくて、端末購入者が普及してるって言えるほど増えましたか?と聞いてるんだが。。。


907 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/05(金) 23:38:22.01 ID:wVmyZrEJ
もちろん、購入したい人の数じゃなくて、購入した人の数ね


908 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/05(金) 23:48:51.69 ID:6Oi1jlhK
>>905
茶番じゃなくて現実が重要なんだけど
わかってないなぁ

909 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/05(金) 23:51:33.75 ID:sei1Oi3w
スマートフォンがかなり増えた。
http://response.jp/article/2011/08/04/160521.html

これが現実。

910 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/05(金) 23:52:40.92 ID:sei1Oi3w
来年、来るね、大ブーム。

911 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/05(金) 23:58:02.30 ID:6Oi1jlhK
>>909
スマホで読書って考えてる君
かなりの希少種ってかマヌケ

912 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/05(金) 23:59:23.02 ID:sei1Oi3w
>>911
下のほうをご覧あれ。こっちが世間の常識。
http://event.yahoo.co.jp/ebook/begin/begin_2.html

913 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/06(土) 00:00:14.88 ID:X/Zyjh2d
マヌケは自分がマヌケと思わない希少種。

914 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/06(土) 00:09:48.87 ID:+OhySKDk
マヌケへ
http://www.research-news.jp/news_yHEaXfuOa.html

915 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/06(土) 00:11:20.23 ID:8zUPWAYe
まだ電子書籍なんかに執着してる人って
なんだかとても可哀そう 

きっと関連株が下がって発狂してるのね

916 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/06(土) 00:12:57.43 ID:FbEU90nC
なにこの提灯記事w

917 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/06(土) 00:15:57.12 ID:/RBXt1dK
電子書籍とケータイ小説は別ものだと思ってました

918 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/06(土) 00:42:10.26 ID:Ndzqvz50
普遍的な端末とすれば右に出るものは無いだろケータイ

919 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/06(土) 00:53:59.94 ID:VRHqaUuK

まあな。でも携帯とタブレットの両方を
持つってのはコスト的にどうよ?
そこ考えるとスマホで読むってのは、
意外とあるかもね。
ただ、若い奴はいいけど
オレみたいな年寄りには
目が疲れそうなのでキツイと思う。

920 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/06(土) 01:09:52.98 ID:zMNkInof
話がループしてる時点で終わってる

921 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/06(土) 01:42:25.82 ID:CljoRQug
基本的にはブームが来なくても、時たまどこかが電子ペーパー端末を
発売するくらいのニーズが持続していけばいいんだけどね。

922 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/07(日) 11:04:10.49 ID:YJ15WbCM
>>909
ガラケーの電子書籍売上が一番多い事に対してはどう思う?
売上が並んですら普及してると言えないんだけど、差がありすぎるよね


923 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/07(日) 20:24:19.79 ID:IIgimZ+J
気にするほど売れてません

924 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/08(月) 14:48:45.63 ID:kFfYPm+T
日本は永遠に紙本天国のガラパゴスでええんで無いかい。

925 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/17(水) 00:06:30.14 ID:3rX1scua
それでは皆さん
また次の電子書籍元年でお会いしましょう
何年先になるかわかりませんが

926 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/17(水) 02:39:34.71 ID:PmwnrICm
バカか?
元年を何だと思ってやがるw

927 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/17(水) 03:16:28.95 ID:SfWXJDuW
来年は2年ぶり4回目の電子書籍元年になるかな。

928 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/17(水) 07:20:48.96 ID:RV7rDMdA
>>927
数え方にも寄るけど5〜6回目じゃ無いか?

929 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/17(水) 09:35:08.33 ID:37FMo0ft
1980年代から4〜5年周期で電子書籍元年がやってきてるからな。

930 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/17(水) 10:11:37.23 ID:PmwnrICm
韓国人みたいな歴史観をもっている奴がいるなw

931 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/17(水) 15:13:06.13 ID:RV7rDMdA
1980年代のは電脳筒井線辺りから始まった奴かな?
後は各パソコン通信にアマチュア小説系の掲示板が出来た辺りか

932 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/17(水) 15:16:10.33 ID:RV7rDMdA
実際問題として毎回何処かのネットメディアが電子書籍元年って煽ってるからなーw
いい加減またかよ何回元年を繰り返すんだと思うわw

933 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/17(水) 15:22:32.51 ID:PmwnrICm
まさか電子辞書と勘違いしてるとか?

934 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/17(水) 15:27:51.88 ID:PmwnrICm
ウィキペディアを見てきたら、
ネットに繋がってない電子書籍があったらしいね。
でもそれは今みんなが話題にしている電子書籍とはぜんぜん違うw

わかりやすくいえば、
電波を受信しないテレビで、ビデオを見るようなもの。
そんなものただのモニターでテレビではないw

935 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/17(水) 15:32:53.17 ID:PmwnrICm
歴史を見れば、
・電子ブックの時代(ただのハード)
・ネットコンテンツの時代(ただのソフト)
があって、
・電子書籍端末の時代(ハードとソフトの融合)
という今の電子書籍の時代という流れか。

936 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/17(水) 16:32:40.16 ID:/XqnJRFm
家電製品の分類に入るかどうかが肝だろうねぇ
今現在はガジェットとしか捉えられてない感じだねぇ
ハードウェア側で何らかのブレイクスルーが発生しない限り、電子書籍元年を繰り返す羽目になりそうだねぇ
まぁ市場規模はボチボチ広がってるけどトントンまで持っていけるのは極一部だろうねぇ

937 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/17(水) 16:44:26.72 ID:RV7rDMdA
>>936
過去
97年のパソコン通信での小説販売から始まって
パピルスの開店
エクスパンドブック
ドットブック、XMDF
携帯電話の奴
今回と俺が知ってるだけでも、結構な回数の元年を繰り返してるけど
物になってるのは圧倒的な端末の普及率を誇る携帯電話だけだしねー

正直、本を読むだけに専用端末を買えって言うには、
一年か二年で端末代金の元を取れるくらいのアドバンテージが無いと辛いと思う


後は残ってる普及率の高い端末って言うと携帯ゲーム機くらい?
(携帯ゲーム機は開発環境とか色々縛りが有りそうだけど)

938 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/17(水) 16:55:14.92 ID:ADkUzMgT
違うところと言えば過去は家電屋が勝手にハードをぶち上げて勝手に自滅
していたのが、今回は書店や流通側が主導する場面もぼちぼち見えてきた
事かなぁ。

例えば北米ではAmazonにBNと完全に書店や流通が主導で、ぶっちゃげ
Kindleをどこのメーカーが製造しているなんて誰も気にしていない。

今回の日本ではAndroid2.3ファームの公開で専用機路線を諦めた風体の
ガラパや今更感漂うPana楽天連合みたいな家電屋ハードこそあるけれども、
例えば紀伊国屋がKinoppyを開発して、それを利用できるスマホやタブ
レットといった汎用の携帯デバイスが広く普及している点は違うと思う。

939 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/17(水) 20:22:02.91 ID:5vS/chbr
電脳倶楽部は?

940 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/17(水) 22:56:26.86 ID:TXAVkv3/
>>938
で、どうなりそう?

今更感漂うPana楽天連合みたいな家電屋ハードはこけると思うけど。

どこのメーカーが製造しているなんて誰も気にしていない、Kindleや
GoogleリーダーのStory HDとかは、それなりにいけるとは思う。

941 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/18(木) 06:17:25.14 ID:wyTaGYP0
世界経済がこけそうなのに呑気だな

942 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/19(金) 02:22:35.77 ID:xeBJ6srk
日本経済がこけそうなのに呑気だな
放射能汚染が広がってるのに呑気だな
失業率が最高なのに呑気だな

いやー呑気呑気ww

943 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/19(金) 04:13:44.55 ID:2a1LS7kB
電子書籍は一部の限られた人以外必要ない珍技術
去年盛り上がったことの方が不自然

ま、地味に細々と存続するんじゃない?

944 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/19(金) 11:20:31.11 ID:Ov410nfB
電子書籍が普及してくると職を失う人間、潰れる関連企業が多数でてくる。
その規模は半端ない。
その恐怖は計り知れない。
今から何とかしよう。

945 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/19(金) 11:23:44.49 ID:Ov410nfB
紙芝居の時もそうだった。
テレビが普及したせいで紙芝居は絶滅した。
もうそんな二の舞はごめんだ。

946 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/19(金) 12:45:44.00 ID:EM5MFfbF
>>944
電子書籍がコケると困る人多そうだよねw
先行投資してる会社やそこの株を買ってる株主様ww

まぁ時期尚早、黎明期もいいところだよ。電子書籍は。
此度の電子書籍元年で儲かるのは国が貯蔵してる蔵書の電子化を
請け負った一部大手出版・メーカーだろうね。

947 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/19(金) 15:00:01.50 ID:Ov410nfB
いや、多くはないだろう。あいつらは小ずるいからな。
電子書籍端末などは、電子書籍に特化させないで、
ゲームなどのアプリを同時に用意していやがる。くそーっ。

騙せたのは一部の日本メーカーだけ。しかし世界を騙すにはどうしたらいいかだ。
黒船は海外からやってくるからな。

今はデータ形式もバラバラで電子書籍といっても扱いにくい。
リーダーも電子書籍ごとに変えなければならない。

しかしEPUBに統一されたら終わりだ。
もしネットに一つの巨大なマーケットができあがり、
そこで統一規格で安心して購入されるようになったらもうお終いだ。

風評でもやらせメールでもなんでもいい。なんとか阻止しよう。

948 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/19(金) 15:10:20.44 ID:2eiI2ss3
いーから、さっさと倉庫の仕分け作業に戻るんだ!

949 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/19(金) 21:41:41.20 ID:CfcjteP4
>>947
大丈夫大丈夫
appleのiBookStoreも撃退したし、この調子でAmazonも突っぱねるのは目に見えてるから

ePub?
統一規格と言っても選ぶ自由は出版社に有るんだし、選ばなければ問題無し

Amazonに電子書籍出さなきゃならん状況ってどんなのよ?
ePub選ばにゃならん状況ってどんなのよ?

リアル店舗が都市部のみとか、絶望的に減ってからじゃなきゃ状況は動かんよ


950 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/19(金) 21:47:46.20 ID:Ov410nfB
消費者の声が大きくなってきている。電子書籍の規格を統一しろ!と。
確かにユーザーにとって、いつ消えるかわからないフォーマットの電子書籍を
集めるのはリスクが高い。
このリスクがなくなれば電子書籍は爆発的に売れて、電子書籍の時代になるだろう。
まだ電子書籍2年目にしてこれだけ脅威を感じる。あと数年で世の中どうなるやら。
マジでヤバい。

951 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/19(金) 21:53:45.58 ID:CfcjteP4
>>950
漫画なんて画像なんだから、いくらでも規格統一の機会があったはずですが
xmdfだって.book/ePubだって画像も扱えるのにね


952 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/19(金) 22:40:28.13 ID:UZMvAhcm
>>950
>確かにユーザーにとって、いつ消えるかわからないフォーマットの電子書籍を
>集めるのはリスクが高い。

圧倒的多数のユーザはそんなこと気にしとらん。

ぶっちゃげ消費者サイドでフォーマット統一を云々言ってるのは未だに
「電子書籍を買うことはデータを買うこと」という発想から抜けきれない
この界隈のよく言えば古参ユーザ、というか時代錯誤のオッサン連中だけ。

そりゃあ昔はダウンロードの期日とか回数制限とかあって書籍データは
一度ダウンロードしたら後生大事に自分で管理するものだったが、今は
格好良く言えば読書体験、端的には購読権を購入して読むもの。
ユーザはデータがサーバ上にあるのか端末上にキャッシュされているのか
それがどんなフォーマットなのかなんて誰も気にしとらん。
金払ったら読める。それで十分なんだよ。

アメリカの片田舎で老眼鏡でkindle読んでるおじいちゃんの方がよっぽど
時代に適応しとるわw

953 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/19(金) 22:51:30.71 ID:Ov410nfB
>>952
>圧倒的多数のユーザはそんなこと気にしとらん。

圧倒的多数のユーザーが気にしているから、
今はまだ電子書籍はあまり売れていない。これが現実。
気にしてない少数派が買っているだけ。

ぶっちゃけ消費者サイドで気にしていないという少数派は、
「電子書籍を買うことはデータを買うこと」という発想をするおっさん連中。
紙の値段と同じだろうが、使いにくくて糞だろうが、どんどん買いまくる。
データなんだからコレクションとか考えていない。
しかし若い連中は若いからコレクションをする未来が残っている。
先のないおっさんとは違う。
そしてまた値段が安くならないのに何かおかしいと感じて買い控える。
これが今の現状だろう。

954 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/19(金) 22:55:57.17 ID:CfcjteP4
>>953
若者の代名詞たるケイタイの電子書籍が電子書籍全体の大半を占めている件


955 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/19(金) 23:04:38.19 ID:xeBJ6srk
結局端末が万人に行き渡るくらいにならなけりゃ無理だということ。

956 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/19(金) 23:15:14.09 ID:UZMvAhcm
>>953
電子本が売れないのは単にタイトルが少ない・遅い・高いからだと思うが。
紙の本に対するメリットが非常に薄い。フォーマット云々が理由で電子本を
買わないとグダグダ語る若者が居れば見てみたい。弄りがいがありそうだ。

そもそも自前コレクション管理を気にするならフォーマット云々よりもまず
DRMだろ。どうもオッサンは牧歌的なDRMフリーの時代が懐かしいらしいが、
悪いがその未来はもうほぼ潰えたから。

957 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/19(金) 23:23:57.86 ID:Xxjr6oX2
>>954
じゃ、電子書籍成功したんだね?よかったじゃん!w

958 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/19(金) 23:34:28.46 ID:Ov410nfB
>>956
フォーマットが統一されてないから、タイトルが少ない、動作が遅い、値段が高い、
という欠陥を生みだしているんだよ。元凶が何か考えないと打開策は見えてこないよ。

権利関係の問題は時が来れば(ネット文化が成熟すれば)かならず解決する。
たとえば違法コピーをし配布した場合、その損害をすべて支払わなければならない、という
ことを小学校から徹底して教育し、また国民番号制(マイナンバー制)を早々に取り決め、
一生逃げられないようにしておくと、
コピーを配るなんてことは自分の財産を削るようなものだからバカらしく思うようになる。
今は無理かもしれないけれど、ネット社会、電子社会がさらに進めば、いずれそうなるよ。

今はまだ過渡期。電子書籍の未来は明るい。

959 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/19(金) 23:42:18.99 ID:CfcjteP4
>>958
小説はxmdfに、漫画はdmm.comの(dmmb)に、事実上統一されてるじゃん


960 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/19(金) 23:45:56.68 ID:Ov410nfB
>>959
全世界的に統一しなければ意味がないんだよ。
もっと100年後、200年後の世界を展望しながら、今を考えよう。

961 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/19(金) 23:50:05.94 ID:CfcjteP4
>>960
それはxmdfやdmmbで事実上統一してる出版社に言ってやれw


962 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/19(金) 23:56:19.63 ID:UZMvAhcm
>>958
あぁ悪い、フォーマットの不統一がこの件に関して実際どんだけ障害になって
いるかは知らないがタイトルが少ない、「刊行が」遅くなる、値段が高くなる、
これは何れも「出版社サイド」の事情だ。
俺が揶揄したのは「消費者サイドでフォーマット統一を云々」している連中。
ちゃんとよめ。勝手に話を敷衍するな。

>違法コピーをし配布した場合、その損害をすべて支払わなければならない
>また国民番号制(マイナンバー制)を早々に取り決め、一生逃げられないよう

怖ぇなぁおいwww
というかこんな未来が来るならDRMバリバリの世界の方が安心だね。
手先が来るってうっかり流出させてしまうかもしれない自己責任DRMフリー世界
よりも、コピーが出来ない事をコンテンツ提供側で担保するDRMの方がよっぽど
安心だよこれだと。

963 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/19(金) 23:59:45.54 ID:Ov410nfB
>>961
出版社は商売をしているんだから、今のままがいいんだよ。
電子書籍が普及すると困るのは今の出版社なんだから。
出版社もいかに紙の本の時代を長く続かせるかを考えがんばっているところ。

だから本当は電子書籍も出したくない。
電子書籍を出せという声があるから、いやいや出しているだけ。
儲からない仕組みにしておいて、
電子書籍は儲からないと騒いでいるのも出版社。

964 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/20(土) 00:04:08.35 ID:LX5X3h3g
電子書籍(笑)が儲からないとか実はわりとどうでもよくて
電子書籍(笑)がものの役に立たないことの方がマジ問題w

965 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/20(土) 00:05:12.04 ID:Mhu05v+a
>>962
>怖ぇなぁおいwww

それを怖いと感じるのは意識が低いからだよ。
他人の権利を侵害し、他人の金を盗んでいるという意識がない。
でも、こういうのは時代のせいもある。
たとえば現代では人殺しは罪。人殺しは誰もが怖いことだと思う。
しかし100年ちょっと前、幕末のとき日本人同士で殺し合っていた。
要するに、教育の問題。

966 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/20(土) 00:07:05.55 ID:06Nhpnc8
電子書籍(笑)は案外役に立つよ。欲しい本が売っていたときは時にマジで助かる。
問題は、売っていないんだな。

つうわけでマジ問題なのは電子書籍ストア(笑)がものの役に立たないということ。

967 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/20(土) 00:12:30.34 ID:LX5X3h3g
欲しい本は本で欲しい
電子書籍(笑)で眺めても詰まらない

>>965
国民番号制は怖いというより単純にキモい

968 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/20(土) 00:15:47.20 ID:Mhu05v+a
>>967
戸籍のほうが怖い。情報ダダ漏れ。悪用いくらでも可能。
管理不十分で、戸籍上死なない老人続出。

キモいと感じるのは制度にたいする認識不足。はっきりいうと、個人的な無知のせい。

969 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/20(土) 00:33:29.24 ID:06Nhpnc8
>>965
学生さんだね? 200年後や幕末など時間感覚が妙に壮大になったりとか、
青臭い政策論吐いてみたりとか出版社の陰謀論に走ってみたりとか。
うんうん。わかるわかる。

>>967
自分も以前はそう思っていたのだけれども、タブレットで読むように
なった最近は案外いけるのではと思うようになってきた。PCで読まなく
なったし、ようやくデバイスが読書に追いついてきたかな? という印象。
個人的に読み捨ての本は売っていれば電子版で十分。堅い本も買いたい
けれども殆ど売っていないんだよね。

>>968
どうも認識がナイーブに過ぎるので、共通番号制の制度設計に関して
現在どういう議論がなされているかちょっと見てみた方が良いよ。

970 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/20(土) 00:38:38.71 ID:Mhu05v+a
>>969
中学生? 高校生?
がんばって背伸びして、ちょっと見当違いなことを言っちゃう中二病的なw
うんうん、わかるわかる。

まずちょっと勉強が足りないね。いろんな知識が総合的に足りてない。経験もないのかな。
それでいてわかったふうなことを言いたがるふしがあるね。
学校では通用しても社会では通用しないよ。がんばってw

971 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/20(土) 00:44:57.51 ID:06Nhpnc8
>>970
おう。人生何歳になったって常に勉強だ。お互い頑張っていこうや。

972 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/20(土) 00:52:54.26 ID:Mhu05v+a
>>971
ははw 腹が立ったのかい?
自分が>>969に書いたレスをもう一度読んでごらん。
君の書き方をマネしたんだよ。
気づかせるために。
あんましふんぞり返ったレスはしないことだね。

973 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/20(土) 00:54:19.96 ID:06Nhpnc8
>>972
うんうんw

974 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/20(土) 00:56:18.74 ID:Mhu05v+a
傷つけるつもりはないよ。
悪かった。

975 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/20(土) 01:04:03.97 ID:tevzmaUZ
今日は妙に伸びてるなどうしたんだ?
韓流のせいか?w

976 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/20(土) 03:29:57.25 ID:86UQd86m
>>975
お前のせいだよw


977 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/20(土) 11:04:41.16 ID:KZmpoHmP
>>958
過渡期では無く黎明期の間違いじゃないのか?
つか携帯電話や光通信のインフラのように政府が税金投入しない限り流行らないと思うが。

978 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/20(土) 12:05:36.96 ID:fBl0fR3J
何処を見てフォーマットが統一して居ないから本が少ないと言って居るのか不明だけど
今、小説なら出版社は講談社の.book以外はXMDFで纏まって無いか?

電子書店はDRMをかけて居る事が多いんで余所のリーダーで読めない事が多いけど、
それはフォーマットとは別の問題

そして、それらの問題を差っ引いても電子書籍は数が圧倒的に足りない
日本は紙の本が既に安売り合戦に入ってるから、
競争相手として価格競争だけじゃ厳しいんだよ
(売るための方法論がとかの話しもこのスレの前の方で出てるけどね)

979 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/20(土) 14:47:35.73 ID:LKXA4IZ1
社員乙。いくら力んでもガラパは売れないし、xmdfは主流にはなり得ない。
日本でも大手書籍流通のアマゾンは絶対にxmdfは採用しないからw
嫌ならアマゾンを潰すことだ。

980 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/20(土) 15:34:57.42 ID:NuEy+x6D
アマゾンが統一フォーマットとやらを採用して本が増えると良いねぇ・・・

981 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/20(土) 23:40:17.02 ID:wBRmTFe3
っつうか、日本で使用フォーマットを決めてるのって流通じゃ無くて出版社じゃ無いか?


982 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/21(日) 01:01:42.14 ID:6zgv5z04
>>979
>日本でも大手書籍流通のアマゾンは絶対にxmdfは採用しないからw
このスレもうすぐ落ちるのが残念だw

983 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/21(日) 12:14:05.47 ID:Hjn15dox
>>979
勘違いしてるみたいだけど、米Amazonもepubとかmobiとか複数のフォーマットを使ってる。独自のDRMをかけることで、拡張子だけ見ると全部同じに見えるけど

984 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/21(日) 12:30:11.90 ID:xbYDss+X
>>982-983
その上での話しなんだけど、現在amazonはxmdf採用してないよね。
AZWやTPZなんかの拡張子はDRM方式の話で良いけど、xmdfの話ではないからね。

こういうデータ入稿のヘルプ的には
https://kdp.amazon.com/self-publishing/help?topicId=A2GF0UFHIYG9VQ
 Word (.doc or .docx)
 ePub (.epub)
 Plain Text (.txt)
 Mobipocket (.mobi or .prc)
 HTML (.zip, .htm, or .html)
 Adobe PDF (.pdf)
 Rich Text Format (.rtf)
が名を連ねているけど、xmdfは出てこない。

絶対といってしまうのは気が早いが、epub3が日本語仕様に対応するのに
xmdfを採用する憶測はどの程度確証があるのかな。

985 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/21(日) 12:46:12.39 ID:/GoTMTJd
>>983
知らんわけ無いだろうw
自惚れるなよ糞社員。
自身が利口と勘違いしてるから、ガラパゴスみたいな糞企画を平気で実行できるんだろうな。

986 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/21(日) 14:34:45.31 ID:o6KrnlRj
>>983
>勘違いしてるみたいだけど、米Amazonもepubとかmobiとか複数のフォーマットを使ってる。
>独自のDRMをかけることで、拡張子だけ見ると全部同じに見えるけど
>>985
>知らんわけ無いだろうw

これ本当?

987 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/21(日) 14:43:39.23 ID:1Wci9bkS
XMDFってユーザーへの配布時の形式でデータ入稿時は別の形式で無かったか?

あちこちで暴れては失笑されてたepub採用で個人出版が天下を取って、大手は潰れる日が来るな人かな?

988 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/21(日) 14:51:50.32 ID:1Wci9bkS
>>984
良く読めば解るけど誰もアマゾンがXMDF採用する何て言って無いよ
共通フォーマット採用?
そうなったらいいねw
って嘲笑しか帰って来て無いからねw
話しをすり替え無いように
アマゾンは日本では電子書籍に参入しない可能性だって有るんだからw


現状日本でXMDF云々ってのはどうみてもフォーマットが統一されて無いから数が揃わないへの反論だしw

989 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/21(日) 15:10:58.17 ID:QqF0nZ9l
結局30年前から日の目を見ない珍技術のまま、
もっさり端末を使ってる人は脂ぎったもっさいおっさん 

こりゃ、駄目だわ 


990 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/21(日) 15:54:24.14 ID:3WVPmNno
アマゾンは日本では電子書籍に参入しないかもね。
チラシの裏みたいなのが大量にアップされて良書が駆逐される。
実際英語圏で、それ問題になってた。
ましてや、英語圏よりも精神年齢が低いと思われてるアジア圏で
やるのは、リスクが高すぎると考えてるようだ。

日本は、DMMたりで、エロでもやってるのが丁度いいんジャマイカ?

991 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/21(日) 16:21:29.87 ID:xbYDss+X
>>990
日本とアメリカでは本への法律が違うから
といわれて納得してしかるべきなんだがな。

本の文化を守るために法律化してるが
アメリカは守らないように法律を変えた。その齟齬だよね。

992 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/21(日) 16:40:13.61 ID:A0/e0tMw
アメの再販性たって、値段下げるばかりじゃなくて、
時に下げたり、また上げたりして、うまいことコントロールしてるよね
単なる安売りとはちょっと違うね

993 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/21(日) 16:46:41.31 ID:xbYDss+X
>>992
それ、再販制度によるものじゃなくて
市場原理による自然なものとも言えるね。 そもそも、アメリカに再販制度は無い。

それが上手いこと行ってるなら再販制度なんていらないだろw

994 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/21(日) 17:47:48.81 ID:F4Hxs9sR
>>933
あぁ、アメに再販制が無いのは分かってる。
ちょっと言葉が足りなかったね。

アメは市場原理の使い方が巧いんだよ。商品価値を落とさずに値段の上げsageをする
日本のサイトのショボイ市場原理感覚で価値を落とさず値段の上げsageなんて
できるかね? ホントに頭いるよ。
声の大きなキモヲタ集めてコンテンツゴリ押しするのが関の山だろ。


995 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/21(日) 20:03:03.95 ID:QqF0nZ9l
>アメは市場原理の使い方が巧いw
面白いなぁ 本当に面白いことを言う人だなぁ

【コラム】株価下落も動かぬ米投資家―不安と怒りで
ttp://jp.wsj.com/Finance-Markets/Stock-Markets/node_292445

996 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/21(日) 20:19:23.07 ID:9aoDsGHz
アメリカ人は賢いな。
国の借金が増えてきたら、ドルの価値を下げようとしている。
日本も見ならってほしいものだ。
何千兆借金があっても、円の価値が下がれば心配ないのに、
結局金を貯め込んでいる年寄りがそうさせない。

997 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/21(日) 20:44:29.69 ID:3WVPmNno
>>995
馬鹿ですか?
どんな市場も世界でも劣位を蒙る者が発生するは当たり前じゃんw
小口投資家なんて昔からカモじゃんか
痛手を蒙って自殺するか、うまく立ち回るかのサバイバルゲームだろが
市場の不安と怒りを煽るのも商売だよ。煽られて死ぬのは100年前から五万といる。
日本なんかいつも煽られっぱなしじゃんw

998 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/21(日) 20:46:15.92 ID:NsdnMFJ5
日本人はガキだからねぇ

999 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/21(日) 20:47:41.61 ID:qDEEE4g+
amazon

1000 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/21(日) 20:48:56.94 ID:qDEEE4g+
Google

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

251 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)