5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

自炊代行業を語るスレ

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/02(日) 18:37:22.27 ID:LXy+Yxqw
語りましょう

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/02(日) 18:38:31.13 ID:cnEQWE/C
【電子化】スキャンサービスについて4【電子書籍】
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/ebooks/1315555448/

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/03(月) 07:43:42.54 ID:xEJ8Fw1N
どこが好評なのかは知りたいね。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/03(月) 11:24:56.36 ID:8R3/6dl5
http://www.bookfire.net/

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/10(月) 00:05:20.86 ID:s+HQ4MWB
次スレが立たなかったため、暫定的に廃スレの再利用。

前スレ:
【電子化】スキャンサービスについて4【電子書籍】
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/ebooks/1315555448/l50

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/10(月) 00:06:14.65 ID:s+HQ4MWB
とりあえず、5スレ目として進行します。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/10(月) 00:42:25.92 ID:VS/wPMDY
てすと

8 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】 :2011/10/10(月) 00:46:54.59 ID:VS/wPMDY
すまない。
次スレ行こうとしてたものだが、レベル足らん言われた。
さんざん書いてたので足りないはずはないと思い込んでたのが悪かった。


9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/10(月) 00:55:27.13 ID:4SZxZeqA
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【電子化】スキャンサービスについて5【電子書籍】
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/10(月) 00:58:16.66 ID:4SZxZeqA
スキャンサービス(本のスキャン代行業)について語りましょう

■過去スレ

【電子化】スキャンサービスについて4【電子書籍】
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/ebooks/1315555448/

【電子化】スキャンサービスについて3【電子書籍】
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/ebooks/1307793665/

【電子化】スキャンサービスについて2【電子書籍】
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/ebooks/1296865815/

■関連サイト

BookFire - 書籍スキャン サービス比較まとめ
http://www.bookfire.net/

さてと!本の裁断サービスでもまとめてみっか! - yonta24の日記
http://d.hatena.ne.jp/yonta24/20100604/1275581611

書籍スキャンサービス比較 BOOKSCAN(ブックスキャン)とスキャポン,MagazineScan等を比較
http://scanbook.blog119.fc2.com/blog-entry-1.html

はとね焼却炉:スキャンサービス比較その2
http://blog.livedoor.jp/hatone/archives/51050274.html

電子化 - なんだろー
http://blog.livedoor.jp/tenmei2/archives/1412980.html

スキャン代行サービス比較wiki
http://www22.atwiki.jp/scan/

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/10(月) 01:00:25.46 ID:4SZxZeqA
■最近の出来事

著者・出版社から自炊代行業者への公開質問状
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110906-00000038-zdn_pc-sci

公開質問状に対する回答(自炊代行ドットコム)
「自炊代行をご了承頂けない作家様、漫画家様、出版社様の書籍は2011年9月6日以降、一切お受け致しません」
http://www.jisuidaikou.com/index.php?action_TopIndexPC=true&page=28

自炊代行ドットコムサービス終了のお知らせ
http://www.jisuidaikou.com/index.php?action_TopIndexPC=true&encode=utf-8&agent=pc

自炊代行の大半が自粛
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20110930-OHT1T00220.htm

自炊の森」が閉店へ
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20111008/etc_jisui.html

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/10(月) 01:02:58.42 ID:4SZxZeqA
■廃業した自炊業者リスト
・24bujinescan [神奈川県] 250円の業者
・scanbiz [愛知県] 80円の安値業者
・BOOKSLABO [神奈川県] 180円の業者
・30scan [愛知県] 60円の安値業者
・bookry [東京都] 100円の業者
・スキャン本.jp [東京都] 9月末で廃業
・SCAN PACKERS [埼玉県] 50円の安値業者
・ブックスリム [石川県]
・自炊代行ドットコム [東京都]

■営業停止中の自炊業者リスト
・スキャン本舗 [東京都] リニューアルのため閉鎖中
・Smart本 [静岡県] リニューアルのため閉鎖中
・JISUIYA [東京都] 新規受付停止中

■悪評の自炊業者リスト
・BOOKCOPY
・スキャンビー
・BOOKSCAN
・ポケットブックス
・本スキャン

■好評?の自炊業者リスト
・PDF BOOK屋さん [千葉県]

評価内容は過去スレ参照。
他に情報あれば教えてください。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/10(月) 01:08:25.57 ID:4SZxZeqA
■廃業した自炊業者リスト
・24bujinescan [神奈川県] 250円の業者
・scanbiz [愛知県] 80円の安値業者
・BOOKSLABO [神奈川県] 180円の業者
・30scan [愛知県] 60円の安値業者
・bookry [東京都] 100円の業者
・スキャン本.jp [東京都] 9月末で廃業
・SCAN PACKERS [埼玉県] 50円の安値業者
・ブックスリム [石川県]
・自炊代行ドットコム [東京都]

■営業停止中の自炊業者リスト
・スキャン本舗 [東京都] リニューアルのため閉鎖中 http://hbk.s1.bindsite.jp/
・Smart本 [静岡県] リニューアルのため閉鎖中 http://www.smarthon.jp/
・JISUIYA [東京都] 新規受付停止中 http://jisuiya.jp/

■悪評の自炊業者リスト
・BOOKCOPY [東京都] http://www.bookcopy.jp/
・スキャンビー [東京都] http://scanb.jp/
・BOOKSCAN [東京都] http://www.bookscan.co.jp/
・ポケットブックス [東京都] http://poke-books.com/
・本スキャン [東京都] http://honscan.jp/

■好評?の自炊業者リスト
・PDF BOOK屋さん [千葉県] http://pdf-book.info/

評価内容は過去スレ参照。
他に情報あれば教えてください。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/10(月) 01:17:39.30 ID:s+HQ4MWB
自炊レンタルスペース【都内】
秋葉原
自炊の森(もうすぐ閉店)
http://www.jisuinomori.com/

ブックメンテナンス
http://ameblo.jp/bookmaintenance

apad(Android端末検証店舗内に1席のみ)
http://apadjp.com/

五反田
すきゃん堂
http://scando.jp/

駒込
アイズコンフォート駒込(ネットカフェ内に1席のみ)
http://www.e-comfort.co.jp/skye/index.html

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/10(月) 01:26:23.09 ID:s+HQ4MWB
自炊レンタルスペース【東京都以外】
大阪
eBookworm大阪
http://ebookworm.jp/osaka/

西宮市
自炊レンタルスペースアイコン
http://iconschool.net/jisui/index.html

岡崎市
RCC
http://rcc-1.com/b/#

さいたま市
マウスステーション大宮(PCレンタルスペース内)
http://www.sepuri.com/index.html

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/10(月) 01:29:54.92 ID:s+HQ4MWB
自炊レンタルスペース【TSUTAYA】
関東
横浜みなとみらい店
http://store.tsutaya.co.jp/storelocator/detail/1764.html

関西
TSUTAYA 枚方市駅前店GAME館
http://store.tsutaya.co.jp/storelocator/detail/5217.html

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/10(月) 03:51:06.00 ID:X9qf4inG
立てちゃいました。
【電子化】スキャンサービスについて5【電子書籍】
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/ebooks/1318185799/

このスレは、自炊代行「業」を語るスレとなっていますから、自炊代行業全体について、
法論議を含めて語り合うスレとしてはどうですか。

18 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】 :2011/10/10(月) 03:54:41.65 ID:VS/wPMDY
自炊スペースレンタルも専用スレが無いみたいだから
とりあえずこのスレに収容でいいのかな?

キンコーズのドキュメントスキャナ設置店舗(ScanSnap S-1500)
http://www.kinkos.co.jp/news/news_documentscan.html


19 : 忍法帖【Lv=3,xxxP】 :2011/10/10(月) 03:58:55.19 ID:VS/wPMDY
すまん

送信する前にリロードすればよかった。


20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/10(月) 21:50:19.93 ID:jyGzjrYL
Steve Jobs (10月25日発売の公式伝記)

米Amazon Kindle版          924円(11.99ドル×77円)
米Amazon ハードカバー      1,377円(17.88ドル×77円)定価は35ドル。
日Amazon ハードカバー      2,805円
日Amazon 日本語翻訳版全2巻 4,990円

1.日本語翻訳本、高いなー もう少しでkindle4買えちゃうぞw
2.米国の販売価格も電子版が30%off程度なんだな
3.日米の価格差は大きいが、実本-電子版の価格差は小さいと
4.日本語翻訳版の電子本は無いのかよw


21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/11(火) 22:34:26.89 ID:zu7plz4k
坂村 健 東大大学院教授

「自炊」の是非 新しい「紙」(1/4)


 電子書籍市場は依然として立ち上がらないが、出版社がもたもたしているうちに紙の書籍や雑誌を裁断して自分でスキャンし電子書籍にしてしまう「自炊」が、すでに隠れたブームになっている。

その「自炊」関係では、9月5日に大手出版社や作家が自炊代行業者100社に質問状を出し、
それに対して代行業が上から目線だと反発しているという記事を、
9月19日の朝日新聞が『自炊代行業と出版社対立』として報道している。


 音楽CDからパソコンでデータを読取り、携帯音楽プレーヤーに書き込んで聞けるようにする「リッピング」行為の書籍版が「自炊」だ。


しかし自炊の場合、手間をかけないで行うには、
元になる本の背を切り落としてページをバラバラにする必要がある。裁断しないでスキャンしようとすると、
1ページずつ開いてスキャナーに置いてボタンを押して…という行為を数百回繰り返すことになり、たいていの人はうんざりしてしまうからだ。


 つまり自炊すれば本はバラバラになり元には戻らない。


CDが元のまま残るリッピングは「複製」だが、紙の本が壊されることで電子データに代わるという自炊は「複製」というより「変換」だ。

当然図書館で借りた本からデータだけ得て、元の本は返すというのは不可能だ。

音楽業界で問題になっているような、
レンタルショップでCDを借りてリッピングする人が増えて音楽CDが売れなくなる、というような問題は発生しにくい。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/11(火) 22:35:20.66 ID:zu7plz4k

  フリーライドか?

 では、何が問題になっているかというと、一つはそうやって自炊されたデータがネットに流されて広まってしまうのではないかということ。

しかし『自炊代行業と出版社対立』の記事で取り上げられている代行業というのは、
たくさん本がありすぎて自分で蔵書を裁断してスキャンする作業時間が取れない読書家か、
たまにしか使わないので裁断機やスキャナーなどの設備を買うのがもったいないという人が、
一冊100円とかで自分の本を送って電子にして戻してもらうというサービスだ。


海賊版で儲けるような業者なら代行業がいなくても自分で自炊するだろうし、
ネットにタダで違法コピーを流して喜ぶような人間も、
どちらかというとお金を出して代行業者を頼むタイプの人間ではないだろう。


 代行業者に関する問題の本質は、
やはりそれが著作者から見て「フリーライド――タダ乗り」と見えることだろう。
著作者が努力して創り上げたコンテンツを利用して商売している――

コンテンツがまずあってそういう商売ができる(たしかに読みたくない本を、お金まで払って電子化して持ち続けたがる人は少ないだろう)のに、最初の著作者に見返りがないのはおかしいというわけだ。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/11(火) 22:36:22.95 ID:zu7plz4k
私的複製を認めた著作権法30条を抜本的に改革すべきという考え方で、
自炊代行どころか自炊用の機器やスペースの提供サービスの違法化からもっと進んで、

コンピニのコピー機を違法化するような要請もあり、それだと著作物の購入者が自分の家で自分の機器で自分の手で行う以外の私的複製はすべて違法ということになる。


  先の質問書を受けた自炊代行業者の8割が業務を縮小する方向だと、
読売新聞の10月1日の『自前電子書籍化「自炊」業者、8割が事業縮小』に報道されている。


従わない業者には法的措置が採られるとも噂され、
質問書の差出人に名を連ねる出版社と作家の書籍については、今後はスキャンを行わない姿勢を示す回答が大部分を占めたという。業者としては、
著者や出版社からの許諾を求めていく方針というが。
現状で許諾を求められて認める人はほとんどいないだろう。


 英米法の国なら、あえて慣例を破って事業を行い、
裁判所に法の精神と照らしての是非を問うことも出来るが、
大陸法の国では外形的に法の認めた行為のうちに入らなければ違法なので、
業者としてはリスクを考えると事業縮小となるのは当然だ。

 技術が可能にする新しい自由と現実とのズレを、自由の方をより厳しく縛る方向で埋めるのには、どうしても無理があるだろう。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/11(火) 22:38:55.96 ID:zu7plz4k
グーテンベルグ以前の手書き写本の時代には「本」は今よりはるかに貴重品で一品物だった。


だからこそ、公共財としての本を、公共機関が無償で貸すという図書館というモデルが確立した。


印刷の歴史より図書館の歴史のほうが長く、
だからこそ図書館というモデルは社会に既得権益として受け入れられている。
しかし、印刷より情報複製コストが低下し、さらにインターネットによって、
それが果てしなく安くなった現代において図書館というモデルがあり得るだろうか。



例えば、いままで図書館というものがなく、
今から図書館というものをどこかの自治体が始めようとしたときに、
無償で儲けていないから「フリーライド」ではないとして、著作者や出版社が快く認めるかというととてもそうは思えない。



 ことほど左様に、今認められているモデルであっても、
それは当時の技術の枠で成り立っていたものが慣例化
――既得権化して認められているだけで、

公平な目で見て「自炊代行業者」と比べ正当性があるかどうかははなはだ疑問だ。


逆に、美術品の取引の金額の一部を原著作者に還元しようという新しいモデルも認められてきている

日本では村上隆氏などが推進しているが、
これも売った後まで金を儲けようとする強欲と取ることもできるが、
芸術家が手離した後で作品が高額化したが元の芸術家は貧乏のうちに亡くなったという
モディリアニのような例を考えれば、
著作物というものの本質に適した公正さのためには、むしろこのモデルの方が正しいとも考えられる。

取引金額の一部還元はすでにフランスをはじめとして法制化されてきており、

新たな世界の常識となりつつある。


 同様に、「著作者のコンテンツに関する発表後の――複製を含め――
すべての取引について一定割合を著作者に還元する、
そのかわり有償の複製については自動的にすべて認める」という新しいモデルで著作権法を組み直すというのも、十分ありだ。


 文字コンテンツというモノは変わらなくても、
枠組みが変われば流通モデルも必然的に変わる。
iPadの出現はそれが単なる「新しい紙」だからこそ、
「手書き写本からグーテンベルグ本へ」と同じぐらいの革新
――将来の人類史で「印刷本からジョブス本へ」と言われるぐらいの可能性を秘めているのである。

http://allatanys.jp/B001/UGC020006720111010COK00920.html

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/12(水) 03:01:06.20 ID:Tkx0D1We
>>12
単に、その分税優遇してやればいいだけだと思うんだが。
目安としては、かつて悪書追放運動のついでに自民党保守派が出版の優遇措置を
廃止したのを元に戻す程度まで優遇措置を復活させて、その分著作者への還元も
行うようにと指導すれば、みんな幸せになれる。

とはいえ、坂村はその自民党で経産省にべったりで来た人だから、その種の案は
口にも出来ないか。
坂村が言うってことは、あるいは経産省からの観測気球かもね。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 11:19:33.59 ID:FxaqBfz3
↓こうならないためにはどうするおまいら。

スキャン工房に自炊代行をお願いしたが音信不通 (・A・)
http://goo.gl/udw1H

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 11:38:46.18 ID:UcO7kyC3
>>26
スキャンを依頼する前にメールすればいい
俺もとある業者に頼もうとしたけど、連絡がつかなかったから回避した
いい業者探すの面倒ならブックスキャンとか有名どころにしておけば
そういう大きな事故は起こらない。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 12:40:42.42 ID:j6b407pA
「人を殺した者は罰する」という条文がある場合、判例があろうと無かろうと人を殺したら違法だろ。
判例がないから違法とは解せないとか意味不明だから。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 12:45:11.05 ID:UcO7kyC3
>>28
その条文をまずここに書いてくれ。
そして、それから自炊代行が駄目だという結論がどうみちびかれるかを詳しく頼む。

また、政治家の秘書が新聞をコピーしてスクラップブックにまとめるのは違法なのかどうか、
それと自炊代行とはどう違うのかも頼む。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 12:49:22.33 ID:j6b407pA
昼休み終わるからまた後で書くわ

31 : 忍法帖【Lv=7,xxxP】 :2011/10/18(火) 16:36:31.29 ID:PF4IFdpv
代行がダメな理由って利用者本人が複製していないってことだけだよな?
たとえば代行業者に書籍譲渡してスキャンし、その成果物を代行依頼者が借りるって形ならどうなんだろう?
スキャンした本人の「利用」に関する取り決めってあるんかな?
実態としては間違いなく「借りる」にならないんだけど。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 17:32:50.77 ID:Vtro8PYL
>>31
スキャンした成果物を無権利者の代行業者が貸す権利はないんじゃない?

本人の利用に関する規定は30条で定める私的複製の例外と31条に定める家族とそれに準ずる限られた関係の利用に留まるのかと。

間違ってたらすまそ。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 17:36:40.43 ID:K1D4zU1A
>>28
ID:j6b407pA は、ものすごい負け戦に突っ込んだなw

判例も無い状態で
「違法だ!」vs「不明」、だったら
判決が出るまでは不明と主張するほうが正しいわw

著作権者も、下手につっついて「適法」判決が出る可能性が怖いから
遠まわしに拒否リストを作ってるぐらいなのにw

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 18:53:34.94 ID:gRy/DaP5
>>29
>政治家の秘書が新聞をコピーしてスクラップブックにまとめるのは違法なのかどうか、

新聞の購入者は政治家本人か事務所だとして、秘書はそれを借りてコピーするわけで
「その使用する者が複製する」に当たるから無問題
君が友達から本を借りてコピーするのと同じ

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 19:01:41.84 ID:UcO7kyC3
>>34
まて、俺が友達から本を借りてそれを俺がコピーするのはまずいだろ?
もしも友達が裁断済みの本を貸してくれて、それスキャナで読み取ってもいいのか?

自炊代行はスキャンしたデータを本人に返して、その後破棄するから著作者に不利益がないわけで、
その友達から借りた本をコピーする例ははるかに悪質だと思うが。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 19:15:09.51 ID:j6b407pA
>>29
著作者は、その著作物を複製する権利を専有する(著21条)
著作権、出版権又は著作隣接権を侵害した者は(中略)十年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する(著119条)

代行業者は著作物の複製を行うものであり著作権者の専有する複製権を侵害する。
よって不法行為に基づく賠償責任及び著119条の罪が成立する。
なお、私的利用目的による複製に対する著作権行使を制限する30条は「その使用する者」が複製する場合に適用され
代行業者は「その使用する者」ではない以上適用されないとするのが文言通りの解釈。

人を殺した者は罰するという条文がある場合に判例があろうと無かろうと人を殺すことが罪となるのと同様に
権利者以外が著作物を複製する行為は原則として違法となるという法律が存在してるのだから
代行業者が著作物を複製することは違法になるよ。
適法と解するにはそれこそ判例が必要だわ。

また、秘書によるコピーが違法であるか否かは「違法とする判例がなければ違法ではない」という主張とはなんら関係を有するものではなく
仮にそのような行為が適法として認められる場合であっても「違法とする判例がなければ違法ではない」という主張の根拠になるものではない。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 19:16:50.59 ID:j6b407pA
>>35
その場合に問題になるのは友人の行った貸与行為。
複製は適法。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 19:22:43.79 ID:j6b407pA
>>33
なんか勘違いしてるみたいだけど俺は「代行業は間違いなく違法!」なんて主張はしてないよ。
判例がなくても違法は違法。
「判例がないのに違法だとするのはおかしい」って主張は荒唐無稽でいかれてるっていってんの

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 19:27:18.98 ID:UcO7kyC3
>>36
2点で異なる解釈があるはずだ。
まず、本を破棄しpdfデータを受け取る場合(ブックスキャンなどの対応)、これは複製ではなくメディア変換なのではないかということ、
また、その使用するものつまり購入者が依頼するのだからあくまで複製は購入者が行ったのであり、代行業者はそれを補助したにすぎないということ。

>>37
とするなら、利用者が自炊代行業者に貸与して自炊代行業者が使用するものになった上で複製したと解釈することもできるわけだな。

もっとも俺はその解釈はこじつけだと思う。
使用者というのがそもそも購入者をさしていると解釈すべきであり、その複製を適法とする判断はおかしい。


40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 19:31:12.01 ID:K1D4zU1A
>>36
(私的使用のための複製)
第30条 著作権の目的となつている著作物(以下この款において単に「著作物」という。)は、
個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用すること(以下「私的使用」という。)を
目的とするときは、次に掲げる場合を除き、その使用する者が複製することができる。
(以下略

代行がこれに反しているという確定的なものは何?

>>38
そう、著作権法の指摘複製の権利によって適法と判断出来るからね。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 19:34:22.71 ID:UcO7kyC3
>>37
まあ、友達に本を貸すことを違法だと主張するようなレベルの人がさわいでいるということはわかった。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 19:38:32.16 ID:j6b407pA
>>39
著作物の複製とは有形的な再製行為。
原本なんてどうなろうと関係ないし、原本が初めからこの世に存在しなくたって複製になり得る。設計図に描かれた建造物なんかの場合な。
複製ではなく変換だという主張は著作権の概念を根本的なところから理解できてない。

複製補助を認める条文なんてない。

だからさ、お前と俺とで論点がずれてんだよ。
代行業を適法と解する解釈はまだ許せるが
「判例がないのに違法とはできない」って主張がおかしいっつってんの

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 19:38:47.16 ID:eQX2lRPi
>>34
秘書が使用する場合は問題ないが、
政治家本人が利用する場合だめじゃね?
使用する者がコピーしてない。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 19:40:29.34 ID:j6b407pA
>>39
だから、貸与は違法なんだってば。
利用者が代行業者に本を貸与したらその時点で貸与権の侵害。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 19:42:26.51 ID:K1D4zU1A
>>42
しかし、その解釈はあくまで「通説」なんだがな。
誰がどういっても良い様な「通説」で違法認定されちゃたまったもんじゃないぜ?

違法の恐れがある、程度の言及しか出来ないのに
「違法である」と断言するのはおかしい、と主張してるだけなんだがなぁ。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 19:43:23.43 ID:UcO7kyC3
>>42
俺も違法性がはっきりしているものなら判例がなくても違法だと思うよ?
でも、代行業は適法であるか違法であるかが不明で、個人的にはこれは適法であるとおもって利用している。
だから、それを違法だと騒ぐならせめて判例がでてからにしてくれといっているんだよ。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 19:43:33.44 ID:K1D4zU1A
>>44
譲渡なら?

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 19:44:20.81 ID:eQX2lRPi
そもそも親告罪なので訴えられていない現状は違法と言いがたい。
ってのはだめ?

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 19:44:30.80 ID:UcO7kyC3
>>44
もし、その解釈をするなら違法性を問われるのは利用者である俺たちで代行業者に文句をいうのは筋違いになる。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 19:47:23.51 ID:j6b407pA
>>45
いや、どこが通説なんだよ完全に少数説だろ
変換だから合法説とってる学者か弁護士あげてみろよ


51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 19:49:38.56 ID:j6b407pA
>>47
譲渡権は消尽するけど譲渡に偽装した貸与はだめです

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 19:51:39.38 ID:UcO7kyC3
>>42
>複製補助を認める条文はない。
禁止する条文もないだろ?

というかさ、来年にはipad3がでてくるし、そろそろ本格的に電子書籍も普及しはじめるとおもうんだよね。
そして引っ越しやらで本棚の本処分して電子書籍にしたいなって思うやつが大量にでてくるとおもう。
つまりさ、一時的に停滞してるけど、本を電子書籍に変換して処分する流れは今後も続くし一般的になると思う。
今やたらと違法違法だと騒いでいるやつらは黒歴史になること覚悟したほうがいいよ?

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 19:52:33.82 ID:K1D4zU1A
>>50
弁護士が言えば、裁判をせずに違法認定できると…それは恐ろしいw

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 19:53:37.79 ID:wi49vbAj
>>43
例外規定40条、政治上の利用。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 19:57:35.77 ID:j6b407pA
>>53
>>45を読み間違えて通説だから変換説が正しい的な言い分かと思った

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 20:00:23.21 ID:eQX2lRPi
>>54
それを言っちゃおしまいよ。
「その使用する者が複製する」って言う
私的複製自体関係なくなっちまうぜ。

部長がOLにコピーさせる方が例としていいのかね?

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 20:02:47.81 ID:K1D4zU1A
>>55
だが、お前さんの主張としてはそんなに変わらんぞ

弁護士が言ったから正しい。裁判を経なくても多数の弁護士が言うから正しい。
…君の主張するそれは司法の敗北じゃないかな。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 20:05:06.26 ID:UcO7kyC3
そもそも「その使用する者が複製する」というのは、
その使用する権利をもっているものだけが複製を保持してよいという意味で著作者を保護しているとおもう。
それを使用者以外が複製を補助してはいけないとか、貸与されたものが複製する行為は合法と解釈したりするのは
本来の趣旨から外れて文面のみにとらわれていると思うんだがな。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 20:08:03.35 ID:j6b407pA
>>57
「変換説が通説である」という主張に対する反論って事だよ

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 20:14:30.48 ID:wi49vbAj
>>56
2項ね。ちゃんと条文読んでる?

部長がOL云々飛躍しているから置いといて、34の場合は使用者の指示に基づいて秘書がスクラップのコピーを取るのは適法。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 20:16:11.91 ID:eQX2lRPi
>>58
>その使用する権利をもっているものだけが複製を保持してよいという意味で著作者を保護しているとおもう。
どうなんすかねぇ。現行法じゃ使用する権利なくてもいいみたいだけど。
書店で本の撮影は私的複製の範囲内なので著作権法上問題ないみたいだし。
(営業妨害で訴えられるけど)


62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/19(水) 14:39:04.35 ID:0HW1YNdq
スキャン工房に本を送ったら音信不通になりました。。

>> スキャン工房
>> http://www.scan-kobo.jp
>> 〒220-0072
>> 神奈川県横浜市西区浅間町1-12-4
>> 第二久保ビル2F
>> mail:info@scan-kobo.jp

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/19(水) 17:09:46.55 ID:Bspu85li
>>62
お疲れ様です。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/19(水) 20:35:46.92 ID:6Naj+MSX
>>58
「その使用する者が複製することができる」の立法趣旨

元々の立法趣旨がダビング業者によって私的使用目的の複製に歯止めが利かなくなることを防ぐことにあったので、もし権利者側から物言いがあれば著作権侵害とされる可能性はきわめて高いです。

http://www.techvisor.jp/blog/archives/888

自炊代行のやっている事は、「ダビング業者による私的使用目的の複製」
の他ならないので、多分訴えられたら負ける。 そう思ったから多くの
代行業者が廃業したんでしょうね。


65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/19(水) 21:29:38.16 ID:dJmJ/zd6
>>64
面白いことに、出版社の抱える作家全部では表明を出せてない。
表意広告を打つまでやったのに名前を出したのはわずか百名あまり。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/19(水) 21:39:58.55 ID:6Naj+MSX
>>65
作家は人気商売だから、訴訟沙汰になった場合の告訴人として
名前が出るのを嫌った人が多いと言う事じゃないですか?

連名していないから「自炊代行OK」と思っている訳ではないでしょう。

一部の先生みたいに訴訟好きな人じゃなかったら面倒な事には
かかわりたくない、関わった為に不買運動とかされたら困るとか
色々な側面があるでしょう。


67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/19(水) 21:46:06.77 ID:dJmJ/zd6
>>66
この状況で裁判沙汰になれば、作家としては最悪の名前の出し方だね。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/19(水) 22:06:56.08 ID:tPGdgZUQ
出版社の条件(15%)に納得してないんだろ

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/19(水) 22:40:34.07 ID:gESPgQNd
出版社は自炊代行なんて物が生まれた理由をよく考えてみた方がいい
ちゃんと電子書籍展開してたらこんなの生まれないようがないよ?
代行業者が出版社に値段でもスピードでも勝てるわけ無いんだからさ

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/19(水) 23:01:54.92 ID:dJmJ/zd6
>>69
自炊代行は誰の利益も削らずに存在するので現状の書籍に付加価値をつける存在としてならわかるが。
基本、代行と出版社は別のフィールドでの話であって、自炊代行が生まれようと死のうと出版としては関係ない。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/20(木) 00:22:16.41 ID:8yX3qjOu
>>66
作家の中にも自炊代行禁止はおかしいと表明している人もいるわけだから、
作家がみんな内心では自炊代行反対だと想定するのはおかしいと思うぞ。

http://exdroid.jp/d/21896/

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/20(木) 00:27:40.38 ID:OYmiJ9Lk
>>71
そこを読んだ限りでは
「紙媒体にこだわる必要はない」と言ってるだけで
代行業を肯定している文章は無いんじゃない?


73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/20(木) 00:59:44.94 ID:8yX3qjOu
>>72
ツイッターの内容みれば肯定してると読み取れると思うけど。

一応、はっきりと肯定している部分を引用したまとめがあったから載せる。
http://d.hatena.ne.jp/odamemo/20110911/1315694256

ここの最後の

結論として改めて言うと、僕の著作は自炊代行も、新古書店や漫画喫茶で読むのも、you tubeにアップロードするのも全部アリです。結果的に作品が有名になれば仕事が増えるので、今の所、断るのが大変なくらいです。
Fri Sep 09 17:10:17 via web

の部分ね。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/20(木) 02:35:36.17 ID:OYmiJ9Lk
>>73
ほむほむなるほど
「今の所、断るのが大変なくらいです。」の意味は判らないけど自炊代行okなのは判った


75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/20(木) 04:04:53.68 ID:OYmiJ9Lk
大波がやってくるね

http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819696E3E1E29D858DE3EBE3E2E0E2E3E39F9FEAE2E2E2


76 : 忍法帖【Lv=8,xxxP】 :2011/10/20(木) 09:40:38.91 ID:Wz39a3Cv
スレ的には別に大きな波でもないんじゃね?
アマゾンはキッチリとサービス対象地域を区分けて運営してるし
国内の現状を動かすような新手の動きにはならないと思う。

格安の端末付きで大手のストアができるって程度だと思うんだが。
その端末に自炊データを突っ込むって意味では影響あると思うけど、
だからって代行の置かれた状況が変化するとは思えん。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/20(木) 11:54:47.39 ID:8yX3qjOu
>>76
電子書籍が一般化すれば、すでに購入済みの書籍を電子化して処分したいという欲求も高まる。
ただ、状況が大きく変化するのはretinaが出た段階だろうな。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/20(木) 12:36:06.27 ID:xasA2LpX
>>75
あまりにさざ波すぎだな・・・
日本の出版物は年間7万8000点ちょっと出てるのに、1000程度じゃ道のりはかなり遠そう。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/20(木) 16:38:44.44 ID:OYmiJ9Lk
>>78
価格交渉中のものがまとまれば数万点

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/20(木) 17:28:35.19 ID:YZbmVUFw
17日の日経新聞19面に自炊代行の記事が大きく出てた

著作権の本来の目的は
「著者作者等の権利保護を図り、文化の発展に寄与する」「第一条」

同法が著者などの経済的損失を与えない電子化支援サービスまで違法
とすることは同法の狙いから外れるわけで・・・・・
もしそうした部分があるなら早急に見直す必要がある

自分用であれば片付けで自炊代行で電子化は・・・・・OKって意味じゃん





81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/20(木) 19:20:15.04 ID:8yX3qjOu
>>80
そのとおりだとおもう。
私的利用に限った書籍の電子化は著作者の権利を侵害せず、
文化の発展に寄与するわけだから、これを禁止するのは本来おかしい。

第30条が>>64のいうように著作者の保護ではなく、
ダビング業を抑制することのみを目的としているならば、
第30条の限定の仕方こそ不適切だと思う。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/20(木) 20:08:32.52 ID:8yX3qjOu
ああ、よく考えたらダビングと自炊代行ってそもそもあまり似てないと思う。

30条を作るときにダビング業の排除を目的にしていたとして、
それはおそらくレンタルビデオがダビングされるケースを想定したんじゃないか?
ダビング屋を利用する場合、すでに購入しているビデオをさらにダビングして保管用にしたいというケースは稀で、
レンタルビデオ屋で借りたビデオだったり、友達から借りたビデオを複製したりする目的で利用するのがほとんどだったんじゃないかと思う。
つまり、短期間しか保有する権利のなかったデータを著作権を払わずに永久に保有しようとする行為が
けしからんということでダビング業を排除できるような文面にしたのだと思う。

一方、すでに著作料を払い書籍の形で永久に保有する権利を得ている著作物を
私的に電子化するのを補助するのが自炊代行。

著作者の権利保護という観点においてはこの二つはそもそも大きく性質が違う気がする。

83 : 忍法帖【Lv=13,xxxPT】 :2011/10/21(金) 08:12:24.50 ID:BdXlUjbp
ダビング業がそれなりに存在してた当時って
ベータからVHSみたいな需要も有ったよな。
本屋のダビング機は相互変換できるように4スロット?だった記憶。
元データの出所の問題はともかく、
メディア変換って意味では自炊とも被る部分は有るな。

自分もLDソフトを合法的に実用価格でDVDに焼いてくれる業者が有るなら使いたいと思ってるし。


84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/21(金) 10:15:48.94 ID:05yeJPM2
しかしこれが完全違法なら
ビデオをDVDにするサービスとか
会社書類をPDFにするサービスとかアウトだろうよ

代行業者は著作権者の許諾なんか分からないし
他社のカタログやホームビデオだって普通に区別できない

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/21(金) 11:55:53.65 ID:rkgaln60
一般的に考えて所有者が買った本をその後どうするに・・・・

なぜぎゃ〜ぎゃ〜出版社が騒ぐ??

むか〜しからある古本屋にも、今回の質問状とやらを
昔送った経歴があるのかな??



86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/21(金) 12:25:36.05 ID:mAaVHlVz
>>84
会社の資料を電子化するサービスは著作物性のない資料やその会社の著作物を電子化する事が前提だし
仮にそうでないものを請け負ったときでも業者側には責任は生じないだろうね。
その手のビジネス文書の場合は奥付に「スキャン代行は禁止です」と書かれてるわけでもなければ
権利者から「その文書のスキャン代行は許可してないんですけど?」って質問状がきてるわけでもないから
著作権侵害についての故意も過失もない。

>>85
それは「私が買った小説のストーリーを利用して私が小説を出版しても許されるはずだ」って主張と同レベル

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/21(金) 12:31:36.59 ID:cl9ud6uI
>>84

>ビデオをDVDにするサービスとか
個人で撮影したホームビデオのDVD化とかじゃなきゃアウトだよ。
その手のサービスのHPには、著作権問題に抵触する依頼は受けられないと
記載されているよ

>会社書類をPDFにするサービスとかアウトだろうよ

会社書類は、著作権者自身の依頼とほぼ同じ事だから
問題ないでしょ。

「他人の著作物を無断で業者に複製してもらっている」
この行為が著作権侵害に抵触する事が理解できていない人が多すぎる。

著作権者に無断で複製できるのは、「利用者が自分で複製する時」だけ
特例として認められているのであって、業者に頼むのはダメってのが
今の法律なんだから、「結果が一緒だから良いだろ」というのは
通用しないんだよ。

業者による無断複製を抑制する事によって権利者の保護をするというのが
現在の法律なんだがら、法律が悪いとか言い出したら国会議員にでもなって
法改正してもらうしかないでしょう。



88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/21(金) 12:39:27.56 ID:05yeJPM2
だから個人で撮影したホームビデオっていうのが分からないだろう、業者には
個人で撮影したホームビデオ風の著作物かどうか。

>会社書類は、著作権者自身の依頼とほぼ同じ事だから

ほぼって言われてもね。
関連会社の資料とか区別付かないし
システムのマニュアルとか、普通にスキャンしてもらってるだろ

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/21(金) 12:45:32.15 ID:mAaVHlVz
>>88
だから、注意しても区別が付かないようなものなら形式的に違法行為であっても故意も過失もないからセーフなんだってば。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/21(金) 13:15:40.73 ID:cl9ud6uI
>>88
>だから個人で撮影したホームビデオっていうのが分からないだろう、業者には

自炊代行も不注意で著作物を無断複製してしまっているのであれば
不可抗力なので問題ないだろう。

問題なのは明らかに著作物であり、著作者本人からの依頼でなく、
かつ許諾も得られていない事を承知の上で堂々と営業している
という事なんだよ。

質問状で突っ込まれているのは、まさにその部分でしょ?

本来アングラ商売としてやるべきビジネスモデルを堂々と
やってたからクレームが来ちゃったって事ですね。


91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/21(金) 14:02:46.71 ID:q5G2O7Ja
>>86
>それは「私が買った小説のストーリーを利用して私が小説を出版しても許されるはずだ」って主張と同レベル
それは正当な著作権に基づき売っている本と競合するが、自分が買った本を
電子書籍化して自分が利用する場合には競合しない。

法が自炊代行業を補助者として認めないということなら、そこまで著作権者を守る理由は何よ?
単に法が古いから、こういう事態を想定しておらず、字面どおりに読むと自炊代行業ダメと読めてしまうというだけだろ。
裁判になったら、自分が買った本については補助者を使って私的利用のため複製することを認めてほしいもんだ。
で、いずれは著作権法を改正し、明文でスッキリ認めてほしい。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/21(金) 14:17:06.43 ID:G/cFSG77
>>86
>それは「私が買った小説のストーリーを利用して私が小説を出版しても許されるはずだ」って主張と同レベル

全く違うな。
他人の著作物を利用して新たに著作物をつくってオリジナルだと主張して商売するのと、
すでに購入したものを別の形で保持して個人的に読むのは全く違う。

>>87
話がもどっているな。
それがアウトだとされているのは第30条によるところで、
第30条が作られた時代に保護しようとした著作者の権利はなんなのか?
その権利は自炊代行によって侵害されるのかが問題だと思う。

仮に第30条が著作料を払わずに入手したビデオがダビング屋に持ち込まれ、
複製されるケースを主に想定して、使用者のみが私的複製をしてもよいと限定したのであれば、
著作料を払った書籍の自炊を代行する今回のケースにそのまま当てはめるのは筋違いだということだ。

そろそろ本格的に電子書籍が普及しようとしている今の時代に、
いらなくなった蔵書を電子化して処分することを補助するサービスは、
アングラではなく堂々と行われてしかるべきだと思う。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/21(金) 16:15:24.98 ID:Yk/DSAxU
>>92
法が古いってはここにいるほぼ全員が思っているだろ
しかし古くて現状に合っていないからと言っても破れば違法
高校生とHしたら捕まるだろ?

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/21(金) 16:35:52.25 ID:Yk/DSAxU
これで自炊は不要? 愛読者カード返送者にのみ電子書籍を配信する「i読」

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20111021_485379.html

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/21(金) 16:49:35.67 ID:rkgaln60
>>94

たしかにこれからの本は良いけどね〜〜

書店に並んでる本に申込書がついてるのかな??

自宅にあるやつが・・・・問題なんじゃん



96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/21(金) 17:32:25.28 ID:q5G2O7Ja
>>93
裁判所は、法が古くて現状に即していない場合、字面どおりじゃない解釈をして助けてくれることがある。
自炊代行の件も、法のそもそもの趣旨としては、自分が買った本なら補助者を使って私的利用のため複製して構わんだろ。
それで著作権者が困ることもないわけだし。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/21(金) 18:55:51.43 ID:b9BS6RPm
むしろ、本が損なわれて中古に流れない分、利することになってるしなあw
古本屋からだって課金したい出版社の連中からすれば、それは利ではないって
主張なんだろうけどw

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/21(金) 19:05:30.45 ID:mAaVHlVz
>>92
どちらも著作物の複製を行う行為で何も変わらないよ。
著作物の所有と著作権の所有は全くの別物。著作物を買っても著作権は行使できない。
何でこんな簡単な事が理解できてないのか理解に苦しむ。

30条が有名になりすぎてまともに著作権法を知らない人は感覚がおかしくなってるんだろうけど
そもそも 原 則 として「著作物の複製は禁止」
 例 外 として厳格な要件を充たす私的利用目的の複製は許される。

「補助者を使用した複製が認められないなんて条文はない!」なんて書いてる奴もいるけど
法律の世界では条文に明記されてなければ原則に戻るのは当然なんだから禁止に決まってんだろ。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/21(金) 19:18:47.32 ID:G/cFSG77
>>98
>どちらも著作物の複製を行う行為で何も変わらないよ。

何もかわらんというのはどう変わらないのかな?
あくまでも著作者の保護が目的なのだから、
複製した結果、著作者の権利が侵害される場合とそうでない場合は大きく変わる。

なんでこんな簡単なことがわからないんだ?

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/21(金) 19:26:10.73 ID:mAaVHlVz
>>99
「確かに私は盗作していますが私の本が売れることと原作の売上が下がったことは無関係だと思います」って主張と同レベルだな

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/21(金) 19:45:36.78 ID:q5G2O7Ja
>>100
複製本を買った奴は、正当な著作権に基づいた本を買わない。
それで、著作権者の損害額が計算される。
しかし、自分が買った本を電子書籍化して自分が利用する場合には、そういう問題はない。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/21(金) 20:07:14.38 ID:q5G2O7Ja
最近、漫画雑誌を読んでいると、自炊代行は違法で、作者は自炊代行を望んでいないとの一文がある。
これを読んでも、まるで共感できない。
購入者が自炊代行を利用することで、作者がどう困るのかは一切触れていないから。
購入した時点で、出版社にも作者にも金払ってんだ、それで十分だろ。
やつらは困っていないから、困っているとは書けない。
で、法の杓子定規な解釈と作者側の希望を書いただけ。
法を字面どおり読むと自炊代行違法のように解釈可能だから、やつらはそれを盾にとって、
購入者に嫌がらせをしているように見える。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/21(金) 20:19:05.62 ID:Yk/DSAxU
>>102
自分で自炊(意味かぶってるけど)しろよ
誰も購入者に嫌がらせなんかしていない

出版社が気にしてるのは、こういうのを放置するとどんどん悪質化してしまうからだろ

ネカフェとかが所有している本を全部代行依頼して電子化
 ↓
店内で複数人が同時回覧
 ↓
客が勝手にUSBにコピー
 ↓
ネットで出回る

何も手を打たないでいると「放置していた出版社側にも責任がある」とか言い出すバカが現れるしな
自分たちは認めないし法的処置も辞さないという態度を取るのは正しい
実際に訴えることはまず無いだろうけどなw


104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/21(金) 20:34:41.33 ID:8Ix+pbvn
>>103
ネットで違法に出回れば、そりゃぁもう違法なんだから現行法で対処できる。

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/21(金) 23:08:12.14 ID:thAour55
>>102
コピーコントロールの無い電子データが氾濫すると、現在の音楽業界に
おけるCDの売上不振という悪しき前例と同じ状況になるのが目に見えている。

「電子化したデータを拡散させるやつが悪い」というのが根本にあるが、
自炊代行が存在しなければ、被害が少なくなると作家や出版社は
考えているだろう。

自炊代行のビジネスが法的にまったく問題がなければ、作家や出版社も
「自分たちに都合が悪い」というだけでは公然と排除する事は出来ないが、
自炊代行には法的正当性という意味において致命的な欠陥がある。

だから、「質問状」という具体的な圧力をかけられたらトンズラしちゃう
業者が多いんですよ。(自分達が法的にまずい商売をしていると自覚が
あるからでしょう)

本当に自分達の正当性に疑いの余地がないなら、代行業者も裁判で
争うくらいの覚悟を見せるべきだろう。


106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 00:14:20.31 ID:cnR/Zito
この国では結局、裁判も資本力次第だからな。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 00:38:20.09 ID:CqHxhCqa
>本当に自分達の正当性に疑いの余地がないなら、代行業者も裁判で
>争うくらいの覚悟を見せるべきだろう。

これは反代行側にも言える事だな

こんな状況で代行業なんて始める人間は
儲かる限りは逃げても別の場所で業務再開するだろうし
儲からなくなったりめんどくさくなったら別の商売をするだけだな。

法的な正当性とかどうでもよくて
代行依頼者が許諾を得ているはずという建前を掲げて稼いでるだけ。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 00:57:48.83 ID:N4zjWbPu
>>103
嫌がらせだよ。
補助者を使おうが使うまいが、著作権者にとっては何も変わらない。
著作権者と出版社は、自炊代行利用者から既に金を取っていて、損害がない。
本の購入者が補助者を使うと、使わない自炊と比べて著作権者にとってどういう不利益がある訳?
ネットに流れる危険性があるというのは、自炊代行業が問題になるずっと前から
大量に流されているし、補助者を認めない理由にはならん。
流される危険を排除したいなら、スキャナの販売を禁止するしかない。
何で補助者を使う場合だけ、ことさらにネット放流犯罪者扱いされなきゃならないんだよ。

>>104
そうだ、そうだ。

>>105
そんなもん、既に氾濫しとる。
自炊代行業が出てきて、一層ネット流出が増えたのか?
著作権者には、一応、法を字面どおり読んだ場合の正当性はある。
しかし、購入者が私的利用のために自炊代行を利用するのを阻む必要があるから
法30条がああいう書き方になっているわけではない。
法30条が生まれた当時、自炊代行業なんてものは成立するはずがなかった。
やつらは、損害がないのに、法が古いのに付け込んで嫌がらせをしている。
それが、著作権者と出版社の致命的なところ。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 01:20:26.25 ID:CqHxhCqa
>>108
例のヒアリングによると
代行をダメとする理由は「業者を使うと大量に早く電子化できるから」みたいな話らしい
一方で家庭のスキャナも高性能になって簡単にスキャンできてしまうとも言ってる

いまいち説得力の無い主張だな


110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 01:27:34.84 ID:i9VMYp0b
>>108
あの質問状が出されたのってどこかのバカ代行業者が
コミック全巻セットをHPで売り出した翌週なんだぜ?
買ってくれたらこちらでスキャンしてファイルだけ送りますって

他にもスキャン済みの切断された本をオークション販売する代行業者もでてきた
こんなの放置してたら他の業者もマネし出すに決まってるだろ
お前のきれい事は現実に合ってないんだよ


111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 01:55:23.40 ID:MJGo7mxt
>>108
一個人が趣味でやるのと会社が業として行うのでは生産性がまるで違うだろ。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 02:13:45.42 ID:N4zjWbPu
>>110
で、著作権者と出版社の損害は何なのよ?
1段落目は、自炊代行利用者が本を買って送るのと、著作権者と出版社に入る金は変わらん。
2段落目も、古本屋と変わらん。

>>111
生産性が違うと何だというわけ?
本の購入者が自炊代行を利用して、自分と家族が納品された電子書籍を読むと、
著作権者と出版社にどういう損害が生じるのよ?
なぜそれを法で禁止する必要があるのよ?

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 02:26:35.22 ID:N4zjWbPu
著作権者と出版社に入る金は変わらんのに、法の表現が時代に合ってないのを奇貨として
購入者の利便を悪くしようとする。
正に最低の連中。

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 02:30:26.54 ID:MJGo7mxt
>>112
一冊の本の複製が五人の読者に渡ったら四人分の利益が消失すんだろ。
さらに電子化された本は古書店での売買と違って複製物がねずみ算式に増えてく。
古本の流れがA→B→Cだとしたら
電子ファイルの場合は
D E F
↑ ↑ ↑
A→B→C
↓ ↓ ↓
G H I
こんな感じだろ。
ずれまくってそうだけどもしもしだから勘弁な。

電子ファイルが増えれば増えるほど不正コピーの出回りが早く広くなる。
圧倒的に損害発生のリスクが高まるよ。
スキャン代行によって権利者は損害負わないむしろ本が売れてみんな幸せ^^なんて発想は頭ん中お花畑としかいいようがない

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 02:34:49.30 ID:cnR/Zito
まあ
日本の法律ではプログラムでウィニーを作れば逮捕だし
グーグルのキャッシュ、イメージ検索のイメージコピーも違法らしいし
YOUTUBEも日本で同じシステムを作れば違法行為の幇助で質問状とか
そんな感じ

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 02:40:15.17 ID:De2Kaf7g
>>112
著作者人格権知ってる?君がいくら息巻いても黒に近いわけ。

実損害とか利益がどうのいっても著作者が保護されるのは財産的利益だけじゃないのよ。

言っても無駄だろうけども。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 02:43:31.40 ID:N4zjWbPu
>>114
俺が話しているのは、自炊代行により作成された電子書籍を自炊代行利用者と
その家族が読む場合だ。
赤の他人にばらまいてはいけないのは当然だ。

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 02:45:51.23 ID:N4zjWbPu
>>116
あんたが著作権者で俺を被告として訴えない限り無駄だね。

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 02:47:27.91 ID:i9VMYp0b
>>112
1段落目:
業者が実本を持っているのかそもそも不明
過去に依頼を受けスキャンしたデータを使い回しても誰も検証できない
無限コピー

2段落目:
落札者はスキャンする意図で落札する、本はスキャン業者の手元にある
この状況ならそのままスキャンして貰う方が送料2回分得

仮に20巻セットを2000円で落札して送料1000円で送ってもらい、別の業者に1冊100円でスキャンして貰う(送料1000円)とすると6000円かかるが
落札した物をそのまま送ってもらわずにスキャン依頼し再度オークション依頼すれば
落札価格2000円+スキャン代2000円-オクで打った利益(仮に1000円とする)で3000円で済む
6000円が3000円で済みますよと言われればそのまま依頼する客の方が多いだろ
結局1段目と同じで同じデータの使い回し無限コピー


120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 02:48:45.75 ID:N4zjWbPu
その著作者人格権も法30条にのっとった複製では保護されない。
それと実質変わらないのに、自炊代行を認めないのがおかしい。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 02:58:18.18 ID:De2Kaf7g
>>120
著作者人格権と私的複製ごっちゃになってるよ。

あと30条の後段にちゃんと「〜その使用する者が複製することができる。」って明文あるでしょ。だから自炊代行が問題になるわけ。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 03:13:16.01 ID:N4zjWbPu
>>119
1段落目:
無限コピーをやったら違法。
それだけの話。

2段落目:
無限コピーをやったら違法。
毎回律儀にスキャンするなら、結局、古本屋と構図は変わらん。

そもそもそれらの例は、俺の根源的な問い
「本の購入者が自炊代行を補助者として利用して自分と家族が納品された電子書籍を
読んだところで、著作権者と出版社にとっては使用者本人による複製と本質的に何も変わらない。」
ということの答えじゃない。

>>121
そういう明文があるのは当然知ってる。
俺は、本の購入者が自炊代行を補助者として利用して自分と家族が納品された電子書籍を
読んだところで著作権者と出版社にとっては使用者本人による複製と本質的に何も変わらないにも
かかわらず、本の購入者が自炊代行を利用する時代を想定せずに法30条がそういう表現に
なったのを奇貨として、著作権者や出版社が嫌がらせで自炊代行を問題にしていると言っている。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 03:51:50.64 ID:i9VMYp0b
>>122
単に君の精神年齢が低いだけだろ
それは他の人間には解決できない君自身の問題

例えば君がナイフを持って秋葉原を徘徊しても人を刺さない限り誰にも迷惑はかけない
あるいは君が覚醒剤などを持ち歩いたとしても自分で使う気も誰かに売る気もなければ誰にも迷惑はかけない
もしくは君が望遠鏡で小学校の運動場を覗いてたとしても誰にも迷惑はかけない

だから俺の自由を束縛するんじゃねー!と叫んだところで通用しない
犯罪が起こってから対処すればいいと言うのは数百年も古い考え方
犯罪は発生する前に抑止する

それとスキャン代行業だっておとなしく営業してれば見逃して貰えてた
君が目にしたのは最近かもしれないが何年も前からそういうサービスはあった
それをバカ業者が調子に乗って妙な商売を始めたから出版社も強く出ざるを得なくなった
責めるべきはバカ業者の方


124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 04:02:33.74 ID:NRGIL7/R
>>123
予防検束は、市民の立場からすれば問題視すべきものであって、そうやって正当化して
言い張るようなものではないんだが、その警察寄りすぎる発想が恐えw

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 04:10:40.30 ID:N4zjWbPu
>>123
なら、スキャナを売るなよって話だ。
ネットに流してる連中は、自炊代行なんて利用してないと思うぞ。

俺の根源的な問いは、単に迷惑をかけないって話じゃない。
「使用者本人による複製と本質的に何も変わらない。」ってことだ。
自炊代行がダメなら、使用者本人による複製も法で禁じなきゃダメだろ。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 04:15:41.69 ID:i9VMYp0b
>>124
それは考え方の相違だな
市民は自分を守る権利があるから米国では銃の保持が認められている
オランダではマリファナは合法だし売春斡旋も合法
売春だけならフランス、ドイツ、イタリアも合法
しかし日本では全て違法

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 04:22:52.17 ID:i9VMYp0b
>>125
そんな白か黒しか認めないなんて思考が幼い
世の中の大半はグレー
それを生きていくのが人生

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 04:26:54.96 ID:NRGIL7/R
>>126
すげー。コテコテに行政側の発想だなあw
”考え方の相違”って嘯き方は、いわゆる行政側に与した”有識者”の常套句だよなあ。

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 04:28:56.90 ID:N4zjWbPu
>>127
マトモな反論ができないから、「思考が幼い」などと揶揄してごまかそうとしている。

寝よ。
おやすみ。

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 04:30:55.46 ID:i9VMYp0b
>>128
そうは言ってもどじょうが「日本でも銃の携帯を許可します」って言い出したら大半の市民が反対するだろ?
売春適法は50%くらいしか反対しないかもしれんがw


131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 04:41:57.26 ID:LQwj7uJu
>>130
その数値の違いこそが重要だろ。

銃とか、売春とかいかにも治安の悪いイメージを伴う例をだしているが、
たとえば、包丁や車はおkだろ?
銃は100%だめ、売春は50、包丁や車をだめだという人はほとんど0%。

で、自炊代行がどこかという話だ。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 04:44:57.68 ID:i9VMYp0b
>>131
銃、売春、包丁は全市民に関わる話だから分母は全国民(もしくは全有権者)
自炊代行の分母は著作権保持者


133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 05:11:18.60 ID:LQwj7uJu
>>132
それはおかしい。

車に轢かれるのは歩行者なわけだけど、
車を運転してよいかどうかを決める母数は歩行者じゃないだろ?

車は正しく使えば便利で誰にも迷惑をかけないが、間違ったときのみ迷惑をかけ人の命を奪うが、
生存権を侵害されるのは被害者だけど、その被害者の意見のみで車を運転してよいかどうかは決まらない。

著作権者の権利の侵害があきらかなら著作権者が訴えればいい話だが、
自炊代行はそもそも正しく運用されれば著作権をなんら侵害しない。
出版社は当然として、著作者による差し止めにも正当性はないと思う。

自炊データがネットに氾濫した例があるからというのは、
車嫌いの歩行者が隣まちで人が轢かれたから許せないって怒っている感じ。
似たような事故が今後も起こるのは明らかだから車を全面禁止にしろという主張と一緒。
車を使う習慣のない人にとって当然の感情かもしれないが、その意見だけを考慮する必要はない。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 05:22:16.27 ID:i7EdN7fS
ID:N4zjWbPuの主張

>使用者本人による複製と本質的に何も変わらない。

本質的に云々ではなく30条の私的複製は「その使用するもの」にのみ認められる。したがって主張する補助者理論も違法。

>使用者本人による複製も法で禁じなきゃダメだろ。

30条で私的使用において「その使用するもの」の複製が認められており適法。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 05:30:34.76 ID:LQwj7uJu
>>134
本質的に云々は重要な点だ。
本質的に問題ないならしゃくし定規に文章を解釈した場合違法となる可能性があっても、
問題にならなかったという例はいくらでもある。

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 06:04:04.51 ID:BkR3aiup
>>135
>本質的に問題ないなら

過程に問題がある。業者による複製は「その使用する者」に該当しないことが、立法趣旨と条文から強調されている。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 06:21:32.85 ID:NRGIL7/R
強調じゃなくて、主張だよね。
立法主旨は、権利の保全と文化の保護のバランスを取ることであり、業者による複製か
否かは主旨ではない。

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 06:41:56.41 ID:LQwj7uJu
結果的に著作者の権利を侵害しないのならその過程を問題視するのはおかしい。

第30条は、著作料を払わずに著作物を保有する目的で利用される疑いが強いと判断し、
それを効果的に防ぐ目的で、その過程にあたるダビング業を禁止する目的であのような文面になったのだろう。
つまり、過程を取り締まる法律であっても、それは結果として著作者の権利を守るためにあるわけだ。
あくまで大事なのは結果としての著作者の権利の保護だ。

形式的に似た過程ではあっても、基本的に著作料をしっかり支払った者がそれを電子ファイルに変換する目的で利用する自炊代行は、
著作者の権利(著作物を所持しようとするものから著作料を受け取る権利)を侵害しないわけだからそれを禁止するのはばかげている。

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 06:44:01.34 ID:BkR3aiup
権利の保全と文化を保護するため複製権は著作者の専属権。その例外が私的複製であり、業者による複製はその要件を満たさない。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 07:02:19.15 ID:LQwj7uJu
>>139
だから、その要件を満たさないという判断の根拠となる条文ができた時と
今とでは時代背景が違うし、想定されていなかったサービスなんだよね。

その基準を自炊代行に適用するのが妥当かどうかは裁判所のお仕事で、
出版社だったり、そのお抱えの弁護士だったりの出しゃばってくる場面じゃないんだよ。


141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 07:49:34.32 ID:LQwj7uJu
というか、感情論として、そもそも今回の件はむかつく。
http://mangaonweb.com/creatorDiarypage.do?p=1&cn=1&dn=32312&md=2&cat=30211
この第5回のところから佐藤秀峰さんの裁判コーナー読んでいくとわかるんだけど、
普段、出版社は著作者の権利なんかどうとも思ってない。
自分たちの独占してきた市場によくわからんやつらが参入してきたから、
著作権を声高に叫んで排除しようとしているだけだろ?
出版社が守りたいのは著作者の権利じゃなくて自分たちの縄張り。
普段は訴えられるまで著作者の権利を平気で侵害し、
訴えられても弁護士つれてきて本気で戦う意思を示すまでは適当にあしらおうとする。
そんなやつらが、自炊代行という本来は著作者の権利を侵害しないサービスに対し、
知り合いの作家にもっとも悪質な例を説明して質問状を書いてもらい、
勝手に違法だという見解を弁護士使って新聞で広めたあげく、大半を営業自粛に追い込んでいるんだ。

そういうことだろ?

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 07:56:26.02 ID:NRGIL7/R
>>141
そういう個別のところを引用すると、個々の漫画家が口やかましくて揉めてるだけと
思われるので避けたほうがいいと思うんだ。
引用するなら、文化庁の電子書籍化推進の審議とかのほうがいいと思うよ。

結果として書いてある内容は同じようなことだし、著作の代表と出版の代表同士が
ケンケンガクガクと言い合いをしてるということが伝わるからねw

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 10:35:48.21 ID:4xK+77hP
>>94
よさそうだな。
とりあえず立ち上げてみて欲しい所。

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 10:36:41.54 ID:n/p2JpRt
喧々囂々と侃侃諤諤。
両者を併せ持った雰囲気をケンケンガクガクと言う。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 12:21:17.54 ID:MJGo7mxt
>>140
時代背景が違うもなにも
著作権法なんて毎年のように改正されてんだし
件の30条だって去年改正されたばっかじゃん。
想定どころかスキャン代行業者の存在を充分認識した上で補助者による複製を明記しなかったのはそれを認めないという趣旨だろ

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 12:32:57.48 ID:nDKrCrba
>>141
感情論としてムカつこうが、法的正当性は作家・出版側にある。

「法的措置も検討する」と公言されている以上、代行業者は
法的正当性を争うか、自粛するしかないだろう。

どんなに感情論的な言い訳をしたところで、ビジネスモデルとして
著作物の無断複製を前提としたビジネスが現行法で認められる訳がない。
認められてしまったら、「自炊代行が大丈夫ならこのビジネスも
ありだよね?」 という風に歯止めが利かなくなる。

裁判になったら法的秩序を守る為にも自炊代行を認める訳には行かないだろう。


147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 12:38:27.98 ID:cnR/Zito
裁判になったらの話ね

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 13:06:20.18 ID:FCg9Lep5
>>146
裁判をして正当性を争う行動を起こす主体は出版社側だけどな。
別に何も干渉してこなければ自炊代行は続くからね。

出版社はさっさと法的措置を実施するべき。
逆に、たった百人のあの拒否リストに無い作家に関しては合法、という判決が出るのが怖いんだろうけど。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 23:12:54.12 ID:nDKrCrba
>>148
>逆に、たった百人のあの拒否リストに無い作家に関しては合法

100%無いってそれは
早く法的措置を実施して欲しいというところは同感です。

1件でも裁判沙汰になったら今残っている代行業者も軒並み
営業終了するだろうし・・ 今まだやっている所は、本当に
訴えられるまでは稼げるだけ稼いでおこうと考えているだけだろうからね。



150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 00:12:41.15 ID:mn3DbaZN
著作権者擁護派は、法が補助者を禁じているとしたらどういう理由で禁じているのか
サッパリ説明できないまま、ただ字面どおり読めば本人以外ダメだと繰り返すばかり。

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 00:19:00.00 ID:2/e+bw8E
>>150
法学部で法を学んだ経験が無い奴らなんだろう。
おそらく情報処理試験か何かで著作権法を丸暗記したタイプ

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 00:28:26.80 ID:XnCnVBz6
>>149
蔵書処分して電子ファイルにするのが一般的になる未来が見えてるのに、
本当に裁判に勝てるとでも思ってんの?

既に購入済みの本をどんな形態で保持しようが、それは購入者の勝手だ。
100人の拒否リストに名前のある人に関しても、文句をいわれる筋合いはない。

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 01:14:28.37 ID:XnCnVBz6
こんな使い方もあるみたいだ。
http://ameblo.jp/dupondt/entry-10797588329.html

簡単にいうと、海外にいる日本人にとって、日本の書籍はシッピングの問題で高すぎて購入しづらい。
そこで、amazonで買ったものを自炊代行業者に直送し、電子ファイルの形で受け取る。
すると、シッピングは0円で、書籍購入代プラス自炊代行の料金で買えるというアイデア。

つまり、シッピングが高すぎて日本の書籍を購入したくても2の足を踏んでいた人が、
自炊代行業を利用することによってガンガン購入できるようになったってこと。

著作者側から見てもメリットしかないこういう利用方法もあるのに、
一部の悪質な利用者がいるから自炊代行業をまるごと全部廃業に追い込むとかありえんだろ。

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 03:52:27.73 ID:wpnI36XH
>>149
同感。見せしめに早く法的措置とって欲しい。
買ったからなにしても勝手だとか、法律が時代錯誤とか本気で思ってるとしたら恐ろしいね。

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 04:05:20.99 ID:XnCnVBz6
>>154
何してもいいとはいってないだろ?
ただ、置き場所をとらず持ち運びやすい電子ファイルに変換したいってだけだ。
買ったものを個人的に便利な形で保存したいだけ。
それを業者に手伝ってもらうと途中で瞬間的に複製が発生するから駄目だとか頭おかしいだろw

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 04:09:47.81 ID:XnCnVBz6
つうか、むしろ法的な処置は取ってほしいな。
裁判ではっきり白だといってもらえば使いやすくなる。

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 04:48:24.59 ID:THdD1wQg
この問題は同人誌と似てるよな
本来なら同人誌は著作権的に黒だけどオリジナルの宣伝にもなるし過去数十年黙認されてきた

しかし全ての出版社が黙認てわけでは無く一部には厳しい出版社もあったし
調子にのった同人誌が発売禁止になったこともある

要は人の褌で相撲を取ってるのに調子に乗るなって事

それと購入者の権利うんぬん言ってる人がいるけどそれは関係ない
出版社は購入者の権利についてはふれず代行業について違法だと言っているだけ
出版社が訴えるにしても購入者ではなく代行業者を訴える
(証人として裁判所に呼び出されることはあるかもしれないけど)

購入者が持っている権利を他の業者が代行できるかが焦点であり
購入者の権利について論じても無駄
親告罪なんだから訴えられてもいない購入者には権利を主張する場さえ与えられない

それとも代行業者が訴えられたら裁判の証人として出廷し
「代行業者は悪くありません、依頼した私に全責任があります」とでも言って
その上で購入者の権利を訴える?


と適当に書いてみたw
「調子こいてる業者は利用しない」が最善の策でしょ

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 05:19:53.15 ID:XnCnVBz6
>>157
それを言ったら、著作者はともかく、出版社も人の袴で相撲とってるわけで、
>>141のリンク先の例でもわかるように調子に乗りまくってるんだけどね。

2次創作の同人誌とかそういう黒に近いグレーを比較対象にだしてほしくないな。
利用者はこのサービスを自然に利用する限り完全に白だと思って使ってるわけだからさ。

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 05:31:18.77 ID:THdD1wQg
http://www.saidanbon.com/

どこの代行業者の直営なのやら・・・


160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 05:37:37.18 ID:XnCnVBz6
>>159
違法の判例をつくるために出版社側がやらせてるんじゃないの?
左側にずらーっと出版社がならんでるのがいかにもって感じじゃんw

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 06:06:45.82 ID:XnCnVBz6
今ある自炊代行はほとんどのところがスキャン済みの本を処分するだろ?
だから、複製は瞬間的には起こるけど、最終的には著作者に迷惑はかけない。
だけど、法的にはグレーとされて、営業自粛に追い込まれた業者も多い。

一方で>>159の方は裁断済みの本の売買だから古本屋と基本的には同じで法的に問題ないけど、
複製が主な目的だから著作者の権利を明らかに侵害する。

本当に取り締まるべきなのは>>160のようなサービスなのにちぐはぐだよな。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 08:56:59.07 ID:qBqCL3gX
本のスキャニング代行サービスはもうそろそろ合法としようか
http://blog.livedoor.jp/businesslaw/archives/52006794.html


163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 11:30:11.52 ID:XnCnVBz6
>>162
http://blog.livedoor.jp/businesslaw/archives/52198656.html
新しい記事もきてるね。
法律に詳しいヘビーユーザーがいると心強いな。

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 11:55:43.62 ID:YtxgRPW0
>>162
>>163

自分で自炊するのが面倒だからって、法を捻じ曲げたい人の
希望的意見を取り上げたところで意味なし。

著作物の無断複製は原則禁止、唯一の例外事項が「自分の為に自分で複製する」時のみ

この例外事項があるのは、この条件まで制限してしまうとテレビ番組の録画など
利用者に著しく不便をきたすので特別に許可されている例外事項。

その例外事項を拡大解釈して自炊代行が合法とか思っている人は
著作権法を自分に都合が良いように解釈しているだけ。

自炊代行が無くても自分で機材を買ったり、最近増えてきている自炊スペースを
利用すれば電子化できるし、正規の電子書籍販売もこれから増えてくる。

法律に抵触しないで電子化する方法があるにも関わらず、違法性の疑いが
高い自炊代行がなければ電子化が推進しないような言い方はおかしいだろう。


165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 12:08:39.21 ID:YtxgRPW0
代行擁護の人達、こういうの知ってる?

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2004/08/12/4254.html

代行がやっている事は上記のサービスと法的にはなんら変わらないのですよ。
上記URLの通り、おそらくJASRACあたりからクレームが来てサービスを
辞めたんでしょうね。


166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 12:13:55.07 ID:XwqmaoDH
>>164
自分でやっていますよ。
自炊代行業者という補助者を使って。
それで著作権者さんにどういう不都合があるんですか?

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 12:25:10.08 ID:YtxgRPW0
>>164
著作権者は代行業者を使って電子化する事を許可していない、
複製する権利は著作権者が占有する権利で、君はその権利を
不当に侵害している、権利を侵害されているから「やめろ!」って
いう事で充分だろ。

もっと具体的に言うなら、著作権者が電子版を売ろうと思ったときに
君が自炊代行を使って電子化してしまうと、電子版が売れないだろ。

「自分の為に自分で複製する」事は法律で認められている事なので
文句は言いたくても言えないが、業者に依頼するのは禁止されてる
行為なんだから「やめろ!」って言っても良いだろ。

あと君はデータを拡散していないとは思うが、代行を利用して拡散する
人が数名でもいたらそれこそ大損害。 その危険を少しでも減らす為に
違法に営業している自炊代行に「やめろ!」って言うのは著作権者の
正当な権利行使だろ。

ちなみに自分は著作権者じゃないけど、著作権者の気持ちになって書いてみました。


168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 12:25:57.41 ID:YtxgRPW0
上の件 >>166 の間違いでした。失礼



169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 12:39:37.38 ID:THdD1wQg
あと2年もすれば
「そんなスレも有ったねー」
と言われてるだろ

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 12:50:28.44 ID:XwqmaoDH
>>167
こっちは、もう金払って本を買っているんですよ。
もう一度金を取ろうというのがずうずうしいんですよ。
他人にばらまいたら著作権者に金が入らなくなるでしょうが、
自分が利用する分には補助者を使わず複製するのと同じで問題ないでしょ。

購入者側の気持ちで書きました。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 13:03:54.90 ID:jlj8PhFw
>>170
だから所有権と著作権は別物だと何度書けばわかるのかと。
お前が金出して買ったのはその本の所有権。
複製する権利(著作権)は持ってないんだよわかる?

知財に対する認識が中国人レベルな奴が多すぎ。

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 13:13:55.41 ID:JTQPIZl1
>>171
クラウド等のIT界隈では、他者のマシンで他者の意図によるプログラムで
大量の著作物の代理複製が行われているが…問題として顕在化しないのは、著作者が親告しないから?

著作権に関しては親告罪なので、親告される前には罪の発生は無いよね

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 13:16:01.37 ID:XnCnVBz6
>>164
他人のめんどくさいを慣れた人が代わりにやることでサービス業はなりたっているのに、
それをまるで悪いことのようにいうのはどうかと。

>>165
それが圧力をかけられただけで黙ったのか、裁判が行われたのかが問題だと思う。
つまり、正しさを確信していても途中の裁判のコストが割にあわないと判断して、
サービスをとりやめたというのは十分考えられる。
ライブドアがやっていた事業の中でそれは小さな一つにすぎないからね。

>>166
本当にそうだと思う。
行ってよいと法律で認められている行為を他人の補助を借りてやっているだけ。

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 13:24:44.64 ID:XwqmaoDH
>>171
知っていますよ。
それを承知の上で、購入者が自分用の複製のため自炊代行業者を利用する場合、
自炊代行業者を補助者と解釈し、法30条を適用して差し支えないだろと言っているんですよ。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 13:29:23.30 ID:XwqmaoDH
>>167
追加して言うなら、そもそも電子書籍で売り出してくれるなら、初めからそれを買えばよいわけですよ。
さっさと電子書籍に移行してくださいよ。
自炊代行を利用したところであなたの利益は何も変わらないのに、妨害はする。
最低の人間ですね。

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 13:46:25.08 ID:jlj8PhFw
>>172
親告罪というのは告訴が無ければ公訴を提起できないというだけで犯罪自体は成立します。

>>174
補助者による複製を認めるならばわざわざ明文で行為主体を使用する者に限定しねえよ。
前にも書いたが一個人が趣味でやるのと会社が業として行うのとじゃ生産性が違いすぎる。
私的利用目的の複製は一個人が趣味で行うレベルだから複製といってもたかがしれてる。だから例外として許容されてる。
代行業者が業として行う場合は量産が可能だし第三者が介入する事で複製物が流出しやすい。権利者の被害が大きいから許容できない。その違い。

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 13:57:40.54 ID:2/e+bw8E
生産性は法の要件じゃないよ。

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 14:03:44.21 ID:sU+Z/nqb
>>176
量の過多で罪か罪でないかを決めるのは奇妙だし、流出の可能性って不安で押し切るのは変。

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 14:08:58.62 ID:XwqmaoDH
>>176
>わざわざ明文で行為主体を使用する者に限定しねえよ。
補助者を認めないと明文で書いてある訳じゃなく、あなたが「限定している」と解釈しているだけ。
私的利用目的の複製は生産性が低いから認められ、補助者は生産性が高いから認められないという話はあなたが作った話じゃないんですか。
一方、補助者が認められるというのもこちらが作った話。
裁判起こして下さいよ。
それで敗訴するまで、こちらはこちらの解釈でやりますから。

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 14:25:44.61 ID:jlj8PhFw
>>178
権利者の利益を不当に害しない限度において例外が認められる
というのは法律の世界ではよくある事ですが

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 14:33:00.39 ID:JTQPIZl1
>>180
業務内容として「第三者に流す」なんて書いてあるわけじゃないし
一般的な自炊代行の業務を正しくこなしていれば何の問題も無いという可能性も考える必要があるんですね。

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 14:39:16.41 ID:sU+Z/nqb
>>180
そう思い込みたい、著作権拡張論者にありがちな意見なのはわかったけど、よくあると
漠然と言われてもねえ。
漠然とした不安で、なんとなく空気で萎縮させたいだけな話。

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 14:57:12.79 ID:THdD1wQg
違法性は無いと胸を張って言えるのならば
アンケートに対して「うちはリストにある著者の自炊代理を続ける」と言えばいいんだよ
勝てば裁判費用も全部出版社持ちになるんだし

そこでリストにある著者の作品は代行を受け付けませんなんて返事するから
あー自分たちでも違法性を認識してるんだなと思われる

ここ見てる業者で違法性がないと確信してるなら
「うちは誰の著書でも自炊代理を受け付けます」
と表明してくれ。
きっとそこは人気出るぞ!
いろんなブログで宣伝して貰えるから宣伝効果抜群!
カモーーーン!


184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 15:10:26.41 ID:jlj8PhFw
>>181
権利者がやめてくれって言ってんのに
「データ変換だから適法だ」だの
「補助者を使用した複製だから適法だ」だの
「訴えられるもんなら訴えてみろwww」
とかいってる連中の何を信用しろっていうんだ?

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 15:13:53.54 ID:JTQPIZl1
>>184
それを言った人の立場って判明してるの?
自炊業者を名乗った上でその挙げた様な発言を見たこと無いが。

私は、正当に利用していると考えてるユーザの立場からの発言だろ、と思っているよ。
それぞれの解釈はあるだろうけどね。

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 15:15:42.01 ID:XwqmaoDH
>>184
>権利者がやめてくれって言ってんのに
著作権者が自炊代行を止めさせる「権利者」であるというのは、そちらの解釈。
こちらは、法30条に基づいた複製だと解釈してますから。

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 15:21:03.68 ID:JTQPIZl1
>>184
あと、私的複製の権利を著作権者はどういう権限で侵害できるの?
まぁ、根本として権利者が作品を世に出さなければ正しく解決できるけど。

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 15:24:18.27 ID:jlj8PhFw
>>186
権利者は権利者だろ
あくまで権利者は著作権者。
30条だろうがなんだろうがお前等には私的利用目的の複製をする"権利"なんてものはねえよ?
著作権者が著作権行使をすることが制限されるだけ

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 15:31:11.25 ID:sU+Z/nqb
おまえらという言葉で、お里が知れるというものだ。

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 15:32:49.28 ID:XwqmaoDH
>>188
権利者は権利者ですが、自炊代行を止めさせることは法30条により制限されていて
できないというのがこちらの解釈なわけですよ。

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 15:33:06.70 ID:jlj8PhFw
30条だろうがなんだろうがあなた方には私的利用目的の複製をする"権利"なんてものはねえよ?
著作権者が著作権行使をすることが制限されるだけ

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 15:34:15.81 ID:JTQPIZl1
>>191
私的複製という認められた行為は、著作権者といえども妨害出来ないのが良くわかった。

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 15:38:52.07 ID:jlj8PhFw
>>190
だから勝手にそういった解釈をして出版業界に正面からケンカ売ってる様な連中とどうして信頼関係が築けるんだよ

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 15:46:07.53 ID:wR7zIaWV
>>191
おちつけ、
私的複製の範囲かどうかでもめてるんだ。
私的複製なら著作権者の許諾なんて関係なくなるぞ。

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 15:50:13.86 ID:JTQPIZl1
>>193
「勝手にそういった解釈をして」というのはあなたの意見も同じように取れるが。

代行側は合法と思われるにもかかわらず、拒否リストに対して協力共存姿勢を見せたりするが
出版社側は違法認定による廃業を狙う以外の動きが無い。

…どちらが喧嘩を売ってるんだろう。
解釈に問題があって解決できないなら裁判以外は無いと思うんだがなぁ…なんで出版社はやらんのだろ。

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 15:53:15.43 ID:jlj8PhFw
>>194
私的利用目的での複製は俺たちの権利(キリッみたいにいってるのが気に入らなかっただけだよ。
ついでにいうと「私的複製」って用語も一般的になってしまってるけど学者の中では否定的な人多いよ。
「私的な複製」だと譲渡目的だろうがなんだろうが含まれちまうから。

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 15:58:12.28 ID:XwqmaoDH
>>193
信頼関係なんて必要ないというか、築けるわけないでしょ。
そちらは、自炊代行を認める気がそもそもないんだから。

>>196
こちらは、自炊代行業者を補助者として認めないと言っているのが気に入りませんよ。
お互い様です。

まあ、あなたが何をほざこうと、こちらは自炊代行が現実に存在する間は利用するだけです。

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 16:17:42.96 ID:XnCnVBz6
>>196
複製物または原本を保持した状態での、
複製物または原本の譲渡および販売を禁止すればいいだけだろ?

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 21:42:44.89 ID:YtxgRPW0
何でも良いけど、「法的措置も辞さない」と出版側はメディアに公言している
のだからさっさと今営業している業者を片っ端から告訴してくれないかな〜

そうすれば、このスレで判例が無いから合法とか、業者に代行してもらうのも
私的複製の範囲内だとか寝言を言っている人を黙らせる事が出来るのに・・・


200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 21:45:22.42 ID:2/e+bw8E
告訴できないのは自信が無いからだろう

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 22:15:39.48 ID:JTQPIZl1
>>199
そうね〜でも逆に言えば、そういう告訴を実行しない限り
ユーザとして合法と解釈することも当然なんだよね。それへ推測以上の反論は出来ない。

別に法に反することをやってるつもりは無く
自炊業者への判決が出たら使わないだけなのでさっさとやってくれないかなぁ。

今の違法認定厨のように
確証も判例も無く無く彼らの思い込みだけで違法認定する暴挙がめんどくさいからね。

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 22:23:43.94 ID:2/e+bw8E
違法認定厨は、
日本の裁判制度が事件毎に個別審査される事が理解できていないからな

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 22:48:35.78 ID:wR7zIaWV
ふと思ったが代行って30条2項を適用するにはいい相手だよな。
代行認める代わりに録画補償金を取る。
個人の私的複製じゃ難しいだろうし。

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 22:53:41.63 ID:JTQPIZl1
>>203
>>193 の言う「信頼関係」とはそういうことだと思ってるよ。
今回は脅しが過ぎたのも一つあるし、自炊業者は個別過ぎるので成り立つかが怪しいが。

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 23:14:01.97 ID:KTXXbxoY
そもそも素人が考える「複製」が拡大解釈になってる
日本の著作権で規定される複製権つまりコピーライトはベルヌ条約に批准してるから海外のそれと同義だが
それは活版印刷などで複製し頒布する権利のことであって
コピー機やスキャナで一回コピーすること自体ではない

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 23:17:02.79 ID:YtxgRPW0
>>201
過去に同様のビジネスが規制やクレームによって、営業を自粛してきた
経緯があっても、著作権法のごく一般的な解釈を説明しても、一部の
自炊代行擁護者には馬の耳に念仏って事か・・

一部の代行擁護者が自分の信念に基づいて代行を利用したいというので
あれば勝手に利用すればよいだろう(侵害行為の加担者ですけどね)

いずれにせよ権利者側から顧問弁護士もついた状態で
正式にクレームが付いている状態であり、侵害行為をやめるように
警告を受けていて、悪質な場合は法的対応も検討すると言われている。

これは間違いのない「事実」

まともな会社であれば、権利者に配慮して営業を自粛するのが当然だが
まだ続けている業者がいる。 自分達のビジネスの正当性を示す
根拠は、「許諾を得た前提」とか「私的複製の範囲内」とか「メディア変換」
とか、苦しい言い訳だけだし・・・



207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 23:30:51.84 ID:2/e+bw8E
だから訴状送れよ

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 23:31:12.52 ID:wR7zIaWV
文化庁でも同じようなこと考えてるみたいだねぇ。
・文化審議会著作権分科会法制問題小委員会(第2回)議事録
http://www.bunka.go.jp/chosakuken/singikai/housei/h23_shiho_02/gijiyoshi.html
>【松田委員】
>プロがつくった音楽,映像,そういうものを個人が自分のためにメディアをかえてやるのではなくて,
>それを代替の業者がやるような場合において果たしてどうなのかというのは1つの問題提起だろうと私は思っております。

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 23:33:36.75 ID:wR7zIaWV
>>208
あ、これ
「メディア変換もいいんじゃね?」
話なんで。

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 23:43:30.91 ID:JTQPIZl1
>>206
逆に、それらの言い分が一つでも通れば…それ以外にも複製補助と理解されれば問題ないからなぁ。
それらを判断するには君の言葉では不足だよ。
自粛は自粛。君の言う「一般」は自炊代行への法的な結論ではない。

事実というだけなら楽。現時点で自炊代行は違法ではない、というのも事実なのだから。


>侵害行為の加担者ですけどね
…これだから違法認定厨は…
まだ法的に審議されても確定してもいない行為について「侵害行為」と有罪認定を独自判断で行うのは問題がある。

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 23:59:43.20 ID:JTQPIZl1
>>206
配慮しないんだから法的手段をさっさととれ

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 00:33:13.34 ID:01XT1PNK
法的手段をとるためにも

まずはリスト内の作者の代行受け付けますって業者名を教えて


213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 00:34:17.35 ID:utUVW7GS
>>212
その把握は出版社の仕事だろw
実態がどうかも判らないのに訴え出るつもりかよw

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 00:37:15.45 ID:MbTkPjZo
>>202
それは合法認定厨だろ。
「判例が無いうちは合法」なんて意見、日本の裁判制度が事件毎に個別審査される事が理解できていないことの極みじゃん。

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 00:43:58.59 ID:utUVW7GS
>>214
違法認定を受けていない世の大半の業種と同じだな…
個別審査で適法認定を受けてる業種の方が少ないだろ…馬鹿か。

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 01:01:55.24 ID:pnjYo4DM
>>214
> >>202
> 「判例が無いうちは合法」

いや、そんなことは言ってないだろうw
判例が無いから最終判断は裁判所が個別に判断するってことだよ

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 01:28:29.29 ID:X+KHv3LX
すでにさんざん出てる通り、違法違法騒いでも、被害額が出せないから、民事で
裁判を維持するのは難しいのよ。
これまでの判例は、「それによって買わなくなる可能性」が出せたけど、自炊代行では
そんな事実が見いだせないのは、書籍出版協会が渋々認めてるくらいなので。

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 01:28:53.60 ID:pyrpyBeV
判例があっても、合法か違法かは個別に毎回判断する。
判例があれば、どういう判決になりそうかは大体見当がつくわけではあるが。

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 01:38:13.35 ID:BHKkt3Wn
>>212
それってその作者の代行受け付けない業者は法的措置取れないってこと?

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 01:44:59.06 ID:01XT1PNK
>>219
業者を訴える著作権保持者がいなければ訴えられないのは道理


221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 01:53:29.55 ID:gn9khlID
>>206
佐藤秀峰からクレームを受けたのに、さらにテレビ会社と再放送の契約を結んだ
講談社は全くもってまともな会社じゃないってことでおkですよね?
(ちなみに著作権侵害は誰の目にもあきらかな例)

クレームをつけた著者については受け付けないという態度を表明している自炊代行業者の方が
よほどまともということで問題ないですよね?
(利用者からするとなぜ著作者にさしとめられる権利があるのか理解できない例)

とりあえず、講談社に廃業を勧めてはどうですか?

http://mangaonweb.com/creatorDiarypage.do?cn=1&dn=32312

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 02:20:37.65 ID:01XT1PNK
>>221
考え方が古いというか平和というか

違約金とか賠償金の金額と収入を天秤にかけて行動する時代
駐車違反の罰金が駐車場の料金より安ければ違法駐車しまくりだろ
代行業は収入が低いから手を引いただけ

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 02:40:39.85 ID:gn9khlID
>>222
いや、わかってるよ。

でも、ここでさわいでいるやつらは代行業者がまともではないと騒いでいるのだから、
すくなくとも倫理的には出版社よりはまともだということははっきりさせておきたかった。
「裁判する体力がないならおとなしくしてた方が身のためですよ?」
みたいなことをいっているわけじゃないからね。
そういう身も蓋もない言い方をしているのなら、こちらも特にいうことはない。

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 08:26:52.80 ID:XWMn8mjW
>>221
講談社が違法の疑いが強いビジネスしかやっていないのであれば
廃業を勧めるよ。でも本業が違反している訳ではないだろ?

自炊代行は、根本的なビジネスモデルそのものが複製権の侵害を
前提に成り立っている。だから廃業を勧めている。

だから自炊代行ドットコムみたいにとりあえず写真とかハガキとか
著作権に抵触しないものだけ代行を受けるようにするのが正しい
業者のあり方だろ? どうしても他人の著作物を無断複製する業務を
やりたいのであれば、権利者と交渉して許可をもらう努力をするべきで
あって、許可が得られていないのであれば、得られるまでは自粛する
べきだろ。

実際にクレーム来てるんだし、本に代行業者に依頼して電子化は
許可しないって大半の本に記載されているんだから、一部の変わった
作家さんを除いては基本的には「許諾しない」なんだよ。



225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 08:44:13.29 ID:X+KHv3LX
>>224
いや、本業ですけどもw

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 10:18:22.33 ID:utUVW7GS
>>224
いえ、私的複製なので許諾をいただく必要は在りません。

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 12:39:48.70 ID:MbTkPjZo
>>226
あなたが代行業者ならそれをサイトにでかでかと書いといてよ。
ただの利用者なら黙ってな。代行業者だろうと著作権者だろうといまどきそんな認識してる馬鹿いないから。

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 13:04:31.71 ID:gn9khlID
>>227
利用者がなぜ黙る必要があるのか?
私的複製を代行業者に手伝ってもらおうとおもったら、著作者がいちゃもんつけてきた。
既に、著作料払ってるのに自分用に複製するのになぜ文句を言われるのか?

当然の権利を行使するのを邪魔されている被害者は利用者の方なわけで、
意味のわからない妨害をしないでくださいと文句を言って何が悪い。

黙っていてほしいのは横から首をつっこんできた著作者の方だ。

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 13:05:21.23 ID:BUJ0OZBj
>>227
著作権者でも利用者でもないあんたこそ黙って事態を見守ってればええがな。
あんたが喚いているほど単純なら、既に自炊代行業者はこの世から消えさっとるよ。

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 15:08:52.89 ID:MbTkPjZo
>>228-229
著作権者は言うに及ばず代行業者ですらもう「30条が適用される」なんてアホな理屈は主張してないんだよ。
お前等はもはや議論に周回遅れしてんだからちょっとは勉強してから出直してこいよ。な?

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 15:36:30.76 ID:gn9khlID
>>230
代行業者は裁判になったら面倒だからおとなしくしてるだけだろ
圧力掛けて黙らせただけのことを議論が終わったみたいに言ってんなよ?

だいたい、利用する権利をもっているのは俺ら。
黙らされた業者が自粛し、いなくなったところで、別の業者が生まれるたびに利用する。
説得すべき相手は利用者、つまり世間であって業者じゃないってことさ。

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 15:55:09.27 ID:BUJ0OZBj
>>230
>著作権者は言うに及ばず
著作権者は、当然自分に都合の良い解釈をしている。

>代行業者ですらもう「30条が適用される」なんてアホな理屈は主張してないんだよ。
業者は、今の時点でそんなことを声高に主張する必要がない。
裁判になっているわけでもないんだから。

そもそも、著作権者や代行業者がどういう解釈をしていようと、俺らは俺らで解釈する。
何が正しいのかは、裁判にならないと分からないが、著作権者側は脅しばかりで裁判には踏み切らない。
あんたに馬鹿だのアホだのと罵られたところで痛くもかゆくもない。
あんたは、こんなところで騒ぐしか能がない、無力な第三者なんだから。

こちらは、自分の解釈に基づき、利用できるうちは淡々と利用するだけさ。

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 18:17:11.80 ID:drQLlilY
質問ですが。。
出版社は著作者と契約関係にあるんだろうけど、実際に複製する印刷屋は著作権者と個々に契約しているんでしょうか?


234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 18:47:02.74 ID:gn9khlID
>>233
許可をとる必要がまるでない。
既に購入している本を自分のipadに移す作業を頼んでいるだけ。
著作者への許可はいうなれば本を購入した時点で既にとってある。

まだ著作料を払っていない第3者に本を売り渡す出版社は
きちんと著作料を回収し、著者に還元することを約束しなければならないが、
自炊代行にはそもそも著作料が関係してくるプロセスがない。

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 18:50:33.12 ID:drQLlilY
>>234
あ。いえ。。スキャンの代行業者のことではなくて、

印刷屋さん(複製作業の代行)が著作権者と契約しているのでしょうか?
という質問です。

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 18:52:04.79 ID:gn9khlID
>>235
あ、勘違いしました。
ごめんなさい。

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 18:57:25.17 ID:MbTkPjZo
>>232
>業者は、今の時点でそんなことを声高に主張する必要がない。

例のリストにある作家や出版社の書籍も代行の対象とするって宣言すればその分客が増えるだろ。
「質問状に挙げられた作家や出版社の書籍は扱いません」とか「権利者の許諾がある書籍しか受け付けません」とか声高に敗北宣言してるところばっかなんだから。

喰うか喰われるかの瀬戸際で攻防してる代行業者と出版社はとっくの昔にスキャン代行で30条適用は無理筋だって気付いてんだよ。
どっちが勝とうと大した実害のない一利用者がろくに著作権法も調べずに馬鹿の一つ覚えみたいに30条30条言ってても滑稽だからちょっと黙っててください。

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 18:59:38.02 ID:drQLlilY
印刷屋が複製する行為は、著作者との3者契約になっているのか?
それとも、出版社が複製権を行使して第三者の印刷業者に依頼しているだけなのか?

後者の場合だと、スキャン業者の未来は明るいのではないか?という考えです。


239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 19:13:30.88 ID:BHKkt3Wn
>>237
黙ると何が起きるんですか?

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 19:16:49.83 ID:gn9khlID
>>237
食うか食われるか、というがもともと自炊代行は誰にも迷惑のかからない業態で
一方的に妨害をされているだけだと思うんだが。
利用者と自炊代行業者が良好に取引をしていたところに突然外野が邪魔をしてきた。
文句言いたくなるのは当然だろ。

突然、知り合いが見知らぬチンピラに因縁ふっかけられたときに、「やめろよ!」っていったら、
「てめえとはケンカしてないから口出しすんな!」って言われてる感じ。

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 19:18:09.18 ID:gn9khlID
>>238
天才あらわる!

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 19:20:38.81 ID:01XT1PNK
>>238
仮に印刷屋が違法だったとしても作者が訴えなければ何もないでしょ
親告罪なんだから
スキャン業者に対しては作者(の一部が)許可しないと言ってるの


243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 19:23:38.85 ID:BUJ0OZBj
>>237
ことはそれほど単純じゃない。
お互い負けるリスクを背負いたくないから、裁判外で済ませようとしている。

まあ、最も滑稽なのはあんただな。
著作権者でも代行業者や利用者でもない第三者のあんたが、こんなところに延々粘着して
必死に違法違法と連呼しているのか、自分で自分の動機を考えてみたことあるかい?

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 19:29:53.44 ID:MbTkPjZo
>>239
このスレにいる人並みに著作権法を理解してる人が低レベルな議論の相手をしなくて済んで幸せになれます。

喩えるならこのスレで30条30条騒いでる人は宇宙板で天動説を声高に主張しているようなものです。
それはスレッドの進行を不当に阻害するものに他ならないと思います。

>>240
俺がいいたいのは
真剣に著作権法を調べた事のある人(出版社や代行業者)は30条適用は無理と理解してる。
著作権法を全く読んだことのない素人だけが30条30条騒いでる。
こいつらは著作権法をちょっとは勉強した方がいい。それができないならROMってろ。
ということです

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 19:35:14.93 ID:drQLlilY
>>242

んでも、私的利用の複製を認められている人が、私的利用の為の複製を委託しているのだから。。
という理屈です。

もちろん、私的利用の範疇から外れる委託は法の裁きを受けるべきだとは思いますが。。

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 19:42:51.37 ID:gn9khlID
>>244

>>163にあるように法律に詳しい人も問題ないとするべきだと考えている。

だいたい法律にくわしいってのは昔の判例に詳しいってだけだろ?
昔っから出版社が自分たちの都合のいいように判例勝ちとってきてるわけだから、
それに照らせば当然出版社に有利になる。
だが、過去になされたゆがんだ判断に未来永劫振り回される理由はない。

むしろ、ただものを知っているだけで、どういう社会であるべきかを考えられない奴は黙ってくれ。

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 19:58:39.69 ID:BHKkt3Wn
>>246
確かに。
文化庁の小委員会みたいに法律がどうあるべきかについて論じる方が高レベルな話だな。

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 20:07:15.66 ID:01XT1PNK
>>245
そうじゃなくて
理屈が正しかったとしても、誰を訴えて誰を訴えないかは作者(著作権保持者)の自由なんだから
意味がないでしょって話


249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 20:16:41.76 ID:MbTkPjZo
>>246
立法論としてスキャン代行を認めるべきだという議論なら構わないけど
おそらく>>226は現行法の解釈論として30条によって適法行為としてるよね?

つかそもそも合法認定厨は少なくとも現行法上はアウトって事を認めるわけ?

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 20:17:50.83 ID:BHKkt3Wn
>>248
それだと訴えを起こされていない本のスキャン代行を認めることになるけど。

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 20:23:09.57 ID:01XT1PNK
>>250
黙認でしょ
それで誰も困らない
自炊代行なんてもう何年も黙認されてたんだから
調子に乗ったバカ代行業者がおかしなこと初めなければうまくいってたんだよ


252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 20:35:44.40 ID:BaVDdVJ1
scan bank残念スキャンだった・・・
サービス改悪した次点で見切るべきだったorz

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 20:47:50.20 ID:gn9khlID
>>249
一審で違法って判決が出る可能性はあるな。
だけど、上告を繰り返すことさえできれば、
最終的には必ず合法だと判断されるだろう。

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 21:04:50.45 ID:BHKkt3Wn
出版社の複製は出版権になるわけだが
そこらへんは著作権法条文79、80に書いてある。
>原作のまま印刷その他の機械的又は化学的方法により文書又は図画として複製する権利を専有する
これを見ると私的複製とは違い権利者本人が複製しろとは書いていない。
よって出版社が印刷業者に委託するのは問題ないかと。

印刷業者に依頼すると違法状態なんて流石に無理ありすぎだろ。

それより、
>機械的又は化学的方法により文書又は図画として複製
これって電子的な複写は違法なんじゃ・・・

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 22:20:22.68 ID:pnjYo4DM
そこでコンビニコピーも違法にしろと主張する人間も出てくるんだ

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/25(火) 00:32:41.50 ID:hfSAz6da
>>249
・自炊代行は現行で適法確定
・自炊代行は現時点でグレーだが、明確な解釈が出れば適法が確定する

別にどちらを業者が思っていても問題ない判断だと思うが。
違うと言って確定させるには裁判しかない。出版社はさっさとやってくれないかなぁ。
駄目ならユーザとしてさっさとほかの方法を探すだけだし。

それとも、法に頼らず君自身の名で代行業者を違法だと断罪するかい?
君自身はそんなことは出来ないけどな…やろうとしているのが滑稽だよ。

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/25(火) 07:20:14.61 ID:JvJudOVj
既得権守ろうと、くずすぎですよね

http://news.livedoor.com/topics/detail/5960854/

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/25(火) 09:28:52.01 ID:5B6nqUwX
自炊代行サービスは本当に著作権法違反か
http://10-30.org/item/jisui4/

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/25(火) 09:35:59.09 ID:BQFjHHfo
やっぱり所有権と著作権の区別がついてない奴が多いな。

出版社が著作者から買うのは著作権
読者が本屋から買うのは本の所有権

本の所有権を買っても複製はできない。
それは著作権者の権利だから

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/25(火) 09:49:12.73 ID:BQFjHHfo
>>258
私的利用目的の改変なら著作者人格権である同一性保持権を害しないとかわけわかめな事書いてる時点で読む気無くした。
それ書いた奴は著作権法50条を30回は音読した方がいい。

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/25(火) 09:50:18.22 ID:ZaEwYRmj
>>257
つまり、電子化すると印刷屋との長年築き上げてきた良好な関係がくずれるから、
それを全力で阻止ってことなんだろ。
第3者に格安でやられたらたまったものじゃないから自分たちで手がけて、
実質本より高く設定して普及を遅らせる作戦なのだろう。

現在のipadのような端末での読書が既に便利であることを気づかせ、
電子化を後押しする自炊代行みたいなサービスは気に入らなくて仕方ないんだろうな。
新聞が違法認定厨よりの見解のせちゃうのもそういうことなんだろう。

262 : 忍法帖【Lv=15,xxxPT】 :2011/10/25(火) 10:01:34.40 ID:gkHTX77O
著作権は買ってないだろ?
出版契約をして出版権を与えてるだけだと思うんだが。



263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/25(火) 10:04:18.78 ID:BQFjHHfo
>>262
わかりやすくするためにそう表現しただけです

264 : 忍法帖【Lv=16,xxxPT】 :2011/10/25(火) 11:00:30.16 ID:gkHTX77O
>>263
こういう内容の話の場で勝手に「わかりやすく」表現ね。

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/25(火) 11:24:38.06 ID:k/ctDnur
>>263
うーん
「区別がついてない」と言った君自身が「区別がついてない」といわれても仕方が無いよ。

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/25(火) 11:31:39.97 ID:kzvcNUo2
>>263
見苦しい言い訳カコワルイヨ

誰も判りやすいと思ってないし

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/25(火) 12:08:23.69 ID:BQFjHHfo
>>264-266
えーと、著作権の一部だってことはわかってる?
さらには実際の権利関係は個々の契約によって変わるもので一概に出版権のみの許諾を受けるわけじゃないってことも理解してる?

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/25(火) 12:09:19.70 ID:BQFjHHfo
訂正
×著作権の一部
○出版権は著作権の一部

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/25(火) 12:27:56.00 ID:ZaEwYRmj
>>259,>262
出版社は著作権を買い取ったから何やっても許されると勘違いした結果が
これなんだろうな。
http://mangaonweb.com/creatorDiarypage.do?cn=1&dn=32312

あと、読者による私的複製は認められている。読書は自分用に複製できる。
それを著作者が妨害する権利はないし、まして赤の他人の出版社に口をはさむ権利はない。

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/25(火) 12:46:01.78 ID:BQFjHHfo
>>269
著作権の全てを買い取れば人格権を害しない範囲で何やっても許されるよ。
そいつらの場合は出版社の担当者も作家も著作権に関する知識が無さ過ぎで権利関係をしっかりさせてなかったんだろ。

そいつらの場合というか基本的に日本人の知財権に対する認識はぐだぐだすぎ
チョンやらチャンやらのぱくりを批判できないわまじで

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/25(火) 12:56:11.08 ID:ZaEwYRmj
>>270
いや、つづきまでちゃんと読んでみろ。
著作権に関する知識がなくてぐだぐだだったのは2006年までだ。
そこまでさんざんもめてしっかり覚書をしたあとに、
もっとひどい事件が起きたんだよ。

http://mangaonweb.com/creatorDiarypage.do?cn=1&dn=32384

272 : 忍法帖【Lv=17,xxxPT】 :2011/10/25(火) 12:59:24.19 ID:gkHTX77O
>>267
出版協会のサイトにある出版契約書のヒナ型みればわかる程度には理解してる
著作権を買い取ることと出版契約をすることは
少なくともこのスレでは区別して書いた方が良いんじゃないか?
っていう指摘だ。

そもそも「わかりやすく」といって出版契約を「著作権を買う」という表現にしたのは誰だ?
区別とか言いながら自分が区別した表現してないじゃない。
それに契約によって個別に内容が違うなんてのは当たり前のことだ。

とはいっても本を出版する際に著作権を丸ごと売り渡すのが一般的なら謝るしかないが。

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/25(火) 15:06:11.95 ID:BQFjHHfo
>>272
だから出版権は著作権だっていってんじゃん。
出版権が犬だとすれば著作権は哺乳類だよわかる?

「わかりやすく」って表現が気に入らないなら「色々なケースが考えられるから概括的な説明をするために事案を簡略化した」に訂正するよ。

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/25(火) 16:01:16.09 ID:k/ctDnur
>>273
その調子で、
「自炊代行業は判例も無く、現時点で違法とは断定できない」
と正しく表現するように推進していこう。

最近、自分でついた嘘を事実のように表現するやからが居て困るからね。

275 : 忍法帖【Lv=19,xxxPT】 :2011/10/25(火) 17:10:09.32 ID:gkHTX77O
>>273
出版権が著作権に含まれないなんて言う意味は>>262には無い
なのでそう受け取っているのなら謝罪する。

自炊代行の話をするうえで著作権の所有者の関しては慎重に表現するべきだろう。
許諾を与えているだけのはずの出版契約を「買う」と表現するには
あまりにも内容が違うのではないか?という話だ。

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/25(火) 18:52:27.54 ID:BQFjHHfo
>>275
本屋で売買契約を締結し本の所有権の移転を受ける事と対比するために
著作者から著作権を買うと表現しましたよ。
所有権と著作権の対比をするための説明をするのにあえて出版権なんて言葉を出す必要性を全く感じません。

で、正当な複製権を有する出版社が印刷屋に委託して複製を行う場合と
著作権法上は無権利者にすぎない本の所有者がスキャン代行業者に委託して複製を行う場合を同列に扱うのは
揚げ足取りでもなんでもなく所有権と著作権の区別ができていないと思うんだけど
この辺についての反論はある?

277 : 忍法帖【Lv=20,xxxPT】 :2011/10/25(火) 19:02:10.71 ID:gkHTX77O
>>276
対比の為だろうとなんだろうと、
売買されていない著作権について買うと表現するのはおかしいと言ってるんだが

自分が出版権という言葉を出したのは
著作権自体は売買されていないということについての
出版契約の中身の一つとして挙げたまで。
出版契約の内容が個別に違って当然だが
出版権が含まれないことはまずないだろうというつ推測の元に上げた例。

複製権だのについては自分は全く言及していないので反論する必要を感じない
好きに持論を展開してくれ

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/25(火) 19:05:22.41 ID:k/ctDnur
>>276
著作の主導は著者にしかないので、出版社の行う複製は権利ではなくただの許諾では。
出版社も購入者も同じく無権利者。

認めるという行為を受ければ「権利」というなら
>>188あたりがたわ言になる。


279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/25(火) 19:05:27.09 ID:BQFjHHfo
>>277
へー、出版社と著作者との契約は出版権の設定のみ以外有り得ないんですか?
著作権全てを出版社に譲渡する契約が無いとでも思ってるんですか?

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/25(火) 19:07:56.25 ID:BQFjHHfo
>>278
出版権は法律上定められてる権利です馬鹿は黙っててくださいわろす

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/25(火) 19:17:59.85 ID:ZaEwYRmj
>>276
出版社は複製物を売るわけだから、当然正式な許可がいる。
ただの所有者は自分が読むためだけに私的複製することしかできない。
同列にはあつかっていないだろ?

私的複製をおこなっても所有者は複製をおこなった本人以外に増えないわけだから、
まったく著作者に迷惑をかけない。

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/25(火) 19:22:11.70 ID:BQFjHHfo
>>281
>>233からのレスの流れで同列に扱かってる区別のできてない人が見受けられたのでそう書きました
違いのわかる男にはいってません

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/25(火) 21:05:19.27 ID:tKfi+AQi
>>279
出版権が含まれるだろうという話であって出版権のみしかないなんてどこにも書いてないのですが?
著作権全て含めて譲渡や売却する契約がないとも言っていない
それに著作権まで全て売り渡す契約が一般的なら謝るといってるんだが、
そんな契約で出版されている本が多いのか?
少なくとも出版契約のヒナ型はそういう風には自分には読めん。

一部事例の全権売却の契約をもって出版社が著作権を買うという表現をしたのか?

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/25(火) 21:16:10.36 ID:mGtaSc+C
所有権と複製権に関係が無い例を挙げるとデジタル万引きの事例だな。
本屋の雑誌を撮影しても著作権法上はOK。
所有してなくても私的複製の範囲内になる。


285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/25(火) 22:56:38.08 ID:ZaEwYRmj
本当だ。OKなのか・・・
http://wikipedia.gwbg.ws/fbc

きちんと著作料を払った上で自分用に複製する自炊代行がだめで、
明らかに著作物を著作料を払わずに入手するのが目的であるデジタル万引きや
http://www.saidanbon.com/←これみたいなのはおkなのか。

弁護士ってアスペしかいないの?

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/25(火) 23:13:44.28 ID:i08tzzXe
ID:BQFjHHfo のように法(解釈学)を
センター試験国語現代文の感覚で読解してドヤ顔語りするやつも多いからね

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/25(火) 23:21:23.45 ID:BQFjHHfo
>>283
おれ「しょうが焼きを作るにはまず肉を買ってこなきゃならない」
お前「は?しょうが焼きだったら豚肉だろ」
おれ「‥あの、豚肉も肉なんですけど」
お前「だからしょうが焼きに必要なのは豚肉。牛肉やら鶏肉やら馬肉を使うとかありえない。」
おれ「‥いや、だから豚肉も肉だし‥‥それに牛肉を使う場合があるから肉と表現したんですが‥‥」
お前「俺が今まで食ってきたしょうが焼きはみんな豚肉だったね。普通は豚肉だと思うよ。牛肉が一般的なら謝るが」
おれ「ポカーン(゚д゚)」

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/26(水) 00:02:46.50 ID:mAoGbQ7T
>>287
判りやすくする、という自己弁護のためにいろいろ言葉を重ねすぎ。
結局判りづらいことには変わりないからそこは反省しておけよ。

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/26(水) 00:03:46.15 ID:YumU+hLS
>>285
法律だけで考えると
自炊の森も許容されてしまう可能性があるんだよな。


290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/26(水) 05:36:30.90 ID:NiWT/utm
本質的に意味の違う出版契約と売買を豚肉と肉程度にしか考えていないのか

著作権者の立場で考えたらその認識はかなり酷いぞ
佐藤秀峰の件での講談社の担当もこんなんだったのかね。

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/26(水) 18:45:38.76 ID:YumU+hLS
>>287
肉じゃがなら考える。

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/26(水) 22:17:45.86 ID:IEfAPSH+
>>285
デジタル万引きは法律上は違法行為ではない。(私的複製の範囲内だから)
デジタル万引き代行 というのがあったとしたら違法行為(私的複製の範囲外)

自炊代行がダメな理由は上記と同じで、本人が複製するか代行業者が
複製するかが違法か合法化の分かれ道。

そういう意味では自炊の森は「本人が複製」しているし、私的複製の
条件にマスターを所有しているかどうかは条件ではないから法的には問題ない。

そもそもマスター保持が私的複製の条件だったらレンタルCDだって
私的複製にならないという事を理解していない人が多い。


293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/26(水) 22:52:38.18 ID:/KMZ7T76

貸しレコード店に
カセットテープにダビングできる機器がおかれて問題になったな

結局撤去されたけど裁判沙汰にはならなかったのかな?

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/26(水) 22:56:18.28 ID:MvxY1gic
>>292
だから、そもそも迷惑かけない行為の代行がだめって時点でおかしいだろ?
代行かどうかより、迷惑行為かそうでないかを問題とするべきなのに、
条文の私的という言葉の解釈のみにこだわって議論してるのがおかしいってこと。

また、CDレンタルの件はマスターを保持してない人がレンタルしたものを複製することを考慮し、
レンタル屋から著作料をレンタルした回数に応じて徴収しているから、著作料はきちんと支払われている。

著作料を支払わずに著作物を所有することが問題の本質なのはあきらかだろ?
なぜそれを無視して、私的という言葉の解釈に拘泥して、それを得意げに語れるんだ?

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/26(水) 23:00:52.80 ID:IEfAPSH+
>>293
法改正で、公衆設置された複製機器を使った場合は私的複製の
適用外になって法的に設置できなくなった。

この例外措置によりレンタルレコード屋の店頭コピー機は
違法になった。

ただし、この法律を適用するとコンビニのコピー機も違反になって
しまうので、さらに例外措置として紙のコピー機は除外されている。

紙のコピー機は既に一般に普及していて無くなると著しく
不便になるので、経過措置として紙のコピー機を営利目的で
設置するのは認められている。

自炊の森のような自炊スペースが合法と言われる所以は
ここにあるんですよ。

自炊の森は在庫本の複製可の部分で違法認定している人が多いけど
先のデジタル万引きの話の通り、マスターの所持は私的複製の条件じゃ
ないから、この部分においても違法性はない。


296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/26(水) 23:08:59.13 ID:IEfAPSH+
>>294
迷惑かどうかは権利者が判断する事であって、自炊代行業者やその利用者が
判断する事ではないでしょ?

すでに権利者が法的根拠も添えて違法行為をやめるように勧告しているん
だからそれだけで十分なんじゃないか?

あと迷惑かどうかと違法・合法は別問題。
権利者にとって迷惑でも古本屋や漫画喫茶は合法的に営業している。
権利者が迷惑と思って、違法性が高ければクレームが付いて
最終的に訴訟沙汰になっても文句は言えないだろう。

自炊代行は実際に裁判になったら何を争点にするつもりなのかは
判らないけど、おそらく負ける可能性が極めて高いというのが
一般的な見方だよ。


297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/26(水) 23:13:25.50 ID:5k9b4j7n
>>294
代行が迷惑かどうかでいえば迷惑だから著作者にやめろっていわれてんだろ

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/26(水) 23:22:34.09 ID:IEfAPSH+
>>294
ついでにレンタルCDの件だけど、最初から著作者への利益還元の
仕組みがあった訳じゃない。

後から業界団体が相談したり、法改正によってそういった仕組みが
出来ただけで、マスターを所持しない複製が違法なんじゃなくて
その過程で著作者への利益還元がないことが問題なのだと思う。

だから自炊の森については利益還元の仕組みを作って還元させれば
済むだけの話だと自分は思っている。(自炊の森も自分で還元したいって
告知してますしね)

ただ自炊の森の是か非かという問題と自炊代行の合法性については
本来まったく関係のない話だ。

どうなに言い繕うとも「業者による著作物の無断複製」という違法行為を
現行法内で回避する事は難しいだろう。


299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/26(水) 23:32:43.37 ID:/KMZ7T76
>>296
> >>294

> すでに権利者が法的根拠も添えて違法行為をやめるように勧告しているん
> だからそれだけで十分なんじゃないか?

法的根拠も添えて?それはやってないんじゃないの。
質問状は、あくまでお願いレベルだろ

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/27(木) 00:09:09.01 ID:lulJzsK6
>>298
とは言っても自炊の森が真っ白かというとそうともいえない。
カラオケ法理というのがあって
著作物を客に利用させて儲けている場合
店が著作物を利用していると認定される可能性がある。

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/27(木) 01:56:25.59 ID:d6vZaM5f
>>300
カラオケ法理は客が著作権侵害してるのが前提だょ★

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/27(木) 09:15:50.07 ID:EOs6yZf2
自炊の森は法を字面通り解釈すると適法だけど著作権法の意味から考えると違法
よくある脱法状態ってやつだろうな

裁判を起こしたらまた何か新解釈や追加条文でもできて
著作権法のスパゲッティ化がより進行しそうだな

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/27(木) 19:04:34.85 ID:lulJzsK6
>>302
意味考え始めるとブックオフとかマンガ喫茶まで怪しくなってくるけどな。

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/28(金) 09:27:21.27 ID:/PAURp/x
>>303
見直し議論されてるのは電子化や電子著作物についての私的複製の話なんだろうから
物理著作物のままの運用である古書やらについては別の話でいいんじゃね?
少なくとも古書の流通や運用で複製は発生しないのが普通だろうし。

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/28(金) 13:17:07.10 ID:cZZhb+Qn
現状言える事としては・・ 自炊の森はカラオケ法理を使えば
違法認定出来るかもしれないというレベルで、そういうレベルの
話でいくとyoutubeとかニコニコ動画とかと大差ないのではないかと思う。

自炊代行は、カラオケ法理以前にストレートに法解釈すると複製権侵害の
疑いが濃厚で、だからこそ出版側も違法性がはっきりしない自炊の森では
なくて、自炊代行に対して圧力をかけているのだろう。

本音としては自炊の森にも圧力をかけたいが、かける為の法的根拠や
大義名分の問題で今のところ放置せざる得ないのでしょう。

法的根拠も無く、圧力をかけると営業妨害として逆告訴される事も
無くはないですからね。


306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/28(金) 13:19:14.87 ID:bwhI/d01
代行業者からすれば

「頼むからお前ら黙ってくれ こっちは目立ちたくないんだよ!」

ってとこだろうねw


307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/28(金) 13:28:43.46 ID:pGLYDJqE
>>306
どうだろうね?
利用者が十分増えて世論を味方につけた方が戦えると思うけど。
小さいところはそうかもしれないけど。

ニコニコとかyoutubeとか小規模だったらつぶされてたと思う。

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/28(金) 16:19:02.90 ID:/PAURp/x
>>307
大規模な企業展開が封じられてる状態じゃ
加勢として足る規模の世論を味方につける可能性は低いんじゃないかな?

現状の生殺し状態を維持できれば「反自炊代行」側としては実質勝利であり、
思わぬ反撃の可能性が有る裁判まで持ち込む必要は無いんだろうね。

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/29(土) 00:38:32.60 ID:58gf+mJ7
実際は学者とかライターとかの利用者が多そうだけどな

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/29(土) 08:27:51.26 ID:E1rVQC76
自炊代行って代金ほとんど1冊 100円だよね
どうやって利益だすの? 同じ本だと二次使用するのかね?


311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/29(土) 08:33:14.91 ID:E1rVQC76
絶版本がほしいのだが 電子で買いたいのだが
出版社は出さないのかね? 定価でも買うぞ
なんで出版社は絶版本を電子で復刊しないの?


312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/29(土) 09:11:30.48 ID:Sxs8/4RD
>>310
さんざん既出だが、二次使用するために本を探すより、来た本を片っ端からスキャンしたほうが早い。
一般的に、自炊代行業者に導入されているスキャナは毎分90〜110枚クラスの業務用スキャナ。
つまり、漫画一冊(平均180〜220ページ、つまり紙の枚数90〜110枚)をスキャンする場合、1分前後。
断裁とスキャンを分けて効率化すれば毎時30〜40冊のペースでスキャンは余裕でこなす。

毎年78000点強刊行される出版物を来るたびにスキャン済みかそうでないかを登録してDB化する
時間とシステム維持にかかる手間暇を考えたら、二次利用をしようと思ったらもっとコストが必要。

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/29(土) 09:27:55.27 ID:CCw5jr2E
>>312
一番コストがかかるのは確認作業じゃね?

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/29(土) 09:29:50.74 ID:1AMQGn84
>>310
実は200円のところが多い

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/29(土) 09:44:59.74 ID:CWeKABb6
>>313
たぶんそうなんだろうね。
確認作業すべてなしのものすごく安いコース用意している業者あるよ。

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/29(土) 09:45:26.02 ID:sPJJVvRI
>>311
絶版は売れないから絶版した
やるにしても順番としては最後尾

タノミコムあたりで、購入者の数を示せば良いかもよ

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/29(土) 09:51:55.22 ID:CCw5jr2E
安さを売りにした業者はもう次の稼ぎネタに移ったって感じだろうな。
生き残っているのは150円以上が多い印象。

ポケットブックスみたいな夜逃げ被害を考えると
あまり格安は怖いって思うようになってしまった。


318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/29(土) 11:13:45.07 ID:CWeKABb6
>>316
絶版の基準なんだけどさ、本当に売れない本が絶版になってるのかな?
あきらかに需要があるはずの書籍が絶版になってるパターンが多いんだよね。
新しい本を売りたいから昔の本は需要があっても絶版にしているんじゃないかと疑っている。

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/29(土) 11:17:56.06 ID:ECx87g05
>>313
そうだよな
確認作業が0になることを考えたら>>312の言ってることは机上の空論
ファイル名に作者名+題名とか入れるならその時点で検索もDB化も終わったような物


320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/29(土) 11:22:54.02 ID:Sxs8/4RD
>>319
空論呼ばわりする前に、やってみ?w

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/29(土) 11:35:43.83 ID:CWeKABb6
>>319
データベース化して同じ本ならスキャンせずデータを渡すみたいな話だよね?
無理じゃないの?

だって、スキャンする本には書き込みがあるパターンがあるんだぜ?
新品同様の本送ったのに、他の誰かの落書きがあったらブチ切れるだろ?
第1刷にあったミスが訂正されている第2刷を送ったはずなのに、
訂正されてなかったとかも我慢できない。

それで悪評が広まったらそれで終わりじゃん。

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/29(土) 11:37:46.26 ID:E1rVQC76
ipadが本格的に普及したら
データを読書間でやりとりする人が増えて
本買う人減るだろうね
音楽のCDと一緒になりそう

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/29(土) 11:39:55.78 ID:1AMQGn84
出版社の電子化速度が間に合ってないんだと思う。
sonystoreの蔵書点数で1万→3万(10ヶ月)
年間2万4千点追加ってところ。
紙本の年間発行点数が8万だから新刊ですら無理。
まして絶版本に手をつける暇が無い。

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/29(土) 11:52:08.45 ID:58gf+mJ7
>>318
著者の意向で絶版もかなりある

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/29(土) 11:53:06.78 ID:58gf+mJ7
しかし出版で今電子原稿でやりとりしてるんだろ
そのまま電子出版するスキームに移行できないんだろうか

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/29(土) 12:03:01.14 ID:sPJJVvRI
>>318
それこそ、欲しいという人の数を示せれば良いことだろ…

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/29(土) 16:06:11.68 ID:E1rVQC76
全書籍電子で買えるようにしろ
定価でもいいから


328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/29(土) 16:09:00.12 ID:sPJJVvRI
>>327
スレ違いになるので雑談スレにでも移行したほうがいいよ

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/29(土) 18:10:58.99 ID:E1rVQC76
http://hatsukari.2ch.net/test/read.cgi/news/1319869013/l50

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/29(土) 18:53:40.11 ID:1AMQGn84
自炊代行を私的複製の範囲と認めて
30条2項にある録画補償金を代行屋からせしめるってビジネスはありなんだろうか。

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/29(土) 19:09:08.35 ID:2doJAs6c
>>330
いつ潰れるか分からないような弱小業者から安定して十分な金が入るとも思えんが。

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/29(土) 19:21:19.86 ID:1AMQGn84
>>331
出版業界が自前で作れば最高。

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/29(土) 21:06:12.01 ID:xX6nXzxK
>>321
学術書ならともかく一番需要のありそうな小説や漫画には書き込みする人間は稀だろうし
初版本とかじゃない限り版数刷数を気にする人はそれほど多くはないだろうし
あれ?って思っても既に原本が手元にないんだから証拠がないし

一応納品後1ヶ月くらい委託受けた本をそのままプールしといて
クレームきたときにはそれスキャンして「同時期に同一の書籍を委託されたお客様がいて取り違えましたもうしわけございません」でおっけーだろ

つかアマゾン直送便の場合なんかはその手間すらいらんね

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/29(土) 21:34:30.38 ID:2doJAs6c
>>333
なんか反論するのも阿呆らしいが一応。
・客が発送する前に書き込みを撮影して送ったら証拠がある。
・複数人で時期をずらして同じ本を委託して同じファイルが来たら、
 「同時期に〜」は通用しない。
・その言い訳が数十件たまったらどう考えても黒。

そもそもコピーを渡したら、唯一の合法主張である自炊代行の拠り所を失って、
刑事事件になって逮捕されるリスクがあるわけだ。
ごくわずかな注文重複の時間削減のために、そんな高リスクなことをしたら割に合わない。
リスクをとるなら、ファイル共有ソフトで流れているものを売ったほうが手っ取り早く、
手間がかからない。もちろん捕まるがな。

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/29(土) 21:44:33.47 ID:Sxs8/4RD
>>333
ブックオフで漫画や小説買ったことないのか・・・
むやみやたらと書き込み率高いぞw

ないように見えて、気づきにくい余白に細かくメモ書きとかあるから、油断ならん。

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/29(土) 22:06:06.52 ID:CCw5jr2E
何の話をしてるのかわからなくなってきたな。

どう考えても自分の送った本と違うスキャンデータが送られてきた
って報告は何件か上がってるし
やってる業者は有るんだろうなってことでいいじゃん。
使いまわしをやるかやらないかの判断や
それが効率的かどうかなんて業者の事情次第なんだし
外から勝手な前提で予想しても意味が無い。

データ使いまわしは利用者的に望ましくない運用だし
報告を続けてればそのうち悪評業者に格上げする空気になってくるでしょ。

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/29(土) 22:14:21.85 ID:Sxs8/4RD
>>336
その種のなんとなくそうじゃないかと思うってところから、試しに検証するのは簡単なのに、
誰もやってないからねえ。
俺らだけじゃなく、それで被害認定しなくちゃいけない出版協会でさえも。

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/29(土) 22:58:59.86 ID:xX6nXzxK
>>334
いや、普通の客相手の話をしてんだけど。
そんな当たり屋みたいなクレーマーからの注文は業者も受けたくないだろうからそいつからの評価は下がってちょうどいいんじゃね。

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/29(土) 23:27:07.99 ID:CWeKABb6
>>338
そのあたり屋みたいなやつがなんでこっそり自分の中で評価さげるとおもうんだ?
そこいら中に悪徳業者として吹聴するに決まってんだろ?(まあ、実際問題あるし)
>>337のいうように、出版社側がおとり捜査として注文してくる可能性もある。
そのリスクに対して、DB化してスキャンの作業を一回省略するのが割に合うか?

だいたい、本の総数に対し自炊依頼される本なんてほんのわずかなんだし、
ほとんどの本は一人から一度だけ依頼されるはず。
大規模なデータベースとか作ってもリスクあげるだけでほとんど意味ないだろ。

人気の小説や漫画のファイルだけは用意しておいた方が楽かもしれないけどな

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/30(日) 00:09:28.86 ID:aPKdfIzh
これだけ零細スキャン代行があるわけだから

使い回ししている業者が見せしめ的に家宅捜査されて
マスコミがスキャン代行黒キャンペーンはったら
大手でも倒産するとこでてくるだろう

で、業界壊滅

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/30(日) 08:59:28.31 ID:Pj34k+wr
自炊代行なんかでやっていけるんか?
1ヶ月どれくらい儲けあるか知りたい

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/30(日) 09:08:29.18 ID:KdcokJYZ
ま、クレーム対応まで含めたら毎月大赤字だよね

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/30(日) 09:29:39.68 ID:oDasK2bc
>>324
その場合電子書籍化もされないだろうな

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/30(日) 09:35:36.34 ID:md+sYEaV
ちゃんと効率化できてるところはそれなりに成り立ってるんじゃねーの?
じゃないともっと夜逃げ業者でてるだろ


345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/30(日) 11:50:11.75 ID:3kQ6aPcU
個人向けのS1500と業務用ADFスキャナじゃスキャン結果が全然異なるんだな
S1500は小説専用機と割り切った方がいいかも

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/31(月) 23:32:56.37 ID:DI8Vn37G
ポケットブックスは詐欺だったのか。本は無理でも決済業者に振込んだ分なんとかしたい。

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/12(土) 12:12:38.45 ID:R+ia5jYF
hosyu

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/12(土) 19:07:24.03 ID:b44I7ZXN
SCANOWはどうした?どうなった?

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/13(日) 21:55:24.02 ID:hG2CRHBV
スキャポンから連絡がねえ

またこのパターンか…

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/14(月) 00:26:15.51 ID:tSpSZ3xj
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20111107-00000000-blogos-pol

TPPが導入されると著作権侵害が非親告罪になるかもしれないらしい。
これが導入されると代行業者は本当にやばいかも?

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/14(月) 22:52:28.95 ID:4RF1wdBB
代行業者は逆にフェアユース扱いされる可能性がある。
逆に
再販制とかなくなるから、むしろヤバイのは出版社
アマゾンが価格の主導権握ろうとするのはTPPを踏まえてのこと

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/15(火) 14:02:31.26 ID:DJZoMBKC
ポケットブックスが詐欺だと知らず、お金振り込んじゃったよ。
アマゾンから「ご不在のため配達が完了していない」ってメールが来て、
電話したら繋がらないの。「お客様の都合により」って。
これってなんとかならないの?消費者センターに電話した方がいいのかな?

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/15(火) 21:27:02.04 ID:X17REhA7
振り込み詐欺扱いで警察に連絡すれば対応も早い
銀行も口座凍結してもらえる

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/18(金) 15:46:38.24 ID:t9P0RpaF
>>352
「お客様の都合により」というのは単純に電話料金未払いのときになるね。
自動引落の口座残額がゼロという事かな。

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/23(水) 17:02:20.05 ID:f3mce6YP
OCR一冊100円ってのがな。。。
アクロバットありゃただやん。。。

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/23(水) 17:30:45.22 ID:9jJdv0LZ
他スレのコピー

この辺のソフトで透明テキスト埋め込みPDFを作れるぽい
http://www.forest.impress.co.jp/article/2007/11/07/xeloreaderzero15.html
http://www.nayuta-vision.com/archives/341

PDFから画像ファイルを取り出す必要があるなら
http://www.vector.co.jp/soft/win95/writing/se377893.html

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/23(水) 18:04:28.29 ID:48sCV+3n
なんという優しさ。
ありがたや、、、

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/23(水) 18:28:55.91 ID:9jJdv0LZ
>>356
"クセロReader ZERO"の最新版はこれかな

http://reader-zero.jp.brothersoft.com/


359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/23(水) 21:20:13.58 ID:7KjRaQ9s
>>356 おお、いいね。
一番下の
>JPEGファイルはPDFヘッダ・フッタを取り外すだけです。中身に加工はほどこしませんから、オリジナルのJPEG画像を取り出せます。
ってあり、下の画質を保持してくれて良いね。

アクロバットの画像保存も同じように元画像出してくれるのかな?

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/24(木) 03:45:00.06 ID:Lw97eioK
>>358
brothersoftとかさすがにないわw

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/27(日) 19:09:15.01 ID:BueCtorl
>>355
アクロバットがただじゃないからなぁ
何冊が損益分岐点なんだろ。

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/27(日) 19:29:18.64 ID:gvUcjsP5
s1500には付いてたけどな

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/27(日) 19:31:52.24 ID:9Yp4dCxJ
361への直接的なレスではないが、本を300冊以上持っていない人は自炊せずに
本棚にそのまま所蔵し、余計なコストをかけない方がいいと思う。自炊する人は本がありすぎて家に置けない人が大半だろう。

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/27(日) 23:20:39.25 ID:VCqxbB5I
自炊出張してくれう業者ないかなとふと思った

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/28(月) 00:12:42.58 ID:BMUlSSsh
>>364
あるよ。

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/28(月) 03:19:30.01 ID:UokgkG90
>>355
ソフト代というより、処理時間の都合と思われ。

ニートじゃあるまいし、時間は無料じゃないしな。
もっとも、スキャナのローラーなどの磨耗と比べたら
高いとは思うけど。

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/28(月) 09:35:41.29 ID:FBCBAFrG
>>365
ほお、あるんだ

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/28(月) 13:56:17.36 ID:BMUlSSsh
>>367
法人向けのとんでも契約になるけどなw

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/29(火) 00:35:52.69 ID:4mWqirk4
>>355
いきなりpdf でよくない?

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 15:02:27.37 ID:uyKpYKOk
出版社が紙の本を送れば変わりに電子書籍送ってくれるサービスしてくれりゃいんじゃね?って思った。

371 :572:2011/12/03(土) 18:26:00.76 ID:p6XX/GQs
>>370
有料ならやってくれるかもね。
本を断裁してスキャンしたりしてwww

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 21:39:42.08 ID:uyKpYKOk
>>371
金出して本買ってんのに、さらに金とんのか

そいや、電子書籍の県立気の本をどっかで出すって話無かった?

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 22:04:00.45 ID:MoU2r+4W
古本買った奴からは利益を得ていないからな
新刊買ったときのレシート取ってあるのか?

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/05(月) 16:04:07.50 ID:AEsLfu0O
自炊代行ドットコム復活!

http://jisuidaikou.com/index.php?action_TopIndexPC=true&page=6

やはり「著作権者の許可済み」というほぼ実行不可能な条件を前提に
依頼を受けるらしい。復活する業者が増えてきたら出版側に動きがあるかな?


375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/05(月) 16:24:05.35 ID:ymaWcBMa
これは「返却手数料」で儲ける新ビジネスモデルだと思うな

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 17:51:33.01 ID:oGOuKjks
>>370
これやりゃ古本屋に流れる本も減って良いんじゃないかって気がした
電子書籍権を使った本は出版社が古本屋に流せば、古本屋に有る本が電子書籍化権のついた本かついていない本かわからなくなり、電子書籍が欲しい人は古本屋で買わなくなる

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 17:52:11.62 ID:oGOuKjks
俺言ってる事なんか変だな

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 20:25:13.93 ID:DXin2pKP
代行に反対してる著者が邪魔だお(´;ω;`)うっ
14も冊持って自炊スペース行くなんて面倒だお


379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 23:40:08.61 ID:JlDiXsgy
著者の立場からしたら代行が邪魔だお
面倒でも自分で自炊するか、正規の電子書籍を購入するしかないだお


380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 23:47:14.30 ID:XGVdt0NG
著者の立場ならブックオフに持っていかれるより
自炊業者に解体してもらった方が儲かる

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/08(木) 00:39:06.59 ID:3xxmlh8O
著者・出版業界の立場からすればブックオフも代行も両方邪魔。

法的に突込みどころがある代行を排除しようとするのは自然な流れ。


382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/08(木) 08:18:41.93 ID:keIl79kA
海外ではおんなじようなサービスないの?

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/08(木) 09:59:21.82 ID:QHJ8A/a5
>>382
タイのあたりとかコピー代行と同じ様な感じに街で激安スキャンやってくれるらしいよ。
ググると体験ブログみたいなのが出てきてた。

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/08(木) 23:23:52.05 ID:QtqxJR1g
タイに行く服がない

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/08(木) 23:29:12.83 ID:e+sC5k8D
購入者の立場なら、自分で買った本煮ろうが焼こうがケツ拭こうが
俺の勝手だ

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/09(金) 10:43:21.75 ID:fSDI3d9a
>>385
購入した本の著作物に関する全ての権利が所有者にあるって
勘違いしてないかい?

代行に依頼して電子化してもらう権利は現行法上、本の所有者には
ないし、著作物の複製を業者が代行する法的正当性もないから
著者・出版社からクレームをつけられている。

マイ法律を主張したところで、世間では認められないよ。


387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/09(金) 11:01:46.47 ID:d7g6LNRg
煮る・焼く・ケツを拭く権利は持ってるけどな

話は違うが
ネット上に上げられた自炊本を落として読むのも違法じゃないよな
著者や出版社はマイ法律を主張するなy

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/09(金) 13:12:51.17 ID:gtTeJjth
>>384
自炊以前の問題だなw

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/09(金) 16:19:54.67 ID:JBWuP9pk
>>386
確定してないのによくもまぁベラベラとw

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/09(金) 19:27:56.58 ID:zAlotHhW
自炊した本を、ネットにあげて自分で読んでも罪ってのはなっとくいかない

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/10(土) 01:10:57.06 ID:DLMifo7k
>>389
「確定してないから問題ない」と言うなら何で「質問状」を送られた
だけで廃業する業者が続出するんだろうね。

代行業って権利者に公然とクレーム付けられたら対抗できない
業態って事を証明しちゃってるよ。

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/10(土) 01:14:40.17 ID:EH4pjfVs
そもそも1冊100円て料金は消耗品代とかのメンテナンス費用さえ考えてないだろ
まして弁護士費用なんて出せるわけもない
いいきっかけだから止めたんだろ


393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/10(土) 01:39:06.00 ID:4XWiLEL+
>>391
> >>389
> 「確定してないから問題ない」と言うなら何で「質問状」を送られた
> だけで廃業する業者が続出するんだろうね。

それが確定した根拠になるとでも?
循環論法乙

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/10(土) 11:20:28.21 ID:DLMifo7k
>>393
確定した根拠とは言ってないよ。
「確定してないから問題ない」という主張に対して
だったら廃業する必要ないじゃん。っていう主張しただけ。

ただ393と同じように考えずに、訴訟沙汰になったらまずいと
考えた多数の業者が廃業したという事実を指摘しただけだよ。

問題ないと思うなら、訴訟沙汰になるまで営業を続ければ良いし
リスク覚悟でやっているんだろうから、それに対して
とやかく言う気はない。

依頼した方にも「著作権者の許可を取った」と虚偽の事実を
元に代行を依頼した責任を問われる可能性がある。

リスクを判った上であれば自己責任で利用すれば良いだけだ。


395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/10(土) 11:23:26.92 ID:EH4pjfVs
代行依頼すると有罪の可能性があり
ネットからDLすれば完全無罪

DLする方が善であり賢い

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/10(土) 11:47:51.67 ID:SZ1ATvVl
>395
今のところ、それが最適解なのがなんとも釈然としないよなw

394のようなのが出版業界の答えなら、DLのほうが安心できていいねぇwww

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/10(土) 12:45:19.16 ID:hpZw8VTG
著作権って考え方自体がそもそも曖昧なものなので、これからも変えていくべきもの
でしかないんだし、クダ巻いてないで文化庁の審議の見学行こうぜ。

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/10(土) 12:54:14.07 ID:InSGAqMP
>>394
まぁ、勝てる裁判でも、
時間を取られるのをめんどくさがってやらないパターンもあるからな。

法的正当性が無い、と「マイ法律」で断言してしまった君はとても迂闊だ。

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/10(土) 22:07:04.99 ID:nUbHHHzo
>>387,395
去年からダウンロード違法になってる

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/10(土) 22:49:13.67 ID:EH4pjfVs
>>399
それは映像と音楽のみ


153 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)