5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

電子書籍雑談スレPart11

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/26(土) 11:23:13.11 ID:GARw4dLS
該当スレの無い電子書籍関連の話題はこちらで
お願いだから他のスレを荒らさないでね><

■過去スレ
電子書籍雑談スレ
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/ebooks/1286113582/
電子書籍雑談スレ その2
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/ebooks/1288778914/
電子書籍雑談スレPart3
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/ebooks/1294477288/
電子書籍雑談スレPart4
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/ebooks/1295872946/
電子書籍雑談スレPart5
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/ebooks/1298604175/
電子書籍雑談スレPart6
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/ebooks/1301667909/
電子書籍雑談スレPart7
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/ebooks/1307534451/
電子書籍雑談スレPart8
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/ebooks/1314945524/
電子書籍雑談スレPart9
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/ebooks/1317141813/

■前スレ
電子書籍雑談スレPart10
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/ebooks/1318765640/

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/26(土) 20:52:07.40 ID:2CHxGLDa
一乙

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/27(日) 09:45:52.93 ID:2dDChyPV
立ち読み目標→千冊
お試しダウンロード目標→二千冊 なオレ。
>>1 乙。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/27(日) 10:05:44.64 ID:XikB+u/q
使い物になりません

糸冬

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/27(日) 10:42:40.54 ID:GM/qDdYu
>>4
何が?

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/27(日) 12:01:06.38 ID:srB87X1U
売り手の都合でいじると、なかなか普及しないもんだね。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/27(日) 12:31:35.37 ID:DJdVgEFA
キンドル年内発売は無理?
今から宣伝して売り出しても年末商戦に間に合わないような…
年明け?ガセ?
調子狂うなー

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/27(日) 18:42:08.27 ID:zXvycsco
俺は最初っから今年は無理だと聞いてたけどな
だから日経の記事は意外だった

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/27(日) 18:52:20.47 ID:yaSG7ggL
キンドルなんて出したって売るものがそもそもないw
大手の嫌がり方がパねえし、まだしばらくはあり得ん

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/27(日) 19:43:44.57 ID:MOZBv1ZP
洋書がそのまま読めるだけでも
だいぶ捗るわ

利用者が限られそうだが

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/27(日) 19:48:12.97 ID:srB87X1U
コピーフリーのPDFファイルで検索可能、永久保存可能にしないと
食指が動かない感じだな。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/27(日) 20:40:21.14 ID:25NB9Q1R
電子書籍=橋下
紙書籍=平松

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/27(日) 20:52:21.43 ID:srB87X1U
>>12
それどういう意味?

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/27(日) 21:01:33.12 ID:25NB9Q1R
旧来のシステムを変えるという意味

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/27(日) 21:35:25.47 ID:srB87X1U
やくざの子って意味じゃないわけね?

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/27(日) 22:01:41.29 ID:evq98fKg
>>10
いまとかわんねーなそれじゃ

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/28(月) 03:12:51.76 ID:V/ZzMhqR
>>14
ハッタリだけで状況は逆に悪くなるって意味か
ナットク

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/28(月) 07:10:13.74 ID:d+UW96SH
いらん

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/28(月) 08:34:00.76 ID:XRI6Jhm2
>>12
どちらも悲惨

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/28(月) 09:03:27.79 ID:V/ZzMhqR
いらく

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/29(火) 13:44:45.20 ID:KTIJcOsR
>>8
夏くらいまでは、年末のロンチの方向で決まってたんだけどね。
出版社だけでなくデータ制作会社とも契約で揉めているらしいから
日経の記事はいつの話だよって感じだった。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/29(火) 15:31:44.11 ID:JgF3FhEE
calibre使ってる人いない?
ファイル名とかフォルダ作成規則とか日本語環境にしたいんだが何とかならんのかな
それか、フォーマットの違う統合電子書籍管理アプリって他にないのかな

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/30(水) 00:08:52.88 ID:hcrm6fO0
あふがにすたん

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/30(水) 22:09:50.03 ID:d4o5K3zt
雑談で話すこともなし。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/30(水) 22:15:14.93 ID:ZRGYKSbz
質問です。基本的なことですいません
電子書籍で小説を読みたいんですがスキャンしたみたいな感じなのですか?青空文庫みたいに文字データでレイアウトとか文字サイズ変えられますか?
あとiPhoneとMacで共有とかできますか?


26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/30(水) 22:16:44.93 ID:eEAh7u4U
変えられるよ
共有できるよ

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/30(水) 22:21:45.09 ID:d4o5K3zt
>>25
配信データ・配信会社によるよ。
全部を指して「出来る」とは言えない。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/30(水) 22:42:43.55 ID:ZRGYKSbz
ありがとうございました
具体的にオススメとかありますかね?

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 00:39:29.95 ID:T7DLKIUr
「ジエーン・ウーザイ」というラノベがオヌヌメ

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 02:35:34.68 ID:9WGH73a5
まだあまり知られてないが
捨真野メロって作家がオススメ

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 10:05:08.88 ID:CoEN6dpy
以前、電子書籍の制作会社で働いていたんだが、医学系の本のデータで句読点に「.,」
使ってるのを見たそこの会社の責任者が「医者だとか言ってえらそうにしてるけど句読点
の使い方も知らないバカ」とか言ってて萎えた。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 10:42:51.56 ID:haGr6E/Y
文系と違うルールが許せなかったんでは?
あんまり美しいとは思わんからなあ、自分も。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 12:23:33.78 ID:0CJKR9rk
単に知らないだけでしょ。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 12:28:49.14 ID:gydjnZz1
>>31
バカはお前
医学系というか、理系の文献、論文は昔から殆ど横書きで「.,」 を使うよ。
英語の論文と合わせてる
いい悪いじゃなくて、そういう習わし。
勿論、そうじゃないのもある。


35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 12:32:47.94 ID:FpRATKUc
>>34
バカはお前だよ

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 12:34:33.47 ID:fRUfwRTG
>>35
どうバカか言ってみな

37 :31:2011/12/01(木) 12:38:03.15 ID:CoEN6dpy
>>32
業界では有名なところなんだけど、結構gdgdなんだぜ。
預かった底本を「うっかり」古本屋に売って、「紛失しました!今後気をつけます」とかやってた。

>>33
そんな感じ。

>>34
もちついてもう一度読めw。
そいや、以前は公文書の類も「.,」の事が多かったね。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 12:46:29.42 ID:fRUfwRTG
理系論文は今でも「.,」だよ
それを本にした、理系しか読まない専門書は「.,」が多い。
わざわざ「。、」に変えてるの本もある。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 12:56:00.75 ID:fRUfwRTG
数式が「.,」だからね
説明文だけ「。、」になってるのもあれば「.,」のままもあった
正直どっちでもいい

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 12:58:12.02 ID:FpRATKUc
>>36
>>31の文章百回読んで死ね

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 12:59:58.67 ID:qGyUELCl
>>40
素人なんで、詳しく説明してくれないか?

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 14:04:25.59 ID:UYHyZAg1
「理系の文章の句読点が『,.』で書かれる習わしを知らない(偉い)人」
に遭遇して>>31は「呆れた(萎えた)」と書いている。
その31に対して「馬鹿」と言ってる34は、その「物知らずな(偉い)人」の見解と
同一見解である、ということになる。


43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 14:09:11.17 ID:1wB0CBuU
>>41
あなたは皆の指摘通り>>31の内容をもう一度きちんと読むべきです。
>>31さんの主張はあたなと全く同じなのです。
それを読み取れらずに>>31さんにバカと言ったから皆が叩いているのです。
冷静になって下さい。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 14:17:20.10 ID:mSnxpwbN
理系の文献以前に、小学校の国語レベルだな

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 14:21:52.67 ID:0CJKR9rk
本当に小学生だったりするから、侮れない。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 14:35:06.25 ID:rR6T3NpP
それって理系だけだったんだ

現役大生だけど自分で書くレポートも「,.」だ

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 15:21:10.22 ID:1wB0CBuU
>>46
もしそれを理由なく何となくやっているのならば止めた方が良いよ。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 15:22:26.38 ID:UYHyZAg1
理系だけとは誰も言っていないと思うよ。
ただ句読点は「、。」でないといけない…というこだわりのある人は
理系には少ないであろう、程度の話。
文系も国語系と外語系では比率は違うだろうし。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 15:24:26.74 ID:zowPUqew
大手はほとんど知らないが
電子書籍参入業者には程度の低い者が多い。
その一人の俺が言うんだから間違いない。
もう辞めたいけど行くとこがない。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 15:36:53.57 ID:zowPUqew
電子出版事業部なんつって
いつのまにか専任は中途の俺だけになってた。
笑える。もう知らん

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 16:05:23.12 ID:rR6T3NpP
>>47
何故?

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 16:09:27.65 ID:u/Fw5nqT
そりゃ普通の会社に勤めたら上司や取引先に通用しないからだろ

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 16:10:27.91 ID:TgANxTOr
そりゃ一般人はそもそも本なんて日常的には読まないし、
電子書籍となるとさらに一部の濃い人しか読まないからね

日本みたいに最寄りに本屋やコンビニが必ずあって、
千円くらいで本が買える国には無用だから

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 16:25:49.57 ID:rR6T3NpP
>>52

大学のレポート、論文に「.,」使うのやめた方がいい、って話で就職してからの話ではないよね?

環境が変わればその環境でのスタンダードに合わせるのは当然でしょう

現状ではそれがスタンダードであり、裏返して解釈すればそれを要求されてるんだから、やめるべき、という理由にはならない

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 16:30:04.73 ID:CoEN6dpy
>>49
なかなかないよねぇ、求人w。
どっか良いところがあれば行きたいなぁ。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 17:00:23.07 ID:u/Fw5nqT
>>54

>>47
>理由なく何となくやっているのならば
って仮定での話なんだから>>52もその仮定に合わせた話

要求されてるのなら
>やめるべき、という理由にはならない
のは当たり前じゃん

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 17:13:48.24 ID:V89mlBiU
まぁ、大半は普通の会社に勤めるからな
企業や大学の研究室にでも残るのなら別だが

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 18:12:08.04 ID:24U18hpn
>>54
逆になぜ理由がないのに句読点を「。、」ではなく「.,」にするの?

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 18:22:42.00 ID:UYHyZAg1
たとえば
「なんとなく、その方がかっこいいと思ってるから」
「周りがそうしているみたいだから、なんとなく」
といったレベルの理由なら、「理由もないのに」に分類されると思うよ。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 18:27:39.14 ID:PmF4tHxY
ろくな話題がないね
もうオワッテルねw

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 18:29:41.65 ID:NwFDykDW
電子書籍の普及を邪魔している老害がつくりだす閉塞感のせいだ。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 18:40:29.71 ID:dBwP7n34
頭悪

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 18:41:57.96 ID:NwFDykDW
しかし老害は自分が頭が悪いとは思ってはいない。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 18:44:10.28 ID:dBR7RA2r
君みたいに

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 18:49:49.61 ID:NwFDykDW
頭は良くないからだめだといいたいのだろうけど、
しかし老害も客観的に見れば頭が悪いというだけの話。
自分のことしか考えない人間がだめ。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 18:50:49.71 ID:Qr2SfFsO
老害とか言ってる時点で負けでしょ

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 18:52:04.89 ID:NwFDykDW
老害が勝ち組であることは確かではあるが、
社会的、文化的にはやはりただの老害。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 18:55:52.46 ID:r2fKd49T
.               //   |/| ヾ{ ヾ | |ツ }ツヽ 、
.            / ,′  |::||r:、Yヽ| | /Yr:、 トiハ
            ′ i   |/ し Y{| | }Y !ノ |:| i
          i  |    |  . - . ` し' . - . `| |
        x≠==ミ|    |/|_l/L|_ト、_.ィf ハ| |i\| ├: 、
         {:{ | /:|    |/´|/ |! |/  N丁「`!/V l`ヽハ
.          Yハ//:|    Kマ气≧     ィ弌ト,}V  |  |::|
          `7:://:|    |ハ辷'r     辷r ./  iト.、|::|
            /::/ i:::|    ト\      ,   ー=彡'  ||ヘヽノ
         i::/ |:::|    |、      _     イ/   ハ! |:|_
         l/  l:从   ヽ > .      イ /}  / l_r‐{_} T Tヽ __
            l    ヽ   辷==≧≦、/./ /i |` しし∪   |
           l      \トミ77777i|   |i // | |         .|
          l    __ x<〔/> ////||   ||/ヘ⊥⊥、|   .そ 軽 .|
         ./  爪/:::i|:ヽ::V////>/||_/ヽ::::}ハヽ:ヾ::.| 使 .の 々 .|
       /  /||::||:::||::::}::::〉//////    >-、::}}:ヾ| う .言 し |
.      /  {::||::||:::||::::レ'77´ ̄` ー一 ´     ';:《::::| な 葉 く. |
     /   丿:リ::||:::ヾ:::{///      r‐ 、      ';:《::|     を.    |
.    /  /:〃::::}}:::::::ヾV∧    、__人       }:}└‐┬──┬‐┘
    /  {:::::《:::::::{{:::::::::::》〉//>  〃 ll `     ノ:{{::《::::ト#=#=イ


69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 19:00:48.91 ID:NwFDykDW
老婆心ながら、アスキーアートも老害。
フォントが汚いので、あぼーん設定にしている。
今時アスキーアートの醜いフォントを使っている人はいるのだろうか。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 19:06:48.45 ID:e8ken9iA
就活はじまったね

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 19:17:32.59 ID:vKf87AXc
皆いつかは老害と呼ばれる立場になり得る事を忘れてはいけない。と自省している。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 21:28:11.56 ID:l3vF7oDu
Panasonicの端末、入札制のモニター販売だと。
http://ec-club.panasonic.jp/mall/sense/open/product/UT-PB1/shop/monitor.html?utm_source=asahicom&utm_medium=banner&utm_content=chumoku&utm_campaign=ACB_ps_111129

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 22:48:45.89 ID:9rJySJPW
BS1で教科書のデジタル化をやってた。日本て遅れてるな〜

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 23:46:54.21 ID:TtFEFynX
遅れるのは構わないが取り決めに右往左往するばかりでスマフォみたいに外資に市場独占されるような事態は困るよね

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/02(金) 03:24:18.90 ID:P8PAu+yI
>>72
端末なんてPC、スマホ、タブレットでいいがな
専用端末なんて普及した後じゃないと売れないだろ

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/02(金) 05:15:27.54 ID:gIcQwlNw
>>69
労害っていいたいだけで、無理矢理こじつけ臭がして見苦しいw

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/02(金) 05:52:03.71 ID:YrlM/Jdi
電子書籍は一部の労外が盛り上がっただけ

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/02(金) 08:45:47.61 ID:XmqApSec
電子書籍出る前から本を読んでない奴の
叩きがひどいな
本棚が溢れてる人間からすれば
場所を取らない分便利に感じてるわ

もちょっとコンテンツを増やして欲しいんだよな

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/02(金) 09:18:11.59 ID:BjqhKmL4
それにしてもネットみたいにPCで一般書籍読むるようにするだけの事が
一体何でこんなに難しいんだろう。
青空文庫はPCではいまいち読みにくいが、
HD250GBのPCはやはり安心。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/02(金) 09:34:04.40 ID:iUW/d+Gx
ネットは5万人、10万人ってユーザーを集めて収益をあげてる。
書籍は1000部2000部、1万2万って感じでしょ。
電子はそのレベルにも達してないけどね。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/02(金) 09:51:16.82 ID:IP0deb4R
>>25
iPhoneとMacは微妙かも。
紀伊國屋のkinoppyが前向きに対応を検討してるみたい

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/02(金) 10:17:30.07 ID:1rcUGBwe
>>81
お前は何を言ってるんだw
スキャンデータを売ってるeBookJapan以外はほとんど出来るだろ

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/02(金) 11:16:11.12 ID:IP0deb4R
>>82
ごめん、ボイジャーストアは面倒な手間かければLionで使えるみたいだ。
Yahoo!ブックストア、DMMはたしかiPhone、Mac共にダメ。
ebookjapanはほとんど漫画じゃないか?

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/02(金) 14:32:56.03 ID:3MkW1rc4
濃縮漫画尿

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/02(金) 14:52:18.26 ID:c/QNwEfL
Another上・下 電子書籍でも配信予定
http://blog.bookwalker.jp/?page_id=11675

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/02(金) 15:14:10.80 ID:+rJbpJQ7
ボイジャー新読書システムBinB 12月8日公開

>12月8日午前0時より、BinBにて閲覧可能な作品は以下の通りです。
>いずれも無料でご覧いただけます。
> 『虎 虎 虎』準備稿 黒澤 明・小國英雄・菊島隆三 著
> 『解説「虎 虎 虎」――根本的には悲劇であることが土台だ』浜野保樹 著

>長い間死蔵されていたこの作品を、明るみに出し、真珠湾攻撃から70年を経る今日、
>ここに真価を問う電子出版の試みとして、BinBでの閲覧を通して世に問い掛けようと
>思います。


お披露目用コンテンツとしてはこれは実に贅沢。楽しみ。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/02(金) 15:14:34.85 ID:+rJbpJQ7
リンク忘れ。
http://www.voyager.co.jp/hodo/111201_press_release.html

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/02(金) 16:26:17.43 ID:8EmrGBZv
>>79
>それにしてもネットみたいにPCで一般書籍読むるようにするだけの事が
>一体何でこんなに難しいんだろう。

多くの人の職を奪い、挙句の果てにその家族を路頭に迷わせてしまうから。
急速な電子書籍の普及は、自殺者や犯罪者の数を増やす。

日本の紙書籍を中心とする出版業界は2兆円規模の市場をもつ。
人口が2倍以上のアメリカと同じくらい。
これは日本においてどれだけ出版産業が盛んかをしめしている。
たとえばゲーム業界でさえ6000億円程度。
また近年書店が潰れていると嘆いているが、
日本の書店の数は1万8千もあり、これはアメリカの3倍。

電子書籍は中間業者を排除し、作家から読者をストレートに結ぶ。
電子書籍の普及によって出版社よりも、書店、取次が大打撃を受ける。
書店や取次で働いている大量の人々が路頭に迷うから、
電子書籍が売れないように黒の組織がコントロールしている。
黒の組織メンバーである俺がいうのだから間違いない。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/02(金) 16:29:39.32 ID:Uuh3MzOX
>>88

貴様、mugijyoucyuuか!


90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/02(金) 18:28:09.32 ID:OEKwwzMS
助けて!稲垣メンバー!

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/02(金) 19:25:59.43 ID:2DFNN9tv
作家と読者の距離がなくなるなんてあり得ないし、取次店がなくなることもないし編集者がいらなくなる事もない
今だってePubで配信しようと思えば出来るのにそんな事する商業作家はいない
既存の企業が新規需要に動かなきゃ振興企業にとって変わられるだけなのに権利持ってるからってのうのうとしてる
その移り代わりで死ぬやつが出るってなら別に書籍って枠組みだけじゃないし

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/02(金) 19:42:51.81 ID:CWU2V365
作家と読者の距離がなくなっちゃ商売にならんでそ

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/02(金) 22:59:32.98 ID:b+5wdgtG
>>91
電子なんたら、って枠組みで言えばブログ、Youtubeなどいくらでも表現の手段はある。
電子書籍って枠組み特有のメリットがあるのかねえ

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/02(金) 23:03:13.22 ID:b+5wdgtG
>>93
メルマガ忘れてた。有料化して成功してるのってメルマガくらいか?

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 00:57:06.49 ID:HSgyHmEp
実際に有料メルマガ読んだ事ないから憶測だが、メールマガジン程度の短文ならいいけどさ、まともな作品には編集はやっぱりいると思うし
雑誌みたいな一つのジャンルで誰かが秀逸な作家を選んで輩出するってのもちゃんとビジネスとして必要がある
ネットの中にだって出会ってないだけで拠り所としちゃうような作品だってあると思うけど、能動的に検索してちゃ見つからないから、ある程度受動的に情報が発信されるような所もいると思うんだよね
結局は紙っていう媒体を離れただけで作業がアナログからデジタルになるだけで必要なプロセスは変わらないと思う
流通やら印刷すらデータセンターやフォントやらに変わってくるだけじゃないかな
紙もHDDや電気代に変わってるだけだし

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 01:27:39.02 ID:sQZZQKne
他者の編集なんて些細なこと。

逆に編集によって作者の意向が捻じ曲げて表現されるようなら不要。
作品の本質に関われない編集者の考える「良いもの」への改変なんて単なる押し付け。
作者の原文でなんの問題無い。

また、作者の意向で作者が編集したいなら作者が即追加出来る環境は整ってる。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 02:04:11.62 ID:r4+2fbq8
漫画なんかは、高学歴編集が事実上の監督兼、プロデューサーで
作家は脚本家兼、技術屋に過ぎないけどね

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 02:46:10.13 ID:24elFSZV
「編集王」はカリカチュアライズしてるけど、
ああいう編集の力と制度のおかげで日本のマンガはクオリティと独自性を確立したというのも、
かつてやっていたBSマンガ夜話で時々言われていたしね。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 02:59:56.66 ID:TxZN0nqq
有料メルマガで、やっていけるのは、経済情報や政治などの
インサイダー情報やノンフェクションが主でしょ
フィクションならキチンと編集され磨きを掛けられた紙本買うでしょ

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 03:47:15.02 ID:Yw5lh6S3
>>98
江戸時代の文楽や歌舞伎も劇場経営者と看板役者と複数の脚本家の協業で成り立っていたし
ハリウッドの映画産業もそう。

大衆向けのエンタメは、天才芸術家の独りよがりで商業的に成功するのは無理。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 04:07:48.50 ID:xHe6dTyZ
商業的成功が全て()

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 04:50:47.40 ID:09IBBiQ4
>>98
最近の漫画はその構図も崩れてきているよ。
週刊ジャンプあたりはまだそういうフィエラルキを維持してるが
月刊誌あたりはもう作家が主動で繰り出したアイデアや価値観が先行している。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 05:12:37.56 ID:uKQE58cO
>>80
>ネットは5万人、10万人ってユーザーを集めて収益をあげてる。

小売で5万10万のユーザに何か売って収益を上げて成功したって言えるのは
ソーシャルゲーくらいなもんじゃない? GoogleやYahooなんては広告主から
集金するシステムで、TV新聞雑誌のビジネスモデルがネットにスライドした
だけだし、楽天とかは場所貸しだからね。
mixiもFaceBookもTwitterも他のSNSと言われるようなものはほとんどが
利用料ではなく広告料で稼ぐビジネスモデルだし。 視聴率や発行部数
ってのがPVに変わっただけで、電子出版と比べるのはナンセンスだよ。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 05:38:37.38 ID:NxnF12qA
今そうじゃないから
これからもずっとそうだ
というのはナンセンス。
とりわけネットはドッグイヤーだし
ネトゲー会社が球団を買うって
だれが予想しただろう。

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 12:11:36.13 ID:UUOsV8Ba
>>104
確かに、書籍をネット化することで薄利多売しやすくはなるだろうね。
けど、そのためには何万人に売れる書籍を作りつづけなきゃならない。

作家(と編集)が数か月かけて作る作品を書籍って呼んでるんなら↑は難しいだろうね。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 12:44:50.24 ID:pc5BWVa/
993 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/11/03(水) 18:30:49 ID:X28vuTnT
>そこは小さな画面に応じたオリジナルマンガを供給することから新しいマンガ

残念だけど流行らない。 ストーリーも何もないエロじゃないんだから。

読者がページを捲った時、目にするのはコマだけじゃなくて、ページ全体の
コマ割りも同時に見てるんだよ。
そこで、無意識に時空間を把握しながらコマを詠み進める。また前後のページを
ディレイしながら。 つまり、コマを読みながら全体のコマ構造も実は見ている。
コマ割りは、物語の中に時間と空間を仕切る事だから。
漫画は、全体を見。コマを見。同時に把握でき、時系列が柔軟に把握しやすい。
だから面白いんだよ。これらを読者は言われなくても殆ど無意識に
やってのけてる。漫画というコンテンツはある意味物凄いもんだよ。
その事に気づいてない人が多いと思う。

それらをなくすような物は、一部以外、まぁ流行らないね。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 12:49:49.19 ID:r4+2fbq8

>>105
過去の遺産が使いまわせる
だいたい最近のベストセラーも過去の絶版本の焼き直しだったりするからね

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 13:03:38.29 ID:MoU2r+4W
>>106

TVアニメで育った世代には関係なくね?

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 13:06:47.59 ID:G0GTKkwq
雑誌のときはカラーや2色だったのが単行本になってモノクロ化が悲しかったが
別に電子書籍になってもそのへんは変わらないのよね

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 13:10:27.72 ID:09IBBiQ4
>>107
過去のもの焼き直しが売れる理由は、それが「過去ベストセラー」であることより
「今にあった焼き直し」であることの方が大きいんだぞ。
さもなくば、過去の作品の売れ行きに比例した売り上げになるはず。

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 13:31:57.13 ID:r4+2fbq8
>>110
それなら編集だけで回せるんじゃない?

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 13:32:54.94 ID:uLAkaRw2
>>108
映像と静止画の区別も付かないバカ?
動画なんぞアニメ以前からあるだろがw

静止画には動画以上に沢山の動きを語るんだぞ

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 13:35:16.06 ID:09IBBiQ4
過去の作品の掘り起こしだけなら編集で十分できるが
焼き直し作業までこなせる編集者は少ないよ

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 13:36:13.55 ID:uLAkaRw2
>>109
モノクロの方が読みやすいけどなぁ
最近はアメコミでさえモノクロページが増えた
作品によるのかもしれないけど

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 13:40:44.80 ID:MoU2r+4W
>>112
コマ割りの上手い漫画家より下手な漫画家のが多いんだから説得力無し
4コマ形式で描けと言いたくなる
一部にコマ割りが上手い奴がいるのは認めるがそいつらを免罪符に下手な漫画家を擁護できない


116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 13:47:00.19 ID:uRFLmOeo

下手な漫画家に存在価値ないよ
消えていくだけ

趣味でやりナ

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 13:58:05.47 ID:r4+2fbq8
ワンピースは絵は下手だけど内容でもってる

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 14:05:13.43 ID:2U8/jVNX
子供向けだからな

てか、そんな子供騙しでも、おまえらより上手いだろ?w

売れるのは、売れてるように見えるのは、そう見せかけることが出来る
販促営業と看板などで色々と粉飾するからだよ
ビジネスだからね
おまえらに、それをカバーする後ろ盾有る? 
たとえ上手かろうと内容が良かろうと
それがないと売れないよ

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 14:14:03.71 ID:A0nYkg2Z
ワンピとか、あそこらへんは、
ちょっと頭の弱い子でも読める。
なんか俺でも描けそう?、作っている作家さんと近い位置にいるような
友達感覚を持たせる、漫画という職業がまるで近い存在のように思わせる
という妄執効果をねらってんだよ。
実施には、そういった子に、いつまでも粘着させ、夢を追わせるビジネスな

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 14:48:37.69 ID:NxnF12qA
手塚治虫が今の漫画のコマ割りを
作ったときと今の現状がちがう。
携帯にあったコマ割りで市場が
生まれたように
これからスマホやkindleに
最適化した
新しいマンガが出てくるよ。


121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 15:44:18.35 ID:09IBBiQ4
手塚時代と今では雑誌印刷の質が全然違うが
手法はそのまま引き続けられている。
そういう手法が変化するより先に
スマホやkindelが紙媒体に近いものへ技術革新すると思うよ。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 15:51:27.53 ID:UUOsV8Ba
>>111
過去のベストセラーが安く並んでるネット書籍屋ができたとしても、ドッグイヤーに耐える気がしないなあ。。。
それこそネトゲー会社の利用料金内で読み放題とかのほうが可能性高いかも。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 16:27:15.15 ID:NUx2I1N0
>>121 俺もそう思う。過去作品を本格的に売り込む時代になればそれなりの解像度必要だろう。

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 16:53:23.89 ID:Oj2qksot
>>120
いや、ないね。逆にない。
スマホサイズに合わせたマンガを仕事で見たけど、
3コママンガなんて自由度がなくて全然おもしろくない。

てゆーか、スマホは解像度が高いから1ページ普通に見られる。
スマホ用に描く必要はない。
最新のスマホでeBookで立ち読みすればわかる。

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 17:03:10.30 ID:NUx2I1N0
むしろ端末の解像度より、画質上げた作品のファイルサイズの方がネックかもね。
保存はともかくDL販売の回線速度とか。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 19:08:15.14 ID:Oj2qksot
Xiが標準になれば解決かと
Wi-Fiなら100MBでもそれほど気にならないよ

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 19:14:12.06 ID:nRAk4Kw1
各家庭や個人の環境に左右される物は
商材として結局難しくなってくるよ。

紙本や、その他の物理的パッケージ商品は基本的に
何もしなくても万人に共通の一定環境を提供できるからね

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 20:23:42.88 ID:HSgyHmEp
それが決めうちになってるから逆に弊害になってて、それがそもそも電子書籍の利便性なんじゃないのっていう

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 21:04:04.85 ID:cm8wUCsx
それじゃ、電子書籍にしないでWebのまま見たほうが良い。

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 21:29:28.08 ID:8TMY6wrt
新潮新書のこの本が気になっています
かなり値が張りますが読む価値ある一冊でしょうか
読まれた方がいたらぜひご感想をお聞かせください

地獄の日本兵―ニューギニア戦線の真相―
飯田進著
ttp://www.shincho-live.jp/ebook/result_detail.php?code=E002171

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 22:16:17.72 ID:MoU2r+4W
セリフが読めないのが1番困るから部分拡大できればいいんじゃね?


132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 22:22:11.56 ID:MoU2r+4W
>>124
TV放送のアニメやドラマとか映画館のスクリーンもサイズ固定だよね
ああいう風にはいかないの?
動画と静止画の違いってのはあるだろうけど

ぶち抜きで全身を描くようなところは3コマ使って全身を表現するとかコマ数を増やしたんだろうか?


133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 22:29:09.36 ID:op+i3Yoh
>>132
いいかげん携帯厨から卒業しないと
社会的視野も携帯並になっちゃうよ

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 22:32:47.58 ID:qp2OPr8L

部分拡大しないと読めないという時点でダメダメ
そんなんでもトライしていられるのは、ヒマなキモヲタ無職くらいだよ

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 23:17:08.93 ID:Oj2qksot
>>127
言ってる意味わかんないけど、放っておいてもXiは標準になるよね?
それはわかって言ってる?

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 00:21:43.24 ID:lMN1y1qw
トラフィックの増加に対して、インフラの置き換えが追いつかないから今も
転送量の多い人は制限されたりするわけで。 インフラなんて地道に更新
していかなければならないから、どうにもならん部分があると思うよ。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 00:52:14.31 ID:HiGuKaU8
>>135
頭悪いんか?

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 00:59:54.99 ID:NVJJhefN
はい、バカなんです

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 01:08:20.74 ID:gzrHGJRy
電子書籍は残念ながら、思ったほど伸びず
世界的に終了の方向へ進むだろ

出版業も淘汰が進むが紙出版は今後も無くなる事はない
小売店は淘汰され駅前や都会の大店舗とAmazonのような
ネット書店に集約されるだろう
電子も扱うが、相変わらず売れるのは紙本等のパッケージ商品だろ

0年代のようなネット丸かじり派は減ると思う
バランスよくネットもするアウトドア派が増えるかもナ
しかし、今回トヨタの86はカッコイイな!w

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 03:05:57.80 ID:XLbLMFBL
じじいの戯言

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 03:27:29.39 ID:QISviofy
新しいものが出てきた時は絶対はやらないっていう人いるよね
携帯もPCもさ

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 03:46:20.73 ID:ldC7xp2r
素人が何言おうが構わないけど
評論家が言ったことの当たり外れをカウントしてほしいな
好き勝手言い放題だからな


143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 11:08:26.37 ID:3WM/LKHS
ちゃんとした評論家なんかいないじゃん。
素人同様の奴が提灯あげているだけ。

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 11:22:47.21 ID:KEah0j9e
世界が電子書籍化していかなくても個人単位では電子書籍化していくから問題はない。
本買って自分でもしくは代行業者で電子書籍化していくだけ。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 11:32:12.50 ID:xvJOqu38
アメリカでは電子書籍化が進んでいる件

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 15:17:33.05 ID:ZQbybUwR
>>142
特にITジャーナリスト(笑)なw

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 17:04:49.49 ID:rkJq898m
>>137=138 自己紹介乙

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 17:34:07.18 ID:+zev1ztp
>>100
>>大衆向けのエンタメは、天才芸術家の独りよがりで商業的に成功するのは無理。

その通りだと思うんだけど、じゃあ従来型のシステムかというとそれは別の話では?
今現在編集、流通が出版社にくくりつけられてるけど、amazonあたりで出版契約ができるようになると、
編集の能力を持った小規模の集団が出版社に代わり作家をサポートできるようになると
また事情も変わってきそう。
編集能力の優劣で仕事も増えるし、作家の発送を優先するか、アイデアの提供を優先するかなどで
個性も出せるし。まあそう簡単にいかないだろうけど。

実際、一部の作品を除いて、1人の作家に何十人も編集が関わるケースはまれだし、
小さい雑誌社だと編集に避ける人間も少ないでしょ?


149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 17:49:02.83 ID:3RbAoQ4X
>>145
よくアメリカではって話が引き合いに出されるけど、実は市場規模で言えば
日本のほうが全然大きいっていう。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 18:01:08.95 ID:E4wNRZOA
>>140
君ら電書ヒッキーよりは若いよ
色んな面でw


151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 18:05:45.76 ID:gAstV99L
>>148
独りよがりの天才芸術家は、大衆向けのエンタメとか商業的なんとかは
あまり眼中に無いだろ
下手に迎合したって芸術家としての魅力がなくなるだけだし


152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 18:18:10.47 ID:xQEgRxTK
電子なんとかは馬鹿発見器になる悪寒

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 18:35:41.65 ID:+zev1ztp
>>151
別に芸術家じゃなくてもいいんじゃない?プロ未満の人間が利用してもいいし、
プロでも、不満を持った編集者を変えたり、作品によって違う編集者を利用したりとか。

それに、芸術家が自分の作品を続けるために別の仕事をすることもあるし、
こだわらない人もいるだろうし。

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 18:40:31.51 ID:rKVDrkZL
電子書籍は、電子教科書が出てきて完全に普及するかな。
アメリカじゃもうすでに一部そうなってきているし。

日本は老害が邪魔をして、
いまだに子供たちのランドセルに大量の紙くずをつめこみ登校させているが、
反省せずに死んでいくんだろうな。

放射能汚染、放射能廃棄物という迷惑なものだけを大量に残して。

てか、国の莫大な借金も老害のせいだろ。のうのうと暮らしているが。

「光の道」計画が老害に潰されなかったら千数百円程度の利用料で、
日本の全家庭に光ファイバーがつながって、
医療や教育で便利な世の中になっていたのに、まじで老害は迷惑千万だよ。

電子書籍くらいみんなが便利に使えるようにしろ。糞老害が。

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 18:42:14.10 ID:5AbuifCF
>>154
まぁ、アメリカの教科書は持ち運ばない前提で
馬鹿でかい代物ばかり…という要素が在ったからね。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 18:42:17.47 ID:xQEgRxTK
馬鹿な山師が沸いてくるw

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 19:00:47.24 ID:XLbLMFBL
光の道なぁ。
その昔、孫正義は「政府は口を出すな。民間で勝手にやる」みたいなことを
ネット回線について言ってたんだが。
急に宗旨替えをしたんで腹を抱えて笑った。

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 19:16:34.15 ID:AM/2PfGA
孫正義を信奉するような階層が、電子書籍の未来を確信している。
まあお似合いと言ったところか。

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 19:37:00.91 ID:s37YBQAD
>>158
> 孫正義を信奉するような階層が、電子書籍の未来を確信している。
ずいぶん大ざっぱな話だなw

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 19:37:23.48 ID:rKVDrkZL
老害は誰が出てきても叩く。
相手が誰であろうと関係ない。出る杭を叩く習性は部落の血筋。

老害にとって「変化」は恐怖。
老害は住みよい世界に生きられない醜い生き物。

老害はおのれの私利私欲のみを追求する。

老害は悪代官の末裔。

子供の頃にはなりたくないと思っていた悪党だが、
いつの間にやら悪党面。
実はこの老害、家族身内からも嫌われている。
皮肉や愚痴で周りにいる者は我慢ならない。

だがこの老害、面の皮だけは厚く、何を言われても何処吹く風。
顔を真っ赤に、
「急に宗旨替えをしたんで腹を抱えて笑った。」
「孫正義を信奉するような階層が、電子書籍の未来を確信している。
まあお似合いと言ったところか。」

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 19:41:25.41 ID:rKVDrkZL
老害に未来を見据える目はない。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 19:43:13.19 ID:rKVDrkZL
老害の粘着ほど気持ちの悪いものはない。

なぜまだ生きているのか。

なぜ息を吸っているのか。

老害、死すべし。自ら命を絶て。

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 19:45:53.57 ID:rKVDrkZL
老害「TPP反対!」

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 20:06:35.42 ID:Jhe5myKi
雑談スレじゃなくて釣堀スレだね

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 20:08:51.94 ID:xQEgRxTK
ろうがいほど電子とかムダなものに騙されてはしゃぐんだよなw

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 20:25:33.12 ID:xsNJU3ox
「, .」がどうの「、。」がどうのいってるけど
電子書籍スレだろ
チカンすればいいだろ 一発じゃねーか

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 21:13:17.90 ID:QISviofy
我が人生が一片に台無し

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 21:14:32.60 ID:XLbLMFBL
おいおい、自分は電子推進派なんだが。
じじいじゃねーし。
勘弁してくれ。

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 21:50:15.10 ID:UfMiA+HF
電子推進派(笑)

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 21:53:44.51 ID:ldC7xp2r
若者が自分たちで実行せずに老人にお願いするしか能が無いんじゃ
永遠に老人が実権を握ったままなんだろうな

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 21:59:38.73 ID:NVJJhefN
と、ジジイが申しております

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 22:09:34.92 ID:ldC7xp2r
と、バカ者が申しております


173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 22:42:15.34 ID:NVJJhefN
と、無職が申しております

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 22:58:24.98 ID:PC4qFZWJ
お前ら仲良いな

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 23:26:43.61 ID:XLbLMFBL
電子がどうなろうと、業界の縮小は確定路線だけどな。
縮小を食い止める武器になるはずだったのに、これじゃどうにも。

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 23:31:53.14 ID:NofRxrO2
>>168
電書ヒッキーって60近いのが多いって
なにかで読んだな
iPadのメイン購買層がそうだっったかな
確かジョブズ信者もそんくらいだねw

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 23:46:20.66 ID:ughk8COJ
>>175
今でもそれなりにあるだろ?
何が不満なんだ?

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 23:49:23.30 ID:xvJOqu38
iPadは文字をでかく出来るからジジイ向き

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/05(月) 00:09:50.49 ID:QUOugNeI
iPadじゃなくてもできるんじゃ。。

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/05(月) 00:25:51.56 ID:cl5QIiu1
エニーミュージックってどうなったんだっけ?
じじい向けの音楽配信。

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/05(月) 00:31:14.56 ID:d2bZ0TMr
老人がお金を使える環境を整えるのは
イイことだと思うよ。


182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/05(月) 02:06:26.43 ID:ul/y9yUa
拾ったストーブが火達磨に。身も心もズタズタです。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7171396.html

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/05(月) 04:55:05.08 ID:krq5sPlt
>>180
とっくに終了してます。

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/05(月) 09:45:00.34 ID:cl5QIiu1
エニーミュージックって、日本の電子書籍とテイストとか臭いがそっくりなんだよな。
独特のいやな感じ。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/05(月) 21:47:26.42 ID:hZvfpHqL
海外の電子書籍(笑)ももう話題にもならんね

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/05(月) 22:11:20.70 ID:awsdMpLT
今までは海外の発展ぶりを紹介しても、
他人事だと思ってのほほんと構えていたが、
スマホやタブレットPCの流行によって現実味を帯びてくると、
恐怖や危機感を感じて、圧力をかけているとか?

いくらなんでもそんなことはないだろw

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 05:55:50.56 ID:2FB1NXxe
いまもう携帯市場はスマホの独占だし、
iPadも大人気だし、
電子出版の土壌に関しては着々と広がりつつあるのは確かだよな。

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 06:35:46.30 ID:RB69Dy4+
どじょう

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 07:09:28.16 ID:su8Y36Ed
いまもう携帯市場はスマホの独占だし、
iPadも大人気だし、
無料のインターネット文化がますます広まって電子出版で金をとる余地はどんどん狭まっているのは確かだよな。


190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 10:18:05.99 ID:nwAQ/Qcf
今のスマフォ特長は課金システムにある。
PCよりも有料コンテンツが売れやすいと思うけど。

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 10:47:19.24 ID:2FB1NXxe
インターネット文化と電子出版は相互排他性の関係ではないよ
むしろ、双方とも伸びるでしょう。
ビデオ機器が最初に普及をはじめた頃は、ただで見る番組放送の録画にしか
みんな興味を示さなかったけど、次第に販売ソフト数も増え、
レンタル産業も映像業界全体を巻き込むまでに成長したよ。


192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 11:14:36.17 ID:9abFCntd
>>190
キャリア課金お断りです
ドコモにコンテンツ握られたくない

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 11:17:25.08 ID:pH/+qpiZ
スマホだとすでにキャリア課金が崩壊してる感じ。

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 11:46:38.55 ID:9abFCntd
>>193

dモードとかあるよ。

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 12:07:56.62 ID:pH/+qpiZ
あるのと、ユーザーがよく利用するのとは別でしょ。

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 14:04:01.40 ID:5uA1LhPi
無料や1ドルの面白いゲーム等の娯楽と真っ向勝負だもんなぁ。

紙本で娯楽として低レベルな物ばっかりで読みたい本が無いのが問題だったのに、
娯楽作品としての「面白さ」の土俵でゲーム等と勝負をする必要があるって…勝てないだろ…

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 14:11:12.03 ID:nwAQ/Qcf
いやマンガやラノベは十分頑張っていると思うけど。
エンターテイメントなコンテンツの供給源になっていると思うけど。

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 14:49:31.44 ID:zLPrZhOg
>紙本で娯楽として低レベルな物ばっかりで読みたい本が無いのが問題
それは、お前が低レベルだからだろw

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 18:09:28.60 ID:gFfaa+Jh
電子書籍時代になると、型にはまらない野武士みたいのが出てくるからな。
これから面白い時代になるよ。

たとえばパブーからとんでもない新人が現れて、
アニメ化、ドラマ化、さらにはハリウッドで映画化となれば、
ますます才能のある新人がネットから出てくる。

今までは出版社に飼い殺された死にかけ作家の本しか読めなかったから
閉塞感が蔓延していたが黒船電子書籍によってそれが打開される。
死本、もとい、紙本が電子書籍になるだけで夢のような世界になるぞ!

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 18:12:10.41 ID:8JZt/MxL
なんかそういうのケータイ小説で見たような…

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 18:21:15.15 ID:pH/+qpiZ
199みたいなストーリーが現実にでてくるなら、すでにiTunesで出てきてもおかしくはないが。
2ちゃんなら電車男という例もあるから、ないとはいわないが、
YouTubeやニコ動で視聴者をかき集めても、そこから先、なにか盛り上がった話を最近は聞かない。


202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 18:35:35.85 ID:MguLNgky
電車なんたらは最初っからマス出版関係者やTV屋が
背後にいたんだよ ヲタネタ一つ振ろうって

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 18:42:44.79 ID:pH/+qpiZ
そういう妄想持ちがKAGEROU潰しに乗っかったわけね。

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 18:46:15.63 ID:cViAZ6+N
1シーンだけなら中学生にも書けるからな
要は4コマ漫画を1ページだけ描くのと一緒


205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 18:51:00.66 ID:C6z1QOaz
KAGEROUなんて最初から潰れてたじゃん

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 18:52:53.30 ID:lR+VL7l2
手を掛ける必要すらないw

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 18:54:57.70 ID:pH/+qpiZ
え、KAGEROUが最初から潰れてたとすれば、世間を揺るがす作品は、いままでの出版社が出してきた流れで十分ってことにならないか?

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 18:58:49.90 ID:frPz6y2t
持ち上げても盛り上げても
一向に流行らない電子書籍

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 19:01:44.26 ID:9WB8fg4H
KAGEROUって何よ?
タレント本か何かだっけ?
興味ねぇなー宣伝したけりゃ他でやれ

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 19:04:33.66 ID:8InG1LGp
なんでこんなに流行らないんだろう?w

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 19:08:57.59 ID:cViAZ6+N
現状では
コンテンツは自炊が最大の供給元?だし
端末はpcが最も適しているからな
個人で完結してしまっているので話が広がらない

kindleDXの新バージョンでも出れば自炊したコミック向けに盛り上がるかもしれんが
現状だとEee Note EA800が期待できるかも?
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/068/68164/
http://www.asus.com/Eee/Eee_Note/Eee_Note_EA800/


212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 19:10:53.67 ID:du1Byc35
来年の今頃もこんな感じかな

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 19:30:27.94 ID:gFfaa+Jh
来年はまた何があるか楽しみだな。

昨年は、電子書籍元年で、自炊ブームに、iPadなどの黒船到来。

今年は、電子書籍出版サイトの乱立に、
電子書籍端末(スマートパッド、スマートフォン)の乱開発、乱販売。
公式の週刊漫画のネット配信に、
角川とニコ動が提携したコメントが入れられる新しいタイプの電子書籍。

来年は、何かが爆発するな!

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 19:32:56.67 ID:gFfaa+Jh
すっかり忘れていたが、来年はEPUB3が来るな。
大海嘯の引き金になるか!

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 19:35:35.55 ID:8JZt/MxL
はいはい元年元年

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 19:54:38.99 ID:pH/+qpiZ
端末の画面が良くなれば、epubははやる前に終わるな。

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 21:46:20.07 ID:4IEDIOh4
もはや電子書籍って聞くだけで笑えるよな

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 21:51:57.97 ID:tod9lxS6
だって、お花畑で見る夢がこんなに陳腐で前時代的な加齢臭だもの。

>これから面白い時代になるよ。
>たとえばパブーからとんでもない新人が現れて、
>アニメ化、ドラマ化、さらにはハリウッドで映画化

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 21:57:27.20 ID:gFfaa+Jh
↑バカがマジで釣られてやがるw

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 21:59:24.56 ID:gFfaa+Jh
2ちゃんはおっさんが多いと聞いたが本当だった!w
加齢臭って、おっさん、それ、おめえの耳の裏からにおってんだよ!恥を知って死ねよば〜かwぎゃはははw

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 22:14:45.89 ID:5EyrzpdT
もし若者が「これからは電子書籍の時代だ!」と息巻いているとしたら
皆さんどう思われますか?

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 22:16:46.34 ID:cViAZ6+N
若者の電子書籍離れ


早かったな・・・近づいてもいない

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 22:19:05.47 ID:tod9lxS6
映 画 化 決 定 !w

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 22:19:45.14 ID:gFfaa+Jh
>>221
どこのスレにいってもバカにされるよなw

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 22:21:33.42 ID:tod9lxS6
野武士、黒船到来
ヤングの言葉は面白いわいw

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 22:21:37.85 ID:gFfaa+Jh
>>223
なんでいつも涙目なのか教えてくれないか?

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 22:22:11.27 ID:gFfaa+Jh
>>225
おまえの正体、バレてんだけどw

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 22:22:46.06 ID:gFfaa+Jh
圧倒的に語彙が少ないんだよw

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 22:34:26.53 ID:tod9lxS6
言うに事欠いて
お前の正体わかってるんだからな!
だって、お可哀想に。

でも孤軍奮闘の若き野武士くんをみんな応援してる。
だから諦めないで!
まだまだ足りないゾ!

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 22:41:08.76 ID:gFfaa+Jh
つぎ込んだ金は泡となる。
日頃から偉そうなことをいってた罰だ。ざまあ見くされw

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 23:18:21.51 ID:hkRcLzf4
つぎ込んだ金って端末代って事?

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 23:59:57.70 ID:5uA1LhPi
>>231
本だろ

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 00:05:21.37 ID:Nw7tmU3t
本は五年程、もってくれたら嬉しいな
五年サイクルで整理してるから。

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 00:07:29.91 ID:gPLxR+3a
なんでもいいけど、安価で使いやすい電子書籍端末と、
岩波文庫と新潮文庫の著作期限切れだけでいいから
電子書籍化してくれないかな。
紙の本と同じ値段でも、本棚を持ち歩ければすごく嬉しい。

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 00:23:25.16 ID:yXlQnc2W
>>234
おめでとう!
今日から君も青空工作員の一員だ
ttp://www.aozora.gr.jp/KOSAKU/MANU_IND.html

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 00:39:24.35 ID:gPLxR+3a
>>235
いやあ、そういうのがめんどくさいから、適当な金払えば電子書籍で
持ち歩ける環境が実現されたらええなと思っておるわけでして。

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 01:04:33.44 ID:dznyOEq1
>>220
それ、Jカスの飛ばし記事だろ?
ネタ元のサイトに行って、サーバーごとの情報を見てくると、Jカスの記事がたわけだとわかるよ。

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 01:19:17.15 ID:Zk+c4cyn
割りと前から、○○○万PVのwebで話題のあの小説(or 漫画)が書籍化!
みたいな帯が付いた本なんて結構出てるべ。
最近、ラノベのレーベルが1個それで出たっぽいし。

結局のところ、既存の流通を使わないと、ごくごく一部での話題で終わるんだよな。


239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 02:03:42.63 ID:skLXRIyO
わざわざ販路を狭める必要性は無いからね
電子書籍も書籍の新しい売り場に過ぎんのだから
もっと開拓していって欲しいんだけどな
コピーが氾濫するのを恐るよりいい作品を世に出すことを考えて欲しいわ

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 02:27:53.32 ID:xWUhJvhD
>>238
前から出てるんだが、その手ラノベ物って、

既存の流通を使ってさえ、ごくごく一部での話題で終わるんだよなw

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 02:55:36.14 ID:nkmfdtxK
話題にもならんな

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 08:35:51.24 ID:46sxu6A6
>>221
ずいぶんおっさん臭いマヌケな若者だな

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 09:55:34.83 ID:xVwahSbf
>>221
長い目で見る未来なら特に間違いではない
個人的に活用する分には案外安上がりでいい選択
でも短期的な利潤を見込んでの活動を考えてるなら難しいだろね

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 12:13:20.63 ID:5QPOStLa
yahooブックストアで買ったファイルを別のPCへ移動した場合
同じアカウントだったら閲覧できるの?

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 12:56:04.97 ID:HSKfGOTN
日本は漫画でも\(^o^)/オワタ
因習に囚われている日本を尻目に韓国はもう着々とマンファの世界化に手を打っている
世界中の人にとり漫画と言えば韓国のマンファのことをいうようになる日もそう遠くないだろう

韓国のwebtoonに電子化漫画の未来を視る
http://d.hatena.ne.jp/lastline/20111206/1323181303

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 13:33:04.29 ID:69Sb5UYw
何でも受け入れるけど,何に対しても不満があるというような。
おこちゃまかよ日本人orz

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 13:41:11.86 ID:2poxUVrc
文句を言って終わるのが愚民
それを改善して金儲けするのが商人

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 16:10:51.70 ID:46sxu6A6
なんだよあれはw
あれで書籍のつもりかよw
改善の余地なし


249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 16:13:39.06 ID:kwdsmY2a
改善の余地なしって褒め言葉に聞こえる

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 17:09:01.96 ID:R8+w/iOn
Apple、iBooks StoreのEPUB電子書籍のダウンロード点数が1億8000万点に到達
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1110/22/news013.html

やばいな恐怖のEPUBが日本にも上陸したら……

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 17:15:47.24 ID:OziCBHvP
日本語書籍の話じゃないのに、何がやばいのか分らない

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 17:31:45.75 ID:R8+w/iOn
印刷所の工場長がEPUB3になったら我々の業界は破滅だと嘆いていたから、
庶民にはわからないんじゃなイカ?

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 17:35:17.60 ID:46sxu6A6
>>252
おっさんほど騙されるんだよなw

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 17:38:44.68 ID:R8+w/iOn
確かに大阪市役所のおっさんみたいだったw

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 17:42:18.46 ID:2poxUVrc
おっさんを理解してるのはおっさんか老人

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 17:47:33.92 ID:R8+w/iOn
電子書籍=若者次世代人
紙本書籍=おっさん老人

だろうね。

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 18:04:14.63 ID:46sxu6A6
>>255
おっさん臭さはおっさんにはわからないんだよw

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 18:07:09.70 ID:R8+w/iOn
いや、おっさんにも2種類いるよw
みじめなほうのおっさんにはそれがわからないんだよw

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 18:09:24.67 ID:R8+w/iOn
橋下市長=いいほうのおっさん
大阪市議=みじめなほうのおっさん

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 18:11:58.88 ID:46sxu6A6
しつこいおっさんもいるよなw

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 18:12:54.53 ID:R8+w/iOn
柔道で教え子に手を出したおっさんかw

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 18:13:21.68 ID:2poxUVrc
それを言ったら若者にもいいほうとみじめなのいて
ここでグダグダ言ってるのはm

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 18:16:46.70 ID:46sxu6A6
おっさんという言葉に釣られた奴はおっさんw

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 18:31:21.52 ID:OicELabE
電子書籍を推してる人に聞きたい。
今年出版された作品で、新しい時代の到来を感じさせるものを挙げてほしい。
読んでみます。

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 18:31:24.21 ID:IKlBFdVh
オサーン

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 18:33:56.49 ID:4esrSrkR
>>264
「誰がナイスガイだって?」を推奨

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 18:34:53.80 ID:CpBNQbea
「お産」を推奨

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 18:37:56.92 ID:OicELabE
どこで発表された作品か併記してください。
可能ならURLも。

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 18:40:01.17 ID:MNdNALJ8
新都社

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 18:53:32.52 ID:OziCBHvP
電子書籍がまだ入って来てない状態で既に書店閉店とか多いからね
取次ぎと印刷会社はどうなるのか

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 19:06:05.11 ID:R8+w/iOn
書店の人が出版社の人にこう言って怒っていたよ!w

 自分の土地を提供して(おまえらの)本を売るために書店という販路を
 維持してやっているのに、
 勝手に電子書籍を売るのだったら、我々の損失ぶんを補填をしろ!

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 19:09:39.05 ID:MNdNALJ8
駅前の大店舗だけでいいんじゃない♪
あ、ネット書店も活用してネット♪

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 19:09:53.19 ID:dznyOEq1
epubの出現で印刷所が終わる、ってどんな妄想なんだろな。
印刷所が終わるのは別の原因だろ。

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 19:32:49.47 ID:OziCBHvP
>>271
不動産屋のつもりかいなw
自分が売らなあかん商人って意識ないんか

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 19:34:58.96 ID:OBYO/7Fw
ここはネタにマジレスするスレか?

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 19:36:15.78 ID:ZIkYLnAi
そうでーす

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 19:50:51.72 ID:Va2wh7CU
電子書籍晩年

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 20:07:23.88 ID:R8+w/iOn
>>274
>自分が売らなあかん商人って意識ないんか

ないよ。
書店にもよるけど、
再販制度のせいで安売りとかないから他店との競争原理が働かず、
商売人のようなサービス精神が芽生えないし、
逆に本の置き場所を巡って出版社の人がぺこぺこしたり接待をしたりするから、
プライドが高くなる。

注文しても取次が回してくれないような本屋はみじめだけど、
売れても売れなくても再販制度でしっかり守られているから大量注文して
大量返品することもあったらそれもしかたがない。

再販制度がすべての原因だけど大阪市役所みたいなおっさんが現状維持でやってきた。
紙書籍は斜陽産業。

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/07(水) 21:06:07.61 ID:l2zhx85W
>>264
スティーブジョブズ
kinoppyで。

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/08(木) 00:27:27.13 ID:NV2Fm6Xw
終わり過ぎ!
もうちょっともたせろヨw

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/08(木) 01:42:06.06 ID:b5kKVWtk
>>278
今時そんな本屋あるの? まだバブルの残り香がある20世紀ならともかく、
ずっと出版不況と言われ続けて、なんの特色もなく立地も悪い本屋なんて
かなり早い段階でなくなってたし。 特色があってもニーズに合ってないと
割りと簡単になくなってるし。

平日は忙しくて本屋にほとんどよれず、週末に行くわけだが、1軒だけだと
微妙にカバーできないから何軒か回るのが習慣になってるわけで。

ホントにそんなテンプレみたいな本屋がお前さんの頭の中以外に存在するの?

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/08(木) 02:30:29.41 ID:gqUtS3ZO
個人経営の本屋なんてそんなもんだろ
チェーン展開してるような本屋ならそんなわけにもいかないから
いろいろサービス付けてるよな

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/08(木) 03:33:23.12 ID:ssVqWY0e
本音でどう思ってるのかって話と
相手に苦情を言う・譲歩させる・怒りをぶつける時では話の内容は異なるだろ
お前らだってここに書き込んでるようなこと普段喋ってないだろ


喋ってない・・よな?

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/08(木) 06:43:16.14 ID:MrnyAvU+
BInBって、もっとオープンなシステムかとおもったら、配信側の都合システムだった。

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/08(木) 07:27:04.10 ID:DCQKv7GW
脳内業界人が自作のストーリーをあちこちで垂れ流しまくるから
電子厨とか言われて嫌われる

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/08(木) 07:32:36.06 ID:V3u1LGgD
>>284
どの辺りをもってオープンなシステムと思っていたのか、そっちの方が不思議。

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/08(木) 07:55:37.17 ID:6iKCokCY
>>286

BinBは、EPUB3に対応しており、十分な品質で日本語を縦書き表示で閲覧できます。
すでに大量に保持しているドットブック(.book)でも、PDFでも、BinBは問題なく表示いたします。
XMDFに対しては、総務省が呼びかけ電書協(日本電子書籍出版社協会)が主催した
「電子書籍交換フォーマット標準化プロジェクト」の成果を利用して、BinBでの表示が可能になります。

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/08(木) 08:14:54.50 ID:InlUrgaI
また絵に描いた餅がひとつ増えたんだね

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/08(木) 08:21:57.33 ID:zOHaNFC8
すでにカビ生えてる

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/08(木) 11:41:50.95 ID:6iKCokCY
>>287

自己レス

http://www.voyager.co.jp/hodo/111201_press_release.html
この文章って、よく読めば確かに出版社向けなんだが

ユーザが保持しているEPUB3やドットブック、PDF,XMDFを
Webブラウザで自由に表示ができる、と勘違いしてしまう。

Voyagerって、もっとユーザよりの会社だとおもっていたのにね。

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/08(木) 11:49:05.80 ID:k5dDkqxS
>>290
ボイジャーの顧客は今は出版社中心だね。
ボイジャーストアも出版社のために準備したようなもんだ。

それはそうと、HTML5での展開は良いけどドットブック自体の展開はどうするつもりなんだろう。
エキスパンドブックやTTZみたいに切り捨てるつもりなのか?

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/08(木) 13:19:19.68 ID:nRhQJJ4m
>>291

ドットブックも、Crochet(ストリーム形式)に変更し、だんだん従来のDRMなしのものは
販売しなくなっていますね。

でも、いままで販売してきたドットブックのサポートはどうするんでしょう。
Windowsのバージョンがあがって、現状のT-Timeが動作しなくなったら
Sony Readerが貴重な端末になるかも知れませんね。


293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/08(木) 16:07:09.48 ID:k5dDkqxS
>>292
従来型で売っているものとは別に、DRMが必要なものはCrochetという感じですね。
iOS/Android向けは事実上DRMの掛かったものしか無いので、総体としてはDRM強化の
方向なのでありましょう。
昔はプレーンテキストで売ってる出版社もおおかったのにね。

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/08(木) 16:44:46.41 ID:QTMne4eE
>>281
>今時そんな本屋あるの? まだバブルの残り香がある20世紀ならともかく、

むしろほかにどんな本屋があるの?
お前さんの脳内本屋でもいいから解説してみ。

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/08(木) 17:15:11.62 ID:k5dDkqxS
ま、価格でしか競争できない本屋なら早晩潰れてもしかたなし。

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/08(木) 18:56:25.53 ID:d0ent3zG
Yahoo!ブックストア糞過ぎる 2613エラー(公式発表でサーバー不具合)連発で買った本が全く読めない

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/08(木) 19:13:39.80 ID:Ilv6jTkT
yahooブックストアはアプリも糞遅すぎて使い物にならないし
画質も悪い、自炊したほうがまし

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/08(木) 20:09:37.12 ID:COIlZe0n
>>295
むしろ書店は価格では勝負できないシステムになっていると思うのだが。

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/08(木) 20:29:18.19 ID:mNP1Z9WP
一太郎2012がEPUB3出力。
WindowsやAndroidで動くヴューアも作ればいいのに。


300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/08(木) 22:49:22.50 ID:UuPLQwwr
15年前に編集王で
「再販制度を無くしたら本屋が潰れる!人気のない本は置かれなくなる!
アメリカが望んでるだけだろ!」みたいに熱く語ってたけど
今まで再販制度維持してても何も防げてないよねw

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/08(木) 23:24:08.33 ID:ssVqWY0e
人気のない本も置かれてるんじゃね?

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/09(金) 01:34:44.75 ID:Il29/ZtV
>>294

オレは東京都町田市の駅近くに住んでるけど、

>再販制度がすべての原因だけど大阪市役所みたいなおっさんが現状維持でやってきた。

↑みたいなのはよく分からんよ、大阪市に住んでいるわけじゃないし。

現状だと、コミック、ラノベ、BLをメインでそれ以外のは少なめとか、逆に新刊だけ
そういうのは置いて、他の品揃えを充実させてるとか。広い売り場で品揃がもの
すごく充実しているとかね。 本屋ごとに入り口から近いところや新刊の棚なんか
全然違うし、ベストセラー本だけが目立つ位置に置いてあるわけじゃないし。

電子書籍のストアと実際の本屋だと、その店が何を売りたいのか、アピール
したいのかってのが電子書籍のストアだと全然見えないんだよね。
欲しい本が分かってる時はいいんだけど、何か適当な本が欲しいと思った
場合に全然見つけれないのが今の電子書籍のストアだね。

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/09(金) 02:03:14.23 ID:aERuNW2m
↑店舗によって敷地面積が限られているから品揃えに偏りがあってだけの話だろw

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/09(金) 02:09:42.38 ID:ZrHtVNoB
>>302
言いたい事を簡潔に纏めるのが苦手なのか
日本語が不自由なのか。。

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/09(金) 07:24:32.50 ID:CJ5LyFV8
ぶっちゃげ電子書籍こそ再販制というかエージェンシーモデルで行くべきなの
ではないかと最近思う。

電子版ジョブズ本の米国での価格動向でも判明したことだけれども、販売店が
自由に値段を決められる制度だと一番の稼ぎ頭であるベストセラーなどは特に
価格の叩き合いがおきてどこも仕入れ値近辺に販売価格が張り付くんだよね。
再販制でもないのに結局価格は横並びになるし、実際そうなっている。

同様の事情は紙の本でもあるけれども、物理的距離の制約無しに自由に一番
安いストアから買える電子書籍だと価格の叩き合いはより極端になる。

こうなると資本力の弱い中小ストアはついて行けないから将来の行き着く先は
大手による販売チャンネルの寡占になるわけだけれども、それで良いのかな。

販売チャンネルの寡占が起こると今度は販売側は本をページの目立つところに
掲載するためのバックマージンを出版社に求めてくる。となると生き残るのは
大手の出版社ばかりという事にも繋がってくる。

出版社に価格決定権を預けて出版物の多様性の維持を促した方が一読者としては
幸せな読書ライフになりそうな気がするのだけれども。欲しい本が買えないほど
困窮しているわけでも無し。

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/09(金) 07:44:55.87 ID:ZMY3vaES
雑誌や紙媒体の書籍が減っていけば、編集や出版社の必要性は小さくなっていくんじゃないか。
作家が直接その大手による販売チャンネルと今より高い印税率で契約して発表し、
個人で校正屋や写植屋雇って創作した方が、作品の多様性が広がって今より一読者にとっては
面白い形になるんじゃなかろうか。

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/09(金) 07:55:26.32 ID:RQhVPtJu
ところで問題は、
この不況の時代に、写植屋や校正屋の仕事がフリーターな場合、
一体全体誰がそんな地味で儲からなくて自分のクリエイティビティが認められなくて縁の下の力持ちなのに
収入も安定してないような職になりたがるのか?というとこだな。
いないだろwww

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/09(金) 08:02:06.31 ID:ZMY3vaES
内職としては在宅作業できるから便利じゃない?
クリエイティビティが認められる仕事なんて元々一握りだと思うよ。

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/09(金) 08:08:34.78 ID:d7g6LNRg
>>305
>こうなると資本力の弱い中小ストアはついて行けないから将来の行き着く先は
>大手による販売チャンネルの寡占になるわけだけれども、それで良いのかな。

へー電子書籍も冊数で仕入れるんだ
しかも仕入れ時点で冊数に合わせて支払いするんだ
俺はてっきり売れた時点で売れた数分だけ支払うのかと思ってたわ
勉強になるなー


310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/09(金) 08:09:54.34 ID:CJ5LyFV8
資本力が無いとリスクテイクも出来ない。

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/09(金) 08:14:39.33 ID:0gLGKcry
日本語を紡ぎ、未来へ残す――ジャストシステム、「一太郎2012 承」で電子書籍に進出
2011年12月08日 17時30分 更新
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1112/08/news088.html

EPUB 3のサポートにより個人向け電子出版のスタンダードとなるか
コンテンツの永続性は汎用的なフォーマットによって担保されると言わんばかりに、一太郎2011 創ではPDFをサポート、
そして今回の一太郎2012 承ではEPUB 3をサポートした(書き出しのみ。読み込みはできなかった。テンプレートには
EPUB向けのものも用意されていた)。
EPUBは電子書籍などの世界で国際標準として普及が進んでいるファイルフォーマット。縦書きなどを含む日本語組版
関連のプロパティが追加された最新版の「EPUB 3」は、International Digital Publishing Forum(IDPF)が10月に最終
推奨仕様へと引き上げたことで、世界的にも、また、日本の中でもこれから普及が急速に進むとみられている。画面に
合わせた文字や図の再配置(リフロー)が行われるのが特徴の1つで、スマートフォンやタブレットなどでもコンテンツが
読みやすくなる。なお、世界的にはどちらかといえばプログラマブルなリッチコンテンツを作ることができるフォーマットと
して注目されている。
国際標準であるということもあり、国内の出版社などはこのEPUB 3を積極的に採用していく機運が高まっており、国内の
電子書籍ストアでも徐々にではあるがEPUBを取り扱うところが増えてきている。ヤフーの総合電子書籍サービス「Yahoo!
ブックストア」などはEPUBを正式採用している。
こうした状況から、出版社など比較的規模の大きなコンテンツプロバイダーは、その制作環境の整備や、EPUBのマーク
アップについて議論を深めているが、「個人利用に目を向けるとまだ制作環境は十分に整備されていない」とジャスト
システムコンシューマ事業部企画部の大野統己氏は話す。そうした個人向けに文章主体のEPUB3制作環境として一太郎
2012 承をアピールしたい考えだ。
実際、一太郎2012 承でEPUB 3形式のファイルにするのに、特別な知識は必要ない。文章を書き上げたら、ファイル
メニューから「EPUB保存」を選択するだけの手軽さだ。以下は、試用版を用いて実際にEPUB出力したものをEPUBをサポート
するAppleのiBooksで開いてみたものだ。ルビなどもきれいに出力されることが分かる。

そして、こうして作成されたものを公開する場として、paperboy&co.と協業、同社の電子書籍配信サービス「パブー」との
連携を進めていく考えが示された。パブーは2010年6月に誕生した電子書籍作成販売プラットフォームで、いわゆる個人
出版の場として国内でも有数の存在になりつつある。サイト上で直接ブログを書く感覚で出版するような機能も持つが、
今回ジャストシステムと連携を深めたことで、一太郎2012 承で書き上げたEPUBファイルをパブーで公開・販売するといった
ユーザーが増加するとみられる。
ジャストシステムは今回、個人向けEPUB3の制作環境を一太郎というブランドで世に送り出すことになったわけだが、EPUB
ビューワを提供する考えは当面ないようだ。「(EPUBビューワを提供する)緊急性はないと考えている」(大野氏)。また、
ATOKで提供しているような月額のサブスクリプションモデルで一太郎を提供する考えについても、「辞書などのアップデート
が頻繁に行われるATOKとの特性の違いがある」とし、ニーズが高まれば別途検討したいと述べた。

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/09(金) 08:15:23.07 ID:d7g6LNRg
>>307
問題は
実績のない自称写植屋・校正屋に誰が仕事を頼むのかだろ
未出版の原稿をそいつに渡すことになるんだぞ?

「**出版社で**先生の小説**の担当をしていました」
なんて看板出してたってそれが本当かどうかなんて判らないんだし

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/09(金) 08:20:40.85 ID:d7g6LNRg
例えばAmazonが500円で売っている電子書籍を
600円で売る場合と400円で売る場合どちらがリスクが大きいんだろう?
もちろん仕入れ値は399円以下って前提でね

1個も売れないのはリスクが無いって考えるんだろうか?
不思議な考え方だ・・・

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/09(金) 08:20:52.53 ID:CJ5LyFV8
>>309
んなことは誰も言っていない。どっから冊数云々が出てくるのだか。

地理的制約を取っ払って単純に価格の叩き合いになった場合は薄利多売に耐えられる
だけの規模と販売数があるところしか生き残れないということ。
中小であってもサーバ等の開発運営のための固定費はかかるわけだし。

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/09(金) 08:22:18.74 ID:EtUOqYa/
>>305

音楽は再販制ですか?

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/09(金) 08:26:40.43 ID:d7g6LNRg
へー本のデータって個々の本屋のサーバにあるんだ
販売元は売れた本の数どうやって管理するんだろ?
ああ、そうか信頼関係だね!


317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/09(金) 08:27:38.16 ID:RQhVPtJu
>>312
逆にどんな立派な原稿様を想定してるんだ?

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/09(金) 08:27:39.70 ID:lqqHXSvv
>>314
??
なにいってるかわからん
あまで売るなら固定費かからんよ

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/09(金) 09:14:39.36 ID:pe6Jhxv9
故意に損害を与えたら訴訟になる、つーのが頭にない奴がいるな。

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/09(金) 09:31:54.54 ID:iU4EDceW
てかデジタルのコンテンツを個々のストアで販売する意味あるの?
AppleもAmazonもGoogleもMP3の販売委託なんてやってないだろ
自分とこより安い価格でデジタルコンテンツの販売委託なんてどこのバカ企業がするんだ?
実店舗と違ってネットさえ繋がれば全部のショップと繋がるんだから、販売委託する意味ねーだろ
自分とこで売れば済む話じゃん
今は個々のストアが独自規格で出して大元になってるけど、そのうちデカイところがいくつか残るだけで他は全部消えるだろ

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/09(金) 10:31:12.41 ID:s5TbE8J7
資本力の問題は書籍の仕入の固定費云々じゃなくて、ストアが今の出版社と同じ動きをして
作家と年間の独占契約の上で出されたらって話になると思うけどな

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/09(金) 12:15:19.56 ID:OffW62nT
zinioで、100円セールやってるよー。


323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/09(金) 13:12:50.89 ID:f/+yTpOv
Jobs本の価格は、紙に合わせてるだけじゃん。神の再販制度の弊害。

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/09(金) 13:49:00.30 ID:lDoJi4WA
>>309
なんで冊数の話になるんだ。
特定の出版社としか契約できなくて、ラインナップが限られてるとかはありそう。

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/09(金) 15:07:16.03 ID:SHaAwK8f
電子書籍専門の制作会社でXMDFからEPUBに変換するプログラムのデモをみせられた
売られているデータ(ZBF)をサーバに上げるとEPUBデータが出てくる
EPUBデータは大抵の有名どころビューアでの表示で問題ないしバリなんとかもクリアしているといいながら
FireFoxのアドオンではぐちゃぐちゃになるウンコ
商売とは別に腕試しに作ったものだしシャープから訴えられても嫌だから公開はしないとか
たいした技術でもないのにもったいぶるとかあたまおかしいとしか言いようがない

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/09(金) 15:51:16.24 ID:yIaMvcj9
>>323
米国の電子版の話。

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/09(金) 17:44:48.82 ID:JBWuP9pk
>>322
こういう、価値を下落させるセールを作り手は嫌がるんだろうな。

一回セールされたら、定価では買わなくなるわ。次のセールを待つ。
別に今すぐ読まなきゃ死ぬ訳でもなし。他のセール品でも読んで繋ぐよなぁ。

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/09(金) 21:48:19.52 ID:mAiro9O7
そこは、早く読みたいと、いかに思わせるかという、宣伝戦略が必要になってくるのでは。
読まなきゃ死ぬって思わせないと。

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/09(金) 22:58:29.97 ID:z+ynFmAw
>>327
マヌケな株屋の発想だからなー
儲かるわけがないw

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/10(土) 02:54:13.44 ID:3cac4s9k
まさかのガラパゴス復活。

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/10(土) 10:15:31.14 ID:3efrwQkG
>>325
FireFoxのアドオンがウンコなんじゃないのかw。

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/10(土) 10:17:21.78 ID:x45EZ0YE
ガラパはもっと売れてからだなw
年内キンドル発売ならガラパ忘れられそう
勝機はあるのか?

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/10(土) 10:32:52.91 ID:3efrwQkG
5インチガラパは普通にAndroidスマートフォンで出せれば売れたんだろうになぁ。
それに気付いたのか、7インチ以降は電子書籍が読めるタブレット端末ってことになってる。

あと、地味にガラパゴスストアの運営が子会社から本社に移管になったね。
オンリーワンなんとかのBBAを降ろしたのは正解だと思うわ。

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/10(土) 15:04:38.95 ID:moRh7PmN
末期がんの延命にしか過ぎないね

82 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)