5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

太陽が消滅したら人間は何日間生存できる?

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/03(木) 02:57:32 ID:0kLcc/sX
ストーブあるし即死は無さそう

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/03(木) 13:38:12 ID:Y68BfTGu
寒いね

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/03(木) 14:13:08 ID:F6zHSa4U
サンバルカンの歌でも聴いてろ!

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/03(木) 15:44:22 ID:e1sLjnY5
たちまち凍りつく

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/04(金) 02:14:34 ID:VCcYqUkQ
地下深くの原子炉があるシェルターがあれば、数人程度なら十年程度生存可能。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/04(金) 10:43:52 ID:5uSO7xrU
地熱利用シェルターとかあればあるいは数十人なんとかなるかもな。
中の人の精神が持たないかも知れないが。


7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/04(金) 10:45:42 ID:upCIbNj5
太陽がなくなる時点でこの太陽系は終わりです

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/04(金) 12:36:55 ID:h1jdNy2f
ホッカイロ勝ってくるわ〜

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/05(土) 02:38:02 ID:jp+etnEu
>>6
しばらくすると地上の酸素も液体になり、やがては固体になる。
そうなると酸素の確保も難しくなる。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/05(土) 02:46:08 ID:aHl61K1b
遠心力で地球が遠くまで飛んでいくから
下手すれば近くの星と引き合って終わり

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/05(土) 08:35:22 ID:siUsHDIA
>>5>>6

太陽がなくなる時点で、地球は太陽系最果ての海王星とかと同じような酷寒地獄になる
温度も絶対零度近くまで下がるから、大気の主成分の窒素も酸素も全て凍りついて雪になって地表を覆い尽くす
んでもって地上は呼吸もできない真空状態

これじゃ地下に逃げ込んだところで先は長くないと思う

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/05(土) 11:04:46 ID:nw5UkylZ
そうなのか。
超安楽死できそうでよかった。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/05(土) 12:19:29 ID:Bmhpuerg
>>11
まあそういうことなら地上から固体酸素採掘してもってくるとか。
って、真空中で採掘作業できるテクノロジー自体少ない人間では維持できないか。


14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/05(土) 13:17:15 ID:jp+etnEu
>>11>>13
そんな理由があるので、少人数なら10年程度と書かれているのでしょう。
原子炉の発熱・地熱を使えば、固体・液体の酸素を気体にできる。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/05(土) 14:15:49 ID:URco1nqj
そんなに瞬間には凍りつかないよ。
今だって夜は日光当たってないだろ。
要は温度が問題なんだから、燃料使えば1年は生き残れるだろうよ。
燃料持ってない土人はすぐ死ぬだろうけど。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/05(土) 14:29:58 ID:Bmhpuerg
>>15
日が落ちてから翌朝までの気温低下ペースがずっと続くことを想像してみよう・・・


17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/05(土) 14:59:29 ID:TGk6xElJ
太陽が消滅することが100年前から分かっていれば、万単位の人間は生き残って世代を繋げられる。
しかし今この時に消滅したら、地下に逃げ込んでも、地上の真空状態に対応できるだけの設備がないので1ヶ月ももたない。
1年くらいはなんとかなりそうなのは原子力潜水艦の船員だけ。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/05(土) 18:41:00 ID:MBt+aXDy
太陽光が全く差さない場合でも地表温度は-20℃程度だと何かで読んだ記憶が…
スノーボールアースと同じくらい?

マントルとかコアが持っている熱量がすさまじいからねぇ。
中心まで冷え切るのに100億年以上掛るらしい。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/05(土) 18:52:15 ID:X3B+SY8O
>>18
> 太陽光が全く差さない場合でも地表温度は-20℃程度だと何かで読んだ記憶

それ温室効果ガスが無い場合の温度だろ。
いくら何でも温度高過ぎと、少しは疑問に思わないのか?

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/05(土) 21:44:44 ID:TGk6xElJ
よく考えたら太陽が消滅するような事態になっても、
微生物だけは地下深くで地熱に守られながら生き延びられるんだよな・・・

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/05(土) 23:31:48 ID:t3hNI2At
>>18
地熱の平均、地殻熱流量は60-80mW、高いところでも200mWとかみたい。
http://www.eri.u-tokyo.ac.jp/hamamoto/index.htm
http://www.eps.s.u-tokyo.ac.jp/jp/guidance/earth/yamano.html
これをシュテファン=ボルツマンの法則にぶち込むと、
雪や氷の輻射率は結構高く1に近いようだけど、仮に0.9とすれば
0.08=0.9*5.67e-8*T^4
T={0.08/0.9/5.67e-8}^0.25 = 35.4K だね。約-238℃。
熱流量が16倍の地域でも温度が2倍の70K、-203℃になるだけだね・・・


22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/06(日) 01:21:58 ID:ikBVW/hS
>>18

それ、現在の地球で温室効果ガスがなかった場合の話だよ
太陽がなくなっても地熱だけで地表温度をそんなに高く保てるわけがない

>>21

地表温度って熱流量の4分の1乗に比例するんだっけ?
だとすると地熱だけで地表を300Kに保つには現在の5000倍の熱が内部から供給されなきゃいけなくなるな

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/06(日) 01:33:44 ID:djddwd46
>>22
逆に300Kの輻射からいけば、459W/m^2。
ホットカーペットの3倍くらいかな?

太陽光輻射が1360W/m^2だからねえ。
全地球平均では単純平均で1/4の340Wで、これでも足りない。
実際大気の温室効果を入れない場合の地球平均気温は-15℃とか言われているし。

大気があると話が全然違うけど、太陽がない世界は大気は凍結して存在しないと言うことで。


24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/06(日) 02:43:03 ID:UvcNubP2
>>15
熱帯地方でも1週間以内に地上は凍りつく。熱帯地方の海も1か月以内に凍りつく。
火山噴火している場所以外の地上は、2か月以内に零下100度を下回ると思う。
零下100度以下では燃料云々に関係なく凍死する。

半年以内に燃料を燃やす酸素や窒素が、雨のように液体になって降ってくる。
窒素や酸素の雨が降りやんだら、ほぼ真空に近い状態になる。
その数か月後には酸素や窒素も固体になる。
太陽が消えてから1年経過する前に地球は何もかも凍りついた星になる。
火山が噴火している地点で溶岩と接触した酸素や窒素が気体になっても、周囲は真空なのでたちまち発散する。

酸素:融点-218.4℃ 沸点-182.96℃   窒素:融点-210.0℃ 沸点-195.79℃

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/06(日) 16:10:12 ID:d8jPbDiQ
地球の外側けずってマントルだけにすればちょうどいい気温になるんじゃね

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/06(日) 18:34:32 ID:djddwd46
>>25
出てくる熱量は変わらんよ。しばらくの間マントルの予熱が使えるだけ。
マントルまでトンネル掘って潜ればいいよ。地殻を断熱材として使えるわけで。
希薄大気もうまく深い穴の底に貯まってくれるかもしれん。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/06(日) 19:21:14 ID:PMOmAtNH
のちの地底人である

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/06(日) 21:05:27 ID:EM0lVmhO
現実的な消え方?だと地球も巻き込まれて消えるよな。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/06(日) 21:12:41 ID:cwkepL30
サンシャイン2057のようなことになってもかなりの衝撃・・

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/08(火) 13:18:20 ID:cocnjcRA
>>20
人間 「地球で最強の動物を決めます」
ゾウ 「ボクが最強かな、やっぱり」
トラ 「さすがにゾウさんには勝てる気がしないわ」
マッコウクジラ 「陸上じゃなきゃダメなんですか? 海中じゃダメなんですか?」
ダイオウイカ 「海の方が広いし生物生存圏で比較したら舞台は海が妥当でしょ」
スズキ 「種の多様性も明らかに海だよね」
ケンミジンコ 「条件を多数決で決めるのが公正で民主的」
テルモプラズマ 「では投票で決めよう」
サメハダホウズキイカ 「お前は動物じゃないだろ」
ミクソゾア 「動物だろ」
ミドリムシ 「動物って何?」
ボルボックス 「単細胞の馬鹿は来なくていいよ」
ヨードアメーバ 「でも世界の大多数は単細胞生物だから」
バシジオボルス 「マイナー(笑)な多細胞生物は大きければ良いと思ってるから困る(笑)」
テルモコックス 「で、大抵1億年すら持たずに絶滅してるんですよね(笑)」
クレンアーキオータ 「何回繰り返してんだっていう(笑)」
人間 「でも1個体としては弱いじゃないですか、あなたたち」
バシジオボルス 「人間馬鹿すぎワロタ」
テルモコックス 「普通に何万年も生きてる1個体なんてゴロゴロいますが」
クレンアーキオータ 「時間勝負が嫌なら殺しにおいで。500気圧で120度の硫化水素に来れるならね」

 「ぶっちゃけね、(あいつら皆)負け組なんですよ。
 まぁ、海底の熱水噴出孔で私ら生命が誕生したわけですけどもね。
 そこでの競争に負けた連中が外へ逃げて行ってるの。
 『逃げ』を正当化して、それを自分らで『進化』って呼んでるの。
 海陸空、大型化、小型化、結局そのままの自分じゃ勝てないことが分かってて逃げてるからね、自己否定。
 自己否定した奴が一時的に上へ立てる、弱者に優しい(笑)茶番社会。
 こっちは本物の競争社会で何十億年やってきたと思ってる。
 駄目な奴は何をやっても駄目ってこと」

 「駄目な奴は何をやっても駄目ってこと」

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/09(水) 13:50:22 ID:xH9XCutU
>燃料使えば1年は生き残れる
>外側けずってマントルだけにすればちょうどいい気温になる

これは冗談で書いたのだろうか?

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/10(木) 21:46:10 ID:REPTyQMz
ごく一部の人間で燃料を燃やし続ければ、そいつらだけは1年程度なら軽く生きられるよ。


33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/11(金) 02:06:49 ID:JjKxi0nz
>>32
ここまでの話だと、その燃料は燃やせないような印象を受けるのですが。。。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/11(金) 19:42:41 ID:tfmv7Mj+
結局物理的に太陽が崩壊するなら地球はアボーン
太陽がなくなるというなら星間移動時の人類生存確率と大差ないかも

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/12(土) 02:08:55 ID:3F2sGDJw
>>32
SFに登場する月面基地や火星基地のように密閉された建物なら何とかなる。
酸素や窒素が液体や固体になって、ほぼ真空状態になる。
一般の建物では燃料を燃やせなくなるし呼吸もできなくなる。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/12(土) 15:52:00 ID:pDnVrgeb
なるほど

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/12(土) 23:17:48 ID:XPSckO6s
そもそも太陽が無くなってから太陽光は何年くらいもつんですか?

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/13(日) 01:16:32 ID:dPInYdUN
8分ちょっと

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/16(水) 19:20:12 ID:aqj9+vEf
なんとか近くの赤色矮星に地球ごと引っ越せないかな?

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/17(木) 01:00:26 ID:CUU/li8V
室伏に頼めば

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/17(木) 01:22:15 ID:bWbXRg/+
室伏おいてけぼりになっちゃうよ

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/17(木) 09:16:34 ID:oQYm+5tA
地球から室伏に木星投げてもらって反動で地球と室伏が飛ぶとかw

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/17(木) 09:26:20 ID:wuhkTkW7
食料が無くなり次第、終了。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/17(木) 14:52:02 ID:bWbXRg/+
食料は野菜なら永続的に作れそうだけどな。電力さえあれば。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/17(木) 20:47:14 ID:T/uJFYcp
食料と酸素と水と熱を作り出せればずっと生きられそうだけどな。電力さえあれば。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/17(木) 23:39:46 ID:41JrZ+Kb
>>11
マグマの熱さは太陽がなくなっても健在でしょう。

地下に行けば行くほど熱はあるんじゃないでしょうか。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/18(金) 09:01:10 ID:4z3Is2cr
>>46
>>21
地熱で温かいと言うより、潜れば自分より上の岩盤が断熱材となって温かいと言った方がいいね。
結果温かいのだろうけど。
>>25←こういうことしちゃらめぇ〜


48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/19(土) 01:35:32 ID:3M5o2lCJ
>>39
そんな技術があるんなら、太陽を延命させるほうが手っ取り早いのでは?

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/19(土) 02:22:18 ID:IGbA/A5P
恒星の寿命を延ばすには早いうちに質量を減らせばいい。
反物質でも放り込むか。でもそんな大量の反物質は作れないだろうな。
できたらできたで地球が受けるエネルギー量が減るから公転軌道をずらさないといけない。
ここまでくると>>39とどっちが難しいかわからんな。

赤色矮星の近くに惑星に宇宙船で引っ越せれば一番いいな。
あ、なんで赤色矮星かと言うと将来の不安が少ないからですよ。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/19(土) 04:43:36 ID:4t+7bVso
「太陽が消滅」って前提なのに、「恒星の寿命を延ばす」って馬鹿か?

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/19(土) 11:45:14 ID:hxPrXmdl
しかし恒星の死因って結局は燃料を使い切ったことによる餓死なのに、デブよりもガリの方が長生きってのが不思議な感じだな

>>49

惑星ごと引っ越すにしても、引越しを完了するまでの数十万年の間の熱源をどうするかって問題が・・・

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/19(土) 13:11:18 ID:BKZJbUHH
氷河に包まれて人類は絶滅するよ

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/19(土) 13:14:57 ID:IGbA/A5P
>>50
それは書きながら気づいたけど>>48が言い出したことだから別にいいかと思って。
それに>>1は消滅の仕方を決めてないし。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/19(土) 13:56:11 ID:CZ+H6OhW
そもそも消滅って状況は
殆どの場合は地球も巻き込まれるだろ
突然無くなるなんて考えられんし

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/19(土) 18:13:47 ID:ESbMs020
        ____
        /     \    
     /   ⌒  ⌒ \   何言ってんだこいつ
   /    (●)  (●) \     
    |   、" ゙)(__人__)"  )    ___________
   \      。` ⌒゚:j´ ,/ j゙~~| | |             |
__/          \  |__| | |             |
| | /   ,              \n||  | |             |
| | /   /         r.  ( こ) | |             |
| | | ⌒ ーnnn        |\ (⊆ソ .|_|___________|
 ̄ \__、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l二二l二二  _|_|__|_

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/19(土) 20:33:27.03 ID:PKl3GzXl
仮定の話だから面白いので・・
真面目に語るな

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/19(土) 20:40:20.43 ID:P8NUEf/K
確かに地球もいろんな惑星があるうちの一つで太陽を中心とした太陽系のそのはしくれに過ぎない。

太陽に惹かれてその他諸々の惑星が回ってるとしたら、太陽って偉大だな…。

さぁ本題に戻ろう。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/20(日) 00:16:43.59 ID:5Navd9eE
ぬこにくるまる

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/20(日) 00:51:01.06 ID:HvN74Whw
男とヤリまくる

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/20(日) 03:16:14.26 ID:kIKkc97Q
断熱性能の高いコロニー作って、内部の熱を保つのはダメなの?
表面とかを赤外線を吸収する素材にして、内部で核融合して発熱するとかで

宇宙空間なら放熱って大分遅いよね、断熱性の高い素材とかなら尚の事だと思いたいんだが

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/20(日) 12:56:17.81 ID:ei1r6lRc
>>60
内部に熱源置けるならそりゃどうにでもなるけど。
表面積と表面温度次第だね。
エネルギーさえあれば理論的には酸素水リサイクルや植物育てることも可能だし。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/20(日) 14:47:11.26 ID:2bjzANqD
まあ、そこまでやるんならデッカい宇宙船でも作って手頃な系外惑星目指した方がいいと思うね。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/20(日) 21:05:19.24 ID:MKD9wI7H
お前ら温度だけだと思ってる?植物は光合成できねえぞ?
地球の酸素の大半はアマゾンの原始林だし。


64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/20(日) 21:22:09.21 ID:oWiwm62/
水の電気分解でなんとかしよう

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/20(日) 21:24:11.65 ID:ei1r6lRc
>>63
エネルギーさえあれば光はどうにかなるよ。
人間一人を支える分がかなり膨大だけどな。


66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/20(日) 22:36:12.31 ID:3HiB3cxL
まぁいきなり消滅されたらやばいけど

消滅するのがわかってて
準備期間があれば生き残る仕組みは作れるんじゃねーか?
数万人が限度だろうけど。
まぁその数万人に選ばれるために
核戦争で先に全滅するに一票。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/20(日) 22:54:29.23 ID:kIKkc97Q
>>63
核融合で発電して人工光で育てれば良いじゃない
と言うか、そうでもしないと酸素が自給自足できない

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/20(日) 22:57:36.68 ID:kIKkc97Q
>>66
本当に太陽がやばくなる前には、軌道エレベーターなり、資源確保で宇宙進出ぐらいはしてそうじゃね?
後は適当な小惑星とか繰り抜いて似た様な事をやれば、数十万〜数百万人くらいは脱出できそう

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/21(月) 01:48:34.06 ID:A+Ygjijv
つってもその核融合がめっちゃ難しい
一億度の熱に耐えられる施設は今の状態では作れない

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/21(月) 02:17:52.66 ID:ex6nzCFh
>>68
小惑星を繰り抜くより地球の地下の方が現実的。
小惑星には熱源がないし重力もほとんどない。
小惑星に行くだけでも莫大な手間暇が必要。

地球なら人間に適した1Gの重力があるし地熱もある。
固体になったとはいえ酸素もある。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/21(月) 02:32:05.73 ID:WfC7YKil

 バランス崩れたら・・・ みんなで一緒に ボロボロに・・・ 頑張れ人類 それまでは

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/21(月) 08:04:47.17 ID:XwVgB06q
惑星質量で恒星間航行とか、距離や質量を舐めてんのかな。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/22(火) 02:54:54.48 ID:Jif4EIFu
>>70
地熱頼り云々がダメってのはもっと前から出てたからだけど
結局地熱低下でジリ貧だし

コロニーでも擬似重力くらいは一応作れるし

>>69
だって何十世紀以上も後の話前提だからな>太陽消滅
そもそも核融合ならあと何世紀後かでも十分作れそうではあるが、近代からの技術進歩速度的には

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/22(火) 08:46:29.40 ID:Qh0HjU9J
>>73
>地熱頼り云々がダメってのはもっと前から出てたからだけど
駄目出しされたのは、地表に済む場合限定だぞ。
地下に潜るならそれなりに使える。
中心6000K→地上290Kだったのが、中心6000K→地下290K→地上35Kになるように潜ればいい。
地熱が切れるのは10億年単位先の話だろうから、当分心配する必要はない。
酸素や食料やエネルギーなど、温度以外の条件はシラネ。




75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/22(火) 08:47:25.49 ID:Qh0HjU9J
>>73
>だって何十世紀以上も後の話前提だからな>太陽消滅
このスレにそんな前提はないのでは?

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/23(水) 04:50:02.67 ID:2vPlhyC/
>>75
や、>>66-68では本当に太陽がヤバくなる頃にはって話だったから
>>70のレスは、それに対してされてるから、その前提の問いは無意味だよ

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/23(水) 09:57:15.76 ID:0X+xp1A7
>>73
何十世紀=5000年くらいなら地熱楽勝だろ。
数十億年=数千万世紀先なら確かに怪しい。

>>76
>>68にしても現在予想される太陽消滅(数十億年先)の話しているかどうか怪しいでしょ。
そのさらに元レスはいきなり消えずに人類に対処できるだけの準備期間があれば、と言う話>>66だよ。

それに現在の予想では太陽は消える前に巨星化して地球アチチだし。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/23(水) 16:12:29.78 ID:NNV1ILku
そもそも億年先じゃ人類自体が存在しないからな
人類の子孫生き残ってても、進化して全くの別種だから哺乳類ですらないかもだし



79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/24(木) 22:48:08.40 ID:3bo0z16S
それにしても地熱は結構いけるな。
>>74が言うとおり、縦に深く穴を掘っていて、ちょうど温度が290Kになるように潜れば…。

それに、地下290Kエリアに人間が住んで、そこから上下にトンネルを掘り、
下1500Kと地上35Kの間で温度差発電すれば電気も作り放題。
人間の住むところは密閉して、地熱で地上から運び込んだ固体酸素を溶かしたり、
温度差発電で作った電力で照明をつけて植物の光合成を行えば食料だって…。

維持できる人口は限られそうだけど、なんとか生き延びられるんじゃ…。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 04:11:00.86 ID:qRHckzur
>>73
>地熱頼り云々がダメ

小惑星は地熱がゼロなので−273℃まで冷える。
地球は地下数千メートルなら地熱で人間が生活できる程度の温度になる。
地熱は地球内部の天然放射性元素が崩壊する時の熱に由来するので、少なくとも数億年は発生が続く。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E7%86%B1

先日に”いとかわ”が小惑星に到達したが、有人宇宙船(数人乗り)を小惑星に送り込むとなると、その数百倍以上の費用が必要になる。
更に小惑星を繰り抜く道具を積んだ宇宙船となると、”いとかわ”の10000倍以上の費用が必要になる。

>コロニーでも擬似重力くらいは一応作れる

繰り抜いた小惑星を回転させるのか?
それだけのエネルギーを準備した宇宙船を小惑星に送り込むのか?
そうなると、”いとかわ”の10万倍の費用の宇宙船になるのでは。
国家予算を全てつぎ込んでも実現不能に思える。

ところで小惑星で酸素や熱源をどうやって作り出すのか?


>だって何十世紀以上も後の話前提だからな>太陽消滅

太陽が数十億年後に巨星になって消滅する話ではない。
スレタイに書いてあるが、突然消滅した場合を想定している。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 06:08:55.90 ID:7xeQlFhB
>>80
なんでもいいけど、いとかわは小惑星の名前だぞ。


82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 07:41:14.75 ID:fbuveR3b
ワロタ

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 10:03:58.52 ID:7gUM1Msb
>>80
>スレタイに書いてあるが、突然消滅した場合を想定している。
今消滅するとは書いてない。そろそろいつ消滅するのか決めようよ。

とりあえず20年後ってことにしないか?

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 10:53:42.00 ID:6trec5nC
割とみんな温度の心配しかしてないけど、突然太陽が消えると
地球の軌道が直線運動に突然変わるわけだよね。まぁ引力自体が
消滅するわけだからそこで突然吹っ飛ばされるとか横Gが生じて
なんて事はないようにも思えるけど、潮汐力の突然の変化とかで
地球は一瞬ぐじゃっと液状化するみたいなことで、遠くから見た
惑星としてはまぁ原型をとどめるとしてもそこにいる生物に
とったら一瞬とても耐えられない変化とか起こらないもんかね。
あと、そのまま直線運動で飛んでって、今度は運悪く木星に近づく
方向だったりして程なく引き込まれてアボーンとか、、、

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 13:33:43.44 ID:8i/LO3p6
宇宙線からの太陽の傘なくなるよね?

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 14:29:03.93 ID:vEWF7YMa
>>85
大気の傘までなくなる。
まあ地中に潜るなら代わりがあるさ。

でも生きられる人は限られるだろう。
限られた人数で地下居住地工事なんかできるか大変怪しいけど。
「俺は死んでもいい、人類の一部が生き残る為なら地下都市建設するお」
ってのがたくさんいないとだめだろうな・・・
もしくはぎりぎりになって大抽選会?
絶対暴動が起こるな・・・
できたとしても少人数で維持できるのか。

なんか、大部分の人が生き残れる巨大工事か全滅か
両極端しかない気がしてきた。


87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 17:00:23.89 ID:GmUmmTsr
水爆をミサイルで打ち上げまくる、毎日何千発も

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 17:33:16.01 ID:K7NV94NV
>>87

太陽が放射するエネルギーは1秒間に3.8×10^26Jで、地球はそのうちのおよそ20億分の1を受け取っているから
大雑把に2×10^17J、50メガトン級の水爆の爆発で放出される全エネルギーと同じ量をトータルで受ける計算になる

つまり、水爆を太陽の代わりにしようとすると、単純なエネルギー収支を考えただけでも、標準的な1メガトン水爆を
1秒間に50個のペースで爆発させるということをずっと続けなければならない
1日なら400万個、1年なら15億個以上の1メガトン水爆が必要になり、1日数千個程度じゃ全然足りない


89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 18:09:30.50 ID:vEWF7YMa
>>88
近くでやれば多少は・・・w

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 21:08:19.70 ID:Gq8269fh
>>84
そうだよなぁ
温度はともかく自転公転に影響が出てどうなるやら・・・

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 22:26:20.85 ID:fbuveR3b
>>84
急に太陽消えたら
今までに経験のない巨大地震がいきなり発生するかもねと。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 22:26:33.40 ID:C8rTbQDn
>>86
確かになあ…。
2世紀後に太陽消滅します!とか分かっていれば、ノアの箱舟よろしく
地下都市を建設すると思う。そしたら永住は出来ると思うけど…。
こんな設備を一瞬で作れるはずもないし、やっぱり時間の猶予がいると思う。

それに、シェルターを作れるのが先進国だけとかになったら、それこそ
太陽消滅前に発展途上国から難民が流れ込んできたり、戦争・内紛になったりと…。
なんか地下で暮らす生活自体より、それまでの経緯のほうが地獄絵図になりそう…。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 22:29:38.17 ID:fbuveR3b
木星も全部ふっとんで行くのか。

各惑星が太陽消滅時の公転位置によって
いろんな方向にすっとんでいくけど
運悪く惑星同士がぶつかる可能性はあるのか
それでなくても火星と木星の間の岩石群のどれかには衝突は避けられないかも。

2次元平面上でのことだからぶつかる可能性は高いような気がする。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/25(金) 23:26:06.02 ID:7xeQlFhB
>>91
想像してみた。
いきなり太陽重力が消えたら・・・
昼側が先に太陽重力の束縛を解かれ、円運動から直線運動に変わる。
夜側は少し遅れる。重力場が光の速度だから、43msec。
こんな速度で地球の圧力は伝わらないから、おそらく地球は
そのまま直線で動こうとする昼側と円で動こうとする夜側に挟まれ、縮む。
縮む量は太陽による加速度0.006m/sec^2を考えると・・・0.01mm。

意外とたいしたことはないかもしれない。


95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/26(土) 01:47:56.95 ID:6k8ZICUE
>>94
自転と公転を混同してるよ

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/26(土) 01:55:35.44 ID:6k8ZICUE
いやそうでもないな
どうでもいいや

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/26(土) 02:55:10.97 ID:1VMZNT3c
>>93
計算すると太陽が消えてから4か月後辺りが一番衝突する可能性が高い。
その頃には、海は全てかなり深くまで凍結して、地表は零下100℃以下になっている。
生き残っている生命は、地下深くの微生物と海底深くの生物だけだろう。
10mや20mの小惑星が衝突しても、それによって死ぬ生き物などいないと思う。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/26(土) 03:33:18.61 ID:kfv8j8FR
途中で木星重力に捕まる可能性はないのかな
木星周回軌道に乗れたら少しは…変わらんかw

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/26(土) 03:44:20.82 ID:6k8ZICUE
JAXAの軌道データから微分方程式数値的に解かせたら案の定惑星の軌道は直線だったよ
厳密には各惑星の公転面は一致してないし,それこそ惑星同士が衝突するのは天文学的確率

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/26(土) 03:55:25.10 ID:6k8ZICUE
木星と地球との距離は最短でも 6.3x10^11 m くらいだから
地球が木星の重力圏を脱出するのに最低限必要な速さは木星に対して 0.6 km/s
地球の平均公転速度が 30 km/s で,木星の 13 km/s を差し引いても余裕でクリア

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/26(土) 06:04:38.05 ID:umYjPywD
まぁ元々惑星同志が衝突するのなんて天文学的確率なのは承知なのだが
一瞬で太陽がなくなると、その瞬間の全惑星、全小惑星、全衛星の
直線運動の方向はバラバラになるわな。んでもって今度はお互いの
引力で引き合うわけだから、なんかぐじゃらっと飛び交うちり軍団の
中ででかいのにだんだん惹かれて最後はどかんと、、、なんて気も
するが結局ばらばらに逸散してぶつからない方がありがちな気も
するね。でも消滅瞬間の地球超大地震、地下シェルターも全部没。
ってのはなんとなくすごくありそうな気がする。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/26(土) 06:40:32.60 ID:djkowKc7
>>99
そもそも直線軌道にならない理由なんてあんの?
円軌道または楕円軌道から突然束縛がなくなったら
普通に接線方向に飛ばされるだけでしょ

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/26(土) 07:45:12.77 ID:TsfOqwc6
>>100
重力圏なんてない。重力はどこまでも及ぶ。
2つの天体のうち近い方の引力がでかい範囲を重力圏と呼ぶだけだ。


104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/26(土) 07:59:35.64 ID:6k8ZICUE
>>102
つまりほとんど直線になるだろうとは予想されるけれども,
もしかしたら惑星間の引力の効果が無視できない程度にはあるのかもしれないなあという感じ

>>103
脱出速度以上の速さをもつことをそう言っただけだよ
割とよくある言い回しだと思うんだけど

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/26(土) 09:01:40.11 ID:wP5gTbYe
>>99
微分方程式以前の問題のような・・・
ニュートンの第一法則(慣性の法則)で充分だよ。
あ、ネタだったらすまん。

>>100
0.6km/sかぁ。地球は問題ないにしても予想外にでかいのでびっくりしたわ。
ところで、

 木星→




 ↑
地球
   ○元太陽

こんな感じの時に太陽が消滅したら、地球が木星スイングバイして飛んでいくこともありえる?
まあスイングバイしようがしまいが太陽がなければどこまでも飛んでいくには変わりないのだろうけど。


106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/26(土) 09:23:18.53 ID:6k8ZICUE
>>105
慣性の法則が成り立つのは力を受けていないときで
>>99はその力が本当に無視できるのか試しただけ
厳密な直線ではない

円軌道と仮定して元太陽からみた地球と木星とがなす角が直角のときは
もう全くと言えるほど影響なしだったよ
近づいたらそりゃスイングバイのようにはなるんだろうけど

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/26(土) 09:30:04.63 ID:wP5gTbYe
>>106
どんな角度でどれだけ接近しようが、無限遠付近で最低17km/sという相対速度には変わりないもんな。
衝突以外は大きな違いなしだね。
すまん、>>99>>100は同じ人だったね。>>100も合わせて読むべきだったわ。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 01:49:02.28 ID:odS4RswY
太陽の質量が全てエネルギーに→太陽が消滅
のパターンだったら8分しか持たないじゃん、瞬時に蒸発する

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/27(日) 23:25:58.44 ID:8uuQgSjw
>>80
キリッと偉そうに解説してっけど、はやぶさの間違いだよね?
ね?

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/28(月) 07:12:09.95 ID:G47MYLq2
>>109
>>81

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/28(月) 15:27:25.95 ID:P2ip5PA+
ちょっと待てみんな!スレタイをよく見るんだ!

>太陽が消滅したら人間は「何日間」生存できる?

太陽が消滅してるんだぞ。朝日は昇らない。「何日」は、無いんだ。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/28(月) 15:29:55.17 ID:WEfYqb+r
>>111
お前何世紀前の人間だよ

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/28(月) 15:47:45.03 ID:Xt7osF3v
>>111
極地の冬は時間が止まるのか。

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/28(月) 20:06:47.29 ID:RMFzGTMb
>>111
現在の時間(1秒)の定義はセシウム原子のエネルギー準位の遷移による
放射光子の周期数×9192631770です

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/02/28(月) 21:40:02.03 ID:i1OfvjQG
ある意味、>>111の指摘は正しいと言えます。
また同時に、>>112-114の指摘も正しいと言えます。

世界時の種類↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E6%99%82#.E7.A8.AE.E9.A1.9E

時間って、結構面倒くさいのです。
どちらにせよ、スレの本筋とは関係の無い話ではあるのですが。。。

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/02(水) 18:37:08.38 ID:AKvzEaH8
地熱を利用した、ちょうどいい温度の居住空間を地下に作ることさえ出来れば、
なんとか永続的に生き延びられそうだな。
地熱がなくなるまでにはまたなにか思いつけるかもしれん。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/03(木) 06:19:42.35 ID:Ld1vsH91
地下に居住エリアとエネルギーブロック作って、原子力発電で居住エリアの熱量とか賄えば良いじゃない
断熱性高い人工壁材作ればいけんだろ

将来的に核融合までいければかなり安泰
まあ、補修とかはかなり面倒そうだが


118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/03(木) 12:11:32.57 ID:+u0PXp0+
そうして徐々に深く深くへ潜って行けば、数百年は生きながらえるか???

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/03(木) 14:06:08.47 ID:Aq4HVtpB
落盤してあぼーん

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/03(木) 18:51:32.50 ID:bu3X/b+x
>>118

地熱自体はもっと長持ちする
地球が完全に冷え切って冷たくなるまでの時間は多分太陽の寿命よりも長いはず
誕生から46億年たってもこれだけ活発に活動してるわけだからね

数百年程度じゃ地熱は全くといっていいほど衰えないから、仮に地熱を利用して生き延びる手段が実現すれば
もっと長期間同じ場所に留まれると思う

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 00:13:14.65 ID:FhOETBPp
>>120
居住スペースは290Kに保って、そこからより深いところ、浅いところへ
発電ブームを伸ばせば、温度差で発電し放題。
これで永住が出来そう。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/05(土) 21:35:52.09 ID:OVpZrCOG
かくして空を見たことのないSF設定の地下世界が出来上がる、と

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 03:30:12.57 ID:mIw+krjf
>>121
永住は難しいと思う。
発電設備やその他の機器を生産するには、少なくとも数百万人は必要。
設備が老朽化して使えなくなるまでしか住めない。

植物栽培用の発光ダイオードだとか電子機器は数千人や数万人では生産不能。

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/06(日) 22:54:12.33 ID:lCUpv45c
>>123
ふと思ったのが、今の地下街みたいなのが290Kになる深さに延々と続いている感じ。
地熱で養える人口がどのくらいか、というのは気になるけど、かなり住めるんじゃない?

地下数kmまで開発できる技術力を想定すれば採鉱くらいできそうだし、
地下工業エリアと鉱業エリア、地下居住エリア、地下発電シャフト群がある感じ。
居住エリアから工業エリアに出勤して、鉱業エリアからの鉱石で発電機を作って、
発電シャフトをメンテ。

なんかSFチックなのに考えたらとたんに庶民的にww

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/07(月) 15:13:20.17 ID:ATqV521x
>>124
人口数百万人の国では自動車も作ることができない。
自動車は部品数が数万個、TVにしても部品数は1万点以上になります。
個々の部品についても、設計する人・材料を調達する人など多くの手間がかかっています。
その部品の材料も多くの手間暇がかかっています。

太陽消滅後では、離れた地下空間同士の行き来も難しくなります。
地上は零下230度以下で真空なのだから。
やはり設備が老朽化して使えなくなるまでの期間しか生存は無理でしょう。

小惑星に数十人なん状態は論外であることは明白です。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/07(月) 15:19:15.20 ID:w1nq0SPQ
2,3日で氷河期になるだろうね
地下でガンガン暖房かけないと凍死する

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/08(火) 03:13:10.80 ID:T0+lh+g0
氷河期ってレベルじゃねえぞ

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/08(火) 23:27:20.38 ID:iqV76E54
ワシの腹の中で1週間続いた便秘のウンコが
高圧・高温になって核融合反応起こーーす!!

だから心配するなーよ!

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/09(水) 04:04:19.66 ID:mERu007P
長くても10分くらいしかもたんだろう

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/09(水) 22:42:25.26 ID:UDLb3h1Q
>>125
>太陽消滅後では、離れた地下空間同士の行き来も難しくなります。

うーん、そうじゃなくて、地熱で290Kが維持できる深さに、
水平に都市面積分の与圧トンネルを掘って街にするってわけ。
地下に100階建て相当の区画を今の東京くらいの面積に敷設すれば、
東京総100階建てになるわけで現在以上の人口が物理的には住める。

同じくらいの面積の地下都市(工業、鉱業、農業etc)を作って、
同じような与圧トンネルで結べば、その中は行き来自由。

つまり、今の生活をそのまま(エネルギー源は地熱100%だが)
温度290Kになる地下に埋めたらいいんじゃねって話。
たとえば人口1000万人の町で、農業が野菜工場化してる、余裕が無くて第3種産業人口が少ないと
想定すると、十分な人数はいると思うんだ。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/10(木) 16:11:03.13 ID:pj8lRiy2
>>130
地下深くに東京くらいの面積で、総100階建ての穴を掘るのは至難の業。
最大の地下鉱山でも、その規模の1/1000以下だと思う。
深さも最深度鉱山よりもかなり深くないと、地上が零下230度以下の状態では290Kにはならない。
1000万人以上の食糧を生産するとなると、関東平野以上の面積が必要になる。
そんなのはSFの地底探検の世界でもない限り無理。

>同じくらいの面積の地下都市(工業、鉱業、農業etc)を作って、同じような与圧トンネルで結べば

ドーバー海峡トンネル(線路長 50.45 km)よりも遥かに深く、長さが数千kmのトンネルも同様。
ドーバー海峡トンネルですら、着工から開通まで8年かかっている。
長さが5000kmだとしたら800年かかることになる。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/10(木) 16:13:55.83 ID:0WvR8RO7
よく分からんが、ミチオ・カク博士に都市設計してもらう、
ってのはどうだ?

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/10(木) 16:17:56.72 ID:pj8lRiy2
>>130
そんなSFの地底世界擬きは無理だと分かっているので、>>5>>14辺りで数十人だとか少人数と書かれている。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/10(木) 22:51:14.53 ID:5DbH1WUc
>>131
>>133
もちろん現段階では無理なんで、25世紀くらいの時代を想定してた。

だって、現段階の技術じゃ地下290Kに安定した生活圏を構築するなんて
夢のまた夢、てかバイオスフィア計画だってまともな閉鎖実験に成功してないのに
地下野菜工場を地熱で動かすなんてそりゃ無理だ。
現代のシールドマシンで掘っていくんではどう考えても間に合わないし。

現段階で太陽が無くなったら死ぬしかないが、25世紀の技術があれば
大深度に地下都市作って永続できるかもしれないな、と思ったわけ。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/11(金) 02:00:18.09 ID:3w2PFlRq
>>134
25世紀の科学技術なら高性能な断熱材によって、地上で生活する可能性が高い。

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/12(土) 19:44:10.90 ID:+oz9kWEt
>>135
なるほど!

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/15(火) 09:58:07.41 ID:4ni1GoyJ
25世紀には、スーパードラえもんいるからだいじょうぶ


138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/16(水) 20:53:19.52 ID:UwzYP/vq
これまでは周囲の環境を改変
これからは周囲の環境に適応
つまり、人間を改造して人造人間にして極限環境でも生存可能にする
もしくは
肉体を火葬せずに、土葬、水葬することで地球上のバクテリアとして再生

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17(木) 00:40:03.38 ID:+dfIo2zG
バクテリアになってもいいなら絶滅しても別にいいじゃん

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/21(月) 23:05:01.99 ID:2MozABpx
太陽が無くなったら風は無くなるな。波も無くなるか。
いやそんな事より植物が枯れる。食物連鎖で人間も飢え死にするわ

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/21(月) 23:19:02.77 ID:UWniJEa7
>>140

風がなくなるどころか大気そのものが凍り付いてなくなるぞ

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/21(月) 23:52:20.72 ID:FiqmNoXe

        ____
        /     \    
     /   ⌒  ⌒ \   何言ってんだこいつ
   /    (●)  (●) \     
    |   、" ゙)(__人__)"  )    ___________
   \      。` ⌒゚:j´ ,/ j゙~~| | |             |
__/          \  |__| | |             |
| | /   ,              \n||  | |    >>140     |
| | /   /         r.  ( こ) | |             |
| | | ⌒ ーnnn        |\ (⊆ソ .|_|___________|
 ̄ \__、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l二二l二二  _|_|__|_

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/22(火) 12:25:13.72 ID:m4KdJ04A
いま外だが
チンポが立って立ってどうしょうもない(´Д`)

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/28(月) 17:42:12.73 ID:f+rUJzWA
1週間もてば良い方じゃね
太陽の熱が無くなったとたん季節のジワジワ来る冬とは違って消滅した瞬間から数時間でマイナス数十度の冬が襲ってくる
大気なんてのは速攻で熱を奪われる
海水や地球自体が熱を持ってるという反論も有るだろうが人が住んでるのは地球の外側なので大した効果は期待できない
深海魚なら多少永らえるかもしれないがね

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/28(月) 21:07:27.40 ID:fZ/pMa5Z
>>144
永久に夜が続くようなものなので、しばらくは1時間につき0.5℃〜1℃程度の割合で気温が低下すると思われる。
海水は大気より冷えにくいので、熱帯地方の海の表面が凍りつくのは数週間後になる。
深さ4000mの太平洋が底まで凍りつくのは1年以上後ではないか?
深さ5000m以上の海溝は、地熱によって凍りつかない可能性もある。

>全球凍結の時、北極や南極ではマイナス90℃、赤道付近でもマイナス50℃
>すべての海が、なんと深さ1000mまで凍ってしまうという計算結果が出ている
http://www.eps.nagoya-u.ac.jp/~yoshida/japanese/lecture/rikei-kyoyo/reports2004/kano.htm

>太平洋の平均深度は4028メートルから4188メートル
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E5%B9%B3%E6%B4%8B

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/02(土) 23:17:38.22 ID:cwjRqKIx
>>144
>消滅した瞬間から数時間でマイナス数十度の冬が襲ってくる

それだと太陽がある現在でも、12時間の夜が明ける朝方は毎日マイナス100℃以下になっている。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/03(日) 12:23:09.22 ID:2w4uDlFs
>>146
>それだと太陽がある現在でも、12時間の夜が明ける朝方は毎日マイナス100℃以下になっている。


>永久に夜が続くようなものなので、しばらくは1時間につき0.5℃〜1℃程度の割合で気温が低下すると思われる

はい
24時間で何度下がるでしょうか

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/03(日) 12:44:03.13 ID:m4MFg1Hu
>>147

まあ数時間でマイナス数十℃はオーバーな気もするが
でも2,3日も経てば極寒地獄だろうな

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/03(日) 21:14:46.37 ID:SAHSFFTn
0.75℃/時だとすると、24時間で18度、48時間で36度、72時間で54度下がることになる。
太陽が消える前が20℃だとすると、24時間で2℃、48時間で-16℃、72時間で-34℃まで下がる。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/04(月) 10:48:51.83 ID:W8Fo2Cr4
一定の割合で気温が低下し続けるって仮定は無理がある

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/04(月) 20:32:37.68 ID:zxJTsJ5T
>”しばらくは”1時間につき0.5℃〜1℃程度の割合で気温が低下すると思われる

低下するほど下がる割合は徐々に小さくなる。
これは当たり前。
−34℃は強力な寒波が襲来した北海道内陸部の明け方の気温。
その程度までは、ほぼ同等の割合で低下すると思われる。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/05(火) 01:29:19.62 ID:9hwFlaJT
そもそも大気や海流の流れが太陽無しでどの程度まで持つかどうか
日が出ないわけではない北極南極でもあの寒さ
大気なら速攻で冷やされて人間なんてあっと言う間に死ぬ
エスキモーぐらいが数日生き残るかもな

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/05(火) 15:18:27.88 ID:9SfnCFMj
放射が絶対温度の4乗に比例するとすれば、こんなもんか?
http://up3.viploader.net/omoshiro/src/vlomoshiro017812.png
なかなか-100度には届かんな。

銀河放射線とかの影響はどんなもんかな。

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/06(水) 22:39:58.31 ID:aYsySEG+
>>153
赤道付近(平均気温25℃〜30℃)との対流があり、北極圏外で夏の平均気温が15℃のオイミャコンで-71.2℃まで下がっている。
標高がゼロだとしても-65℃相当か?
地球全体が永遠の夜だと、-100℃に達するのは半年以内に思えます。

オイミャコン 北緯63度15分0秒 東経143度9分0秒 標高740m
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%97%E6%B8%A9

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/06(水) 23:47:45.62 ID:MgqyszSp
>>154
> 北極圏外で夏の平均気温が15℃のオイミャコンで-71.2℃まで下がっている。

これ対流のお陰で夏の気温が高くなってるだけでしょ。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/07(木) 20:07:02.15 ID:S3GqhmJY
太陽が消滅してるのにただの夜がずっと続くと考えてる人が居るね
ただの夜ってのは地球の反対側は太陽に晒されてる状態なわけよ
それで徐々にしか気温が下がらないとかお笑いだわ
一気に下がるよ

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/07(木) 21:56:12.27 ID:/biHZZkN
徐々にーとか一気にーとかじゃなくて定量的に物事言えよ。

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/07(木) 21:58:55.99 ID:/biHZZkN
>>154
> -100℃に達するのは半年以内に思えます

一月も掛からないでしょ。>>153

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/07(木) 22:01:18.06 ID:Uf8ZK6Jc
>>158
1ヶ月以内かどうかは知らないが、半年以内は1ヶ月以内も含みます。

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/07(木) 22:04:32.32 ID:Uf8ZK6Jc
>>156
>地球の反対側は太陽に晒されてる状態

地球の反対側が影響するわけがない。
夜の時間は12時間程度なので、地球の反対側が影響するとしたらジェット機並みの速さである必要がある。
そんなに速い対流などありえない。

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/07(木) 22:24:04.02 ID:/biHZZkN
>>159
そ、そうだね。

数年以内は半年以内も含むしね。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 23:09:51.84 ID:6t9aGiM0
太陽で水爆を爆発させたら吹っ飛びますか。

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/08(金) 23:29:11.25 ID:tY6xGka7
>>162
表面がちょっとだけ飛び散るかもね

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/09(土) 06:05:19.19 ID:nmLbJzn3
>>162

表面がほんのちびーっと吹っ飛ぶかもしれんけどまあダメージはゼロだわな
その前に水爆自体が太陽の熱に耐えられない

つーか太陽自体が巨大な水素爆弾が何十億年も爆発し続けてるに等しい代物
太陽が1秒間に放射するエネルギーは、広島型原爆の爆発で放出されるエネルギーの6兆倍以上

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/09(土) 21:11:56.31 ID:PmN9DIln
太陽の脱出速度が617.7km/s。
最大の水爆が爆発して表面が僅かに飛び散っても、再び表面に落ちると思われる。

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/10(日) 00:14:18.64 ID:0+e5nTuQ
>>160
つジェット気流

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/10(日) 09:22:00.83 ID:fy18bip6
>>166

ジェット気流って早くても確か秒速100m程度(時速400km弱)くらいだったはずだが・・・


168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/10(日) 20:20:24.05 ID:0+e5nTuQ
>>167
きみは地球の反対側の影響が無いと言ってるが
太陽が無くなったのに反対側も糞も無い
そもそも気流は太陽の熱で動いてる事を忘れては困るね

169 :167:2011/04/10(日) 22:07:51.06 ID:VLajLJ7g
>>168

俺を>>160と勘違いしてないか??悪いが別人だ
この流れで俺のレスは>>148だけだぞ

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/10(日) 23:11:34.42 ID:eBMiIl9w
>>168
>>156で、地球の反対側が影響すると書かれている。
それに対して>>160は、地球の反対側は遠すぎて影響しないと書かれている。

つまり12時間しかない夜の間に、地球の裏側から影響するような対流がないことについて書かれている。

>太陽が無くなったのに反対側も糞も無い
       ↑
   これは全く的外れ

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/11(月) 12:47:52.44 ID:DSxT3YGt
どうした
落ち着けよ

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/12(火) 23:44:01.76 ID:IZjJ3jB5
太陽が無くなれば、1ヶ月以内に全球凍結するだろうな。
ただし、火山、温泉、熱水噴出口等の熱源付近は液体の水があったり、
気温がある程度高かったりするだろう。

人類が生き残るにはとにかく発電出来るかどうかにかかっているな。
発電出来れば、例えばドーム等の施設を作ってその中で、
液体の水を作り、気温も上げて、動植物の生態系もある程度は作れるだろう。
言ってみれば宇宙コロニーを作るようなものかもしれない。
その為には、発電の燃料や輸送ルートの確保、発電所の整備をしっかりしておく必要がある。
上手く行けばかなり長期間人類は存続可能だろう。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/18(月) 14:36:22.70 ID:z6Sm+OBk
火山付近の地価が急上昇するね

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/18(月) 18:06:07.27 ID:8PB9FodN
お前等解ってないな
「太陽が消滅」だぜ?
太陽が消えて無くなったら熱や光が無くなるだけじゃない
地球や他の惑星も太陽の重力から解き放たれて公転軌道から外れる
下手をすると木星や土星に吸い寄せられて…ドカンだ
それまで何日かかるかもしくはそうなるかどうか頭が良い奴確率と時間をを計算してくれ

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/18(月) 18:28:36.01 ID:LqqWqKb1
>>174
>>100あたりで考察されてる

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/18(月) 18:52:20.70 ID:z6Sm+OBk
隕石が頭に当たるぐらいの確立じゃない?

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/19(火) 10:24:18.23 ID:XpbQxeOL
木星と衝突する事はまず無いだろうな

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/19(火) 20:00:42.45 ID:gWq3Mu37
絶対だな?
絶対無いんだな?

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/19(火) 20:43:08.76 ID:1K9jvshK
「まずない」って言ってんのに「絶対だな?」って馬鹿か

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/19(火) 23:42:50.08 ID:La+etAVf
毎年いくつかの彗星が地球軌道の内側に入り込んでいるが、
地球と衝突するのは数百年?に1個以下。
つまり数千個に1個以下。
木星と衝突する確率となると、それより低い。

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/20(水) 00:34:34.92 ID:YULe/Pth
宇宙漂流星に生きるのも悪くないな
いや、悪いか

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/20(水) 02:26:16.86 ID:szjt9VUk
木星とか土星って質量大きいだろ

どっかの惑星の
衛生になることは
ありえないのかな

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/20(水) 06:09:58.17 ID:SWMiswFV
まずない
木星の質量でさえ太陽の0.1%に満たないし
ほぼ確実に双曲線軌道になる

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/20(水) 11:14:17.38 ID:uPfepKDL
太陽ってスーパーな奴だな

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/20(水) 20:55:12.50 ID:ipdKfk6T
まずない
まずない
こればっかり、言い訳用意するなっつーの
有るのか無いのかハッキリするべき

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/20(水) 20:59:59.58 ID:SWMiswFV
馬鹿にはどれだけ正確に言っても確かに意味ないんだよな
有るか無いかで言えば,無いよ.ぶつかることは絶対にない

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/20(水) 21:05:08.75 ID:ipdKfk6T
これはこれは頭の良いお方、失礼しました
まずないという答えが正確な言い方ですか
私にはむしろいいかげんな答えにしか見えませんよ
「まずない」や「ほぼ」という言い方は感心しませんね

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/20(水) 21:08:52.87 ID:uPfepKDL
仲良くやろうよ

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/20(水) 21:19:30.84 ID:SWMiswFV
間違ったことを言わないことがいい加減だというなら
間違いをはらんでいても無理やりオールオアナッシングで答えることは不誠実だとか言うんだろ
難しいよね
原発事故の解説に呼ばれてる有識者には同情する

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/20(水) 21:24:44.73 ID:ipdKfk6T
おやおや、逆切れも甚だしいですね
あなたの回答は自分の足元をすくってるだけだとなぜ気がつかないのか
「まずない」は「ない」ではありません
これは解りますね?
あなたは次の回答で「絶対にない」と言い換えています、これはいけません
馬鹿にも解るように説明するなら
「確率はかなり低いがありえない事ではない」とするべきです
自分の意見を尊重したい気持ちもわかりますがそれでは科学になりませんよ



191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/20(水) 21:27:35.72 ID:SWMiswFV
「確率はかなり低いがありえない事ではない」という意味で「まずない」だよ
統計取ったわけじゃないが大概の日本人なら同じ意味だと受け取るんじゃないか?
にも関わらず0か1かで訊く馬鹿のために「絶対無い」って言ってあげたんだよ

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/20(水) 21:27:49.48 ID:3bf/fx5D
>>185
条件によっては木星との衝突もありえる。

太陽が消える正確な時刻が分かれば計算できる。
何時消えるか分からない状態では、確率で考えるしかない。
木星との衝突は、1/1億分の以下であることは確か。

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/20(水) 21:31:44.79 ID:SWMiswFV
>>192
1億分の1以下ってどっから引っ張ってきたの?
具体的な数字出したって裏付けないなら意味ないよ
だから「ほぼ無い」「まず無い」って言ってんのにさ

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/20(水) 21:32:55.43 ID:ipdKfk6T
>にも関わらず0か1かで訊く馬鹿のために「絶対無い」って言ってあげたんだよ
それなら「有る」と言うべきでは?


195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/20(水) 21:34:50.79 ID:fjMnLZqY
>>191

なら「絶対」って付けちゃダメだろw
まず無いって言ってるのに日本語が理解できず0か1で聞くようなデジタル馬鹿は放っとけばいい

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/20(水) 21:36:49.38 ID:SWMiswFV
>>194
これは例としてあげる数字だが
0.01%の確率で衝突するとして
これを「衝突することはまずない」と答えるのはさすがに異議ないだろ?
有るか無いかで答えるなら「無い」の方が圧倒的に近いから俺はそう答えたんだが
もし少しでも可能性があるならはっきり「ある」と答えるべきだというなら,お前にはそう答えるべきだったんだろうな

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/20(水) 21:37:34.36 ID:SWMiswFV
>>195
皮肉も通じないとは思わなんだ

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/20(水) 21:39:15.06 ID:ipdKfk6T
>>197
それはキミの文章が下手だって事じゃ

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/20(水) 21:42:58.41 ID:ipdKfk6T
0.01%でも当る確立が有るなら有るとするべきだと思います

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/20(水) 21:51:47.75 ID:SWMiswFV
>>199
なら「まず無い」なんていう表現を見かけたら国語辞典を引いてありえないわけじゃないことを確認した上で
「有る」んだと脳内変換すればいいでしょう

一方で世の中にはハッキリしない回答であったとしても嘘のない正しい回答を求めている人もいるでしょうから
両者の要求を折衷するとやはり「まず無い」のような答えがベターでしょうね

テレビに出てる学者さんはいい加減に解説してるわけじゃないんですよ
全知全能にはまだまだ遠く及ばないですからね

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/20(水) 21:58:43.33 ID:ipdKfk6T
ではなぜあなたは「絶対ない」と言ったのか
そこがおかしいですよ

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/20(水) 22:09:50.46 ID:fjMnLZqY
>>199の脳内理論を押し付けられても困る
「有り得る」なら同意するが、実質的にほとんど起こらない現象を「有る」と表現しろという主張は相当無理があるぞ

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/20(水) 23:21:20.41 ID:ipdKfk6T
では無いのか?

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/21(木) 00:53:52.65 ID:fzehngbW
>>203

「ほとんど無い」という概念を理解できない、0か1かしか知らないようなデジタル脳はもう一度小学校からやり直せ


205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/21(木) 01:01:13.59 ID:6Kz5kOQZ
おやおや
喧嘩ですか?

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/21(木) 02:17:54.34 ID:cpUiwhsW
この板のスレがこんなに進んでるなんて…

なんか胸熱だな…

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/21(木) 15:38:18.46 ID:P4JRGhMB
若いもんは元気でよろしいな


208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/21(木) 22:34:18.76 ID:E0kGq9JF
>>181
宇宙漂流星ってあるのかね?
なりたくはないが興味あるな
ロマンだ

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/21(木) 23:26:03.80 ID:hLj7h7p1
>>193
地球と木星の公転軌道面は異なる。
地球が太陽の引力から解放されて直線運動をして、木星軌道を横切るタイミングは1年で2回しかない。
しかもその時に偶然木星が地球が向かう方向に向かわなければ衝突しない。
どう考えても1/1億分の以下であることは確か。

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/21(木) 23:31:22.32 ID:0KJfc6w6
>>209
そんなことは知ってる
「1/1億分の以下」は「1億分の1以下」という意味だろうと思うけど
感覚じゃなくロジカルに計算で少なくともそうなるということを示せんのかって話

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/22(金) 00:09:11.03 ID:oQ8b1c3K
1億分の1以下と言っても、ならば1兆分の1よりは起こりやすいのかと言えばそうでもない。あるいはわからない。
そこに裏付けがないなら、具体的な数字をあげたところでかえって曖昧になるばかりか更なる誤解を生みかねない
この「1億」が何ら特別な数字ではないということすら大衆には理解されない
だから明確な根拠のない数字は不用意に言うべきでない

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/22(金) 02:03:04.54 ID:juNiwAjV
木星の視直径が40秒なので、全天360°の面積の1/13億程度。
大雑把に考えると、これが衝突確率になる。
(木星と衝突するのは木星起動の遥か外側なので、衝突地点での木星の視直径は更に小さい。)

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/22(金) 07:21:11.80 ID:oCId+83A
直接木星に一直線の確率じゃダメでしょ
木星の重力圏に捕まって衝突する可能性も含めないと意味無いよ

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/22(金) 07:28:22.31 ID:oQ8b1c3K
俺が「1億分の1以下」という確率そのものに文句付けてるわけじゃないって分からんのかな
それとも引き際を見失ったか

まあ計算も怪しいけどな
全然同様に確からしくはないし

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/22(金) 07:46:15.75 ID:SDnCi8qM
いちゃもん付けてるだけのアホは放置するに限る

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/22(金) 10:01:43.62 ID:juNiwAjV
>>213
地球と木星の軌道速度の差が17km/sと十分早いので無視して問題ない。

>>214
より確かで説得力のある計算の裏付けを示して書くなら話が分かる。

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/22(金) 13:28:34.11 ID:oQ8b1c3K
なぜこうも人の話を聞かない阿呆ばかりなのか

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/22(金) 19:14:44.62 ID:KhuIMob5
木星スレはここですか?

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/22(金) 20:02:34.95 ID:oCId+83A
俺木星だけどなんか質問ある?

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/23(土) 01:23:10.53 ID:sS66v49x
キモい近づくな

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/23(土) 10:35:07.14 ID:Nf9wS6pE
万が一にもない事をほぼないって言うのは適切じゃろ
下らん事でけんかすんなばか共w

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/23(土) 20:03:31.37 ID:0d7O2/1D
まぁなんと言うか
宇宙や科学の話しをするならば0.00000001%でも確率が有るなら「有る」とするべきだと思うけどね
ここで一般論を熱心に話されてもどうかと思うよ、宇宙板っていう専門の場所なんだからね


223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/23(土) 23:26:13.06 ID:+IWovgYt
太陽が消滅したら木製燃やせばいいんじゃね

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/24(日) 00:46:19.86 ID:ubAEJAA3
なるほど
木製だから良く燃えるんだな

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/24(日) 02:36:15.84 ID:ZrX7oZio
上手いこと言ったつもりか

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/25(月) 01:21:18.19 ID:mM4+0vp1
>>222
>宇宙や科学の話しをするならば0.00000001%でも確率が有るなら「有る」とするべき

太陽が消えた時期に、たまたま太陽のような恒星が地球の近くを通過した。
偶然にも地球は、その恒星の周りを公転するようになる。
結果的に太陽が消えても何事もなかったかのように平穏な状態が続く。

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/25(月) 02:16:31.53 ID:N8iglC2N
恒星の性質を考えると
それは100%有り得なくね?

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/25(月) 09:28:14.71 ID:5VAdhwoL
>>226
太陽が消滅したとして今現在もしくは後100年の間に地球にそれほど近くに来る恒星は観測されていません
観測されていないものを確率で出すという行為はただの妄想ですよ
今生きている人が太陽消滅での影響で死ななくて寿命で死んだとしても可能性すらありませんね
今現在地球にもっとも近い恒星(プロキシマ・ケンタウリ)が地球に光速に限りなく近い速度で向かっていたとしても25,000年かかります
消滅した太陽の距離までその恒星が到達する事は100%ありません
駄々をこねた子供のようなレスは止めたほうが良いですよ

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/25(月) 09:34:51.59 ID:5VAdhwoL
上記内容を訂正します
プロキシマ・ケンタウリが光速に限りなく近い速度で地球に向かっていたとすると4.22 光年後に地球にもっとも近くへ到達します
ですが、プロキシマ・ケンタウリの今の移動速度は秒速25kmです、地球のそばまで来るのに25,000年かかります

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/25(月) 13:09:59.70 ID:D9W+8Fga
考えたら半日太陽が当たらないだけで10℃は気温が下がるって恐ろしいな。
丸2日あれば熱帯も余裕で極寒地獄になる潜在性があるわけだ

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/25(月) 15:36:13.92 ID:QaG5Yz1s
>>222
だからおまえは馬鹿なんだ

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/25(月) 21:06:03.21 ID:usXMDl0D
>>226

そりゃ無理でしょ

太陽が消えた時に太陽のすぐ近くに太陽クラスの恒星がある → 消える直前には地球は2つの太陽から照らされていた → つまり灼熱地獄で生物は絶滅
太陽が消えた後に太陽クラスの恒星が近づいてくる → 1日2日で交代は起こらない → 結局極寒地獄

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/26(火) 07:47:15.49 ID:KHL6hPPJ
で、太陽消滅したらどのくらい生きてられるの?

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/26(火) 13:52:24.70 ID:OBhR73rI
日が沈んでから日の出(8時間)までで10℃下がるとする
24時間で30℃下がる
190℃ぐらいで大気が凍って呼吸できなくなるから
一週間ぐらいでみんな窒息死する

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/26(火) 13:54:14.73 ID:OBhR73rI
−190℃


236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/26(火) 15:03:16.93 ID:O46GF11F
その単純計算やめろよ

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/26(火) 15:42:47.91 ID:1feT/CWy
太陽の消滅の仕方によるよね

普通の消滅なら
太陽が主系列じゃなくなった時点で
ほとんどの生命体がアウト?

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/26(火) 17:53:16.50 ID:OBhR73rI
じゃあおまえが答え出せ

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/26(火) 22:25:38.12 ID:zW1k5lIR
>>234

温度が下がれば下がるほど温度低下のペースは鈍くなるはず
8時間で-10℃なんてペースが-190℃までずっと続くわけがない

>>237

主系列じゃなくなるどころか、ヘタすると後数億年でアウトとも言われてる
太陽は主系列にいる間にもわずかずつ明るさが増しているから、数億年後には地表温度が水の沸点を超えるくらいになるからとか

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/26(火) 23:17:20.46 ID:DSmP3UdL
>>228
これなら文句ないな。

太陽が消えた1秒後に、極めて科学技術の進んだ宇宙生命体が地球の近くを通りかかる。
人口太陽を地球の近くに設置して、太陽が消える前と同じエネルギーが地球に降り注ぐようになった。

この確率はゼロではありません。

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/26(火) 23:26:43.35 ID:Z6RO80Z3
もう相手にしてやるなよ

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/26(火) 23:29:19.37 ID:DSmP3UdL
>宇宙や科学の話しをするならば0.00000001%でも確率が有るなら「有る」とするべきだと思うけどね

この理屈だと、何でも有りになる。

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/26(火) 23:57:55.56 ID:zW1k5lIR
>>242

だわな
椅子に腰掛けようとしたら、自分の身体を構成する全ての粒子がトンネル効果で椅子を全てすり抜けてしまって
ドスンと尻餅をつく可能性だってゼロじゃないよな

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/27(水) 00:26:45.10 ID:fBR/OL58
そういうの屁理屈って言うんだぜ?w

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/27(水) 00:30:10.27 ID:fBR/OL58
>>温度が下がれば下がるほど温度低下のペースは鈍くなるはず
その根拠は?

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/27(水) 00:35:57.18 ID:QCj1+8sB
>>244

屁理屈こねくり回してるのは「宇宙や科学の話しをするならば0.00000001%でも確率が有るなら「有る」とするべき」と言ってる奴だろ
俺はそれに対して皮肉で返してやっただけだw

>>245

ステファン・ボルツマンの法則

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/27(水) 00:42:19.72 ID:f3WO1+Sy
>>239
2kまで温度ガンガン下がるだろ

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/27(水) 00:49:22.51 ID:QCj1+8sB
>>247

物体から絶対零度に近い宇宙空間へ放出される単位時間当たりの熱量は、その物体の絶対温度の4乗にほぼ比例する
ということは、物体の温度が下がれば下がるほど、物体から放出される時間当たりの熱量は少なくなっていき、結果として
温度低下のペースも鈍ってくる

温度低下が同じペースでずっと続くとか普通に考えて有り得んわな

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/27(水) 01:42:14.65 ID:K9ae11Is
日本で記録された最低気温辺り(-40℃程度)までは、直線に近い感じで下がる。
しばらくは凍りつかない海の影響を受けるので、海に近い場所ほど下がり方は緩やかになるが。
その後は徐々に下がり方が緩やかになって、地熱と放射熱が均衡する温度まで行き着くのだろう。

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/27(水) 03:48:19.92 ID:ajHf14Dn
>>243
それは0でしょ

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/27(水) 05:39:05.26 ID:QCj1+8sB
>>250

確率としてはゼロじゃないでしょ
限りなくゼロに近いから、普通それを「有る」とはいわんけどな

完全にゼロでなければ「有る」というべき、という現実を無視した主張をしてる連中にとっては違うのかもしれんが

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/27(水) 07:47:05.19 ID:F1La8erK
猛烈に低い確率で陽子が崩壊するらしいから、今この瞬間に存在してる陽子全てがなくなって宇宙オワタ状態になる可能性もあるわけだ。

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/27(水) 20:09:45.84 ID:QCj1+8sB
>>252

確かになw
0コンマの後に0が何個並ぶのか想像もできんが・・・

宇宙が永遠に膨張し続けた場合はいずれ物質は全て消滅するだろうと予測されてるね
ただし陽子崩壊は今のところまだ検出されてないからあくまで理論上の予測の域を出ないけど

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/28(木) 08:48:38.94 ID:WTnBcGxm
絶対無いさんまだ居るのかな
何してるのかな

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/28(木) 08:56:12.42 ID:WTnBcGxm
>>248
おまえ頭悪そうだな
問題は人が生きていけるかどうかって話しだぜ?
レベル上げにこだわり過ぎてゲームクリア忘れるタイプだなwwww

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/28(木) 14:08:25.71 ID:r1gL1eWJ
>>255
お前はネットやゲームに依存しすぎてリアルでは存在感のないタイプだ。

>レベル上げにこだわり過ぎて

例えまでゲームで語るとは重症だ。

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/28(木) 18:49:59.76 ID:88mX1WoX
>>255

アホか?
-190℃まで一定のペースが続くと思ってる奴の間違いを指摘しただけで何で「お前は頭悪そうだな」になるんだ?
その台詞は「一週間で-190℃まで下がる」って言い出した奴に言ってやれよ

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/29(金) 00:01:53.36 ID:okg1EH9i
>>257
太陽がある世界の法則なんてもってくんなよ

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/29(金) 00:21:25.30 ID:djOn5o+I
太陽がなくても一緒だろ……

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/29(金) 00:23:44.23 ID:dCDN0Dhf
>>258
太陽が突然消滅するところだけ超科学にするなら
太陽のあるなしで物理法則は変わったりしないわけだが

大体そういうこと言い始めたら考察不可能だし

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/29(金) 00:47:58.54 ID:IOkVD1Lf
思考実験

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/29(金) 02:10:18.21 ID:O5fLLRez
>>258

頭大丈夫か??
太陽がなくなったら物理法則が変わるのかよw

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/29(金) 09:17:23.49 ID:LCIIPvKt
太陽無くなったら地球の軌道がおかしくなって他の惑星と衝突アボーンとか

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/29(金) 10:07:37.99 ID:O5fLLRez
>>263

全く有り得ないわけではないが、確率的にはものすごく低い
まあ恒星間空間を単独で漂う自由浮遊惑星になるのがオチだろう

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/29(金) 11:40:16.32 ID:LCIIPvKt
なるほど………
木星や金星に引っ張られないのかな?

アンドロメダ銀河と衝突でアボーンしそうな感じもするんだが………

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/29(金) 22:11:10.11 ID:dCDN0Dhf
ハハッワロス

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/29(金) 22:59:34.55 ID:QyO12RJ0
>>263
空を見上げて惑星を見ても点にしか見えない。
10倍の双眼鏡で見ても、木星も金星も土星も火星も点にしか見えない。
このことからして衝突する可能性がゼロに近いことが納得できると思う。

スケールを100億分の1にして考えてもらえば更に分かりやすい。
無重力の真空中で、60m離れた直径1.4cmの的に1.3mmの砂粒を適当な方向に投げて当たる確率のようなものだ。

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/29(金) 23:09:42.49 ID:+1rlnqlW
もうループの時間か
早かったな

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/29(金) 23:11:29.43 ID:+1rlnqlW
ID:QyO12RJ0
知ったか乙

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/30(土) 00:06:28.76 ID:bAvTaEnd
ID:+1rlnqlW

人を知ったか扱いするなら、それよりマシなことを示してからにしてくれないか。
自分は何も持っていないくせに。

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/30(土) 00:59:07.50 ID:vzH4SShf
物質には重力があるから
多少ぶつかる確立が上がるんじゃね?
質量が大きいほど引力強いんだよね。

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/30(土) 04:15:41.60 ID:n0abeW5z
宇宙開発の初期に、当てようとして狙ったのに
月に当てることさえ出来なかったことが
どんだけあると思ってるんだ

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/30(土) 09:02:12.20 ID:/XPbZGt+
>>265

銀河は星の集団だが実際にはスカスカ
銀河系とアンドロメダ銀河は数十億年後には衝突・合体して一つの銀河になるといわれているが、
そうなっても星同士がぶつかることはまずない
運が悪ければニアミスが起こって惑星系の軌道がガタガタになるくらいのことはあるかもしれんが、
それにしたってそんな高い確率では起こらんだろう

>>271

重力圏に入ったからといって衝突するわけじゃない
大体は軽い星が重い星の重力で砲丸投げのようにぶん投げられて明後日の方向へ飛んでいく、ってのがオチかと

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/30(土) 18:01:28.09 ID:ghKZPeRP
>>271
木星に近づくほどスピードが増して脱出速度などあっさり超える。

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/30(土) 20:41:14.79 ID:+x2hXUc4
ボイジャーとかは太陽の脱出速度に達してると思われてたけど結局戻ってきちゃうらしいじゃない
星の引力って凄いのね
木星の脱出速度ってどのくらいなの?
地球にも引力があるわけだからそれも加味しないとダメだよね?
頭のいい人おしえて!

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/30(土) 22:59:58.84 ID:NO37JFO2
>>275
マジレスすると太陽の影響が消えた瞬間の地球と木星との位置関係を与えてくれないと
脱出速度は計算できない

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/30(土) 23:27:12.77 ID:RSj5F8TT
>太陽の脱出速度に達してると思われてたけど結局戻ってきちゃうらしいじゃない

ソースはあるのか?
脱出速度とは戻らない速度なので、戻るとしたら話が矛盾している。

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/30(土) 23:48:25.33 ID:raO2tWDG
原因不明の減速をしてるってニュースはあったが、原因不明だから引力によるものとは限らない。

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/01(日) 01:12:38.96 ID:u+0Uf3Z5
UFOだな

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/01(日) 06:51:02.17 ID:eHSFy1On
>>277
矛盾してるから「思われてた」と書いてるのではないのかね?
まぁそれ書いたのは俺じゃないしどうでも良い事だが
>>275
このスレを読んでると星の引力の影響っていうのは限りがあるように勘違いしがちだが
「例えば」の話をするとだ、この宇宙に木星しかなかったとする
この時、引力の影響ってのは宇宙の端から端まで影響する(宇宙に端がある前提での話しをするけど)
AとBの2点に張った糸に重りをぶら下げていると想像すると解りやすいと思うが、糸が宇宙で重りが星だとするとその影響は2点まで到達する
よってこの宇宙を出ない限り脱出は不可能
しかし宇宙には星が無数にある、引力同士が拮抗してるから木星や太陽の引力には限りがあるように見える
つまり、星が無数にあるこの宇宙での脱出速度と言うのは他の星の引力の影響下に移行した場合を指すわけ
この宇宙で引力の影響を受けない場所は無い
厳密に言うと無数に星があってもその一つ一つの星の引力はすべて宇宙の端まで影響してるんだけどね

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/01(日) 07:00:48.58 ID:pjCUE5co
>>280
簡単に言うと、そっちの方へ「落ちはじめる」ということだな

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/01(日) 09:07:10.86 ID:fqhZlzts
他の天体の重力の影響を主に受けるようになるかどうか ではなく
軌道の離心率が1以上になる最低の速さが、計算される脱出速度だよ

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/01(日) 22:47:34.44 ID:n1eTb3zj
>>280
>>282で書かれているが、引力の影響のあるなしではない。

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/01(日) 22:48:20.30 ID:n1eTb3zj
>>282
端的に言えば、脱出速度を理解していない人が紛れ込んでいるということですね。

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/02(月) 20:31:22.88 ID:P/vuMWSq
消滅前の太陽は、土星の軌道位まで膨張して爆発ってどっかで見たような
見てないような

地球は太陽に飲み飲まれて死ぬのか

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/02(月) 20:36:04.55 ID:7a/gBiyp
その前に太陽の質量低下で地球以降の惑星の公転軌道が大きくなって
地球はかろうじて飲み込まれないと言われている。
水星と金星は飲み込まれる

太陽の質量では超新星爆発は起きず
白色矮星になると予測される?

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/02(月) 20:41:41.43 ID:P/vuMWSq
なんと物知りがいたものだ

そんな軌道が変わるなら、一年が365日じゃ済まなくなるのか1日が24時間じゃなくなるのか

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/02(月) 21:32:12.34 ID:YLw8BQkQ
>>287

太陽の質量が小さくなって軌道が遠ざかるとその分公転周期は長くなったはず
自転周期に関しては、今も地球の自転周期は月が公転してる関係で徐々に長くなってる

とはいえそれ以前に赤色巨星化した段階で太陽の光度は今の数千倍くらいになるだろうから、
地球は灼熱地獄になって大気も海も吹き飛ばされて終わり
地球自体が飲み込まれずに残ったとしても、生命体はまず間違いなく絶滅確定

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/02(月) 22:09:59.10 ID:valX21zR
では、絶滅を人間のみで考えた場合、少しづつ上がる温度によって暑さに弱い居住環境圏の人や人種から徐々に消えるということ?
皆一緒に消えるのではなく、少しづつ人口が減っていくとしたら、最後の1人は心細いな

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/03(火) 01:23:52.40 ID:Z5HvHacS
一昨日そういう夢見たんだよ。
太陽がやたらとデッカくて
夕日でも熱くて
放射線とかもスゴイとか言われてて
で、テレビのニュースとかももうやってないの
最後の時間を家族と過ごしたいから
誰も仕事してないの

自分は何故かボーリング場で
同級生と一緒に居た
みんな楽天的で
自分だけが怯えてた
翌日か、その翌日かに
死ぬかもしれないってなって
みんな開き直ってた

怖い夢だった

291 :289:2011/05/03(火) 01:44:31.21 ID:4z0xQ/OJ
ごめん赤道から生物が住めなくなって行く方が自然か
居住可能圏はまず赤道下 北半球と南に分断されるんだな

それは怖い夢だね。他人の話だと、むしろ神秘的な夢に見えるけど

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/05(木) 03:27:45.71 ID:D7mvd39P
自演多いなこのスレ

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/05(木) 03:31:45.74 ID:BQAHr93b
いいえ、こだまです

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/05(木) 03:52:24.05 ID:+qIFNN+4
>>285
>消滅前の太陽は、土星の軌道位まで膨張して爆発ってどっかで見たような見てないような
>地球は太陽に飲み飲まれて死ぬのか

少しは調べてから書き込むべき。

最終的に太陽は現在の200倍から800倍にまで巨大化し、膨張した外層は現在の地球軌道近くにまで達すると考えられる。
このため、かつては地球も太陽に飲み込まれるか蒸発してしまうと予測されていたが、
20世紀末 - 21世紀初頭の研究では赤色巨星段階の初期に起こる質量放出によって重力が弱まり、
惑星の公転軌道が外側に移動するため地球が太陽に飲み込まれることはないだろうとされている。
赤色巨星の段階に続いて太陽は脈動変光星へと進化し、これによって外層の物質が放出されて惑星状星雲を作り、
10 - 50万年にわたってガスを放出する。
その後、太陽は白色矮星となり、何十億年にもわたってゆっくりと冷えていき、123億年後には収縮も止まる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/05(木) 14:13:13.40 ID:2CThW8Yi
Wikipedia見れば少しは調べたことになるこんな世の中じゃ

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/05(木) 14:47:15.29 ID:Jfwwp2ON
>>295
たとえwikipediaでも何も見ないよりはるかにマシだろ。
Wikipediaと言うと反射的にバカにするやつが多いけど入門としては結構使えると思うぞ。
記事を読んでもっと深く知りたくなったら本でも買えばいいんだよ。

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/05(木) 22:26:57.51 ID:BQAHr93b
Wikipediaをバカにする人いるの?結構つかえんじゃ〜ん

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/05(木) 22:29:19.71 ID:ATJN8U54
何故か否定する人いるよね

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/05(木) 22:37:26.79 ID:vCkhHO4V
ハハッワロス

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/05(木) 22:45:14.74 ID:GqG0BpLO
確かに専門的な深い事柄については書かれてなかったり、あるいは間違った記事になってたりするけど
話す上で必要になる基礎的な事なら、何度も直されて信頼出来るものになってる。

というかそもそも、その基礎的な事すら何も調べずにアホな事言ってる奴らが多すぎる。

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/05(木) 22:50:00.30 ID:rwnB4jw6
wikiレベルでも結構難しいこと書いてあるしね

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/06(金) 00:33:01.63 ID:1/unGs9K
あの〜、ここ、にちゃんねるですから。
>>300様はぜひ真面目な所へどうぞ

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/06(金) 02:25:20.32 ID:R1rXMBuc
2chでも、一応専門板だしねえ

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/06(金) 03:32:51.24 ID:sQuzyfwO
福島原発に行って燃料棒に抱きついていれば50年ぐらい大丈夫でしょ。

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/06(金) 03:59:36.97 ID:w6GT7MVv
>>301
どんだけ上から物見てんだ?

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/06(金) 19:55:46.40 ID:OVnbtpFv
下から見たらパンツ見えちゃうじゃん

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/06(金) 22:21:27.42 ID:w6GT7MVv
あそっか

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/06(金) 23:41:44.22 ID:rVjaUM9E
いや 違うでしょw

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/07(土) 03:14:34.42 ID:oUZbaTMA
どんだけ上って???

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/07(土) 12:02:29.50 ID:F2OpNmH6
何も調べないで適当なことを書く <<<<<<< wikiで調べてから書く << wikiより信頼性の高いソースを示して書く

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/07(土) 20:13:52.11 ID:S88wotj0
くくくくくw

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/07(土) 20:30:42.36 ID:tXy41q/+
逆ですw

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/07(土) 21:04:31.17 ID:w4/0sIo8
何が?

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/13(金) 02:22:58.19 ID:2i7Hh+yv
なんだこのスレ・・・?

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/13(金) 18:09:10.50 ID:mmHkyQ3R
月読みの暴挙により天照大神が穴に隠れてしまったから、さぁ大変。
って事です。

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/13(金) 18:14:09.83 ID:mmHkyQ3R
あっ誤爆。スサノオでした。

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/13(金) 23:02:39.98 ID:Vy9eacoY
そもそも太陽が無くなったら時間も定かではなくなるのか

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/13(金) 23:04:00.06 ID:o5UmX11F
>>317
さすがに現代にもなって日時計は使わないから大丈夫です

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/13(金) 23:05:45.76 ID:Vy9eacoY
即レスかよw

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/13(金) 23:07:11.95 ID:sb2NjsK1
今の時間はセシウムによって定義されてるからな

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/13(金) 23:09:18.10 ID:Vy9eacoY
即レスでウケて返事し忘れたが
>>318
キミの無知加減にはもっと驚いてたんだぜw
グリニッジの標準時間が何で決められてるか知ってるか?

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/13(金) 23:10:16.20 ID:o5UmX11F
>>321
知らない
教えて

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/13(金) 23:10:49.48 ID:Vy9eacoY
即レスかよw



324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/13(金) 23:11:08.18 ID:Vy9eacoY
すこしは調べろよ

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/13(金) 23:15:14.03 ID:o5UmX11F
ググったけど
太陽時ってもう公的には使われてないじゃん
ググったけど
SIの秒の定義は太陽関係ないじゃん

どういうことなの?わけわかめ

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/13(金) 23:18:44.39 ID:sb2NjsK1
そこまでぐぐって何で理由が分からないんだよ

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/13(金) 23:24:42.91 ID:o5UmX11F
分かってるつもりだったが
もしやID:Vy9eacoYが世界最先端レベルに高度で専門的な話をしてるんじゃないかと

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/13(金) 23:26:17.39 ID:Vy9eacoY
おいおい
こんどは推測で話し始めたのか
頭大丈夫か?

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/14(土) 01:46:08.30 ID:nMqSan5V
>>328
オレもちょっと分からない。
今は原子時計によって時間が決められてるから、グリニッジは関係ない=太陽は関係ない=時間が定かでは無くならない
だと思ったんだが。

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/14(土) 05:26:17.16 ID:TOv8+z39
時間と時刻を混同してるんじゃね?
原子時計では時間は正確に決められるけど、それを基にして時刻を決める時に太陽がなかったら基準がないよねと言いたいんだと思う
1秒の長さは正確に決まりました、じゃあいつのタイミングを午前12時00分00秒にしましょうかって話

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/14(土) 07:49:23.74 ID:qtt17ibn
完全に正確に時を刻む時計があっても地球の自転と公転にムラが在ったらそれを修正しなきゃならんだろう?
その基準になるのが結局太陽ってことでしょ


332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/14(土) 07:59:48.48 ID:nMqSan5V
>>331
なるほど。
時間じゃなくて、暦の話ね。

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/14(土) 08:11:31.03 ID:KNc5O6FJ
太陽の位置と完全に対応した時計なんて
作れないよね、きっと

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/14(土) 12:40:17.05 ID:QpaXg6Fz
太陽消えてなお暦を修正しつづける必要もないと思うけどな

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/14(土) 19:48:35.59 ID:qtt17ibn
>>334
そういうことじゃないでしょ…

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/19(木) 04:58:08.63 ID:dbJ3W1Ha
太陽は残ってるけど全球凍結
http://www.youtube.com/watch?v=9DOao5kehj0

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/20(金) 22:28:50.41 ID:HSPugkN+
>>334
>>335
人類が壊滅する事態ということは、
地球上が、いろいろな宇宙的な現象により、地震や地軸変動から天変地異が発生すると見る。

ということは、地球上のライフラインもずたずたになっていること。

この場合、隕石落下に比べて時間があるから、原発を運転停止するはずであるが、
天変地異により、破壊され、電源が世界中でとまってしまうものとされる。

3.11のように、原発は運転停止しても、冷却しつずけないと、温度上昇は止められず、メルトダウンするわけだから、
このような規模になると、外部電源消失どころではない、緊急事態が、世界中の原発を襲う。

天変地異以降は、地球上のあらゆる原発でメルトダウンが発生する。
1箇所2箇所ではなく、世界中での災害であるから、もはや対応は不可能。
放置された、燃料棒、停止中の炉も、2日で暴走、温度上昇し、水素爆発、メルトダウンが発生する。

人類は、食料なんでもなく、手に負えなくなっって、暴走した原発で、次々に死んでいく。
地球上は、天変地異以降は、有害な放射能の環境になっている。
一部は地下に逃げ込み、わずかながら生き残るだろう。

人類を滅ぼしたのは、太陽の消滅ではなく、そこからくる天変地異により、
原発の暴走によって、滅亡するということ。
日本でも、何十箇所の原発が暴走し、電源は壊滅、手のうちようがなく、世界でも同じである。

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/20(金) 22:31:32.20 ID:5GRpOprL
>>337
アンカー間違ってるよ

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/20(金) 22:35:18.17 ID:HSPugkN+
3.11までは、原発は運転停止すれば安全なものと思っていた。

停止しても、冷却がなければ、福島のように勝手に暴走して、メルトダウンまで行くということ。
人手が入って、水素爆発であるから、
天変地異によって、大地震や津波、気象変化により、地球上が被害を受けるとの仮定をして、


人類は、環境温度や食料云々の前に、綱がなくなって、暴走して、作業員が次々に逃げ出している原発が
世界規模で爆発を繰り返すほうが、現実的に怖いとおもう。
冷却つずけないと、福島のように2日で爆発するということは、
地球規模の天変地異後の2日後には、世界的に放射能の有害な世界になっていることです。

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/27(金) 03:56:29.70 ID:RdWEXizg
全球凍結を避けるために地表を埋め尽くすくらい原発をたくさん作るべき

太陽がなかったら原子力で発熱するしか人類に生きる手段はない

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/27(金) 05:21:55.94 ID:JeM711vM
@「オーロラを見に行こう!」格安パックツアーなる詐欺商法に皆がついひっかかり治安が悪化する。
A今の1kwh当り約20円の電気代が100万倍の値段になりオタクの間でおもにに混乱を招く。
B紫外線ケア商品に力を入れていた製薬会社が相次いで倒産し日に焼けた山岳高山民族が微笑む。
C焚き木の相場が今の100万倍になり環境変化を察したご当地のブッシュマンが利権争いでうろたえる。
D氷の相場が今の100万分の1になりテキヤのお兄さんが氷を不法投棄し社会問題になる。
Eエベレストで遭難してた人が遭難地よりも周りの気温のほうが低くなったため奇跡的に無事生還する。
F実はマイナス300℃が存在することがわかりnature紙面の記事に全世界が大騒ぎになる。
G日本のインチキ核融合発電会社が放射能のリスクを知りつつアフリカ各地にプラントを作りゾマホン大統領にお叱りを受ける。
Hオーナー店舗経営のコンビニエンス夫婦が店よりも電気確保のための自転車こぎ発電バイトを年中募集するようになる。
I太陽エネルギーを量子テレポーテーションにより確保しようとする企業が出没するが成功しすぎて地球温暖化に拍車がかかる。


342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/27(金) 09:23:48.55 ID:JeM711vM
>>341

以上@〜Iの中からぜひ選んでくれw

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/27(金) 23:01:38.28 ID:187xNc4h
地球が太陽の周りを現在の軌道のまままわり続けるっていう保証はあるの?

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 00:42:07.70 ID:xyr3o7Ve
>>341
7までは読んだけど8の途中からだるくなってやめた

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 01:12:08.55 ID:nIPIE23H
>>344
がんばったほうだよ

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 06:27:56.66 ID:j9hFvOVp
今まで観測された事実は無いんだが、木星の大きさをはるかに超える天体が
太陽の巨大な引力のために引き寄せられて、太陽の表面付近で崩壊した・・・
こんなことが今までに太陽が生まれてから何度もあったんだろうね・・・。
木星や太陽がなかったら、巨大な隕石が地球に落下し、今の緑と水に溢れる
環境は無かったんだろうな・・・そういう恩恵も受けているとマジレスしてみる。



347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 07:10:29.54 ID:nIPIE23H
>>346
なにその斬新な想像。
そんなことたぶん一度も起きてないよ。

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/28(土) 11:31:00.60 ID:dSD4I4pR
角運動量保存とか理解できない奴多いからな。
初速があって太陽に落ちるのがどんなに大変なのか。

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/29(日) 22:36:44.70 ID:gsuUqtga
>>347,348
いや、>>346も決して荒唐無稽とは言い切れない。

太陽系外惑星を探していたら、ホットジュピターがたくさん見つかってびっくり、ということになった。
ホットジュピターは恒星から遠いところで誕生してどんどん落ち込んでいったのではないか?
という説が有力。

また太陽系の惑星も過去に軌道を変えたのではないか? という説もある。
こことか。
http://www.nikkei-science.com/page/magazine/9912/wakusei.html
太陽系だって今知られている物より前の世代の惑星があったのでは? という話もあるらしい。

まぁおいらは専門家ではないので「こんな話を聞いたことがある」ぐらいしかいえないけどね。

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/29(日) 23:38:50.66 ID:fWik7Nav
>>349
軌道が変わるのはあり得るし文句もないけど
恒星に衝突かそれに近い状態にまでなるとは考えにくい。理由は>>348の言うとおり。

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/30(月) 02:54:30.04 ID:NGn1MsKb
>>350
でもこういう実例もあるわけだし、
http://ja.wikipedia.org/wiki/WASP-12b
> 親星からの距離は地球と太陽の間の44分の1
> この惑星自体も1000万年後には親星に吸収され完全に消滅するとみられる

・ホットジュピターは存在する(と思われる)
・恒星の近傍でガス惑星を形成するのは難しい(らしい)
とすると、
・木星くらいの距離で形成された惑星が落ち込んでいった結果がホットジュピター(かなぁ?)
・恒星近傍の特定の距離で落ち込みが止まるような機構はない(んじゃないかなぁ?)
(続く)

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/30(月) 02:56:50.47 ID:NGn1MsKb
(続き)
ということでホットジュピターになりそこねて恒星に落ちてしまった惑星は
それなりにあるんじゃないかな、と。

NHKスペシャルでホットジュピター取り上げた番組があったと思うんだけど、
なんてタイトルだったかなぁ?
その番組では「中心の恒星が周囲のガスを吹き払うまで惑星の落下は続く」って言ってた記憶がある。

353 : 忍法帖【Lv=3,xxxP】 :2011/06/07(火) 11:14:07.21 ID:h8bGiPHT
おれのあたまには難しすぐる

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/08(水) 21:02:00.14 ID:38Bqm+WY
【宇宙ヤバイ】太陽のフレアの写真がカッコいい
http://hatsukari.2ch.net/test/read.cgi/news/1307534095/l50


355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/15(水) 19:37:53.23 ID:Klc7VgAk
【速報】太陽が停止して地球にまた氷河期が来るらしい ( :∀;)地球オワタ
http://hatsukari.2ch.net/test/read.cgi/news/1308133450/l50

【宇宙ヤバイ】太陽が極小期に突入
http://hatsukari.2ch.net/test/read.cgi/news/1308132451/l50

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/17(金) 12:30:29.35 ID:hxIW76Hh
宇宙版にもν速民いるんだね。
俺もそうだが…


天王星とか海王星とか冥王星って先代の太陽(恒星)の惑星ってオチはない?


スレチだから一応書いておくかな。
地球は地下3キロに住む粘菌くらいなら生き残れるんじゃない?

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/17(金) 13:09:59.40 ID:VbxQ3lI1
>太陽が消滅したら人間は何日間生存できる?

地球や人類が消滅するほうがはるかに早いよ

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/17(金) 20:34:21.85 ID:t5WmhsRn
季節が日本で言う冬の領域は一日で極寒二日目でほぼ全員死亡三日目で全滅
夏の領域は二日目に強烈な寒波が訪れ極寒三日目でほぼ全員死亡四日目で全滅
こんなもんかなテキトーだけど

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/18(土) 12:24:19.93 ID:zfzZynTj
分厚い?に覆われた金星は、変わらんのだろうか?


360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/19(日) 02:20:37.78 ID:BsJ1UPKd
>>357
いやいや、太陽の寿命がどうこうという話じゃなくて、今この瞬間太陽がなくなったら
どうしようという話でしょう。

上の方にある原子力潜水艦というのはいいアイディアと思った。
深海の熱水鉱床あたりに漂ってれば、何年かは生き延びられるのかね。

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/20(月) 11:12:57.37 ID:lZqLF8Af
>今この瞬間太陽がなくなったら

天文学上、ありえない話を先に持っていかれてもなあ。

まあ、確実にいえることは、地球などのほかの惑星が、今話題の浮遊惑星となって
銀河を回り続けて、その瞬間はあっという間に、大気が凍り付いて、哺乳類とかまったく
存在できないよな


362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/20(月) 17:11:43.74 ID:m9Zfu7HB
そういうSF的イベントを前提としたスレに来て何言ってんの?
気に入らないのなら去れよお馬鹿さん。

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/20(月) 22:43:28.14 ID:/cx6Ip+I
Wikipedia見てて見つけたんだが、分厚い大気を持つ惑星は浮遊惑星になって冷たい恒星間空間に放り出されても
地熱により大気が凍りつかなくて済む程度の表面温度を保てる可能性が少しあるらしいね
地球程度じゃ全然ダメだろうけど

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/22(水) 08:23:48.00 ID:xJ6+bbKV
>凍りつかなくて済む程度の表面温度を保てる可能性

マイナス273度じゃむりっしょ

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/22(水) 15:50:51.79 ID:IlJYdq6f
もーこんな星などいるものか!地球もろとも宇宙のゴミにしてやる!

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/22(水) 22:44:02.23 ID:ETDkJRB8
>>364

エネルギー源はその星の地熱だよ

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/24(金) 00:09:20.46 ID:595rxPqz
うちのぬこ、ねるときに、ふとんのなかに、もぐってくるからあったかいよ。たいようなんかなくても、へっちゃらさ

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/24(金) 11:49:18.89 ID:ZglFPelo
>>368

間違ってもおまいんちの、ぬことオメコすんなよ

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/24(金) 12:03:55.56 ID:knHTKpQb
文明が崩壊するのに3時間
運用良く核シェルター当に逃げ込めた人で2日
国際宇宙ステーションにたまたま居た人で半年で全人類滅亡こんな感じかな?

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/24(金) 12:26:44.61 ID:595rxPqz
>>368
自分のアンカー書いてるのは初めて見たな

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/25(土) 17:10:54.17 ID:shJPPh88
太陽が気まぐれじゃなくてほんとよかった
少し本気だせば灼熱地獄も氷づけできる、何十億年もじっとしてられるなんて凄い

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/26(日) 00:05:04.90 ID:HsGwf8ak
木星と土星などの木星型惑星どうしが衝突してく確率は?

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/26(日) 01:15:55.98 ID:Nkmt5F7D
>>372
まずない

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/27(月) 01:42:44.73 ID:YiHYZ3D4
氷漬けも、の誤りでした

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/27(月) 20:10:20.96 ID:dXF9K71Q
宇宙ステーションから氷漬に成って行く地球を見てみたい
真っ暗で見えない?

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/28(火) 21:01:54.43 ID:ELpX4iYU
>>210
木星の視直径40秒を使うと地球と木星の両方が丁度いい位置にいないといけない。
2/(40/(360*60*60))^2=1/524880000
数億分の1程度。

衛星になる望みはあるかな…。
潮汐力で地球が破壊されるから木星大気での減速は無理。
火星と小惑星帯とガニメデ衛星使ってなんとかなるか。

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/28(火) 21:07:26.05 ID:u2c5bC2T
どんな亀レスだよ
大体同じ値にはなるけど立体角使えよ
衛星にはならず離心率の極端にでかい双曲線を描く

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/29(水) 08:57:47.81 ID:vLprKicK
俺なら85年は生きるだろうな。

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/29(水) 11:33:42.86 ID:cCkyTSps
太陽の遠心力や引力がなくなるから、一番近い恒星にひっぱられれるんちゃう?

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/01(金) 00:43:50.55 ID:klFNjZDV
太陽は数十億年後に地球飲みこむから、
消滅するのは地球の方だよ
既レスだったらごめんね

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/01(金) 07:46:32.07 ID:uex15sja
>>379
近づくことはあってもある程度近づいたら他の所に飛び去ってしまう
浮遊惑星と同じ運命になるだろう、ずっと氷の世界
物凄い遠い未来になら他の恒星の惑星になることはあるかも知れんが

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/01(金) 08:11:55.91 ID:4o+wbKw9
またスタンドに長蛇の列ができるな

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/01(金) 14:39:20.11 ID:o53gXeh+
低脳が増えたな

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/01(金) 15:09:16.32 ID:/p2TTYnh
>>383とか典型的だな

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/01(金) 17:50:00.58 ID:wOhFjFvR
>>380

赤色巨星化する時にガスが流れ出して太陽の質量が軽くなるから、地球の公転軌道も外側に移動して
飲み込まれないで生き残るという説もあるけどな

386 :井戸雷神グインパクトH:2011/07/01(金) 21:56:00.71 ID:D7RDgQ+0
重力って地球単独で今のバランスとれんの?

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/01(金) 23:40:14.76 ID:/p2TTYnh
余裕


388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/02(土) 01:23:02.43 ID:wus9NwJu
>>375
宇宙ステーションの方が先に凍るから
見るのは無理だよ。


389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/02(土) 02:19:19.93 ID:a6KfvX4v
1.陸地は高気圧源になって晴れるため放射冷却が進む。
2日もあれば赤道でも氷点下になるのに十分。

2.赤道の海面上の気温が氷点下になるには1〜2週間ほどかかる。
大陸内部は-100℃に達しドライアイスの雪が降る。

3.1ヶ月後海氷の厚さは1メートルを超え
発電所と火山地帯以外での生存はほぼ不可能になる。
海岸線でも都市の気温が-100℃に達する。
大気から消える二酸化炭素を確保しておかないと植物の育成が困難になる。

4.気温が-200℃に達し窒素・酸素・アルゴンの雨が降る。
ドーム状の壁で都市を保護している場合液体空気により脆くなって破壊される危険がある。

5.気温が-220℃になると窒素・酸素・アルゴンも雪となり、大気圧はほぼゼロに。
わずかなネオン、水素、ヘリウムが残るだけ。

6.最終的には背景放射と同じ3K近くまで下がる。ネオン、水素も固化し、ヘリウムも液化する。


段階4が来る前に地熱か発電所(核融合炉が望ましい)周りで永続的な都市を作れないとアボン。

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/03(日) 05:18:43.03 ID:z+Kl5L7a
昆虫は生き残るかな?

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/03(日) 14:01:36.13 ID:kmrs3GGG
昆虫ってそんな生命力強い方じゃないよね?

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/05(火) 00:07:26.33 ID:3AcpqY7y
源泉が湧きだす温泉に浸かってたら、数日は命を保てんかな。

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/05(火) 08:29:25.50 ID:bdgx9GBh
地下かなやっぱ

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/05(火) 12:14:12.14 ID:8PA5w6hY
それも、半年くらいだろう。食料が尽きたら、おさらばだな

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/06(水) 03:12:39.62 ID:zF488NOD
>>390
クマムシ何処まで頑張ってくれるか。


396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/07(木) 06:39:43.45 ID:Rlw9qIEj
てゆーか宇宙ってデフォルトで寒いの?
宇宙的には寒いのがデフォ?

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/07(木) 08:00:59.70 ID:brc3OLxT
宇宙背景放射 もしくは 宇宙の温度 でぐぐるんだ

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/07(木) 10:41:14.38 ID:Vvkg5q7J
>>1

こんな質問帝大系の天文学専攻している椰子に質問したら「それ、いい質問
ですね〜」とニコニコされるんちゃう?

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/07(木) 13:16:28.43 ID:E44gdIqo
>>397
それは体感温度とは違うよ

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/07(木) 22:10:34.98 ID:bq90yU0i
人間を生身のままいきなり宇宙空間に放り出したらどういう死ぬ方するのかな。
気圧(「気」なんかないけどw)から考えると一瞬で内部から身体破裂?、温度から考えると一瞬で凍結死?

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/08(金) 00:44:04.29 ID:lfqjZGzS
>>400
オパオパが死んだ時みたいになる

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/08(金) 08:21:28.04 ID:wdMdTh//
ヘッ
きたねー花火だ

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/08(金) 09:31:46.82 ID:RjMLT2Zc
>>400

血液が沸騰・・・そして爆発?

404 :原始から女性は太陽であった:2011/07/08(金) 15:11:15.59 ID:EZ3dZuNo
降水量が減り、人間の運動量も減る
女子エネルギーが減り、男子エネルギーも減ることから通じている

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/08(金) 18:29:39.71 ID:lfqjZGzS
>>403
昇華すんじゃね

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/08(金) 18:36:40.51 ID:db8TxFIR
>>405
フリーズドライだな。

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/08(金) 20:44:34.25 ID:PR7aYS89
一瞬にして粉末状になり、飛び散るんじゃないか。
そして体を構成していた分子は永遠に宇宙を漂う。

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/08(金) 21:24:31.17 ID:zgd3UTm6
>>400
そもそも死なないしなぁ

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/09(土) 00:18:32.87 ID:e4YAwEA0
>>408←ナニコレ珍百景

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/09(土) 12:23:09.01 ID:JP6L4iwU
考えるのをやめるだけだろ

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/09(土) 19:18:23.60 ID:xWUe3xcI
>>400
ナタデココゼリーからゼリーが飛び出すことはあるが、
硬い皮膚や血管に覆われた人間は破裂せんし血液も沸騰せんでしょう。
せいぜい目玉がちょっと出るぐらい。
周囲に体温を持ち去る分子もないから、すぐに体温が下がる要因は
体表面の水分の気化熱ぐらい。まあちょっと冷たい程度でしょう。

なんだかんだでトータルリコールのラストシーンがいちばん現実っぽいと思う。
窒息死するまでは死にません。

>>410
それはJOJOの奇妙な冒険のカーズ様ですな。

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/09(土) 19:32:41.65 ID:QeSuWaka
JOJOの宇宙観も面白い

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/09(土) 20:53:29.02 ID:JP6L4iwU
宇宙じゃ波紋つかえないよな

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/10(日) 01:01:58.72 ID:13rrANtz
>>411
それ最近テレビでやってたねw

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/11(月) 12:46:40.86 ID:aqlJlFKx
>>411

宇宙空間の真空と、テレビのバラエティーでつくる真空は真空の度合いが
ちがうだろうし、真空における太陽の光と影の温度差も考慮されてないしね

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/11(月) 19:12:15.71 ID:6DWG63RW
>>415
テレビのバラエティーで使うようなロータリーポンプでも手軽に
10^-1Pa程度の真空を得ることができる。これは100万分の1気圧に
相当するが、こんなもの人間にとっちゃ完全真空と変わりないでしょう。

あと体の片面だけ太陽に当たってればJOJOに温度差ができていく
でしょうが、そんなもの気になる頃にはとっくに窒息死してる。
どうしても気になるならぐるぐる回って、日光が均等に当たるようにしたらいい。

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/12(火) 08:20:12.08 ID:gCMRj8Fb
>>416

そうか、ロリータポンプか

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/12(火) 16:53:59.72 ID:cFixJWAM
>【10:417】太陽が消滅したら人間は何日間生存できる?

太陽の引力がなくなり、地球は放浪の旅へ

他の惑星と衝突して消滅するか、他の星に吸い寄せられやがて衝突。


419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/12(火) 16:55:33.03 ID:cFixJWAM
>>【10:417】太陽が消滅したら人間は何日間生存できる?

人類の命は3日

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/12(火) 17:03:27.69 ID:zHqeAm+x
クソが

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/13(水) 11:56:21.31 ID:dzS/Nchh
>他の惑星と衝突して消滅するか、他の星に吸い寄せられやがて衝突。

木星とか?

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/13(水) 12:17:03.04 ID:clO9VbSS
同じ話題繰り返すなよ

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/14(木) 11:51:37.87 ID:/sAStZCd
夜は怖い
厚い対流した大気に守られてもたった半日で気温が10℃以上下がるという化け物から毎日紙一重で逃げている奇跡。

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/16(土) 14:23:52.95 ID:+6qsCssB
赤道行って時速1700kmで移動しとけ
ずっと昼だぞ

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/21(木) 14:44:03.13 ID:s4eNGrjy
>>424

そうか、それでNY行きの飛行機でも夜に追い越されるのか

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/23(土) 03:16:10.02 ID:PRIRvR16
コンコルドで日食を追いかけたという話があったね

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/23(土) 20:27:13.00 ID:fMjv956Z
>>426
かっこいい話だのう。

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/29(金) 04:23:21.49 ID:X3sAtHEn
山手線は混んどるど。

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/29(金) 09:40:34.67 ID:LCsFj6Bu
東西線ではとてもじゃないが追いつかんな。痴漢で警察に突き出されるほうが
先かw

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/02(火) 03:02:51.67 ID:gPQcZFsd
マイナス200度とかになったら超電導が成り立つじゃないか
でかい暖房作って地球ごと温めておきゃいいんだよ

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/02(火) 07:50:23.57 ID:XrRZVqMT
>>430
超電導は抵抗ゼロだから発熱はしないよ。
それに温めると超電導解けるし


432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/02(火) 20:02:59.67 ID:wY84DfKs
くやしいのう

433 :サイト333:2011/08/03(水) 08:35:13.07 ID:5fgZDtd3
余熱で何日かは生きられるんじゃないか?

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/03(水) 09:29:52.35 ID:WdVRwfBn
これといった答えはないでしょう。

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/03(水) 16:43:30.00 ID:uWzNOxcp
ありえない仮定だからな。

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/04(木) 14:35:09.23 ID:suDKBCU5
あり得るかどうかじゃなく
単にスパコンでシミュレーションできるやつがいないだけだよ

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/04(木) 15:47:52.95 ID:VtKhHRg2
だからありえないのだ

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/04(木) 15:48:11.25 ID:VtKhHRg2
だからありえないのだ

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/04(木) 17:16:07.22 ID:MqaWLZPc
>>10
太陽が燃え尽きても質量が変らなければ惑星は回り続ける
そもそも星と星は遠心力で引きつけ合ってるわけじゃねーから

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/04(木) 18:38:37.75 ID:RGIUTFYG
>>433
原子力発電所の周りなら年単位で人を養える。
経済活動するには海水の水素を利用する核融合が最低限必要だが。

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/04(木) 19:05:46.41 ID:fRZQJzN1
>>439

元々の仮定は"太陽が寿命を迎えたら"じゃなく"太陽が消滅したら"ってことだが・・・

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/04(木) 19:43:57.94 ID:NZPuEPsk
>>437
「だから」の意味分かってる?

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/04(木) 20:07:05.50 ID:eerz+SPM
核融合って本当にあるの?

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/04(木) 20:09:04.31 ID:YYm3OGOC
それは「太陽って本当にあるの?」という質問とほぼ同じなわけだが

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/04(木) 20:27:34.44 ID:Jf6mfvym
わらたw

446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/04(木) 21:00:41.65 ID:eerz+SPM
じゃぁ、核融合炉は?

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/04(木) 21:17:19.96 ID:YYm3OGOC
それも反応させるためだけの、それ以外に全く役立たないモノなら意外と簡単に作れる。
最近だとどこぞの天才高校生が手作りで完成させたぞ。

448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/04(木) 21:19:54.59 ID:KIm0F768
それネタだよ

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/04(木) 21:47:25.34 ID:c92vZVuo
>>446

研究段階のものならあるはず
実用レベルに達したものはまだないっていうか何年後に実用化されるかもわからない

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/04(木) 21:54:22.57 ID:YYm3OGOC
>>448
あれネタだったのか。フューザーくらいなら誰でも簡単に作れるから、工作キット使わずにDIYでやったのかと思った。

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/04(木) 23:53:02.75 ID:lN8sC7W9
イエローケーキがあれば何とか、、。

452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/05(金) 08:39:32.57 ID:5enxi3t+
イエローケーキ何?

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/05(金) 10:58:28.75 ID:7XOyPvPU
あほなこと考えとらんと、さっさと、仕事か勉強せ〜や

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/05(金) 11:18:39.06 ID:dw6Bq/yO
NASA 2012 PLANET X SIMULATION LEAKED - MUST SEE!
NASAの警告 惑星シュミレーション 必ず見ろ!

http://www.youtube.com/watch?v=xpPP9Z9LOBU

これはじめてみたけど・・・・・・・・こんなことになったら地球は本気で終わるな・・・・・・・
地震とかの沙汰じゃねーよ・・・・  地球が凍っちまう・・・・・

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/08(月) 15:47:03.43 ID:Vz2qQb1F
>>454
Universe Sandbox の無料体験版をDLして
妖星ゴラスの物理量をインプットして起動させたら面白いよw

南極でいくらジェット噴射して逃げてもどうにもならないってわかるよ。

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/10(水) 09:08:48.19 ID:XkibiSAu
宇宙ステーションの中で乗員が生きていられるのだから
地上でも暖房が尽きるまでは、なんとかなるんじゃないの?

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/10(水) 17:02:52.27 ID:SiWISci5
>>456
宇宙ステーションには半分の時間太陽光が当たっているよ。
放熱に苦労するくらいらしい。

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/13(土) 10:23:29.41 ID:9SBdG4Mv
>>454
2012年夏までもうそんなに遠くは無いな・・・1年弱しかない
多分来年の今頃は東日本大震災で死んだ人達は有る意味ラッキーだったという感じになっていたりして

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/13(土) 13:33:56.60 ID:eRKa1ybY
>>458
動画を見たが、文系人間にはわからん。
何が怒ってるのか教えてエロい人

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/13(土) 16:17:50.05 ID:zI/L/ocM
>>454
ちょw ニビル重すぎだろw 

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/13(土) 16:18:19.33 ID:+zJzgc9P
>>460
得体の知れない高質量星が太陽に大接近して惑星の軌道が大きく変わる
まあそんな星が太陽系中心部に偶然にやってくる確率なんて話にならない位小さいだろうけど

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/13(土) 20:23:48.80 ID:eRKa1ybY
あ、得体のしれない惑星って
仮定なのね。

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/14(日) 20:00:49.91 ID:c+1aZQqc
ごめん
考え始めたけど仮定がそもそも無理のある話だったから
もっと詳細に仮定してもらわないとダメだったわ

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/14(日) 21:13:17.46 ID:0qT5d5lg
マイナス30℃の冷凍庫に入ってたら何時間で死ぬかわかるよ

465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/15(月) 11:37:36.81 ID:NQw0TFqX
20年くらいまえに、太陽系が水素雲の中を通過しているって報道があたったが
もう、通過しおえたのか?

466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/15(月) 19:02:17.36 ID:I1sSIuLs
>>464
だるまストーブ焚けばいいんじゃないの?

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/16(火) 01:53:55.63 ID:HYpJYxrG
>>463
スレタイのか?
太陽の熱放射が問題になっているわけだからそれを断ち切る仮定を置けば良い。
太陽を同質量のブラックホールに瞬時に置換するという設定はどうか。

468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/20(土) 22:42:18.11 ID:o/usR5kx
>>418
引力、重力波の速度ってもうわかったんかな?

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/22(月) 12:32:53.38 ID:uJcHaBkT
>>468
重力波/重力子はまだ発見されてないというか正直存在するのかしないのかもわかっていないが
重力の存在を論拠としてあると仮定すると
重力は無限遠方まで到達する力なので媒介粒子が存在するとすればその質量は0である
質量0の粒子は光速度以下ではエネルギーも運動量も持たない(力を伝えられない)
ゆえに重力子が存在すればその速度は光速度に等しい
これが相対論から導かれる答えになる

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/25(木) 15:59:08.68 ID:XckxyOi+
>>468
7,8年前に光速だと検証されたと記憶。
クエーサーの前を木星が横切るとき、木星の重力レンズ効果を測定して検証された。




471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/30(火) 15:39:56.23 ID:fZP/09m+
>重力波

観測所が三鷹の天文台にあるな

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/12(月) 13:43:58.24 ID:aPuCUR8g
太陽が突然無くなったら軌道が乱れまくって惑星同士衝突したりしないの?
無くなった時点にそれぞれの惑星が軌道から真っ直ぐ発射される感じになるから衝突しないかな?

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/12(月) 14:40:27.47 ID:R6uZQQn8
>>472
>>100あたりで既出

474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/13(火) 13:58:07.56 ID:FlyBppjW
てか、ありえない

475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/13(火) 23:29:00.51 ID:oT7eptPM
仮定の条件で予測する楽しみを無意味と言ってしまう人が理系板に来る意味が分からない

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/13(火) 23:31:43.35 ID:deapYf32
誰に言ってんだ?

477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/14(水) 00:05:31.22 ID:L74RcjYO
474は473惑星同士の衝突がありえないと言っていると思われ。

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/14(水) 01:01:48.89 ID:iZIowjwd
太陽がふっと消えたらって仮定だよね
太陽重力の消失も光速で伝播するから

水星  消失3分後  発射速度48km/s 発射傾斜角7.0° 軌道円接線方向に発射
金星  消失6分後  発射速度35km/s 発射傾斜角3.4°軌道円接線方向に発射
地球  消失8.5分後  発射速度30km/s 発射傾斜角0.0°軌道円接線方向に発射
火星  消失13分後  発射速度24km/s 発射傾斜角1.8°軌道円接線方向に発射
木星  消失44分後  発射速度13km/s 発射傾斜角1.3°軌道円接線方向に発射
土星   消失1時間21分後 発射速度10km/s 発射傾斜角2.5°軌道円接線方向に発射
天王星 消失2時間43分後 発射速度7km/s 発射傾斜角0.8°軌道円接線方向に発射
海王星 消失4時間15分後 発射速度5.5km/s 発射傾斜角1.8°軌道円接線方向に発射

たぶん全惑星が若干の時間差あるが散り散りばらばらに飛んで行く

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/14(水) 01:15:08.04 ID:sg7nAZQ3
そこまでやったら計算もしてしまえよ
既出だがな

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/14(水) 01:49:59.70 ID:7/Ri2Y/T
ユニバースサンドボックスか何かでシミュレーションすれば早い。
どれだけ正確な結果になるかはわからんが、仮定がそもそもありえないからそんなもんでも充分だろ。

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/14(水) 01:53:54.65 ID:sg7nAZQ3
高校物理で事足りるんだが

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/14(水) 01:54:44.84 ID:sg7nAZQ3
いやまあどうしても多体で解くなら確かに計算機いるか

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/14(水) 08:23:22.64 ID:y0qrAHyc
太陽の重力がなくなったとの系の進行なんて大差ないんだから
放射がなくなったあとにどうするか考えようよ。

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/16(金) 12:19:13.79 ID:LD8vyFVe
食料の話がどとんど出てないけど
食わずに生きられるの?
光合成が無くなれば酸素不足で死亡だろう

485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/16(金) 22:37:45.45 ID:yVDrI1hx
既出かもしれないが、地球上の核を集めるとか(?)して人工太陽を作ることで生き延びることはできないのか?
無知でスマソ。

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/17(土) 05:44:17.35 ID:+wG60YI6
>>485
無理
水爆で達成される核融合はほんの一瞬しか持続しないし出力も弱すぎて太陽の代わりにはならない
南極の氷原の中に放り出されて、すぐ燃え尽きるマッチ数千本で生き延びようとするようなもんだ

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/17(土) 15:31:54.48 ID:ulXwVyGQ
核分裂を使ってる間に消えられては、どうせ大してウランが持たないから全滅するわな
最低限、核融合発電が実用化してからでないと
地熱は得られ続けるだろうが、定期的な掘り直しを維持できるかが分からん
大気まで凍り付いて地表が真空になってからの方が、断熱性が良くて地表活動は楽かもなあ

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/17(土) 17:37:03.12 ID:fKKf/fxR
>>486
丁寧なレスをありがとう。なんだかすごく納得したよ。

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/17(土) 17:38:14.90 ID:fKKf/fxR
>>487

連投スマン。487もありがとう。

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/18(日) 14:11:41.84 ID:EzZiOpuS
>>467
いきなり太陽が重力崩壊を起こす、という設定なら昔読んだことがある。
北米時間の真昼間、(理由不明で)太陽が自重を支えられなくなって
1時間ぐらいで黄色⇒青色⇒ブラックホール化(中性子でも止まらないので超新星は無し)、
直前の高エネルギー放射で地球の昼側半分が焦土に。

直後から、蒸発した海水が雪となって降り注いで……以下略。

>>454
英語がさっぱりわからないが、2012年6月辺に太陽に最接近する謎の星が
太陽系の惑星の軌道を滅茶苦茶にするということ?
……そんだけの質量があって、この程度の速度なら、『さよならジュピター』の
中途半端なブラックホールでなければ、とっくに見つかっているだろ。

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/18(日) 15:11:56.61 ID:4tpMuG2K
>>490
おもしれー
以下略の部分もぜひ書いてくれ

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/23(金) 15:33:10.37 ID:3K4+M5lV
地下シェルターで
俺と部下の女達10人が
40年間生きられれば問題ない


493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/23(金) 16:02:16.38 ID:86wZXUUV
>>492
かわいい部下の女も40年たったら (ry

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/24(土) 12:42:47.98 ID:k5EsGg4z
その条件なら10年でも良いよw

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/25(日) 04:37:09.94 ID:05EGRsWB
え?サンバルカンじゃないの?

496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/25(日) 10:59:44.71 ID:/o5xE7AM
サンバルカン

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/25(日) 17:59:24.66 ID:/o5xE7AM
test

498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/25(日) 22:44:12.64 ID:pnJL3ItA
o

499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/03(月) 11:13:33.37 ID:MZ/Quq6P
>>492
お前がいくつか知らないが30才前後として40年ってほぼ寿命まで生きるつもりかよ

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/03(月) 12:03:13.46 ID:RyeFpBjk
せいぜい1週間くらいだね。

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/03(月) 15:14:45.42 ID:1dpbjjw5
マジレスするとフロンティア星団が動きだす!デカルチャーやで

502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/09(日) 01:37:14.20 ID:sdAt7piI
太陽がなくなる頃には地球は
飲み込まれてるお(・∀・)

503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/09(日) 01:49:04.99 ID:p2ytTf6z
>>502
最近は地球はギリギリ生き残るって説もあるから必ずしも飲み込まれるとは限らん

そして何より前提条件を勘違いしてる
元々は「太陽がいきなり瞬間的に消えてなくなったとしたら」というありえない仮定が前提

504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/10(月) 11:46:20.04 ID:f2XRt8Go
ぎやあああああああああああ背中に貼り付いてる恐怖が怖いよ地震が起こる
助けてくれぎやあああああああああああ背中に貼り付いてる恐怖が怖いよ地震が起こる
助けてくれぎやあああああああああああ背中に

505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/10(月) 12:19:18.54 ID:UdxeHvLz
大阪府島本町の小学校や中学校は、暴力イジメ学校や。
島本町の学校で暴力やいじめを受け続けて、心も身体も
壊されて廃人同様になってしもうた僕が言うんやから、
まちがいないで。
教師も校長も、暴力やいじめがあっても見て見ぬフリ。
そればかりか、イジメに加担する教師もおった。
 誰かがイジメを苦にして自殺しても、「本校にイジメは
なかった」と言うて逃げるんやろうなあ。
 僕をイジメた生徒や教師の名前をここで書きたいけど、
そんなことしたら殺されて、天王山に埋められるかもしれ
へん。それで誰にも発見されへんかったら、永久に行方不明のままや。



506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/11(火) 12:55:10.96 ID:y+2sYoNF
>>490
上の話のタイトル教えてくれ

507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/13(木) 00:26:17.73 ID:UZku4G6M
相対的な引力バランスが崩れる為
創成期の様な地殻変動が起こるので即全滅だな。

508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/20(木) 06:43:24.89 ID:FD0aaTgh
人はほほえみ無くすだろう

509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/25(火) 00:39:50.60 ID:Lk9SBUpL
どうにかして木星のヘリウムを核融合させてだな・・・
木星を第2の太陽にしちまえばなんとかなるんじゃね?

510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/25(火) 06:52:34.50 ID:QxenWBIS
>>509

木星程度の質量じゃ収縮が足りないから、中心部の温度と圧力が水素の核融合反応が持続するのに十分なレベルまで上がらない
なので点火してもすぐ消えて終わり

水素の核融合反応が持続するには木星は今の100倍近い質量が必要
太陽系のどこにもそれだけの水素ガスはない
ちなみにヘリウムの核融合を起こすには更に桁の違う温度・圧力が要求されるから尚更不可能

511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/26(水) 14:38:42.97 ID:/fedovh3
ニビルがやってくるからご心配無用

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/26(水) 22:45:19.67 ID:OXC1gpRb
人は太陽のイデアを失い洞窟へと籠もる

513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/27(木) 04:43:54.08 ID:PAoJSeUK

中野剛志先生がTPP賛成論者の詭弁を全滅させたようです
http://www.youtube.com/watch?v=9amjatPD_l4
http://www.youtube.com/watch?v=8G29qFqId2w


中野先生が敗北宣言、暗殺される?
日本が米国の植民地に。すでに99%手遅れか?
http://www.nicovideo.jp/watch/sm15973549


テレビ・新聞にだまされるな。
気づいたら、
「my日本」で検索


514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/29(土) 12:51:22.80 ID:t/J6bu/a
きおつけろ!
8分前に太陽が消滅したぞ。

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/29(土) 13:29:36.57 ID:4q+O6ObU
もしそうだとしたらどう気をつけるんだよ

516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/29(土) 16:18:34.33 ID:gr1499dp
地球の公転ってどうなんの?
止まるの?

517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/29(土) 22:44:22.01 ID:rkt6085i
いつかはね。 諸行無常。

518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/29(土) 22:52:57.13 ID:ko3A5oDz
無重力空間に漂ってるのに回転運動しないのって凄く難しいと思うんだけど・・・。

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/29(土) 23:29:31.91 ID:4q+O6ObU
太陽と地球が今のままなら自転も公転も止まらないよ。
太陽が急になくなったら地球は直線軌道で飛び出して自転は続くよ。

520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/30(日) 04:26:40.81 ID:ZbyDKVTh
お日様は火の国マグマの結合体だから
軸だろうな
マグマを集めれば、お日様。
じゃ、全ての時計軸の
静かに輝く月は?

521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/01(火) 18:27:27.15 ID:EAC67IvA
>>520
トンデモのくせに無駄に詩的だなw


522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/05(土) 03:58:57.87 ID:wo8zZFoY
>>519
> 太陽と地球が今のままなら自転も公転も止まらないよ。

重力波を放出(=運動量を放出)してるから、どんどん公転半径は縮小するよ。

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/05(土) 14:56:54.14 ID:QtbRxz5o
>>522
何兆年かかるんだろう?兆では足りないかな。
誰か計算してよ。

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/08(火) 09:27:41.59 ID:kGemKons
一切の予想、前兆無く地球は未対策でふっと消滅したとすると八分後に太陽光と太陽引力が消える
以下頭の良い人に続投願う


525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/08(火) 13:48:12.57 ID:iLFnb2u/
>>524
最初からそういうことが話し合われてるんだが
読む気はまったくなしかい?

526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/08(火) 22:08:17.26 ID:V384kg+t
月はそのまま地球の周りを回り続ける?

527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/08(火) 23:55:20.51 ID:ryDUGcZW
たぶんね

528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/09(水) 11:18:42.72 ID:mIOvMn3g
いきなり暗くなるからびっくりする


529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/11(金) 02:31:07.00 ID:uC8mDUIi
植物が全滅して酸素お供給源が断たれる

て言うか、太陽がなくなれば、地球は銀河の彼方へ飛んでいく

530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/11(金) 17:54:12.79 ID:FFkzUuE+
太陽がなくなったってのはどうやって知るんだろ
太陽観測してる衛星やらが太陽見失う、太陽をあてにしてるセンサーが使えなくなる
惑星を観測してる望遠鏡が予想してる位置に惑星がなくて軌道が変化してるのを知るとかか?

531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/11(金) 18:36:24.91 ID:C1tb8c8s
>>530
キミ太陽見たことないの?

532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/11(金) 20:00:18.36 ID:FFkzUuE+
>>531
あるけどなにか?

533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/11(金) 20:38:01.65 ID:OnYbz4xv
>>532
肉眼ですぐわかるだろ と>>531は言いたいんじゃないか?

534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/11(金) 20:38:55.15 ID:C1tb8c8s
>>532
じゃあ太陽がなくなったらすぐにわかることぐらいわかるだろ?
急に暗くなるんだから。それより早く知る手段は皆無。

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/11(金) 20:49:40.00 ID:FFkzUuE+
>>534
まあそうかも知れんけどそれはこのスレ見てる人間の思い込みじゃないかね
この事態に遭遇した人間は別の可能性を考えるかもしれない
例えばスレタイが太陽遮ったらとか太陽を別の物体にすり替えたらとかだったらどうだろうか?
昼間暗くなったときに太陽消滅した!と断定するだろうか?

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/11(金) 21:50:10.07 ID:C1tb8c8s
スレ違いの例を出して思い込みとか言われても困る。
太陽スレでやってくれ。なかったらたてればいい。あってもおかしくない。

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/11(金) 22:22:08.45 ID:FFkzUuE+
思い込みより先入観のほうが適当だったな

538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/12(土) 10:35:47.63 ID:YHk/OCbc
>>537
思い込みでも先入観でもないじゃん
スレ違いの想定を後出しで出してゴネてるのは誰がどう見てもそちらの方だよ

539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/12(土) 11:09:50.64 ID:m/q/MNo4
>>538
どういう経過で太陽消滅したと認識するのか?というのに対して
暗くなったんだから消滅したんだろうという考えは答えを知っている場合の短絡的なものだろうと言った
別の想定をしてるスレで同じ問いをしたときに暗くなったら太陽なくったと分かるとは言わないでしょ?

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/12(土) 12:09:21.47 ID:VTuoSRMJ
太陽の消滅を人間が認識する必要は別にない
スレタイにそんなこと書いてないだろ?

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/12(土) 13:34:55.47 ID:g0uFXq97
>>539
意地張るなよ。もしスレタイに『人間は何日間生存できる?』がなかったらその議論もありだよ。
でもここは太陽が消滅した後、どう生き延びるかを考えるスレであって
その前提をキミが勝手に歪めてるわけだ。これってルール違反なんだよね。

スレが立てられた直後か、「スレ違いだけど」と断りを入れてれば受け入れられたかもね。
そうしなかった以上キミは自分以外が間違ってると決めつけてスレ違いの話題を続けようとする
やっかいなわからず屋でしかない。

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/12(土) 13:48:44.94 ID:FHv0Q+Sg
幼年期の終わりに出てきた人工日食みたいな状態は?

543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/12(土) 14:56:32.28 ID:ySMhqth7
なんか複雑に話してるけど、太陽が爆発して消えるってことなら
地球なんか太陽の爆発で一瞬で焼け野原。酸素も消えて終了!
シェルターなんかなんの意味もない!


544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/12(土) 15:24:41.34 ID:g0uFXq97
>>543
また勝手な条件君かよ。太陽が爆発して消えるなんて言ってねえだろ。
しかもその爆発の規模すらお前が勝手に決めてんじゃねえか。
どういうメカニズムでそんな爆発するのか説明してみろや。

545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/12(土) 15:37:50.40 ID:ySMhqth7
>>544
まず、爆発以外に太陽が消滅する可能性が思いつかない。
一瞬で消えたとしても、公転しなくなって終了!
爆発の規模はわからなくても、太陽フレアを考えるとだいたいは想像つく

断言は確かにできないけど、宇宙の話なんだから予想の範疇で考えるしかないだろ・・・

546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/12(土) 16:00:41.81 ID:g0uFXq97
>>545
消滅の過程はどうでもいいっつってんだろ!
公転しなくなってからどう生き延びるかの話だっつってんだろ!
現在の宇宙論で太陽が爆発する予想なんかねえよ。ぜんぜん予想の範疇じゃねえ。
フレアの起こるメカニズムで太陽が消滅するわけないのに参考になんかなるかよ。

質量をあたえて超新星爆発させる以外に方法はねえんだ。もはやそれは太陽とは言えないし
その過程での影響が大きくてその後の話はどうでもよくなる。
だからなんの理由もなく突然消滅するって条件を受け入れるしかねえんだよ。
ありえないことを仮定するんだから太陽消滅の直接的な影響は考えないことにするしかねえんだよ。

わかったらこのスレにでも行け
恒星を破壊する方法をまじめに考える
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/galileo/1295662189/l50


547 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/13(日) 06:16:07.34 ID:flnuEAJ6
まぁ問題提起からして想像の話だから、カッカせずにマッタリ皆で遊ぼうぜ

爆発云々言ってる奴は、
太陽が文字通り『消滅』する程の『爆発』したら地球もアボンだって、自分も言ってる通りわかりきってるだろ?
だったらその話しはスレタイにそぐわない
『何日』も生存出来ないのが前提になるから
これ皆わかってるんだよ

だからここでは簡単に言うと、太陽の存在が突然フッと消えたらってのを前提にしないと想像の余地が無くてつまらないって事

そんな感じで>>2以降が始まってるの


今度お前みたいな事言う奴が現れたら責任もってお前がこれを説明しろよ

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/13(日) 20:41:27.24 ID:5UdWpuMv
まーまー。「フッと消え」でも十分興味深い話題じゃん。
消えないまでも輝きが半減したらと考えただけで…
地球の比熱は高いんでしょ?何日間のエネルギー遮断に耐えられるのかな…
結局、生き抜きたいという本能を持った生命の運命は地球内では完結せず、太陽の存在に全てをゆだねているという事実を突き付けられるわけだ。
いまこの瞬間、太陽のエネルギー(光・熱すべての電磁波)が急に届かなくなったら?
雨戸閉めこども抱きフトンにくるまりラジオ聞く。←ラジオは無事なんだろうか


549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/13(日) 21:24:34.55 ID:zfWoNcKV
太陽無くなったらすべて終わり
地球は太陽とセットで神に造られたんだから

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/13(日) 21:26:41.59 ID:p9GZoUMK
はいはい神様はすごいでちゅね〜

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/13(日) 21:30:33.37 ID:KcaTiUMK
太陽なくなるのが組み込まれてる宗教とか思想みたいのはあるの?

552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/14(月) 01:26:46.37 ID:sVW2aFct
>>549
ボコスカウォーズで偶然金の兵士できるだろ?
地球もそんな感じで偶然出来たんだよ
信じるものしか救わないセコい神様拝むより
見えるもの見て努力しろ

553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/14(月) 02:10:20.96 ID:pdNdipK2
見えるものが「ボコスカウォーズの金の兵士」てw
言ってることは良いのに例えのせいで台無しだw

554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/14(月) 05:44:05.33 ID:uc8o19Ax
ボコスカウォーズかw…。太陽系の恩恵からみたら「信じる者しか救わない」ってセコい神様だわな。
太陽やら地球はさ、誰も見てない山の中にも桜や梅を咲かせたり食えるもん実らせたり。海水を掻き回す役目は月の重力だろ?海流は日照が源だし。イロイロ揃ってんだよ、命の舞台が。この気前の良さは尋常ではない。
人間が生きられるストライクゾーンって現在の太陽エネルギーの±何%の変動内なのかな。主系列星の考え方も最近少し変わったろ。ちょっち勉強して来る。


555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/14(月) 06:18:34.84 ID:f1eEKB36
つまり稲葉さんの言う事を聞いて気持ちよくなれって事だな

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/14(月) 11:46:32.59 ID:7e0Lz2VN
>>552
「愛のままにわがままに〜」の歌詞に思わずニヤリとした俺はオッサン(´・ω・`)

557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/14(月) 17:32:37.77 ID:pdNdipK2
>>554
いちおうキリスト教でもマタイ福音書などでは、
「父は悪人にも善人にも太陽を昇らせ、正しい者にも正しくない者にも雨を降らせてくださる」
というような説教はあるがな。旧約聖書のほうはえれー外道の神だと思うがww

558 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/17(木) 16:15:51.19 ID:4/u95fdP
どのように消滅するかにもよる。

559 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/17(木) 21:04:51.78 ID:tspLmMQb
まったくスレを読まずに急に>>1にレスするのはいいかげんやめてもらいたい。

560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/19(土) 01:49:04.69 ID:ZaxHzlxU
たちまち凍り付く

561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/19(土) 02:05:59.19 ID:VNkVW0XJ
地熱が豊かな地域で滅亡までほそぼそと生き延びるしかないだろうな
地熱利権をめぐって血で血を洗う争いが起こる事は避けられない

562 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/19(土) 02:09:47.39 ID:VNkVW0XJ
化石燃料とか核燃料がなくなって、風力や水力潮力で地下居住区に暮らしてもつらそうだから、最後の砦地熱ってことで
ちなみに水力風力も太陽が突然無くなったら使い物になるまいってことで

563 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/19(土) 09:55:38.62 ID:hE7mIN5K
>>561
それ以前にこうやって今呼吸している空気さえ凍りついてなくなるんだが・・・
地熱利権がどうたら言ってる場合じゃないと思うが

564 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/19(土) 11:16:01.39 ID:VNkVW0XJ
以外に思ったより急激に冷却されるみたいだな。
海底まで海が凍るまでは大丈夫そうな気はするけど、海が凍っちゃったら90Kまで冷えて窒素が液化して連鎖的に終了か・・。
確かに事前に想定して生命維持機能完備のシェルター作ってないと、利権云々ゴタゴタしてる間に大気圧が低下して耐えられるバクテリア等一部を除いて全て滅亡か。
バクテリア類も、火山等から充分熱が確保できなくなった時点で活動停止か。
シェルター内でもエネルギー源なくなって生命維持関連動かせなくなったら滅亡。エネルギー危機より先に食料問題であぼんか。

太陽様々だわ。厳密にシミュレーションして特集番組とか作って欲しいな。面白そう。

565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/19(土) 11:45:07.64 ID:hE7mIN5K
>>564
地下深くに生息する微生物は生き残ると思う
地熱は太陽由来じゃなく、荒っぽい言い方をすれば地球誕生時の熱を溜め込んでじわじわ放出してるだけだから
太陽がなくなっても火山活動その他の活動は同じように続くはず

566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/19(土) 11:51:05.82 ID:VNkVW0XJ
>>565
うん、だから活動停止って書いたの。
でも、潜れるところまで潜ったバクテリアも、核まで冷えきったら動けなくなる。
地球の熱収支を調べて欲しいんだけど、結構冷えるの早そうだよ。

ちなみに火山活動続くんじゃぁこのスレに初めて来て思いつきでさらっと言った矛盾踏襲してるじゃんw

567 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/19(土) 14:10:41.14 ID:hE7mIN5K
>>566
誕生以来46億年経ってるけど、未だ地球の内部はドロドロに溶けたマグマが地上に噴き出してくるくらい熱いんだが
地球が地熱を保てているのは太陽の輻射のおかげってこと?

>ちなみに火山活動続くんじゃぁこのスレに初めて来て思いつきでさらっと言った矛盾踏襲してるじゃんw

悪いが言ってる意味がわからん

568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/19(土) 14:24:39.71 ID:KkVk4QDl
スレの始めのほうでも出てるけど地熱の原因は放射性元素だからすぐにはなくならない。

569 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/19(土) 15:38:40.24 ID:VNkVW0XJ
>>567
そう地球上の熱は常に逃げてるってこと
最後の行は、主語が抜けてた。あとはご想像にお任せします。
ちなみに火山活動続くんじゃぁこのスレに初めて来て「俺が」思いつきでさらっと言った矛盾踏襲してるじゃんw

>>568
うん、んなこと分かっとるがな

誤解をまねくような下手な文章で悪かった。謝るよ。忘れてくれ。
どうでもいい議論()に巻き込んで悪かったな。562-563は気軽にネタ(1の事)にレスしただけなんだ。
酔っぱらいが飲み屋の隣の席あたりで言ってたくらいに考えてね。
それでは失礼します(__)/

570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/19(土) 17:11:17.19 ID:hE7mIN5K
>>569
地球上の熱は常に逃げてるから太陽の輻射がなければすぐに冷えてしまうはずだ とかそういう意味じゃないよね?
もしそう思ってるんだとしたらちょっと認識不足

思いつきで言った矛盾って地熱利権云々の話?
短期間のうちに周りの空気が凍り付いてどのみち地上じゃ人間は生きていけなくなるから、利権争いで戦争繰り広げてる場合じゃないよって意味なんだが
火山活動はそのまま継続するが、それを手に入れようと戦争やってる間に地上は真空の極寒地獄になるから、争ってる双方まとめて仲良く滅ぶしかない
ちょっと前からそういう事態を見越して地下に恒久的に生命維持できる地下シェルターでも作ってたならまだしも、いきなり太陽がふっと消えうせてから
慌ててそんなもの作る時間の余裕なんてあるわけがない
大体地熱を利用して恒久的にまとまった数の人間の生命を維持していけるだけのシステムそのものが今のところ実現できてないわけだしな

571 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/20(日) 15:12:52.11 ID:Gzm/CF/Y
                         ??
                        ?: : ?
                        ????????
                           ?????    ?
                          ????? : : ?
                          ????????  ?
       ????         ??? ???????   ?
       ?:.  ??       ?.  .? ????::     ?
       ?:.  ??????????.  :?    ??: .    ?
      ?? ???:.           ::?   ??     ?
      ?????             ::??.??      ?
      ???:.  ??_         ??? ???     ?
     ???: .  ????        ??? ???     ..:?
     ???:::.     ??   ??? ??    ::??   . :?? コイツ最高に??
    ????: .    ???????? ??   ::? : .:??
    ????::    ?????????     .::??? ?  ????? ?????
    ????:: : .  ????????     ::???      ?    ???      ?? ???
  ??? ????:: :: : . ???? ??    ??         ??   ???
????  .:?????::: : .:??????    ??            ?       ?
?? ???????????: :???    ??
??????????? : :??         ??


572 :井戸魔神F ◆Tny1JrNujM :2011/11/21(月) 21:44:56.10 ID:oKumAfbN
自転とかはどうなるんだ?

573 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/22(火) 01:07:02.65 ID:iN4YFw7A
>>572
>>1から読みな

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/24(木) 17:17:22.43 ID:BOOMhJXV
暗くなっちゃうよね

575 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/24(木) 17:25:34.39 ID:5OQDj6MV
>>574
ボクのオウチみたいだ

576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/24(木) 17:32:45.30 ID:RuoMWO03
>>575
元気だせよ

577 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/24(木) 17:41:13.50 ID:5OQDj6MV
>>576
ボクはダイジョブだけどママが泣いてるの
オナカ痛いのかなあ

578 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/24(木) 17:55:28.29 ID:6QCR2ugo
そんなパターンは
ママ玉ねぎが目に浸みたのって言って
ティッシュを渡すんだよ

僕も頑張るから
ママを笑顔にするからって言うんだ。
ママの泣き顔が晴れるから・・・

579 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/24(木) 18:00:59.36 ID:RuoMWO03
おいオッサンどもいいかげんにしろよw

580 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/24(木) 18:10:14.84 ID:6QCR2ugo
消防だったり厨房だったり恒星だったり
スキマスッチの全力少年だったり

581 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/24(木) 18:16:49.89 ID:OlTPK0Ew
地下に潜れば安泰だろ
マグマの熱がある限りは
マグマの熱で凍って固体になった酸素も暖めて使えばいいし

582 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/24(木) 18:37:28.27 ID:6QCR2ugo
地下掘り名人のモグラでも外出るわ
ハムハム
湿度たか〜高温多湿は向かん

次の希望を込めた世号は予言通り安泰時代でどう?
また着た2度目のフラッシュバックだわ



583 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/24(木) 18:56:25.26 ID:6QCR2ugo
しかし、今年は東北のこともあるな〜

安泰でいいのかな?
もっと、勇気が出る圧し折られないしなやかな日本人根性みたいな
言葉が見あたらないかな?

584 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/24(木) 19:12:12.87 ID:OlTPK0Ew
>>125
設計図と材料さえあれば数百人〜数千人程度入れば同じものは作る事ができるよ

585 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/24(木) 19:42:00.48 ID:OlTPK0Ew
太陽が消滅した程度なら
地下に移住して地球中心の熱でなんとかなりそう
むしろ太陽が赤色巨星になった場合のほうがキツいのでは

586 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/24(木) 20:00:41.83 ID:RuoMWO03
>>584
材料さえあればってさらっと言うなよw

587 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/24(木) 22:47:25.87 ID:YP6ewA9J
これはアメリカのゲームです。一度やってみてください。
これは、たった三分でできるゲームです。
試してみてください。
驚く結果をご覧いただけます。
このゲームを考えた本人は、メールを読んでからたった10分で願い事が叶ったそうです。
このゲームは、面白く、かつ、あっと驚く結果を貴方にもたらすでしょう。約束してください。絶対に先を読まず、一行ずつ進む事。
たった三分ですから試す価値ありです。
まず、ペンと紙をご用意下さい。先を読むと願い事が叶わなくなります。
1、まず1番〜11番まで縦に数字をお書き下さい。
2、1番と2番の横に好きな3〜7の数字をお書き下さい。
3、3番と7番の横に知っている人の数字をお書き下さい。(必ず、興味のある異性の名前を書く事。男なら女、女なら男、ゲイなら同性の名前を書く。)
必ず一行ずつ進んでください。先を読むとなにもかもなくなります。
4、4、5、6番横それぞれに自分の知っている人の名前をお書き下さい。これは家族、友人誰でも結構です。
まだ先を見てはいけませんよ!
5、8、9、10、11番の横に歌のタイトルをお書き下さい。6、最後にお願い事をしてください。
さてゲームの解説です。
1)このゲームの事を2番に書いた数字の人に伝えて下さい。
2)3番に書いた人は貴方の愛する人です。
3)7番に書いた人は、好きだけど叶わぬ恋の相手です。
4)4番に書いた人は貴方を大切に思う人です。
5)5番に書いた人は貴方を大切に思う人です。
6)6番に書いた人は貴方に幸運をもたらしてくれる人です。
7)8番に書いた歌は、3番に書いた人を表す歌です。
8)9番に書いた歌は、7番に書いた人わ表す歌です。
9)10番に書いた歌は貴方の心の中を表す歌です。
10)そして、11番に書いた歌は、貴方の人生を表す歌です。
この書き込みを読んでから一時間以内に10個の掲示板にこの書き込みをコピーしてから貼ってください。そうすればあなたの願い事は叶うでしょう。
もし張らなければ願い事と逆の事が起こるでしょう。
とても奇妙ですが、当たってませんか?

588 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 09:00:13.09 ID:jA8jDTqK
あれか、消滅つーと太陽が超新星爆発するって意味か?
光年も満たない場所でそんなことされたら、ひとたまりもないわい。

589 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 10:16:48.13 ID:iH21oU8+
そういうスレじゃないから。

590 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 12:29:46.30 ID:CmZNAK1z
爆発しないで太陽が消滅するとか意味不明だからこのスレの議論事態不毛だよね
はい論破wwwwwwwwwwww

591 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 14:00:22.56 ID:4oTSq3vP
太陽が爆発するって仮定も同レベルで意味不明だけどな。
とりあえず>>546あたり読んでからレスしな。


592 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 16:37:27.25 ID:jAP7jtVG
重力崩壊

593 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/05(月) 00:38:13.44 ID:SaP+pNCy
ハンマー投げのハンマーのように宇宙のどこかへ飛んでいく地球

594 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/05(月) 08:44:32.44 ID:FhCC7b7B
地球のような地熱を持つ惑星ならハピタブルゾーンに居なくても生命が発生する可能性はあるんじゃね?

595 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/05(月) 10:51:15.33 ID:v9L4byyg
>>594
濃密な大気を持つ惑星なら、仮に恒星から放り出されても自分自身の地熱で
水が液体でいられる温度を保てるのではという理論計算はあるらしいね
ただし地球程度じゃ全然ダメだろうけど

596 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/05(月) 22:59:00.75 ID:dabPiB3l
ハピタブル?
habit + ableでハビタブルじゃねーか?

まあしかし言ってる事は同意
技術さえあれば何とかなりそう
海は当然火山の周り以外は全て氷るだろうが
地熱以外の熱源が全くないとなると一体海抜0地点で外気温は何度になるんだろう
その辺の資料って無いのかね

597 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/05(月) 23:40:09.63 ID:Eoy4dDsV
ログ読むと最終的に酸素も窒素も凍る温度まで下がるらしい

598 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 00:55:03.19 ID:eipMeTxm
なるほど 上に全部書いてあったはwww

599 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/06(火) 01:38:10.09 ID:uvkFu054
地表が絶対零度近くまで冷えたとしても、マントルや外部・内部コアは、太陽の存在とは関係なしに熱があるんでしょ?
だったら、酸素とか食料とかはこの際全て抜きにして、近くをどのくらい掘り下げれば、人類が生存可能な温度になるのかな?

600 :599:2011/12/06(火) 01:41:23.97 ID:uvkFu054
>>599の訂正
×近くをどのくらい〜
○地殻をどのくらい〜
失礼しました。

601 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/08(木) 20:06:28.23 ID:NJVdu84v
木星にすいよせられる>?

602 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/08(木) 21:14:07.18 ID:JHTa8lFn
100年後に太陽が無くなるって分かってれば
この間に地下居住用の技術開発したりしてなんとかなるかもね
熱源は地球中心にあるから地上が絶対零度になってもかまわないし
1年後とか10年後なら厳しいかね

603 :490:2011/12/10(土) 22:17:44.92 ID:xxJ3raRA
>>491
>>506
まだ見ていたらだけど……期待させてすまない。
『もしも月が二つあったら?』の各パートのシミュレーションみたいな感じで、
大した長さはない(『もしも〜よりは遥かに長いが』)。

タイトルは忘れたなあ。外人が書いた本だったけど。
覚えている描写は、
重力崩壊直後:ロンドン市民が、日没直後、明るい西の空を見て恐怖に怯える
半日後     :太陽が登ってこないことに日本人が恐怖に取り付かれる
氷点下50度 :中国人が何でも燃やし始める。半分パニックのまま家まで燃やしてしまう
氷点下100度:ヨーロッパで燃料強盗多発

……人類滅亡後も冷え続けて、海底まで凍って全生物死滅、といった感じだったと思う。
食糧不足より先に燃料不足で凍死、というイメージ(うろ覚え)

158 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)