5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

(推進装置)有人宇宙船スレ(生命操作)

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/23(土) 00:12:34.40 ID:bnXlbsXv
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%AE%99%E8%88%B9
将来的に有人宇宙船を発展させる事は可能であろうか?
シャトルは残念な結果になってしまったし・・・

推進装置はどうしよう?(経済的で高性能・安心?)
放射線対策どうしよう?(生命操作で改良人間?)
予算の獲得どうしよう?(物凄い難問だよなあ?)

何か良い案があれば・・・

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/23(土) 00:58:15.45 ID:taUsYeUP
日常の生活で本当に必要なものだけを取捨選択し、本来捨てるべき必要ない事柄に投資していた税金を本当に必要ある事柄にだけ投資して
その分、余った休ませてある貯金を宇宙開発税と明示した税金の受け皿を創設して税金の回収費用も浮かせて
研究者達は必死こいて高性能宇宙飛行物を開発するという案をがんばって考えてみたお疲れ

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/23(土) 01:22:13.87 ID:taUsYeUP
じつは研究者達には2ちゃんねらーも含まれているのがミソだという傑作

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/23(土) 13:44:55.87 ID:t63WFnsM
推進装置   自己着火性のある燃料以外、選択肢はない
放射線対策  低軌道なら無視
予算獲得   ハニートラップ

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/26(火) 20:33:27.14 ID:XuEJn5AA
予算獲得にハニートラップか・・・やってみる価値はありそうだ

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/02(火) 22:27:47.20 ID:d+AO2KSR
【シャトル】宇宙船総合【HTVこうのとり】
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/galileo/1305594545/l50

ソユーズとシャトルの話題もこちらです

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/10(水) 04:49:08.66 ID:RVFqO5JD
http://labaq.com/archives/cat_50028316.html
取りあえず、ニュースです

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/23(火) 23:26:34.87 ID:B0RmM0pE
http://labaq.com/archives/51347425.html
我らの日本のイメージ

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/31(水) 05:52:09.47 ID:2Eaf5SVA
どうなるんだろうね?

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/06(火) 20:36:36.80 ID:BvXCTuVJ
シャトルが引退して有人飛行できる宇宙船って
ロシアのソユーズと
中国の神船しかないんだなあ、日本もチャレンジしなきゃ駄目だよね。
ロシアから技術提供してほしい。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/11(日) 22:26:55.10 ID:NgdjNmbG
>>10
安定って意味ではロシアは優れているよなあ

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/22(木) 21:48:58.05 ID:K9B2sxiz
宇宙エレベータが出来れば構造上で組み立てが出来るな

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/29(木) 14:55:22.93 ID:X/YIyaAS
はじめまして。今井直孝と申します。
新型の推進装置を発明しました。

一方向のモーメント力を発生させる装置 が

平成23年08月24日 実用新案として登録され
平成23年09月15日 特許庁インターネット広報により公開されました。
実用新案登録第3170429号


原理模型動画その1
http://youtu.be/UbCdVFoqSC4

解説
http://www5c.biglobe.ne.jp/~imai/page2.htm


14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/29(木) 15:26:50.95 ID:lhpAmKJ2
はじめましてってw
以前から、そこら中に貼ってるだろw
使えると思うなら、JAXAに論文送れよ

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/29(木) 22:09:21.87 ID:EnUo0N6i
まずは宇宙ゴミを防ぐシールドからってカクさんも言ってた。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/10(月) 20:03:07.34 ID:nkeoBkLh
宇宙ゴミの掃除って出来たら良いんだけどね

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/18(火) 23:11:47.48 ID:dnyx1MAU
宇宙ゴミに進行方向から逆らって照射する事で運動エネルギーを奪えれば
掃除が出来るかも知れない

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/19(水) 12:56:19.97 ID:DDhk/BIv
パズル集めのこと?

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/19(水) 21:31:24.09 ID:UDG0IPI1
本スレは>>6

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/25(火) 23:08:50.28 ID:EPubfqMi
>>6に敬意

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/30(日) 16:21:28.38 ID:U+Boduz9
デブリを地球にたたき落とすことは出来ないのかな。
それか>>15のカクシールドとは斜め下(地球)向きに設置するものなのか?

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/30(日) 17:27:19.14 ID:PtmiXXqz
>>6,>>19
【スレチマルチ】宇宙関連「いつもの人」 7【偽テンプレ】
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1317594250/

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/13(日) 06:03:00.15 ID:X0sItLit
ふむふむふむ

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/18(金) 22:46:27.74 ID:1aNkVzd9
本家のスレには敬意を払います

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/29(火) 22:37:07.29 ID:WsYvc9c7
http://labaq.com/archives/51702462.html
国際宇宙ステーションから見たオーロラの映像をどうぞ

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/08(木) 05:49:17.35 ID:p6lpF4bd
【スーパーオライオン級有人恒星間航行用宇宙船『スーパー・ノヴァ(超新星)』】
重量:800万t
全長:1385m
全幅:532m
全高:383m
乗員:1305人(最少435人)

推進システム:核分裂パルス推進ロケット駆動(ドライブ)
(1)比推力:6000 - 10万秒
(2)推力:1GN (ギガニュートン)《10万1970トン》 - 1TN(テラニュートン)《1億197万トン》
(3)最終到達速度:秒速1万km
※『オライオン計画』について(英語版)
http://en.wikipedia.org/wiki/Project_Orion_(nuclear_propulsion)
※『オライオン:ギャラリー』(英語)
http://bisbos.com/space_n_orion_gall.html

機体主材料:耐熱新素材「TMC(チタニウム・マトリックス・コンポジット)」
(新タイプのチタン合金の中に高張力の炭化ケイ素を埋め込んだもの。
チタン合金は急速結晶化プロセスという方法で作られる。
回転盤の上に溶融したチタンをしたたらすと、滴となって飛び散る。
これを不活性ガスの中で急冷させると、きわめて純粋なチタン粉末ができる。
これを圧縮して高密度の板状あるいは棒状にする、鋳型を作る、直接パーツに成型するなどの方法で使用する。
TMCは既存のいかなる構造材に比べても耐熱性がはるかに高い。機体の表面もTMCのスキンパネルで覆われている。
TMCはアメリカの『NASP計画(National AeroSpace Plane Program)』で実際に開発された耐熱新素材。)

代替機体表面素材:CCコンポジット
(炭素または黒鉛に炭素繊維を埋め込んだ複合材料。
アメリカのスペースシャトルの機体先端部と翼前端だけはこれで被覆している。
アメリカのスペースシャトルの表面にびっしりと張っている耐熱用のケイ素タイルのような、消耗品ではない。
TMCが再開発できなかった場合の代替素材。)

備考:磁気プラズマ・セイル(MPS:Magnetic Plasma Sail)搭載

※この技術はマグセイル (magsail) とも呼ばれ、磁気帆や磁気セイルと訳されることもある。
宇宙船は磁場を生成するため超電導ワイヤの大きな輪と、操舵または荷電粒子からの放射線の危険を下げるための補助の輪を展開する。
また、マグネティックセイルで、加速と同規模のエネルギーを必要とする"減速"のため、巨大な磁場を展開して、星間物質の抵抗を宇宙船のブレーキとして利用する事もできる。
これにより、恒星間旅行の半分を占める減速のために推進剤を積む必要がなくなり、旅にとって大きな利益となる。

余談:アメリカ合衆国の理論物理学者、宇宙物理学者であるフリーマン・ダイソン(Freeman John Dyson)は、オライオン型惑星間宇宙船のアイデアを恒星間宇宙船に適用している。
ペイロードが2万トン(数百人から成る小さな町を充分に維持できる)ほどになるので、宇宙船は必然的に大きくなる。
全質量は1個約1トンの核爆弾30万個の燃料込みで、40万トンほどになる。
爆弾は3秒ごとに爆発させられ、宇宙船を1Gで10日間加速し、光速の30分の1(秒速1万km)に到達する。
この速度でオライオン型恒星間宇宙船はアルファ・ケンタウリに140年で到着する。
ただ、この宇宙船に目標星での減速能力を与えるには、磁気プラズマ・セイル(MPS:Magnetic Plasma Sail)を搭載しなければならない。
オライオン型恒星間宇宙船は宇宙船としては最小限の能力しか持っていないが、現在の科学技術で建造し、送り出すことのできる恒星間輸送の形態の1つではある。

8 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)