5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

◆ アポロ捏造後40年、有人宇宙開発の未来〜

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/04(日) 12:22:18.32 ID:ya5GmI6s

アポロ捏造後40年・・

人類は未だ、高度 500km前後で停滞。
有人宇宙開発の未来はあるのか?
静止軌道(約 35,000km)まで行けるのか?
定量的データを基に、語って下さいませ。

(JAXA公式) http://www.jaxa.jp/


2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/04(日) 12:22:45.16 ID:ya5GmI6s

(現在の状況)

Q5 人工衛星やスペースシャトルの軌道はどうやって決めるのだろうか?
A5 人工衛星などの使用目的や、宇宙の環境によって決める。(JAXA)

地球のまわりには、太陽や銀河系から「宇宙線」と呼ばれる人体に危険な放射線が
飛び交っている。でも地上から1000〜5000km付近の上空には、「ヴァン・アレン帯」
という地球の磁場で放射線を閉じ込める場所があって、そこから下の高度へふりそそぐ
放射線は かなりさえぎられる。だから、人が生活したり宇宙実験をするには、
人体に安全な、500km以下の軌道高度が選ばれるのだ
http://iss.jaxa.jp/iss_faq/go_space/step_1.html#q5


○ 静止トランスファ軌道 (wikipedia)

静止トランスファ軌道(せいしトランスファきどう、geostationary transfer orbit, GTO)は、
人工衛星を静止軌道にのせる前に、一時的に投入される軌道で、遠地点が静止軌道の高度、
近地点が低高度の楕円軌道である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%99%E6%AD%A2%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%95%E3%82%A1%E8%BB%8C%E9%81%93

実証衛星つばさ(2002〜2003年 JAXA)
http://www.jaxa.jp/projects/rockets/h2a/f2/index_j.html


3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/04(日) 15:33:46.40 ID:aqaqKrw8
まずは>>1が定量を語ってからだな。
そもそも静止軌道のr(重心からの距離)とa(海抜付近ジオイド高度)を出せよ。
220桁でいい。(将棋の攻略パターン総数の桁範囲らしい)
その際の人口天体の質量もな。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/04(日) 22:43:29.27 ID:aqaqKrw8
そもそも3次元マニューバ楕円軌道が打ち上げ前に図形で描けないJAXA。

アポロの座標誤差話って、おいしくないか?
偶然に頼った話でお茶を濁してもいる。
いまだに月あたりだと基準座標原点変更だろ?
地球重心基準座標で全部管理しろよと言いたい。
・・・中国はどうなんだろうな?
着陸させていないのでなんとも言えないが。
その際の実数の桁数を考えてみようぜ!
画像付きのシミュレータ上でピンポイントを出せたら相当なものだよな?
逆に言うと、そんなもの、どこにある?


5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/05(月) 20:06:20.71 ID:vuZrhTG1


■ 人工衛星つばさデータ(JAXA/文部科学省)
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/uchuu/gijiroku/h17/suishin01/004.pdf

1年強のミッション期間の累計放射線量は
電子線の一部だけで、2000グレイ(シーベル)
最低致死量の約 1000倍。


6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/05(月) 20:56:01.53 ID:x+JZz1GD
星条旗は月に立ってないの?

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/07(水) 19:59:48.85 ID:VU9UyPjB
>>1
お前はねつ造派の書籍等販売の片棒担いでいる
だけだっつうことを、全くわかってねえよ。
まずはねつ造の決定的証拠(アメリカ政府の正式
機密文書など)を出せよ。


8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/07(水) 22:33:59.79 ID:gdcTjhqL
>>5
鉛プレート40mmで、ガンマ線1/10、エックス線、電子陽子 1/100 位
水400mmで、中性子線1/10、その他 高エネルギー粒子等 1/10 位


宇宙放射線遮蔽で、数10トンの重量増加。

静止軌道(約 35,000km) 迄は、100年後位?

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/08(木) 00:43:01.40 ID:4RYMApqZ
さすが、アメちゃんは解像度が良いや。
かぐやは、遠慮した・・・・だけだよなw



10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/08(木) 00:58:54.54 ID:UG1M0o44
>>1
宇宙放射線(JAXA)
http://edu.jaxa.jp/seeds/pdf/2_radiation.pdf

>X線は太陽フレア爆発の時に最初に飛んでくる放射線であり、電磁波の一つであるX線もまた、
>太陽面爆発などを光学的に観測できた時と全く同着ですでに月面に到達し始めていることとなり、
>巨大SPE の場合などにはX線の強度は ★数分で重大な影響を人に及ぼすくらい高いものとなる

>(トピックス1: アポロ計画の行われた時代、NASA が密かに最も恐れていたのは、すでにすぐ
> には地球へ戻れない位置に宇宙船が到達している段階で、この巨大SPE などが突如として起こ
> ることだったと言われる。もし、それが現実に起きていたら、ほとんどそのレベルの放射線に対して
> は遮蔽がないに等しい宇宙船の中にいる宇宙飛行士は致死的な放射線を被曝せざるをえないと
> 考えられたからである)


11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/08(木) 01:01:26.47 ID:UG1M0o44

−宇宙放射線は物質と衝突することによりさらに二次放射線を発生させる−

C二次粒子
ISS 軌道では、自由宇宙空間での陽子以上の荷電粒子が一次粒子として線量計測上重要な
役割を果たす。高エネルギーの捕捉陽子線や銀河陽子成分は吸収線量に対する寄与率が最も
高く、さらに、ISS 船体のAl 原子核や生体物質のC、O 原子核等と標的核破砕反応を起こし、複
数の二次粒子(陽子、中性子、α粒子、反跳原子核など)を生成する。また、二次粒子には、重粒
子自身の核破砕反応生成物が含まれる。二次粒子、特に中性子はさらなる核反応を引き起こし
乗員の被曝には大きな影響を与えると考えられており、ISS 軌道では線量当量の30-60%に達す
るという評価結果もあるが、中性子計測のデータはまだまだ十分ではない。これらの二次粒子成
分の線量への寄与を正確に測定・評価することも宇宙放射線計測の課題の一つである。


12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/08(木) 01:07:31.17 ID:UG1M0o44

物質に一次放射線が衝突すると、その結果、多量の二次粒子が放出してそれらが広がり、
被曝する組織が点でなく面となって影響を受けるため、遮蔽効果を若干上げるというのは
一方的に被曝管理に有利と必ずしもならないという点がある。



(´・ω・`) ショボーン

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/08(木) 17:09:53.96 ID:KaRNfzLc
ttp://www.chibalab.com/news_otoshiana/documents/20040125.htm

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/09(金) 00:56:59.46 ID:IrBtG6xG


       宇宙


       ○   月 (350000km)






       気象衛星他  (35000km)


10000km - - - - - - - - - - - - - - - -     ← 100年後?
 
       (ヴァン・アレン帯)

       外気圏

800km - - - - - - - - - - - - - - - - -

       熱圏 (ISS 350km)          ← 現在ここ ★
80km - - - - - - - - - - - - - - - - - -
       中間圏
50km - - - - - - - - - - - - - - - - - -
       成層圏
10km - - - - - - - - - - - - - - - - - -
       対流圏
地表 - - - - - - - - - - - - - - - - - -


15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/09(金) 08:17:44.94 ID:7PwH7/w9
いまさらwwwwwwWWWWW

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/09(金) 11:56:18.67 ID:IrBtG6xG
233 :名無しさん@12周年:2011/09/09(金) 11:45:22.77 ID:lnBUMqBW0

研究用実験炉の照射室で、鉄の遮蔽板を使うと、実験後にものすごい放射化していて
原子炉建屋から外に持ち出せないw

アルミの遮蔽板は、遮蔽効果は低いが、ほとんど放射化しないので大学内の
普通の研究室に持って帰れるww


17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/09(金) 23:09:25.32 ID:j397oTl6
負け犬の電波詩人〜

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/10(土) 01:31:19.57 ID:dZNWrRa2
ヴァン・アレン帯にとどまる軌道に
人間がいる必要はないだろ
通り抜けちゃえばいいのさ。
毎秒7.9qの衛星速度のあと
遠くへ飛ばすだけなら
大した加速が必要なわけではない。
到達時間を度外視すれば

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/10(土) 01:45:03.62 ID:dZNWrRa2
円軌道速度と脱出速度の差は
√2倍だよ。どんな天体でも
為然

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/10(土) 08:25:45.92 ID:yYXi9S3F
>>18
>ヴァン・アレン帯にとどまる軌道に
>人間がいる必要はないだろ


ヴァン・アレン帯の外側のほうが、
ガンマ線、エックス線、その他高エネルギー粒子等が多い。

人体には、むしろ猛毒状態・・

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/10(土) 08:30:44.44 ID:yYXi9S3F
>>18
宇宙放射線(JAXA)
http://edu.jaxa.jp/seeds/pdf/2_radiation.pdf

>X線は太陽フレア爆発の時に最初に飛んでくる放射線であり、電磁波の一つであるX線もまた、
>太陽面爆発などを光学的に観測できた時と全く同着ですでに月面に到達し始めていることとなり、
>巨大SPE の場合などにはX線の強度は、数分で重大な影響を人に及ぼすくらい高いものとなる

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/10(土) 10:40:03.02 ID:5cnaFp++
>>21
だから何?
そのJAXAの論文では宇宙線による被ばくは
人体に悪影響を及ぼすとはあるが、決して宇宙へは
行けないとは一言も述べられていない。
むしろそれらを克服すべく宇宙を目指すことを
論じていると思うけどな。
それをもってアポロが月へ行っていないというのは
妄想の領域であり、科学や人類の開拓精神を見くびり
すぎなのか、お前がアフォということだ。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/10(土) 12:59:21.33 ID:ndxT1TXz
いわゆる宇宙放射線というのは、ほとんどがα線・β線・陽子です。
中性子は半減期が短く、長くは存在できないので宇宙空間ではほとんど観測されません。
γ線・X線は距離の二乗に反比例して弱くなるので、即座に影響が出るほどの驚異にはなりません。
例外的に太陽フレアが発生したときには無視できないレベルになりますが、これはフレアが収まればすぐに収束します。
つまり、そのほとんどの期間、遮蔽が困難なγ線や中性子線は宇宙空間では人体に即座に影響を及ぼすレベルでは観測されません。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/10(土) 20:24:41.81 ID:yYXi9S3F
>>23
JAXA 宇宙放射線データ
http://airex.tksc.jaxa.jp/dr/prc/japan/contents/AA0063585008/63585008.pdf

Mクラスのフレア(年 280回発生) ≒ 0.1Sv
Xクラスのフレア(年 20回発生)  ≒  1Sv (準致死量)
X10クラスのフレア(年 1回発生)  ≒ 10Sv (致死量)


25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/10(土) 20:27:36.53 ID:yYXi9S3F

○太陽観測衛星『ひので』(SOLAR-B)が観測した巨大フレア 
自然科学研究機構 国立天文台
http://hinode.nao.ac.jp/news/070321Flare

太陽フレアは、太陽系内最大の爆発現象である。太陽フレアが発生すると、エックス線(X線)
ガンマ線から紫外線や可視光線、電波にいたるまでのさまざまな波長域で増光が見られる。
また、フレアに伴い莫大なプラズマが惑星間空間に放出されることがある(中略)
また太陽フレアにより磁気嵐やオーロラ現象が発生したり、地球近傍の衛星や無線通信に悪影響
を与えることがしばしばあり、地球磁気圏外では、放射線や高エネルギー粒子が宇宙飛行士の
★致死量を超えることもある。


■人工衛星つばさデータ(JAXA/文部科学省)
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/uchuu/gijiroku/h17/suishin01/004.pdf

2004年頃に公開のデータで、1年強のミッション期間の累計放射線量は
電子線の一部だけで、3000グレイ(シーベル)
最低致死量が2グレイ(シーベル)程度、即ち数千倍。

その他、ガンマ線、エックス線、中性子線、その他高エネルギー粒子線を
加味すると、致死量の数万倍程度


26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/10(土) 21:05:27.63 ID:ndxT1TXz
ttp://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/uchuu/gijiroku/h17/suishin01/004.pdf

55P
全被曝線量-遮蔽厚の比較
(フライトデータとNASAモデル計算結果(574日間))

遮蔽厚10mm 約100Gy 一日平均 約0.17Gy
遮蔽圧 4mm 約700Gy前後 一日平均 約1.21Gy

ちなみに国際宇宙ステーションでの宇宙飛行士の平均的な被曝線量は1日1msv程度です。





27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/10(土) 21:59:53.49 ID:yYXi9S3F
>>26
>遮蔽圧 4mm 約700Gy前後 一日平均 約1.21Gy


国際宇宙ステーションでの宇宙飛行士の平均的な被曝線量の、約 1200倍



(´・ω・`) ショボーン

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/10(土) 22:14:24.37 ID:yYXi9S3F

■ 放射線障害
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BE%E5%B0%84%E7%B7%9A%E9%9A%9C%E5%AE%B3

> 1.5Gy以上の被曝では、最も感受性の高い造血細胞が影響を受け、白血球と血小板の供給が途絶える。
> これにより出血が増加すると共に免疫力が低下し、重症の場合は30-60日程度で死亡する。


29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/10(土) 22:16:49.95 ID:yYXi9S3F

宇宙服の役割に放射線防御はない・・JAXA

Q:国際宇宙ステーション(ISS)や宇宙服には放射線から防護する目的の
シールドはあるのでしょうか?

A:打上げ可能な重量などの関係から、現在のところISSや宇宙服には、
放射線の遮へいのみを目的とするシールドのようなものは設けられていません。
http://iss.jaxa.jp/iss_faq/faq_env_03.html
http://iss.jaxa.jp/iss_faq/faq_env_06.html


30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/11(日) 00:56:20.39 ID:S0/Lckb/
で、アポロの連中何ミリシーベルト浴びてたの?
ふつーにウソくせーよな
月に着陸できる様な連中がベトナムで負けるんだぜ?


31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/11(日) 01:35:43.29 ID:KDeA0U00
アポロの司令船の一番外部の厚みは1インチだけどなw
つまり、25mm以上。

>遮蔽圧 4mm 約700Gy前後 一日平均 約1.21Gy


>国際宇宙ステーションでの宇宙飛行士の平均的な被曝線量の、約 1200倍



>(´・ω・`) ショボーン

とか、馬鹿じゃねw

>2004年頃に公開のデータで、1年強のミッション期間の累計放射線量は
>電子線の一部だけで、3000グレイ(シーベル)
とかどこにも書いてねーじゃんw
おまけに中性子線が常にあるとかw

嘘ばっかだな。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/11(日) 08:40:29.10 ID:NUOT40pc
>>31
>アポロの司令船の一番外部の厚みは1インチだけどなw


軽合金で、アポロの遮蔽効果は僅か >>16 >>29
僅かな遮蔽効果は、2次放射線に >>11-12

アポロ着陸船は、更に薄い外装
宇宙服は、遮蔽が無いに等しい。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/11(日) 08:42:01.22 ID:NUOT40pc

まあ、現実のアメリカ NASA は・・

宇宙予算を大幅に増加したにも関わらず
高度、300kmですら人を運べない状況(2011年現在)
ISS も中止の危機


既に崩壊してます。 


34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/11(日) 10:28:57.70 ID:aDLCQMQR
はずかしいなぁ。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/11(日) 10:30:53.34 ID:KDeA0U00
なんだ、また嘘書いてるのか。

アポロの外板はアルミで、α線・β線の遮蔽にはちゃんと意味があります。
>>16>>29も何の根拠にもなってないw

とくに

A:打上げ可能な重量などの関係から、現在のところISSや宇宙服には、
放射線の遮へいのみを目的とするシールドのようなものは設けられていません。

というのを「遮蔽効果がない」と思い込むのはただの馬鹿かわかっていて嘘をついている。
もちろん、宇宙線や宇宙服のシールド効果というのは複合的なものなので「放射線のみ」を防護するのが目的ではない。
「放射線を含めたものを」防護するようにできています。

資料に書いてないことを「書いてある」と主張するのはなぜ?

>■人工衛星つばさデータ(JAXA/文部科学省)
>http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/uchuu/gijiroku/h17/suishin01/004.pdf

>2004年頃に公開のデータで、1年強のミッション期間の累計放射線量は
>電子線の一部だけで、3000グレイ(シーベル)
>最低致死量が2グレイ(シーベル)程度、即ち数千倍。

こんなことはどこにも書いてません。

>>29にも>>16にもアポロ関係のことなんて何も書いてません。
>>29がただの曲解なのは上述の通り。
α線・β線はアルミ板で十分に遮蔽出来る。

>>27では10mmの遮蔽時のデータを無視して4mmの部分だけを取り上げる。
挙げ句の果てに>>32では話を逸らしてごまかそうとする。

こんなことしか出来ないの?

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/11(日) 10:35:28.56 ID:3pdN3PG0
>>30
アポロとベトナム?
ゆとりにはわからんだろうな。
アメリカはその両方で当時100兆円規模の
予算をつかっている。
アポロではソ連に勝利したが、ベトナムでは同じく
ソ連がバックアップしていて、それに負けただけ。
まあ別にアメリカの肩を持つわけじゃないが、
アポロをねつ造っていうやつは、決定的証拠
をそろそろ出してくれ。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/11(日) 10:46:36.38 ID:KDeA0U00
ちなみにこの資料。
■人工衛星つばさデータ(JAXA/文部科学省)
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/uchuu/gijiroku/h17/suishin01/004.pdf
41ページ目にSEUのイベントについて書いてある。SEUというのは放射線によるメモリなんかの誤作動のこと。
おおむね、高度2000km〜4000kmがピークで8000kmを超えるとほとんど0。
なお、中性子線が宇宙空間でほとんど検出されない理由は半減期が900秒ほどしかなく太陽から地球にくるまでに崩壊しちゃうから。




38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/11(日) 10:55:21.22 ID:NUOT40pc
26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/10(土) 21:05:27.63 ID:ndxT1TXz
ttp://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/uchuu/gijiroku/h17/suishin01/004.pdf

55P
全被曝線量-遮蔽厚の比較
(フライトデータとNASAモデル計算結果(574日間))

遮蔽厚10mm 約100Gy 一日平均 約0.17Gy
遮蔽圧 4mm 約700Gy前後 一日平均 約1.21Gy

ちなみに国際宇宙ステーションでの宇宙飛行士の平均的な被曝線量は1日1msv程度です。



39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/11(日) 10:56:16.62 ID:NUOT40pc
宇宙放射線(JAXA)
http://edu.jaxa.jp/seeds/pdf/2_radiation.pdf

>X線は太陽フレア爆発の時に最初に飛んでくる放射線であり、電磁波の一つであるX線もまた、
>太陽面爆発などを光学的に観測できた時と全く同着ですでに月面に到達し始めていることとなり、
>巨大SPE の場合などにはX線の強度は ★数分で重大な影響を人に及ぼすくらい高いものとなる

>(トピックス1: アポロ計画の行われた時代、NASA が密かに最も恐れていたのは、すでにすぐ
> には地球へ戻れない位置に宇宙船が到達している段階で、この巨大SPE などが突如として起こ
> ることだったと言われる。もし、それが現実に起きていたら、ほとんどそのレベルの放射線に対して
> は遮蔽がないに等しい宇宙船の中にいる宇宙飛行士は★致死的な放射線を被曝せざるをえないと
> 考えられたからである)


40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/11(日) 10:57:41.36 ID:NUOT40pc

JAXA 宇宙放射線データ
http://airex.tksc.jaxa.jp/dr/prc/japan/contents/AA0063585008/63585008.pdf

Mクラスのフレア(年 280回発生) ≒ 0.1Sv
Xクラスのフレア(年 20回発生)  ≒  1Sv (準致死量)
X10クラスのフレア(年 1回発生)  ≒ 10Sv (致死量)


○太陽観測衛星『ひので』(SOLAR-B)が観測した巨大フレア 
自然科学研究機構 国立天文台
http://hinode.nao.ac.jp/news/070321Flare

太陽フレアは、太陽系内最大の爆発現象である。太陽フレアが発生すると、エックス線(X線)
ガンマ線から紫外線や可視光線、電波にいたるまでのさまざまな波長域で増光が見られる。
また、フレアに伴い莫大なプラズマが惑星間空間に放出されることがある(中略)
また太陽フレアにより磁気嵐やオーロラ現象が発生したり、地球近傍の衛星や無線通信に悪影響
を与えることがしばしばあり、地球磁気圏外では、放射線や高エネルギー粒子が宇宙飛行士の
★致死量を超えることもある。


41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/11(日) 11:01:03.15 ID:NUOT40pc

■ ISAS/JAXA 2007 
生体組織等価位置有感比例計数管による宇宙放射線線量当量計測器の開発III
http://surc.isas.ac.jp/SpaceUtilizRes/SUR23_Proceedings/093_Terasawa.pdf

JAXA/早大  寺沢和洋、道家忠義
早稲田大学  永吉勉、藤田康信、石田幸司、菊池順
京都大学  身内賢太朗、高田淳史、西村広展、窪秀利、谷森達
KEK  佐々木慎一、俵裕子、齋藤究
JAXA  松本晴久、込山立人
放医研  内堀幸夫、北村尚

(引用)
安全性の確保といった場合に、最も問題になることの一つは、宇宙放射線による定常的な被曝である。
大気の存在しない月面もしくは大気が希薄な天体(火星の大気は地球の1 %)においては、宇宙放射線
による被曝から決して逃れることができない。従って、月、火星の表面での滞在時は宇宙船内での
滞在時と同程度かそれ以上の宇宙放射線被曝を絶えず受けることになるであろう。更に、十分な遮蔽体
のないまま超大型の太陽フレアに遭遇した際には、たちまち★致死量に至る被曝を受けることになろう。


42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/11(日) 11:03:44.42 ID:NUOT40pc

■ テンプレ(宇宙放射線関連)

1.5Gy(グレイ)以上の被曝では、免疫力が低下し、重症の場合は30-60日程度で死亡する。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BE%E5%B0%84%E7%B7%9A%E9%9A%9C%E5%AE%B3

JAXAつばさのデータ
2002年2-8月 シールド0.7mmで、累計約 500グレイの宇宙放射線量
(静止衛星軌道のみは、10%相当の、年間100グレイを想定) 文部科学省も承認
http://www.jaxa.jp/press/nasda/2002/tsubasa_sac_020828_j.html
http://www.ard.jaxa.jp/res/emmg/mds1/index.html
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/uchuu/gijiroku/h17/suishin03/004.htm

静止軌道10 年で1000 Gy の被曝
http://ir.kagoshima-u.ac.jp/bitstream/10232/4896/1/pdf

宇宙放射線 (JAXA)

一口に宇宙放射線と言っても単純ではありません。銀河系内を飛び交っている銀河宇宙線、
太陽面での爆発にともなって発生する太陽粒子線と、その粒子線が地球磁場に捕捉されてできる
ヴァン・アレン帯の粒子線から成っています。これらの高エネルギー粒子が、大気や宇宙機の
機体を組み立てている材料の原子核と衝突して、陽子、中性子、中間子、ガンマ線を生成します。
これらを二次粒子線と呼びます。

宇宙船の内部は、これらの粒子線と二次粒子線が複合してでき上がった宇宙線の環境場になって
います。地球では、それを取り囲む大気と磁場によって宇宙線の侵入を防ぐことができ、生物の
生存に適した温和な環境が作り出されています。しかし、大気圏外を飛行する宇宙機は厳しい
宇宙放射線に曝されることになるので、宇宙放射線の様子を正確にとらえ、さらに放射線が生物
に与える影響を調べるための研究は、宇宙環境を利用するために大切なことです。
http://iss.jaxa.jp/utiliz/character/


43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/11(日) 11:05:36.44 ID:NUOT40pc


まあ、現実のアメリカ NASA は・・


宇宙予算を大幅に増加したにも関わらず
高度、300kmですら人を運べない状況(2011年現在)
ISS も中止の危機



既に崩壊してます。 


44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/11(日) 11:50:31.06 ID:KDeA0U00
そして、嘘をついたことをごまかすためにコピペの連投と。
なんかいろいろと資料を貼って
○○グレイとか書いてるけど、その資料のどのページにそういうことが書いてあるかは決して書かない。
なぜかというと、そんなことは実は書いて無くてただの曲解や嘘だから。


45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/11(日) 11:54:28.55 ID:KDeA0U00
なお、長期間にわたるミッションではもちろん宇宙放射線の問題は軽視出来ない。
>>41の資料はそういう意味でのことであって、アポロ計画のように一週間にも満たない場合の話では無い。
数ヶ月あるいは一年を超えるような宇宙滞在の場合。だから、「定常的な被爆」という表現になる。


46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/11(日) 11:57:49.42 ID:3pdN3PG0
>>42
だから、
どこに宇宙には絶対に行けないって書いてあるんだよ?



47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/11(日) 12:01:18.23 ID:KDeA0U00
おまけにシールド0.7mmのデータなんか出してきて、何を考えてるんだか。
なお、つばさのこれらの放射線量のデータは宇宙機に搭載するメモリなんかへの影響を調べる実験の一環です。
人体あるいは生体への影響を調べるものではありません。
メモリのエラーの発生率と遮蔽厚の相関を調べることで、最適な遮蔽システムの役に立てよう。
そういう実験。だから、いろいろな遮蔽厚のデータがある。
あとはどのあたりでもっともエラーが頻発するかというデータ取りの意味もある。


48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/11(日) 15:17:06.79 ID:Fi3Q3/oF
>>46
アポロが事実だと理解できない人にはそう見えるんだよ。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/11(日) 17:36:16.49 ID:S0/Lckb/
ググッたら
アポロの月面着陸信じてるの本国のアメリカですげー少ないんだな
くだらねーよ日本猿が行ってない証拠を出せとか(笑)


50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/11(日) 18:12:07.37 ID:Fi3Q3/oF
>>49
ソースは無し?

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/12(月) 02:58:02.41 ID:dkufRfSQ
アメリカは進化論を嘘だと思ってるのが人口の4割いる国だしな.


52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/12(月) 05:41:27.96 ID:FIYTXvLc
大体、本当に行ってるなら
福島の原発事故も、あっという間に解決出来るんじゃないのか。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/12(月) 06:25:41.88 ID:QXsS9DWF
放射能除去したかったら、月じゃなくてイスカンダルに行くしかねーよ


54 :GSP:2011/09/12(月) 16:05:11.51 ID:641pY/qg
最近の若者はイスカンダルを知らない

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/12(月) 18:30:02.90 ID:wtLpcI6o
進化論が本当かどうか現時点でわからねーだろ何言ってんだよ本当バカなんだな
あたりまえに言うところが(笑)


56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/12(月) 19:08:30.97 ID:yUMsRnMX
と言う事は、この世界は
>>55が3分前に創造した世界だと言う事なのか?

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/13(火) 20:01:58.60 ID:77QQ2PnD
つーかアメリカは宗教柄進化論を真実か嘘か以前に初めから認められない人たちがいるだろ(笑)
それをアポロのレスに例えて言うこと自体比較になってないだろ(笑)
アポロ肯定だけに興味を持ったただのバカなんだろ?

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/13(火) 23:08:01.27 ID:CdtdMT28
俺が創造主ニダ!

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/14(水) 00:23:51.74 ID:/ihxrtoC


       宇宙


       ○   月 (350000km)






       気象衛星他  (35000km)


10000km - - - - - - - - - - - - - - - -     ← 100年後?
 
       (ヴァン・アレン帯)

       外気圏

800km - - - - - - - - - - - - - - - - -

       熱圏 (ISS 350km)          ← 現在ここ ★
80km - - - - - - - - - - - - - - - - - -
       中間圏
50km - - - - - - - - - - - - - - - - - -
       成層圏
10km - - - - - - - - - - - - - - - - - -
       対流圏
地表 - - - - - - - - - - - - - - - - - -


60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/14(水) 00:32:12.02 ID:Ga3BRems
また、無意味なコピペが始まったし…

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/14(水) 03:25:29.01 ID:zUM35xA7
オラウータンが白人
ゴリラが黒人
日本猿が黄人
似てるから間違いない

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/14(水) 05:01:47.54 ID:9ERu5R14
別々に進化したわけね
ハハハハハハ
う〜む・・・・・

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/14(水) 17:00:05.70 ID:aMs/Te38
>>57
まぁ、アポロ捏造説を
ドグマにしている人もいますからね。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/14(水) 20:16:59.77 ID:tZdjuogi
ぶっちゃけ行ってんだろーけどさ、行ってない方が夢があるみたいな?


65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/14(水) 22:13:44.81 ID:G9JIVqaR
い、行ってるんでしょ?月面に、アメリカは


66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/15(木) 06:45:14.61 ID:/dJnliYt
行っているのは間違いない。
そこで宇宙人の基地を発見して宇宙人から
二度と来んな!ゴラァァ!と恫喝されたんだよ。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/15(木) 18:15:22.14 ID:y/4nryZ1
>>66
オカ板が、あなたを呼んでいます。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/15(木) 19:42:29.31 ID:ZzoNxbQy
アポロ18キタコレ

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/15(木) 20:21:49.00 ID:b91j6cC7
>>59
地球から離れりゃ良いってもんじゃねんだよな。
できれば地上すれすれを飛んで宇宙開発できれば
一番良いが、大気が邪魔すぎってわからんのかな?
それに地上300Kmに出たら、後はちょっと出力
上げればどこでも行けるってことを全く理解してない
文系未開人ってことだよな。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/16(金) 01:13:03.69 ID:F1DWkU0i
ここ数ヶ月

致死量の大型太陽フレアが、地球付近にも来襲しているよね・・


71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/16(金) 08:55:26.07 ID:jPo9bImg
月旅行が実現すれば、議論終了な

http://www.jtb.co.jp/space/moon.asp
http://media.yucasee.jp/posts/index/8630

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/16(金) 09:03:36.50 ID:yzRA8dI1
>>71
それならいいんだけどね・・・>月旅行が実現すれば、議論終了な

アポロ計画が捏造である事をドグマにしているような人が多いから、実際に
月に連れて行って、実物を目の前で見せたとしても、
「これは、我々(アポロ捏造派)が来る前に作られた物だ!」
とか言い出しかねない。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/16(金) 19:50:03.99 ID:sZvOOpEz
>>70
それが何か

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/17(土) 03:01:55.21 ID:lWV7egSm
アメリカの専門家が言ってた冗談のように
中国が人類にとって37年ぶりとなる予定の月面探査機でアメリカ国旗でも見つけりゃ疑惑は晴れそうだが

どうやら静かの海ではなく虹の入江に降ろす予定っぽいから無理だろうな

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/17(土) 08:15:15.78 ID:8u2fIwwW
>致死量の大型太陽フレア

【宇宙】巨大な太陽フレア、9日に発生 / NASA
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1313107682/

【8月11日 AFP】
米航空宇宙局(NASA)の太陽観測衛星「SDO(Solar Dynamics Observatory)」が9日撮影した、黒点領域AR11263から地球に向かって吹き出した直後の
X6.9の太陽フレア。日本時間の午後4時48分に発生し、同5時5分にピークを迎えた。XはフレアのX線の強度を示す等級で最大。

巨大な太陽フレアは、地球の大気圏に遮られるため人体には害がないが、大気が乱れてGPS(衛星利用測位システム)や通信用信号に支障をきたす恐れがある。
今回の大規模フレアは威力が大きく、一部の無線通信が遮断される可能性があるという。また、太陽で活性化された陽子の放射量が増えるため、宇宙では
防護服を着用しないと人体に影響が及ぶことになる。 (c)AFP
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2819371/7623468

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/17(土) 08:23:18.03 ID:8u2fIwwW
9月16日は、Cの太陽フレア。8回発生(合計M3.7)
http://swnews.jp/


77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/17(土) 08:40:02.59 ID:TUhkGq00
>>75-76
で?

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/17(土) 21:04:48.05 ID:Jae709Rl
アポロはねつ造ってオカルトだな

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/18(日) 00:23:57.02 ID:tFWlkb2O
>>16
>アルミの遮蔽板は、遮蔽効果は低いが、ほとんど放射化しないので大学内の
>普通の研究室に持って帰れるww


アルミの放射線遮蔽効果は、アクリル板の半分位なんだよね・・
故に、放射能化せず安心と

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/18(日) 00:31:25.87 ID:omne50Vj
放射線の種類によるけどね。
重い中性子線なんかはともかく、軽いα線とかはアルミどころか紙でも止まるし。
遮蔽のしやすさと生体に与える影響は反比例してるのが面白いところ。
まあ、当たり前といや当たり前の話で遮蔽出来ないというのは反応しないですり抜けてるってことだから。
ニュートリノなんざ地球を丸ごと持ってきてもほぼ遮蔽不可だけど、当然のごとく人体にも反応しないのでまるで影響なんか出ない。


81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/18(日) 00:36:22.82 ID:tFWlkb2O
宇宙放射線で問題なのは、

エックス線・ガンマ線等の電磁波
高エネルギー粒子等
中性子線
etc

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/18(日) 00:43:04.87 ID:omne50Vj
宇宙放射線のうち、中性子線は何度も言われているように宇宙空間ではほとんど検出されない。
これは単純に半減期が短いのですぐに崩壊してしまうため。
X線、γ線は電磁波なのでその主な発生源である太陽からの距離に反比例して弱くなる。
大きな太陽フレア時には無視し得なくなるが、電磁波故にフレアの持続時間と同じぐらいしか続かない。
というか、光速で吹き抜けていく。
そのほかの高エネルギー粒子に関しては、太陽起源よりも遠方起源の物の方がエネルギーが高いが全体の割合から見るとごくわずか。
結果的に宇宙放射線のほとんどは半減期が長く粒子であるが故に磁場などに囚われたり速度が比較的遅いα線が大多数を占めている。


83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/18(日) 00:46:24.45 ID:omne50Vj
ちなみにX線とγ線は同じ物。
飛んできた波長だけを検出してもX線かγ線かは原理的には区別できない。
ただ、発生メカニズムによって使い分けているだけなので実は個別に扱う必要は無い。


84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/18(日) 00:50:19.68 ID:7mFrsQfu
コアなアポロ捏造スレ↓

http://jbbs.livedoor.jp/news/2092/#6
(注意:アポロを肯定するとアク禁になる可能性あり)

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/18(日) 07:01:08.87 ID:4GLoLRyz
>>84
コア、と言うよりカルトだね。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/18(日) 10:08:17.32 ID:doB1jMmT
>>84

>>1 
基地外とレスしといた

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/19(月) 00:32:11.06 ID:uGZAEFgF

宇宙服のレントゲン写真(スミソニアン航空宇宙博物館)
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52029379.html

X線を透過、スカスカ


88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/19(月) 12:41:55.73 ID:5287OnJk
まあアポロはありえん。
ドキュメント読んでますます確信した。
さびしいがねつ造は事実だ。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/19(月) 12:46:44.65 ID:5287OnJk
巨大ロケットがどうこうと云うだろ。
しかしあれは大気圏を脱出するためのものなわけだ。
巨大ロケットだから月に行けるなどと言う主張はクソミソなわけだ。
単なるペイロード運搬屋なのだから。地球軌道までの。

アポロの固有の部分は長さにして20mぐらい。
そこの部分が他の航空宇宙機械と違い、高い性能を有している。と
こういう議論をしなければならないのだが、
まあ、見つからないわけだな。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/19(月) 13:18:56.40 ID:UP9zA7tX
その理屈で言ったら、惑星探査機なんてみんな嘘っぱちだなw
いったい、どんなドキュメントを読んだんだかw

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/19(月) 17:24:21.36 ID:gVAoU6kI
>>89
アポロ・サターン5型の場合、地球周回以上の性能を有していると思うんだが。


何でも聞いた話によると、サターン5型の第三段目を100%利用するなら、
火星まで行くのに十分な加速を得られると言う話なんだが。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/19(月) 19:44:56.99 ID:uGZAEFgF
>>89-90

NASA 将来の目標 〜火星旅行するお、人類の夢が叶うお〜  

NASA 今の現実 〜ISSに、カロリーメイト1個すら届けられません・・



(´・ω・`) ショボーン


93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/19(月) 19:46:21.23 ID:uGZAEFgF


NASA 将来の目標 〜火星旅行するお、人類の夢が叶うお〜  

NASA 今の現実 〜ISSに、カロリーメイト1個すら届けられません・・



(´・ω・`) 大事なことなので、2度言うお


94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/19(月) 19:47:57.09 ID:UP9zA7tX
で?
何の反論にもなってませんが?

火星有人探査計画は将来の目標としては妥当だろう。
別にショボーンでも何でもありませんが?

ISSにカロリーメイト云々?
単にシャトルが退役しただけですが? まさか、シャトルでISSをこさえたのも捏造とか言い出すのかね?
何がショボーンなのかさっぱりですが?

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/19(月) 19:55:37.78 ID:wSTlkJqV
NASAをID:uGZAEFgFに、
将来の目標を火星を家から出るお。仕事するお。に、
今の現実をニートに置き換えてみるとかわいそうになってきた。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/19(月) 19:57:17.67 ID:uGZAEFgF

ID:UP9zA7tX

旧NASDA +三菱 +某団体の工作員? 24時間監視中?


(´・ω・`) ショボーン

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/19(月) 20:00:16.03 ID:UP9zA7tX
妄想とレッテル貼りか。
そんなことしか出来ないんだろうなあ。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/19(月) 20:25:50.21 ID:uGZAEFgF
120 :名無しのひみつ:2011/09/18(日) 17:51:23.45 ID:/cK4qIoA

あやめ……米国製アポジモータ点火後行方不明
あやめ2…米国製アポジモータ点火後行方不明
ひまわり6(米国製)…姿勢制御コンピュータ故障で一時交信途絶、RW故障で一時欠測
だいち……米国製トランジスタ不良発覚で打ち上げ1ヶ月延期
みちびき…米国製RW不良発覚で打ち上げ1ヶ月延期、米国製原子時計故障
はやぶさ…米国製RW故障
のぞみ……米国製燃料バルブ故障、火星周回軌道投入断念
あかつき…米国製燃料バルブ故障、金星周回軌道投入断念(再挑戦?)


99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/20(火) 17:10:12.95 ID:8HyLuXeA
99

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/20(火) 17:10:53.80 ID:8HyLuXeA
100なら、アポロ妄想派の自爆で終了。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/20(火) 21:26:52.61 ID:nf4zQhT8
コンビニでアポロ買ってくるね

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/21(水) 16:13:42.38 ID:CwAk7ZTg
全世界の天文学者あるいは宇宙開発の専門機関または専門職員でもけっこうだが
そういう専門家の中でたった一人でも断片的にでもアポロ捏造を唱えている文献、見解、資料
がわずかでもあれば、それを提示してくれないか?
まさか、NASAが反米国家も含めて全世界の天文学者や専門家すべてを洗脳
しているとかの非常識な意見は、ど素人の妄想と同じくらい価値ないから。
話はそれから

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/21(水) 19:17:24.66 ID:f/jBSUBB
>>102
JAXA(ISAS)、国立天文台、国立大学等 → アポロ否定派・アポロ無視派
JAXA(旧NASDA) → 立場上はアポロ肯定派だったが、保身の為にアポロ無視派に鞍替え中

でね?

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/21(水) 19:34:58.69 ID:1sTesOy2
そう言う根拠はなんぞ?

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/21(水) 20:03:39.82 ID:UMaARJIK
>>88
お前のような奴が「おれおれ詐欺」に引っかかりやすいんだよな。
お前アポロが月に行ってないという証拠(国家機密)が
あるなら出せよ。
たかが其処ら辺の3流作家が書いた小説もどきの駄文
を出しても何の価値もないからな。

だが、真実をねつ造派のねつ造によって洗脳された
よわ〜い頭の連中がなんと多い事か。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/21(水) 20:51:23.11 ID:CwAk7ZTg
>>103 だからJAXAや国立天文台がアポロ否定してると言うなら、その根拠だせ
と言ってるの。おまえの脳内ってのは無し

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/21(水) 23:32:09.39 ID:uKJCKhTI
>>86
削除されているよ。アポロねつ造を揶揄すると削除されるし
 アポロ肯定するとアク禁になる。要するにアホしか受け付けない
 馬鹿スレ。
http://jbbs.livedoor.jp/news/2092/#1
人類初の月面着陸は、いつになるんだろうね?

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/22(木) 00:35:08.67 ID:1v6H3sqZ
<掲示板・監視会社>
シエンプレ http://www.siemple.jp


ネット工作員の特徴

・感情的な文体
・非知性的な文体
・罵倒語を多用
・即時の反論
・定量データの提示なし
・国内研究機関等のソースなし

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/22(木) 00:37:09.46 ID:1v6H3sqZ
ネット工作員の特徴(2)

・稚拙な文体
・一行レス、無駄レス
・異常なアメリカ志向
・異常な韓国志向
・日本を軽視


110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/22(木) 14:17:52.49 ID:n8gQY2Ts
>>106
ソースソースうるせえな
お前はアホだから自分で考える事は無いだろうからお偉いさんのソースを信じるしかないんだよな

普通に考えたら判る脳みそ無いのか?おバカちゃん

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/22(木) 17:59:42.88 ID:9loEAR8r
>>110
つまり、公開できるようなソースが無いんだね?

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/22(木) 20:39:00.84 ID:IH9eTpV2
>>110
世間では東京と大阪を行ったり来たりしている人が大勢いるというのに
お前はいつまでニートやってるんだよということにショボーンだわ。

113 :名無し募集中。。。:2011/09/23(金) 04:47:05.94 ID:CLaqHvNp
>>112
ニート歴30年の自分に対する自虐ネタですね
お察しします

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/24(土) 08:06:40.75 ID:eggQa4LC

2011年 NASA ◆

有人カプセル  未完成
無人カプセル  未完成
誘導システム  未完成
宇宙服     未完成

NASAがISS無人化計画に着手、露貨物船打ち上げ失敗で
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-23065020110907

宇宙服のレントゲン写真(スミソニアン航空宇宙博物館)
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52029379.html
X線を透過、スカスカ


115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/24(土) 08:07:43.14 ID:eggQa4LC
NASA 2000年以降・・

2003年  スペースシャトル大爆発2回目
2004年  スペースシャトル廃止決定、月有人計画再開
2009年  月有人計画廃止
2011年  ISS一時無人化

2020年頃  ISS廃止
2023年頃 ISS大気圏突入、消滅
2030年頃 新型ロケット&カプセル完成、再び高度 350km(東京〜名古屋に相当)へ


116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/24(土) 08:15:06.31 ID:eggQa4LC

■ 宇宙放射線(JAXA)
http://edu.jaxa.jp/seeds/pdf/2_radiation.pdf

学生向けの解説


117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/24(土) 08:19:28.88 ID:eggQa4LC

X線は太陽フレア爆発の時に最初に飛んでくる放射線であり、電磁波の一つであるX線もまた、
太陽面爆発などを光学的に観測できた時と全く同着ですでに月面に到達し始めていることとなり、
巨大SPE の場合などにはX線の強度は 数分で重大な影響を人に及ぼすくらい高いものとなる

(トピックス1: アポロ計画の行われた時代、NASA が密かに最も恐れていたのは、すでにすぐ
には地球へ戻れない位置に宇宙船が到達している段階で、この巨大SPE などが突如として起こ
ることだったと言われる。もし、それが現実に起きていたら、ほとんどそのレベルの放射線に対して
は遮蔽がないに等しい宇宙船の中にいる宇宙飛行士は 致死的な放射線を被曝せざるをえないと
考えられたからである)


118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/24(土) 08:21:28.61 ID:eggQa4LC

JAXA 宇宙放射線データ
http://airex.tksc.jaxa.jp/dr/prc/japan/contents/AA0063585008/63585008.pdf

Mクラスのフレア(年 280回発生) ≒ 0.1Sv
Xクラスのフレア(年 20回発生)  ≒  1Sv (準致死量)
X10クラスのフレア(年 1回発生)  ≒ 10Sv (致死量)


○太陽観測衛星『ひので』(SOLAR-B)が観測した巨大フレア 
自然科学研究機構 国立天文台
http://hinode.nao.ac.jp/news/070321Flare

太陽フレアは、太陽系内最大の爆発現象である。太陽フレアが発生すると、エックス線(X線)
ガンマ線から紫外線や可視光線、電波にいたるまでのさまざまな波長域で増光が見られる。
また、フレアに伴い莫大なプラズマが惑星間空間に放出されることがある(中略)
また太陽フレアにより磁気嵐やオーロラ現象が発生したり、地球近傍の衛星や無線通信に悪影響
を与えることがしばしばあり、地球磁気圏外では、放射線や高エネルギー粒子が宇宙飛行士の
◆ 致死量を超えることもある。


119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/24(土) 08:55:01.10 ID:SWAVMpVd
>宇宙服のレントゲン写真(スミソニアン航空宇宙博物館)
>X線を透過、スカスカ

宇宙空間では、X線の量ってどんな物なんだろうか?
撮影時のX線の量も気になるし。

だいたい、宇宙空間にX線が満ち溢れているとすると、あれだけ
鮮明なX線天体の画像が撮影できるもんなんですかね?

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/25(日) 20:29:36.23 ID:wuUW4Sf0
>>119
>宇宙空間にX線が満ち溢れているとすると

X線の大半は、太陽光から。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/25(日) 20:33:35.76 ID:wuUW4Sf0
>>118
>太陽フレア

2011/ 9/23 00:42 更新
X1.4の大規模フレアが発生しました。

担当 篠原

太陽で22日19時半(世界時10時半)に、X1.4の大規模フレアが発生しました。
発生した場所は、太陽の東端から新しく現われた1302黒点群です。
こちらに顔を出してすぐに、大きな活動を起こしました。

http://swnews.jp/

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/25(日) 20:35:02.04 ID:wuUW4Sf0

2011/ 9/25 11:04 更新
太陽は、X1.9、M7.1など活発なフレア活動を続けています。今後、CMEの影響が地球に到来しそうです。

担当 篠原

太陽は活発なフレア活動を続けています。
東端にある1302黒点群の活動度がとても高く、
24日18時半(世界時24日9時半)に、X1.9の大規模フレア、
24日21時半(世界時24日12時半)に、M7.1の中規模フレア、
その後も、M2.8、M3.0、M5.8などの中規模フレアを起こしています。

特に、M7.1のフレアは長時間継続する型で、
激しいCME(太陽ガスの放出現象)を伴っています。

X1.9とM7.1のフレアの様子を、SDO衛星AIA193の動画でご覧ください。
また、M7.1のフレアによって発生したCMEの様子を、
SOHO衛星LASCO C3と、STEREO Ahead衛星COR2の動画で紹介します。
STEREOの動画では、このCMEの後に、別のCMEの噴出が見られています。

また、太陽放射線は、10の警戒レベルで安定しています。

1302黒点群は、現在も大きな姿を保っています。
今後も激しいフレアを起こす可能性があり、注意が必要でしょう。


123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/25(日) 23:18:39.35 ID:MEfDc5dG
アポロというのは20mぐらいの宇宙船なんだよね。
サターンVはペイロードを地球軌道まで持ち上げる、いわば全体計画の中での
別モジュールなわけ。サターンVでなくてもいいわけ。

で、アポロ、純粋なアポロ部分の性能が問題なわけ。

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/28(水) 12:24:41.67 ID:3YM6L8h4

アポロが金がかからんだろ、というのは、打ち上げロケットは全体計画の中の別モジュールだからなんだわ。
アポロの料金自体を見積もるには、サターンVは外してOKなわけだ。

そうしたら高々20mの機体、司令船・機械船・着陸船の3つで出来ている機体。

アポロの料金って、はやぶさの3倍ぐらいでは?
有人対応などで、プラスアルファの技術装備は必要になるだろうが。

反論求むぞ。

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/28(水) 17:15:34.00 ID:FAbHptR8
捏造を主張する方に質問ですが、
グーグルムーンではかなり詳細な3D地図ができあがり、アポロのすべての風景写真と
合致していますが、これらは、すべてインチキなのですか?
http://www.google.com/moon/
嘘の地図を作ってもすぐにばれてしまうと思いますが

それと、かぐやのデータとも一致してますが、その点については
どう説明するんでしょうか?
http://www.jaxa.jp/press/2008/05/20080520_kaguya_j.html


126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/28(水) 17:40:32.49 ID:YMu9E252
全世界でジサクジエーン。

いや、マジで。

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/28(水) 17:59:51.34 ID:wcTtVGyF
>>126
>全世界でジサクジエーン。

まじめにそう考えているなら、精神病院に行って
先生のお話を聞いた方が良いと思う。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/28(水) 18:06:09.55 ID:YMu9E252
だって、捏造って言ってる連中って本当にそう言うんだもん。
日本は米の支配下にあるから、信用できない。
ロシアは密約結んでるから信用できない。
って感じで。

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/28(水) 21:17:09.15 ID:oqAKAQYq
>>125

■ アポロ15号、地球での特撮セット写真〜 本物の1/4〜1/5 サイズ

アポロ15号・26番 付近
http://history.nasa.gov/alsj/a15/AS15-82-11121.jpg
http://history.nasa.gov/alsj/a15/AS15-82-11122.jpg
http://history.nasa.gov/alsj/a15/AS15-82-11146.jpg
http://history.nasa.gov/alsj/a15/AS15-82-11147.jpg
アポロ15号・9番 付近
http://history.nasa.gov/alsj/a15/AS15-85-11451.jpg

月面写真  http://www.google.com/moon
月面地図  http://www.hq.nasa.gov/alsj/a15/LTO41B4S1(50)sm.jpg
ハッセル60mm広角レンズ(横写角50度)  http://www.hasselblad.jp


130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/28(水) 21:21:21.87 ID:oqAKAQYq
>>115

>2004年  スペースシャトル廃止決定、月有人計画再開
>2009年  月有人計画廃止
>2011年  ISS一時無人化


アポロだけではなく、ジェミニも無人だったのでしょうね。

有人帰還カプセルの、製造&運用ノウハウが無いと・・

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/28(水) 21:24:11.37 ID:oqAKAQYq
>>121

2011/ 9/27 11:29 更新
CMEによる太陽風の乱れが到来しました。激しいオーロラの活動が発生し、
大きな磁気嵐になっています。

担当 篠原

24日夜のM7.1フレアの時に発生したCMEによる太陽風の乱れがやって来ました。
ACE衛星の観測によると、26日21時(世界時26日12時)から乱れが始まっています。
磁場強度は一気に30nT近くまで強まり、プラズマの密度は40個/cm^3へ増えました。
この後、磁場強度は最高で35nTまで強まっています。


132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/28(水) 21:30:01.76 ID:oqAKAQYq
9/26

23:37 M2.6
22:05 C5.1
18:57 C3.3
18:30 C3.3
16:45 C8.9
16:27 C4.8
14:03 M4.1
10:31 C9.6
09:35 C5.2
07:15 C8.7
01:51 M2.2
01:11 M1.2


133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/29(木) 00:58:45.46 ID:rwKX1hY4
>>124
HTVの純粋な建造費で、はやぶさの本体開発費賄えるレベルだから
3倍は安く見積もり過ぎ

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/29(木) 11:04:13.16 ID:MF6qNrg4
>>129 当時CG合成やデジタル技術はなかったのですが、
 映像の専門家が、特撮セットであると指摘してるんですか?
 天文学者や宇宙開発の専門家でアポロが捏造だと言ってる人、全世界
 に一人もいませんが、いるなら教えてください。

>>110 何の根拠もない脳内ソースのことを妄想と言うんです。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/29(木) 14:13:12.12 ID:MF6qNrg4
>>129 
CG技術のなかった当時、実物を撮影しない限り映像化が不可能な映像もある。
下に示した動画では、月面車に搭乗した宇宙飛行士が延々月面の風景を映像に
収め続けている。

http://www.youtube.com/watch?v=CG-WBA17Mm8&feature=related

この映像を撮影するには地平線の彼方まで続く月面のセットをたてて、
なおかつ太陽並みの強力なライト一つでその全てを照らさなければならない。
説明した通り、複数のライトを使うと影も複数できてバレてしまうからだ。
仮に夜の砂漠で撮影するとしても、はるか彼方まで一つのライトで強力かつ
均一に照らす事は不可能である。


136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/29(木) 14:20:02.25 ID:MF6qNrg4
>>129 以下にどう反論するの?

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1168071

特撮技術に詳しい人なら、これを1971年の技術で撮影するのは不可能で
あることは容易に納得していただけるだろう。今みたいなリアルなCG
などなく(せいぜいワイヤーフレーム)、デジタル合成もできなかった時代。
当時最高の技術を駆使した『2001年宇宙の旅』でも、こんな視点移動は
できなかった。
 1971年にこんな映像が捏造できたとしたら、それこそオーパーツ
というものである。

http://hirorin.otaden.jp/e50099.html



137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/29(木) 17:54:39.09 ID:gdRQWblm
>>135
個人的には、アポロ16号のこっちの方がお勧めですが。
ttp://www.youtube.com/watch?v=aL_p8o6EAGg

特撮の場合、奥行き方向の移動は手間がかかるので
避けているんですよね。

こっちも良いかな
これもアポロ16号、しかしTVだから
ハードルは低いかも
ttp://www.youtube.com/watch?v=5kcUwZ8rRjI

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/29(木) 21:05:10.92 ID:2t+7iMfN
<掲示板・監視会社>
シエンプレ http://www.siemple.jp


ネット工作員の特徴

・罵倒語を多用
・感情的な文体
・非知性的な文体
・一行レス、無駄レス
・即時の反論
・平日昼間の反論
・異様なアメリカ&韓国志向
・日本を軽視

・定量データの提示なし
・国内研究機関等のソースなし


139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/29(木) 21:07:29.94 ID:2t+7iMfN
>>129
>アポロ15号、地球での特撮セット写真〜 本物の1/4〜1/5 サイズ


本物の1/8〜1/10 サイズ ですね
巧妙な、ミニチュア特撮セット。


140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/30(金) 01:47:12.60 ID:wSOP/Vmn
アポロは50t弱だから電車一台分。
仕組みの複雑さレベルは、電車とあまり変わらんかもしれん。
ある程度数作らせれば、一式2億円でできるようになるよ。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/30(金) 07:46:24.96 ID:NL35Quhw
新幹線700系でも、一両あたりの価格って2億超えてるんだけど…

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/30(金) 08:26:20.36 ID:noCVKQE/
わずか7.2tで、十分な量産効果が生まれてるソユーズですら
1度の打ち上げでNASAは6500万ドル請求されるわけなんだが・・・

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/30(金) 16:38:30.51 ID:m6gRQD3H
でもさ、当時のNASAの電算機レベルって、いまの家庭用PC並と聞いたが、そんなんで
よく3人も宇宙に放り出せたなと、つくづく思うよな

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/30(金) 17:12:10.36 ID:sbYYDXUV
汎用機である今の家庭用PCのが上でしょ
ムーアの法則考えたら、当時のコンピュータで今並みの数字叩き出すのって無理だと思う
ぶっちゃけ、宇宙行って戻ってくる程度なら、計算尺さえあれば余裕だった訳だし

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/30(金) 18:56:13.19 ID:nSEhyjOo
>>140
>仕組みの複雑さレベルは、電車とあまり変わらんかもしれん。

普通の電車は、真空環境を飛びませんがね。

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/01(土) 09:41:42.61 ID:EZbgtXg3
>>115

>2004年  スペースシャトル廃止決定、月有人計画再開
>2009年  月有人計画廃止
>2011年  ISS一時無人化


アポロだけではなく、ジェミニも無人だったのでしょうね。

有人帰還カプセルの、製造&運用ノウハウが無いと・・

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/01(土) 09:46:32.56 ID:EZbgtXg3

米国が、有人帰還カプセルを実用化するまで、後10年はかかりそう・・

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/01(土) 10:46:42.97 ID:3YyJille
捏造だと言う人に一つだけ質問
キューブリックが制作したというジョーク番組を信じてるんですか?

http://www.asios.org/apollo.html#q25

架空の人物がいっぱい出てますけど・・・・・・・・。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/02(日) 18:39:19.29 ID:Q9s3OzvI
アポロ陰謀論を信じている人々に共通の特徴として、「宇宙開発や宇宙船、月に関する正しい知識の欠如」があげられる。

ワロタW

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/02(日) 19:31:39.09 ID:3JWSdGzi

2011年 NASA ◆

有人カプセル  未完成
無人カプセル  未完成
誘導システム  未完成
宇宙服     未完成

NASAがISS無人化計画に着手、露貨物船打ち上げ失敗で
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-23065020110907


(´・ω・`) ショボーン

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/02(日) 19:33:45.39 ID:3JWSdGzi

アポロだけではなく、ジェミニも無人だったん?



152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/03(月) 06:45:26.12 ID:p2ArpTia
これは、原発問題と似ていて
始めに解決しなければいけない
大問題を先送りしてどんどん開発しているという
危険な状態。

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/03(月) 17:02:22.64 ID:iPzA0FAG
月に行った
ということで確定しているから何も問題なし

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/03(月) 18:43:13.04 ID:RMoIIHSF
>>151
マーキュリーにも、人が乗ってたはずだが。

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/03(月) 21:09:39.57 ID:11HXmI7O
>>150
アポロ、ジェミニ etc 無人は確定ですね。
現在も、有人宇宙船の開発は不可能。

スペースシャトル廃止決定から、7年間の余裕があったのにも関わらず・・

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/03(月) 22:06:27.72 ID:mHEDmDZS
スペースシャトルは有人機なんだけどなw
有人宇宙機、普通に開発してるがなw

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/04(火) 08:52:57.18 ID:JMR2C2Pc
シャトルは地球−ISS間往復船であって、宇宙船ではない。
宇宙船というからには、となりの恒星系に容易く行けなければ。

「宇宙旅行が身近になった!」
とかいうフレーズも馬鹿げている。
ISS高度ならまだしも、ほんのちょっと大気圏外に出ただけで「宇宙旅行」とか…
こう言うやつらは、宇宙=太陽系 と思っているに違いない。

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/04(火) 11:45:37.44 ID:ztWoIJA7
支那の友人飛行船は乗ったときのパイロットと、降りたときのパイロットが
違うとかいう怪談が・・・

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/04(火) 12:02:56.86 ID:sZiszdke
ここを宇宙旅行のスレだと勘違いしてるヤツがいるみたいだな

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/04(火) 12:47:41.31 ID:8PT8iOWt
>>158
お前の友人も大変だな

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/04(火) 13:37:30.83 ID:ztWoIJA7
wwwWだった

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/04(火) 17:43:35.03 ID:h5D90Ebp
>>157
宇宙の定義、調べた事ある?

高度80キロ以上だったか上昇出来たら、そこからが宇宙だ。

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/04(火) 22:26:36.91 ID:wJLSnzU9


       宇宙


       ○   月 (350000km)






       気象衛星他  (35000km)


10000km - - - - - - - - - - - - - - - -     ← ここから宇宙
 
       (ヴァン・アレン帯)

       外気圏

800km - - - - - - - - - - - - - - - - -

       熱圏 (ISS 350km)          ← 現在ここ ★
80km - - - - - - - - - - - - - - - - - -
       中間圏
50km - - - - - - - - - - - - - - - - - -
       成層圏
10km - - - - - - - - - - - - - - - - - -
       対流圏
地表 - - - - - - - - - - - - - - - - - -


164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/04(火) 22:27:25.11 ID:wJLSnzU9
>>157
外気圏は、宇宙空間の手前の最後の層である(高さ約 10,000km)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%96%E6%B0%97%E5%9C%8F

外気圏(がいきけん、Exosphere)は大気層のうち、最も外側の層である。
地球では、その下層の熱圏との境界は高度 500km〜1,000kmで、高さは約 10,000km
に及ぶ。外気圏からはかなりの量の大気の気体、原子、分子が宇宙空間へ流出する。
外気圏は宇宙空間の手前の最後の層である。

(注) 地球の直径は、約 12,000km




宇宙は、高度 100km ニダ 〜の書き込みが近日中にあります。多分


165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/05(水) 12:48:38.29 ID:R9oJZhod

地表から100kmを超える地点を宇宙空間と呼称する。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%AE%99%E7%A9%BA%E9%96%93

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/05(水) 15:35:27.41 ID:+WWc1kL6
>>136で論破されて以降、アポロとは関係無いとこにツッコミ入れてくるようになったなあ…

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/05(水) 17:30:54.42 ID:fI6AGo2C
熱圏は宇宙かい? 

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/05(水) 18:16:26.66 ID:n+gVR3J3
>>167
では、宇宙の定義ってなんだい?

米空軍とかあたりだと、高度80〜100キロあたりが
宇宙って事にしてあるんだけど。
太陽系外まで行かなきゃ宇宙じゃないとすると、どうするんだい?

169 :168:2011/10/05(水) 18:17:27.70 ID:n+gVR3J3
訂正
× 高度80〜100キロあたりが
○ 高度80〜100キロ以上あたりが


170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/05(水) 21:20:42.48 ID:LCeDiDdy
>>168-169

宇宙空間 → 高さ約 10,000km 以上
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%96%E6%B0%97%E5%9C%8F

外気圏(がいきけん、Exosphere)は大気層のうち、最も外側の層である。
地球では、その下層の熱圏との境界は高度 500km〜1,000kmで、高さは約 10,000km
に及ぶ。外気圏からはかなりの量の大気の気体、原子、分子が宇宙空間へ流出する。
外気圏は宇宙空間の手前の最後の層である。

(注) 地球の直径は、約 12,000km


171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/05(水) 21:33:19.00 ID:LCeDiDdy




・  ← 高度 350,000km (月)
































・  ← 高度 10,000km (ここから宇宙空間)
○  ← 地球


172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/06(木) 01:12:13.49 ID:qmrybANb
10000kmか100kmはっきりしろ

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/06(木) 01:13:50.24 ID:7Shyke7k

> 宇宙空間 → 高さ約 10,000km 以上


現在のアメリカは、高度 100km が限界・・

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/06(木) 11:05:19.45 ID:Jx31D30H
>>170
宇宙空間の定義 [編集]地表から100kmを超える地点を宇宙空間と呼称する。
近年、宇宙空間の利用が急増しており、国際連合宇宙空間平和利用委員会(COPUOS)
の法律小委員会でもより厳密な定義が検討課題になっている。

国際航空連盟では地上から100 kmをカーマン・ラインとして、宇宙空間と大気圏の
境界線と定義している


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%AE%99%E7%A9%BA%E9%96%93



175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/06(木) 17:50:46.56 ID:Gq7mTKfk
アポロ否定厨も大変だね。

アポロ計画が否定できなくなったら、
「月がある所は宇宙じゃないから、アポロは宇宙船じゃない!」
なんて、悲壮な宣言しなくちゃならないんだから。

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/06(木) 21:25:16.90 ID:I66fGRo5
>>
<掲示板・監視会社>
シエンプレ http://www.siemple.jp


プロ 工作員の特徴

・短時間での反論
・非知性的、罵倒
・1行レス、無駄レス  
・「論破」と、自賛レス
・平日、08〜18時のレス ※
・適当な動画サイトのソース
・異様なアメリカ&韓国志向
・日本を何故か軽視

・国内研究機関(JAXA/ISAS 等)のソースなし。
・定量データ(数値、静止画等)の提示なし 。




※ 今後は、19時以降の書き込みで宜しく〜 >>174-175


177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/06(木) 23:01:06.38 ID:obxdWh1n
アポロ否定派のみなさん、>>134>>136への回答よろしく



178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/06(木) 23:34:19.37 ID:9VGginJI
>>172
× 10000km
○ 10000m
だったりして

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/07(金) 00:46:08.27 ID:Hn9kNhmo


■ アポロ15号、地球での特撮セット写真〜 本物の1/8〜1/10 サイズ

アポロ15号・26番 付近
http://history.nasa.gov/alsj/a15/AS15-82-11121.jpg
http://history.nasa.gov/alsj/a15/AS15-82-11122.jpg
http://history.nasa.gov/alsj/a15/AS15-82-11146.jpg
http://history.nasa.gov/alsj/a15/AS15-82-11147.jpg
アポロ15号・9番 付近
http://history.nasa.gov/alsj/a15/AS15-85-11451.jpg

月面写真  http://www.google.com/moon
月面地図  http://www.hq.nasa.gov/alsj/a15/LTO41B4S1(50)sm.jpg
ハッセル60mm広角レンズ(横写角50度)  http://www.hasselblad.jp


180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/07(金) 00:50:04.50 ID:Hn9kNhmo

■ ISAS/JAXA 2007 
生体組織等価位置有感比例計数管による宇宙放射線線量当量計測器の開発III
http://surc.isas.ac.jp/SpaceUtilizRes/SUR23_Proceedings/093_Terasawa.pdf

JAXA/早大  寺沢和洋、道家忠義
早稲田大学  永吉勉、藤田康信、石田幸司、菊池順
京都大学  身内賢太朗、高田淳史、西村広展、窪秀利、谷森達
KEK  佐々木慎一、俵裕子、齋藤究
JAXA  松本晴久、込山立人
放医研  内堀幸夫、北村尚

(引用)
安全性の確保といった場合に、最も問題になることの一つは、宇宙放射線による定常的な被曝である。
大気の存在しない月面もしくは大気が希薄な天体(火星の大気は地球の1 %)においては、宇宙放射線
による被曝から決して逃れることができない。従って、月、火星の表面での滞在時は宇宙船内での
滞在時と同程度かそれ以上の宇宙放射線被曝を絶えず受けることになるであろう。更に、十分な遮蔽体
のないまま超大型の太陽フレアに遭遇した際には、たちまち★致死量に至る被曝を受けることになろう。


181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/07(金) 00:52:09.87 ID:Hn9kNhmo


2011年 NASA ◆

有人カプセル  未完成
誘導システム  未完成
宇宙服     未完成

NASAがISS 無人化計画に着手、露貨物船打ち上げ失敗で
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-23065020110907



アメリカが、有人宇宙飛行を成功させるのは、何10年先ですか?


182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/07(金) 00:58:04.58 ID:moceydPI
月があるとこは宇宙だろ
否定派って頭おかしいんだな

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/07(金) 18:28:49.25 ID:aTpQ+S9s
>>176
自己紹介ですか?

>今後は、19時以降の書き込みで宜しく〜
悪いね、>>176と違って朝早い仕事してるから、
19時以降の書き込みは平日は難しいんだ。

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/08(土) 08:29:11.30 ID:pcIq27cI
>>181
高度 300km すら行けない NASA。
解散した方が、アメリカ国民の利益?


日本も、JAXA(旧NASDA) 解散、新 ISAS 設立が宜しいですね。
日本国民の利益の為に。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/08(土) 08:59:52.28 ID:03EQBrtY
くだらねぇことをマルチすんな

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/08(土) 17:12:46.70 ID:OI+Gqtp1
そして、ジェミニ11号が高度1000キロ以上の高さまで
軌道を上げた事を、必死に無視しようとするアポロ否定厨であった。

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/09(日) 10:37:10.85 ID:G6z4nSh6
そもそも、ジェミニは無人宇宙船では?

有人は、スペースシャトルとロシア宇宙船のみ

現在、アメリカは無人宇宙船のみ(高度 100km 迄は有人)
10年後も多分、無人宇宙船のみ(JAXA も状況を把握せず)

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/09(日) 11:21:30.40 ID:O/SS3Rom
1960年代にランデブーからドッキングまで無人でこなす宇宙船があったら
逆にすごいよなw

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/09(日) 12:42:11.71 ID:RxinYsem
今話題は何?

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/09(日) 14:06:10.04 ID:G6z4nSh6
181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/07(金) 00:52:09.87 ID:Hn9kNhmo


2011年 NASA ◆

有人カプセル  未完成
誘導システム  未完成
宇宙服     未完成

NASAがISS 無人化計画に着手、露貨物船打ち上げ失敗で
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-23065020110907



アメリカが、有人宇宙飛行を成功させるのは、何10年先ですか?



191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/09(日) 18:53:55.97 ID:SmoStbcN
>>190
−50年ぐらいですかね。

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/10(月) 09:39:55.83 ID:Y5QMkqli
アポロ否定派の哀れなみなさん
>>134 〜 >>136 に完全論破されて
 グーの音も出ず
妄想コピペ繰り返すだけ みっともねーから
やめとけ!

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/10(月) 14:24:46.79 ID:WgSUjufJ

>アメリカが、有人宇宙飛行を成功させるのは、何10年先ですか?


JAXA にも、連絡していない様子・・
今後は、ロシア頼りのみです ><

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/10(月) 16:45:31.08 ID:8fE8NwmH
>>193
自分の間違いを訂正するのは、別に恥ずかしいことじゃないんだよ。

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/10(月) 17:27:56.88 ID:4qeZ2Hii
>>190

ロシア,中国が有人宇宙飛行を継続しているから,人類の宇宙開発としては全く問題ないじゃないか.

中国は独自の宇宙ステーション開発中だし.


196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/11(火) 04:00:27.13 ID:e0KnlOSv
本当に42年半前に行ってこれたのなら
今頃1000回や1万回は行ってただろうになぁ。

正当な歴史は今、当たり前のように往復している世界。

我々は間違った歴史線にいるんだ。
なぜだろう、アポロが捏造だからだ。

そうでなければ今、月との往復を全然していない理由が説明できない。

OK?

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/11(火) 08:03:15.13 ID:nyVZO2sP
>本当に42年半前に行ってこれたのなら
>今頃1000回や1万回は行ってただろうになぁ。
ここ笑う所ですか?わかりません。

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/11(火) 08:53:14.06 ID:H4Pvkr2l
ほんとに、ばかの思考っておもしろいよなw

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/11(火) 14:53:43.68 ID:akw5MKQ3
>>196 発言する前にせめて宇宙開発の背景ぐらい調べてくれ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%AE%99%E9%96%8B%E7%99%BA%E7%AB%B6%E4%BA%89

本当に4000年前にピラミッド作ったんなら、
今頃100万個くらいピラミッドあるはずだ

と言ってるのと同様 アホな発言

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/11(火) 17:48:06.85 ID:xkfwgQQb
200だったら、アポロ捏造厨は敗北。

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/12(水) 00:49:14.80 ID:no4ZhHeO
俺はどっち派でも無いが>>199の様な例え多いが、例えが間違ってる
現代にピラミッド作るならアポロ飛ばすより金かかるんじゃねーか?

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/12(水) 01:01:28.91 ID:k0lN20iH
大林組さんのピラミッドの見積もり
つttp://www.obayashi.co.jp/kikan_obayashi/pyramid/020.html

オリオンの開発費が中止になる前は43億ドルだったらしいから、ざっと3300億円って感じか。


203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/12(水) 11:12:33.17 ID:PNcvDM27
今の一般家庭にあるパソコンより性能低いコンピュータで月に行けたのに、なんで今は月に行けないの?

普通に考えれば、研究の為にガンガン行っててもおかしくないような



204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/12(水) 12:09:40.99 ID:Y8c38V2C
今の一般家庭にあるパソコンより性能低いコンピュータでマッハ3の戦闘機(Mig-25)や偵察機(SR-71)を
飛ばせたのに,なんで今は生産されてないの?

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/12(水) 12:12:11.55 ID:DGlykgbu
>>203
コンピューターは計算とシーケンシャルなIFに特化してるので、性能的に十分。
研究にガンガン金出すところがあればね。

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/12(水) 12:12:40.77 ID:YvWAQshe
ちょくちょく出てくるけど、なんでコンピュータの性能があがったらロケットの性能が上がると思い込んじゃうんだろ。


207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/12(水) 12:37:57.19 ID:Y8c38V2C
>>203

マジレスすると,コンピューターの性能が上がったので,無人探査機でも研究の為の情報が
ガンガン集められるようになった.したがって,金もかかるしリスクも高い有人探査を
続行する意味が低下したから.

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/12(水) 13:18:01.63 ID:OinjxUoG
>>203 だから 誰が金出すの? おまえか
宇宙開発の背景ぐらい読めって言ってるの 当時でさえ
無駄金だって反対意見が多かったところをソ連の脅威を説いたりして
世論を味方につけ、やっと議会を通せたんだよ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%AE%99%E9%96%8B%E7%99%BA%E7%AB%B6%E4%BA%89
巨額を要するアポロ計画は多くの反対にさらされ、それゆえ左右の政治家による異論を
一掃するだけの成果を上げる必要があった(右派政治家は宇宙開発費をベトナム戦争に
勝つための戦費や兵器開発に回すことを主張し、左派政治家は社会福祉や根深い人種
問題の解決などに予算を回すべきだと主張した)。

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/12(水) 13:25:09.99 ID:OinjxUoG
>>203
アメリカが当時、アポロ計画に費やした予算は、250億ドルと言われている。
当時は1ドル360円だから、ざっと9兆円だ。今、もう一度月に行こうとしたら、
いったいいくらかかるだろうか。アポロ計画のノウハウが残っているから、
開発費用などは大幅に削減できるだろう。
しかし、それでもコストが何百分の一になることはありえない。

ロケットの技術そのものは、アポロの時代から飛躍的に進歩したわけではない。
3人の人間を月に送るだけでも、アポロ宇宙船を打ち上げたサターンV型に
匹敵する巨大なロケットが必要なのに変わりはないのである。

1960年代にアメリカがあれほど精力的に月面到達計画を進めたのは、
ライバルであるソ連に先を越されるのではないかという不安があったからだ。
大国の威信をかけて、月へのレースに勝たなくてはならなかったのである。

しかし、アメリカ人飛行士が月面に第一歩を印したこと、ソ連の
有人月探査計画が挫折したことで、大金をかけて月に飛行士を送る動機が
なくなってしまった。そのため、当初、20号まで計画されていたアポロ計画は、
17号を最後に打ち切られたのである。

「40年前に月に行けたというのなら、もう一度行ってみせろ」という主張は、
「400年前に大阪城を建てられたというのなら、もう一度建ててみせろ」
と言っているのと同じだ。金と動機さえあれば、もう一度大阪城を建てる
ことは可能だが、金と動機がないから誰もやらないのである。


http://www.asios.org/apollo.html#q21

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/12(水) 15:20:03.40 ID:PNcvDM27
判明してる事は月にはあれ以来一度も行っていない事だけ
一度行ってるのだから行こうと思えば行けるはずなのに一度だけ
ロストテクノロジーでもあるまいし

それに資金云々で月に行けないなんてのも
単なる想像にしか過ぎない

不毛な水掛け論


211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/12(水) 15:26:08.27 ID:CP0Br2tH
資金が無いと機体を作れないだろww
どんだけアホやねんwww

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/12(水) 15:32:34.45 ID:PNcvDM27
資金が無くて作れないって言う根拠を見せてやればいいじゃん

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/12(水) 15:36:27.16 ID:YvWAQshe
なにが面白いって、捏造の根拠が「納得いかない」とか「信用出来ない」みたいなモノでしかないのにさ。
それに関しては「単なる想像」とは言わないんだよなw


214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/12(水) 15:36:46.93 ID:CP0Br2tH
おまえさぁ、自動車持ってる?自転車でも良いけど。
パソコンでも良いよ。
それらの機械ってお父さんが買ってくれたのかな?
もしかして作ってくれたのかな?
じぶんで作るにしても材料を集めないとダメだよね?
どうしよう?どうやったら手に入るのかな?

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/12(水) 15:37:50.42 ID:CP0Br2tH
おまえらってさぁ、
現代のテクノロジーでは、まだ人類は月へ行けないと思っているのか?
もし行けると考えた場合おまえらキチガイの思考では、それなら現在、引っ切り無しで月と地球を往復していなければならないことになるよな。
現実は、そうではない。
それなら、おまえらの認識では、現代の人類のテクノロジーでは月面着陸は無理だと考えているの?

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/12(水) 15:42:17.08 ID:PNcvDM27
>>213
捏造論ももちろん妄想だよ
資金云々も妄想でしょ?

判ってることは一度行ってるのに、数十年もたってるのに、その後一度も行ってない事っていってるだけで
だから水掛け論だと言っただけで

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/12(水) 15:49:17.31 ID:YvWAQshe
>>216
ん? 妄想でも何でもないけど?

実際に、もう1度月に行ってさらにそこを足がかりにして火星や地球の近傍空間を有人で探査しようという計画は立てられた。
これをコンステレーション計画と言う。

この計画には今やコストが悪すぎて使われなくなった巨大ロケットの再開発が必要不可欠で、そのロケットはアレスシリーズと呼ばれている。
ただ、一から開発指定なのではコストが悪すぎなのでスペースシャトルの一部を流用したりするようになっていた。
また、有人宇宙機も再開発する必要がありこちらはオリオンと名付けられた。

が、オバマ政権になってコスト面が問題になり計画が中止された。

要するに金が掛かりすぎるから、ストップされちゃったわけ。
妄想でも何でも無く、第二次有人月面探査計画はコストが原因。



218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/12(水) 16:01:00.85 ID:PNcvDM27
>>217
ってことは当分は他の惑星どころか月にすら人が降り立つことは無いって事なのか

妄想なんて言ってすまんかった


219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/12(水) 16:01:28.15 ID:CP0Br2tH
>>203以降ループしてんだが、

>203
>今の一般家庭にあるパソコンより性能低いコンピュータで月に行けたのに、なんで今は月に行けないの?

>普通に考えれば、研究の為にガンガン行っててもおかしくないような



普通に考えたというその経緯を書いてみてくれないか?
研究の為って、具体的にどういう研究?

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/12(水) 16:10:46.40 ID:OinjxUoG
>>203
Q 着陸船・司令船に組み込まれたアポロ誘導コンピュータの性能は、
自動車や1980年代の家庭用ゲーム機のそれよりも劣るのに、なぜ
これで月まで航行することができたのか。

A アポロの軌道は事前に地上のコンピュータなどで計算されたもので
あって、アポロのコンピュータは主にそのデータを受け取って軌道を
補正することが目的であり、高度な機能は必要でない。さらに現行の
コンピュータのように多様なデータ処理を目的に使用するのではなく、
軌道補正のための数値処理に特化しているのであれば、かなり性能が
低くても問題ではない。また信頼性の問題から、宇宙船には現在でも
枯れた技術[16]のコンピュータが搭載されるのが普通である[17]。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9D%E3%83%AD%E8%A8%88%E7%94%BB%E9%99%B0%E8%AC%80%E8%AB%96

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/12(水) 18:48:30.94 ID:hh9RSJTb
コストコストコストコストなんて平日の昼間に言ってるやつを相手にするな。
ある種の古臭いネオリベに洗脳されたかわいそうな人なんだから。

実際の話、もう一度同じ物作るとしたら、原材料費・製造経費・労務費だけ
膨大な研究開発費も土地代なども不要なので、十億円級でそこらの中小工業地帯で作ることができる。
ほんとにまともな設計図があるならば。

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/12(水) 18:53:32.92 ID:Y8c38V2C
>>203
小惑星探査機「はやぶさ」は偉業を成し遂げたが,あれに積んである CPU は
今の一般家庭にあるパソコンよりかなり性能低いぞ.

>>220
にあるように信頼性の問題もあるけど,使用電力と放熱の問題から
一般家庭にあるパソコンは利用出来ない.

ちなみにスペースシャトルでも末期には,アビオニクスか地上の支援設備に使っている
旧型の CPU(8086)とか入手のため,年代物のパソコンを中古市場から調達して分解していたとか.

手間暇考えれば,スペースシャトルのエレクトロニクス系統を更新すべきだったんだろうが,
予算がつかなかった.


223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/12(水) 19:07:20.93 ID:Y8c38V2C
>>221

え?

人工衛星は50年以上前から打ち上げられているんだが,未だに日本の近くの国でも
人工衛星打ち上げに四苦八苦している所があるよ.
(せいぜい高度 300km のことだけど)

少なくとも2ヶ国,うち1ヶ国はエレクトロニクス産業の規模では世界有数.

それに,「まともな設計図」があっても,設計図どおりに作れるかどうかは全く別もの.

「十億円級でそこらの中小工業地帯で作ることができる。」
てのはどこから仕入れた妄想なんだ?無人の人工衛星打ち上げロケットでもその金額では無理だ.

仮に十億円級で人工衛星打ち上げロケットが製造できたら世界のロケット市場を制覇できるぞ.
そんなロケットの製造技術があったらぜひとも紹介してくれ.


224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/12(水) 19:14:01.62 ID:YvWAQshe
10億円で100トンもLEOに上げられるロケット出来たら、革命なんてもんじゃないな。
50回以上も商業打ち上げを成功させているアリアンVでさえも、LEO頑張って20トン。
打ち上げ費用は150億円以上かかるのに。

まあ、
>>140みたく
アポロは50t弱だから電車一台分。
仕組みの複雑さレベルは、電車とあまり変わらんかもしれん。
ある程度数作らせれば、一式2億円でできるようになるよ。

みたいなトンチキなことほざいてるのもいるぐらいだから、それにくらべればずいぶんマシかなw


225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/12(水) 19:59:46.35 ID:Y8c38V2C
>>224

別人とは限らないのでは.

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/12(水) 20:00:26.15 ID:L26YYxoV
まぁLEOに打ち上げただけじゃなんもならんがな
結局は月遷移軌道に乗せにゃならんし、そこで大量の燃料食うし

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/12(水) 20:09:39.81 ID:b4bFbPXq
>>197-200  
>>204-220


◆ フリーター工作員& 専業工作員の特徴

・短時間での反論
・感情的、非知性的
・「論破」と、自画自賛
・平日、08〜18時の大量レス ← 注目!




国際宇宙ステーションの費用は 1540億 USドル(約 120,000 億円 〜 12兆円、アポロ超え) 人類史上最も高額なプロジェクト。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%AE%87%E5%AE%99%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

はやぶさ(約 200 億円)の、約 600倍 の膨大な費用を有人宇宙開発に投入するが、顕著な業績は無し。


228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/12(水) 20:10:23.34 ID:b4bFbPXq




       ○   月 (350000km)







       気象衛星他  (35000km)     




10000km - - - - - - - - - - - - - - - -    ← ここから宇宙
 
       (ヴァン・アレン帯)

       外気圏

800km - - - - - - - - - - - - - - - - -

       熱圏 (ISS 350km)         ← 現在のロシア
80km - - - - - - - - - - - - - - - - - -   ← 現在のアメリカ ★
       中間圏・成層圏
10km - - - - - - - - - - - - - - - - - -
       対流圏
地表 - - - - - - - - - - - - - - - - - -


229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/12(水) 20:12:01.25 ID:b4bFbPXq

2011年 NASA ◆

有人カプセル  未完成
誘導システム  未完成
宇宙服     未完成

NASAがISS 無人化計画に着手、露貨物船打ち上げ失敗で
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-23065020110907



アメリカが、有人宇宙飛行を成功させるのは、何10年先ですか?



230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/12(水) 20:13:21.54 ID:k0lN20iH
なんか、毎回同じことをコピペしてるなあw
おまけに勝手に高度10000km以上を宇宙って決めつけてるしw


231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/12(水) 20:20:26.04 ID:b4bFbPXq
>>230

◆ フリーター工作員& 専業工作員の特徴

・短時間での反論      僅か1分← 注目!
・感情的、非知性的
・「論破」と、自画自賛
・平日、08〜18時の大量レス 


232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/12(水) 20:21:43.15 ID:k0lN20iH
で?w

・短時間での反論

おまえもじゃんw


233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/13(木) 00:00:02.42 ID:UZku4G6M
コンピューターの高い演算能力や重力から逃れる為の高い推進力はあるんだが、そんなのは必要最低限でいいんだよ
問題は恒星というのは剥き出しの原子炉なんだよ
よって地球磁気圏外では高度な生命体は生きられない
まあ、むかしは特攻隊や原子爆弾を利用した位なので根性で何とか月まで行ったのかもな現代では死刑囚位しか行けないだろ。

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/13(木) 00:56:53.08 ID:huCM6tNq
宇宙放射線(JAXA)
http://edu.jaxa.jp/seeds/pdf/2_radiation.pdf

> X線は太陽フレア爆発の時に最初に飛んでくる放射線であり、電磁波の一つであるX線もまた、
> 太陽面爆発などを光学的に観測できた時と全く同着ですでに月面に到達し始めていることとなり、
> 巨大SPE の場合などにはX線の強度は ★ 数分で重大な影響を人に及ぼすくらい高いものとなる



既に、結論が出ています。

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/13(木) 00:59:25.80 ID:huCM6tNq
宇宙服のレントゲン写真(スミソニアン航空宇宙博物館)
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52029379.html

X線を透過、スカスカ


236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/13(木) 13:35:27.41 ID:BdCXvyGH
アポロ15号は、アポロ計画における第9番目の有人飛行ミッション、第4番目の月着陸
ミッションであり、昭和46年7月26日に打ち上げられ、7月31日に月面に着陸し、
8月8日に地球に帰還した。

http://www.jaxa.jp/press/2008/05/20080520_kaguya_j.html

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/13(木) 14:58:01.96 ID:gIBlBOjs
ああ、愚かな連中よ。ロケットエンジンと書くとかwwwwwww

ジェットとロケットじゃ天と地くらい違うのよ。
ロケットはお前らが想像しにくい仕組みで動いている。

純粋なる「重心位置の保存則」なものがロケット
空気なり水なりを「押す」ものがジェット


いわゆるロケットなんかほとんどないし、動作原理も抽象的で想像しにくいはずだよ。
だが、考えればなるほどと納得できるだろう。

自機の一部を高速で発出すると、重心位置は保ったまま、自分も搭乗している残りの部分は
反対方向に動くことができる。

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/13(木) 18:00:46.94 ID:7K+llCWA
アポロ捏造厨って,数字に弱いのかね.

誤差数割とかのレベルどころか,1,2 桁違っていても平気な神経で,
間違いを指摘されても自説を延々と繰り返す.

理工系では論外だけど,文系でもこれじゃ仕事に支障きたすんじゃ?

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/13(木) 19:28:27.46 ID:nL0awJq3
>>237
物理の勉強、やり直したほうが良いのでは?

ジェットもロケットも、基本的には”作用・反作用”で動くんだけど・・・

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/13(木) 19:39:58.90 ID:q6PRhSy1
勉強をやり直すとかそういうレベルなのかな…

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/13(木) 21:11:25.15 ID:BdCXvyGH
>>237 恥ずかしいから自分の愚かさをさらけ出すのやめろ

>純粋なる「重心位置の保存則」なものがロケット
>空気なり水なりを「押す」ものがジェット

ここ笑うところか? 

ロケットエンジン
原理的にはロケット推進薬(推進剤ともいう)を高速で噴出し、
その反作用で推力を得る装置であり、ジェットエンジンと原理は同じである。
ジェットエンジンとロケットエンジンの違いとして、ジェットエンジンは
外部から空気を取り入れる必要があるがロケットエンジンは酸化剤を搭載
して噴出ガスの反動で進むため宇宙空間でも使用可能である

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/14(金) 19:43:43.17 ID:yD9ok/RP
である、である、で誤魔化されてるバカ。まるで小学4年生だな。閑話休題

反動、じゃないよ。反動では「計算」できないよ。

ロケットの進み方を見積もるのは、重心位置で計算します。
物理学では保存則が一番重要だからあたりまえだね。

ロケットをジェットと同じと思っていたら、問題の本質を理解できない。


いいかい、ロサンゼルスオリンピックでジェットで空を飛んでいる動画があった。
あの仕組みは真空中では無効です。

なぜ無効かということを理解するのに、237の考え方をするとわかりやすい。

反動で動く、反作用で動く、と考えると月に行ったとき失敗するよ。
あの動画のようにやっても、落ちるだけだから。そしてなぜ落ちるの?理解できない、となるから。

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/14(金) 23:48:09.45 ID:gYf3tGp/
>>242
>いいかい、ロサンゼルスオリンピックでジェットで空を飛んでいる動画があった。
>あの仕組みは真空中では無効です。

そうすると、人工衛星が姿勢制御に使っているスラスターは捏造ですか?

ロスオリンピックの開会式に使っていたあれは、過酸化水素を触媒によって
高温の蒸気にして噴射し、その反動で推力を得る。

人工衛星に使われている単液式スラスターは、ヒドラジンを触媒によって
高温の蒸気にして噴射し、その反動で推力を得る(あくまで一例ですが)。

何か違いがありますか?
燃料が違うのは、用途が違うからです。




244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/15(土) 02:02:15.00 ID:7IuOLaiY
>>242

ロケット(英: Rocket)は、自らの質量の一部を後方に射出し、その反作用で
進む力(推力)を得る装置(ロケットエンジン)、もしくはその推力を利用して
移動する装置である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/15(土) 05:34:31.84 ID:QHgS3qSP
言葉で説明しても意味なんかねーよ。
数式で書け数式で。

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/15(土) 09:58:25.25 ID:GEE8U0l5
>>242
>反動、じゃないよ。反動では「計算」できないよ。

反動が計算できないなら、無反動砲って
どうやって作っているんでしょうね?

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/15(土) 10:35:09.98 ID:9jfzKWUw





       ○   月 (350000km)







       気象衛星他  (35000km)      ← 有人は 100年後?




10000km - - - - - - - - - - - - - - - -    
 
       (ヴァン・アレン帯)

       外気圏

800km - - - - - - - - - - - - - - - - -

       熱圏 (ISS 350km)         ← 現在のロシア
80km - - - - - - - - - - - - - - - - - -   ← 現在のアメリカ ★
       中間圏・成層圏
10km - - - - - - - - - - - - - - - - - -
       対流圏
地表 - - - - - - - - - - - - - - - - - -


248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/15(土) 11:25:04.28 ID:GEE8U0l5
いつものコピペを貼るのは、答えに窮した証拠。

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/15(土) 11:59:52.77 ID:GEE8U0l5
しかも、ジェミニ11が高度1000キロ以上まで遠地点を
上げた事も無視してるし。

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/15(土) 12:49:36.72 ID:LPyk41im
まあ、お前ら、もう問題を理解したんだろうな。

月面での制動はメチャクチャ難しい。
地球では経験したことがない、経験することが出来ない。

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/15(土) 16:32:02.76 ID:Vumi5dT+
>>250

無人探査機による月軟着陸
ルナ9号 1966年
サーベイやー1号 1966年

無人探査機による月からのサンプルリターン
ルナ16号 1970年

1960年代の貧弱なコンピューターでも可能だったのですが?


252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/15(土) 16:59:30.60 ID:8jEh9n4I
とりあえず>>245は何も理解できていないことは解った

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/15(土) 18:25:53.03 ID:wVnj7F8u
エネルギー圧縮には、丸型プラグを多々付けるとして 縮退炉、ニトログリセリンをブロック式に並べる楕円形循環エネルギー反応式でいいです。ニトログリセリンのブロックには、一つ一つ、エネルギーが高くなっていく合成ニトログリセリンをブロック式順序付けていきます.
登記

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/15(土) 18:38:57.91 ID:GEE8U0l5
>>253
あ〜、ここから日本語で結構ですから〜

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/17(月) 01:38:38.84 ID:8Bq10d6l
>>247 意味のない妄想コピペしてる暇があったら
    いいかげん >>134>>136の質問に答えて
    くれんか? 

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 08:11:55.24 ID:DVk47jcn
>>1


アポロ11号、地球での特撮セット写真

アポロ11号・アメリカ国旗と飛行士
http://history.nasa.gov/alsj/a11/AS11-40-5874.jpg
http://history.nasa.gov/alsj/a11/AS11-40-5875.jpg

・足跡や旗の周りを、撮影用に整地の跡、整地道具は?
・画面中央に片足一つの足跡がクッキリ、ロングジャンプ?
・リアル月面では、高度の放射線でカラーフィルムは変色


■ アポロ15号、地球での特撮セット写真〜 本物の1/8〜1/10 のミニチュア。

アポロ15号・26番 付近
http://history.nasa.gov/alsj/a15/AS15-82-11121.jpg
http://history.nasa.gov/alsj/a15/AS15-82-11122.jpg
http://history.nasa.gov/alsj/a15/AS15-82-11146.jpg
http://history.nasa.gov/alsj/a15/AS15-82-11147.jpg
アポロ15号・9番 付近
http://history.nasa.gov/alsj/a15/AS15-85-11451.jpg

月面写真  http://www.google.com/moon
月面地図  http://www.hq.nasa.gov/alsj/a15/LTO41B4S1(50)sm.jpg
ハッセル60mm広角レンズ(横写角50度)  http://www.hasselblad.jp


257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 08:15:27.06 ID:DVk47jcn
>>1


アポロ11号、地球での特撮セット写真

アポロ11号・アメリカ国旗と飛行士
http://history.nasa.gov/alsj/a11/AS11-40-5874.jpg
http://history.nasa.gov/alsj/a11/AS11-40-5875.jpg

・足跡や旗の周りを、撮影用に整地の跡、整地道具は?
・画面中央下に、横向きで片足一つの足跡がクッキリ、ロングジャンプ?
・リアル月面では、高度の放射線でカラーフィルムは変色


■ アポロ15号、地球での特撮セット写真〜 本物の1/8〜1/10 のミニチュア。

アポロ15号・26番 付近
http://history.nasa.gov/alsj/a15/AS15-82-11121.jpg
http://history.nasa.gov/alsj/a15/AS15-82-11122.jpg
http://history.nasa.gov/alsj/a15/AS15-82-11146.jpg
http://history.nasa.gov/alsj/a15/AS15-82-11147.jpg
アポロ15号・9番 付近
http://history.nasa.gov/alsj/a15/AS15-85-11451.jpg

月面写真  http://www.google.com/moon
月面地図  http://www.hq.nasa.gov/alsj/a15/LTO41B4S1(50)sm.jpg
ハッセル60mm広角レンズ(横写角50度)  http://www.hasselblad.jp



258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 14:58:03.81 ID:zGYgeoAt
>>257  アポロの写真は、かぐやのデータと完全に一致している。
  またgoogle moon とも完全に一致している。

 これらの事実から
 もし、特撮セット撮影であるなら、まぎれもなく山や丘の起伏を完璧に再現したセットをつくった
 ことになる、それが仮に実寸大であれ、何十分の1のミニチュアであれけっこうだが。

 問題は、何を元にそのセットを作ったのかということ?

 現地にいかずに完璧なデータを得たとすれば、アメリカは
 40年以上前にかぐや(と同程度の観測技術をもつオービター)を飛ばしたって
 ことでいいのか?

それと、特撮の専門家でこれらの写真が特撮であると証言しているソースを
みたことないので、あればよろしく。
ついでに>>134>>136の質問にも答えてくれ。

 

 
 

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 15:51:57.01 ID:kz4gE0Fg
寝言言ってる人と会話したらダメだったはず。

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 18:30:04.89 ID:ymsyEFVH
>>259
寝言言っている人と会話すると、寝言言っている人が
早死にするんだっけ?

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 00:52:13.80 ID:W+1QKoZK
おい、捏造派、全然おもしろくねーんだよ。妄想コピペばかりじゃ。
敗北宣言(敵前逃亡)と同じだな。もっと熱く語れる奴すらいねーのかよ。

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 09:21:21.75 ID:FyLSYW+6




       ○   月 (350000km)







       気象衛星他  (35000km)      ← 有人は 100年後?




10000km - - - - - - - - - - - - - - - -    
 
       (ヴァン・アレン帯)

       外気圏

800km - - - - - - - - - - - - - - - - -

       熱圏 (ISS 350km)         ← 現在のロシア
80km - - - - - - - - - - - - - - - - - -   ← 現在のアメリカ ★
       中間圏・成層圏
10km - - - - - - - - - - - - - - - - - -
       対流圏
地表 - - - - - - - - - - - - - - - - - -


263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 09:22:04.37 ID:FyLSYW+6
>>1

ISAS/JAXA 内の大半は、アポロ無視派&懐疑派&否定派(2011.10 現在)
国立天文台、主要大学等も


TeV領域の宇宙放射線環境の調査を開始(ISAS/JAXA)
http://surc.isas.ac.jp/SpaceUtilizRes/SUR24_Proceedings/M-21%20torii.pdf

国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験モジュール曝露部(JEM/EF)に搭載を計画している、
CALET(Calorimetric Electron Telescope)では、TeV領域
までの電子、ガンマ線観測と1000TeV領域に及ぶ陽子、原子核観測により、宇宙線の加速、伝播
を総合的に解明することが可能である。


ISAS/JAXA 2007 
生体組織等価位置有感比例計数管による宇宙放射線線量当量計測器の開発III
http://surc.isas.ac.jp/SpaceUtilizRes/SUR23_Proceedings/093_Terasawa.pdf

JAXA/早大  寺沢和洋、道家忠義
早稲田大学  永吉勉、藤田康信、石田幸司、菊池順
京都大学  身内賢太朗、高田淳史、西村広展、窪秀利、谷森達
KEK  佐々木慎一、俵裕子、齋藤究
JAXA  松本晴久、込山立人
放医研  内堀幸夫、北村尚

大気の存在しない月面もしくは大気が希薄な天体(火星の大気は地球の1 %)においては、宇宙放射線
による被曝から決して逃れることができない。従って、月、火星の表面での滞在時は宇宙船内での
滞在時と同程度かそれ以上の宇宙放射線被曝を絶えず受けることになるであろう。
大型の太陽フレアに遭遇した際には、たちまち ★ 致死量に至る被曝を受けることになろう。


264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 09:22:36.35 ID:FyLSYW+6

○ 太陽観測衛星『ひので』(SOLAR-B)が観測した巨大フレア 
自然科学研究機構 国立天文台
http://hinode.nao.ac.jp/news/070321Flare

太陽フレアは、太陽系内最大の爆発現象である。太陽フレアが発生すると、エックス線(X線)
ガンマ線から紫外線や可視光線、電波にいたるまでのさまざまな波長域で増光が見られる。
また、フレアに伴い莫大なプラズマが惑星間空間に放出されることがある(中略)
また太陽フレアにより磁気嵐やオーロラ現象が発生したり、地球近傍の衛星や無線通信に悪影響
を与えることがしばしばあり、地球磁気圏外では、放射線や高エネルギー粒子が宇宙飛行士の
致死量を超えることもある。


地球磁気圏外は、致死的な放射線環境。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD%E3%83%95%E3%83%AC%E3%82%A2

フレアが発生すると、多くのX線、γ線、高エネルギー荷電粒子が発生する。
またフレアに伴い、太陽コロナ中の物質が惑星間空間に放出される(コロナル・マス・エジェクション
(CME))ことが多い。高エネルギー荷電粒子が地球に到達すると、デリンジャー現象、磁気嵐、オーロラ
発生の要因となる。2003年は、大規模なフレアが頻発し、デリンジャー現象により、地球上の衛星、
無線通信に多くの悪影響を与えた。また地球磁気圏外では、フレア時のX線、γ線による被曝により、
人の致死量を超えることもある。


265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 09:26:10.67 ID:FyLSYW+6

宇宙放射線(JAXA)
http://edu.jaxa.jp/seeds/pdf/2_radiation.pdf

>X線は太陽フレア爆発の時に最初に飛んでくる放射線であり、電磁波の一つであるX線もまた、
>太陽面爆発などを光学的に観測できた時と全く同着ですでに月面に到達し始めていることとなり、
>巨大SPE の場合などにはX線の強度は ★数分で重大な影響を人に及ぼすくらい高いものとなる

>(トピックス1: アポロ計画の行われた時代、NASA が密かに最も恐れていたのは、すでにすぐ
> には地球へ戻れない位置に宇宙船が到達している段階で、この巨大SPE などが突如として起こ
> ることだったと言われる。もし、それが現実に起きていたら、ほとんどそのレベルの放射線に対して
> は遮蔽がないに等しい宇宙船の中にいる宇宙飛行士は致死的な放射線を被曝せざるをえないと
> 考えられたからである)


宇宙服のレントゲン写真(スミソニアン航空宇宙博物館)
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52029379.html

X線を透過、スカスカ


266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 09:29:39.43 ID:FyLSYW+6

JAXA・探査衛星つばさ

シールド2mm厚で、約 2000 Gy(Sv)という膨大な量の放射線量を、
磁気圏および磁気圏外(静止トランスファー軌道)で被曝。
致死量の400〜1000倍(低軌道比約 3000倍)

(備考)文部科学省/JAXA http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/uchuu/gijiroku/h17/suishin01/004.pdf


(現在の状況)

Q5 人工衛星やスペースシャトルの軌道はどうやって決めるのだろうか?
A5 人工衛星などの使用目的や、宇宙の環境によって決める。(JAXA)

地球のまわりには、太陽や銀河系から「宇宙線」と呼ばれる人体に危険な放射線が
飛び交っている。でも地上から1000〜5000km付近の上空には、「ヴァン・アレン帯」
という地球の磁場で放射線を閉じ込める場所があって、そこから下の高度へふりそそぐ
放射線は かなりさえぎられる。だから、人が生活したり宇宙実験をするには、
人体に安全な、500km以下の軌道高度が選ばれるのだ
http://iss.jaxa.jp/iss_faq/go_space/step_1.html#q5



267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 09:36:00.29 ID:FyLSYW+6

−宇宙放射線は物質と衝突することによりさらに二次放射線を発生させる−

C二次粒子
ISS 軌道では、自由宇宙空間での陽子以上の荷電粒子が一次粒子として線量計測上重要な
役割を果たす。高エネルギーの捕捉陽子線や銀河陽子成分は吸収線量に対する寄与率が最も
高く、さらに、ISS 船体のAl 原子核や生体物質のC、O 原子核等と標的核破砕反応を起こし、複
数の二次粒子(陽子、中性子、α粒子、反跳原子核など)を生成する。また、二次粒子には、重粒
子自身の核破砕反応生成物が含まれる。二次粒子、特に中性子はさらなる核反応を引き起こし
乗員の被曝には大きな影響を与えると考えられており、ISS 軌道では線量当量の30-60%に達す
るという評価結果もあるが、中性子計測のデータはまだまだ十分ではない。これらの二次粒子成
分の線量への寄与を正確に測定・評価することも宇宙放射線計測の課題の一つである。

物質に一次放射線が衝突すると、その結果、多量の二次粒子が放出してそれらが広がり、
被曝する組織が点でなく面となって影響を受けるため、遮蔽効果を若干上げるというのは
一方的に被曝管理に有利と必ずしもならないという点がある。




(´・ω・`) ショボーン



268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 12:58:24.07 ID:nfsOhTS3
>>262-267
新ネタ無いの?

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 14:48:46.16 ID:zX6OuWOc
スクリプトに何を期待してるんだ?

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 15:20:33.14 ID:zaHBJWzL
IBM、人間の脳の再現したチップを開発 30万以上シナプスが組み込まれ、自ら「思考」する機能を持つ
http://hatsukari.2ch.net/test/read.cgi/news/1313820898/

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 21:16:18.90 ID:W+1QKoZK
>>265 アポロが捏造ならNASAはSPEを恐れる必要などない。
逆にNASAが万一の事を想定したということは,逆にアポロミッションが
  真実であるという証左に他ならない。
  この論文は宇宙放射能の危険性について論じているにすぎず、アポロについて
  否定的な見解は皆無。
  そればかりか、近い将来の月面居住施設や火星有人活動計画にまで言及して
  おり、それらは当然アポロ計画を含むNASAのこれまでの成果を踏まえた発言で
  ある。


272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/23(日) 22:44:42.42 ID:i/lBgqFw
>>262-267 同じコピペの繰り返し=思考能力 停止状態 




273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 20:16:02.80 ID:RP00hwTh
>>263-267

JAXA /文部科学省は、アポロの説明責任を拒否?


274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 20:30:44.94 ID:TvVRqGJA
>>273
なぜ、jaxaにアポロ計画を説明する必要が?

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 20:34:10.78 ID:yxt4KyXD
ネス湖のネッシーと同じレベルの大嘘。

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/24(月) 20:47:21.00 ID:TvVRqGJA
アポロ捏造説がね

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/27(木) 16:10:58.12 ID:TbgoS/Tq
月旅行について捏造派の見解を聞きたい。
http://www.jtb.co.jp/space/moon.asp
そんなものは何年たっても実現しない ってことか?

くだらんコピペしかできない無能でなければ、答えられるはず

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/27(木) 17:22:10.97 ID:+emDfrXh
元NASA職員が秘密文書を公開【アポロ捏造の確たる証拠】
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/river/1316319968/

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/28(金) 01:43:25.44 ID:yRSQWPcC
134 :名無しのひみつ:2009/09/30(水) 18:23:33 ID:pYPi2s07


……………………………………………………………………………………
    JAXA ウェブサイトへようこそ
   〜 Welcome to JAXA Website 〜
……………………………………………………………………………………
2008/6/26  ○×様

宇宙航空研究開発機構(JAXA)ウェブサイトをご利用いただき、
ありがとうございます。

残念ながら私共もアポロ計画の当事者ではありませんので、月面着陸が
真実であった証拠などをお示しすることはできませんが、現在までの宇
宙開発技術の発達の経緯などを見る限り、月面着陸が真実ではなかった
とは考えられません。
また、仮に真実でなかった場合には、当時競争関係にあった旧ソ連をは
じめマスコミや世論全体が追求しないままでいるとは到底思えません。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)
http://www.jaxa.jp/pr/inquiries/index_j.html




無知なマスコミや世論全体に、検証責任を転嫁している時点で終了。



280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/28(金) 09:03:45.23 ID:IB8JWZzY
検証責任w

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/28(金) 13:08:14.48 ID:oMWajicK
∈(・ω・)∋ダムー

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/29(土) 18:52:39.35 ID:R0EztrdO
>>279

旧ソ連(の宇宙関係者は)はとうてい無知とはいえないがな.

と切り替えすとどうせ,旧ソ連も巻き込んだ陰謀論と反論するつもりだろうな.


最近では日本,中国,インドも月探査機を送り込む時代で,
中には高精度の月映像を送ってきていたりするんだが,
宇宙開発国全てを巻き込む陰謀論とかいい始めれば,
まあそろそろ「自分以外の世界全てが陰謀をたくらんでいる」段階だな.

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/30(日) 10:22:37.57 ID:vFs+nWzZ
>>279

2008/6月以降、JAXA/ISAS、国立天文台、東大京大、文部科学省等で
アポロを肯定する人はゼロですか?


284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/30(日) 12:11:09.16 ID:OqJ8Ylah
検証責任を転嫁とかいう前に、JAXAの答弁は十分理解できるものなので、まず、その答弁に対して、直接的な反論をしてみたら?
論点をはぐらかしてるのはあなたですよ。

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/30(日) 20:16:48.29 ID:sJ6Jz92h
つか、検証責任ってなんなんだとw
単に捏造論者が何年経っても捏造を証明出来ないだけで、そんなものに付き合うギリは誰にも無いだけ。
要は相手にされてないだけなんだが、それをもって「検証責任を果たしてない」とかいう言葉で責任を転嫁してるわけだ。
いきなり適当な人間を指さして、こいつは人殺しだ! と叫んでも普通は誰も相手しない。ちゃんと根拠や証拠がいる。
その根拠や証拠にまるで説得力がなければ、無視される。
が、捏造論者はなぜかここで「無罪の証明をお前達がしろ! 出来ないなら有罪!」と叫び出す。
もちろん、そんな義務は誰にも無い。有罪であることを主張するなら、有罪であることを立証する義務は告発者が負わなければならない。
もっとも、それが出来ないから立証責任を転嫁したりするわけなんだが。



286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/30(日) 20:35:33.50 ID:fBPEmTlo
「無罪の証明ができなければ、お前は有罪!」
って、魔女裁判のときにやったやつだね。

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/31(月) 02:47:55.52 ID:ANpNwIEy
どんな写真も、どんな映像もどんな文献もどんな証言も捏造論者は、すべて
信じないのだから、たぶんロケットに乗せて月に送っても信じないんじゃない。



288 :無限ループ:2011/10/31(月) 14:08:11.79 ID:Xipl9cmJ
――こいつが殺人犯だ(月着陸は捏造だ)
何か証拠があるの?
――俺がそう思うから間違いない
だから、その根拠は?
――髪型が怪しい(写真は捏造だ)
――歩き方が怪しい(映像は捏造だ)
――服装が怪しい(月の石は偽物だ)
だから、その根拠は?
――こいつが殺人犯(捏造)に決まっている
アリバイがあるんだが(反射板、かぐや・LROのデータ)
――すべて捏造だ
その根拠は?
――俺がそう思うから間違いない

  以上の繰り返し


289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/31(月) 19:13:15.35 ID:9jlLC1uf
魔女裁判で良いなら、こっちとしても楽なんだけどね・・・

「アポロ計画を信じないやつは、すべて生きたまま火あぶり!」
で良いんだから。

ただ、科学屋さんにはそれができない。

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/31(月) 19:21:02.32 ID:JrW1qjR7
魔女裁判なギルティを突きつけてきているのは捏造派なんだが。


291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/01(火) 16:38:39.88 ID:aENOuIIu
>>284 JAXAの職員も暇じゃないんだから アホ(捏造派)の相手させるのは
 どうかと? 

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/01(火) 21:38:47.05 ID:o9roSY10
捏造厨は

放火殺人で死刑になりそうだから、
死刑は残酷だから反対!
と話題のすり替えに必死なあの被告に似ている。

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/01(火) 22:28:36.21 ID:ZIzikYpc
>>292
はあ?意味わかんねってばよ。頭大丈夫か?

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/02(水) 20:07:15.37 ID:3kVeexSt
>>293
必死な人、乙です。

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/05(土) 09:28:01.84 ID:E3p1pPwf
134 :名無しのひみつ:2009/09/30(水) 18:23:33 ID:pYPi2s07


……………………………………………………………………………………
    JAXA ウェブサイトへようこそ
   〜 Welcome to JAXA Website 〜
……………………………………………………………………………………
2008/6/26  ○×様

宇宙航空研究開発機構(JAXA)ウェブサイトをご利用いただき、
ありがとうございます。

残念ながら私共もアポロ計画の当事者ではありませんので、月面着陸が
真実であった証拠などをお示しすることはできませんが、現在までの宇
宙開発技術の発達の経緯などを見る限り、月面着陸が真実ではなかった
とは考えられません。
また、仮に真実でなかった場合には、当時競争関係にあった旧ソ連をは
じめマスコミや世論全体が追求しないままでいるとは到底思えません。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)
http://www.jaxa.jp/pr/inquiries/index_j.html




無知なマスコミや世論全体に、検証責任を転嫁している時点で終了。


296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/05(土) 09:29:56.64 ID:E3p1pPwf
>>295

ISAS/JAXA 内の大半は、アポロ無視派&懐疑派&否定派(2011.10 現在)
国立天文台、主要大学等も


TeV領域の宇宙放射線環境の調査を開始(ISAS/JAXA)
http://surc.isas.ac.jp/SpaceUtilizRes/SUR24_Proceedings/M-21%20torii.pdf

国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験モジュール曝露部(JEM/EF)に搭載を計画している、
CALET(Calorimetric Electron Telescope)では、TeV領域
までの電子、ガンマ線観測と1000TeV領域に及ぶ陽子、原子核観測により、宇宙線の加速、伝播
を総合的に解明することが可能である。


ISAS/JAXA 2007 
生体組織等価位置有感比例計数管による宇宙放射線線量当量計測器の開発III
http://surc.isas.ac.jp/SpaceUtilizRes/SUR23_Proceedings/093_Terasawa.pdf

JAXA/早大  寺沢和洋、道家忠義
早稲田大学  永吉勉、藤田康信、石田幸司、菊池順
京都大学  身内賢太朗、高田淳史、西村広展、窪秀利、谷森達
KEK  佐々木慎一、俵裕子、齋藤究
JAXA  松本晴久、込山立人
放医研  内堀幸夫、北村尚

大気の存在しない月面もしくは大気が希薄な天体(火星の大気は地球の1 %)においては、宇宙放射線
による被曝から決して逃れることができない。従って、月、火星の表面での滞在時は宇宙船内での
滞在時と同程度かそれ以上の宇宙放射線被曝を絶えず受けることになるであろう。
大型の太陽フレアに遭遇した際には、たちまち ★ 致死量に至る被曝を受けることになろう。


297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/05(土) 09:31:05.03 ID:kDAdIzB0
そもそも、おまえはそこで終了していいのか?って話だよな。
逃げ道必死で見つけてんじゃねーよw


298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/05(土) 09:32:18.24 ID:kDAdIzB0
だれがどーしたとかは良いから、NASAの公開してる情報に、具体的に指摘してくれ。

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/06(日) 20:59:08.70 ID:cx95qw5s
捏造厨は英文読めないから無理

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/07(月) 20:48:43.47 ID:PBi1QhUf
300なら、アポロ捏造厨は敗北して逃走。

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/08(火) 00:30:53.07 ID:pGZJnryT
真実を暴くのは論じゃなくて>>296のような証拠だわな。議論は無意味

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/08(火) 00:50:37.51 ID:x7MnxRZX
大型の太陽フレアの直撃をアポロは受けてないからね。
受けてたら、アウトだった可能性は高いが受けてないから関係罠。
一年以上も宇宙にいることになるような火星有人探査とかだと、さすがに確率的に大型の太陽フレアを避けることは難しいからね。
そのための事前調査や対策準備はこれは大切だ。

で、何が証拠だって?

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/08(火) 01:18:13.13 ID:pGZJnryT
飛行士黒こげにしたら威信とやらも台無しだなww大バクチ

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/08(火) 09:56:02.87 ID:8INyNDW8
宇宙飛行なんて全部ばくちだろ。アポロ(11より前)でもスペシャでも飛行士なんか
何人も黒焦げにしてるが別に威信も何もちっとも台無しになってはないがな。


305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/08(火) 10:08:12.87 ID:j4jJ58nh
だからつまり、命懸けの人類の偉大な一歩な訳だが。
研究者だって人生を捧げてる。

馬鹿は馬鹿の世界でしか物事がわからないんだよ。
言ってて虚しくなるが。

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/08(火) 10:17:42.67 ID:tYcgAsnp
>>296
のリンクのpdfさ。
原文。

>大気の存在しない月面もしくは大気が希薄な天体(火星の大気は地球の 1 %)においては、宇宙放射線
>による被曝から決して逃れることができない。従って、月、火星の表面での滞在時は宇宙船内での
>滞在時と同程度かそれ以上の宇宙放射線被曝を絶えず受けることになるであろう。

>(更に、十分な遮蔽体のないまま超)

>大型の太陽フレアに遭遇した際には、たちまち致死量に至る被曝を受けることになろう。


>>296の文章
大気の存在しない月面もしくは大気が希薄な天体(火星の大気は地球の1 %)においては、宇宙放射線
による被曝から決して逃れることができない。従って、月、火星の表面での滞在時は宇宙船内での
滞在時と同程度かそれ以上の宇宙放射線被曝を絶えず受けることになるであろう。
大型の太陽フレアに遭遇した際には、たちまち ★ 致死量に至る被曝を受けることになろう。


なんで、わざわざ「更に、十分な遮蔽体のないまま超」の部分を削ってコピペしてんの?

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/08(火) 18:41:55.69 ID:641sD5/r
>>806
アポロ捏造厨による印象操作。

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/09(水) 00:34:13.83 ID:+fGlam/j
アポロ最終年には近いタイミングで2度ほどの頻発期があって
予報にズレが生じてたらヤバかったね
的なことは過去スレでもあったな

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/09(水) 04:47:28.79 ID:4EpZD/Rg
>>1-1000
なんだ全員アポロ捏造派じゃん。

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/09(水) 16:58:33.32 ID:ASGc0ncX
>>309
自己紹介乙。

俺は違うけどね。

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/12(土) 01:36:23.86 ID:ngKkLQAY
まぁネットも携帯もCDも無い時代に
月に有人飛行は出来る訳ないわな

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/12(土) 07:29:06.62 ID:xUeHXGlh
CDの発明自体はアポロ11号より前

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/12(土) 08:44:43.07 ID:6kHSC39i
>>311
アポロ捏造厨の、根拠のない断定でした。

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/12(土) 09:44:33.81 ID:ntXiEfUI
>>295-296

2008/6月以降、JAXA/ISAS、国立天文台、東大京大、文部科学省等で
アポロを肯定する人はゼロ?


315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/12(土) 11:03:58.06 ID:NFVFaExi
本当に行ったんだったら、
40年経った今、あの月面に設置した国旗のドアップ写真を撮って、
なおかつ第三者にそれがCGじゃないかの判定をしてもらって・・・それを世間に公表する
ぐらいの事しろよ。簡単にできんだろ、それぐらい。

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/12(土) 11:27:09.14 ID:6kHSC39i
>>315
ぜひアポロ捏造厨さんに、確認作業をお願いします。

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/13(日) 00:51:19.51 ID:IG/TuEGI
>
> 2008/6月以降、JAXA/ISAS、国立天文台、東大京大、文部科学省等で
> アポロを肯定する人はゼロ?


ゼロだよね

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/13(日) 01:03:06.81 ID:5WX14BHH
>>315 アポロで記録した写真や映像を根拠もなく捏造だと言ってるアホは、何見ても
   信じないんだから、意味なし。

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/13(日) 09:55:44.59 ID:aSqPxmur
>>315
静かの海へ行って、その写真を撮影してきてよ。
あ、写真を地球に送るだけでいいよ。
帰ってこなくていいから。

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/13(日) 14:30:02.61 ID:bT89ctwS
まぁ日中印が軟着陸に積極的だし、どこかがボーナスミッションとしてローバー送り込んだりすんじゃね?
まぁデータ転送するんだから、当然CGなんだがw

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/13(日) 19:05:35.21 ID:DAvmLdqn
捏造に決まってるやんけ
行ってればスペースシャトルも月まで
飛んでるがな

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/14(月) 06:01:18.67 ID:YLQd3g46
今でさえ到底不可能なのに
40年前に月に行って帰ってきたとか半端ねーっすwwwwww

323 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/14(月) 10:58:37.20 ID:UQf1YYKS
>まぁ日中印が軟着陸に積極的

支那が絡むなら日本は抜けよう

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/16(水) 10:06:06.70 ID:5G3nIQY6
>>321 >>322 主張するのは勝手だが、>>134>>136の質問に答えてくれよ


326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/16(水) 12:15:25.56 ID:ivprS2Ei
>>321 「こいつが犯人に決まってるやんけ」 だけで 犯人になるのか?
    証拠ってものがいるんだよ。
 アポロの写真が捏造であると、誰か写真の専門家が述べてる文献とかあるなら
 教えてくれよ。
>>322 アポロが捏造だと言ってる天文学者がいるなら、どこの誰か教えてくれ。
  ど素人の妄想だけで物言うのはやめてくれ

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/16(水) 13:05:49.66 ID:2Eom0JqP
>>324
お前、民主党なら誰でも同じだと思ってるクチだろう?

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/17(木) 03:01:30.12 ID:lwj0zGuV
捏造に決まってるやん
LPレコードの時代やで
ラジカセは1スピーカーのモノラルやし
5百円は札
騙されたらアカン

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/17(木) 16:48:53.93 ID:x+YSKBhs
>>328
69年あたりなら、100円札も普通にあったんだけど、
にわかなやつは知らないか?

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/17(木) 19:31:07.29 ID:30gfL5hW
サラウンド自体はずっと昔からある
そして上記の通り、既にCDの雛型は誕生済み

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/17(木) 21:58:22.80 ID:vZbu4BGO
>>328 だから、そのアナログの時代にどうやってこの映像を捏造できたのか
と聞いているんだよ。
詳細なクレーターに至るまで最新のグーグルムーンと完全に一致している。
その写真はかぐやのデータとも完全に一致している。
高解像度のLROでは、フットステップまで写っている。
現地に行かずにその詳細なデータをどうやって入手したのか教えてくれ。

CG技術のなかった当時、実物を撮影しない限り映像化が不可能な映像もある。
下に示した動画では、月面車に搭乗した宇宙飛行士が延々月面の風景を映像に
収め続けている。

http://www.youtube.com/watch?v=CG-WBA17Mm8&feature=related

この映像を撮影するには地平線の彼方まで続く月面のセットをたてて、
なおかつ太陽並みの強力なライト一つでその全てを照らさなければならない。
説明した通り、複数のライトを使うと影も複数できてバレてしまうからだ。
仮に夜の砂漠で撮影するとしても、はるか彼方まで一つのライトで強力かつ
均一に照らす事は不可能である。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1168071

特撮技術に詳しい人なら、これを1971年の技術で撮影するのは不可能で
あることは容易に納得していただけるだろう。今みたいなリアルなCG
などなく(せいぜいワイヤーフレーム)、デジタル合成もできなかった時代。
当時最高の技術を駆使した『2001年宇宙の旅』でも、こんな視点移動は
できなかった。
 1971年にこんな映像が捏造できたとしたら、それこそオーパーツ
というものである。



332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/18(金) 01:03:06.91 ID:zUWmzNqd
>>331
恐らく、JAXAもISROもグルだとか言い出すと予想

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/18(金) 02:58:24.42 ID:dIIbLXTn
色からしても偽物。
月の地面は真っ黒だから。

そーいう地球の砂浜のような色ではない。

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/18(金) 03:13:08.11 ID:RWEGcZ+W
まぁ俺も昔は日本軍が南京大虐殺してたと騙されてたなぁ

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/18(金) 17:13:57.90 ID:qMdaaEA6
>>333
一度引きこもりをやめて、カメラを持って外に出てはどうだい?

カメラの露出計は、どのような状況でも
とりあえずグレーをだすように、作られているんだよね。




おっと、ここで使うカメラは、デジカメじゃないから。

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/18(金) 19:09:58.22 ID:u61yx1sy

>この映像を撮影するには地平線の彼方まで続く月面のセットをたてて、
なおかつ太陽並みの強力なライト一つでその全てを照らさなければならない。
説明した通り、複数のライトを使うと影も複数できてバレてしまうからだ。
仮に夜の砂漠で撮影するとしても、はるか彼方まで一つのライトで強力かつ
均一に照らす事は不可能である。


こんなもん、撮影後の映像処理でどうとでもなるだろ。たとえ40年前でも。

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/18(金) 19:26:11.51 ID:2JWczjWq
どうにでもなってたら、キューブリックはもっとラク出来ただろうね。


338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/18(金) 20:12:55.15 ID:BMYHWG7o




       ○   月 (350000km)







       気象衛星他  (35000km)      ← 有人は 100年後?




10000km - - - - - - - - - - - - - - - -    
 
       (ヴァン・アレン帯)

       外気圏

800km - - - - - - - - - - - - - - - - -

       熱圏 (ISS 350km)         ← 現在のロシア
80km - - - - - - - - - - - - - - - - - -   ← 現在のアメリカ ★
       中間圏・成層圏
10km - - - - - - - - - - - - - - - - - -
       対流圏
地表 - - - - - - - - - - - - - - - - - -


339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/18(金) 20:13:41.16 ID:BMYHWG7o

JAXA 宇宙放射線データ
http://airex.tksc.jaxa.jp/dr/prc/japan/contents/AA0063585008/63585008.pdf

Mクラスのフレア(年 280回発生) ≒ 0.1Sv
Xクラスのフレア(年 20回発生)  ≒  1Sv (準致死量)
X10クラスのフレア(年 1回発生)  ≒ 10Sv (致死量)


○太陽観測衛星『ひので』(SOLAR-B)が観測した巨大フレア 
自然科学研究機構 国立天文台
http://hinode.nao.ac.jp/news/070321Flare

太陽フレアは、太陽系内最大の爆発現象である。太陽フレアが発生すると、エックス線(X線)
ガンマ線から紫外線や可視光線、電波にいたるまでのさまざまな波長域で増光が見られる。
また、フレアに伴い莫大なプラズマが惑星間空間に放出されることがある(中略)
また太陽フレアにより磁気嵐やオーロラ現象が発生したり、地球近傍の衛星や無線通信に悪影響
を与えることがしばしばあり、地球磁気圏外では、放射線や高エネルギー粒子が宇宙飛行士の
◆ 致死量を超えることもある。


340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/18(金) 20:16:25.29 ID:BMYHWG7o

宇宙放射線(JAXA)
http://edu.jaxa.jp/seeds/pdf/2_radiation.pdf

X線は太陽フレア爆発の時に最初に飛んでくる放射線であり、電磁波の一つであるX線もまた、
太陽面爆発などを光学的に観測できた時と全く同着ですでに月面に到達し始めていることとなり、
巨大SPE の場合などにはX線の強度は、数分で重大な影響を人に及ぼすくらい高いものとなる

(トピックス1: アポロ計画の行われた時代、NASA が密かに最も恐れていたのは、すでにすぐ
には地球へ戻れない位置に宇宙船が到達している段階で、この巨大SPE などが突如として起こ
ることだったと言われる。もし、それが現実に起きていたら、ほとんどそのレベルの放射線に対して
は遮蔽がないに等しい宇宙船の中にいる宇宙飛行士は致死的な放射線を被曝せざるをえないと
考えられたからである)


人工衛星つばさデータ(JAXA/文部科学省)
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/uchuu/gijiroku/h17/suishin01/004.pdf

1年強のミッション期間の累計放射線量は
電子線の一部だけで、2000グレイ(シーベル)
最低致死量の約 1000倍。


341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/18(金) 20:19:33.98 ID:BMYHWG7o

■ ISAS/JAXA 2007 
生体組織等価位置有感比例計数管による宇宙放射線線量当量計測器の開発III
http://surc.isas.ac.jp/SpaceUtilizRes/SUR23_Proceedings/093_Terasawa.pdf

JAXA/早大  寺沢和洋、道家忠義
早稲田大学  永吉勉、藤田康信、石田幸司、菊池順
京都大学  身内賢太朗、高田淳史、西村広展、窪秀利、谷森達
KEK  佐々木慎一、俵裕子、齋藤究
JAXA  松本晴久、込山立人
放医研  内堀幸夫、北村尚

(引用)
安全性の確保といった場合に、最も問題になることの一つは、宇宙放射線による定常的な被曝である。
大気の存在しない月面もしくは大気が希薄な天体(火星の大気は地球の1 %)においては、宇宙放射線
による被曝から決して逃れることができない。従って、月、火星の表面での滞在時は宇宙船内での
滞在時と同程度かそれ以上の宇宙放射線被曝を絶えず受けることになるであろう。更に、十分な遮蔽体
のないまま超大型の太陽フレアに遭遇した際には、たちまち★致死量に至る被曝を受けることになろう。



342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/19(土) 13:02:47.14 ID:Q1Q+AqMI
>>338見てると、どう考えても捏造としか思えないわw

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/19(土) 17:59:44.52 ID:aR08KYqs
論破できなくなると、ID:BMYHWG7o
みたいな書き込みが出てくるよね。

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/19(土) 20:36:37.73 ID:8AF5KjyI
とりあえずコピペで流すのが好きだよね
負けそうになると卓をひっくり返すような奴w

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/20(日) 00:42:32.15 ID:S6u4r7zp
そういうスクリプトなんだから仕方ない

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/20(日) 01:18:10.67 ID:JOKdbUiP
捏造やんけ
あの頃はベトコンのゲリラ戦でアメ公は殺され捲りやで
そしてベトコン怖いよ〜ってベトナムから撤退してたのう


347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/20(日) 07:25:12.44 ID:vltv0OEP
ID:JOKdbUiP:「外の世界が怖いよ〜」
と言う事ですね?


348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/20(日) 09:40:37.53 ID:CB61MmBj
>>1
現在
ISAS/JAXA、国立天文台、主要大学等の大半は、アポロ無視派&否定派 ですね。


アポロ無視派&否定派の研究者リスト
http://surc.isas.ac.jp/SpaceUtilizRes/SUR23_Proceedings/093_Terasawa.pdf

JAXA/早大  寺沢和洋、道家忠義
早稲田大学  永吉勉、藤田康信、石田幸司、菊池順
京都大学  身内賢太朗、高田淳史、西村広展、窪秀利、谷森達
KEK  佐々木慎一、俵裕子、齋藤究
JAXA  松本晴久、込山立人
放医研  内堀幸夫、北村尚


349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/20(日) 13:46:57.49 ID:lcmdSLiu
>>348
IEが弾いて、見る事が出来ないんだけど・・・
そのアドレスは、存在するのか?

350 :349:2011/11/20(日) 16:08:06.77 ID:vrSapmGY
>>348
PCを変えたんだが、やっぱり見ることができない。

そのアドレス、実は存在しないんじゃないのか?

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/20(日) 19:22:25.82 ID:LEvHKv2I
>>350
http://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=093_terasawa.pdf&source=web&cd=4&ved=
0CDoQFjAD&url=http%3A%2F%2Ftweetbuzz.jp%2Fentry%2F65259639%2Fsurc.isas.ac.jp
%2FSpaceUtilizRes%2FSUR23_Proceedings%2F093_Terasawa.pdf&ei=LdLITrygEI6amQXu1eD5Dw&usg=AFQjCNHsTC3lBl4yXbO8-9wS-8qqeqmQ7Q&cad=rja

ここで3P分見るだけなら出来ます。宇宙線量等量計測機器についての論文みたいですよw
アポロの文字は一つも出ていません。
行が長い、と怒られたので改行入れました。

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/20(日) 19:24:54.73 ID:LEvHKv2I
駄目でしたら"093_Terasawa.pdf"でググれば良さそうです。

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/21(月) 10:27:25.07 ID:XeexLOky
まったく関係無い論文をもってきて、アポロを否定しているとか言い出すのは捏造厨のいつものやり方。
おまけに、しょっちゅう中身を捏造したり意図的に割愛したりするw

354 :349:2011/11/21(月) 17:33:00.70 ID:+4i3yM/W
>>348
ttp://surc.isas.ac.jp/SpaceUtilizRes/SUR23_Proceedings/093_Terasawa.pdf
は、
”生体組織等価位置有感比例計数管による宇宙放射線線量当量計測器の開発III”
と言う論文ですね。

アポロ計画とは無関係な論文です。

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/22(火) 00:09:22.88 ID:6ZZPE3KQ
a

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/23(水) 02:18:49.24 ID:JMZ0fmu0
希望者だけ特攻させたらどうなの?
システムぐらい作れるやろ。

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/23(水) 07:14:35.64 ID:N2OQ2BQ7
>>356
アポロ捏造厨は
「月なんか行けるわけないのに、そんな事できるか!」
と言って、絶対に行かないでしょうね。

だからと言って、アポロ捏造厨以外の人を乗せた
有人月探査を行なって、アポロの遺構を見つけたとしても、
「それは、連中が着陸後に設置した偽物に違いない!」
と言って、アポロ捏造厨が納得することはないでしょう。

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/23(水) 15:33:37.53 ID:XiupSYu0
はやぶさが捏造だとはなぜおもわないの?

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/23(水) 15:47:08.70 ID:N2OQ2BQ7
>>358
アポロ捏造厨の、特異な思考パターンが原因だと思われます。

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/24(木) 07:56:55.54 ID:gRUYHtYq
日本は戦後、国家の威信を捏造によって演出した事が無い。

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/24(木) 19:03:58.62 ID:npbxPHgD
>>360
くすくすくすくす・・・・

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/24(木) 19:07:25.25 ID:S/74XvcW
クスクス
ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/8/8d/Couscous_of_Fes.JPG/800px-Couscous_of_Fes.JPG

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/24(木) 20:03:35.58 ID:B/6VggwS
クスクス
ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/5/5a/Cuscus1.jpg

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/25(金) 13:21:00.64 ID:SksfXIpm
Wikiがソースにならないのも知らんのか

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/26(土) 10:13:40.34 ID:vdoo0Ajb

■ ISAS/JAXA 2007 
生体組織等価位置有感比例計数管による宇宙放射線線量当量計測器の開発III
http://surc.isas.ac.jp/SpaceUtilizRes/SUR23_Proceedings/093_Terasawa.pdf

JAXA/早大  寺沢和洋、道家忠義
早稲田大学  永吉勉、藤田康信、石田幸司、菊池順
京都大学  身内賢太朗、高田淳史、西村広展、窪秀利、谷森達
KEK  佐々木慎一、俵裕子、齋藤究
JAXA  松本晴久、込山立人
放医研  内堀幸夫、北村尚

(引用)
安全性の確保といった場合に、最も問題になることの一つは、宇宙放射線による定常的な被曝である。
大気の存在しない月面もしくは大気が希薄な天体(火星の大気は地球の1 %)においては、宇宙放射線
による被曝から決して逃れることができない。従って、月、火星の表面での滞在時は宇宙船内での
滞在時と同程度かそれ以上の宇宙放射線被曝を絶えず受けることになるであろう。更に、十分な遮蔽体
のないまま超大型の太陽フレアに遭遇した際には、たちまち★致死量に至る被曝を受けることになろう。



アポロ無視派&否定派の研究者リスト


アポロ肯定派の研究者リスト




366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/26(土) 12:29:22.25 ID:XgqKu1K3
>>365 同じコピペの繰り返し → 馬鹿の一つ覚え

その論文のどこにアポロ否定と書いてあるんだ?

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/26(土) 12:49:30.19 ID:V3XeLANU
引用の改ざんをやめたのか。
やっぱり、突っ込まれたからかw




368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/26(土) 15:06:59.31 ID:XgqKu1K3
馬鹿の一つ覚え たち に質問ですが

http://www.jaxa.jp/press/2008/05/20080520_kaguya_j.html

図5では、かぐやの地形カメラの精度の高さを示すためにアポロ宇宙飛行士
のとった写真と比較しているのだが、捏造と言うなら、どうやって40年前に
この写真を撮ったのかな?無人撮影機でもあったのですか?

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/26(土) 17:35:18.22 ID:KZjN6fpa
>>365

超大型の太陽フレアに遭遇すれば,宇宙空間で致死量になるだろうけど,地上にも影響でるだろうね.

1989年10月19日 カナダのケベック州全域の電力網を破壊。9時間にわたり600万世帯が停電
1972年8月4日 シカゴからサンフランシスコの電話線が切れた
1958年2月11日 オーロラが東北、北陸、中部、関東にまで広った
1909年9月25日 オーロラが広島、松山でも観測
1872年2月4、6日 島根県でオーロラ
1859年9月2日 白色フレア、キューバやフロリダでオーロラ(現在までの500年間の最大規模)[14]。アメリカ中の電信局で火災が発生。

アポロ月着陸の時点で対応する事象(通信網,電力網への影響,中緯度でのオーロラなど)を提示してください.



370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/27(日) 02:37:54.36 ID:oscIZDFC
馬鹿の一つ覚えのコピペ貼りまくりしかできない捏造派たちに質問
火星探査車も捏造ですか?
なんでも「ジェット噴射で空中に浮かぶ降下装置からケーブルで
つりさげ地面に下ろす方法を初めて採用した。」そうだが、捏造派から
見れば、そんな技術あるわけないんだろ  

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/27(日) 16:05:52.71 ID:2W6ZjsGP
宇宙放射線を恐れて
ロシア・中華などに
後塵を拝するJAXA

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/27(日) 16:10:51.70 ID:p27FWXWV

【宇宙】月面着陸地点は「米の財産」 NASAが立ち入り禁止案
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1322355072/

人類が初めて月に降り立った米アポロ計画での着陸地点を「歴史的遺産」として立ち入り禁止にする指針を
米航空宇宙局(NASA)が検討していることがわかった。国連の宇宙条約はどの国も自由に宇宙空間に
立ち入りできるとしている。月面での活動や土地利用の国際ルールはなく、議論を呼ぶ動きだ。

米国は月の有人探査計画を中止したものの中国やインドが進めているほか、民間の探査計画も出ている
ことが背景にある。NASAは着陸地点や月面に残した機器類が近い将来、壊される恐れがあるとして
「米国の財産」保護のためだという。朝日新聞に対し「指針に法的な拘束力はない」と説明するが、
月での活動を制限する先例になる可能性がある。

アポロ計画では、1969〜72年に計6回、宇宙飛行士を乗せた宇宙船が月に着陸した。
それ以降、人類は月に行っていない。朝日新聞が入手した指針案では、着陸地点や月面の機器類を
「歴史的・科学的にかけがえのない遺産」と位置づけている。

なかでも最初のアポロ11号(69年)と最後となった17号(72年)の着陸地点は価値が高いと判断。
それぞれ半径2キロ以内の上空を飛行禁止とした。月面でも着陸時に活動した範囲を含む
半径75メートル(11号)、225メートル(17号)以内の立ち入りを禁じる。

さらに研究目的などでNASAと事前協議をした場合を除き、月面の機器類について、汚染を避けるため
接触を禁じる。対象には月探査車や宇宙船の離着陸に使った台座など大型機器から、米国旗、衣類、
食品、排泄(はいせつ)物まで含まれる。

画像
http://www.asahi.com/science/update/1126/images/TKY201111260478.jpg
http://www.asahi.com/science/update/1126/TKY201111260427.html


373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/27(日) 16:20:39.98 ID:p27FWXWV
>>372

6 :名無しさん@12周年:2011/11/27(日) 09:52:21.85 ID:ytXai/3R0
隠蔽工作かw

16 :名無しさん@12周年:2011/11/27(日) 09:55:21.24 ID:pownNriu0
無人で送って、人間の宇宙飛行士はハリウッドで別途撮影。
そら、立ち入ればバレちゃうかもねw

19 :名無しさん@12周年:2011/11/27(日) 09:55:44.38 ID:RPuOclhV0
少なくとも映像は大嘘だったんだろ

34 :名無しさん@12周年:2011/11/27(日) 09:58:41.33 ID:4fve7U9cO
アポロ11号以降は月どころか地球の衛生軌道上すら有人で越えたことないんだよな・・

37 :名無しさん@12周年:2011/11/27(日) 10:00:50.95 ID:l9wVEDRb0
2度目のチャレンジが無い
インチキ臭い月面着陸

55 :名無しさん@12周年:2011/11/27(日) 10:05:13.78 ID:X5e5WQnO0
ははーん、実は国旗なんぞ立っていないのがバレると・・・

72 :名無しさん@12周年:2011/11/27(日) 10:08:08.40 ID:2rpeS9vN0
着陸地点ってニューメキシコのスタジオよね?

109 :名無しさん@12周年:2011/11/27(日) 10:15:07.72 ID:4fve7U9cO
無人探査船での立ち入りも禁止するってことなのかな
アポロの足跡すら調べさせない気かよ
確か離陸時に使った噴射台やらカメラがあったはず

112 :名無しさん@12周年:2011/11/27(日) 10:15:38.49 ID:6ZyErXaR0
人間は地上400キロ上空が限界

113 :名無しさん@12周年:2011/11/27(日) 10:15:42.59 ID:sUERIs4K0
嘘がばれるからw
あの時代に行けて今行けない不合理w
今は大気圏突破で四苦八苦w


374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/27(日) 16:24:54.50 ID:p27FWXWV
>>372
124 :名無しさん@12周年:2011/11/27(日) 10:18:33.80 ID:GJe+mJek0
宇宙の歴史

人類、月に到着

人類、スペーシャトルを発明

人類、なぜか月にいけなくなる

人類、スペーシャトルを失う

146 :名無しさん@12周年:2011/11/27(日) 10:23:01.17 ID:86c8ypTs0
月面着陸も9.11も捏造ってどんな嘘つき国家だよwww

147 :名無しさん@12周年:2011/11/27(日) 10:23:27.68 ID:GJe+mJek0
1969年に簡単に行けた月がなぜか誰もいけない。
そんなギャグ信じられるか。

157 :名無しさん@12周年:2011/11/27(日) 10:25:00.74 ID:9wbxj0RH0
最近テレビで見かけなくなった大槻教授も
人類は月に到達していない。と言ってたな。
おれもその意見に賛成だ。
残された月面着陸映像や写真は地球上で撮影されたものというのが
検証で確認されているし
>1のNASAの施策は月面着陸の嘘がバレるのを回避する為のものでしょう。


375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/27(日) 16:31:41.29 ID:p27FWXWV
>>372
155 :名無しさん@12周年:2011/11/27(日) 10:24:33.74 ID:UYtA7EoH0
>>147
アポロの月面到達って捏造なの?

158 :名無しさん@12周年:2011/11/27(日) 10:25:16.30 ID:HvPV5Vnj0
月着陸ねつ造ばれたら、アメリカ恥ずかしくて自殺もんだろ
逆切れして戦争始めるんかね?

159 :名無しさん@12周年:2011/11/27(日) 10:25:48.31 ID:1C8vpi38O
欺瞞がバレるからだろw
どこの国の政府も隠蔽ばかりだよなw

169 :名無しさん@12周年:2011/11/27(日) 10:27:44.65 ID:Oy976qol0
>>155
確実なのは月の写真にヤラせと思われる写真が混じってること。
ただいい絵が撮れなかったので追加しただけかもしれない。

175 :名無しさん@12周年:2011/11/27(日) 10:28:52.09 ID:tLQvm+Vt0
立ち入り禁止にしたかったら月に行って看板の一つでも立ててこいや。
ん?できないのか?

176 :名無しさん@12周年:2011/11/27(日) 10:29:08.28 ID:NF48WGpR0
おしっこひっかけて、テリトリーを主張する動物の発想。

177 :名無しさん@12周年:2011/11/27(日) 10:29:17.36 ID:1QUaTsgY0
これがアメリカの本質だわな。いつもの事。
受け入れてくれたインディオから
あんだけの大陸奪い取ってんだから
誰もいない土地を自分達の物に
するなんざわけないだろ


376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/27(日) 16:41:45.21 ID:p27FWXWV
>>372
216 :名無しさん@12周年:2011/11/27(日) 10:37:56.64 ID:8yiWgMQv0
さすがインディアン殺して自分の土地にした奴らの末裔だな

231 :名無しさん@12周年:2011/11/27(日) 10:40:31.73 ID:qYxdTJPv0
行ってもない月の土地の占有権を主張とかwww

247 :名無しさん@12周年:2011/11/27(日) 10:42:33.14 ID:d5zIda6+0
さすがはインディアン皆殺しにして大陸まるごと奪った国だな

月も征服とはスケールがでかい

249 :ナナシー ◆7Z771Znye6 :2011/11/27(日) 10:43:58.12 ID:zW9REMRgO
風になびく星条旗きたぁ〜(^○^)

250 :名無しさん@12周年:2011/11/27(日) 10:44:05.33 ID:BkpWQRpM0
置いてった機器類の所有権を主張するのは構わないが
周辺の飛行禁止とか何様よ
自粛要請するとか、協力を仰ぐというのが筋だろ。

251 :名無しさん@12周年:2011/11/27(日) 10:44:18.03 ID:eejwO2BF0
未だに大気圏突破だけでヒーヒー言ってる人類が月面の領土主張が有効になるのなんて何百年後の話なんだか
ま、月面着陸が捏造だってバレるから先に手を打っただけか

272 :名無しさん@12周年:2011/11/27(日) 10:49:16.74 ID:ketZVA5E0
計器も足あとも旗も、そもそも着陸もしてないってことがバレるからな。



377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/27(日) 18:11:05.87 ID:NHAoo0DU
ああ〜、嘘だったんだな。
今日ほど、それを実感した日はない。

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/27(日) 18:25:23.97 ID:zKEA+4bO
どこからか聞こえる、アポロ捏造厨の安堵の声。

「NASAが接近を禁じているのだから、確認に行けるわけないじゃないか!」
って言い訳が、アポロ捏造酎に増えたわけですから。

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/27(日) 19:06:35.55 ID:79nZs2BA
そういや宇宙食できたのってスペースシャトル前後でしょ?
アポロのとき食料・水はどうやってたんだろうね?w

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/27(日) 20:06:58.84 ID:eHd6zWv5
>>379
宇宙食なんざ、ボストーク/マーキュリーの頃からある。

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/27(日) 22:18:15.30 ID:KGlkMh7r
>>379

有人宇宙飛行の初期から宇宙食はあります.
アポロでは,お湯がつかえるようになり,暖かい食事が取れるようになった.

スペースシャトル以降のはまともなトイレかな

宇宙トイレの歴史
http://blog.livedoor.jp/gumdrop_apolo/archives/50243320.html


382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/28(月) 18:32:13.34 ID:HleliLe0
ジェミニ3の時、あまりの宇宙食のまずさから、
地上からサンドイッチを持っていったのは有名な話。

「船長、コンビーフサンドはカラシ抜きのやつにするかい?」

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/28(月) 19:08:43.77 ID:zNkInPO1
ID:eHd6zWv5
ID:KGlkMh7r
ID:HleliLe0


384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/28(月) 19:57:02.66 ID:yplLNUyM
なんか怪しい・・・。月面着陸地点、NASAが立ち入り禁止案 上空飛行も禁止
http://news.2chblog.jp/archives/51657011.html?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter


385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/28(月) 20:02:44.61 ID:yplLNUyM
>>372
アメリカ、国連の宇宙条約違反を強制。


第1条 月その他の天体を含む宇宙空間の探査及び利用は、すべての国の利益のために、
その経済的又は科学的発展の程度にかかわりなく行われるものであり、全人類に認められる活動分野である。
月その他の天体を含む宇宙空間は、すべての国がいかなる種類の差別もなく、平等の基礎に立ち、
かつ、国際法に従って、自由に探査し及び利用できるものとし、また天体のすべての地域への立入は、自由である。
月その他の天体を含む宇宙空間における科学的調査は、自由であり、
また、諸国はこの調査における国際協力を容易にし、かつ、奨励するものとする。

http://www.jaxa.jp/library/space_law/chapter_1/1-2-2-5_j.html

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/29(火) 00:48:51.80 ID:9n8kKsMs
>>385
第9条
条約の当事国は、月その他の天体を含む宇宙空間の探査及び利用において、
協力及び相互援助の原則に従うものとし、かつ、条約の他のすべての当事国の
対応する利益に妥当な考慮を払って、月その他の天体を含む宇宙空間における
すべての活動を行うものとする。
条約の当事国は、自国又は自国民によって計画された月その他の天体を含む
宇宙空間における活動又は実験が月その他の天体を含む宇宙空間の平和的
探査及び利用における他の当事国の活動に潜在的に有害な干渉を及ぼす
おそれがあると信ずる理由があるときは、その活動又は実験が行われる前に、
適当な国際的協議を行うものとする。
条約の当事国は、他の当事国が計画した月その他の天体を含む宇宙空間に
おける活動又は実験が月その他の天体を含む宇宙空間の平和的な探査及び
利用における活動に潜在的に有害な干渉を及ぼすおそれがあると信ずる理由が
あるときは、その活動又は実験に関する協議を要請することができる。

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/30(水) 07:18:37.84 ID:zbFBU3Xg
>>382
でもそれ結局食べなかったんでしょ?

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/30(水) 07:52:27.34 ID:0xQe4q6g
>>387
普通に食べた。

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/30(水) 08:00:18.48 ID:0xQe4q6g
>>387
すまん、検索したら食わなかったとする説も多いな。

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/30(水) 08:03:45.57 ID:0xQe4q6g
英語版ウィキペディアだとちょっとかじったが、パンくずが散ったので
残りは仕舞ったというようなことが書いてあるな。

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/30(水) 16:05:06.81 ID:AOPK24eq
>>390
Wikipediaか。まあこんな資料持ってる奴はいないからしょうがないね

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/30(水) 16:49:25.14 ID:BTCdBvcu
ジェミニ3が帰還後に中をばらしてみたら、計器板の隙間
などから、パンくずが出てきて・・・・

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/30(水) 17:59:06.39 ID:Uq6IGltq
ココはアポロ肯定派の人が多いみたいなんで質問なんですが、
周辺立ち入り禁止はともかく上空飛行禁止ってどういう意図があるのか
意見お聞かせ願えないでしょうか?

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/30(水) 18:45:47.78 ID:rIN2KA/W
>>393

検討段階の話だから,あまり真面目に議論してもどうかとおもうが(スクープされたが立ち消えなんてよくある),
「半径2キロ以内の上空を飛行禁止」
なんで,墜落防止程度の意味しかない.
この距離だと高精度のカメラでは分解能数 mm

ちなみに,月への無人探査機は最終的には月面に制御落下させる.

アメリカ国内法では他国への法的拘束力がないので,世界遺産申請とかかな?


395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/30(水) 19:20:44.48 ID:glHPCEWH
上空で事故って、着陸痕に落っこちたりしないようにって程度だろうね。
あとは上から降ってくるもので汚染されたりしないようにとか。


396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/30(水) 19:42:11.46 ID:IPpxFJRb
>>393
宇宙機の噴射及び、それによって叩き出された月面の表土(レゴリス)が、月面上の遺構に傷を
つけてしまう事、又その推薬が遺構を汚染するのを避けるためです。
そのような破壊の一例としては、Apollo12号が、Surveyor3号の一部部品を持ち帰った際、当初
部品に宇宙風化の痕跡が見られる旨の発表がされましたが、後にそれが主としてApollo12号の
着陸時に付けられた傷であることが判明しています。(下のリンクの2ページ目Space weatheringの項)
ttp://www.lpi.usra.edu/meetings/lpsc2009/pdf/1697.pdf

後は>>395の方の仰るとおり、宇宙機がアンコントローラブルになった際の緩衝間隔の意味があります。

NASAの勧告に関しては、
ttp://lunasox.gsfc.nasa.gov/News_archive/Laursen20110902_Science_NASA-to-launch-guidelines-to-protect-lunar-artifacts.pdf
のSCIENCEの記事が良く纏まっているのではないでしょうか。
勧告本文は以下で読むことができますが、67ページの長々しい文章です。
NASA’s Recommendations to Space-Faring Entities:How to Protect and Preserve the
Historic and Scientific Value of U.S. Government Lunar Artifacts
(宇宙旅行の団体に対するNASAの勧告:如何にしてアメリカ政府所有の月の人工物の歴史的、科学的な
価値を保存するか)
ttp://www.collectspace.com/news/NASA-USG_lunar_historic_sites.pdf


397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/30(水) 21:00:38.58 ID:LS/PSua9
禁止にすれば、誰も「旗なんかなかったぞ」って公に発言できないもんねw
法律を犯してる訳だから。

法律が制定される前に、ちゃっと月へいって
捏造を明るみに出して欲しい。

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 01:24:18.65 ID:j50TmMQ/
捏造派にもいろいろあるもんだ。宇宙放射能の影響で人間はバンアレン帯
以遠にはいけないというのが捏造の根拠としてたのではなかったの?
月に行けるのか、行けないのかどっちなんだ?
人類が月に行けないのなら、遺産保護など検討する必要もないこと。
今や50cmの解像度で月面撮影できるオービターがあるんだよ。


399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 01:49:03.00 ID:tXOf/Y9k
397
旗なかったのか?
まぁな、考えて見れば、そんなもんだろうな、。
月に行く気ありありなの?
月に比重掛けたり、触るなよ。
天体に意味ある役割。

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 07:44:09.20 ID:Zy8cxhvn
>>391
ガス・グリソムの著書に記述があるらしいが俺は未読。
まあ、ご存知の通り彼はアポロ1号で死亡したので
真実を知るのはジョン・ヤングただ一人だろう。


401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 08:58:52.38 ID:V07VTl+b
>>400
和訳版出してほしいな。ピートコンラッドやジーンクランツのも読みたい。

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 12:36:05.66 ID:KVlb3X9y
>>397

指針案では
半径2キロ以内の上空を飛行禁止
月面上では半径75メートル以内の立ち入り禁止

で,これくらいの距離なら民生用のカメラでさえ,分解能 1cm 以下は可能なので
旗の確認には支障なし.


403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 17:08:50.40 ID:ez8XKUpR
なんで、いまだに明確な
旗映像が出まわらないんだ?

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 17:10:15.06 ID:Zy8cxhvn
>>401
「ジェミニよ永遠に」というタイトルで和訳されているのだが
なにせ出版が1968年なのですでに絶版。

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 17:17:57.62 ID:KVlb3X9y
>>403

アポロのときに宇宙飛行士が撮影したものがあるじゃないか.


406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 17:30:03.25 ID:KVlb3X9y
>>398

ルナーリコネッサンスオービターですか.

http://www.nasa.gov/mission_pages/LRO/multimedia/lroimages/apollosites.html

http://www.nasa.gov/mission_pages/LRO/news/apollo-sites.html

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2011090801&expand&source=gnews

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Apollo_17_LM_Challenger_LRO.png

NASA と独立な機関のものとしては,解像度は劣るが,かぐやとチャンドラヤーン1号の画像もあるな.

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 18:03:00.88 ID:wwj2Nvwx
当時の機械性能では真空状態で重力の小さい月での着陸は困難と言うより無理だ。

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 18:14:01.70 ID:KVlb3X9y
>>407

つまり,サーベイヤー(1966年から1968年)も,ルナ9号(1966年),ルノホート(1970年),
ルナ16号(1970年),ルナ20号(1972年)、ルナ24号
すべて捏造だったという新説ですか?

アメリカと旧ソ連を巻き込む陰謀説ですな.

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 18:53:33.25 ID:wwj2Nvwx
>>408
それとアポロじゃ
状況が違う

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 19:08:48.59 ID:cr49zAJF
>>409
何が違う?

まぁ、軟着陸にエァバック使ったルナ9号系は、例外と言えるかも知らんが・・・


ぜひ、サーベイヤーとかルナ16号系と
アポロのLMとの違いを、具体的に
教えてもらいたいところですね。
無人と有人との違いの他に、何かあるんですかね。

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 19:13:25.17 ID:dT80O7z5
あれ、でも月の上空って高度何キロ?そんな定義あったっけ?
その辺も決めることになるのかな。

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 19:15:41.97 ID:wwj2Nvwx
>>410
重量的なものです。

413 :410:2011/12/01(木) 19:17:34.78 ID:cr49zAJF
>>412
重量が違うと、何か問題でもあるの?

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 19:53:23.63 ID:wwj2Nvwx
着陸時の衝撃が大きくなってしまう。


415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 19:55:55.79 ID:KVlb3X9y
>>409

何を言いたいのか分からないが,

アポ捏造論者は
アポロ前後に月に軟着陸した(複数の)無人探査機については
否定していないということですか?

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 20:20:31.44 ID:wwj2Nvwx
着陸したアポロの重量14tに対して無人探査機の重量は300s程度差があり過ぎる上にアポロは手動で着陸したらしいじゃないか
そんな精密な操作が人間にできるのか?

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 20:32:28.06 ID:Zy8cxhvn
>>416
操縦するって言っても機械のアシストが全くないわけじゃないんだが。

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 20:37:19.84 ID:wwj2Nvwx
たしか全手動だったはず…

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 22:29:08.52 ID:rj7I8L+K
当時ならなおさら全自動の方がよっぽど難しいとしか思えないがな。
航空機だって地上の支援なしに着陸なんつったらほとんど手動でしか
できんね。あと、14tなんて重量はエンジンの出力の問題だけで
全然大した重量じゃないね。空気がない分操縦は楽になるよ。乱気流という
ややこしい要素がなくなるからね。むしろ地球から3000tのロケット
打ち上げる方がよっぽど難しそう。


420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/02(金) 09:01:56.63 ID:3akZNJ7s
>>416 地上からの遠隔操作で着陸する方が簡単だと?

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/02(金) 13:15:11.52 ID:E0A1fSHU
ソ連はやっとるな

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/02(金) 13:52:58.02 ID:VO/S31LP
地球での訓練と
月での実演はまったくちがうだろ
しかも
人類史上始めてなら
なおさらだ




423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/02(金) 15:55:52.82 ID:vgzSi4+g
古川さん
無重力からの重力の転換
重圧だな

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/02(金) 15:56:14.88 ID:vgzSi4+g
気圧も変わらない?

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/02(金) 17:07:20.90 ID:spmYCnh0
>>422
1969年に、月に着陸するミッションが複数あるのはなぜだと思う?

>>424
どこの気圧?
ISSやスペースシャトル、ソユーズカプセルの中は、
基本的に酸素と窒素の混合気体で1気圧になったるはずだが。

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/02(金) 17:38:47.71 ID:NW8bo34I
>>416
> そんな精密な操作が人間にできるのか?

当初の主張では
>>407
> 当時の機械性能では真空状態で重力の小さい月での着陸は困難と言うより無理だ。

だったが,機械性能のみが頼りな無人探査機の月着陸の例をあげると,
「(当時にの機械にはできて),人間にはできない」
といつの間にか主張変更したのでしょうか?


427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/02(金) 17:46:24.98 ID:NW8bo34I
>>412
>>416

無人探査機で約300kg の重量と言うとアメリカのサーベーヤーのことかな?

旧ソ連のルナー16号は無人探査機でも 5.6t ある(アポロの月着陸船の 1/3)けど.

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%8A16%E5%8F%B7

http://en.wikipedia.org/wiki/Luna_16

当時の機械技術でよくやったと感心する(月の土壌のサンプルリターンまで).

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/02(金) 18:33:20.10 ID:spmYCnh0
ルナ15号とか23号とか、月着陸に失敗してるけどね。
仮に15号でサンプルリターンに成功していれば、米国の
決死的な努力を無に帰すこともできたんだけどね。

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/02(金) 19:01:42.68 ID:NW8bo34I
>>416

当時の機械性能は,
>>407
の考えるより上だったが,信頼性は十分とはいえず,訓練を積んだ人間(テス
トパイロット)の方が優れていた場合もあったのはそのとおり.


アポロ13号の例を持ち出すまでもなく,ジェミニ8号の例もある.

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%9F%E3%83%8B8%E5%8F%B7

無人衛星のアジェナとのドッキングのあとに予期せぬスピンが発生し、制御が困難となった。
これは軌道姿勢制御システム(OAMS)の不調によるものであり、船長のアームス
トロングは、OAMSの使用を停止し、逆噴射エンジンを緊急操作することにより、
スピンを制御することに成功した。

http://spaceinfo.jaxa.jp/ja/kaihatu_hikou_gemini8.html

原因はジェミニ8号のほうにあり、操縦用エンジンのひとつが故障して勝手に
噴射していたのです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%82%B0#.E3.82.B8.E3.82.A7.E3.83.9F.E3.83.8B8.E5.8F.B7

しかし不規則な運動はますます激しくなるばかりで、ついに1秒間に1回転する
までになってしまった。原因はジェミニ自体の姿勢制御システムにあることは
明らかであった。飛行後の分析では、回路がショートしてエンジンの一つに誤っ
て点火の指令が出されてしまったのだろうと考えられた。



430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/02(金) 22:10:03.96 ID:r51D8Tkn




       ○   月 (350000km)







       気象衛星他  (35000km)      ← 有人は 100年後?




10000km - - - - - - - - - - - - - - - -    
 
       (ヴァン・アレン帯)

       外気圏

800km - - - - - - - - - - - - - - - - -

       熱圏 (ISS 350km)         ← 現在のロシア
80km - - - - - - - - - - - - - - - - - -   ← 現在のアメリカ ★
       中間圏・成層圏
10km - - - - - - - - - - - - - - - - - -
       対流圏
地表 - - - - - - - - - - - - - - - - - -


431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/02(金) 22:10:43.64 ID:r51D8Tkn

JAXA 宇宙放射線データ
http://airex.tksc.jaxa.jp/dr/prc/japan/contents/AA0063585008/63585008.pdf

Mクラスのフレア(年 280回発生) ≒ 0.1Sv
Xクラスのフレア(年 20回発生)  ≒  1Sv (準致死量)
X10クラスのフレア(年 1回発生)  ≒ 10Sv (致死量)


○太陽観測衛星『ひので』(SOLAR-B)が観測した巨大フレア 
自然科学研究機構 国立天文台
http://hinode.nao.ac.jp/news/070321Flare

太陽フレアは、太陽系内最大の爆発現象である。太陽フレアが発生すると、エックス線(X線)
ガンマ線から紫外線や可視光線、電波にいたるまでのさまざまな波長域で増光が見られる。
また、フレアに伴い莫大なプラズマが惑星間空間に放出されることがある(中略)
また太陽フレアにより磁気嵐やオーロラ現象が発生したり、地球近傍の衛星や無線通信に悪影響
を与えることがしばしばあり、地球磁気圏外では、放射線や高エネルギー粒子が宇宙飛行士の
◆ 致死量を超えることもある。


432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/02(金) 22:13:30.70 ID:r51D8Tkn

(現在の状況)

Q5 人工衛星やスペースシャトルの軌道はどうやって決めるのだろうか?
A5 人工衛星などの使用目的や、宇宙の環境によって決める。(JAXA)

地球のまわりには、太陽や銀河系から「宇宙線」と呼ばれる人体に危険な放射線が
飛び交っている。でも地上から1000〜5000km付近の上空には、「ヴァン・アレン帯」
という地球の磁場で放射線を閉じ込める場所があって、そこから下の高度へふりそそぐ
放射線は かなりさえぎられる。だから、人が生活したり宇宙実験をするには、
人体に安全な、500km以下の軌道高度が選ばれるのだ
http://iss.jaxa.jp/iss_faq/go_space/step_1.html#q5


JAXA・探査衛星つばさ

シールド2mm厚(アルミ20mm相当)で、約 2000 Gy(Sv)という膨大な量の放射線量を、
磁気圏および磁気圏外(静止トランスファー軌道)で被曝。
致死量の400〜1000倍(低軌道比約 3000倍)

(備考)文部科学省/JAXA http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/uchuu/gijiroku/h17/suishin01/004.pdf


433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/02(金) 22:39:58.54 ID:UqcMnxbC
議論に負けるとコピペ荒しか

>>422

アポロ10号で月着陸船で模擬着陸で月面上 15km まで降下したことは知らないのか?


434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 04:38:01.64 ID:78//VMQK
そのJAXAのページ見ると55ページあたりか?被曝線量が出てるの。
これはどうみても遮蔽アルミ12mmで500日もかかって特に
放射線の濃いあたりを長期間うろうろしてそれでも被曝線量が
やっとこ100Gyとしか読めないのだが?アポロでひょいと
バンアレン帯を抜ける位は余裕って事だな。読み方違う?

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 08:57:05.03 ID:Sx+At43f
ええっ?!
未だにあれを捏造ではないとか言う奴いるんだ!



436 :クラウド:2011/12/03(土) 10:19:32.01 ID:lvZm10sz
僕らの生まれてくる
ずっとずっと前にはもう
アポロ11号は月に行ったって言うのに

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 10:37:57.19 ID:bPgL94C4
>>

<掲示板・監視会社>
シエンプレ http://www.siemple.jp


プロ 工作員の特徴

・短時間での反論
・非知性的、罵倒
・1行レス、無駄レス  
・「論破」と、自賛レス
・平日、03〜19時のレス ※
・適当な動画サイトのソース
・異様なアメリカ&韓国志向
・日本を何故か軽視

・国内研究機関(JAXA/ISAS 等)のソースなし。
・定量データ(数値、静止画等)の提示なし 。




※ 今後は、20時以降の書き込みで宜しく〜 >>400-415  >>420-429  



438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 10:42:45.61 ID:nbYlYA45
>>434

アポロでバンアレン帯を抜けるのは,1時間くらいか?
じゃ,遮蔽アルミ 1mm でさえも致死量よりずいぶん低いな.


宇宙放射線の話は,滞在時間が数ヶ月ー数年の単位(有人火星旅行など)では
深刻な問題になるかもしれないな.
10 年に1度程度の大規模な太陽フレアに遭遇する確率も無視できなくなるし.

アポロのように数日程度ならほとんど心配なし.

それはそうとアポロ捏造論者は太陽フレアのコピペを繰りかえす割に
>>369
にまったく答えてないんだけど?

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 10:55:51.33 ID:qzVwBiyQ
>>438
ヴァン・アレン帯の放射線はほとんどがα線なので、遮蔽は言うほど難しくないよ。
というか、宇宙空間の放射線のほとんどはα線やβ線で遮蔽が困難な中性子線はまったくと言っていいほど検出されない。


440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 17:34:39.04 ID:nbYlYA45
>>5

これって,バンアレン帯を1年7ヶ月飛行したデータだな.

遮蔽厚さなど言及ないが
1年強のミッション期間の累計放射線量は
電子線の一部だけで、2000グレイ(シーベル)
をまともに受けとると,約1時間バンアレン帯を通過すると 0.2 グレイ

シーベルトとグレイは換算比率があって厄介だが,透過率の高い X 線,ガンマ線,ベータ線
ほぼ1とみなせる.

2 Sv の放射線を全身に浴びると5%の人が死亡し、
4 Sv で50%、
7 Sv で99%の人が死亡すると言われている。
200 mSv以下の被曝では、急性の臨床的症状は認められないとされる

つまりアポロの月への軌道ではバンアレン帯の影響はほぼ無視できる.

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 17:48:08.06 ID:nbYlYA45
ちなみに,陽子線やα線はシーベルトとグレイは換算比率はそれぞれ 5 と 20
だが(人体に対するダメージがより大きい),その一方
>>439
にあるように容易に遮蔽される.

さらに,陽子はバンアレン帯でも内側(2000-5000km)に多い.

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/uchuu/gijiroku/h17/suishin01/004.pdf

の41 ページ前後も参照.

アポロの速度では 2000km から 5000km を通過するのに約5分,余裕見積もっても10分程度.

つまりバンアレン帯通過時の被爆量は,陽子を考慮に入れてもほぼ無視できる.


442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 17:58:53.80 ID:qzVwBiyQ
結局のところ、放射線がなんでマズイのかという話なんだよね。
それは電離作用によって、細胞内の水分を分解し生じた活性酸素が染色体などにダメージを与えるからなんだよね。
まあ、直撃によるダメージもあるけど影響としては活性酸素の方が大きい。

これは放射線と細胞内の水分などが相互作用を起こすからで、相互作用を起こさなければ貫通していっても別に怖くない。
例えばニュートリノなんて、まず遮蔽は不可能だけどほとんど影響は無い。
これは貫通するということは、相互作用も起こしていないから。
遮蔽されるというのは、遮蔽時点で遮蔽物と相互作用を起こしているからなんだよね。

だから、遮蔽するのが簡単なα線と遮蔽がこんなんな中性子線ではα線の方が影響は遙かに大きい。
大きいが遮蔽は簡単。
遮蔽が難しい中性子線はα線に比べると影響は少ない。おまけに中性子線は寿命が短いので宇宙空間ではほとんど存在できない。


443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 20:30:13.84 ID:nbYlYA45
結局のところ,アポロの軌道ではヴァン・アレン帯の通過時間が短いのでそこでの被爆は小さい.

これは,何も人体実験しなくても,無人の惑星探査機でも確認できる.放射線によって
探査機の半導体がダメージ受けたり,そこまで行かなくても半導体やセンサーに
一時的にノイズが起きて支障を来すことがある.
しかし,ヴァン・アレン帯通過時のトラブルは聞いたことがない.
大規模な太陽フレアによる一時的トラブルや,重大な場合には探査機の損失は時々報道されるが.

また,静止衛星でもヴァン・アレン帯通過するし(惑星探査機より時間がかかる),惑星探査機より
圧倒的に事例は多いが,やはりトラブル事例は聞かない.
それより高い静止軌道での大規模な太陽フレアによる障害報告は時々あるが.

ヴァン・アレン帯の影響が顕著にでるのは,軌道投入の失敗(あるいは試験衛星)で
長くその場所に滞在せざるを得ない場合くらい.

月や火星旅行で大規模な太陽フレアは確かに怖いが,長期ミッションでなければ許容範囲
(でも NASA もリスクは認識していたようだね).

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 20:40:31.97 ID:g0OQvwIz
民間の定期航路ならいざしらず少々の危険は覚悟の上だわな。
もちろん可能な限りの安全対策は行った上ではあるにしても。

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/03(土) 20:48:22.22 ID:nbYlYA45
なお,宇宙放射線被爆に付いてはこんな資料も

http://wind.ap.teacup.com/aspacephysicist/10.html

0.2〜0.6mSv:
ー 東京に住んでて1年に浴びる宇宙線の量
ー 胃の検査の時のX線撮影1回分
ー 宇宙にいて普通の太陽フレア粒子を1発分浴びた時の被爆量

2〜7mSv:

ー 地上に住んでいて1年に浴びる自然放射線量の合計
   (宇宙線以外にも地上の鉱物とかからも浴びる)
ー 飛行機に乗っていて10年に1回クラスの大フレアが起こった時浴びる宇宙線


20mSv:

ー 原発等の特殊な環境で働く商業人が1年間に浴びてもいい許容量。
ー 宇宙にいて(もち宇宙船内)10年に1度クラスの大フレアの粒子を浴びた時の被爆量
(ものの20-30分でこれくらいいっちゃいます)
※ フレア粒子は普通3〜4日は続きます。もしこんな時に運悪くアポロとか
に乗って月往復中だったりすると、宇宙船の中にいようが帰ってきた時は焼き
鳥....というか重度の放射線焼けになってるそうな(NASAのシミュレーション
による結果)。実際このクラスのフレアがアポロ14号帰還と15号出発との
間であったそうです。一歩間違えばアポロ13号どころでは済まなかったらし



446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 11:42:40.14 ID:sZv2aPYl
>>438-445


ISAS/JAXA 宇宙科学の最前線
http://www.isas.ac.jp/j/forefront/2008/obara/index.shtml

太陽の嵐

一瞬にして数十を超える人工衛星が、太陽の発する放射線によって機能停止あるいは機能喪失に遭いました。
2003年10月に発生した史上最大規模の太陽フレアの影響です。その後の復旧措置で、多くの衛星は正常に戻りましたが、
米国の気象衛星の観測機器をはじめ、いくつかの計測装置や実験機器は壊れました。

太陽フレアに伴って発生する太陽放射線(太陽宇宙線)の影響は、1990年代の中ごろから、人工衛星に現れ始めています。
極度に集積され高性能になった宇宙部品が、太陽放射線の影響で壊れました。永久故障した人工衛星も多くあります。


447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 11:45:59.54 ID:sZv2aPYl
>>446

静止衛星の場合、設計基準の多くは 1000 Sv/Gy 単位。(致死量の200〜500倍)
(備考) NEC http://www.nec.co.jp/techrep/ja/journal/g11/n01/110123.html 

2003年10月は、一瞬にして、致死量の200〜500倍の放射線量


JAXA 宇宙放射線データ
http://airex.tksc.jaxa.jp/dr/prc/japan/contents/AA0063585008/63585008.pdf

Mクラスのフレア(年 280回発生) ≒ 0.1Sv
Xクラスのフレア(年 20回発生)  ≒  1Sv (準致死量)
X10クラスのフレア(年 1回発生)  ≒ 10Sv (致死量)



448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 13:35:05.01 ID:p5zm/Y5d
またワンパターンのコピペか,進歩がないな

>>447
Xクラスのフレア(年 20回発生)  ≒  1Sv (準致死量)
X10クラスのフレア(年 1回発生)  ≒ 10Sv (致死量)

とかあるが,これは太陽全体(半球)の太陽フレアのデータでは?
(気象観測衛星 GOES の太陽X線イメージャーによる資料のようだから).

そのうち地球ー月系をを直撃した割合はどれだけか?
フレアの大きさは通常数万km程度なんで,外れる確率の方がずっと高い.
もちろん大規模なフレアはもっと大きくはなるけど,発生したフレアが全部は地球を直撃しない
X10クラスのフレアが年 1回も地球直撃していれば,通信障害や沖緯度でのオーロラ,もっと激しい場合は
電力網の破壊がその度におきるだろう,


当たり前だが,極めて大規模なフレアでも,地球近傍をそれると被害はない.

2003年11月4日(平成15年):X28(観測史上最大だが、地球をそれたため大きな被害はなかった)

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 18:47:37.69 ID:p5zm/Y5d
> >>446
>
> 静止衛星の場合、設計基準の多くは 1000 Sv/Gy 単位。(致死量の200〜500倍)
> (備考) NEC http://www.nec.co.jp/techrep/ja/journal/g11/n01/110123.html 

これは CPU への電力供給用 IC のことだな.
これにトラブル起きると衛星が全損するのでシビアなんだろう.

メモリーやセンサーはもっと低い放射線量で一時的にノイズを拾う(エラーを起こす)よ.
半導体による個体差も大きい.

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/uchuu/gijiroku/h17/suishin01/004.pdf

の40頁

現実には単体でエラーフリーにするのは困難なので,メモリーでは複数の素子を組み合わせて誤り訂正するとか,
センサーではノイズ除去の信号処理するとかするけど,ブラジル上空の地磁気異常帯とか放射線量の
多い上空を通過する際にはセンサーを一時停止(ハッブル望遠鏡)したりする.
ちなみに有人の ISS でもブラジル上空の地磁気異常帯を周期的に通る.


450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 19:20:02.38 ID:p5zm/Y5d
>>447

もう一つ,有人宇宙船の場合,無人衛星より壁が厚いので,放射線もかなり弱くなる違いがある.

有人宇宙船では放射線対策だけではなく,大気圧と真空との圧力差(1平方メートルあたり10トン,
アポロなどのケースではもっと圧力を下げているがそれでも大きい)を
支える必要と,太陽の熱や再突入の熱防御対策から船壁はそれなりに厚い.
アルファー線,陽子線,ベータ(電子)線を著しく減衰させるには十分.
また,太陽フレアなどの場合放射線は特定の方向からくるので,宇宙船の姿勢を変えることで
(機械モジュールなどで防御)さらに放射線防護ができる.

無人衛星では通常,内部も真空にするので壁は必要最低限の厚さ
(例外は旧ソ連の一部無人衛星/探査機では電子機器の冷却を考慮してか,ガスを詰めていた)
であるので,壁による放射線の減衰が期待できず,LSI そのものに十分な放射線耐性が求められる.

宇宙服での船外活動をしている場合は,この限りでないので中規模の太陽フレアでも
宇宙船内に避難の必要が出るだろうが.

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 19:30:26.68 ID:yKm48V4b
ttp://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/gijyutu/004/006/shiryo/05061801/003.pdf

静穏時及び1972年巨大太陽フレア時線量のシミュレーション計算

実効線量

国際宇宙ステーション内での線量(mSv)
静穏時平均(1日あたり) 0.565mSv
太陽フレア時(1回あたり) 5.13mSv 

船外活動での線量(mSv)
静穏時平均(1日あたり) 1.61mSv
太陽フレア時(1回あたり) 26.95mSv


1972年の太陽フレアというのは地上の電話線が切れたという、超巨大フレアのこと。

452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 19:50:05.74 ID:p5zm/Y5d
>>447

さらに付け加えると,静止衛星では寿命は10年以上を想定している.

アポロ宇宙船での活動時間はその 1/300 以下(最長はアポロ17号の12日間).
だから仮に壁の厚さを同じにしても,アポロ宇宙船では 3 Sv/Gy 以下

設計上の余裕や,宇宙船の壁(有人では厚い)による遮蔽効果まで考慮するとさらに被爆線量は低くなる.

比較条件まで考慮すべき.

滞在時間の長い火星旅行(約500日)では,累積被爆線量も,大規模太陽フレアに会う確率も
跳ね上がるのは同意するが.
(現実に大規模太陽フレアでトラブル起こした無人探査機とかあるし)

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 20:00:17.59 ID:yKm48V4b
まあ、大前提としてアポロは太陽フレアに遭遇してないから太陽フレアを前提にアポロの被曝線量考えても関係無いんだけどね。

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 21:03:41.22 ID:IMltgReD
さて、何で読んだんだったかな・・・

アポロが太陽フレアに遭遇した場合、機械船を太陽のほうに向けて
可能な限り放射線を遮る。
とか書いてあったんだが。

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/04(日) 23:06:17.03 ID:p5zm/Y5d
ヴァン・アレン帯については,つばさの500日間にたいしてアポロ宇宙船の通過時間は数分で,
時間が数万倍違うので寄与はほぼ無視できる

>>20

アポロ捏造論者って,出鱈目書いているなあ.

彼が愛用している資料の

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/uchuu/gijiroku/h17/suishin01/004.pdf

の41頁でも放射線によるメモリーエラーはバンアレン帯内帯の高度(約3000km)で圧倒的に多いじゃないか.
図から読み取るだけでも静止軌道(3万 km)と比較して少なくとも百倍以上

ところで,ヴァン・アレン帯に荷電粒子の放射線が閉じ込められる(だから強度が大きい)理由は理解しているのかな?

理解していれば
>ガンマ線、エックス線、その他高エネルギー粒子等が多い。
こんな反論はしないはずだが...高校レベルの物理も怪しいのか?


456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/05(月) 09:40:00.16 ID:hqeikEaZ
>>455
磁力線に荷電粒子が”巻き付く”なんて、義務教育じゃ
教えてないしね。

は〜て、クルックス管の実験は
いつごろ見たんだったか・・・
陰極線が磁気で曲がる、というのは
中学時代に見た記憶があるんだが・・

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/08(木) 19:19:36.35 ID:p6lpF4bd
【スーパーオライオン級有人恒星間航行用宇宙船『スーパー・ノヴァ(超新星)』】
重量:800万t
全長:1385m
全幅:532m
全高:383m
乗員:1305人(最少435人)

推進システム:核分裂パルス推進ロケット駆動(ドライブ)
(1)比推力:6000 - 10万秒
(2)推力:1GN (ギガニュートン)《10万1970トン》 - 1TN(テラニュートン)《1億197万トン》
(3)最終到達速度:秒速1万km
※『オライオン計画』について(英語版)
http://en.wikipedia.org/wiki/Project_Orion_(nuclear_propulsion)
※『オライオン:ギャラリー』(英語)
http://bisbos.com/space_n_orion_gall.html

機体主材料:耐熱新素材「TMC(チタニウム・マトリックス・コンポジット)」
(新タイプのチタン合金の中に高張力の炭化ケイ素を埋め込んだもの。
チタン合金は急速結晶化プロセスという方法で作られる。
回転盤の上に溶融したチタンをしたたらすと、滴となって飛び散る。
これを不活性ガスの中で急冷させると、きわめて純粋なチタン粉末ができる。
これを圧縮して高密度の板状あるいは棒状にする、鋳型を作る、直接パーツに成型するなどの方法で使用する。
TMCは既存のいかなる構造材に比べても耐熱性がはるかに高い。機体の表面もTMCのスキンパネルで覆われている。
TMCはアメリカの『NASP計画(National AeroSpace Plane Program)』で実際に開発された耐熱新素材。)

代替機体表面素材:CCコンポジット
(炭素または黒鉛に炭素繊維を埋め込んだ複合材料。
アメリカのスペースシャトルの機体先端部と翼前端だけはこれで被覆している。
アメリカのスペースシャトルの表面にびっしりと張っている耐熱用のケイ素タイルのような、消耗品ではない。
TMCが再開発できなかった場合の代替素材。)

備考:磁気プラズマ・セイル(MPS:Magnetic Plasma Sail)搭載

※この技術はマグセイル (magsail) とも呼ばれ、磁気帆や磁気セイルと訳されることもある。
宇宙船は磁場を生成するため超電導ワイヤの大きな輪と、操舵または荷電粒子からの放射線の危険を下げるための補助の輪を展開する。
また、マグネティックセイルで、加速と同規模のエネルギーを必要とする"減速"のため、巨大な磁場を展開して、星間物質の抵抗を宇宙船のブレーキとして利用する事もできる。
これにより、恒星間旅行の半分を占める減速のために推進剤を積む必要がなくなり、旅にとって大きな利益となる。

余談:アメリカ合衆国の理論物理学者、宇宙物理学者であるフリーマン・ダイソン(Freeman John Dyson)は、オライオン型惑星間宇宙船のアイデアを恒星間宇宙船に適用している。
ペイロードが2万トン(数百人から成る小さな町を充分に維持できる)ほどになるので、宇宙船は必然的に大きくなる。
全質量は1個約1トンの核爆弾30万個の燃料込みで、40万トンほどになる。
爆弾は3秒ごとに爆発させられ、宇宙船を1Gで10日間加速し、光速の30分の1(秒速1万km)に到達する。
この速度でオライオン型恒星間宇宙船はアルファ・ケンタウリに140年で到着する。
ただ、この宇宙船に目標星での減速能力を与えるには、磁気プラズマ・セイル(MPS:Magnetic Plasma Sail)を搭載しなければならない。
オライオン型恒星間宇宙船は宇宙船としては最小限の能力しか持っていないが、現在の科学技術で建造し、送り出すことのできる恒星間輸送の形態の1つではある。

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/09(金) 11:57:57.69 ID:u7AyX9T+
有人銀河間航行用宇宙船の話も聞かせてくれ。

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/10(土) 17:30:12.22 ID:DK+2wPoZ
134 :名無しのひみつ:2009/09/30(水) 18:23:33 ID:pYPi2s07


……………………………………………………………………………………
    JAXA ウェブサイトへようこそ
   〜 Welcome to JAXA Website 〜
……………………………………………………………………………………
2008/6/26  ○×様

宇宙航空研究開発機構(JAXA)ウェブサイトをご利用いただき、
ありがとうございます。

残念ながら私共もアポロ計画の当事者ではありませんので、月面着陸が
真実であった証拠などをお示しすることはできませんが、現在までの宇
宙開発技術の発達の経緯などを見る限り、月面着陸が真実ではなかった
とは考えられません。
また、仮に真実でなかった場合には、当時競争関係にあった旧ソ連をは
じめマスコミや世論全体が追求しないままでいるとは到底思えません。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)
http://www.jaxa.jp/pr/inquiries/index_j.html




無知なマスコミや世論全体に、検証責任を転嫁している時点で終了。



460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/10(土) 17:34:54.87 ID:DK+2wPoZ

宇宙放射線(JAXA)
http://edu.jaxa.jp/seeds/pdf/2_radiation.pdf

> X線は太陽フレア爆発の時に最初に飛んでくる放射線であり、電磁波の一つであるX線もまた、
> 太陽面爆発などを光学的に観測できた時と全く同着ですでに月面に到達し始めていることとなり、
> 巨大SPE の場合などにはX線の強度は ★ 数分で重大な影響を人に及ぼすくらい高いものとなる



既に、結論が出ています。


静止衛星の場合、設計基準の多くは 1000 Sv/Gy 単位。(致死量の200〜500倍)
(備考) NEC http://www.nec.co.jp/techrep/ja/journal/g11/n01/110123.html 

2003年10月は、一瞬にして、致死量の200〜500倍の放射線量


JAXA 宇宙放射線データ
http://airex.tksc.jaxa.jp/dr/prc/japan/contents/AA0063585008/63585008.pdf

Mクラスのフレア(年 280回発生) ≒ 0.1Sv
Xクラスのフレア(年 20回発生)  ≒  1Sv (準致死量)
X10クラスのフレア(年 1回発生)  ≒ 10Sv (致死量)


461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/10(土) 18:39:51.45 ID:Cf+kBJdN
JAXAの宇宙放射線の人体への影響データ
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/gijyutu/004/006/shiryo/05061801/003.pdf

静穏時及び1972年巨大太陽フレア時線量のシミュレーション計算

実効線量

国際宇宙ステーション内での線量(mSv)
静穏時平均(1日あたり) 0.565mSv
太陽フレア時(1回あたり) 5.13mSv 

船外活動での線量(mSv)
静穏時平均(1日あたり) 1.61mSv
太陽フレア時(1回あたり) 26.95mSv

1972年の巨大太陽フレアは地上の電話線が一部切れたほどの強烈なもの。


189 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)