5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ICRP】まじめに放射能の健康被害を検討5【ECRR】

1 :1(東京都):2011/08/18(木) 12:37:18.03 ID:sJ8kGXIr0
●次のような問題・項目について議論するスレです。

暫定基準値の設定に問題はないのか?
食品の放射能測定体制に問題はないのか?
低線量の被曝による健康被害は本当に記録されていないのか?
チェルノブイリの健康被害は実際のところどうなのか?
低線量被ばくのリスクモデルはどれが良い?(ICRP ECRR BEIR etc.)
内部被ばくのリスクはどのぐらい?

以下の議論はスレ違いとなります。
・行政批判、責任追及論、政治運動的な書き込み
・ソースを示さない印象論・風評操作的書き込み

前スレ:
【ICRP】まじめに放射能の健康被害を検討4【ECRR】
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/lifeline/1308011335/

派生元スレ:
【新モデルだと】ECRR2010放射線リスクモデル【アウト】
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/lifeline/1301680501/

関連スレ:
放射線量と健康被害の統計を貼っていくスレ
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/lifeline/1303482720/

>>2あたりにテンプレの続き


2 :1(東京都):2011/08/18(木) 12:39:24.92 ID:sJ8kGXIr0
ECRRから見たICRPモデルの特徴
・冷戦時代の古いモデル。内部被曝を軽視している。
・功利主義。全体の利益に基づいた結論ありきのモデル。
ttp://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/seminar/No99/yamauchi041215.pdf

KURRIから見たECRRモデルの特徴
・科学的厳密さに欠ける。相関関係データは沢山あるが因果関係を証明していない。
・安易に乗っかると、なんでもかんでも「よく分からない内部被曝が原因」となってしまう。
ttp://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/seminar/No99/imanaka041215m.pdf

ECRR:
 欧州放射線リスク委員会。放射性物質の危険性を最も重大に(過大に?)評価。
 欧州議会の中の環境保護系会派が、ICRPを批判するために独自に設置した調査グループ。
ICRP:
 国際放射線防護委員会。IAEA(国際原子力機関)傘下のグループ。
KURRI:
 京都大学原子炉実験所。不遇に耐え反原発の立場で原子力を研究してきた学術グループ。
NCRP:
 米国放射線防護測定審議会。米国議会から公認された非営利法人団体。
BEIR:
 電離放射線の生物学的影響に関する米国科学アカデミー委員会。
 ICRPやUNSCEARに大きな影響を与えてきた。
 BEIR-7(2005)では、低線量放射線被ばくによる発がんなどのリスクについて
 「放射線被ばくには、これ以下なら安全」と言える量はないとの見解を示し注目されている。
NRPB:
 英国・国立放射線防護委員会。英保健省管轄下の独立機関。IAEA、ICRP、 ICNIRPの委員。
UNSCEAR:
 原子放射線の影響に関する国連科学委員会。1950年初頭に頻繁に行われた核実験による
 影響を世界的に調査するため国連に設置され た原子放射線の影響に関する科学委員会。
 ICRPやその他、世界の関係者が拠り所とする重要な基礎データを提供。

キーワード:
 低線量被曝、内部被曝、ホットパーティクル、予防原則、ミニマックス法、最大多数の最大幸福


3 :地震雷火事名無し(愛知県):2011/08/19(金) 16:21:06.56 ID:G+KMPMxU0
1おつ

4 :地震雷火事名無し(東京都):2011/08/23(火) 05:45:13.90 ID:yzVnY48I0
428 名前:名無しさん@涙目です。(不明なsoftbank)[sage] 投稿日:2011/08/22(月) 17:21:34.78 ID:G4WM69F70
ttp://www.cpdnp.jp/pdf/002-07-yone002.pdf
>137Cs について,高崎観測所における最高濃度と 1966 年 3 月大気核実験時における千葉市での最高濃度,
>そして 1986 年 5 月チェルノブイリ事故時におけるつ く ば 市 の 最 高 濃 度 を 比 較 し た 結 果 ,
>今 回 の 高 崎 の137Cs 濃度は,
1966 年の大気核実験時の  3500  倍,そしてチェルノブイリ事故時の  84  倍高い。


439 名前:名無しさん@涙目です。(岐阜県)[sage] 投稿日:2011/08/22(月) 17:27:09.91 ID:3IDzTo5I0
全文訳発見
http://bilininfojp.blogspot.com/2011/08/blog-post_19.html
2011年8月18日アルジャジーラの記事
福島の放射能で危機感を抱く医師たち


【原発事故】米国の専門家が警告 「福島原発周辺40キロの住民は避難すべきだ」 「今後10年でがんを発症する人は100万人単位かも」
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1313565075/
あまり煽(あお)りたくありませんが、今後10年でがんを発症する人は100万人単位になるかもしれません。
最初の5年で甲状腺がんや甲状腺異常が顕著になります。次に50キロ以内の地域で肺がんの発症率が
今よりも20%上昇するでしょう。この数字はノースカロライナ大学の免疫学者スティーブ・ウィング助教授が算出した数字です。

そして10年で骨腫瘍や白血病、肝臓がんも増えてくると思われます。福島の現状というのはこれくらい深刻なのです。
日本政府は十分にこのことを肝に銘じて、スピーディーな対応を取ってほしいと切に願います。
http://gendai.net/articles/view/syakai/132121

▽アーノルド・ガンダーセン氏
http://gendai.net/img/article/000/132/121/606af986b2a07c2b509fc72873de8631.jpg
原発のコンサルティング会社「フェアウィンズ・アソシエーツ」チーフエンジニア。
元原発関連会社上級副社長。原子力工学が専門で、スリーマイル島事故の調査でも活躍した。

5 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/08/23(火) 06:50:22.90 ID:HPUB5RpX0
朝日ニュースターの番組でみたけど
0,5μ/h越える地域は奇形の可能性が出てくる
って複数の医師が言ってるらしいんだけど
どこのデータでどれくらいの頻度なんだろ
これくらい東京のHSでも多分あるし福島だったら全域で奇形児でるの?
 311のあと妊婦と幼児について外国は公式に国外退避命令が出てて、
米は全米国民を日本脱出させる用意してたんだってね

6 :地震雷火事名無し(長屋):2011/08/23(火) 07:56:10.68 ID:ewjjFDTo0
>>5
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/lifeline/1303482720/156
> チェルノブイリ原発事故によるベラルーシでの遺伝的影響
> ttp://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Chernobyl/saigai/Lazjuk-J.html
> 転載者注:体内被曝は厳密には遺伝的影響ではない(次世代に遺伝しない)という指摘もある
> ・合法的流産胎児の形成障害
> 省略
> ・新生児の先天性障害
> 省略
> ・まとめ
> われわれの調査結果は,ベラルーシの住民において胎児異常の頻度が増加していることを示している.
> それらは,人工流産胎児の形成障害および新生児の先天性障害として現われている.
> そうした増加の原因はまだ断定されていない.
> しかしながら,胎児障害の頻度と,放射能汚染レベルや平均被曝量との間に認められる相関性,
> ならびに新たな突然変異が寄与する先天性障害の増加といったことは,
> 先天性障害頻度の経年変化において,放射線被曝が何らかの影響を与えていることを示している.

7 :地震雷火事名無し(長屋):2011/08/23(火) 07:58:40.01 ID:ewjjFDTo0
>>5
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/lifeline/1303482720/39

8 :地震雷火事名無し(栃木県):2011/08/23(火) 10:07:22.51 ID:ESkfylN00
前スレ、971
分布でちょっと大きいのが出るから、最大を30位に抑えてよいと思う。
それと、工場製品の中で、液体のヤツ。
たとえば、牛乳・インスタントラーメン(のスープ)・醤油等・(ジュースなどを含む)清涼飲料水・酒。
これらは、イオン交換法でセシウムなどを除去できるから、1桁に抑えてもらう。
食品添加物等、一旦水に溶かすという方法で作られるものは、この規制に従ってもらう。

だれか、農林省等に伝えて。
512KBを超えているので、書けませんとのこと。こちらに。

9 :地震雷火事名無し(群馬県):2011/08/24(水) 02:11:49.77 ID:ZCI91Sgi0
ちょっと気になる記事なので紹介します。毎日新聞で、不育症を取り上げた記事がありました。
記事によると、 不育症の定義は「2回以上の流産や死産あるいは早期新生児死亡がある場合」とのことで、
妊娠経験者の4.2%で発生しているとのことです。

『名古屋市立大学が07〜10年、愛知県岡崎市で健康診断を受けた35〜79歳の女性2733人に尋ねた。
妊娠したことのある女性2503人のうち953人(38%)が流産の経験があると回答。
研究班は不育症を「2回以上の流産や死産あるいは早期新生児死亡がある場合」と定義しており、
2回以上の流産を経験したのは105人、3回以上は22人だった。』

<厚労省推計>「不育症」患者140万人
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110821-00000063-mai-soci

もっと驚いたことは、妊娠経験者の38%が流産の経験があるということです。
そこで、もしかしたら、日本ではX線検査などの定期検査の影響が考えられるのではないだろうかと思いました。
なぜなかというと、最近は、健康診断において、胸部X線の有効性が疑われているという記事を目にしたからです。

胸部X線:健康診断で廃止検討、有効性に疑問 厚労省
http://www.d4.dion.ne.jp/~doi-jimu/kensin.htm

確たる根拠はないのですが、胸部X線の廃止検討の裏には、肺癌のリスクだけでなく、
もしかしたら、不妊の影響への疑いもあったのかしらと思いました。
過度なダイエットなどによる痩せ過ぎも、出産にはリスクになる
という話を聞いたこともありますし、高齢出産などのリスクもあるでしょう。
少子化や母体保護という観点からも、流産や死産、不育症などの原因について、もっと研究が進んで欲しいものだと思いました。

10 :地震雷火事名無し(長屋):2011/08/24(水) 21:56:27.23 ID:3GLqDMQ80
胸部X線の廃止検討というのは、それをすることって意味があるの?という意味合いで
廃止検討されているのであって、仰るようなことが理由ではないです。

肺がんうんぬんというのも、肺がんを「見つけること」の有効性が疑問視されているのです。
決して胸部X線をすることで肺がんのリスクが高まるわけではありません。


11 :地震雷火事名無し(東京都):2011/08/24(水) 22:23:10.48 ID:p9U7drO70
そういえば金融日誌改め原発日誌の人が度々言うみたいなんだが、
ガンの放射線治療で甲状腺に放射性ヨウ素を内部被曝させて治療
だから放射能怖くな〜い、みたいな。
原発事故による放射能の健康被害を想定する場合に、
この例は持ちだしていいの?
良くは知らないが、末期でどうせ死ぬんだから的な賭け、
一応癌細胞は殺したけど内部被曝でボロボロ短命、
のような話も聞くけど?

12 :地震雷火事名無し(群馬県):2011/08/24(水) 23:05:49.05 ID:ZCI91Sgi0
>>10
医療被ばくに対する発癌のリスクは調べられていて、脊柱側湾症と結核の患者を経過観察した結果、
若い女性の場合は、被曝によって乳癌のリスクが高まるという報告があるようです。

『20歳以下で放射線被曝した女性は、それ以上の年齢で被曝した人に比べて、
放射線に関連した乳癌にかかるリスクが高いのです。
これは、放射線被曝をともなうX線検査もしくは蛍光透視検査によって
経過観察をした脊柱側湾症と結核の女性の研究から得られた成果です。』
2010/06/01号◆論説「環境による発癌リスクについてDr. Deborah WinnとDr. Shelia Zahmとの座談会」
http://www.cancerit.jp/823.html



13 :地震雷火事名無し(愛知県):2011/08/25(木) 07:11:07.11 ID:+2dtns2D0
>>11
放射線治療は、一歩間違えれば命縮めるよ
というか少し前までは、良かれと思ってやった治療が
実は命を縮めてたなんて事もしばしば

今じゃ どれぐらいの照射で どれぐらい被曝して どれぐらい危険があって
どれぐらいメリットがあるのか、判断した上でないと(建前上は)使えない、とか

素人考えで被曝すれば、十中八九裏目に出るかと。。。

14 :地震雷火事名無し(東京都):2011/08/25(木) 08:40:31.15 ID:dyWgkuJl0
>>13
レスどうも。
放射線治療の医者で御用いわれてる人いたよね…
>>12みたいに放射線治療のリスク論じてる文献、
特に放射性物質を体内に入れるタイプの治療であったら読みたい。


15 :地震雷火事名無し(東京都):2011/08/25(木) 16:34:54.08 ID:0Lm/sZLUP
既出かな。
パブリックコメント募集
放射性物質の食品健康影響評価に関する審議結果(案)についての御意見・情報の募集について
by 内閣府食品安全委員会事務局
ttp://www.fsc.go.jp/iken-bosyu/pc1_risk_radio_230729.html

締め切りまであと二日。
ECRR完全無視ってところがどーもね。

16 :地震雷火事名無し(長屋):2011/08/26(金) 14:06:29.30 ID:9TeyAAx/0
>>15
>東電のスポークスマンに、これまで反原発運動家の提案を受け入れたことはあるかどうか聞いてみると、「質問の意味がわかりません」という答えが返ってきた。
ttp://uesugitakashi.com/?p=917

17 :地震雷火事名無し(愛知県):2011/08/26(金) 16:37:05.12 ID:if047KcM0
日本語の通じる奴だせw

18 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/08/26(金) 18:13:17.73 ID:quyzwF+R0
【社会】福島第一原発の放出セシウム137は広島原爆168個分 ストロンチウム90は2.4個分…政府試算値[08/25]
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1314275323/

1 名前: ◆5Xxc......eg @砂嵐φ ★[sage] 投稿日:2011/08/25(木) 21:28:43.33 ID:???0
政府が、東京電力福島第一原発の1〜3号機事故と、一九四五年の広島への原爆投下で、
それぞれ大気中に飛散した放射性物質の核種ごとの試算値をまとめ、衆院科学技術・イノベーション
推進特別委員会に提出していたことが分かった。半減期が約三十年と長く、食品や土壌への深刻な
汚染を引き起こすセシウム137の放出量を単純比較すると、福島第一原発からの放出量は
広島原爆一六八・五個分に相当する。

福島第一原発事故は今年六月の国際原子力機関(IAEA)閣僚会議に対する日本政府報告書、
広島原爆については「原子放射線の影響に関する国連科学委員会二〇〇〇年報告」を基に試算されている。

セシウム137の放出量は、福島第一原発1〜3号機が一万五〇〇〇テラベクレル(テラは一兆)、
広島原爆が八九テラベクレル。このほかの主な核種では、福島事故で大量に飛散したヨウ素131(半減期約八日)は、
福島が一六万テラベクレル、広島が六万三〇〇〇テラベクレルで、福島は広島原爆約二・五個分。
半減期が約二十八年と長く、内部被ばくの原因となるストロンチウム90が、福島が一四〇テラベクレル、
広島が五八テラベクレルで、広島原爆約二・四個分となる。

ただ、政府は特別委に対し、福島事故と広島原爆との比較自体には「原子爆弾は爆風、熱線、中性子線を放出し、
大量の殺傷、破壊に至らしめるもの。放射性物質の放出量で単純に比較することは合理的ではない」
と否定的な考えを示している。

試算値は川内博史衆院科学技術・イノベーション推進特別委員長が八月九日の同委員会で
「広島型原爆の何発分かを政府として正確に出してほしい」と要求していた。

ソース: http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011082590070800.html

19 :地震雷火事名無し(芋):2011/08/26(金) 18:55:17.39 ID:HScX5U250
中央公論9月号の「放射線リスクの真実」と題する座談会で、食品安全行政にかかわる人も加わって、
児玉氏が指摘するゲノム解読以降の遺伝子レベルの研究を無視して、
時代遅れICRPの1990年基準を振り回すイデオロギー丸出しの議論をしています。
これ自体がこの国のリスクでは?



どうも大手メディア(朝日新聞?)の記者が、トンチンカンです。
これまで安全基準を書いてきたせいでしょうか、英国のNGOにすぎないICRP を
国際標準のように持ち上げ、蒸し返す質問に、児玉氏に「2000年のゲノム解読で
低線量の健康被害の考え方は一変している」と、諭されています。

http://twitter.com/#!/masaru_kaneko

20 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/08/26(金) 19:17:32.54 ID:cBvi6LAJ0
>>6
>>7
即詳しいリンクありがとう

チェルノの15CI/m2=55万bq/m2=38%先天異常アップ+(ガン約50%アップ)
であってれば本当に恐ろしい事態になってると思う

http://www.monipo.net/blog/wp-content/uploads/2011/05/osenmap-fukushima.gif
http://www.iaea.org/newscenter/images/fukushima_180511.jpg
汚染マップでみるとフクシマで3000万bq/m2とかあるし
色がついてる市は計算するの恐いからしない。過疎地であることを祈るしかないっす
一番汚染が薄い水色でも最悪2割弱ぐらいは先天異常が増加する可能性があるなら
人口が集中してる福島市、郡山市、茨城の一部、おそらく宮城他までいってるのが痛すぎる
これ大惨事としかいいようがない

21 :地震雷火事名無し(愛知県):2011/08/27(土) 08:33:50.21 ID:0Wcm0lc40
http://doc.radiationdefense.jp/dojyou1.pdf

関東も結構。。。

22 :地震雷火事名無し(千葉県):2011/08/27(土) 09:04:34.56 ID:1PO7uLS10
>>21
その調査は基本高く数字が出る側溝や植込みも含まれてるから、その地域全体の土壌汚染の数字として見るのは無理がある。
比重によってかわってくるbq/kgからbq/m2へん変換に一律65使ってるのも変だし、安易にcs134を合算していいのかという問題もある。

今やってる航空モニタリング待ちでしょ。
てか、茨城の結果いつ発表するんだろう?

23 :地震雷火事名無し(東京都):2011/08/27(土) 10:14:47.20 ID:vIf0SySJ0
前スレに貼ったこれなんだけど

ミネラルウォーター中のウラン濃度
http://www.foodwatch.de/e10/e2569/e13515/e10/e2569/e13515/e27816/Uran-in-Mineralwasser_20090518_ger.pdf

ペリエやサンペレグリノにかなりのウランが含まれている。8μg/lとか。
Bq/sに直すとどれぐらいなんだろう。


24 :地震雷火事名無し(東京都):2011/08/27(土) 11:13:51.57 ID:PMMsaIlr0
>>23
0.1Bq/l〜0.1Bq/Kgってとこかな。
海藻類、魚介類だとこれくらいふつうだけど、他の食品と比べると多いほうかな。

25 :地震雷火事名無し(東京都):2011/08/27(土) 13:54:20.09 ID:+N6UUj2k0
汚染がれき焼却の危険性

ガンダーセン博士が緊急警告!
http://www.youtube.com/watch?v=bSZzhBXLuLk
7:30あたりから

各自治体に反対メール・電話を!
ガレキには放射性物質だけでなく、アスベスト、鉛、ヒ素などの有害物質も含まれています
全国で受け入れを表明しているので日本中が汚染されることになります

26 :地震雷火事名無し(東京都):2011/08/27(土) 18:56:12.23 ID:VBAx6J200
>>16
都合の悪い質問は「アーアーキコエナイ」か。

27 :地震雷火事名無し(東京都):2011/08/27(土) 18:57:20.79 ID:VBAx6J200
>>22
高い数字が出るところを測ること自体が不当と言いたげだね。

28 :地震雷火事名無し(東京都):2011/08/27(土) 18:58:50.86 ID:VBAx6J200
誰かもそんなこと言ってたなあ。

ああそうだ。やっぱり木下さんブログに粘着してた奴が
>>22と同じ詭弁を使って汚染を隠蔽しようとしていたんだ。

工作員の手口って同じなのな。

29 :地震雷火事名無し(東京都):2011/08/27(土) 21:44:31.91 ID:vIf0SySJ0
>>24
さんくす。そんな微量なのか。といってもウランの基準値知らんのだが
魚にもウラン入ってるんだ。自然のものなのか、核実験でばらまかれたものなのかわからんね。


30 :地震雷火事名無し(iPhone):2011/08/28(日) 00:29:04.88 ID:+oOvCEtz0
チェルノブイリ避難基準を考えてみた
http://togetter.com/li/179877

チェルノブイリ原発事故と福島原発事故の比較に関して
http://genpatsu.sblo.jp/article/47289931.html

31 :地震雷火事名無し(栃木県):2011/08/28(日) 07:27:09.29 ID:TMrng38s0
>>29
そう、「区別がつかない」物は元々あるものとする、という民法の規定で、
原発がいくらウランをばら撒いても、すべて、天然放射線あつかいになってしまう。
その結果、げん発施設周辺では天然放射線が上昇していると言う状態になっている。
政府は、ウラン濃度を測っていないでしょう。

32 :地震雷火事名無し(京都府):2011/08/28(日) 07:50:24.12 ID:9GYOThTa0
8千ベクレル超も埋め立て容認 汚染対策や長期管理が条件
ttp://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011082701000609.html
>方針によると、地下水の汚染防止対策が取られた管理型最終処分場で埋め立てる。


おっとっと。
基準引き上げで放射性廃棄物が管理型最終処分場逝きの可能性が濃厚になってきた。

33 :地震雷火事名無し(WiMAX):2011/08/28(日) 08:01:05.84 ID:I5rnk00e0
>>32
それと対になっててマジヤバイのが、瓦礫同士まぜまーぜして良しということ

すすめ一億総被曝!

34 :地震雷火事名無し(東京都):2011/08/28(日) 08:21:40.54 ID:syVg86NB0
>>23

もう見れないみたいです。
だれか、持ってませんか〜?

35 :地震雷火事名無し(東京都):2011/08/28(日) 08:59:30.25 ID:yPrgqLp40
>>34
うちのPCだとまだ見れる。pdf直リンだからまずいのかな?
リンクをブラウザのアドレス欄にコピペしてみては?

それか、ここからたどってみてはどうでしょう
http://blogs.yahoo.co.jp/marburg_aromatics_chem/61345513.html


36 :地震雷火事名無し(愛知県):2011/08/28(日) 09:03:28.06 ID:MZ6GfOD00
>>33
今の国会議員、ぜってー放射能の事 全然わかってない
身内に一人二人 放射線障害が出ないと分からんのかね

37 :地震雷火事名無し(東京都):2011/08/28(日) 09:15:41.76 ID:yPrgqLp40
>>36
出ても認めないだろうね。


38 :地震雷火事名無し(岩手県):2011/08/28(日) 09:49:05.17 ID:/eLhkc6B0
>>32
管理型最終処分場でも排水はダダ漏らし
重金属などを取り除く装置はあっても、放射性物質除去装置はついていない

管理型最終処分場か管理型でないかは
放射性物質に関しては意味がないのにな

放射性物質除去装置がついていない管理型最終処分場である山形県米沢市板谷の「ジークライト株式会社」
http://www.zeeklite.co.jp/index.html

ここはすでに宮城県多賀城市から一日に500トンの汚染がれきを受け入れて埋めている
施設からの廃液は放射性物質の検査をされておらず、放射性物質を除く処理もされずにそのまま周囲に流されている
排水は福島県側に流されている
ジークライト(株)は今は11月末までに計3万トンを埋めると、その後は他の市からの汚染瓦礫を受け入る予定
福島県民と山形県民はもっと怒っていい


山形県に汚染瓦礫が運ばれ処理されている。即中止を
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/lifeline/1313172432/

39 :地震雷火事名無し(東京都):2011/08/28(日) 10:49:14.40 ID:iyPPVnR60
東京都、以前から使ってた江東区の埋め立て場所に、灰を埋めてるな。
これって、結局東京湾行きってことになるのか。
もっとも東京湾の場合は川から直接流れ込んでる方が何十倍も多いが。

40 :地震雷火事名無し(東京都):2011/08/28(日) 16:21:27.58 ID:yPrgqLp40
これでみると、日本の暫定基準値よりは低くなってるのに
最近になって厳しい基準値を設定してるということは、日本の基準値はやはり甘すぎるような気がするのだが
何か勘違いしている?

--
何度か書いてきたけど、ウクライナの基準値を評価する人は実際の数値を見た方が
良いと思う。何故彼らがベクレルモニターで自衛してるのかが分かります。
http://goo.gl/XFHPu 
http://goo.gl/OL9bN 
http://goo.gl/LomXW


41 :地震雷火事名無し(東京都):2011/08/28(日) 20:17:03.36 ID:yPrgqLp40
>>40
確かに牛乳の私設牧場は高いし、肉は500Bq/kg近辺にあるが
Collective Farmの牛乳は十分低いし、主食であるジャガイモなどと摂取量を勘案すれば
食糧からの放射性物質摂取量は、今の日本とあまり変わらないように見える。
それで問題視されて、学校にまでベクレルモニターが設置されているというのは…

ただ少し前のNHK ETV特集では、10万Bq/kg超えのキノコを毎日食べたりして
さすがに日本ではそこまではなさそうだが。


42 :地震雷火事名無し(千葉県):2011/08/28(日) 21:07:12.23 ID:25uBH11s0
>>41
キノコが10万Bq/kgで、調理後の食事が3万Bq/kg超だったよな。
それを大人はもちろん子供も普通に食ってたのがすごい。



43 :地震雷火事名無し(東京都):2011/08/28(日) 21:20:48.79 ID:yPrgqLp40
>>42
あれじゃぁ病気にもなるし、出産異常も出るだろう、と思った。

しかしウクライナの判断は、http://goo.gl/OL9bN この程度でもまずいということで
今の基準値はかなり低いんだよね?

どうも良くわからないな。


44 :地震雷火事名無し(千葉県):2011/08/28(日) 21:57:44.62 ID:25uBH11s0
>>43
ウクライナの基準値は

http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Chernobyl/saigai/Nas95-J.html

の表8が最新だと思ってたんだけど、もっと厳しくなってるの?

まあ、表8どおりでも、事故後10年以上たっても牛肉や個人農場の牛乳
などがはるかに基準超えてるんだから、各学校にBQモニター置かなきゃ
だよな。

45 :地震雷火事名無し(長屋):2011/08/28(日) 22:01:58.41 ID:56diBixZ0
5年後くらいは、土壌測定して地域ごとの測定でいいと思うけどね
野菜の数値はかなり落ち着いてきてるので、現時点でも500Bq越えの食材は結構限定され始めてる
きのことか特に高くなるやつを除けば、規制値上限10Bqも十分可能では

46 :地震雷火事名無し(東京都):2011/08/28(日) 23:38:29.76 ID:yPrgqLp40
>>44
その表8、日本より低い基準値だよね?
日本と同じような状況で日本より基準値を低く設定する必要を感じたということで
日本もそれに倣った方がいいんじゃないか、という趣旨。

>>45
>規制値上限10Bqも十分可能では
そうすりゃ、福島産でももっと売れるようになると思うがね。


47 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/08/29(月) 00:00:18.61 ID:y+FRwUGH0
Eテレで福島県民の避難地区以外の人達の内部被ばく調査やってて、
100μ/h出てたけど、ECRR的にはどうなの?ICRPで考えてる調査員は
たいしたことないって、被験者に回答してたけど。


48 :地震雷火事名無し(東京都):2011/08/29(月) 00:09:57.22 ID:tm7KscuO0
>>47
それ100μSv/hじゃないと思う。内部被曝だから、その時点での強さしか測れないはず。
そしてその時点以降取り込まないと考えた場合の累積量が0.1mSvと言っていた。

その前にどれだけ被曝したかは、生活実態を把握しないとわからないと。
それによって対処を考えるべきという風に読み取れた。

しかし単純に等比級数的に減ってきたと考えると、累積1mSvぐらいにはなるんだろうか。
バズビー的にはやばいレベルだよね。


49 :地震雷火事名無し(東京都):2011/08/29(月) 00:13:22.85 ID:tm7KscuO0
>それ100μSv/hじゃないと思う。内部被曝だから、その時点での強さしか測れないはず。
これちょっと変なこと書いたかも。削除して読んでください。

文字起こしと言うか聞きながらツイートしてくれてた人いた。
そのまとめ http://togetter.com/li/180551


50 :地震雷火事名無し(千葉県):2011/08/29(月) 00:22:54.45 ID:cLSONd1D0
>>46
昨日までパブコメ募集してたのが、まさのその基準値の見直しについてなんだから、
近々なんらかの改定は行われると思う。

事故直後に決めた日本の暫定規制値と、事故終息後しばらく経ってから見直した
規制値を全く同列に比べるのもどうかと。
暫定規制値が決まった段階では、チェルノブイリよりはるかにひどくなる可能性も
なかったわけじゃないわけで。



51 :地震雷火事名無し(東京都):2011/08/29(月) 00:48:58.94 ID:tm7KscuO0
>>50
そうですね。見直しが妥当な数字になると良いです。

暫定基準値は設定当時を責めるというより、今、早く見直して欲しいという意味です。
まぁOngoingなんで、わざわざ言うことでもないんですが
一連のツイート見て反応してしまいました。

52 :地震雷火事名無し(東京都):2011/08/29(月) 00:49:13.38 ID:MtsWso1Z0
>>48
今現在なら、セシウム137と134の分だろうね。
ICRPだろうから、ECRRなら3倍くらいかな。
でもヨウ素とか他の分がまるっきり抜けてるよね。

53 :地震雷火事名無し(東京都):2011/08/29(月) 00:56:27.09 ID:tm7KscuO0
>>52
そうそう。137と134を見てた。スぺクトル見てたから3倍しなくていいのでは?
ヨウ素は入ってないもんなぁ。
どっちみち安心できるレベルではないね…

54 :地震雷火事名無し(千葉県):2011/08/29(月) 01:08:22.53 ID:cLSONd1D0
ECRRの評価は134CSはICRPと同じで、137CSがICRPの三倍だっけ?

55 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/08/29(月) 01:14:19.87 ID:m55F97Z+0
47です。やっぱり、ECRR的にはマズイんですね。ありがとうございました。

56 :地震雷火事名無し(東京都):2011/08/29(月) 01:21:19.34 ID:tm7KscuO0
>>54
なるほど。発がん確率を3倍とするとき、ICRP目線で線量見るなら
Cs137の線量を3倍にして考えということか。

つまり1mSv/年なら安心だね!と言ってるところで、
Cs134、137が半々で合計1mSv/年になりそうなら、ECRRモデルでは0.5+0.5×3=2mSv/年として
発がん率を計算するわけか。

一方でバズビーはICRPモデルで計算するなら内部被曝0.1mSv/年ということも言ってて
どの数字で見るかほんとにわかりにくいなぁ

57 :地震雷火事名無し(東京都):2011/08/29(月) 01:23:24.18 ID:MtsWso1Z0
>>56
137は5倍ね。
134と137が同じくらいの量なので、トータルでは3倍。

ただし、ECRRはこういう低線量の領域でのガン確率は2倍で評価してるので、
総合すると、ICRPの6倍でみる、って感じかね。

58 :地震雷火事名無し(東京都):2011/08/29(月) 08:57:01.23 ID:tm7KscuO0
今朝のNHK、安斎育郎氏が「セシウム50Bq/kgのコメを毎日3食食べてもなんら問題ない、
自然核種、たとえばカリウムと、人工核種の危険性はまったく同じ」と言っていた。

確かに自然のウランと人工のウランの危険性は同じだとは思うが…

セシウムの発がん性実験は良く聞くけど、カリウムの発がん実験を聞いたことがない。
実際どうなのか、確かめられているのだろうか。

>>44の表8だと、ウクライナで主食であるパンの基準値は20Bq/kg、ジャガイモは60Bq/kg
何年も汚染を体験した結果の設定だから、良さそうな気もする。
日本の基準値の見直しではこの辺に設定してほしい。

個人的には米は20Bq/kg未満にしてほしいところだけど。
できれば5Bq/kgにしてほしいが、この際贅沢は言えない。


59 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/08/29(月) 13:23:51.22 ID:jaJBqwZJ0
>>58
仮にカリウムが発がん性の高い物質だったしても、ほとんどの食品に入ってるん
だし、必須ミネラルでもあるわけで、避けられるものじゃないよ。

まあ、安斎さんが「セシウム50Bq/kgのコメを毎日3食食べてもなんら問題ない」と
いってるなら、俺は信じる。
とはいえ、こどもには放射線の影響が少ない地方のコメ食わせると思うが。



60 :地震雷火事名無し(長屋):2011/08/29(月) 14:35:53.46 ID:zO7cjlIt0
セシウムがカリウムと似た挙動であるなら、カリウム40に対する人体の耐性が放射性セシウムに対しても発揮されると考えることが出来る。
だとすればセシウムはヨウ素やストロンチウムほどは危険視する必要がないのかな?
気になるのは、実験室上の純粋な放射性セシウムがそうであっても、汚染事故の場合は何か別のものが混じってきて悪さをするのでは?という懸念。
プルトニウムでもそうだけど「検出されていない」が実は「危険だと思わなかったのでその核種は検出対象外だった」みたいな核種がありそうで気になる。

61 :地震雷火事名無し(東京都):2011/08/29(月) 20:13:10.13 ID:MtsWso1Z0
何度も出てるけど、カリウムは生体半減期や物理半減期は結局のところ
あまり重要ではなくて、体内に常に70Bq/kg程度あるってことだけだな。

生物は、常にカリウムの放射線とも戦ってるわけで、カリウムに似たような
振る舞いはするけど、カリウムとは別カウントで貯まってしまう放射性セシウムが、
果たして内被曝量として何割増えると戦いに負けてしまうかがポイントだね。

こないだNHKでやってた、6万Bq/全身(15倍)の人は、心臓痛いとか言ってたし、
まあ負けてる。

チェルノブイリで言われてる25Bq/kg以上は要注意ということだと、3割増くらいで
余裕が無くなる人が出始める、と考えることが出来るかな。
この量だと1日の摂取量は10Bqが限度ってところになるが‥。

62 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/08/29(月) 21:14:20.04 ID:5LU7eaeS0
>>61
カリウムは、体内のも体外も99%は放射性でないカリウムなわけで、
その放射性でないカリウムと放射性カリウムとの合計が、放射性セシウムと置き換わってしまったら、
体内には、放射性カリウムだけだったときの100倍くらいの量の放射性セシウムを
体内に持つことになるんじゃないか?

63 :地震雷火事名無し(長屋):2011/08/29(月) 21:33:37.52 ID:xo5ecBQu0
武田先生、ホルミシス効果信じてるのかw
何のデータを信じるか、まさに信仰になってくるなw

64 :地震雷火事名無し(茸):2011/08/30(火) 00:26:49.12 ID:FTfX2Osx0
勘しか頼る気はないわw

65 :地震雷火事名無し(岩手県):2011/08/30(火) 11:24:35.28 ID:zUeV9Avz0
http://www.youtube.com/watch?v=EUoVCUF0XKk&feature=related
このクリス・バズビーのインタビュー動画

6分25秒から、博士が何言ってるか聞き取れる人いますか?

「ウラン、トリチウム、(カルプ14??)、ストロンチウム90」と言ってますが
3つ目の核種、カルプ14??のように聞こえるものが何を指しているのか分かりません
放射性物質でそんな響きのやつあったっけ?
分かる人がいたら教えて下さい

66 :地震雷火事名無し(WiMAX):2011/08/30(火) 12:14:55.86 ID:a37IRxzo0
炭素14って言ってるとおもーおー

67 :地震雷火事名無し(iPhone):2011/08/30(火) 12:18:14.06 ID:S8I6LWdo0
@ystricera たかよし
東電「参考までのご報告
第一発電所40代男性作業員急性白血病で亡くなったと
元請け企業から受けている 
お医者様の診断の結果発電所の作業とは
因果関係ないと診断。7日間従事外部0.5mSv 内部0mSv」
http://twitter.com/#!/ystricera/status/108367757602598913

68 :地震雷火事名無し(岩手県):2011/08/30(火) 12:49:43.04 ID:zUeV9Avz0
>>66
ありがとうございました

69 :地震雷火事名無し(群馬県):2011/08/30(火) 13:12:29.02 ID:qDkzyqyQ0
>>65
おいらには、プルトニウム、**ジルコニウム、トリチウム、カーボン14、ストロンチウム90、って聞こえた。
**は、&が早口でジルコニウムっとくっついて発音しているのかも。わからん。

70 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/08/30(火) 13:20:56.55 ID:ch8VheTX0
>>67は、8月上旬から7日間勤務、16日に死亡報告とのことですが、
そんなに早く発病・死亡するものでしょうか?


71 :地震雷火事名無し(岩手県):2011/08/30(火) 13:33:21.83 ID:zUeV9Avz0
>>69
uraniumかと思う

72 :地震雷火事名無し(長屋):2011/08/30(火) 13:52:48.02 ID:kRGYRjNu0
>>70
7日間0.5mSvの被曝で急性白血病が発症するなら、
福島の人が急増してなければおかしいな
増えていれば微量の被曝でも発症はありえるけど、まあないだろう

73 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/08/30(火) 14:00:59.83 ID:LlfR6PlK0
>>70
関係者は原発と関係ないと否定してる件だけど、この前Twitterで話題になった
ペット愛好家の方も、急性白血病と判明して、入院後、一週間くらいでお亡くな
りになってる。
治療しないと数日でお亡くなりになることもあるらしい。

しかも、血液検査して異常なしで、その数日後、発症というケースもあるにはあ
るんだとか。

74 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/08/30(火) 14:04:25.35 ID:ch8VheTX0
>>73
でも、それが普通のケースであるならば、
福島の人々や、原発で働いている人が相当数
同様の症状で発病、死亡という経過をたどっているはずですよね?
しかし、そうではない。
ということは、普通の放射線障害とは違う、何か別の原因があるのではないのでしょうか?


75 :地震雷火事名無し(東京都):2011/08/30(火) 14:40:07.92 ID:uMacT4TE0
ほんとに0.5mかね。
線量計つけてないとき高線量あびたとか

76 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/08/30(火) 14:46:10.74 ID:LlfR6PlK0
>>74
あ、すまん。書き方悪かったね。
放射線障害と結びつけるつもりはなかった。

急性白血病だけの話をしてるつもりだった。

>>75
仮に0.5mSv以上の放射線浴びてても、ふくいちでの作業が原因で
これだけ速く白血病になるのはちょっと考えられなくないか?


77 :地震雷火事名無し(東京都):2011/08/30(火) 14:50:23.39 ID:Fmbvv0YOP
元々福島に住んでたとか?

78 :地震雷火事名無し(東京都):2011/08/30(火) 14:50:58.33 ID:uMacT4TE0
>>76
知らない間に10Sv浴びてしまったとか、さすがにないか。

79 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/08/30(火) 14:58:10.40 ID:ch8VheTX0
原爆症になるのと同程度位の、大量の放射線を浴びてしまったのかも?
水蒸気をもろにかぶってしまったとか。

80 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/08/30(火) 15:00:44.72 ID:LlfR6PlK0
>>77
他の原発で何年も働いてて、このタイミングで発症って可能性はあるかと。

>>78-79
それだと白血病以外の原因で即死してる。

81 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/08/30(火) 15:03:30.87 ID:ch8VheTX0
>>80
ヒロシマの際の急性放射線障害は、数日〜数週間程度で
亡くなる人が多かったようですが、それとは全く違う症状なのでしょうか?

82 :地震雷火事名無し(長屋):2011/08/30(火) 15:12:42.37 ID:dkM4BLCB0
たぶん原発ジプシーではないか?
他の原発の作業で累積被曝がかなり多そうだ

そうなれば当然、みなし認定でも労災の対象になる

83 :地震雷火事名無し(東京都):2011/08/30(火) 15:15:14.30 ID:uMacT4TE0
>>80
即死はないでしょう。
JCOで死んだ人もしばらくは元気で、亡くなったのは数か月後。



84 :地震雷火事名無し(iPhone):2011/08/30(火) 15:19:39.26 ID:S8I6LWdo0
JCOは浴びた量も半端なかったけど、
ものすごい医療体制だったんだよな

85 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/08/30(火) 15:31:09.78 ID:LlfR6PlK0
>>81
高線量による急性障害なら放射線そのもののダメージで人が死ぬ。
高い放射線を受けて、すぐにガンや白血病になって、さらにすぐ死ぬっていう
プロセスを経るわけじゃない。

>>82
東電が歯切れ悪かったのはそうなのかもしれない。
直接雇用してるのは下請けだし、東電管内以外の原発ならうかつに名前は
出せないだろうし。

>>83
すまん。即死ってのは、白血病とかの他の病気にかかる間もなく、って意味。
もうちょっと言葉選ぶべきだったね。

86 :地震雷火事名無し(東京都):2011/08/30(火) 15:38:23.14 ID:uMacT4TE0
>>84
でも2〜3日はまったく普通で、「え?これが大量に浴びた人?」と驚いたと
医師の手記に書いてあった。

「人は放射線になぜ弱いか」を読むと、
中国のCo60被ばく事故でも、8000ラド(80シーベルト?)浴びた人が
12日目に死亡。
原爆の被爆者でも死後の歯の調査で800ラド被ばくの人が18日目に死亡。

なので、なかなか即死は難しいと思う。



87 :地震雷火事名無し(東京都):2011/08/30(火) 15:40:08.09 ID:uMacT4TE0
>>85
>すまん。即死ってのは、白血病とかの他の病気にかかる間もなく、って意味。
了解。

白血病のことを良く知らないんだけど、急性症状で白血球が少なくなって死ぬのは
白血病とは分類されないの?


88 :地震雷火事名無し(茨城県):2011/08/30(火) 17:32:38.91 ID:EFRoFRZ80
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E8%A1%80%E7%97%85

日本の急性白血病の年間発症率は10万人あたり4人程度らしい。

今の段階では微妙だけど
今後も作業員の発症者が何人も続くようなら
何かあると考えてもよさそう。

89 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/08/30(火) 17:36:51.16 ID:3v3J+RlP0
急性白血病と急性放射線障害の違いとか
確定的影響と確率的影響の違いとかまずちゃんと理解しよう。

90 :地震雷火事名無し(長屋):2011/08/30(火) 19:51:09.35 ID:tWl7BYt50
>>89
自然放射線を持ちだすことで低線量被曝を過小評価するよう誘導している、
と反原発側はみなしているわけで、
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/lifeline/1303482720/71,143
反原発の人からしたら、確定的影響と確率的影響の違いを持ち出すことで
何らかの核心から注目をそらすよう誘導されているのでは?
と心理的リアクタンスが働くわけ。

それよりもっと優れた回答が、>>72>>82>>85-86だと思うね。
一つにはクリティカル・シンキングになっている点。
もう一つは、その話が事実であるならこうかもしれないという仮説思考ができている点。
最後の一つは、それより極端な例でさえこうだったのだから、それに比べれば考え難い、という不等方程式になっている点。

ECRRの存在意義はこの不等方程式的な思考に役立つ点にあり、ECRRでさえ比較的安全だというのならば、まず安全なのだろう、という場合に説得力がある点。
その逆に、原発村の推進派ですら危険だというのなら、確実に危険だ、というふうな説得力がある点が、彼ら原発村のジレンマだろう。

91 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/08/30(火) 21:12:43.25 ID:XA6XHwCO0
そもそも本当に白血病だったのか確認は取れてるのだろうか?

92 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/08/30(火) 21:35:16.53 ID:3v3J+RlP0
>>90
>>72,82には全然感心しないな。確率的影響の意味を全くわかっていないから。

93 :地震雷火事名無し(千葉県):2011/08/30(火) 21:51:33.94 ID:laQ3tVhs0
>>91
そこまでは誰も確認できないからな。
そういうところで誤魔化すなら、もっと放射線の影響から遠い死因にするか、死そのものを隠蔽すると思う。

94 :地震雷火事名無し(愛知県):2011/08/31(水) 06:26:28.97 ID:GsxaUCxn0
これからどんどん隠せなくなるから、少しずつ慣らしてるんだと思う

以前「毎時2億ベクレル」とか言ったら卒倒しただろうけど、
今じゃ「意外に少ないんだな」みたいな感じ?

95 :地震雷火事名無し(大阪府):2011/08/31(水) 06:28:59.03 ID:jo63bWBG0
>>94
誤差の範囲で
もう放射性物質の放出はしていない
という感じw

96 :地震雷火事名無し(WiMAX):2011/08/31(水) 06:34:22.03 ID:GOopwkSP0
2億っていうのも中央政府が矮小化した数字であって
その数万倍(詳細は中央政府も誰も把握不可能)が毎日毎日24時間ダダ漏れなんだもんな
そこからたった200kmかそこらで毎日通常通り仕事仕事で通常運転だなんて悪い意味で怖い

97 :地震雷火事名無し(芋):2011/08/31(水) 07:11:05.15 ID:bzHwkKkB0
怖いというより良くもまあここまで家畜化されているのだと感心するよ
既に放射能で頭がいかれてるんじゃないかと思うばかり


98 :地震雷火事名無し(東京都):2011/08/31(水) 09:15:42.46 ID:kb7G2sdb0
>>59
50Bq/kgについては、これが基準値ならそんなものかなと思うが
基準がまだ500Bq/kgのときにこういう言い方は怪しいようが気がする。
カリウムとセシウムは挙動も違う。
カリウムはうまく体に利用され、排泄もされるが、セシウムはカリウムに比べ筋肉や内臓に留まりやすい。
核種の違いを「自然も人工も同じ」という言説で丸め込むのはどうも怪しい。
安斎さんて大丈夫なんだろうかと最近疑問。

99 :地震雷火事名無し(東京都):2011/08/31(水) 12:25:11.18 ID:kb7G2sdb0
ドイツ語だと「バスビー」なんだね。

http://www.youtube.com/watch?v=yk3lIFxxaxo




100 :地震雷火事名無し(宮城県):2011/08/31(水) 15:17:04.30 ID:6xQs1poj0
3月末に降った黄色い粉。ただの杉花粉では絶対にない。
花粉に何かが付着したのかもしれないが。
原発由来だとすると、黄色い粉の候補はウラン、ストロンチウム、放射性硫黄など。

101 :地震雷火事名無し(京都府):2011/08/31(水) 18:30:02.80 ID:9Ij+m0PR0
>98

わが国の白米中のストロンチウム90とセシウム137含量の長期間の推移
ttp://www.niaes.affrc.go.jp/sinfo/result/result16/result16_34.html

縦軸の目盛りがヘンな視覚マジックにも注目な。

102 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/08/31(水) 18:50:01.40 ID:CEVQ7LJ70
>>101
片対数グラフくらい覚えてた方がいい。

これを視覚マジックというと恥かくよ。

103 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/08/31(水) 18:50:26.02 ID:3cMKPik90
>>101
日本は今まで10Bq/Kg以下の白米しか経験していなかったということか。

104 :地震雷火事名無し(京都府):2011/08/31(水) 19:23:54.15 ID:9Ij+m0PR0
玄米じゃなく白米の放射線量だから藁ってしまう。

105 :地震雷火事名無し(京都府):2011/08/31(水) 19:42:53.81 ID:9Ij+m0PR0
わが国の米、小麦および土壌における90Srと137Cs濃度の 長期モニタリングと変動解析
ttp://www.affrc.go.jp/agrolib/RN/0000096962.pdf

106 :地震雷火事名無し(東京都):2011/08/31(水) 20:25:31.11 ID:uqC0vKqo0
>>98
カリウムとセシウムの挙動の違いの詳細が記述されてるネット上で閲覧可能なソースってある?

107 :地震雷火事名無し(東京都):2011/08/31(水) 21:21:02.03 ID:uqC0vKqo0
ふと思ったが、水俣病にちなんで、
放射性核種が有機化合物になって想定外の挙動をするってことはあり得る?
それもみんな含めた係数だというのが建前だろうけど…
α線だと簡単には検出できないだろうし、バズビー理論(人体は物理学が適用
できる一本の鉄線ではない)も一理あるしなぁ

108 :地震雷火事名無し(京都府):2011/08/31(水) 21:43:54.39 ID:9Ij+m0PR0
セシウム塩を使う有機合成
http://ci.nii.ac.jp/els/110006459721.pdf?id=ART0008477253&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1314794055&cp=

>105の報告にあるように、セシウムは比較的容易にヌカから白米へ移行する。
日本酒は仕込み前の精米で削り落とす度合いが高いけど、国産のマッコリがあったら
ヤヴァかったかもねと。


マッコリ密造おばさん摘発 コリアタウンで評判の味、売り上げ1千万円超
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110721/crm11072114220016-n1.htm

109 :地震雷火事名無し(東京都):2011/08/31(水) 22:36:35.30 ID:uqC0vKqo0
さすがwikipedia、ソース明示で言ってくれる
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%B7%E3%82%A6%E3%83%A0

体内に入ると血液の流れに乗って腸や肝臓にベータ線とガンマ線を放射し、カリウムと置き換わって筋肉に蓄積したのち、腎臓を経て
体外に排出される。セシウム137は、体内に取り込まれてから体外に排出されるまでの100日から200日にわたってベータ線とガンマ線を放射し、
体内被曝の原因となるため非常に危険である。セシウム137に汚染された空気や飲食物を摂取することで、体内に取り込まれる


生物濃縮
植物(農作物)での移行係数 (TF) は、農作物中濃度 (Bq) ÷ 土壌中濃度 (Bq) で表される。
カリウム (K) と似た挙動を示すとされているが、動物と植物での挙動は異なる。

植物
植物の種類および核種により移行係数は異なる。イネ、ジャガイモ、キャベツを試料とした研究によれば、
安定同位体のセシウム133と比較すると放射性のセシウム137は植物に移行しやすい。
イネでは移行したセシウム元素の大部分が非可食部であるわらなどに含まれ、
キャベツでは非可食部である外縁部のセシウムおよびストロンチウムの濃度が高くなることが報告されている[50]。

菌類
降下した放射性物質が土壌の表層に多く存在するため、表層の物質を主な栄養源とする菌類の種では植物と比較すると、
特異的に高い濃縮度を示すものがあり、野生のアンズタケ (Cantharellus cibarius) など一部のキノコでは、
セシウム137の生物濃縮が行われ周囲の植物より高濃度に蓄積することが知られている[51]。
また、屋外で人工栽培されるシイタケやマイタケでも濃度が高くなる傾向があることが報告されている[52]。

魚類
主に軟組織に広く取り込まれて分布し、生物濃縮により魚食性の高い魚種(カツオ、マグロ、タラ、スズキなど)での
高い濃縮度を示すデータが得られているが、底生生物を主な餌とする魚種(略)では比較的濃縮度は低い。
また大型の魚種ほど、濃縮度が高くなることが示唆されている。若い魚や高水温域に生息する魚ほど、
代謝が良く排出量が多くなるため蓄積量は少ないと考えられている。体内に取り込まれる経路は、餌がほとんどであるが、
鰓を通じて直接取り込まれる経路もあり、それぞれの経路の比率についてのデータは不足している[53]。

[53]笠松 不二男, 海産生物と放射能―特に海産魚中の137Cs濃度に影響を与える要因について, (財) 海洋生物環境研究所 2011-5-30閲覧


原子力および同位体の用途
(前略)水溶性が高いため食物および医薬品への照射には適さないという欠点もある[73]。
(中略)放射線装置におけるセシウムの放射性同位元素は、特定の種類の癌を治療するために医療分野で用いられていた[75]が、
よりよい代替手段が出現したことと、セシウム源として使われていた塩化セシウムがその水溶性によって広範囲に及ぶ汚染を引き起こすことから、
徐々にこれらのセシウム源は使われなくなっていった[76][77]。(後略)
ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/5/58/Caesium_chloride.jpg


健康と安全性に対する危険性
(前略)放射性セシウムは放射性ヨウ素や放射性ストロンチウムなどの他の多くの核分裂生成物ほど効率的には体に蓄積しない。
他のアルカリ金属と同様に、放射性セシウムは尿と汗によって比較的早く体から洗い流される。
しかしながら、放射性セシウムはカリウムとともに取り込まれ、果物や野菜などの植物の細胞に蓄積する傾向がある[106][107][108]。
また、汚染された森で放射性のセシウム137をキノコが子実体に蓄積することも示されている[109]。
湖へのセシウム137の蓄積はチェルノブイリ原発事故後に強く懸念されていた[110][111]。
犬を使った実験の結果、体重1 kgあたり3,800マイクロキュリー(4.1 μgのセシウム137に相当)の物理学的線量を1回浴びることで、
3週間以内に死に至ることが示され[112]、より少ない線量で不妊と癌がもたらされる可能性が示唆された[113]。(後略)


引用者まとめ
・放射性セシウムはやっぱり危険
・水溶性だから生物濃縮しない、は間違い。特異的濃縮だけでなく魚類の食物連鎖による生物濃縮も高い濃縮が起きる。
・推進派は安全性の印象付けに医療用放射性核種を引き合いに出すが、塩化セシウムの場合はその水溶性によって
 広範囲に及ぶ汚染を引き起こすことから、徐々にセシウム源は使われなくなっている。
・水溶性であるためヨウ素やストロンよりは蓄積しづらいが、食物には蓄積しているため、
 排出するそばから経口摂取することで生物的半減期より長く体内被曝する蓋然性が高い。


110 :地震雷火事名無し(山形県):2011/09/01(木) 02:11:16.75 ID:zJVp4z930
3800uCi = 140.6MBq だよそりゃ死ぬよ

111 :地震雷火事名無し(愛知県):2011/09/01(木) 09:01:14.07 ID:dCGP1ta70
なにそのメガな数字

112 :地震雷火事名無し(東京都):2011/09/01(木) 09:31:25.88 ID:FHSS1Aq50
>>110
犬の実験は引用の中でそんなに注目するところじゃないだろ

113 :地震雷火事名無し(西日本):2011/09/01(木) 17:19:57.97 ID:1VEdx6fH0
医者版から ICRPの被ばくの効用の結果だと

■子ども150人、過剰内部被曝 2011年9月1日
甲府市立甲府病院(小沢克良〈かつら〉院長)の放射性物質(放射性同位元素)を使った検査で、
日本核医学会などが勧告する基準を超える同位元素が投与され、子ども約150人が過剰に内
部被曝(ひばく)していたことがわかった。同病院は1日、会見を開き、調査結果を公表する予定。
(大岩ゆり、板垣麻衣子)
つづきあり
http://www.asahi.com/health/feature/kajohibaku0901A1_01.html

・検査のためにテクネチウムを投与
・等価線量(腎臓に特化した影響を示す内部被曝線量)で平均約350ミリシーベルト、
 最高3700ミリシーベルトを投与

過剰投与した理由は、子供が動き回って撮影しづらいから、過剰投与して撮像を鮮明にするため。
http://www.47news.jp/CN/201109/CN2011090101000122.html

バイアルを200本くらいつぶして濃縮しないと出来ない濃度だという意見
http://togetter.com/li/182123

日本核医学会の反省文
http://www.jsnm.org/japanese/11-09-01-0

114 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/09/01(木) 20:25:47.36 ID:XR7/96Gt0
そういや安全厨でデマッターしてた放射線技師てのも何人かいたと思うけど、まさかそいつじゃねえだろな。

115 :地震雷火事名無し(東京都):2011/09/01(木) 21:36:07.64 ID:5547rMGf0
> 反省文

3.
公表された事故に伴う放射線被曝による急性障害は観察されませんでした。
慢性期の障害も現在まで観察されておりません。


これがやりたかったんだろ?

116 :地震雷火事名無し(愛知県):2011/09/02(金) 08:14:32.75 ID:z8cTgbNL0
この医者も福一逝き決定

117 :地震雷火事名無し(iPhone):2011/09/02(金) 11:23:39.18 ID:f2RkmxFT0
台風がそれたみたいで何より。
横浜市内の線量も昨日から上昇等の変動なし。

例のガストからスタートした赤痢の件が気になる。
以下放射能症健康と対策スレよりコピペ
たしかにこのレスにあるように、はだしのゲンで
広島に瓦礫片づけにきたおじさんが服を着たまま下痢して
ゲンたちがクソもらしとか言って笑ってると
少ししておじさんが衰弱して野垂れ死にし、Gkbrする「原爆症赤痢」の
シーンがあったのをハッキリ覚えてる。
今回は「免疫力低下が原因」となってるが・・・。
ウチは海外のミネラル飲んでるけど水は空気を読みながら
飲んたほうがいいかも。それと大地震の後には汚水も地表を行き交い
パンデミックも起きるから。

727 :地震雷火事名無し(catv?):2011/09/02(金) 04:02:12.91 ID:AA8/S0/K0
804 名前: 【中国電 83.5 %】 (広島)(東京都)[sage] 投稿日:2011/09/01(木) 20:34:30.73 ID:PhpXWD/T0 [8/11]
ぎえええええええええええええ

@teatree_ft 古田 真人
原爆症赤痢という症状があるのは知らなかった。新宿のガストも閉まってる。罹患者は主に東北に出ているらしい。放射線障害による免疫力低下。
昨日はそれを疑ったが、原爆症赤痢というのがあったとは。赤痢発生なんて久しく聞いたことがなかった。いよいよ始まったのだろうか、目に見える健康被害。
9時間前

824 名前:地震雷火事名無し(dion軍)[sage] 投稿日:2011/09/01(木) 20:38:46.43 ID:8ceKZeDG0
>>804
もうすでに、はだしのゲンに描いてあるがな・・・(´・ω・`)
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1972060.jpg

118 :地震雷火事名無し(神奈川県):2011/09/03(土) 19:51:05.86 ID:CERihqdd0
昔はゲノムという染色体がよくわからないので、低線量の被爆なんかというのは確率論的で、
たとえば低線量であれば、放射線がぶつかっても、それを修復する機構があるんだ、という
ようなことがいろいろ言われたりしてきました。
しかしながら、今のゲノム科学で見ますと、DNAの切断が起こると一定の率で、パリンドロ
ーム変異が起こり、それが原因となって遺伝子が活性化される。
それに続いてレット遺伝子が活性化されて、さらにそれから10年とか20年とか経つと、もう
一個の遺伝子が変異してガン化するというメカニズムが、かなり決定論的なメカニズムとし
て分かるようになってきている。(児玉龍彦教授)

119 :地震雷火事名無し(福島県):2011/09/04(日) 00:13:52.68 ID:lduab0+t0
>>118
それの元論文が見てみたいな。

120 :地震雷火事名無し(愛知県):2011/09/04(日) 08:54:22.31 ID:Rre2vi5J0
こいつかな?
http://www.videonews.com/asx/press/110812_kodama_300.asx
8分あたり

121 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/09/04(日) 10:09:11.84 ID:pScZCYtP0
>>119 お前が本物の医者なら論文検索の方法ぐらいわかるだろ


122 :地震雷火事名無し(栃木県):2011/09/04(日) 12:50:40.27 ID:Q06M6Uwb0
>>121
医師免許持ってないけど、
生物関係は眺めていただけだけど、
生化学関係のヤツと飲みに行っただけだけど
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed?term=palindrome%20gene%20mutation
これ?。
分量が多いので、文献の特定キボンヌ。

123 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/09/04(日) 15:31:55.10 ID:YWjKuPzZ0
>>86
たぶん読んだのは同じ本?かな。
「嘔吐していた」って記載もあったのでまったく普通とはいいがたいとおもう・
当日夕から容態が変化していった、との記載もあった。
うろ覚えでごめん。学校の図書館で借りたので手元にないんだ

124 :地震雷火事名無し(内モンゴル自治区):2011/09/04(日) 16:35:22.97 ID:3WTXwXH+O
>>118
あ、すげー
確率から抜けそうなのか

125 :地震雷火事名無し(東京都):2011/09/04(日) 20:03:10.35 ID:BZ/KAdSo0
>>123
私もうろ覚えなので、そちらが正しいと思います。
「思ったより元気」というような表現だったかも

126 :地震雷火事名無し(東京都):2011/09/04(日) 23:41:36.69 ID:BZ/KAdSo0
テキサスで、住民の飲料水にウラン・ラジウムが2Bq/lぐらい含まれていて、
報告されていたのに隠ぺいされていた。
http://www.khou.com/home/-Texas-politicians-knew-agency-hid-the-amount-of-radiation-in-drinking-water-122205439.html?commentPage=1#comments

EPAという基準だと1000人に一人で、このレベルだと400人に一人が発がんすると。




127 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/09/05(月) 07:32:04.98 ID:nR6HELL40
山下俊一氏「放射性セシウムで病気は何も増えていません」
http://www.youtube.com/watch?v=MWBcD2bJZZw

128 :地震雷火事名無し(長屋):2011/09/05(月) 12:41:02.16 ID:e8dcHq5I0
ttp://monitoring.tokyo-eiken.go.jp/qanda02.html

あちこちのサイトで、年間推定積算線量を求める時、
機械的に木造家屋低減効果(係数0.4)を使用しているが、
これは放射線源が屋外の時にのみ適用できる。

現在みたいに、放射性物質が屋内にまで漂っている場合NGなんだが。


129 :地震雷火事名無し(福岡県):2011/09/05(月) 17:02:18.39 ID:aOlr/76V0
調査資料が別スレに貼ってあったけど、癌(白血病含む)での死亡率のことしか調査してないんだよね。
癌なら発症率、進行の速度が重要だと思うのだがあくまで死亡率の統計に終始。
あと脳障害とかの生存してても日常生活に多大なる問題を有することについて全くふれてない。
調査委員会って多数名前が並べてあったけど片手落ちもいいとこだろう。

130 :地震雷火事名無し(東京都):2011/09/05(月) 17:27:26.80 ID:4Yz4tKxv0
>>129
もっとまじめに放射能の健康被害を検討してほしいよな。


131 :地震雷火事名無し(群馬県):2011/09/05(月) 17:28:40.00 ID:iKtue/e10
「直ちに被害はない」を信用して、3/21に外出て雨に当たったり、深呼吸したヒトはオワタんじゃ?(((((gkbr

http://www.youtube.com/watch?v=eubj2tmb86M&utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter

132 :地震雷火事名無し(WiMAX):2011/09/05(月) 23:35:01.24 ID:zZgeaFlJ0
統計っつーのは、かなり恣意的に操作できるからな
毎年の自殺者が三万人台だと信じちゃってるヤツも多いでしょ
「不検出」についてはこの板住民にも浸透してきたようだね

放射能関連で>>129みたいなことやらないでしょ
誰が見ても実態が判り易くしちゃうと、ヤツらが嫌がる国民のパニックが起こるから

133 :地震雷火事名無し(東京都):2011/09/06(火) 00:03:04.12 ID:93+SG90+0
ツイッターで見かけたので貼っとく
Towards a unifying theory of late stochastic effects of ionizing radiation
http://blogs.shiminkagaku.org/shiminkagaku/Baverstock_KarotkiMutRes2010.pdf

a b s t r a c t
The traditionally accepted biological basis for the late stochastic effects of ionizing radiation (cancerand
hereditary disease),i.e.target theory, has so far been unable to accommodate the more recent findings of
non-cancer disease and the so-called non-targeted effects, genomic in stability and bystander effect, thus
creating uncertainty in radiation risk estimation.
We propose that ionizing radiation can give rise to these
effects through two distinct and independent routes, one essentially genetic, termed here type A, and the
other essentially epigenetic, termed typeB.

134 :地震雷火事名無し(iPhone):2011/09/06(火) 00:39:32.26 ID:rEv/vISp0

田島高校で体育中に生徒が死亡  9/ 5(月)
南会津町の高校で体育の授業中に生徒が倒れ、死亡しました。
死亡したのは県立田島高校の渡部和宏さんです。
高校によりますと渡部さんは午前11時頃体育の授業でバスケットボールの試合中に突然倒れました。
現場で2人の教員がAEDと人工呼吸を施しましたが、その後病院で死亡が確認されました。
渡部さんに外傷などはなく、警察があす司法解剖して死因を調べることにしています。

先頭に戻る
http://www.fukushima-tv.co.jp/news/news.htm#09050005

135 :地震雷火事名無し(福岡県):2011/09/06(火) 00:59:32.53 ID:j4achRtJ0
>>132
いやぁ、明らかに教授から不可やり直しって突っ返されるか、君分析って解ってる?いわれるレベル。
表題を「寿命に与える影響」ならわかるが「身体への影響」みたいな感じだからな。
たいてい母集団をいじってくるものだが、それが行えないのか2段構えなのか判定条件のすり替えで対処って
そんなんで騙せる程馬鹿が増えたってことなのか騙そうとする側が馬鹿なのか?

136 :地震雷火事名無し(愛知県):2011/09/06(火) 09:48:36.67 ID:Cz7AzcTJ0
>>84>>86>>123>>125
朽ちていった命
http://www8.plala.or.jp/grasia/dokushyo/JCO/Hibaku2.pdf#search='朽ちていった命'


グロ注意
http://livedoor.2.blogimg.jp/hanagenuki/imgs/0/3/0372602a.jpg
http://www.youtube.com/watch?v=pYB58P3t_Hs

137 :地震雷火事名無し(愛知県):2011/09/06(火) 09:51:29.13 ID:Cz7AzcTJ0
http://www8.plala.or.jp/grasia/dokushyo/JCO/Hibaku2.pdf

リンク失敗。。。orz

138 :地震雷火事名無し(東京都):2011/09/06(火) 10:24:33.32 ID:93+SG90+0
>>133
これの紹介文

Keith Baverstock
「公衆衛生の分野ではしきい値がないと考えることが良識のある考え方。
放射線により引き起こされる疾患の裏のメカニズムについて議論しがんと
非がん疾患の起き方には基本的には違いがないのではないかと示唆している私の論文



139 :地震雷火事名無し(東京都):2011/09/06(火) 10:27:13.10 ID:93+SG90+0
高木学校の人のツイートより

Pierre Barbey「100mSvという値に関しては・・・それ以下の値では影響がないという
保証ではないことは強調されるべきでしょう。疫学研究は制限のある科学手法であり
100mSvはガンの安全なしきい値であると見なされることは絶対にない
http://blogs.shiminkagaku.org/shiminkagaku/csijnewsletter_009_minami.pdf via web

2011.09.05 20:57

Pierre Barbey
「PNASは放射線疫学、放射線生物学の領域で国際的に認知された多くの
科学者の意見を集めており、権威をなしています。その著者らによれば、
累積線量が34mSvから有意なガンの過剰発生リスクが見られます。」
http://blogs.shiminkagaku.org/shiminkagaku/csijnewsletter_009_minami.pdf via web

2011.09.05 20:58

「2011年12月以後に予想される新生児にあっては、チェルノブイリ後に記録
されている染色体異常と先天性の奇形の増加を、覚悟せねばならない。」
IPPNW医学博士W・アイゼンベルクの見解
http://www.crms-jpn.com/art/115.html via web

2011.09.04 15:08

「子どもたちの白血病もおそらくすでに2016年からはっきりとより頻繁に
現れてくるであろうと懸念される。白血病は他のガン種に比べてイオン化された
放射線と強い相関関係がある。」IPPNW医学博士W・アイゼンベルクの見解
http://www.crms-jpn.com/art/115.html via web

2011.09.04 15:08

「日本の東北地方においては来年中に放射能に起因する多様な疾病が
生ずることを覚悟しなければならない。福島県で暮らす現在0歳から5歳の
子どもたちはおそらく3−5年後には甲状腺ガンの増加に見舞われるだろう」
IPPNW 医学博士W・アイゼンベルク
http://www.crms-jpn.com/art/115.html via web

2011.09.04 15:06


140 :地震雷火事名無し(iPhone):2011/09/06(火) 15:46:43.81 ID:rEv/vISp0
『福島産農産物を食べていた柳美里氏が体調不良らしい』
http://alcyone.seesaa.net/article/224509711.html

141 :地震雷火事名無し(東京都):2011/09/06(火) 16:15:42.56 ID:93+SG90+0
>>140
この人の体調不良はいつもだろ

142 :地震雷火事名無し(内モンゴル自治区):2011/09/06(火) 17:17:01.55 ID:Nanlf7/SO
>>140
また「謝罪と賠償を」か。

143 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/09/06(火) 21:17:12.12 ID:n1TT4ens0
あの人は子供育てちゃダメだろ



144 :地震雷火事名無し(東京都):2011/09/07(水) 17:32:56.47 ID:Cn0SLafzP
数十年後の日本でもありそう…。

Paris court drops case on Chernobyl fallout
(AP) – 34 minutes ago
PARIS (AP) — A Paris court has dropped a long-running investigation into whether the 1986 Chernobyl nuclear accident caused health problems in France.

The lawyer for the complainants, Bernard Fau, said the Paris appeals court ruled Wednesday to close the case.

The then-chief of France's radiation safety ageancy, Pierre Pellerin, had faced preliminary charges in the case for "aggravated deception."

Researchers and cancer victims accuse the government of intentionally downplaying the risks of the radioactive cloud that the accident in then-Soviet Ukraine spewed over much of Europe, in part to protect France's powerful nuclear industry.

But the prosecutor said earlier this year that the probe had turned up no hard proof that Pellerin misled the public on purpose.



145 :地震雷火事名無し(iPhone):2011/09/08(木) 00:28:03.56 ID:pZLt7SFm0
>>132
>統計っつーのは、かなり恣意的に操作できるからな
>毎年の自殺者が三万人台だと信じちゃってるヤツも多いでしょ

詳しく

146 :地震雷火事名無し(芋):2011/09/08(木) 14:33:33.78 ID:c8SSyWJs0
>>144

広瀬隆が告発した人物は最低限法廷に立つことになるだろうね。
それも数十年後ではなく、数年以内にやらないと最重要人物を裁けなくなる。

147 :地震雷火事名無し(東京都):2011/09/09(金) 07:03:49.75 ID:3b/wIXz60
700 名前:地震雷火事名無し(千葉県)[sage] 投稿日:2011/09/08(木) 14:36:21.50 ID:jfD2li0/0
武田先生の抗議メール返答抜粋
放射性セシウム137の{成人、経口}での50%致死量は0.1ミリグラム程度です。
これに対して青酸カリは{成人、経口}で50%致死量が200ミリグラム程度ですから、青酸カリの方が約2000倍ほど毒性が低いという関係にあります。

701 名前:地震雷火事名無し(京都府)[sage] 投稿日:2011/09/08(木) 15:10:58.49 ID:BMLrzVpV0
セシウム137 1グラムあたりの放射能の強さ 3兆2000万ベクレル
ttp://www.stop-hamaoka.com/kaisetsu-6.html

718 名前:地震雷火事名無し(dion軍)[sage] 投稿日:2011/09/08(木) 17:35:11.12 ID:XgL7Jrh80
ttp://www.gakushuin.ac.jp/~881791/housha/details/halflife.html
より、137Cs1Bqは、およそ1.4×10の9乗個
これは何グラムかというと、だいたい、
1.4×10の9乗(個) ×137(原子量) ÷アボガドロ数 で、3.2×10のマイナス13乗(グラム)
なので、
137Cs 1グラムは、1÷(3.2×10のマイナス13乗)で、だいたい 3.1×10の12乗(Bq)

ttp://guskant.github.com/bgs/efficace.html#ing
より、(ICRPによる)成人における経口摂取の場合の実効線量換算係数(Sv/Bq)は、1.3×10のマイナス8乗 で、
137Cs 1g を経口摂取した場合、生涯で、3.1×10の12乗(Bq)× 1.3×10のマイナス8乗(Sv/Bq) で、約40,000(Sv)の被曝
素粒子論研究(電子版)vol.4(2010) 40ページ から、(たぶん緊急時の)30日間で50%が死亡(半致死線量)は、4(Sv)
これを137Csの経口摂取に(*そのまま)あてはめると、
4(Sv)÷ 40,000(Sv/g)イコール 0.0001(g)= 0.1(mg)

754 名前:地震雷火事名無し(dion軍)[] 投稿日:2011/09/08(木) 20:33:52.38 ID:rKpAJwsD0
ttp://www.stop-hamaoka.com/kaisetsu-6.html
旧ソ連では、セシウム137が1平方メートルあたり150万ベクレル以上(1平方メートルあたり0,004[4/1000]グラム以上!)の地域を強制立退き地域にした。
翻って福島第一事故。
NHK ETVネットワークでつくる放射能汚染地図から。
双葉町山田の民家土壌 
l-131 1億二千万ベクレル/m2 cs-134+137 2120万ベクレル/m2
1Ci=37GBq 1km2=1000000m2 の換算をすると、1Ci/km2=37000Bq/m2になります。
一例として、双葉町山田はcsは合計値のみ判明。
ただし、しばしばcs137のみの数値が合計値の1/2強であるので、1060万ベクレル/m2。
1060/150 = 7 [1平方メートルあたり0,028グラム以上!]
浪江町赤宇木 避難所[赤宇木集会所]の外 駐車場 80マイクロ毎時
セシウム合計 400万ベクレル/m2 l-131 2320万ベクレル/m2
cs137 200万として200/150 = 1.33 [1平方メートルあたり0,0053グラム以上!]
ん?赤宇木の避難所にいた人たち、「死亡確定」時間の問題か。
ん?福島の中通りはかなり危険じゃないかやはり。
ttp://radioactivity.mext.go.jp/ja/monitoring_around_FukushimaNPP_MEXT_DOE_airborne_monitoring/
セシウム137が1平方メートルあたり10-30万ベクレル以上のとこがいっぱいだ。
関東なら、栃木県日光市北部、那須塩原大部分、茨城県土浦市の南
10万ベクレル/m2のとこは1平方メートルあたり0,00026[4/15000]グラム以上!
50%致死量は0.1ミリグラムなんでしょ、その26倍なんだけど。。。

800 名前:地震雷火事名無し(dion軍)[sage] 投稿日:2011/09/08(木) 23:30:12.77 ID:XgL7Jrh80
718です。ヨコからすみません。間違ってたらごめんなさい。
もしかして、{経口}をうっかりしていませんか?
ただ、「経口摂取における137Csの50%致死量は0.1mg」自体には、緊急時の(おそらく外部)被曝<生涯における(内部)被曝
という問題が残されていると思われ、そうなると、Csの生物学的半減期のこととか、ICRPが内部被曝をどのように見積もって換算係数を出したかとか、
そもそも外部被曝と内部被曝を同じSvで並べることがどうなのかとか、私には理解(計算)できない要素がたくさんあって、但し書きにしたつもりです。

148 :地震雷火事名無し(長屋):2011/09/10(土) 11:24:41.39 ID:0grGq7kf0
41 名前:地震雷火事名無し(dion軍)[sage] 投稿日:2011/09/10(土) 02:09:54.34 ID:GNRrJDqG0
131Iについて、少し調べてみました その1

原子力安全委員会 4月12日 より抜粋(内は追加) :
3 月11 日から4 月5 日までの大気中への一部の核種の放出放射能総量とし
て、ヨウ素131 が1.5×10(の)17(乗)Bq、セシウム137 が1.2×10(の)16(乗)Bq
という推定的試算値が出されました。

原子力安全・保安院 6月6日 より要約 :
大気中に放出されたヨウ素131の放出割合は、
1,3号機で1%以下、2号機で0.3〜6% と推計されている。

つまり、事故から160日経過(8月17日頃)した時点でもまだ、
計算合ってれば、だいたい 1.5×10の11乗Bq(34ug) のヨウ素131がそこら辺にあり、
その100倍くらいの管理されていない(化学的な状態も判らない)、
ヨウ素131がどこかにあると推定的に試算されるワケです。



42 名前:地震雷火事名無し(dion軍)[sage] 投稿日:2011/09/10(土) 02:12:19.53 ID:GNRrJDqG0
131Iについて、少し調べてみました その2

一方、調べてびっくりしましたが、
甲状腺癌の治療では、ヨウ素131を 3,700〜7,400MBq (0.1〜0.2Ci)くらい投与し、
その後 ”退出基準(500MBq、1m の距離で30μSv/h)を越えていないこと”を満たせば
アイソトープ治療室から退出できるそうです。
http://oncology.jsnm.org/files/pdf/thyroid-guideline09.pdf

(ソースを紛失してしまいましたが)ヨウ素の生物学的半減期は、
甲状腺で約120日。その他の臓器で約12日。

再臨界を想定しなくても、4桁Bq程度はどちらからも出そうですが...

149 :地震雷火事名無し(長屋):2011/09/10(土) 16:54:24.74 ID:0grGq7kf0
15 名前:マジレスさん[sage] 投稿日:2006/11/24(金) 01:06:50 ID:Ge0mI+2Q
認知的不協和理論
http://www.n-seiryo.ac.jp/~usui/deai/012ninchi.html
http://www.fml.t.u-tokyo.ac.jp/Dame/Dame_2nd_report.htm
http://am.tea-nifty.com/ep/2004/06/dissonance.html

>  あなたはタバコを吸いますか。でも、タバコは身体に害があるそうですよ。

>  さて、調査によりますと、タバコをたくさん吸う人ほど、
>  タバコは身体に害があるとは考えていないことがわかりました。
>  タバコを吸っているという事実。そして、タバコは害があるという知識。この二つには矛盾があります。
>  害があると思いながら、タバコを吸うのは、何となく落ち着かなくて、不愉快です。
>
>  この不愉快な気持ちを「認知的不協和」と呼んでいます。
>
>  人は、思いや行動に不一致、矛盾があると、心の中に不協和が生まれます。
>  これは気持ちが悪いので、何とか不協和を下げようとします。
>  タバコを吸うこととをやめてもいいのですが、これはかなり難しい。
>  そうすると、人は、変えやすいほうを変えます。
>
>  タバコには害がないと思えばよいのです。

150 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/09/10(土) 19:02:28.41 ID:EW5YnFXV0
みんな放射能物質は害が無い若しくは少ないと思い込もうとするってことですね。

151 :地震雷火事名無し(埼玉県):2011/09/11(日) 13:02:45.75 ID:Rkz5s/UY0
バズビー博士によると数億人が死ぬそうです

ttp://www.agoracosmopolitan.com/news/intrnational/2011/08/29/719.html

152 :地震雷火事名無し(大分県):2011/09/11(日) 13:56:29.60 ID:kD26gv0gP
>>151
もうすこし詳しく教えてくれませんか?

153 :地震雷火事名無し(長屋):2011/09/11(日) 21:40:24.62 ID:JGLeMLel0
そりゃ人間はいつかは死ぬからね。

154 :地震雷火事名無し(東京都):2011/09/12(月) 01:00:32.92 ID:YHAU4JTC0
ここ数日、心臓付近が痛くて呼吸も自然に出来ないというかずっと呼吸が荒い状態
吐きはしないけど軽く吐き気がして体中がだるくてしかたない
頻繁に下痢だし、咳も出るけど熱は微熱程度、頭痛、指の関節が痛い
私死ぬのかな・・・

食べ物や水は気をつけてるつもりだったけど、アイスとかお菓子とかが意外と
ベクれてるのかもしれないから食べるのやめて様子見てる
みんなも気をつけて@東京

155 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/09/12(月) 01:06:13.61 ID:cG+asyH+0
>>154
朝になったら病院にいきなさい!

156 :地震雷火事名無し(東京都):2011/09/12(月) 03:01:59.88 ID:+bMFDwga0
>>154
それは放射能関係無いんじゃないか・・・?

157 :地震雷火事名無し(東京都):2011/09/12(月) 08:39:29.12 ID:u6gyE8JT0
チェルノブイリで育つダイズの秘密
http://wired.jp/wv/2011/04/05/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%96%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%81%A7%E8%82%B2%E3%81%A4%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%81%AE%E7%A7%98%E5%AF%86/

周囲にある他のタンパク質を輸送して体内の特定の部位に貯える能力が
あることで知られる、数百種類ものタンパク質の含有量が減っていたのだ。
この変化の結果として、これらのマメに含まれるセシウム137の量はきわめて低かった。

これらのマメは健康で繁殖力も高いが、人間が食べられるほど安全では
ないのは間違いない。Hajduch博士はこれらのマメの第2世代以降についても研究を進めている。


158 :地震雷火事名無し(東京都):2011/09/13(火) 11:39:45.42 ID:IuIyM/9A0
Kは放射性でないものが殆どで、それがダムの満水レベルを決めるので、
放射性K40はその一万分の一という存在比でだいたいの上限が決まる。
いわゆる大人で4000Bqというやつ。Csはそういう上限が無いだろうとは言われてるけど、
とりあえず排出半減期を測った実験から100日とか仮定。 via Twitter for iPhone

つまりCsを沢山、継続して食べればK40の何倍にもなるし、
1日10Bqでも半分くらいのレベルになる。という概算。
いま簡単の為にKと同じベクレル数のセシウムが蓄積したケースを考えるとする。
「セシウムとカリウムは性質が似てるので挙動は一緒」という説明は私的には到底ムリで、、


159 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/09/13(火) 13:17:53.46 ID:h33fxsOZ0
Cs-137は同じ分子量(mol)のK-40に比べて約4000万倍の放射能量(Bq)がある。
さらにその内部被曝における放射線量(Sv)を比べると約9000万倍である。

160 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/09/13(火) 13:21:17.73 ID:DGeIA7GW0
>>159
ネプツニウム騒動もそうだったけど、半減期を無視して、分子量だけで
議論すると訳が分からなくなる好例だねw

161 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/09/13(火) 13:46:07.17 ID:h33fxsOZ0
>>159
なんかmolを分子量って言ってたような気がするんだけど勘違いだったか。

訂正:
分子量(mol)

物質量(mol)


要は原子1個あたりで比べると、ってことね。

162 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/09/13(火) 18:34:49.27 ID:nn/tJVbe0
>>154
自律神経失調症だろう。
実際、放射能ノイローゼになってる人間に多い。

163 :地震雷火事名無し(栃木県):2011/09/13(火) 19:09:33.95 ID:eTnjeRIz0
>>162 なら
http://www.strahlentelex.de/Yablokov%20Chernobyl%20book.pdf

5.8.1. 神経系疾患. p105
Twenty-two years after the Chernobyl catastrophe,
it is apparent that low levels of ionizing radiation cause changes in both the central and the autonomic nervous systems and
can precipitate radiogenic encephalopathy (for a review see Loganovsky, 1999).
チェルノブイリ事故後22年、はっきりした事は、中枢および自律神経系の両方における低レベル電離放射線の変化をもたらす事と、
放射性脳症を誘発させることができる事(Loganovsky, 1999の総説参照)。
5.8.1 節はまだ訳していないので、こんな程度。

164 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/09/13(火) 19:12:24.98 ID:nn/tJVbe0
なんでも放射能に結び付けて考えれば、全てそう考えられるよ。
だから医者も苦笑いするんだろうな。

165 :地震雷火事名無し(福井県):2011/09/13(火) 19:12:48.90 ID:XArD6RtK0
汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、
汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、
汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、
汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、
汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、
汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、
汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、
汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、
汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、汚染ジャップ、

166 :地震雷火事名無し(東京都):2011/09/13(火) 19:45:38.08 ID:vqdCxey10
NHKニュースの30キロ圏の住民で内部被ばくは全員1ミリシーベルト未満らしいんだが
浪江町と飯舘村あたりでこのくらいなら、放射能は心配することないんじゃないの?
内部被曝1ミリが危険かどうかじゃなくて、食物や空気からは被曝しないんだなって思った

167 :地震雷火事名無し(大分県):2011/09/13(火) 19:59:05.13 ID:MPYs9usIP
えージャー何から被爆するわけ?

168 :地震雷火事名無し(東京都):2011/09/13(火) 21:10:34.31 ID:Ly+0B06h0
>>159
セシウムも、放射性じゃないセシウムの方が多いんじゃないかな。
体内存在量1mgとかじゃなかったっけ。

セシウム摂取量と、セシウムのカリウムに対する飽和量、それと、放射性セシウムの
摂取量などから、ある程度体内の蓄積玄界量は算出出来るかもしれない。
チェルノブイリで1日1万ベクレルみたいな食事でも、体内蓄積量7万くらいだったし。

もちろん、放射性セシウムが少ないうち(〜1万Bqくらい?)は、生体半減期で蓄積する
(飽和量=日摂取量×約150)として近似出来るんだろうけど。

169 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/09/13(火) 21:14:13.18 ID:Yw3HiTxw0
>>166
1mSvってどんな計算方法なんだろう。
ブラックボックスを通して出した値を信じろと言われましてもな訳で…


170 :地震雷火事名無し(栃木県):2011/09/13(火) 22:36:50.95 ID:10pjWuvC0
http://svcf.jp/

「福島原発行動隊」


参加できない人は、せめて寄付(賛助会員として参加)くらいしよーぜ。
政府や東電やマスゴミなんかよりよっぽど頼りになる。

171 :地震雷火事名無し(山形県):2011/09/13(火) 23:25:45.40 ID:RKXrqdU20
>>166
全員1ミリシーベルト未満なわけねぇーだろ
3月15日一日だけでもっと被曝してるさ

172 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/09/13(火) 23:50:39.99 ID:qU2F6y1w0
>>158
http://twitter.com/#!/study2007
あと、
http://ameblo.jp/study2007/ (9月/6日)
既出だったでしょうか?だとしたらすみませぬ。


173 :地震雷火事名無し(東京都):2011/09/15(木) 00:52:54.46 ID:/X3Pzlfj0
>>172
togetterにまとまった模様

--
体内に取り込まれた放射性CsとK40のリスクの違い
に関する1推定例と児玉先生の言及についての1理解

http://togetter.com/li/188120

174 :地震雷火事名無し(東京都):2011/09/15(木) 07:58:43.79 ID:vgrlUlZJ0
外部被曝は基準値以下だな。新宿が0.055くらい。ほとんど減少しなくなってきているが、わずかながら減ってはいる。
事故前が0.03だから値は高いが自然放射線の変動の範囲内に収まっている。
西日本は自然放射線のレベルが高くて山口あたりは0.08だが、西日本は自然放射線のレベルが高いからといって訪問を控える人はいないだろう。
内部被曝はいまいち正確な数字が把握できないが、体内に取り込んだ放射能は比較的短い期間で対外に排出される。
一部危険な食品が出回っている可能性もあるが、数%以下だろ。確率的にも健康には問題ないはず。

175 :地震雷火事名無し(愛知県):2011/09/15(木) 15:15:17.02 ID:us5P7RGL0
最近多いね
明らかに間違ってるのに堂々と発言して信用させようと言う手口

以前はちゃんと自分なりの論拠を持ってたもんだが
アサツーディーケーも人件費ケチってるのかな?

176 :地震雷火事名無し(東京都):2011/09/15(木) 17:54:31.81 ID:bl1RYC480
微量でも被曝はそれなりに確実にこわい

対照地域に比べ,汚染地域での先天性障害頻度の増加1%当りの平均被曝量は,モギリョフ州では0.20ミリシーベルト,ゴメリ州では0.31ミリシーベルトである.
これらの値を,放射線被曝による遺伝的影響の倍加線量に換算すると0.02〜0.03シーベルトとなり,
国際放射線防護委員会(ICRP)や国連放射線影響科学委員会(UNSCEAR)が採用している倍加線量値の1シーベルトに比べ極めて小さな値となる
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Chernobyl/saigai/Lazjuk-J.html

2−3ミリ余分に喰らえば先天性異常は10%も増えたらしい
 自然レベルより放射線が多少だけ高い職場に親御さんがいる友達がいたんだけど、
パッと見わからないような小さい奇形があって病院でも奇形と診断されたそうだ
じっさいこの目で見せてもらったから、低レベル長期間被曝で奇形がでるのは間違いない
 原子力安全ポア院と原子力爆発安全委員会が独自の年20ミリ安全説ゴリ押しして
なし崩し的に住民が放置されているからこれから恐ろしい事になるかも
50万人中2万人死んで多くが治療不能のぶらぶら病になった
チェルノの除染作業員ですら鼻血がでたら休みなのにフクシマの小学校は、、

177 :地震雷火事名無し(長屋):2011/09/15(木) 18:25:03.05 ID:EEN2rXVD0
プル408芋さん関連 神奈川でプルトニウム 専ブラ用リンク
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/lifeline/1315964207/467,476,533,581
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/lifeline/1315964207/467+476+533+581

178 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/09/15(木) 20:54:53.77 ID:CmMjMeFz0
>>173
ありがとうございます。

179 :地震雷火事名無し(WiMAX):2011/09/15(木) 21:12:08.30 ID:I0Wx6gfd0
>>177
Error: このスッドレは見つかりませんですた

180 :地震雷火事名無し(長屋):2011/09/16(金) 13:55:02.49 ID:osmR5fWY0
>>179
●持ちOpenJaneだと該当レスが連結されてポップアップします

181 :地震雷火事名無し(東京都):2011/09/20(火) 13:49:23.65 ID:0GBm9LDY0
ここでいろいろbusbyやりとりしてるね。
http://health.phys.iit.edu/archives/2011-August/subject.html#start



182 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/09/20(火) 14:57:38.05 ID:raM03pPS0
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110920-00000039-jij-soci

ちょっと気になるいやんな記事。

再浮遊からの呼吸被爆は外部被ばくの1%くらいで予想してたんだが、
南相馬のどれくらいのところで、計測した数値なんだろう?

183 :地震雷火事名無し(東京都):2011/09/20(火) 22:19:55.37 ID:jLpZ7Ulm0
>>182
係数がICRPだから、ECRRだと、さらに5倍だな。

南相馬では、ECRRベースだと2ヶ月で0.4mSv、年間2.4mSvってことか。
南相馬も場所によるけど、もし海岸沿いの低いエリア(Cs137-30kBq/m2)で
この数字だと、東京あたりでも(10kBq/m2)、年間1mSvくらいになってしまう。

184 :地震雷火事名無し(山形県):2011/09/20(火) 23:43:06.93 ID:FWcC/ue20
一度地面に降下し風で舞い上がるなどした放射性セシウムを取り込むことってどのぐらいあるんだろうね?
風の強い日じゃなければ心配いらない?
それとも普段でも普通にふわふわ漂ってる?

まだマスクいるのかなぁ

185 :地震雷火事名無し(千葉県):2011/09/21(水) 00:49:18.94 ID:CwA6fWNo0
関東平野の冬は赤城おろしで砂塵が凄い…
家の中にまで砂が入り込んでくるからなぁ…
マスクしたほうが良さそう。

186 :地震雷火事名無し(東京都):2011/09/21(水) 00:50:03.85 ID:4BdeqVaO0
ときどきコロコロかけてるけど、少しは効果あるんだろか。

187 :地震雷火事名無し(千葉県):2011/09/21(水) 08:13:55.39 ID:Qab99BPm0
>>184
22日の詳細発表待ちじゃないか?
詳しい条件がわからなすぎる。

188 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/09/21(水) 12:23:12.49 ID:s6ECO2bj0
>>183
ECRRで係数が5倍になるのは、cs137だけで、Cs134はそのままだから、
約3倍くらいだろ。

189 :地震雷火事名無し(愛知県):2011/09/22(木) 14:35:20.40 ID:43HAjMuX0
あれ? ここまだこれ来てない?

■松田 浩平教授(東北文教大学)
【食料生産者の皆さんへ】
国の暫定基準値の500Bq/Kgは『全面核戦争』に陥った場合に、
餓死を避けるためにやむを得ず口にする食物の汚染上限です。

もしも放射性セシウム137が500Bq/Kgも含まれた食品を3年食べたら致死量に達します。
全てが基準値ぎりぎりではないとしても
重複内部被曝を考えれば政府の暫定基準値では、
10年後に半数以上の国民が致死量以上に内部被曝する可能性が95%を超えます。
つまり暫定基準500Bq/Kg未満で安全宣言すると言うことは、
その食品を食べた人が10年後に半数は死亡してもかまわないと言っているのと同じだ
と言うことを忘れないでください。

汚染物質の半減期や拡散を考えても現在の数値を見る限り
熔融した核燃料が地下かどこかで部分臨界反応を続けているとしか考えられないのです。
少なくとも原発から320km以内の食品移動を禁止し、安全な地域に汚染物資を持ち込まないようにするしか現状では方法が無さそうです。
被災地復興も大切ですが、汚染物質を全国にまき散らして生き残った地域までダメにするようにしか思えません。

半径320kmとは、単純にEUが輸入を無条件で禁止している地域です。
ホットスポットが99%の確率で出現しないとされる範囲だそうです。

WHOでは500Bq/Kgを「全面核戦争前提の【緊急基準】最長3ヶ月程度」としています。

言い換えれば500Bq/Kgは、全面核戦争で放射性物質により地球上が汚染された場合に
人間が死滅しない基準と考えるとわかりやすいでしょう。
この基準を適用すれば10年後に日本人が6000万人生き残っていれば御の字ということを意味しています。

Q:これとの関連はありますか?http://kingo999.web.fc2.com/kizyun.html

A:関係有ると思います。
おそらく政府は条件を無視してこの世で最も甘い基準を暫定基準としたのでしょう。
それだけ重大な事態であることを認識しているのだと思っています。
しかし日本は国難に際して国民の生命を第一に考えたことなど歴史の中で一度も無かったことは周知の通りです。

http://www.facebook.com/KoheiMazda/posts/177718452303728

190 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/09/22(木) 15:37:29.56 ID:TnL3uJxS0
寿命は短くなるが、子孫が絶える程にはならないていうことかな。
「人生わずか40年〜」の時代に一時的にでも逆戻りってことか。

191 :地震雷火事名無し(芋):2011/09/22(木) 15:39:31.19 ID:umBzP0470
でも傷ついた遺伝子は七代先まで影響するんだよね
変なのと変なのが掛け合わされたらどうなるんだろうか

192 :地震雷火事名無し(東京都):2011/09/22(木) 15:40:32.36 ID:hQ4l2eDG0
y染色体が消滅する日が早まるかもしれんね。

193 :地震雷火事名無し(東日本):2011/09/22(木) 15:41:56.46 ID:3HvR00Oh0
ついにX-MENの誕生か

194 :地震雷火事名無し(東京都):2011/09/22(木) 16:16:23.60 ID:XyImi6yV0
>>191
新人類が誕生

195 :地震雷火事名無し(iPhone):2011/09/22(木) 19:56:38.37 ID:serO1tuf0
ついにNEXTが

196 :地震雷火事名無し(千葉県):2011/09/23(金) 00:59:00.47 ID:Bt1n65qA0
>>189
>もしも放射性セシウム137が500Bq/Kgも含まれた食品を3年食べたら致死量に達します。
>全てが基準値ぎりぎりではないとしても
>重複内部被曝を考えれば政府の暫定基準値では、
>10年後に半数以上の国民が致死量以上に内部被曝する可能性が95%を超えます。

これ、生体半減期は考慮してるのかな?

197 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/09/23(金) 04:29:16.25 ID:/Fr9g/bl0
>>189
ICRPの内部被ばく線量モデルで計算すると、
大人が毎日2kg食べたとき、
500×2×365×3 で、約 1.1[MBq] @
実効線量換算係数は、1.3×10^-8[Sv/Bq]  A
@×A で、14[mSv]

致死量には、少し足りないような気がします。
私の計算間違いか、別の計算方法でしょうか。

198 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/09/23(金) 04:50:14.68 ID:/Fr9g/bl0
こちらに別の考察が
http://togetter.com/li/191193

ちなみに、ECRRでの換算係数は、6.5×10^-8[Sv/Bq]で、
71[mSv]になりそうです。間違ってたらすみません。



199 :地震雷火事名無し(愛知県):2011/09/23(金) 07:29:18.20 ID:VO3umLoO0
結果を待ってみる?

200 :地震雷火事名無し(東京都):2011/09/23(金) 09:29:48.47 ID:Ii3H9Cc30
高木学校の人

nakayamamikio (中山幹夫)
松田浩平教授の記事全文はFBにあります。情報の判断は各自で。
私は松田氏FBを生命軽視への警告と暫定基準への批判と感じていますが、
10年後の半数致死には懐疑的。
仮に毎食500Bq→年5mSv→10年50mSv→発癌1/200 『原発と放射線』参照 via web

2011.09.22 19:19



201 :地震雷火事名無し(東京都):2011/09/23(金) 09:34:10.19 ID:YFLnos6e0
舞い上がりは内部被ばく10倍=放射性セシウム、直接吸入と比較−原子力機構解析
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2011092000320

こないだの台風で激しく大気中の濃度があがってたな

202 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/09/23(金) 12:19:16.58 ID:/Fr9g/bl0
197,198 修正
1日2キロも食わないか。ごめんなさい。
自分がこれくらいたべてるな、という感じで修正してください。
たとえば、1キロなら半分にする、とか。

203 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/09/23(金) 13:19:43.50 ID:/Fr9g/bl0
>>201
3月にどんだけ被曝してしまったかが気になるところなので、
3月の呼吸による内部被曝線量を高崎のデータから推測。
http://www.cpdnp.jp/
ただし、”人体への影響についての測定を目的とするものではなく”
と書いてあるので留意してください。

131I, 134Cs, 137Cs  が、それぞれ
2.2uSv,0,84uSv,0.55uSv

132I など、それ以外の核種(希ガスを除く)の合計が
2.82uSv(129mTeが約2uSvと大きい)

133Xeは、測定範囲外(スケールアウト??)だけど、
24uSv以上にはなりそう。
南相馬市では、非常に大雑把だけど、さらに2桁くらい大きくなるのかな?
すると、133XeだけでmSvのオーダーになる!?

これはICRP基準で大人で計算して、の話。
ECRR基準での希ガスの計算は、私には出来ませんでした。

で、測定されていない核種の影響も非常に大切という話。
「僕と核」で教えていただきました。
http://e22.com/atom2/avg.htm

204 :地震雷火事名無し(東京都):2011/09/23(金) 14:14:59.82 ID:Ii3H9Cc30
TragedyJapan
RT @Malena_Malena 獣医学生の方が作成した「放射線衛生研究」外食頻度毎の
セシウムの体内蓄積量など。
http://bit.ly/p2SQyL
ちょっとくらいならいいかな・・が2年間続くと恐ろしい数値に。特に子供には要注意。 via TweetDeck

2011.09.20 01:24


205 :地震雷火事名無し(東京都):2011/09/23(金) 23:46:46.59 ID:iS6sHe8G0
保安院の出してる放出量に、ECRRの係数をかけると、セシウムよりも
バリウム140の方が総内部被曝量が多くなるんだね。
なんか意外。

ECRRは係数が不明のものが多いんだけど、10^15クラスで放出された核種は、
係数が大きければセシウムなんかより被曝多くなる可能性あるんだな。

放出量はどのくらい?
http://toiata.web.fc2.com/gac/rq.html

I131.  1.6×10^17[Bq] * 1.1×10^-7[Sv/Bq] = 176億[Sv]
Ba140 3.2×10^15[Bq] * 7.8×10^-7[Sv/Bq] =  25億[Sv]
Sr90  1.4×10^14[Bq] * 9.0×10^-6[Sv/Bq] = 12.6億[Sv]
Cs137 1.5×10^16[Bq] * 6.5×10^-8[Sv/Bq] = 9.75億[Sv]
Te132 7.6×10^14[Bq] * 1.1×10^-6[Sv/Bq] = 8.36億[Sv]

放出量は「万テラベクレル」とか意味不明な領域だけど、
Sv値は割と常識的な桁に入ってる希ガスる。

206 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/09/24(土) 00:14:01.86 ID:y5ZBTVFo0
>>204>>205
ありがとうございます。

207 :地震雷火事名無し(神奈川県):2011/09/24(土) 01:17:54.88 ID:ZnBld7zZ0
リンパ球が減った。怖い

208 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/09/24(土) 02:23:11.21 ID:y5ZBTVFo0
CTBTが、”核実験監視用放射性核種観測網による大気中の人工放射性核種の測定”
を掲載していました。
図9 高崎観測所で5 月31 日までに測定された放射性核種の積算濃度
とか。8月18日に…
http://www.cpdnp.jp/pdf/002-07-yone002.pdf

209 :地震雷火事名無し(東京都):2011/09/24(土) 02:47:41.76 ID:YZqlmX2t0
>>204
すばらしいわかりやすい

もう外食禁止だなこりゃ

210 :地震雷火事名無し(愛知県):2011/09/24(土) 06:33:53.57 ID:uGKx08ta0
これからはこういうデータや考え方とも
付き合っていかなきゃならんのね

211 :地震雷火事名無し(東京都):2011/09/24(土) 06:56:01.20 ID:rltQL3WT0
>>208
6ページ目の図8、アメリカで、セシウム134が2.5×10^4くらいのところがあるね。
高崎の400分の1くらい。

同じ濃度でも降雨の有無で降下物量が一桁違ったりするようなので、必ずしも単純に
比較はできないけど、前橋が約5000Bq/m2で、その1/400は10Bq/m2程度。

http://cerea.enpc.fr/en/fukushima.html
http://cerea.enpc.fr/HomePages/bocquet/Doc/cumulated_total_deposition_ground_fukushima.png
こっちのシミュレーションでは、1.6(40Bq/m2)程度が大きく拡がっていて、最大が2.4(250Bq/m2)くらい。
このシミュレーションが射程に入ってくるような観測結果ではある。

212 :地震雷火事名無し(東京都):2011/09/24(土) 10:42:04.89 ID:oUb81T6Q0
この2Bq/lの基準値って、どこから引っ張ってきてるんだろ?
ICRP111見ても、今中さんの資料見ても、10Bq/kgしか見当たらないんだが

>ウクライナでは、チェルノブイリ事故後数日後、飲料水の有効な制限値は
>1リットル当り3700ベクレルで、1ヶ月後に370 Bq/lとなった。1987年末には
>セシウム137の制限値を20 Bq/lとし、10年後に2 Bq/lに規定した。

今中さん資料 http://cnic.jp/files/che20_20060304imfr.pdf


213 :地震雷火事名無し(東京都):2011/09/24(土) 10:51:42.71 ID:oUb81T6Q0
たとえばカリウムは、生物の生息する自然において生きるのに重要な元素である。濃度関
係を密接に保ちながら人間の体内で維持されており、1万個のうち1個のカリウム原子が半減
期12億8000万年で崩壊する放射性同位体カリウム40であるにすぎない。
http://foodwatch.de/foodwatch/content/e10/e42688/e44884/e45057/foodwatch_IPPNW_Report_Sep2011_jp_final_ger.pdf

214 :地震雷火事名無し(東京都):2011/09/24(土) 10:56:28.67 ID:oUb81T6Q0
>>212
自己解決。ここにあった。
http://foodwatch.de/foodwatch/content/e10/e42688/e44884/e45057/foodwatch_IPPNW_Report_Sep2011_jp_final_ger.pdf
1997年6月25日からセシウム2Bq/kg、ストロン4Bq/kg。2006年5月3日からは
セシウムストロンともに2Bq/kgとしたようだ。



215 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/09/24(土) 11:12:19.88 ID:y5ZBTVFo0
>>182-185,211
前橋で約5000Bq/m2!
赤城山に向かって田畑の広がっているところの降下物量は前橋の2〜4倍以上だから、
控えめに10000Bq/m2でも1Bq/1cm2。
地吹雪に吹かれた経験からすると、
風で舞う砂塵の多くは地面からの高さが2m以下の範囲を飛散すると考えられ。
関東平野で赤城おろしの吹き荒れる日は、ガチで外出禁止かN95マスクですか。
あとは逃げるか...

216 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/09/24(土) 12:03:11.79 ID:y5ZBTVFo0
>>215
訂正
1Bq/1cm2→1Bq/cm2
すみません。

217 :地震雷火事名無し(長屋):2011/09/24(土) 20:19:33.20 ID:WPxzvjw00
なんぞこれ
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/wikileaks/1300088505/46

> 原子力災害特別措置法を整備し、毎年大掛かりな訓練をやってきたその内容が
> あまり知られてないので、資料を置いとくね。
>
> ----
> 事故発生後、すぐ原子力緊急事態宣言を出して、国が全事態を掌握する流れは、
> ↓の福一総合防災訓練の写真を見るだけで、今回とどれだけ違うかわかる。
> http://www.jnes.go.jp/bousaipage/kunren/2008/details/imgFile_9/index.htm
>
> 官邸は後方統合支援であって、発電所の応急対策は、発電所傍に置かれた
> 現地対策本部が決定して行く。また対策の主導権を持つのは専門技術者であって
> 他はそれをサポートするあくまでも事務方。組織構成は↓参照。
> http://www.jnes.go.jp/bousaipage/kunren/2008/details/pdfFile_3/files/20100226115751.pdf
>
> 避難区域設定も、同心円ではなく、SPEEDIを使った扇型↓が本来。そのためのSPEEDIなんだから
>
> 平成22年度 静岡県 中部電力(株)浜岡原子力発電所3号機
> http://www.jnes.go.jp/bousaipage/kunren/2010/details/pdfFile_3/files/20101026105550.pdf
> 平成21年度 茨城県 日本原子力発電(株)東海第二発電所
> http://www.jnes.go.jp/bousaipage/kunren/2009/details/pdfFile_3/files/20100226120440.pdf
> 平成20年度 福島県 東京電力(株)福島第一原子力発電所3号機
> http://www.jnes.go.jp/bousaipage/kunren/2008/details/pdfFile_3/files/20100226115734.pdf
> 平成18年度 愛媛県 四国電力(株)伊方発電所3号機
> http://www.jnes.go.jp/bousaipage/kunren/2006/details/pdfFile_3/files/20100226114214.pdf
> 平成17年度 新潟県 東京電力(株)柏崎刈羽原子力発電所4号機
> http://www.jnes.go.jp/bousaipage/kunren/2005/details/pdfFile_3/files/20100226113324.pdf
> 平成15年度 佐賀県 九州電力(株)玄海原子力発電所2号機
> http://www.jnes.go.jp/bousaipage/kunren/2003/details/pdfFile_3/files/20100226111852.pdf
> 平成14年度 福井県 関西電力(株)大飯発電所3号機
> http://www.jnes.go.jp/bousaipage/kunren/2002/details/pdfFile_5/files/20100309144533.pdf
> 平成13年度 北海道 北海道電力(株)泊発電所1号機
> http://www.jnes.go.jp/bousaipage/kunren/2001/details/pdfFile_15/files/20100326174041.pdf

218 :地震雷火事名無し(千葉県):2011/09/24(土) 21:00:02.99 ID:j/cprhW50
オフサイトセンターが機能停止しちゃったからね。
初動で躓いてその混乱から回復できなかったんじゃないかな。
何某か判断しようにも情報収集すら出来ない状態に陥ったんだと思われ。


219 :地震雷火事名無し(東京都):2011/09/24(土) 21:46:09.75 ID:oUb81T6Q0
こりゃ気になる。

genkikun_bot
国土面積に対する原発の数と癌での死亡率を単純に並べてみたよ!
アメリカ:92,587u/基 22.8%
ドイツ:39,679u/基 25.7%
イギリス:12,784u/基 27.0%
フランス:10,724u/基 28.2%
日本:6,871u/基 30.4%、 
気にしないで! via Twitter for iPhone

2011.09.24 21:41


220 :地震雷火事名無し(iPhone):2011/09/24(土) 23:54:33.86 ID:LNCe81BZ0
>>219
中国も入れて〜

221 :地震雷火事名無し(秘境の地):2011/09/25(日) 08:29:30.26 ID:LY+LTU3v0
チェルノブイリの被害者は100万人 1/2
http://www.youtube.com/watch?v=FCQI_s5U6CE

この動画に出てくる本の翻訳が出てくれば、チェルノブイリの汚染地区と汚染食物の流通などを
照らし合わせて、ある程度の予測は出せるだろうね。
チェルノブイリ第四区域(37kBq/m2・セシウム)以上の人口がチェルノブイリでは500万人で、それに相当するフクシマでの人口は、ざっと福島県200万人+150万人
なのだけれど、第四区域に近い汚染が東京中心の人口密集地帯に存在しているから、それも考慮した場合、同程度かそれ以上の規模になると考えられる。
被爆は食物からの取り込みの影響が大きいみたいだから、いかに汚染食品の流通を避けるかが問題になる。
・・・のだが基準値を大幅に緩めて、風評がなんて言ってるからね。。。
しかし汚染区域を見ると福島全滅だなこりゃ。

222 :地震雷火事名無し(東京都):2011/09/25(日) 10:59:34.73 ID:pDciilCg0
>>219
元データどれ使ってるの?
グラフにすると一直線ではあるけど、他の国も入れてみたいな。

223 :地震雷火事名無し(東京都):2011/09/25(日) 11:40:24.82 ID:pDciilCg0
>>219
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org2064942.png

こんな感じになった。
でも、まあ癌発生状況は国によってブレが大きいし、
面積あたりより原発の近くに住んでる人の数とかの方が重要かも。

というか、5カ国しかデータ無いしね‥。

224 :地震雷火事名無し(東日本):2011/09/25(日) 12:37:04.39 ID:Vi9ktc9K0
>>223
乙です。確かに近隣住民の数などで大きく変わりそうですね。
参考までにスイス、オランダ、ベルギーの資料を。

国土面積(km2) wikiより
アメリカ  9,629,091
フランス  632,759
日本    377,930
ドイツ    357,114
イギリス  242,900
スイス    41,284
オランダ   37,354
ベルギー  30,528

原子力施設
アメリカ http://www.rist.or.jp/atomica/data/pict/01/01070504/06.gif
フランス http://www.rist.or.jp/atomica/data/pict/14/14050201/03.gif
日本   http://www.jaif.or.jp/ja/nuclear_world/data/image/jp_npp-location.jpg
ドイツ  http://www.rist.or.jp/atomica/data/pict/14/14050304/03.gif
イギリス http://www.rist.or.jp/atomica/data/pict/09/09030101/05.gif
スイス  http://www.rist.or.jp/atomica/data/pict/14/14050902/02.gif
オランダ http://www.rist.or.jp/atomica/data/pict/14/14050801/07.gif
ベルギー http://www.rist.or.jp/atomica/data/pict/14/14051004/01.gif

225 : 忍法帖【Lv=1,xxxP】 (東京都):2011/09/26(月) 19:26:50.59 ID:LUF7FojH0
te

226 :地震雷火事名無し(神奈川県):2011/09/26(月) 22:47:45.20 ID:3v9VBjvu0
リンパ球が減りました。原発のせいか明らかでなくとも、せいと思ってしまいます。

227 :地震雷火事名無し(東京都):2011/09/26(月) 23:41:41.39 ID:a6AbH0Gr0
昔、基準値ギリのものを食べ続けたら、何Bqぐらいで平衡するか、みたいな計算を誰かしていた。
7000Bqぐらいじゃなかったっけ。
もう超えとる…

asyknj21
本日、北海道がんセンターで内部被曝検査(WBC)しました。
セシウム137→2581Bq,セシウム134→7306Bq,ヨウ素→ND でした。
娘は身長が足りず断念。120cmで20kg無いと正確な数値が出せないそう。
福島原発作業員の方も来ていました。被曝無しなら値は0だから。 via Twitter for Android
2011.09.26 23:04


228 :地震雷火事名無し(千葉県):2011/09/27(火) 00:45:58.98 ID:QHozawMV0
>>226
免疫系に及ぼす影響
http://www.rerf.or.jp/radefx/late/immunity.html

>免疫細胞は放射線に弱くて死にやすいことが知られている。
>放射線被曝が免疫系の老化を促進している可能性が示唆される。

感染症に気をつけましょう。

ところで4月から点状の皮膚炎が治まらないんだが・・・
基底層からボロっと剥がれて血が出る
病院行ったけどよく判らんと言われた俺涙目

229 :地震雷火事名無し(千葉県):2011/09/27(火) 00:57:32.60 ID:ZOMOcTg20
>>227
御用スレでも指摘したが、cs134とcs137の比率がおかしい。正しく測れてるのか疑問。

230 :地震雷火事名無し(東京都):2011/09/27(火) 01:12:07.22 ID:gCIdqNEn0
>>229
妙に高い値だしねぇ。続報を待つか…

サチる量

hirakawah
放射性セシウムの一回摂取と長期摂取による体内残存量の経時推移
http://trustrad.sixcore.jp/biokinetics.html によると、1Bq/日だと200Bq/全身でサチる。
10Bq/日だと1400。500Bq/日だと?? via TweetDeck
2011.09.27 01:09


231 :地震雷火事名無し(群馬県):2011/09/27(火) 01:24:25.08 ID:ZsTgTfyA0
>>227
とりあえず計算してみます。式は前に誘導したものを用います。
http://logsoku.com/thread/hato.2ch.net/lifeline/1308011335/#349-350

Cs137の半減期を30年(τ1)とすると、λ= 1/(30*365)*ln2 = 6.330*10^-5 [1/日]
セシウムの生物学的半減期を100日(τ2)とすると、 k = 1/30*ln2 = 6.9147*10^-3 [1/日]
λ + k = 0.006978

毎日、Cs137を一定量摂取し、6ヶ月後(180日)に、体内の蓄積量が2581[Bq]になったとすると、
一日あたりの摂取量[Cs137]0は、

[Cs137]0 = 2581*(λ+k)/ (1-exp(-(λ+k)*180))
= (2581 * (0.006978) / (1 - exp(-(0.006978 * 180))) = 25.18 [Bq/日]

Cs134の場合も同様に計算すると、
Cs137の半減期を2年(τ1)とすると、λ= 1/(2*365)*ln2 = 0.0009495 [1/日]
λ + k = (0.0009495) + (6.9147*10^-3) = 0.0078642

[Cs134]0 = 7306*(λ+k)/ (1-exp(-(λ+k)*180))
= (7306 * 0.0078642) / (1 - exp(-(0.0078642 * 180)) = 75.88 [Bq/日]

ということで、毎日、平均して、Cs137を25[Bq]、Cs134を76[Bq]を6ヶ月摂取すると、測定結果の値になります。
Cs137とCs134の放出比は一対一とされていますが、Cs134の蓄積の方が多くなっており、これはなぜだか分かりません。

ヨウ素については半減期が短いので未検出となりますが、これは被曝していないということではなく、
どれだけ被曝したのか分からないということで、初期に他の人の測った例で類推するしかないのかもしれません。


232 :地震雷火事名無し(群馬県):2011/09/27(火) 02:00:39.23 ID:ZsTgTfyA0
>>230
>>10Bq/日だと1400。500Bq/日だと??

これは、そのまま、50倍して(= 500/10)、1400×50 = 70000でいいと思う。
URL先のグラフを見ると、10Bqの慢性摂取を続けると、約6ヶ月後には、約1000Bqの体内残存量となる(200日付近を参照)。
さらに、10Bqの慢性被曝が長期にわたって続けば、1400Bqで飽和となる。

6ヶ月後に、Cs137で、2500Bqの体内残存量が検出されたなら、1000Bqの2.5倍なので、
慢性摂取量は、10×2.5 = 25Bqとなる。これなら面倒な計算はいらないので、グラフからおよその値が見積もれる。

233 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/09/27(火) 12:26:56.49 ID:08lo6Mx40
>>227
http://togetter.com/li/172131

↑を見ると、誤差が多すぎたり、十分な説明がなかったり、人体に通常65bq/kg
あるK40もまともに計測できてないとかで、北海道がんセンターのWBCは信用
しにくいってことになってるね。




234 :地震雷火事名無し(東京都):2011/09/27(火) 12:45:05.77 ID:gCIdqNEn0
>>233
ふーむ。
この人たちは、誤差があるから実際はもっと低いはずだから気にするな、と言ってるのか、
カリウムが一緒にカウントされてるからセシウムはもっと低いから気にするな、と言ってるのか、
実際にこのぐらいの値でも大丈夫、と言ってるのか、よくわからないな。


235 :地震雷火事名無し(東京都):2011/09/27(火) 23:35:34.95 ID:TY4x04Sd0
http://cnic.jp/modules/radioactivity/index.php/24.html?page=print

> アメリシウム-241を含む煙感知器
> 略〜1個あたりの放射能量を100,000ベクレル以下とし、〜

今はそんなに無いみたいだけど、これって、古いビルの倒壊とかあるとばらまきまくり?
あと火事があれば全部空間に放出ってことじゃん。

今回の地震で倒壊した建物とか流された建物にいったいいくつくらい付いてたんだろう。
100個あると最大1億ベクレル?

236 :地震雷火事名無し(群馬県):2011/09/28(水) 20:59:01.26 ID:zVeFoJpT0
>>233
これを見ると、バックグラウンドのノイズもかなり大きいようですね。
http://p.twipple.jp/u34Ey

浜ホトのカタログには、シンチレータでは『光電子増倍管の出力パルス波高は放射線のエネルギーに比例し』、
『出力パルスの波高値と計数率を測定することによって放射線のエネルギー分布とその線量を知る』(p136)とある。
光電子増倍管 その基礎と応用 第7章 シンチレーション計数法
http://jp.hamamatsu.com/resources/products/etd/pdf/PMT_handbook_v3aJ.pdf

カタログの図7-6(p140)を見ると、低エネルギー領域にブロードなスペクトルを持つ核種も少なくないようで、
装置に含まれる核種等による環境放射線がバックグラウンド・ノイズの大きな要因になっているようだ。
実際に、p147の図7-12を見ると、鉛でシールドすると、低波高領域のノイズが桁違いに減っているのが分かる。

さらに、Kフリーガラスを用いると、K40のピークもだいぶカットできるようだが、
それでも、スペクトル全体に広がっているブロードなノイズは残ってしまうようだ(暗電流ノイズもあるのかな)。
WBCの測定では、そういうバックグラウンドのノイズがあるために、誤差の大きなデータとなるのだろう。

この図(http://p.twipple.jp/u34Ey)から、セシウムに関して言えば、
スペクトルを見るかぎり、明確なピークが確認できなかったと。
つまり、値そのものは、あくまで、参考値程度に捉えたほうがいいのかもしれない。

ただ、>>233で紹介されているURL先の測定値によると、誤差は大きいものの、
K40の計算による体内量では、5580Bqと、それっぽい値が得られているのは興味深い。
もしかして、K40が測れるかどうかを基準にして、必要最低限度の測定時間を決めたのかな。

237 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/09/29(木) 12:50:38.35 ID:snJcLwBT0
>>236
K40の「計測された体内量」と「計算による体内量」って違いがわからん。

測定したら「16654」だったけど、計算すると「5580」になりますってこと?



238 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/09/30(金) 02:03:42.94 ID:CO4fH37D0
>>230
>>232
だいぶ遅くなったけど、サチる量を(ざっくり)計算してみました。
毎日Aベクレルをt日間だったら、Aベクレル1回摂取のグラフをt日まで積分すればヨイ。
生物学的半減期も考慮した半減期をTとすると、
t日後はA(t)ベクレルとして、
A(t)=1/ln2 × A×T[1−exp(-ln2×t/T)]   となり、
 t= T のとき、 0.72×T×A
 t=2T のとき、 1.1 ×T×A
 t=3T のとき、 1.3 ×T×A
 t= ∞ のとき、 1.44×T×A

つまり半減期だけが効いてきて、セシウムの半減期を100日とすると、
1日摂取量の144倍でサチる。この結果は、
http://yocaki.tumblr.com/          さんや
http://trustrad.sixcore.jp/biokinetics.html
での図2.2. とそんなに外れていないか(何せざっくりなので)と思われます。

* ただし、個々の臓器が受ける影響については、それはそれでまた別の話と思います。
* 間違ってたらすみません。

239 :地震雷火事名無し(iPhone):2011/09/30(金) 02:12:39.26 ID:Ug+hl39H0
反核団体の嘘
「日本政府の避難基準と対応はソ連より高く遅い」

旧ソ連が出した緊急措置として被曝限度は
「事故の1年目10レム,1987年5レム,1988年3レム,1989年3レム,1990年0.5レム:
うち外部被曝と内部被曝が50%ずつ」
1レムは1レントゲン(10mSv)であるから、1年目は100mSv、2年目は50mSv、3〜4年目は30mSv、5年目に5mSv
「ソ連は5mSvを避難基準にしたのに、福島は20mSvなんてソ連よりも非人道的」といのは

大嘘wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

240 :地震雷火事名無し(千葉県):2011/09/30(金) 06:43:32.23 ID:CzlK+0PG0
馬鹿同士を比較して何の得が有るんだ?
どっちも非人道的だろ

241 :地震雷火事名無し(秘境の地):2011/10/01(土) 22:41:25.14 ID:E2jCG08m0
そもそもさ、内部に取り込んだ場合の核種ごとに挙動の性質が違うというのに、
自然放射能も人工放射能も核種も全部一緒くたにして、放射線量という値だけで測る
欠陥基準を前提に話しても意味ないでしょ。
今の放射能の知識は未来では、トンデモ基準と笑われるが容易に想像できる。

わかるのは現実だけだよ、チェルノブイリと同等かそれ以上のことが起こる。

242 :地震雷火事名無し(東日本):2011/10/01(土) 23:21:55.93 ID:0nJPGOOW0
つまりニュータイプの覚醒か…

243 :地震雷火事名無し(内モンゴル自治区):2011/10/01(土) 23:27:27.39 ID:zl75jTVkO
チェルノでは放射線管理区域より汚染の酷かった場所に人がいたと言うだけだな
福島の酷い場所がチェルノでの最低値だと言うわけではないだろう
当然今の関東圏の被曝量で被害がでなかったと言うデータもない
年間一ミリの被曝限度に抑えてどの程度被害が出るかを見るなら結果的に人体実験になっても仕方がないと思うんだけどね
年間百ミリ以内の影響を調べる様な前提だな
でも何ミリ浴びたかわからないから使えない

244 :地震雷火事名無し(埼玉県):2011/10/01(土) 23:42:02.45 ID:VczJb0qD0
呼吸器系のことを書いてあるレスがいくつかあるんだけど
肺炎は津波以後の粉塵やら、化学物質で増加傾向なんだと
もともと、ここ数年増加傾向にあったので、更にわかりにくくなってる

肺炎 増加でぐぐると3-4種類出てくる

5〜10分で診療回さないといけないし、
大抵の場合対症療法で一段落つくので、まともな調査はされてないです。
がれき撤去後、清掃が一段落つかないと
低線量被曝との因果関係は見えにくくなると思うよ

245 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/10/02(日) 23:44:56.83 ID:M8NK7A6V0
田崎先生が、”被ばくによってがんで死亡するリスクについて” を改訂
http://www.gakushuin.ac.jp/~881791/housha/details/cancerRisk.html

study2007先生が、癌の現状について ツイート
http://twitter.com/#!/study2007


246 :地震雷火事名無し(千葉県):2011/10/03(月) 00:12:40.62 ID:K1sjTfNO0
除染、1〜5ミリシーベルトも国が財政支援 細野原発相
http://www.asahi.com/national/update/1002/TKY201110020226.html
>「除染は国の責任だ。我々の目標は1ミリ以下にすること。
>対象は1ミリから5ミリの地域も当然含まれる。
>市町村で提案いただければ国が責任を持って財政的措置、技術的課題に取り組むと約束する」
>と明言した。

やっとまともな対応が出てきた。
穿った見方だけど、文科省の汚染マップで東京の汚染がほぼ判明しちゃったからね…
東京がパニックに陥る前に手を打った印象がある。

247 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/03(月) 00:17:07.52 ID:VgnPSn+o0
>>246
そうか。埼玉・千葉が終わって、いよいよ東京だもんね。


248 :地震雷火事名無し(東日本):2011/10/03(月) 08:20:30.84 ID:vSWZiB3J0

「プルトニウムは飲んでも安全」東大の大橋さん北陸電力の委員に
http://hatsukari.2ch.net/test/read.cgi/news/1317584617/

大橋弘忠【おおはし ひろただ】

東京大学工学系研究科システム創成学専攻教授。
厳密には専門外であるにも関わらず、原発擁護の発言をくり返した。
なかでも京都大学原子炉実験所助教・小出裕章氏と討論会を行った際、
「プルトニウムは飲んでも安全」
「 地震など原発には関係ない話 」
「 格納容器が破損するなどあり得ない。1億年に1回の確率 」
などと発言し、「 わからないのなら家に帰ってお子さんに聞け」などと
聴衆に対しても罵声 を浴びせる。
htt p://www47.atwiki.j p/goyo-gakusha/pages/166.html

「格納容器は壊れないしプルトニウムは飲んでも大丈夫」
ht tp://www.youtube.c om/watch?v=VNYfVlrkWPc


249 :地震雷火事名無し(神奈川県):2011/10/03(月) 08:33:56.23 ID:UMw9lE8c0
何でも程度の問題だよ。

百薬の長などと言われる酒も、度を越せば「アル中」「肝硬変」「肝臓ガン」で
すぐ病院逝きになる。

放射能も低濃度なら、よく報道などにもあるように直ぐには影響でないことは
事実として確かなことと思う。 しかし、「直ちに」と云う点を見逃しては
いけない。 長期に及べば、影響がジワリジワリと来ることは必至だわ。

特に、汚染食品をとおした体内被曝が最も問題。
なかなか排泄されないので、徐々に体内に蓄積されて
汚染度が悪化するのが最も怖い。 最低でも福島から
とうぶん(30年)は食品を出荷するなと云いたいわ。

250 :地震雷火事名無し(内モンゴル自治区):2011/10/03(月) 09:16:33.33 ID:LEg2L7koO
基本的なことで悪いのですが教えてください
癌死リスクは百ミリシーベルトで0、5%増えるってことで良いのかな
一千万人の中のその五万人は八十才辺りで癌になるって事なの?
八十才じゃなく五十才で癌になった場合は0、5%に含まれるのか?
事故時に二歳の子供が三十代で癌になることはあるのか
もしも癌以外の心筋梗塞等の理由で五十代〜八十代で八割死んだ場合0、5%とか言う癌リスクは下がるのか
今の子供が三十代で癌になるとかなら普通の癌と同じとは思えないんだけど実際はどうなんですか?

251 :地震雷火事名無し(東日本):2011/10/03(月) 09:21:14.23 ID:gDoMdncS0
>>248
就任記念にプルトニウムを飲んで祝杯といきましょうか、大橋さん。

252 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/10/03(月) 12:51:27.21 ID:WV4AkW2J0
>>250
>癌死リスクは百ミリシーベルトで0、5%増えるってことで良いのかな
ICRPの考え方なら、その通り。ECRRは100mSVで、がん発症率が1%だから、
がんにかかった際の致死率が50%と考えると、ほぼ同じでいいのかな?

>一千万人の中のその五万人は八十才辺りで癌になるって事なの?
>八十才じゃなく五十才で癌になった場合は0、5%に含まれるのか?
80歳ってどこから出てきた数字? 基本的には年齢関係なく、ガンで死ぬ
確率が0.5%上がる。

>事故時に二歳の子供が三十代で癌になることはあるのか
子供の場合、影響は大人より早く出るといわれている。チェルノブイリでは
子供の甲状腺がんは5年目くらいから目立って出始めた。

>もしも癌以外の心筋梗塞等の理由で五十代〜八十代で八割死んだ場合0、5%とか言う癌リスクは下がるのか
がん以外で8割死んでも、残り2割の中でガンで死ぬ人が0.5%増えるはず。

>今の子供が三十代で癌になるとかなら普通の癌と同じとは思えないんだけど実際はどうなんですか?
子供の甲状腺がんはほとんどなかったのに、チェルノブイリ後増えたから、
それは放射線由来とはっきりしてるけど、他のがんの個別ケースに関しては、
原因がなんなのか見分ける方法がないはず。そして、がんそのものの性質に
関しても、放射線由来のものと、他の原因からできたもので、差はない。

ゲノムとかそういうレベルの話だと、いろいろ解釈はあるんだろうが。

253 :地震雷火事名無し(愛知県):2011/10/03(月) 14:37:42.77 ID:PvjvEAFJ0
前になんか見たけど、探してもこれしか見つからなかった

http://www.unity-design.info/staff/blog/?p=4427
甲状腺癌に放射線被曝指紋発見【翻訳】

>科学者達は放射能汚染が原因の癌と自然発症癌を区別することが可能となってきている


ただし、これで判別できるのは全体の30%だか40%程度で、
残りはまだ判別不可能、だったような。。。

254 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/03(月) 15:14:40.73 ID:VgnPSn+o0
383 名前:地震雷火事名無し(東京都)[] 投稿日:2011/10/02(日) 07:05:13.64 ID:0+S90hCF0 [1/2]
だいたいこういうことを書く人って、原子力研究とか名乗りながら
被曝のことをなんにも知らないんだよね。
医療放射線業務ではそれなりに気を使うから
限度の20ミリシーベルトよりも実際はかなり少ない。
それよりも手術でレントゲン透視しながら骨の修復をするなど
外科医の方がリアルに被曝している。
年間20ミリシーベルトペースで被曝すると
やはり強い倦怠感を実感して「仕事しすぎだヤバイ」と思うって。
普通の人が明らかに「被曝してる」と実感できるのが20ミリシーベルト。

大人が一時的に20ミリシーベルトくらいの被曝をすることは
許容範囲だけれど、その五倍の100ミリでもオーケーとか
子供も20ミリオーケーとか、全くありえない。

255 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/03(月) 15:15:29.74 ID:VgnPSn+o0
391 名前:地震雷火事名無し(神奈川県)[sage] 投稿日:2011/10/03(月) 14:39:32.49 ID:mF0apn/o0
>>383
> それよりも手術でレントゲン透視しながら骨の修復をするなど
> 外科医の方がリアルに被曝している。

医療従事者で一番被曝してるのは循環器医だと思う。
ちなみに俺は消化器医。内視鏡や血管造影でそれなりに(放射線技師に笑われるくらい)
被曝するけど、奴らは別格。診断の必要もあるんだろうけど放射線出しっぱなし。

んで、患者さんにも急性症状(皮膚が赤くなるとか)出るし、血管造影後は「疲れた」連発してるし。
一度奴らの被曝量と予後について誰か研究してみればいいのに。

392 名前:地震雷火事名無し(東日本)[] 投稿日:2011/10/03(月) 15:11:14.13 ID:BWHkH89B0 [3/3]
>>391
「疲れた」連発するよね〜

ビールがいいという都市伝説があって
当直前にノンアルコールビールを買いに走ったり。

少し前の日立メディコとかではいかに被曝を少なく画像コントラストをかせぐか
がテーマになっていて、そのへんは新しいものほど性能がよくなっているはず。
意外と金のある循環器は低被曝の新マシン使っていたりして・・・(*´∀`*)


256 :地震雷火事名無し(内モンゴル自治区):2011/10/03(月) 17:23:41.92 ID:LEg2L7koO
>>252
大体百歳近く生きていれば癌になると思う
七十代や八十代の平均寿命を過ぎれば普通に癌になるだろうし天寿を全うしたと言えるだろう
そう言う年代の老人の癌死が0、5%増えた程度ならそんなに悲しくはない
だけど自分や知り合いが五十代で癌になり早死にするはやりきれない
夏目雅子が西遊記の撮影で病気になったと仮定する
彼女みたいな早い白血病死と今後数年〜数十年後に堺正章が癌等で亡くなる場合では人生の質や影響が違うと思う 自分の子供が二十代で病気になり闘病後に亡くなるのであればやりきれない
例えば関東圏で八割の人がが心臓病等で早死にしたりぶらぶら病を苦に自殺とかして癌以外の原因で死ねば癌死亡率は最大でも2割で今の3割より減ってしまう
0、5%とか言う疫学の統計はとれるのか不明だし意味があるのかわからない
そう言うのがよくわからない

257 :地震雷火事名無し(内モンゴル自治区):2011/10/03(月) 17:40:14.37 ID:LEg2L7koO
チェルノブイリは当時の子供が今三十代だからその子達が老人になった時の癌死亡率はまだ誰にもわからない筈だ
掃除人は大半が癌になる前に他の病気やそれを理由にした自殺で死んでる
青酸カリを一千万人に致死量服用させれば癌死亡率は0%で全体の癌の率も減る
AIDSにかかれば癌死亡率は下がる
癌死亡率の事が色々良くわからない


258 :地震雷火事名無し(岩手県):2011/10/03(月) 17:52:57.51 ID:7yYSEhfj0
http://savechild.net/archives/8948.html

新横浜、大倉山などで4〜6万bqの高濃度放射能検出 -横浜市-

259 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/03(月) 18:16:16.39 ID:U59djlGY0
なんで横浜とか川崎高放射能なんだろ?ホットスポット?
みんななにも変化でてないのかな?

260 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/03(月) 18:17:30.99 ID:VgnPSn+o0
>>259
不思議だよな。海から来たのかな

261 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/03(月) 19:37:26.15 ID:a+HCwuU70
近所の歯医者では震災前から
「当院のレントゲン機器は被曝量が少ない機器を採用してます」って
張り紙があった。以前からそういう機器が売っているということは、
被曝量についてワーワー言ってるが、とっくの昔に医療機器メーカーや
現場の医師は被曝の危なさについて知ってたということかな
歯医者ですらそうなんだから

262 :地震雷火事名無し(西日本):2011/10/03(月) 20:13:03.57 ID:VVVZEiyl0
ふくしま集団疎開裁判
琉球大学名誉教授矢ヶ崎克馬氏による意見書
http://1am.sakura.ne.jp/Nuclear/Yagasaki-opinion.pdf

意見書
琉球大学名誉教授 矢ヶア克馬

目 次
はじめに
第1章 郡山市と汚染度が同程度の地域で、チェルノブイリ(1986 年)後に多量の健康被害が生じている
第2章 放射線による分子切断が被曝の起源
第3章 放射線の作用―内部被曝の危険
第4章 放射線被害の隠ぺいとICRP
第5章 現に進行している被曝の回避に全力をー日本を被曝地獄にしてはならないー




263 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/03(月) 21:39:06.60 ID:ppl4uqic0
>郡山市と汚染度が同程度の地域
チェルノブイリ直後のデータがないから比べられないのは知ってるはずだろ
変な爺さん

264 :地震雷火事名無し(千葉県):2011/10/03(月) 22:28:58.09 ID:K1sjTfNO0
チェルノブイリの報告書を読むと、”精神的な負担増で自殺”とかあるけどさ、これは精神病って事でしょ。
被曝症では無いにせよ病気で死亡してるわけだから事故の影響って事にはなるよね。
”原発事故の健康に対する影響”って捕らえ方をすると健康被害の実態はずっと多くなるんじゃないかな。
つい最近、厚労省が4大疾病に精神疾患を加えて5大疾病としたみたいだけど、精神的なケアは不十分な気がする。

265 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/03(月) 22:30:08.69 ID:CnqwXAY30
>>261
自分だったら、ああ、ここは頻繁にレントゲン取る歯医者なんだな、
と解釈するけど


266 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/10/03(月) 22:38:14.04 ID:50vdHqGK0
>>263
物理学的半減期が約30年のセシウム137で比べてますね。

267 :地震雷火事名無し(東日本):2011/10/04(火) 00:11:36.12 ID:GrzHMssB0
>>264
「被曝による疾患ではなく、被曝したのではないか?発癌するのではないか?という
精神的なストレスによって引き起こされる疾患の方に気を付けるべき」みたいな
御用学者様たちの決まり文句があるけれど
そもそも原発事故が無ければそんなストレスを抱え込む必要も無かったわけだから
これだって立派な事故被害の一つだと言えるね。
まぁ東電がそこまでフォローするわけないと思うけど…

268 :地震雷火事名無し(愛知県):2011/10/04(火) 07:32:45.44 ID:nNUcT6B20
最近の脳科学では、物理的な破壊を受けると
精神的にも影響が出る事が分かってる

っつーか 脳の細胞や神経が放射線で破壊されたら、
致命的かどうかは別としてダメージを受けるし負担もかかるだろ

汚染がもたらす社会的なストレスの他に、
直接的なダメージもあると予想してる

269 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/04(火) 08:23:00.08 ID:7JQxARcq0
将来の奇病大発生の最大貢献者は
            
3月期の隠ぺい時に、最高指揮官だった菅。
 
     万死に値するも、絞首刑以上の刑なし。(超重度の不作為犯) 
       次点の犯罪者達もその後ろに控えている。

情報公開の指示義務を怠った! 意図的に!(しか、解せない)


270 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/10/04(火) 09:12:11.07 ID:kNKuGbEQ0
プルトニウムの飛ぶ・飛ばない。
人工放射性物質は体内に蓄積して、自然界の放射性物質はしない
医師や学者は危険厨と逆の見解な場合が多い
じゃあ専門家はみんな御用ばかり?ってわけでもなし
国から情報統制されているっていう人もうるが、
そこまで頭がまわる政府・国家でもないよな
自分で情報を取捨選択しないとね。自信ないけど仕方ないよね

271 :地震雷火事名無し(内モンゴル自治区):2011/10/04(火) 14:29:02.34 ID:LVIkQ6dJO
>>270
単純に医者や学者に不勉強な奴等が多いって事じゃないか?


272 :地震雷火事名無し(群馬県):2011/10/04(火) 23:12:25.37 ID:R6HDLCCo0
学者のプルトニウム発言はともかくとして、問題はより放出量の多いストロンチウム(Sr)ではないかな。
広島原爆では、Sr-89(51日)が、11PBq、Sr-90(29年)は、0.058PBqと放出されている。
この値は、チェルノブイリで放出されたストロンチウムよりも、かなり少ない。

チェルノブイリでは、 Sr-89が、115PBq、Sr-90が、10PBqと10倍以上多い。
http://ja.wikipedia.org/wiki/チェルノブイリ事故との比較

チェルノブイリよりも少ないストロンチウムにも関わらず、日本で白血病が増えた理由のひとつに、
日本人のカルシウム不足が影響しているのではないだろうか。
もちろん、原爆による白血病の発症は中性子やガンマ線などの初期放射線による影響として説明されてきた。
が、その他にも、死の灰や黒い雨などの影響も無視できないように思う。おそらくその両方ではないか。

日本と異なり、チェルノブイリではミルク製品を日常的に摂取していたために、カルシウム不足の人は少なく、
しかし、ヨウ素不足ではあったために、ヨウ素不足が放射性ヨウ素の取り込みを促進させ、
放射性ヨウ素で汚染されたミルクによって、甲状腺癌の増加となって現れたのではないだろうか。

チェルノブイリと日本の原爆の被ばく影響から教訓を得ようとするならば、
微量であっても、その核種に対応する微量元素が不足していれば、かなり効率的な取り込みが行われ、
局所的な被ばく影響として効いてくる可能性があるということではないだろうか。

チェルノブイリでは、子供の白血病は報告されているが、大人の症例はそれほどでもないようなので、
カルシウムをミネラル剤などでとっていれば、多少のストロンチウム汚染の心配も軽減できるのではないか。
願わくば、原発作業員は、カルシウムなどの微量元素不足に注意し、
ミネラル剤などで不足を補ってから作業に当たるなどの予防的行為を行なっても損はないと思う。
これは一般の人が海産物などをとるときにも効果的で、安上がりな自衛策ではないだろうか。

273 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/04(火) 23:20:29.55 ID:JT2j/7/q0
>>272
それでバズビーはカルシウムサプリ売り始めたんか?
ストロンがどれぐらい飛んでるのか、ほとんど調べられていない現状では、
カルシウムサプリ飲んどくのはそれなりに合理的な予防手段に思えるな。


274 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/10/04(火) 23:38:20.17 ID:04LGpJHPP
カルシウムサプリはマグネシウムと一緒に飲まないと効果ないよ。

275 :地震雷火事名無し(群馬県):2011/10/04(火) 23:50:48.51 ID:R6HDLCCo0
>>273
>>それでバズビーはカルシウムサプリ売り始めたんか?

それは知らなかった。バズビーは、日本人のカルシウム不足は知っていたのかな?
ともかく、ミネラル剤なんて安いから、amazonとかで、一番安いマルチミネラルを取っていれば、
魚とか食べるときも、安心の度合いが違うように思う。

ストロンチウム90は寿命が長いから、これから、海産物の検査がどれだけ行われるかということになると思うけど、
食の流通をどれだけ信頼できるかといえば、トレーサビリティのあるものは、
狂牛病などで対策が立てられた牛などを除くと、それほど信頼したくとも難しいので、
今年、あるいは、来年くらいは、情報の開示の様子を見つつ、
ミネラル剤をとるくらいが、安上がりな自衛策のように思う。
ダイエットとかで、とくにミネラル不足の女子には、ミネラル剤の摂取をすすめてもいい気がする。

276 :地震雷火事名無し(群馬県):2011/10/05(水) 00:47:46.53 ID:VdSFbjR/0
>>272の続き。
チェルノブイリでは、ヨウ素不足が放射性ヨウ素の取り込みを促進させ、
短寿命核種(ヨウ素131の半減期は約8日)による短期的な被曝であっても甲状腺癌の発症が見られた。

広島原爆でも、初期放射線による瞬間的な被曝の他に、放射性降下物による内部被曝の影響が考えられ、
とくに、放出量の多かったのは、Sr-89(11PBq)、Ba-140(71PBq)、Y-91(11PBq)、Zr-95(14PBq)など、
やはり、短寿命核種であり、いずれも、骨に集積しやすい性質を持った核種が目に付く。
これらの核種は、チェルノブイリでも大量に放出されている。

「AERA」2011.6.27号(朝日新聞出版)18-19ページ
http://savechild.net/archives/3891.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/チェルノブイリ事故との比較

放出量から考えると短寿命核種が多く、それらの核種が甲状腺や骨などに局所的に集積され、
短期的に高線量の被曝をもたらし、甲状腺癌や白血病の発症をもたらしたのではないだろうか。
放射性プルームの直撃を受けた地域では、これらの短寿命核種によるリスクを推定するために、
初期の被曝線量の推計がかなり重要になってくるだろう(LNTモデルでは被曝影響は線量に比例)。

一方、高濃度の放射性プルームの直撃を避けることのできた地域では、
これからの問題は低線量の長寿命核種による慢性的な内部被曝による影響となるだろう。
低線量の長期的な被曝影響に対する知見は余り確立されていないようだが、
全身の被曝線量は小さくとも、局所的な組織への慢性的な被曝が続けば、
そこに癌化などの変異が起こっても、不思議ではないように思う。

長寿命核種であるセシウム、ストロンチウム90、プルトニウムなどに関して、
とくに、海産物に対する影響として、どのような生物濃縮が起きるか、
注意深く、長期的なモニターを行い知見を集める必要があるように思う。

277 :地震雷火事名無し(東日本):2011/10/05(水) 09:34:32.21 ID:BH+xAP730
>>272
>しかし、ヨウ素不足ではあったために、ヨウ素不足が放射性ヨウ素の取り込みを促進させ

「チェルノブイリの食生活では海藻類を摂取する機会が少ないので
ヨウ素が大量に取り込まれてしまったが、日本の食生活の場合は
海藻類を摂取する機会が多いのでチェルブイリの事例ほど甲状腺ガンは増えない(キリッ」って
御用学者の連中が自信満々に言ってるんですが…果たしてそんな単純なことなのだろうか…

278 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/10/05(水) 11:53:31.86 ID:P7jNKpeQ0
>>277
甲状腺ガンがヨウ素由来のものであるという現状の知見と、国がやったスクリーニング調査の
結果が正しいなら、海藻類のヨウ素云々を無視しても、チェルノブイリほど甲状腺ガンは増えな
いと思いますけどね。

現状わかっている福島での甲状腺等価線量での被ばくは、35mSvが最高値ですが、チェルノ近
辺には1Gy以上の甲状腺被ばくを受けた方が大量にいたわけで。

279 :地震雷火事名無し(埼玉県):2011/10/05(水) 11:57:17.19 ID:lK4zeuFT0
日本の政治家や学者どもは、アトミックソルジャーとか
核実験場近郊の一般市民の臨床結果を聞かないのかね
ECRRより過激な情報が出そうなんだけど

こんだけ大騒ぎしながら一個も出てこないのは
意図して避けてるよな

アトミックソルジャーの結果は、福一の作業員への保障が見合っているのか
近郊市民の結果は、低線量被曝してる日本国民への対応がまともなのか
そこらへんの線引きが出来そうじゃまいか

280 :地震雷火事名無し(iPhone):2011/10/05(水) 11:58:03.45 ID:CQWyf8dJ0
ふーむ
他地方の調査はないものかなー

281 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/05(水) 12:00:35.24 ID:3U7CsVHm0
>>278
>現状わかっている福島での甲状腺等価線量での被ばくは、35mSvが最高値ですが、チェルノ近
>辺には1Gy以上の甲状腺被ばくを受けた方が大量にいたわけで。

こういう比較を見るとだいぶ安心できますね。私もおそらくこんな感じだろうと
何となくは思っていましたが、専門家がしっかりデータを見せてくれるとありがたい。

あとは、事故の数年後に自治体が移住をさせざるを得なかったのは何だろうということで
それが、たとえばグラスノスチの勢いと、ソ連崩壊前後の生活の悲惨さの相乗効果が出たためとか
何かそういう、放射線以外の合理的な理由があれば、
相当安心できるのですが…

そういう説明ができない状態では、避難を優先するしかないのではないか、と思っています。


282 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/10/05(水) 12:25:08.84 ID:P7jNKpeQ0
>>281
確かに、移住政策に関しては、あまりにも対策が遅かった旧ソ連政府へのウクライナ・ベ
ラルーシ両政府の反発みたいなことも言われてますね。

その後、移住政策が不徹底であったこと、移住先の受け入れ態勢も十分じゃなかったこ
となどはチェルノブイリのさまざまなレポートを見ると指摘されており、高線量地帯での健
康被害は、放射線によるものももちろんあるだろうが、コミュニティの崩壊や貧困からくる
医療体制の不備なども影響は少なくないという分析もよく見かけます。

このあたりを強調すると、放射線の人体の影響を軽視されかねない可能性もあるのであ
まり本意ではないのですが、よく言われる放射線からのストレスなども含めて、原発事故
が原因の被害であるという意識は、忘れてはいけないと感じています。

283 :地震雷火事名無し(北海道):2011/10/05(水) 14:08:42.56 ID:ZlVeabbBP
1986〜2000年までに診断された甲状腺ガン発生数(国別・年齢別)
http://www.rist.or.jp/atomica/data/pict/09/09030112/04.gif
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org2100989.jpg

284 : 忍法帖【Lv=8,xxxP】 【東電 80.7 %】 (東京都):2011/10/05(水) 17:16:07.13 ID:NF/uFbvi0
>>283
症例数が97〜98年の間落ち込んでいるが
広瀬隆によると新規患者は増え続けているのであるが
患者が死んでしまう為、一時的に症例数が減っているとのこと。

285 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/10/05(水) 17:44:51.58 ID:P7jNKpeQ0
>>284
症例数だから、他の病気などで患者が死んでも、甲状腺がんを発症してれば
カウントされるはずじゃないの?



286 :地震雷火事名無し(神奈川県):2011/10/05(水) 21:56:59.61 ID:ekgM2xXx0
チェルノでは事故後何年も経ってから産まれた子でも
甲状腺がんを発症する率が高いって事だから
ヨウ素だけでなくセシウム等も甲状腺に集まり易いのではないかと
心配してるんだがどうだろう?

287 :地震雷火事名無し(栃木県):2011/10/06(木) 00:02:00.18 ID:fHsv4Qcz0
>>264
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/lifeline/1317226417/729
Thirty-plus years ago, the nervous system was considered the system most resistant to ionizing
radiation, but this is apparently true only in respect to large doses (see , c.g. Gus'kova and
Baisogolov, 1971).

30年以上前に、神経系は、電離放射線へのシステムが最も耐性と考えられ、これが唯一の大量投与に関して、明らかに真で
あるとされました(参照、例:Gus'kova and Baisogolov, 1971)。
Accordingly, the report of the Chernobyl Forum(2005) attributed all neurological illnesses, increased
levels of depression , and mental problems to posttraumatic stress(Havenaar, 1996;
Havenaar et al, 1997ab).
したがって、チェルノブイリフォーラムの報告書(2005)はすべての神経疾患、うつ病の増加レベル、および精神的な問題
の原因が心的外傷後ストレスにあるとした。

誤訳チャックよろ。

288 :地震雷火事名無し(仏):2011/10/06(木) 00:12:07.11 ID:ow9JczAh0
30年はセシウム排出されないし、甲状腺類は子孫の代まで残るので
出てくると思う。安全なんて言葉は放射能においては一切ないと思うべき。
安全って言ってる人は悪魔に魂売ってお金たっぷりもらったか?


289 :地震雷火事名無し(愛知県):2011/10/06(木) 14:41:00.88 ID:8BzoPHQg0
後になれば出てくる
メルトダウンもプルトニウムもそうだった

290 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/10/06(木) 14:50:56.77 ID:LlYL/GBJ0
>>286
内部被曝として放射性ヨウ素が集まるせいだけでなくても、
甲状腺は喉にあって外気との隔たりが薄いせいか、
台湾の汚染鉄筋の住居による「外部被曝」で、甲状腺癌になってたよね。

291 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/10/06(木) 15:24:04.90 ID:Z/52TLlR0
>>286
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Chernobyl/saigai/Sgny-J.html

この資料だと、1996年段階では、事故後に生まれた子供の甲状腺がんは少ないけど、
その後増えてるの?

292 :地震雷火事名無し(茨城県):2011/10/07(金) 14:20:09.35 ID:YjraB4Wg0
しっかし放射能被害=癌みたいな話になってるな
放射能被害における癌の発病って全体のうちの一つでしょ
放射性ヨウ素による甲状腺ははっきりしてるみたいで別だけど

ぶらぶら病とかなって仕事できなくなって貧困→自殺や別の病気で死亡なんてこともあるだろうに
治療者や行政で把握は多岐にわたりすぎて不可能だろうけどね

遅発性の癌であれば免疫が癌を殺すスピードに追いつかなくなってる状況だから
予防的には免疫の向上のほうが良いと思うし
統計的な癌のデータは最悪な値、手遅れな値で参考にしても
下回ってるから安心というデータでもないと思う

293 :地震雷火事名無し(山形県):2011/10/07(金) 15:30:43.44 ID:loXHmLRS0
410 自分:地震雷火事名無し(埼玉県)[sage] 投稿日:2011/09/25(日) 19:12:11.31 ID:MaM8gjvD0 [2/4]
もう消されてしまったがチェルノブイリの健康被害のビデオ。NHKのテレビ放送だと思う。
1_2【原発事故】10年後の日本 2021年(1)
http://www.youtube.com/watch?v=bEbKoA_32FA&feature=player_detailpage
ここに興味深いグラフがあったので、グラフから数字を読み取って表にしてみた。

甲状腺がんの手術数 (ベラルーシ ブレスト チェルノブイリから400Km)
-------------------------------------------
 年  子供  46歳以上
      人    人
-------------------------------------------
1985   1    60
1986   1    70 (4/26事故発生)
1987   6    110
1988   6    130
1989   6    150
1990   30   170 ←子供は5年目から急増
1991   62   160
1992   70   205
1993   100   250
1994   92   295
1995  101   270
1996   94   320
1997   79   340
1998   75   380
1999   72   420
2000   60   480
2001   40   500
2002   18   550
2003   19   600
2004   15   620
------------------------------------------

294 :地震雷火事名無し(滋賀県):2011/10/07(金) 23:41:31.76 ID:T7KhUIgp0
>>268
被曝何mSvかにつき、IQが幾つ下がったとか言う報告を見たことがある。
出典はまた見つけたら書いておく

295 :地震雷火事名無し(iPhone):2011/10/08(土) 00:03:16.25 ID:J4XlFeWR0
563 名前:地震雷火事名無し(東京都) [sage] :2011/10/07(金) 22:10:14.58 ID:zk11VldA0
ICRPの報告書なんで全面的に信用していいものなのかどうかは悩ましいが、
最後の方にチェルノブイリ事故が発生した後のベラルーシ、ノルウェー、
イギリスの対応が出ている。

http://www.jrias.or.jp/index.cfm/6,15092,c,html/15092/20110420-192047.pdf

これを見る限りでは、既出のようにチェルノブイリの避難区分が事故5年後に
決定されたこと、よく引用されるベラルーシの基準が事故13年後に現在の
値に落ち着いたこと、その間、住民たちは自給自足で汚染された食材を作って
食べ続けたことがわかる。

もちろん、食品についての取捨選択の努力はしなければならないと思うが、
必要以上に不安を煽る連中の口車にのってはいけないと改めて認識するな。


296 :地震雷火事名無し(愛知県):2011/10/08(土) 06:25:51.14 ID:4v0P7J3X0
不安を煽る奴の口車より安全を標榜する奴の口車の方が恐い
後者には明らかな利害関係があるのだから

297 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/08(土) 06:38:21.18 ID:OVa1dA3G0

皇后さま腫れちゃったけどどうすんよ

298 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/10/08(土) 07:56:19.35 ID:UZH12VInO
何が腫れたの?

299 :汚染マップ(関東・甲信越):2011/10/08(土) 07:58:19.24 ID:S9isS8KQO
【海洋汚染マップ】
http://mblog.excite.co.jp/user/utukusinom/img/?f=201110%2F05%2F97%2Fe0171497_1518543.jpg&user=utukusinom&id=15760194&_s=b14b71dc960ca3509898872ed603e42c

東北・太平洋側の魚介類は食べるな。
漁師は陸の仕事をしろ。


300 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/08(土) 08:13:02.84 ID:Ad5d7kAH0
>>295
自給自足も流通された食材を食べるのも
汚染されたものを食べてる点じゃいっしょだべ?

301 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/08(土) 14:28:39.22 ID:/yUmb/AG0
前にカルシウムサプリの話が出てたけど
カルシウムサプリの原材料自体が既に汚染されてるよね
しかも濃縮されてそうで怖くて飲めない
製薬会社に問い合わせたけど「検出されてません」としか言わないし
検出限界値も教えてくれない
何か安全なカルシウムを摂るいい方法はないだろうか・・・

302 :地震雷火事名無し(内モンゴル自治区):2011/10/08(土) 14:51:13.53 ID:jJ6nhnZtO
良く知らないけど
オーストラリア産のサプリとか売ってれば安心なのかな
ヨーロッパ産やアメリカ産も少し不安だよね


303 :地震雷火事名無し(山形県):2011/10/08(土) 14:54:16.52 ID:3tvb5KHD0
>>301
ネイチャーメイドとかの、外国のサプリならどうだろ


ところで
愛媛県 伊方発電所の通常調査等における人工放射性物質の検出状況
http://www.pref.ehime.jp/h99901/houshasen/sokuhou231004.pdf

トリチウムやヨウ素131やセシウム134が出てる

これは福島第一の事故のせい?
それとも伊方発電所原発のせい?

トリチウム、測定しているところは他にあったかな?

304 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/08(土) 14:56:41.52 ID:5qyp6rcP0
>>303
福島関連だとこれしか見たことないんだよね。
他に無いのかな。
http://eq.wide.ad.jp/files/110625tepcoocean4.pdf

305 :地震雷火事名無し(山形県):2011/10/08(土) 15:08:17.59 ID:3tvb5KHD0
>>304
NDばかりでおかしいと思って読んでいたら
検出限界値が120Bq/Lだってwwww
ふざけてるのかwwww

306 :地震雷火事名無し(北海道):2011/10/08(土) 15:51:28.21 ID:89YXZmUhP
2)あらかじめ計算された放射線による死:EUと日本の食品放射能汚染制限値フードウォッチ・レポート(PDF)、
http://www.jca.apc.org/~uratchan/harappa/foodwatch.pdf

307 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/08(土) 16:31:30.55 ID:5qyp6rcP0
ドイツ、日本とは雲泥の差だな‥。

308 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/08(土) 16:35:48.81 ID:eiABF7Ui0
>>306
ドイツ放射線防護協会で読む気がなくなった

309 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/08(土) 16:40:38.54 ID:eiABF7Ui0
あとドイツ人は日本が本音と建前の国であるのを理解してないな
暫定規準(建前)
本音(ND)

310 :地震雷火事名無し(茨城県):2011/10/08(土) 23:12:45.78 ID:qq8FupHD0
>>164
チェルノブイリの尊い犠牲を払った教訓と知識が存在するのにもかかわらず
さらに上回る事故レベルの日本が
チェルノブイリで対策に時間がかかったんだからもっと時間がかっかても仕方ない と
国として同程度の被害は容認する選択をとるボンクラまるだし発言

チェルノやベラルーシの基準を流用するというごく簡単な被害の拡散防止策ができなかった国だろ

除染とか復興とか 船底に穴が開いたまま水を掻き出してるだけのこと 
穴の状況は隠蔽と後だし報告 船が沈没の公算はまだまだ十分にありうるのにね



311 :地震雷火事名無し(茨城県):2011/10/08(土) 23:13:48.60 ID:qq8FupHD0
164でなくて295
大間違いでした

312 :地震雷火事名無し(茸):2011/10/08(土) 23:33:03.28 ID:sFESw0+40
まず完全に除染なんてできるのかいな?
地表削っても、削った土はどこにやるのさ?

313 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/08(土) 23:33:59.13 ID:5qyp6rcP0
>>312
そりゃ栄養あるからまた鋤込むんだよ!

314 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/08(土) 23:44:37.48 ID:yE/4eXU40
>>312
完全な除染は無理だろ。旧ソ連は1989年にそれを諦めて、住民を移住させた。

何しろ森が無理。


315 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/08(土) 23:47:15.08 ID:5qyp6rcP0
いまでは移住も諦めてるけどな‥。

316 :地震雷火事名無し(千葉県):2011/10/08(土) 23:51:45.32 ID:zkUXPe6Y0
土からセシウムを分離→新設した地下処分場へ
これを低コストで大量に処理する技術が必要


317 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/09(日) 00:03:49.74 ID:yE/4eXU40
森を除染するには、土をごっそりはぐことになるけど
そうしたら森は失われる可能性が大

318 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/10/09(日) 00:55:02.92 ID:t0sUWYfB0
院長先生のブログから
http://onodekita.sblo.jp/article/48387629.html

言われてみると当たり前だが、卵子も精子もたった1個の細胞から分裂するんだ。
思い出した。たしか1989年頃、nhk でやった「驚異の小宇宙・人体」の
第1シリーズ第1回放送だ。”始原生殖細胞” って言ってやつだ。
タモリ氏と小出五郎解説委員(当時)だ。


で、1mSv の被曝で、全身の細胞に平均1本放射線が通る事になる。
(↑CNIC 崎山比早子氏3月頃の映像。アーカイブ探したが見つけられず)
孫に影響出るかもって。。。

319 :318(dion軍):2011/10/09(日) 02:00:01.00 ID:t0sUWYfB0
訂正:
って言ってやつだ→って言ってたやつだ

320 :地震雷火事名無し(愛知県):2011/10/09(日) 08:36:46.60 ID:mb664ooM0
人体形成の初期の段階で放射線食らっちゃうと
メチャクチャな設計図がそのまま一般化しちゃうからねぇ。。。

http://www.youtube.com/watch?v=qAVdyHbSQYg

321 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/10/09(日) 08:55:59.83 ID:nRmwh6KkO
タブーにしてはダメだ!

「低線量被爆は遺伝する!」

とにかく逃げろ

322 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/10/09(日) 09:36:22.48 ID:fwjdLHIvO
>>321
もう手遅れじゃない?
逃げるにしてもお金がない

323 :地震雷火事名無し(東日本):2011/10/09(日) 13:07:40.67 ID:fCGlYzdU0
>>316
確かストロンチウムをほぼ完全(99%)に
土壌から分離する濾過フィルターは開発されたはず。
セシウムも似たような技術があったはずだけど
こっちは複数回の濾過が必要とかなんとか。

324 :地震雷火事名無し(福島県):2011/10/09(日) 15:05:15.79 ID:z5VPbUiB0
>>310
チェルノブイリは初年度の許容被爆量は100mSVで、それにあわせて食品の内部被爆量を計算しているから、
牛乳とか1000ベクレルとか肉や野菜が2700ベクレルとかを食べているし、
次の年は100mSVより基準を段々と下げていったため現在の基準になっている。
セシウムの汚染マップが作られたのは三年後だし、汚染のレベルに合わせて避難がはじまったのも三年後以降、
さらにベラルーシの厳しい基準は独立後に設定されたものだから事故後八年以上たってからの基準。

よく日本の基準がゆるいとか言う人って、そういう基本的な情報すら不足しているんだよな。

325 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/09(日) 15:07:22.56 ID:lW7ikC/i0
事故から10年間かけてえられた教訓が生かされてないってことだな。

326 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/09(日) 15:16:42.93 ID:h8mRSa080
事故から数年たった後なら、健康被害がなければ基準を下げようとしないよな。
「今まで高かったけどもう大丈夫」とかなんとか言い逃れしようとするだろう。



327 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/10/09(日) 15:17:21.35 ID:xRJQTJaF0
>>324
日本でチェルノブイリと同じだけのひどい汚染があったことを政府はみとめているか?


328 :地震雷火事名無し(栃木県):2011/10/09(日) 15:24:35.62 ID:Fe+xNHqI0
>>318-321
http://www.strahlentelex.de/Yablokov%20Chernobyl%20book.pdf

5.5. 呼吸器系疾患. 92
For children of the Japanese hibakusha who were not irradiated directly , the incidence of respiratory system illnesses
was higher compared to controls some decades after the bombardments(Furitsu et al. 1992).
直接照射されていない日本の被爆者の子供の場合は、呼吸器系の病気の発生率は数十年の爆撃の後の対象と比較して高かった。
If such an increase is observed after a single short-term irradiation, it is possible to assume
that the Chernobyl irradiation will cause increased respiratory system illnesses over the next several generations.
このような増加は、一回の短時間の照射後に観察されている場合、それはチェルノブイリ照射は、
今後数世代にわたって増加する呼吸器系の病気を引き起こすと仮定することが可能です。

誤訳チェックよろ。

329 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/10/09(日) 15:37:03.38 ID:t0sUWYfB0
>>322
http://2011shinsai.info/sites/default/files/FR_IRSNreport.pdf
結論17ページから

ICRP勧告,外部被曝で とかあるが、
1年後に避難しても4年後に避難してもそれなりに有効では。
理解できる範囲だけ読んでもいろいろためになった。

330 :地震雷火事名無し(福島県):2011/10/09(日) 16:07:10.74 ID:z5VPbUiB0
>>322
俺は福島県でも比較的放射線量が高い地域に住んでいるから、
俺の体に異常ができてから君が逃げても被爆量は異常をおこした俺の半分以下に抑えられる。
それから逃げても十分に君は生き残れるはずだ。

331 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/09(日) 16:11:36.88 ID:h8mRSa080
>>330
君ががんに強い遺伝子を持っていて、俺が弱い遺伝子を持っていたらアウトだわ


332 :地震雷火事名無し(埼玉県):2011/10/09(日) 19:55:22.85 ID:cBdOcX3j0
被曝と被爆は意味違うからきちんと使い分けろよ

333 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/10/09(日) 20:05:56.76 ID:zYZEUnRr0
>>324
でも、それは結局、健康のために下げる必要があったから基準を下げていったのでしょう?
健康に異常なしだったら上げていってもいいわけで
25年後の日本は、その下げるほうがいいという知見を最初から生かすべき
食糧難を覚悟してくださいとするべき
あとで莫大な医療費で経済破綻するよりも

334 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/10/09(日) 21:25:28.59 ID:LIgfNUpt0
人工的なものも自然由来も放射性物質は同じなんでしょ。
危険厨の×人工○自然は、煽りすぎ。つーか誤認
俺は危険厨だが、最近は情報の真偽を選り分けている


335 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/09(日) 21:32:12.31 ID:h8mRSa080
>>334
今日は工作員が多いな。連休だからか。
俺も自然放射線と人工放射線の危険度は分けないよ。
両方こみで考えてる。医療被ばくも自然被ばくも量が増えれば危険ってこと。

336 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/10/09(日) 21:37:45.20 ID:LIgfNUpt0
>>335
そういうことなんだろうね。量であって質じゃない。
何で人工=危険・体内蓄積になったんだろ


337 :地震雷火事名無し(埼玉県):2011/10/09(日) 22:39:39.23 ID:cBdOcX3j0
>>336 生物濃縮

汚染した藁束食べただけで、乳牛からセシウム出たあれの事
そのうち試験に出るぞ

338 :地震雷火事名無し(空):2011/10/09(日) 22:55:32.25 ID:i0mNr0870
カリウムの放射能が危険とか言うバカ工作員がいるからでないの?
ふと思ったのだが膀胱回りだけはカリウムで被曝線量が増えるな。

339 :地震雷火事名無し(千葉県):2011/10/09(日) 23:48:26.74 ID:x0RV+DZS0
>>334
同じじゃない
同じなのは放射線を出すという点のみ
生体内半減期と代謝の仕組みが異なる
カリウムは余剰分はただちに排出される
カリウムの摂取のみならば内部被曝線量は一定になる
セシウムはただちに排出されないし半減期は100日程
よって、連日摂取を続ければ体内に蓄積し過剰な被曝を受ける事になる

340 :地震雷火事名無し(WiMAX):2011/10/09(日) 23:54:17.39 ID:FOuilCir0
334-336
工作員もこういう手法使うようになってきたのか
他人同士で論議してるように見せかけてミスリードさせる


341 :地震雷火事名無し(千葉県):2011/10/10(月) 00:16:02.96 ID:X45Pjcsp0
ついでに
カリウムは生物が進化する過程で適応出来た数少ない放射性物質の一つ
ラドンですら肺ガンのリスクが高まるとの報告がある
人工放射性物質に至っては地球生命体の歴史で見ればほぼ未知の物質
体内に入った場合どんな事が起こるか解らない

342 :地震雷火事名無し(埼玉県):2011/10/10(月) 00:17:43.69 ID:d3T+ERBz0
>>340
荒らしたら悪いなと思って黙ってたけど、324もだよ
それらしく見せて論理破綻してる

343 :地震雷火事名無し(山形県):2011/10/10(月) 02:12:38.52 ID:tIDAPK/z0
ひどい自演を見た



334 名前:地震雷火事名無し(関東・甲信越)[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 21:25:28.59 ID:LIgfNUpt0 [1/2]
人工的なものも自然由来も放射性物質は同じなんでしょ。
危険厨の×人工○自然は、煽りすぎ。つーか誤認
俺は危険厨だが、最近は情報の真偽を選り分けている


336 名前:地震雷火事名無し(関東・甲信越)[sage] 投稿日:2011/10/09(日) 21:37:45.20 ID:LIgfNUpt0 [2/2]
>>335
そういうことなんだろうね。量であって質じゃない。
何で人工=危険・体内蓄積になったんだろ

344 :地震雷火事名無し(茨城県):2011/10/10(月) 02:40:06.12 ID:OZok+8YY0
カリウムは体内に排出経路がもうできている点で
他の放射能物質とは一線を画する事ができるって事か

必須栄養素のミネラルの中でもカリウムが一番量を必要とするのも
排出してしまうであろういらない放射性カリウム込みだから必要量が多めなのかな

345 :地震雷火事名無し(空):2011/10/10(月) 08:50:28.91 ID:BZVIlzF/0
放射性カリウムを一定割合含んだカリウム元素で体が飽和しているだけ。
いくら摂取しても一定量以上はざるに流し込んだように出て行く。
体内の総カリウム量は百何十グラムとか位で常に一定。
炭素もそう。
ほかの人工放射性元素は放射能としての濃度が不定だしいくら取ってもざるのように排泄されるというわけでもない。


346 :地震雷火事名無し(空):2011/10/10(月) 08:55:49.00 ID:BZVIlzF/0
放射性カリウムを含まないカリウムのみを用いて人間を育てるなんてことは不可能だから
放射性カリウムの健康影響は実測することが出来ない。
やるならカリウムの中の放射性の物の割合を増やすほうがまだ簡単かもしれない。
放射性カリウムの割合が3倍の世界とかがあったらたぶんセシウムと似た健康被害が現れる気がする。

347 :地震雷火事名無し(千葉県):2011/10/10(月) 09:22:07.67 ID:TlBR8eS90
>>346
アメリカだと自然放射線由来のガン死を2%と見積もってた気がする。

348 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/10(月) 10:06:29.82 ID:sQYuBBfe0
>>347
UNSCEAR(国連科学委員会)の出してる人間活動由来の
総被曝量の数値だと、全世界でこれまで、ICRPで1000万人、
ECRRで6500万人くらいは死んでいるって計算になるよね。

数字は1945年から1989年までとのことだから、
延べ65億人くらいとすると0.2〜1%程度?

結構アメリカの自然放射線由来のガン死率高いな、という一方で、
人間活動由来の割合も相当高くなってきてるのかもしれないわけかな。

>>346
>367の見積もりが妥当なら、放射性カリウムが3割多いだけでも
統計的には有意に増加しそうだね。

3割り増しだと‥ちょうど5億年前くらいだな。

349 :地震雷火事名無し(青森県):2011/10/10(月) 10:58:57.52 ID:UM1LkDw70
何が正しいのか学術的には両論あって確定せず、何がミスリードに当たるのかすら分からないのであれば、
用心するに越したことはない、という単純な結論に至る。

350 :地震雷火事名無し(福島県):2011/10/10(月) 11:26:08.69 ID:fpmxkTKL0
>>344
いや、カリウムは一定の濃度で体の中に必ずある物質なので、
逆にいえば60キロの男性で常に4000ベクレルの放射性物質を常に体の中に入れていると考えたほうが良い。

厳密に言えば一定に保つとは言っても生物学的半減期が30日なので、
百日のセシウムより三倍ほどたまりにくい・・・という表現が正しいような気がする。

351 :地震雷火事名無し(千葉県):2011/10/10(月) 13:31:43.05 ID:X45Pjcsp0
>>350
3倍では利かない気が…
カリウムは飽和量を超えると半減期に関係なく尿として排出される
生物学的半減期はカリウムを一切補給しないという前提では?

352 :地震雷火事名無し(空):2011/10/10(月) 15:24:48.44 ID:BZVIlzF/0
半減期という表現に意味がない。
普通の量のカリウム取ってる普通人の半数入れ替わり周期がそれくらいってだけ。
体内のカリウム量2倍とか0.5倍とかになったらたぶん死ぬ。
細胞内脱水とか不整脈とかで。透析の患者は良く高カリウムで心臓止まって死んでいる。
腎臓のカリウム調節能力は生死にかかわるだけあってひどい脱水にでもならない限りものすごい。
バカバカ入れても全てフルスピードで排泄される。

353 :地震雷火事名無し(長屋):2011/10/10(月) 16:17:21.99 ID:drTs/CGO0
【 放射線による被曝 および ICRPとECRRについて】
安全デマがマスメディアで広められているのは何故か?
http://www.geocities.jp/winged__dragon/file/hibaku.html

被曝についてと、ICRPとECRRについてなど、初心者にも分かりやすい解説。
参考にしたソース情報サイトへのリンクなども紹介されてます。



354 :地震雷火事名無し(長屋):2011/10/10(月) 16:22:22.18 ID:drTs/CGO0
原子力マフィアが隠す被曝
1/3 http://www.youtube.com/watch?v=VyFVBM5H0Tc
2/3 http://www.youtube.com/watch?v=gNz8duGB8t8
3/3 http://www.youtube.com/watch?v=71_Knsl6O5s

ロシア科学アカデミー会員ヤブロコフ博士、
白ロシア放射線安全研究所ネステレンコ博士による、
チェルノブイリ事故が住民と環境に与えた結果の報告書、その概略
http://www.asahi-net.or.jp/~pu4i-aok/core/bookdata/1000/b1083.htm

ウクライナにおける事故影響の概要
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Chernobyl/saigai/Grod-J.html

【IPPNW「チェルノブイリ健康被害」新報告と、
首相官邸資料「チェルノブイリ事故との比較」との驚くべき相違】
http://peacephilosophy.blogspot.■com/2011/04/blog-post_17.html

355 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/10/11(火) 16:10:17.17 ID:gwiYV+8U0
>>353
一部危険デマを丸のまま信じちゃってるところが残念。プルトニウム周りとか。

356 :地震雷火事名無し(栃木県):2011/10/11(火) 17:23:45.76 ID:8RvNVtb90
どこかわかんなくなってしもうた。ここに書いておく。
http://www.takeya-miso.co.jp/column/008.html
をあげていたレス。
http://d.hatena.ne.jp/kabaya/20110328

医薬関係で注意を要するのは、投与量。体重1kgあたり何グラム投与したか、記載無し。
薬物では、
効果(生理活性)が見られる濃度、毒性が見られる濃度、の両方を測定して、この二つの濃度範囲が広い薬物が、医薬品として採用されます。
http://www.gendai.ne.jp/bird/qanda13.htmlより、
動物種 摂水量(mL) 摂餌量(g/日) 糞便量(g/日) 尿量(mL)
マウス 4〜7/日 2.8〜7.0 1.4〜2.8 1〜3/日
http://homepage3.nifty.com/~hispider/mouse.htm (解剖の話なので苦手な人は見ないこと)より
体重は34〜40g

より、体重の7%の餌を食うわけだから、50kgの平均的な日本人では、3.5kgの食料になります。
一割の乾燥味噌より、乾燥味噌350g/日の摂取量になります。
味噌が200Cal/100gで脂質が含まれないとすると合計33g、塩分が7%(白味噌と赤みその境界)として合計40gの固形分。
計算が面倒だから、水分50%とすると、
700g/日の摂取量となります。

疫学調査のデータがないかしら。

357 :地震雷火事名無し(北海道):2011/10/12(水) 01:28:55.92 ID:lBTuaUkXP
★チェルノブイリ事故による放射性物質で汚染されたベラルーシの諸地域における非ガン性疾患
 Y・バンダシェフスキー教
http://peacephilosophy.blogspot.com/2011/09/non-cancer-illnesses-and-conditions-in.html


ベラルーシ共和国 住民1000人当たりの死亡率と出生率
http://2.bp.blogspot.com/-op3WqfrFPog/Tn7kzwkcKaI/AAAAAAAAADE/x1hM4TllAT0/s1600/%25E5%259B%25B32-6.jpg 

ベラルーシの各地方における住民死亡率の推移
http://1.bp.blogspot.com/-7RjBFzSbzSc/Tn7k8p0owXI/AAAAAAAAADM/w2T1dudXGqk/s1600/%25E5%259B%25B32-8.jpg

ベラルーシ共和国 住民10万人あたりの悪性腫瘍発生率
http://1.bp.blogspot.com/-7aiqT2GeF38/Tn7lPVGNtxI/AAAAAAAAADY/KDTd10DEovk/s1600/%25E5%259B%25B32-11.jpg

        重要

1 子どもの臓器と臓器系統では、50Bq/kg以上の取りこみによって相当の病的変化が起きている。
  しかし、10Bq/kg程度の蓄積でも様々な身体系統、特に心筋における代謝異常が起きることが報告されている。

2 心臓病と悪性腫瘍の発症リスク増加に見舞われてきた。これらの病気が事故後23年間着実に増加し続けたことにより、
住民の死亡率が出生率を2倍以上上回るという、人口統計上の大惨事といえる状況がもたらされた。

358 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/10/12(水) 05:50:54.50 ID:vTifKau/0
米NRC監修の放射線入門の本立ち読みしたけど
体の一部なら500msvまで、目なら50msvまで被曝は安全です!
(ロシアの科学者)
とか書いてあって震えた
 日本政府のやること全てがトンチンカンにみえるのは
民主党議員に助言する専門家のお爺さんがICRP派だからに見えてきた
ICRPの科学者の余裕っぷりが恐い。カルトはむしろICRPのほうじゃないのか?

 児玉先生がTVでα線とβ線をラットに内部被曝させて
大きなガンを半分以下まで小さくした写真だしてたけど、すごい細胞の殺傷能力だったぞw
しかもその治療がもとで20、30年後にガンになっちゃうから薬として使えないとか言ってた

359 :地震雷火事名無し(広島県):2011/10/12(水) 06:04:58.84 ID:u3kkwSy/0
横浜市港北区のマンション屋上の堆積物から(1キロあたりにして)
ストロンチウム90(195ベクレル)、
セシウム(10万5600ベクレル)
http://www.asahi.com/national/update/1012/TKY201110110626.html
本来は、コンクリで遮蔽するくらいのレペルだな


360 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/12(水) 06:30:09.87 ID:zcyHaRgX0
日本には1964年以来、中国の核実験で環境中に大量に放出されたストロンチウムが大量に
降り注いでいるにもかかわらず、幸いなことにそれによって劇的にガン患者が増えたという
こともありません。これによる日本人の内部被曝線量は、レベルD(2〜10ミリシーベルト)
でした。福島県でのストロンチウムの環境汚染は、セシウムの10分の1以下と想像しますので、
線量はより少ないと考えられますが、今後の確実な調査が求められます。

361 :地震雷火事名無し(長屋):2011/10/12(水) 06:54:33.72 ID:mA28WRbY0
中国の核実験、黄砂、カリウム
これらの用語をみたら工作員と思って間違いない

362 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/12(水) 07:01:15.80 ID:zcyHaRgX0
いやいや、ソースはちゃんとした理学博士が言ってた言葉ですよ

363 :地震雷火事名無し(愛知県):2011/10/12(水) 07:01:59.74 ID:hD85Ag130
>>360
日本人の半数は原発事故以前から癌で死んでるね

364 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/12(水) 07:05:34.52 ID:zcyHaRgX0
>>363
正にそういうこと
日本に癌死が多いのは、こういうことが原因だったんだね
だから、今更何も恐れることはないよ

365 : 忍法帖【Lv=13,xxxPT】 【東電 67.5 %】 (dion軍):2011/10/12(水) 08:57:58.25 ID:2HxrUFoO0
被曝で細胞が傷つくとは?
http://www.youtube.com/watch?NR=1&v=NKsr4AI00es

366 :地震雷火事名無し(北海道):2011/10/12(水) 14:33:52.10 ID:1C5LkmSn0
>>362
高田純だろwww内部被曝のことなんて考えてないじゃん
幸福の科学の信者の方ですか?

367 :地震雷火事名無し(WiMAX):2011/10/12(水) 14:42:51.57 ID:C1x7eL/a0
本日のあぼーん対象ミンス党工作員

>>360.>>362-364


368 :地震雷火事名無し(千葉県):2011/10/12(水) 16:53:48.74 ID:aAPoovSx0
>>360
なんか笑ってしまった。

369 :地震雷火事名無し(茨城県):2011/10/12(水) 18:21:59.42 ID:nTbWZgnf0
核実験なら第二次大戦中から行われていますので
癌と放射能の関連性を語るなら戦前からの統計が必要なのでは?
・医療技術の進歩による出生・寿命の向上 
・上記により相対的に死亡要因としての癌の顕在化
・公害や添加物など放射能物質以外の化学薬品による健康被害
これらの要因を考慮しないデータとそれに基づく説は不十分と言わざるおえない
まあまず不可能だけどね

現代の化学物質まみれの末アレルギー体質が多かったりする日本人が
ウクライナの自然児(や戦時中生き残った日本人)ほどの抵抗力を持つかと言う点で 
信頼性は落ちると思う チェルノのデータすら鵜呑みと言うわけにはいかないだろう


370 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/10/14(金) 01:39:09.88 ID:rz6QoC4B0
ストロンチウム90 を例にとって内部被曝について考えた。

実効半減期の計算(既出だったが、便利なので再掲。初出の方、ありまと。)
http://keisan.casio.jp/has10/SpecExec.cgi
 ↑で、ストロンチウム90 について。
内部被曝した場合、実効半減期は 18.3年となる。
一度体内に取り込まれてしまうと、36年たっても1/4にしかならない。この間、

ストロンチウム90 → イットリウム90(半減期64時間)→ ジルコニウム90(安定)
と2段階に崩壊し、それぞれ0.546MeV,2.280MeV のベータ線が出る。
透過力は10mm程度。                                    (Wiki ね)
逆に言えば、放出されたベータ線のエネルギーは10mmの範囲で全て吸収される。

一方、共有結合のエネルギー(kJ/mol)は
H−H(H2):436    C−C(ダイヤモンド): 357 
O=O(O2):458     N2の3重結合:945    
で、高々 1(MJ/mol)のオーダーとなる。                        (ググった)
1(MJ/mol) はだいたい 10(eV)                     (ココだけはオレの計算)
ベータ線のエネルギーは、共有結合と比べても4桁以上高い事になる。

ベータ線にかかれば、DNA なんか余裕でぶっち切りじゃないかな。

371 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/14(金) 07:02:48.99 ID:u6vAja1W0
まあね。
弾丸にとっての空気みたいなものだな。

372 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/14(金) 10:18:59.21 ID:7SH6jnXf0
セシウムもβ線出すよね?内部被ばくではβ線が怖いのは、
セシウムもストロンチウムも同じと考えて良いですか?

--
(原子力資料情報室より)
http://cnic.jp/modules/radioactivity/index.php/13.html
放射線エネルギー(100万電子ボルト) ベータ線, 0.514(94.4%),
の寄与が大きい。1.18(5.6%); ガンマ線, 0.662(85.1%、バリウム-137mから放出される).
比放射能(ベクレル/g)3.2×1012

373 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/10/14(金) 11:12:11.68 ID:9U+yySeh0
>>372
まあ、β線の強さが違うけどね。


374 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/10/14(金) 11:24:42.52 ID:rz6QoC4B0
>>372
生体内では元素ごとに影響をうける臓器が違ってくるけどね。
ベータ線は怖いね。
アルファ線はもっとね。。

375 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/14(金) 17:38:44.56 ID:7SH6jnXf0
>>373
どのぐらい違いますか?

カリウムもβ線は出るのか。
下の引用文はβ線とガンマ線を合わせてシーベルト換算しているのでしょうか。

カリウムのβ線損傷ぐらいはそれなりに修復できてると思いますが
ストロンチウムの問題は、カリウムやセシウムよりもβ線が強い点にあるのでしょうか。

http://cnic.jp/modules/radioactivity/index.php/4.html
>体内に常に同じ量が存在するので、線量は計推定やすい。生殖腺や他の柔組織に対する
>年間線量は0.18ミリシーベルト、骨に対しては0.14ミリシーベルトである。


376 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/14(金) 18:02:51.77 ID:7SH6jnXf0
ツイッターでこんなのあった。

ストロンチウム90はセシウムに比べると作物が、かなり吸収しやすいらしい。
特に「イネ」。新潟大学の野中昌法教授:「作物への吸収がセシウム137と比べて
1桁大きいです。」 http://j.mp/qYz6bL


377 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/10/14(金) 23:38:00.84 ID:rz6QoC4B0
放射性セシウムの内部被曝については、@study2007さんの論考が秀逸。
http://togetter.com/li/188120
リンク先の「続よくわかる心電図」によれば、
セシウムが心臓の細胞膜にあるイオンチャネルに影響することは既知。

378 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/10/14(金) 23:48:32.80 ID:rz6QoC4B0
ここで、訂正とお詫び
>>189
−−−もしも放射性セシウム137が500Bq/Kgも含まれた食品を3年食べたら−−−
3年も食べたらほぼサチっていて、体内の濃度は
50,000Bq/kg に達すると思われ。
よしんば癌を免れたとしても、心臓が先にイッてしまいそうな。。。

という訳で 愛知県さん、ごめんなさい。

379 :地震雷火事名無し(栃木県):2011/10/15(土) 06:23:33.94 ID:DBozL8lN0
>>378
そう。簡単に切れる。
ただ、放射化学反応(照射によって発生する化学反応)の場合には、
強すぎてぶつかったところしか切れない。数が少ない場合には、VetC,E等のラジカル消失反応をおこす成分が体内にあるので広がらない。

ところが、1-10MeVのエネルギーが細胞内や細胞を構成している(名称忘却)の中だけで吸収されたとすると
蒸発してなくなるくらいのエネルギーになる(過去レス参照、誰かが計算していた)。
膜酵素の高次構造が壊れたらば、修復は不可能だし。

カリウムの照射は、生命が始まって1億年を超える歴史の中で生命の維持に影響が出ないようにする、という進化が行われてきた。
カリウムとは異なる体内の移動(例、特定の臓器に蓄積、特定の細胞に蓄積)が観察されているから、カリウムとセシウムとの比較は無意味。
カリウムの動きでセシウムの動きを見当つけることはできない。

380 :地震雷火事名無し(青森県):2011/10/15(土) 07:18:06.60 ID:BgJ8MKmv0
コメのストロンチウム、調査はしないのかな。各県10検体ずつくらいでもやればいいのにね。

381 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/10/15(土) 07:49:35.91 ID:VvI6dAsaO
チェルノブイリハート
映画。
このドキュメンタリーは、国土の97%が放射能汚染地域であるベラルーシで、放射能被害にあった子供たちの様子を写したもの。
なので、映画の舞台はほぼすべて、病院である。
監督は、甲状腺ガンの治療現場から始まり、精神病院や小児病棟を次々と回ってゆく。
私は、放射能が引き起こす病気は、甲状腺ガンと白血病くらいしか知らなかった。ずぶずぶに甘いことを、この映画で思い知らされた。
けれど、その認識がな事実は続く。
原発から80kmのゴメリ市の産院での、健常児の出生率は15%〜20%。
これ聞いたとき、数字が逆なのかと思った。
てっきり翻訳ミスかと。
そうじゃなかった。
障害児の出生率が15%〜20% ではなく。
健常児の出生率が15%〜20%。
信じられる?
多くの子どもは水頭症、脳性麻痺など先天性の障害を持って生まれてくる。
と思う?
親のせいじゃない。これは、国が生んだ捨て子だ。
生まれる前から、国によって、原発によって未来を破棄された子ども。
これが、25年後のフクシマに起こりえないなんて、誰が言えるだろう。
施設の人の、
「この子の親は見つかっていません。治療法もありません。
この子の未来は誰にも分かりません。」
という言葉が突き刺さる。
さらにショッキング「遺棄児童院」
つまり、障害を抱えて生まれ、親が治療費を払えずに捨てられた子供たちの集まる施設が、チェルノブイリ近郊にはいくつもあるのだ。
そりゃそうだよ、事故のせいで住んでいた家と仕事を失って、
生まれてきた子どもは月に何百ドルとかかる重度の障害を抱え、治る見込みも国の補助もなく、月収100ドル以下で、
それでも育て続けるなんて、誰が可能だ障害で、4歳なのに4ヶ月の赤ちゃんくらいの体躯しかない子ども。
そんな子供たちで、施設はあふれている。
変形し、皮膚の色が変わった患部が、舐めるようになんどもなんどもスクリーンに大写しにされる。
その度に、自分の認識の甘さを思い知らされる。
それだけでは終わらない。
一番ショックな事実を突きつけるためか、作中になんどもなんども登場するのは、原発から80km圏内で、事故後に生まれた子どもの多くが、先天的に脳性麻痺や脊髄損傷、水頭症、悪性腫瘍を患っている。
悪性腫瘍で、自分の身体と同じくらいに、ぱんぱんに膨れあがったお腹をひきずって歩く子ども、
足と手が壊死して、薬を塗ると痛みで泣き叫ぶ子ども、
水頭


382 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/15(土) 11:03:09.93 ID:9QlFMPEZ0
【IWJ_TOKYO 自分と子どもを放射能から守るには】 
バベンコ講演会、ライブ配信中
http://www.ustream.tv/channel/iwj-tokyo1

383 :地震雷火事名無し(東日本):2011/10/15(土) 11:28:10.28 ID:/9x8IXDa0
武田邦彦氏は「死の灰」発言を、こっそりと「これは付近の住宅にラジウムなどを保管していたためとされています」
なんて改ざんしている。
「高い放射線量の原因は死の灰だと思っていましたが誤りでした」という釈明があるならまだしも、こっそり改ざんで
終わらせようとしているのは卑怯だと思う。

改ざん前:世田谷で1時間あたり2.7ミリシーベルトが観測されましたが、道路の脇の藪の傍で、当然、死の灰の性質からいって予想されることです。
          ↓
改ざん後:世田谷で1時間あたり2.7ミリシーベルトが観測されましたが、これは付近の住宅にラジウムなどを保管していたためとされています。

Googleの検索窓に「武田邦彦」と入力すると、自動的に「武田邦彦 トンデモ」というガイダンスが出てくるが、
これは、以前より武田氏は科学者を名乗りながら、とんでもなく非科学的な話をする人物として有名だったから。

今は、放射能の恐怖を煽れば煽るほど売れるので、テレビや雑誌で武田氏はひっぱりだこだが、
その言い分を真に受けない方がいい人物だということは確かである。

武田邦彦氏の哀しいウソ
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51748637.html

<参考>
武田教授って、本当に科学者なのか?
http://ohnishi.livedoor.biz/archives/51289412.html
武田邦彦氏の売り歩く放射能デマ
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51746604.html
放射線量だけで騒ぐバカな首長とマスコミ
http://blog.livedoor.jp/furusatochan/archives/6191586.html

384 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/15(土) 11:40:36.53 ID:auGbSCkm0
まず、改ざんをいうなら、それを証明するものを出さないと。

385 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/10/15(土) 12:07:26.33 ID:L1sqR06D0
>>384
よく>>383の中身を読んでないのでは?

改ざんの証拠を掲示しているWebページ
   ↓
武田邦彦氏の哀しいウソ
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51748637.html

386 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/15(土) 12:26:03.66 ID:zcifxRB00
えっ、食品検査ってセシウムしか測ってないの?意味ねー

387 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/10/15(土) 21:18:00.04 ID:jzEpP+Zz0
>>378 自己レス
×50,000Bq
○70,000Bq (ゴメン、疲れていたんだヨー)

>>379 御意
素朴に進化論ちゅうやつを信じると、
生命は発生の当初からカリウム40にさらされ続けてきたわけで、
今地球上にはカリウム40に強い個体(種)だけが生き残っていると。
で、3.11以降の日本は、137Csやら134Csやら90Srやらの
人工の放射性物質に強い個体が選択される”人工淘汰”の真っ最中
という無残な状況に陥ってるわけだ。

>>348
>UNSCEAR(国連科学委員会)の出してる人間活動由来の
 総被曝量の数値だと、全世界でこれまで、ICRPで1000万人、
 ECRRで6500万人くらいは死んでいるって計算になるよね。
もう既に”人工淘汰”された数という事になるのか。

388 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/15(土) 21:38:56.60 ID:aM0u7ST+0
いけだのぶおか…

389 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/15(土) 21:41:02.54 ID:h9Bk0LkV0
いけのぶの炎上マーケティングが2chにまで!

390 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/15(土) 22:46:56.92 ID:h9Bk0LkV0
改めて日本財団の9/11のセッション見てるんですが、
酒井一夫氏のところで01:19:00の辺、福島の子どもの甲状腺被ばく量最大値が
0.1μSv/h(全身の等価線量?に換算すると50mSv/y)
とのことですが、これはどういう意味ですか?
通常、測定時点の被ばく量であれば、/hはつかないと思うんですが
どう考えたらいいのでしょうか。

http://www.ustream.tv/recorded/17196683

もし、/hをつけて考えるなら、この子供は、累積で何Sv被ばくしたのか
どうやって計算するのでしょうか。



391 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/10/15(土) 23:19:21.06 ID:jzEpP+Zz0
BB45_Colorado さんより。コピペですんまそん。
−−−−−
どうして、いま正に身の回りで起きている科学的な現象を言葉遊びに置き換えて、
自己暗示にかけようとするのだろうか。勝手に暗示にかかっている分はかまわな
いが、触れて廻るのは迷惑だし、滑稽だ。ここ10年くらいでそういった変な奴が
随分増えた。

(前略)最近、引っかけ問答、とんち問答、言葉尻をとらえようとする人が急に
増えてきた。時間の無駄だし、原子力災害で言葉の綾取りをしても無意味なので
止めてほしい。実測、シミュレーション、分析、法律との照合・妥当性以外意味
はない。神学論争してたら死ぬ
−−−−−

392 :地震雷火事名無し(神奈川県):2011/10/16(日) 02:36:20.18 ID:t+dwY41U0
>>390
仮に今の数字がずっと続くと仮定するなら、1時間辺り0.1μSvになりますの意味。
まさか1時間ずっと計測し続けてその数値を使えとか言うのか?

「累積で」が3.11以降今までの累積という意味なら、ヨウ素の分は推定困難。
「今Csから被曝している量」を逆算してCsとIの比率を考慮すれば過去の被曝量が推測できる、と言われてたがなかなか難しい模様。
#少なくとも被災者支援チームや文科省は過去の被曝量を試算する気がない
今後の累積量なら当然0.1*24*365*x(今後x年分)になるけど、今後0.1が続くと言う仮定が不確定要素すぎてあまり信用性のない累積値になってしまう。

393 :地震雷火事名無し(栃木県):2011/10/16(日) 08:31:22.92 ID:h0O5hI7h0
>>387
>人工の放射性物質に強い個体が選択される”人工淘汰”の真っ最中
>という無残な状況に陥ってるわけだ。
「淘汰」といえるかどうか、細菌を使った淘汰処理では、
99.9%が死滅する程度のX線照射(ドイツ)、発癌剤投与(日本)で行っている。
ここまでは死んでいないだろう。
ただ、チェルノと同じ汚染水準( >>381 )だとすれば、淘汰と言う言葉もあながち間違いではない。

394 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/10/16(日) 08:50:50.69 ID:a1DkD3Ir0
>>393
なるほど、了解です。

395 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/10/17(月) 11:42:04.69 ID:wJhtDam80
>>390
甲状腺に放射性ヨウ素が溜まってるかどうかのスクリーニング検査で、喉の部分に
ガイガーカウンターのような測定器あてて周囲よりどれくらい放射線値が上昇したか
を判断する検査です。

ヨウ素をどれだけ吸ったか、どれだけ食べたかは後からわからないので、甲状腺部
分にどれだけ放射線物質がたまってるかを計測します。

396 :地震雷火事名無し(滋賀県):2011/10/19(水) 21:30:13.23 ID:439iPcnW0
胎児期における被曝と知能の関係

仏独チェルノブイリイニシアチブ体制における研究では、
母親のお腹の中にいたときに被曝した子ども達には
神経系の病気や精神上の疾患がより高い確率で見られた。
この被曝した子ども達は、被曝していない同年代の
子ども達よりも言語面のIQが低い為に総合的なIQも低くなり、
バランスの悪い知能になる確率が高かった。
胎児期に被曝した子ども達の知能のバランスの悪さが25ポイントを
超える時、胎児の吸収線量と相関関係がある。
どちらのグループの子供たちの母親も、彼女らの言語知能について
差異はなかった。

Twenty Years after Chernobyl Accident
National Report of Ukraine p81より

Studies within the framework of the FrenchGerman Chornobyl Initiative have identified a higher
rate of nervous system diseases and mental disorders in prenatally exposed children. Exposed children had
a lower total IQ due to a lower verbal IQ and a higher rate of disharmonic intellect than unexposed
coevals. When this disharmony in prenatally exposed children exceeded 25 points, it correlated with fetus
absorbed dose. The mothers of children of both groups had no discrepancies in their verbal intellect.


397 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/20(木) 02:14:30.97 ID:BDyw71G40
>>396
> 胎児期に被曝した子ども達の知能のバランスの悪さが25ポイントを
> 超える時、胎児の吸収線量と相関関係がある。

これってつまり、被曝胎児とそうでない胎児の間で、
有意な違いは出なかった、ってことなの?

398 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/20(木) 06:54:18.00 ID:KxqAsX2X0
有意な違いが出たってことだろ。

399 :地震雷火事名無し(WiMAX):2011/10/20(木) 09:34:22.15 ID:xmy4SCew0

どうも大手メディア(朝日新聞?)の記者が、トンチンカンです。
これまで安全基準を書いてきたせいでしょうか、英国のNGOにすぎないICRP を
国際標準のように持ち上げ、蒸し返す質問に、児玉氏に「2000年のゲノム解読で
低線量の健康被害の考え方は一変している」と、諭されています。


400 :生タマゴ(北海道):2011/10/20(木) 10:48:28.84 ID:M9Kc7MkB0
マーシュ君のメッセージ50

では、あなたたちが気になっているほかの問題について話しましょう。
まず、日本の破損した原子炉からの放射能の長期的影響、
遺伝子組み換え食品、ワクチ ン接種、さまざまな汚染の有毒物質については
どうか心配しないでください。
光を吸収しているすべての人たちの細胞は、クリスタル(結晶)構造に
変化しつつ あります。
それによって、からだとこころと精神の健康的な機能を損なう
低い波動エネルギーのものはすべて”破棄”されるのです。

401 :地震雷火事名無し(大阪府):2011/10/20(木) 19:49:21.94 ID:NySw5E6O0
AMAZONで内部被曝関連の本にケチつけまくっている人がいるけど、
粘着っぽくて気持ち悪いね。
あんなところにも工作員っているのかな?

402 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/20(木) 20:21:13.31 ID:CGpy165k0
それは危険厨がケチをつけているのか、安全厨がつけているのかで話は変わる

403 :地震雷火事名無し(大阪府):2011/10/20(木) 20:29:08.30 ID:NySw5E6O0
>>402
難しいレビューを長々と書いて、ホルミシス効果信じてそうな人。

404 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/20(木) 20:32:58.86 ID:w+U7i9Yf0
AMAZON書評欄は工作員が良く出没するそうだ。
.comでも同じようなもんらしい。


405 :地震雷火事名無し(滋賀県):2011/10/20(木) 21:42:57.12 ID:SnkuOt6R0
>>397
ある程度以上の悪い結果には吸収線量と相関関係があるということ、
の意味で書いた。

全体の文脈は、母親に言語知能の差はないのに、胎児に
被曝した子とそうでない子に差が出たという話。

この箇所は、突然25pointとか出て来て、前後読んでもよく分からなかった。
本人の能力の限界ゆえの誤訳の可能性もあるので、他の人の意見もあると
ありがたい。

406 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/10/21(金) 23:04:21.67 ID:p1ihYfdc0
【原発問題】福島県の双葉町の2男児 内部被曝3ミリシーベルト
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1319197864/

407 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/10/22(土) 19:55:38.47 ID:7lwpU6pg0
>>203 を一部改訂(ちょー亀レスですんません)
3/12〜3/31における呼吸による内部被曝量

高崎市にあるCTBTのデータより 
http://www.cpdnp.jp/
3/14 は欠測。核種によっては(99mTc等)、他にも欠測日あり。
”人体への影響についての測定を目的とするものではなく” とあるので留意を。

換算は以下に従ってICRP基準で、18歳以上の人で、呼吸量を12[m^3/day]、とした。
http://guskant.github.com/bgs/efficace.html#internal

単位はそれぞれ、Bq(uSv) ベクレル(マイクロシーベルト)

140Ba : 4.26(0.022)  134Cs: 127 (0.84)   136Cs: 17.1(0.021)
137Cs : 119 (0.55)    131I : 297 (2.2)     132I: 171 (0.016)
140La : 22.0 (0.013)  99mTc: 22.6(0.0004)  129Te: 45.1(0.0017)
129mTe: 297 (1.96)   132Te: 399 (0.80)

核種によって体内での影響が様々であり、一概にSvで考察するのは何だかなぁと思ったので。
そんな訳で、Bqも表示。

408 :地震雷火事名無し(群馬県):2011/10/23(日) 15:59:21.19 ID:nfTDGV1r0
放出量についての訂正が10月20日にあったようです。

放射性物質放出量データの一部誤りについて
http://www.meti.go.jp/press/2011/10/20111020001/20111020001.html
http://www.meti.go.jp/press/2011/08/20110826010/20110826010-2.pdf

変更点は、Te-131m、Te-132、I-132、I-133、I-135、Sb-129、Mo-99の7種。
Te-132は、0.76から88PBq、I-133は、0.68から42PBqと、値が二桁も変わっているものもあります。

これまでの発表では、テルルの値が余りにも小さ過ぎ、
実測値との乖離が大きいことに疑問を問う声も少なくなかったと思いますが、
今回の発表は、それを裏付ける訂正になっているようです。

ところで、テルルは放射性ヨウ素に崩壊するという点で、甲状腺への被曝を考える上で重要となります。

Te-132(3.2日, β-) → I-132(2.3日, β-)→ Xe-132(安定)

I-133(20.8時間, β-) → Xe-133(5.2日, β-) → Cs-133(安定)

http://environmentalchemistry.com/yogi/periodic/I-pg2.html#i132

これまでは、甲状腺への被曝として、放出量の多かったI-131(160PBq)が重視されていたと思います。
さらに、Te-132/I-132(88Bq)やI-131(42Bq)などの放射性ヨウ素類が同程度の規模で放出されていたとなると、
これまで、初期の甲状腺の被曝推定量は、およそ半分程度に過小評価されていたことになります。

問題はいずれも短寿命核種であるため、いまから検出して初期の放出量を推定することは困難かもしれませんが、
CTBTなど各所で測定された値から、およその検討をつけることは可能かもしれません。



409 :地震雷火事名無し(群馬県):2011/10/23(日) 16:05:24.16 ID:nfTDGV1r0
>>408
訂正
Te-132/I-132(88Bq)やI-131(42Bq)

Te-132/I-132(88PBq)やI-131(42PBq)

410 :地震雷火事名無し(山形県):2011/10/23(日) 16:15:17.16 ID:JZrVrF4k0
また後出しか…

甲状腺癌になるかな?

411 :407(dion軍):2011/10/23(日) 23:23:50.52 ID:Y01PcN7H0
>>408,409 多謝
そっかー ベクレルで比べると、ヨウ素131 とテルル132 が同桁になってるもんね。
ICRP基準で、ベクレル→シーベルトに換算すると、全部マイクロシーベルト以下に
なったので、うっかり ”外部被曝の方が心配” と注意がそれてましたよ。

412 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/23(日) 23:59:14.69 ID:zOA58yxr0
ECRRだとテルル132が一番多くて、ヨウ素131、
バリウム140、ストロンチウム90、セシウム137の順になるな。

セシウムより被曝多いものいっぱいって‥。

413 :地震雷火事名無し(青森県):2011/10/24(月) 00:02:53.64 ID:Dk7BoEtT0
123 : 名無電力14001:2011/10/23(日) 20:49:22.00
ペトカウ効果vsホルミシス効果w

124 : 名無電力14001:2011/10/23(日) 23:38:53.27
ペトカウもホルミシスもおそらくは両方とも現実のもの。
低線量被曝が長期間続いた場合には前者の、比較的短期間断続的に被曝した場合には後者の、それぞれの影響が
顕著に出てくるのではないか、とか勝手にモデル化してみたりw

414 :地震雷火事名無し(愛知県):2011/10/24(月) 18:16:42.14 ID:ebe/vw1d0
原理的に考えてもそうでしょう
そもそも放射線障害ってのは複合的なもので 一つではないですし

人に銃を向けて撃った時、皮膚をかすればホルミシス効果も期待できる
しかし脳や心臓に当たれば致命傷になる


まあ実際の放射線の場合は、修復遺伝子損傷から癌発生まで
かなり長い時間がかかりますから 一発で致命傷を負った時でも
即死にはならないでしょうが

415 :地震雷火事名無し(千葉県):2011/10/24(月) 23:43:42.87 ID:5RQ99W+P0
40年以上原子力の危険性に対して警告を発し、不断の努力を重ねてきたグロイブ氏は、
著書である『ペトカウ効果‐人間と環境に対する放射能の破壊的な影響』を通して国際的に知られている。

グロイブ氏
「最小の線量でリスクの可能性があることを示すものなんだ。ところが国際放射線防護委員会(ICRP)は、
今でも『線量が半分になれば影響も半分』というモデルを使っている。実際は、
このグラフの左端にある最小の線量でも危険なのだよ。高線量を短期間浴びるよりも、
長期的に(低線量を浴びる方が)より危険である可能性があるんだよ」

(同時にグロイブ氏は医療放射線の極小な線量が有益である場合もあるとし)

グロイブ氏
「(でも)私はラドン温泉には決して行かない」
http://www.asyura2.com/11/genpatu15/msg/116.html

>(同時にグロイブ氏は医療放射線の極小な線量が有益である場合もあるとし)
これホルミシス効果の事なのかな

416 :地震雷火事名無し(群馬県):2011/10/28(金) 04:03:09.91 ID:dXPd+yhy0
>>411
10月27日の新聞報道にもありましたが、セシウムについても、もっと多いだろうという報告があったようですね。
放射性物質放出量、政府推計の2倍か (2011年10月27日03時11分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20111027-OYT1T00072.htm

原子力安全・保安院の発表では、Cs-137の放出量は15PBq(ペタベクレル, 10^15Bq)となっていましたが、
A. Stohl et al. (2011)によれば、日本や北米、その他の地域の測定データから大気輸送モデル(FLEXPART)を用いたところ、
Cs-137の値は35.8PBqと見積られ、これは保安院の発表した値の約2.4倍で、チェルノブイリの4割にもなる大きな値です。

「For 137Cs, the inversion results give a total emission of 35.8 (23.3–50.1) PBq, or about 42% of the estimated Chernobyl emission. 」
A. Stohl et al., Atmos. Chem. Phys. Discuss., 11, 28319-28394, 2011
http://www.atmos-chem-phys-discuss.net/11/28319/2011/acpd-11-28319-2011.html

さらに、Xe-133は16.7EBq(1.67×10^19Bq)と、保安院の発表(1.1×10^19Bq)に比べて約1.5倍の値です。
これはチェルノブイリで放出されたXe-133(6.5×10^18Bq)の約2.6倍という値です。
論文では、Xe-133とCs-137しか計算していないようですが、他の核種の放出量も気になるところです。

もっとも、日本の場合は太平洋へ流れた部分も大きいので、一概にチェルノブイリと比べるとこともできませんが、
A. Stohl et al. (2011)では、4月20日までに全放射性降下物の19%が日本の国土に降り積もったと推定しています。

Nautureにも、土壌汚染を測定してきた神戸大の山内和也教授の発言もあり、
太平洋へ流れた放射能を考慮することが実際の事故のサイズを得るのに重要とのことです。

Japanese estimates rely primarily on data from monitoring posts inside Japan3,
which never recorded the large quantities of radioactivity that blew out over the Pacific Ocean,
and eventually reached North America and Europe. "Taking account of the radiation that has drifted out
to the Pacific is essential for getting a real picture of the size and character of the accident," says Tomoya Yamauchi,

Geoff Brumfiel, Nature 478, 435-436 (2011)
http://www.nature.com/news/2011/111025/full/478435a.html

417 :地震雷火事名無し(群馬県):2011/10/28(金) 04:29:39.68 ID:dXPd+yhy0
>>416
もうひとつ、Natureの指摘で重要な点は、最新の解析から、地震直後、津波でやられる前に、Xe-133の放出が始まっていた証拠があり、
このことが意味するのは、津波がなくとも、地震だけでプラントが壊れた可能性が十分にあるだろうとのことです。

The latest analysis also presents evidence that xenon-133 began to vent from Fukushima Daiichi immediately after the quake,
and before the tsunami swamped the area. This implies that even without the devastating flood,
the earthquake alone was sufficient to cause damage at the plant.

Geoff Brumfiel, Nature 478, 435-436 (2011)
http://www.nature.com/news/2011/111025/full/478435a.html

418 :地震雷火事名無し(群馬県):2011/10/28(金) 05:53:48.28 ID:dXPd+yhy0
>>416
Nautureの指摘で少し疑問に思うのは、原子力安全・保安院/日本政府がIAEAに報告した値と、
A. Stohl et al. (2011)の見積りの違いを、太平洋への放射能の流出としているところです。

まず最初に、そもそもの根本的な違いとして、解析方法がまったく異なるという点が挙げられます。
放射性物質の放出量を見積もるために、東京電力は、MAAP(Modular Accident Analysis Program)、
原子力安全・保安院は、MELCOR(Methods for Estimation of Leakages and Consequences of Releases)
というシビアアクシデント解析コードを用いています。

添付IV-2 東京電力株式会社福島第一原子力発電所の事故に係る1号機、2号機及び3号機の炉心の状態に関する評価のクロスチェック解析
http://www.kantei.go.jp/jp/topics/2011/pdf/app-chap04-2.pdf
原子力安全に関するIAEA閣僚会議に対する日本国政府の報告書
http://www.kantei.go.jp/jp/topics/2011/iaea_houkokusho.html

この解析コードに、どれくらい実測値を入力するのか分かりませんが、
基本的には、事故による原子炉の破損具合を見積もることで、放出量を推定するという方法です。

一方、A. Stohl et al. (2011)は、日本や北米など各所で実際に測定された放射能の値から逆算するという方法です。
このふたつの解析手法は、それぞれ、長所と短所を併せ持つアプローチで、両方をうまく統合して考える必要がありそうです。

419 :地震雷火事名無し(神奈川県):2011/10/29(土) 10:52:24.07 ID:wmPvmJnM0
>>417
地震直後に配管等破損した可能性については、東電がずーっと否定してますな。
#保安院も追認。10/28に会見を行った大前氏も同様に「配管等の破損はなかった」と解析

将来的に「スマンやっぱ壊れてたwww」となるかもしれないけど、現状としては否定、と。

420 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/29(土) 11:12:09.44 ID:oMaiY7nkP
地震直後のNHKのニュースで、
原発から避難してきた作業員が、
配管から水がたくさん噴出していて、
ヤパイ水だと思ったからとにかく逃げた、と言ってた。
当日は何回か放送されたけど、その後聞かなくなった。
あれは絶対津波が来る前だと思う。
地震が起きたとき原発にいて避難した人だから。
NHKには映像があるはず。誰か録ってないかな。

421 :地震雷火事名無し(茸):2011/10/29(土) 11:16:35.20 ID:mkurO4PN0
そんな話聞いた記憶あるわ。

422 :地震雷火事名無し(WiMAX):2011/10/30(日) 04:37:53.02 ID:kZwhoUsO0
数十秒程度の震度7より、1分以上の震度5や6のほうが
地盤や建物へのダメージが大きいのは、ほぼ証明済
原発は地震の時点で逝ってた可能性は高い
ただ、そこから健康被害へ話つなげられる?

423 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/30(日) 05:57:53.64 ID:R5v7PNtO0
●福島第一原発は地震で逝っていた
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/atom/1304216342/
地震直後に配管の倒壊・破断・大量漏水・破裂音・機器倒壊・地割れ・液状化・建屋から黒煙(作業員証言)
圧力容器の圧力と水位は当日夜までに激減し、かわりに外殻の格納容器の圧力が上昇
これは圧力容器が破損した事を示している
3/11夜から放射能は漏れ続け、炉心由来のヨウ素・γ線などが3/11 4時から検出されている
保安院は3/11 6:10会見でこれらの放射能漏れを内部でのなんらかの破損によるものと示唆している
●地震後 配管破断、大量漏水(1号機)  
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110316-OYT1T00550.htm
東日本巨大地震が発生した11日、東京電力福島第一原子力発電所で、稼働中だった1号機棟内にいた男性作業員
の証言から、建物内が激しく損壊した様子が初めて明らかになった。
(略)「立っていられないほどの強い揺れ。横向きに振り回されている感じだった」。地震発生の午後2時46分。
上階で作業用クレーンや照明などの機器がガチャンガチャンと激しくぶつかり合う音も聞こえた。
「これは普通じゃない揺れだと直感した」建物内の電気が消え、非常灯に切り替わった。「その場を動かないように」
という指示が聞こえたが、天井に敷設されていた金属製の配管の継ぎ目が激しい揺れでずれ、水が勢いよく流れてきた。


424 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/10/31(月) 17:00:46.24 ID:QZfMsEvq0
 
チェルノブイリの健康被害、事故の4〜5年後から 心臓病、脳梗塞、糖尿病、免疫不全が増加
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011103102000165.html
http://megalodon.jp/2011-1031-1655-38/www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011103102000165.html


425 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/10/31(月) 17:16:46.36 ID:/RRxoTId0
>>424
ナロジチはいまだに11万bq/kg超のキノコ食ってる人がいるところだからな……。

426 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/31(月) 17:23:29.23 ID:KJqiThqn0
>>425
あれも、全員がそんなに食べてるかの統計は取ってないんだよな。
どうも実態がわからなくて歯がゆい。


427 :地震雷火事名無し(内モンゴル自治区):2011/10/31(月) 17:43:28.92 ID:DU38aNeHO
福島だって山でとれたキノコを食べてる農村だって紹介されるぞ
チェルノでも被害があったのはそんな農村だけじゃなく札幌とか仙台みたいな普通の町・都市は山ほどあるんじゃないか?

428 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/10/31(月) 18:55:42.88 ID:QZfMsEvq0
テレビの旅番組とかじゃ群馬観光と味めぐりみたいなのやってて、
地元のキノコやら栗やら山菜やら食い放題食ってるけど、
まあ、あんな番組見てる奴らなんて新陳代謝ゼロのジジババばかりだから
放射能食物食ったって屁でもないわな。

429 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/31(月) 19:26:37.89 ID:KJqiThqn0
>>428
そういえば、土曜のグルメ番組みたいので、こないだは奥多摩で鹿食ってたな。


430 :地震雷火事名無し(茸):2011/10/31(月) 19:27:12.44 ID:E/QlOtpw0
50越えたら即死級でない低染量被爆はさほど影響が無い。
代謝が悪いから害が出るのが遅く、害が出る前に寿命らしい。

431 :地震雷火事名無し(東京都):2011/10/31(月) 23:14:32.21 ID:DUTL+4yo0
20代は?

432 :地震雷火事名無し(茸):2011/11/01(火) 07:56:27.15 ID:6Kwu+Hki0
>>431
大いに影響あるよ。
何せ30年後でもまだ50代だからね。
癌は若ければ若いほど侵攻が早いから。

433 :地震雷火事名無し(東日本):2011/11/01(火) 09:15:50.13 ID:wy7QP9ik0
>>420
確かHNKは震災直後の報道で原発に関する情報に触れるときは
ハッキリと「地震による影響で〜」と言っていたはずだが・・・

434 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/11/01(火) 09:53:03.06 ID:ALTHld5l0
>>430
その説が通るのは
癌の場合だろ

実際には
早く始まる老化現象
脳の異常
心臓疾患

年寄りは大きな影響を受けるよ

435 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/01(火) 18:13:46.30 ID:0HfOuzUC0
>>432

でも癌の場合は定期的に検査受ければ大丈夫だし
ECRRモデルでも癌死率は1%以下だよね?
そこまで心配しなくてもいいのでは?
また生きている間、医療技術も発展してるだろうし

436 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/11/01(火) 19:38:43.09 ID:3Rqh8VGm0
>>435
検査受けたら癌にならなくて済むわけじゃないし

437 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/01(火) 19:40:47.50 ID:BgX57jv80
>>435
いまどきこんなアホなこと書くのは工作員じゃないの?

438 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/01(火) 20:02:03.96 ID:0HfOuzUC0
どこがアホなの?論理的に反論はできないの?

439 :地震雷火事名無し(茸):2011/11/01(火) 20:36:27.91 ID:6Kwu+Hki0
ガンだけが発生する訳じゃないからな。

440 :地震雷火事名無し(WiMAX):2011/11/01(火) 22:09:33.99 ID:AI1A6CXs0
毎度毎度の(東京都)さんw
以後放置で桶

441 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/11/02(水) 00:08:47.33 ID:0qsSn0nc0
テルル129m と、銀110m の土壌への蓄積を示す汚染マップを発表−文部科学省10月31日−
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/distribution_map_around_FukushimaNPP/0002/5600_103120.pdf

また核種が増えたので、とりあえず貼っとくね

442 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/02(水) 03:32:57.94 ID:w69thaRr0
毎度毎度の(WiMAX)さんw
以後放置で桶

443 :地震雷火事名無し(愛知県):2011/11/02(水) 06:40:04.65 ID:cXUN2Hzw0
なんだ、聞きたかったわけじゃないのか

444 :地震雷火事名無し(千葉県):2011/11/02(水) 09:02:15.75 ID:1XE8PAwd0
”癌が発生する”ではなくて、”癌その他の疾病を発生させられる”のが問題なのさ。
他人から病気にさせられる事を望む人は居ない。
しかし、事故を原因とする癌を100人に1人が罹患する事態となった。
国策として国民にクジを引かせ、”当たり”を引いたら癌にされる訳だ。
その他疾病も含めればさらに”当たり”の数は増えるだろう。
当たりを引くのは誰なのか。
そこには十分な教育も完了せず、知識も持たず、社会的に影響力と責任を与えられない、
そうであるからこそ無条件で保護されなければならない筈の子供たちまでが含まれる訳だ。


445 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/11/02(水) 10:41:56.56 ID:0qsSn0nc0
>>444
激しく同意
蛇足ながら、
引かされるのは”ビンボークジ”ですから、健康と命を賭けた。
さらに言うと、
ほとんどの場合、”癌になって助かる”とは、”元の健康体になる”事ではないから。

446 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/02(水) 11:12:19.19 ID:D4pSnD5p0
>>444
ゲノム解析したら、当たる確率がわかるんじゃないだろうか?

447 :地震雷火事名無し(茸):2011/11/02(水) 11:22:37.26 ID:0UAPGs7J0
後に被爆とは関係なくガンになったとしても「あの時の原発事故が原因」と思っちゃうだろうな。

448 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/02(水) 11:30:00.93 ID:D4pSnD5p0
>>447
そういう精神的負担も東電と政府の責任だよ。

449 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/02(水) 19:40:20.96 ID:w69thaRr0
ぶっちゃけ、IPS細胞応用できたらなんの心配もなくなるけどね

450 :地震雷火事名無し(茸):2011/11/02(水) 20:15:00.33 ID:yc4iyeMr0
再臨界ですか。
やっぱ避難してて正解だったかな。

451 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/02(水) 20:47:44.63 ID:w69thaRr0
>>450
どこに避難したの?

452 :地震雷火事名無し(青森県):2011/11/02(水) 21:13:14.59 ID:IQ4dT/Uu0
>>449
そんなこたあない。傷ついた遺伝子は次世代に受け継がれる。
生殖細胞の遺伝子そのものを治療対象とするのは、当人にとってみれば養子を迎えるようなものだからなあ。そんな
治療は流行らないだろうなあ。

453 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/02(水) 22:01:20.38 ID:iThPPbqz0
妹の地震予知
http://www.asyura2.com/11/cult8/msg/280.html


454 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/02(水) 22:04:11.63 ID:w69thaRr0
>>452
それは国によるだろうな
俺は構わず遺伝子いじるけど

455 :地震雷火事名無し(東日本):2011/11/03(木) 09:25:07.24 ID:qSWDcpC60

政府・学者「原発は安心・安全」
       ↓
政府・学者「メンゴメンゴ、やっぱ危険だわ」



政府・学者「遺伝子治療は安心・安全」
       ↓
政府・学者「メンゴメンゴ、やっぱ危険だわ」

456 :地震雷火事名無し(千葉県):2011/11/03(木) 11:50:41.03 ID:v5bfoFqN0
治療技術の進歩は大変喜ばしい事だろう。
しかし、医療費、その他の負担は誰がどのように担うのかという問題がある。
病気になったら治療すれば済むというのは社会的観点から見ると間違いだろう。
暴力が横行しても治療すれば問題じゃないかと開き直ってるのと同じだからね。
病気を未然に防ぐに越した事はない。
しかし、被曝による病気のリスクと発症防止方法、治療方法が充分に確立されていないのが現状。
もちろん研究は急いで進める必要がある。
医療費の問題をどう解決するのかについても。
しかしそれらが解決されるのは未来の話。
現実に目を向けた場合、現状においては被曝を抑える事を優先すべき状況なのではないかと。


457 :地震雷火事名無し(千葉県):2011/11/03(木) 11:52:54.61 ID:v5bfoFqN0
>問題じゃないか

>問題ないじゃないか

の間違い。


458 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/03(木) 12:03:33.86 ID:R5/W6kFi0
興味深いtogetterがあったので参考までに。

YOKAさんとの会話ウクライナの状況
http://togetter.com/li/208537

柿沢議員@ウクライナ
http://togetter.com/li/199975

ベラルーシとウクライナ 食品制限の違いと人口動態
http://togetter.com/li/207124

ウクライナとベラルーシの食品基準の変遷
http://togetter.com/li/208694


459 :地震雷火事名無し(千葉県):2011/11/03(木) 13:09:29.37 ID:cZU3PG8J0
がん治療の進歩ってすごくスローだよね


460 :地震雷火事名無し(愛知県):2011/11/04(金) 08:23:40.32 ID:Q/AG87Nc0
自分の細胞が相手だからね
そのせいで免疫も効きが悪い

判別しにくく、また免疫から逃れる術も知ってるのでタチが悪い

461 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/11/06(日) 00:27:01.26 ID:x4Ki6pbp0
”南相馬の乳幼児の7%、尿から放射性セシウム”
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=49699&from=tb
@study2007さんたちによる分析は以下に
http://togetter.com/li/209944
↑を参考に、実効半減期をTとすると、セシウムの摂取と排泄が平衡して(サチって)いるとき、1日に尿から出る量に対して、
T÷log2÷0.82=1.76T倍 が体内に蓄積している計算になるのか?
T=20日(乳幼児)とすると、
187×1.76×20=6,600Bq! 
みんな、早く逃げれ!! お願いだ!!!

462 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/06(日) 01:04:03.11 ID:KNxScoLf0
>>461
単に体重×kgあたりベクレル数で良いのではないかと。
体重6kgで1000Bqってところか。
一見少ないようだけど、187Bq/kgという数字は多分結構アウトなのでは。

463 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/06(日) 01:05:34.85 ID:zNa5b9Z70
100Bq以内には下げるって政府言ってるじゃん
信用しろよ

464 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/11/06(日) 01:29:06.27 ID:x4Ki6pbp0
>>238

465 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/06(日) 01:33:47.83 ID:4xPj/w1f0
>>461
なんかこの民間検査会社が変だとか
検査方法がおかしいとかいう話の流れになってると思った。
様子見が良いのではないだろうか。

466 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/11/06(日) 01:41:54.44 ID:x4Ki6pbp0
>>465
そですね。失礼しました。測定値自体が、、、ですものね。

467 :地震雷火事名無し(福島県):2011/11/06(日) 09:54:07.86 ID:w3LGsSMk0
検査してるところがあやしいんだけど
そもそももっと測定されているべきじゃないのか…

468 :地震雷火事名無し(福島県):2011/11/06(日) 12:20:20.96 ID:w3LGsSMk0
平成21 年度放射線影響情報文献レビュー
http://www.rea.or.jp/oia/wp-content/text/02/H21radiation-effect-review.pdf
台湾のコバルト60マンションについて調べてたら見つけた

469 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/06(日) 18:56:15.10 ID:D1QrlasP0
メニエール病って関係ありますかね?

470 :地震雷火事名無し(三重県):2011/11/06(日) 19:21:52.73 ID:HPt3VhkC0
>>459
現状のところで、外科医や抗がん剤メーカーがおいしい目を見てるからじゃね?

471 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/11/06(日) 22:47:03.34 ID:Rvk8pBMIO
>>469
すべて関係あるんじゃない? 免疫力を放射能は破壊してるわけだし。

472 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/06(日) 22:53:31.32 ID:ornHRt+D0
>>469
ないと思います。
物理的な耳管の病気ですから。

473 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/06(日) 23:05:59.36 ID:MQUhqzu00
>>472
そう言えばそうだったな。
小石が詰まるみたいなメカニズムが最近判明してたはず。
放射線は関係ないだろう。

474 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/06(日) 23:11:32.23 ID:MQUhqzu00
>>461
1964年のデータを単純に当てはめると、
尿中Cs濃度の110倍ぐらいが全身Cs量になる。
だから全身Cs量は、187Bq/L*110=20570Bq になる。

仮に児童の体重が16kgだとすれば 20570/16=1286Bq/kg
なんと身体1kgあたり1286BqのCs汚染ってことになる。

数字はちょっと違うけど、早く逃げろってのは同意だ。

475 :地震雷火事名無し(青森県):2011/11/06(日) 23:21:25.21 ID:mahlDVa60
集団の遺伝子全体としてみれば、障害の生じた個体の生殖可能性が低下することで、損傷した遺伝子は集団から
取り除かれ、長期的には集団の遺伝子資産に大きな被害は生じないものと思われる。
しかし、ベラルーシの一地域のように健常児として生まれる割合が15%とかいう状態が生じたらどうか。

遺伝子治療が導入されるとすれば、まずは各個体が持つ障害を克服するのに用いられるだろう。もし、障害個体
の生殖可能性が回復してしまうと、損傷遺伝子が淘汰されるまでの所要期間が延びてしまうことになりかねない。

476 :地震雷火事名無し(千葉県):2011/11/07(月) 00:12:44.40 ID:sRaj9Yat0
アトピーと気管支喘息が悪化して辛い。もうだめorz(@千葉市)

477 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/11/07(月) 00:36:57.45 ID:a6QkAfXO0
>>474
児童の場合、乳幼児より実効半減期が大きいので、T=70[日]とすれば(大人は100日位)
1.76×T=123.2 全身Cs量は尿中Cs濃度の約120倍。で、そんなに違わなくなる。
(ただし、1:摂取量と排泄量が平衡  2:1日の尿量は1L を前提とする)

数字の違いは、実効半減期の違いによると思うんだけど、、、

478 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/07(月) 00:56:50.20 ID:89/bUB5z0
>>477
ほうほう。面白い。
おいらの数字はすごく単純な実測値だけだよ。

1963年の日本へのフォールアウトのデータを参考にしたんだ。
http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_Key=09-01-04-11
翌年1964年には成人男子の尿中Cs137濃度が4.81Bq/Lというピークに達した。
http://www.rist.or.jp/atomica/data/pict/09/09010411/04.gif
同時に成人男子の体内Cs137総量も531Bqというピークに達した。
http://www.rist.or.jp/atomica/data/pict/09/09010411/05.gif
当時の成人男子の体重は58kgぐらいだから、身体1kgあたりのBqは531/58=9Bq/kgだね。

あと531/4.81=110から、尿中Cs濃度の110倍が全身Cs量になると読んだわけ。
この110倍って数字は大人でも幼児でも同じだろうと思うわけよ。
体重と尿量の比はほとんど変わらないだろうからね。

479 :地震雷火事名無し(京都府):2011/11/07(月) 02:33:26.00 ID:bTGps1Lc0
@首都圏から逃げ遅れれば、いずれは呼吸器の癌―喉の痛みや鼻血が意味していること 
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/561.html
A首都圏における低線量被爆の症状−各地で報告される貧血・白血球の減少が意味すること 
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/618.html
Bセシウムで心臓・血管が傷つけられ、高血圧・虚血性心疾患・動脈硬化・脳卒中
 http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/707.html
C首都圏で手足口病・マイコプラズマ肺炎が激増している背景
−放射能で微生物生態系が「沸騰」し、B・C型肝炎も劇症化へ
 http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/717.html
Dこれから首都圏で予想される子供の老衰症状−ハゲ・脱毛・老眼・難聴・骨そしょう症−平均寿命は40歳へ 
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/741.html
E首都圏における早産の多発―将来は、男性はインポ・無精子症、女性は若くして閉経 or70歳で乳が出る 
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/781.html
F健康な歯を持つ子供は9.1%−1歳児で虫歯が多発。将来は、歯牙腫・歯周病が激増
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/845.html
Gチェルノブイリエイズ―汚染エリアの子供はCs-137で胸腺が破壊されてリンパ球T細胞がない状態(免疫不全)
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/115.html
Hチェルノブイリハート:福島なら翌年から、東京なら4−5年後から、
脊柱側弯症・多指症・兎唇などの奇形児と堕胎の増加
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/253.html

480 :地震雷火事名無し(東日本):2011/11/07(月) 04:31:59.65 ID:3zj8dDNR0
【汚染ゴミ】児玉龍彦・金子勝【セシウム米野菜】
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/lifeline/1320581003/


481 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/11/07(月) 22:00:24.14 ID:a6QkAfXO0
>>478
生物学的半減期あった(初出の方、ありまと):
”国際放射線防護委員会(ICRP)の放射性核種の体内摂取に伴う線量評価モデルについて”
 ↓の15ページ
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000001cyyt-att/2r9852000001cz7c.pdf#search=
から再計算すると、
成人男子だとT=110日で、全身Cs量は尿中Cs濃度の約190倍−注1
1歳児  ではT= 13日で、全身Cs量は尿中Cs濃度の約 23倍−注2
注1:平衡している、という前提なので実際はこの計算より低めに出ると思う。
注2:放射線の、小児に対する影響>成人に対する影響 を考慮すべきで、少ないから安心と言うつもりは決してない。

482 :481(dion軍):2011/11/08(火) 00:05:56.26 ID:a6QkAfXO0
あ、
ソースの”コンパートメントモデル”だと、サチっていると言う前提は必要なくて、
もっと単純に尿中Cs排泄量から全身Cs量を概算できるみたいだ。
だから結局、さっきの計算は、、、大まかには間違ってないか。
…すみませぬ。

483 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/08(火) 00:12:25.19 ID:aGSsrpBN0
>>481
実に興味深い!
Tはほぼ体重に比例するのだな。

484 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/08(火) 00:13:12.10 ID:AbhCc+p10
これは参考になる?
http://togetter.com/li/205066
セシウム137の蓄積量をエクセルでみてみよう

485 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/08(火) 00:17:57.45 ID:AbhCc+p10
体内のカリウムとセシウムをコップに入れてみると?
http://togetter.com/li/184872


486 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/11/08(火) 01:10:01.33 ID:+ojkL3QC0
>>484
ありがとうございます(ソースが一緒すが)。
>>485
カリウムとセシウムの違いは、このスレでも話題になっていたっすね。
http://togetter.com/li/188120 ←@study2007さん

487 :地震雷火事名無し(大阪府):2011/11/08(火) 01:10:02.37 ID:DbCm3qUj0
<がん細胞>近赤外光で破壊 マウスで成功 米チーム
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/science/cancer_research/?1320624376

101歳からiPS作ったら、若返り効果も抜群
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20111105-OYT1T00694.htm?from=navr

488 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/11/08(火) 23:36:42.44 ID:+ojkL3QC0
>>484
ご紹介先を拝読。
計算は大変勉強になりますた。で、個人の感想ですが、
>たまに高濃度の食品を摂取しても、生物学的半減期3回分程度でもとにもどります。
 子どもの場合は生物学的半減期が短いので、あまり大変な事態にはなりません。
          ・・・
>134も今は、同程度存在するんですが、長期間の汎用性を考えると、あっさり無視して、
          ・・・
>ですね。なので尿からよりはWBCという話になるのでしょうね。
          ・・・
とかは、なんつっかなーな感じ。
もひとつ、シーベルトまで換算してしまうとせっかくの計算が、、、な感じ。

>>478
実測データ、大変ありがとうございます。お礼が遅くなりますた。
大人で尿量の大凡100倍の全身被曝、と理解しますた。

489 :地震雷火事名無し(青森県):2011/11/09(水) 05:00:08.17 ID:Qxikd/1f0
確かにセシは高速に排泄されるんだろうが、ストロンは子供がよく吸収して、生物学的半減期も50年だっけ?
>>481の資料からは身体全体からの排出速度定数を読み取れなかったもので)
ICRPの評価とECRRの評価の違いがあまりに大きすぐる。どーなのよ?
ストロンの検査なんて出来るところが限られてしまうから、食品の基準値を作れないのかな?
ストロンはセシの量に比例するとは言い切れないが、ストロンを一定割合で含むと最大限安全側に仮定して、セシの量で評価
する基準値を作れないものかな。ECRRベースでさ。ストロンを溜め易いたぐいのものはそれなりに厳しくしてさ。

490 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/09(水) 06:39:11.25 ID:S0msE3uk0
東電の記者会見でそれをフリー記者が質問したら
いきなり逆切れ!フリー記者は出入り禁止宣告
(p)http://live.nicovideo.jp/watch/lv69931605
1時間33分から

これはかなりひどい



491 :地震雷火事名無し(東日本):2011/11/09(水) 14:02:07.55 ID:0vEnk30s0
ECRRも政治色が強すぎて今ひとつ信用できない。

492 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/09(水) 14:27:09.33 ID:YoNG81ZE0
>>491
政党との結びつきのこと?
人々の命と健康を守ろうという目的なら、別に政党と関係が深くても
いいのではないの?
それが金と権力目的なら批判すべきだけど。

493 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/11/09(水) 14:55:37.69 ID:QBEMuEK/0
ECRRの問題は、政治色もないわけじゃないが、「ありったけの仮説をすべて数値に
盛り込みました」的なものだからなぁ。セカンドイベントセオリーやホットパーティクル
など、すべて本気にした数値を絶対のものとするのはどうかと。
まあ、健康問題だから、なるべく過剰に見積もっておくというのは悪くないけど、それ
にしても、という気はする。

>>492
ECRRの代表者が国内でアヤしいサプリ発売してますね。
騙されてる可能性はあるけど、本人に確認取ってるのに、放置中なのはちょっと信
頼感にかける。

494 :地震雷火事名無し(山形県):2011/11/09(水) 15:04:08.11 ID:opQ+ILr90
>>493
カルマグは自分らが出してるものを飲んだら効果あるけど
でも市販のやつでも効果はかわらないし、費用はずっと安い
だから自分達が出してるやつでも市販の(費用が安い)やつでもいいから飲んどけ

っていつかのつべ動画で言ってたね
市販のやつでもいいって言ってるところから悪徳商法の臭いは感じられない

495 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/09(水) 15:06:16.83 ID:YoNG81ZE0
>>493
ECRRを批判するならそっちの文脈だよね。
政治色というのがわからんかった。

私はECRRに関しては、方向性を評価しつつ様子見な感じ。


496 :地震雷火事名無し(茸):2011/11/09(水) 16:10:38.32 ID:Ft1X0+qB0
誰かガイガ測定値の投下スレたててくれ

497 :地震雷火事名無し(SB-iPhone):2011/11/09(水) 17:21:20.99 ID:g05j+eYzI
>>476
今年春からみんなとんでもなく悪化してるってさ

498 :地震雷火事名無し(家):2011/11/09(水) 17:38:00.13 ID:GKkugZB+0
例の根戸近辺在住で、いたって健康だが、毎日毎日この板を眺めてガクブルしてる・・・

499 :地震雷火事名無し(東日本):2011/11/09(水) 19:29:20.34 ID:F90MccyZ0
>>495
ECRRの政治色に関しては
@そもそもECRRは市民団体に過ぎず、あくまでも私的組織である
A発足には緑の党(環境主義政党、シーシェパードの思想的母体)が絡んでいる
このあたりが問題視される原因になっているのではないかなと。
つまり環境原理主義者たちが福島の事故を「世界を反核の流れに持ち込む好機」と考え
積極的に─あるいは過剰に─危険性を煽っているのではないか?という疑念を掛けられがちだと。

また、バズビー博士の主張にも事実と異なる点が見受けられ
例えば下記の件─wikiの「欧州放射線リスク委員会」の項目より転載。

>ECRRは英国の核実験退役軍人が国防省を訴えた裁判で原告側に協力している。
>ECRRのクリス・バズビーは、OurPlanetTVの取材に対してすべてのケースで原告が勝利し、
>すべての陪審員・裁判官がICRPよりもECRRの基準を支持したと主張しているが[8]、
>実際には核実験と健康被害の関連性を証明することができないとして10の代表事例のうち9までが聴聞を行う以前に棄却されており、
>ECRRの基準が支持されたと言うことはできない[9]。現在は原告側が棄却を不服として最高裁で争っている。
http://www.guardian.co.uk/uk/2010/nov/22/british-atom-bomb-veterans-appeal

こういうことも相俟って「ちょっと全面的には信用できない組織かもなぁ…」と思われてしまうのでしょう。

500 :地震雷火事名無し(WiMAX):2011/11/09(水) 19:54:38.86 ID:IqXQLkON0
>>493
ECRRが、ありえる仮説を全部入れて防護側に振ってるのは、
放射能を比較的低コストで予防できる『平時の』基準としてはありかなと思うけど、
今の東日本のように、既に汚染された状態で、避けるのにもコストがかかる場合に
全部受け入れるのは、ちょっとお花畑過ぎると思う。

最低限、ICRPの厳守をベースして、ECRRが出してる個々の仮説で、
比較的信頼できそうなものを選んでく方がまだマシかな。

501 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/11/09(水) 21:23:58.96 ID:ADx+U+Zu0
ストロンチウムは骨に、セシウムは筋肉(心臓も筋肉だよね)に蓄積される事は既知。
つまり両者は生物学的影響が異質。
なのにベクレルをシーベルトにして、単純に足し算できてしまうのがICRPの限界。
今現在確かな基準が無いからと言って、様子見しながら日々内部被曝を重ね、ゆでガエルになってからでは遅い。
だから、あららの原則に従うのが吉。
つまり、他に食べる物があるうちは、ベクれている物は食べないこと。ベクれている可能性が高い物も食べないこと。
具体的に何を避けるべきかは個々人の判断。

と、オレは考えてる。


502 :地震雷火事名無し(埼玉県):2011/11/09(水) 22:45:21.08 ID:FmaYB2he0
難しいのは、余りにも過剰な安全策と、そこから生まれる警鐘は、そこに住む人々の大きな心理的なストレス
になる点。ブラシーボ効果の逆パターンが様々な場所で起こっている可能性がある。
「貴方の子供達はみんな将来癌になって、悲惨な死に方をしますよ」と言われ続ければ誰だって不安になり、
心臓疾患やその他の疾病になるんじゃないかと、、、この辺の事と、純粋に放射性物質原因による疾患という
ものを一体どう捉えるべきなのかってのが凄く難しいと思う。

503 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/09(水) 22:55:15.60 ID:uqXTeDEK0
[転載]
中川保雄著、増補『放射線被曝の歴史』被曝を強制する側によりつくられた放射線被曝防護基準。その欺瞞を白日のもとに晒す
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/316.html
投稿者 ジャック・どんどん 日時 2011 年 11 月 09 日 21:59:16: V/iHBd5bUIubc

中川保雄著『放射線被曝の歴史』(1991年)が、増補新装板で、明石書店から再販されました。

新聞広告を紹介しますと、

増補『放射線被曝の歴史【アメリカ原爆開発から福島原発事故まで】2011年 明石書店

被曝を強制する側によりつくられた放射線被曝防護基準。その欺瞞を白日のもとに晒す。「今こそ役に立つ意義深い好著の復刊」
(島薗進/東大教授推薦)

私が大学の教養部時代、中川先生はおられたはずだが、印象に、記憶になかった。
中川保雄?確か教養部時代の科学技術史の先生やったはず。
そのころは、チェルノブイリも爆発していなくて、原発について全く関心がなかったアホたれ大学生やったので、後悔しています。
ひょっとして、病気で休職されていたかも。
略歴検索して、やっぱり教養部時代に先生やったことを確認。

ゴフマン博士の「放射線と人間』に続く朗報です。


島さんのツイッターをまとめられた方がおられますので、紹介します。

http://www16.atwiki.jp/pipopipo555jp/pages/3127.html  より転載
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

15年戦争資料 @wiki 島薗進氏による中川保雄『放射線被曝の歴史』(1991年)の紹介
放射能汚染とデマ汚染に抗す
島薗進氏による中川保雄『放射線被曝の歴史』(1991年)の紹介

  東京大学の宗教学の島薗進さんが、絶版となっている 中川保雄「放射線被曝の歴史」1991 の内容を、緊急的にTwitterで紹介してくださいました。http://twitter.com/#!/Shimazono
  これは、原発村「医学者」の骨の髄までしみ込んだ、放射能・放射線100mSv受容論。福島県民の健康管理調査を担っている学者たちもそうです。その根源を理解するための、喫緊の資料だと、島薗さんが判断したからです。
  Twitterでの紹介部分以外を含む全体のレビューは、島薗さんのブログをお読みください。http://shimazono.spinavi.net/
  なお、島薗進さんはwikipediaで検索すれば分かる通り、日本の近代医学史にのこる名医家の三代目でありながら、医学部から宗教学に転じた人です。7月8日東京大学で開かれたシンポジウムでは、あの東大病院放射科の中川恵一氏と丁々発止渡り合っていました。

  括弧つき中見出しは引用者によるものです。(2011.8.6 ni0615記)

[以下略]

504 :地震雷火事名無し(WiMAX):2011/11/10(木) 01:28:46.22 ID:8S76OiJp0
>>501
ヨウ素はほとんど無くなったとして、やっぱセシウムとストロンチウム対策だよね。
(トリチウムやらプルトニウムやらは、あまり検出されてないとして)
ICRPは内部被曝に関して確かに何も言ってくれないから、この2種について、
もうちょっとECRRに近づけた安全策を採用してくれると安心できる
スウェーデン並の警告・調理マニュアル配るとか、行政にできることはあると思うんだが。

>>502
チェルノブイリではそういう事があったわけだよね。
ただ、これだけ情報があふれた時代に、個々人の感じるストレスを制御するのは
難しいんじゃないかと思ったりする。
ここはソ連じゃないので、移動は自由。気になるなら個々に避難するのがいいのかと……割りきるしかないかなあ

505 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/11/10(木) 02:02:35.04 ID:XH9VoxW/0
濃淡はあれ、物皆が汚染されている現実は極めて不幸なんだが。ちょっと前向きに考えてみる。
例えば:
外食したら焼きシイタケが出てきた。嫌な感じがして食べない事にした。
このときのシイタケの量が10gで、400Bq/kg のセシウム(134+137合計)に汚染されていたとする。
食べ残した事で、
400×10÷1000×158(実効半減期110日×1.44)  
ざっと600[Bq・日](←暫定的な単位な、あくまでも)の内部被曝を避ける事が出来た(ラッキー)。
ストロンチウムは分からないけど、多め(安全側)にみて、セシウムの1%あったかも(大ラッキー)。
暫定基準値越えの牛肉が市場に出回ったときに、国産牛食わなくて(食えなくて)ラッキーってオレ思った。
そのときのラッキー感を今度はシイタケで定量化してみた。私算の概算っす。
間違ってたら、批判よろ

506 :地震雷火事名無し(茸):2011/11/10(木) 05:48:12.98 ID:7WgDZHAB0
顔と首が凄く痒いんですけど
今までのこんなこと無かったのに
あと、膝裏も痒いんですけど


507 :地震雷火事名無し(宮城県):2011/11/10(木) 06:15:03.80 ID:CoCIkKT70
40Kもβ核種(1.32(137Csは0.514)MeV)、
同位体存在比1.17x10^(-5)%で日常存在、
生物学的半減期30日考慮も
経口実効線量率6.2×10^(-3)(137Cs13.2x10(-3))μSv/Bqですね?

508 :地震雷火事名無し(宮城県):2011/11/10(木) 06:20:15.43 ID:CoCIkKT70
ところで、
Cs同位体の
移行係数率の研究ってありますか?
大雑把に
KとCsの生物的半減期も移行係数率の指標でしょうが
Csは骨格筋集積率が高いともいわれ
詳しい同位体別移行係数率が知りたい
なぜかといえば、
巷では
「134Cs、137Csの低線量被曝が心筋にダメージ」
と言われ始めているから

509 :地震雷火事名無し(愛知県):2011/11/10(木) 07:00:12.93 ID:rahZ+NFz0
あとセシウムってカリウムよりも排出されにくいんじゃなかったっけ?

510 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/11/10(木) 10:23:01.82 ID:XH9VoxW/0
>>507
カリウムがどーのこ−のって、
カリウム40による被曝は生涯にわたって続き、3.11の前後で増えも減りもしない。
従ってカリウムはいくら考えたってどーにかなるもんでない。
どーしてもカリウムに拘泥したいなら、それは個人の自由だけど。
今問題にしているセシウムは避けるべき、余分な被曝。
あと、老婆心ながら宮城にすんでいるのなら、
カリウムの計算なんかほっといて、マイクロホットスポットとか地場産の食品に気をつけた方がよろしいかと。

>>508
オレも知りたい。
508さん、とても詳しそうじゃないすか。わかったら教えてヨロ。

511 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/10(木) 10:41:26.26 ID:YgwYKl3C0
>>505
誰か正すかと思って放置してたけど、
面倒くさいのか相手にされないね

512 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/11/10(木) 10:56:02.46 ID:XH9VoxW/0
ご批判感謝。
できれば具体的にヨロ。


513 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/11/10(木) 12:05:50.60 ID:tyoN9WPW0
>>500
ECRRに関しては、そういう見方がいいでしょうねぇ。
ホットパーティクルはそもそも高木仁三郎氏が批判してたし、ロッキーフラッツ事故の結果を
受けて、提唱者がすでにその考えを放棄してる。
セカンドイベントセオリーに至ってはECRR以外で強く支持してる人を見かけない。

内部被爆を考えるときに、ECRRの預託実行線量だとどれくらいになるか、たまに参照するく
らいでいいのかもしれない。

内部被爆に関しては、バンダジェフスキーとかネステレンコあたりの論文のほうが気になる。

>>501
ICRPの預託実行線量はそういった蓄積も含めて生物学的半減期を考慮して計算されてま
すよ。特定部位の蓄積も等価線量で計算できるし。ECRRの批判は、さまざまな核種のより
細かな生体内での振る舞いを問題にしていて、その部分の仮説をベースにECRRでもベク
レルをシーベルトに換算する係数を出してる。ICRPの係数に比べて、Cs137で5倍、Cs134
で1倍、Sr90で300倍とか。

514 :507=508(宮城県):2011/11/10(木) 12:39:38.13 ID:CoCIkKT70
そうじゃないっすよ
Kの血中濃度異常は
速心拍停止につながる
緩衝役割は
細胞への取り込み量
さて
Csは体内で
カリウムチャンネルで移動
Kと偽認識されたCsが
K、偽KとすてのCsの血中濃度
このシステムを
阻害し
少なくとも
不整脈ぐらいは
出すんじねぇか?
って思うわけ
腎臓での代謝速度
骨格筋細胞
特に心筋への出入り平衡が
Kと偽KとしてのCsは
違うんじゃねぇかって
その辺がK、Cs各同位体で
どんな具合なんだべ?
ってさ

515 :507=508(宮城県):2011/11/10(木) 13:11:01.76 ID:CoCIkKT70
内部被曝ってことでは
90Srの方が
ずぅーーーっと恐い
90Sr T1/2 28.79y →90Yで0.5495MeVβ-
90Y T1/2 64.053d →90Znで なななんと 2.280MeVβ-
因みに
137Cs T1/2 30.07d →94.6% 137mBaで 0.514MeVβ-
          → 4.6% Baで 1.174MeVβ-

516 :地震雷火事名無し(東日本):2011/11/10(木) 13:23:23.96 ID:xvM6Jkwl0
>>490
すっかり事故前の東電様だな

517 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/11/10(木) 13:36:21.98 ID:uoHStcc70

 ぶ ら ぶ ら 病


518 :地震雷火事名無し(東日本):2011/11/10(木) 17:01:22.29 ID:+B8D2eoC0
バズビーはネ申
ガンダーセンはイム

519 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/10(木) 20:20:06.50 ID:YgwYKl3C0
>>505>>512
面倒くさいけど
>焼きシイタケ
椎茸か安い菌床と高い原木栽培があって、
セシウムが問題になるほど多く出る可能性は原木栽培
(一部、菌床でも多少検出されているけどレアケース)
庶民の口に多く入るものは出荷量も多く安い菌床しいたけです
菌床 http://atmc.jp/food/?s=i131&q=cd01a&a=&d=40
原木 http://atmc.jp/food/?s=i131&q=3dda4&a=&d=40
焼きシイタケ、天ぷら等であれば、原木栽培の可能性もあるが、
200Bq/kg以上のセシウムに当たる可能性は、この表で見ると5%未満

計算は自分でやるより、http://www.mikage.to/radiation/internal_exposure.html
400Bq/kg 10g として (セシウム134 137それぞれ200bq/kgと仮定する)
1回だと、4Bq 0.064μSv (17歳以上)50年間積算
365回で、1460Bq 23.360μSv(17歳以上)50年間積算

自分の場合、原木椎茸を年に何回食べるのかと考えると、
多くても3回のように思うので・・・
つまり、0.192μSv/50年間積算 1mSv/年の約1/5000です

>600[Bq・日]
1日分で600Bqという事?意味が分からない

520 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/11/10(木) 21:51:34.37 ID:XH9VoxW/0
>>519
Bqは崩壊毎秒なので、時間で積分すると崩壊数が出る。
1日は、60×60×24=86,400秒なので、
1Bq放射性物質中では、1日に86,400回の崩壊が起き、
600[Bq・日]では、51,840,000回の崩壊が体の中で起こる。
Cs134とCs137が、1対1 だとすると、
β線を約100,000,000本、γ線を約150,000,000本、体の中から浴びる、ということ。
Svに換算すると小さく見えるけど。
最初はオレもSv換算して、内部被曝って意外に大した事無いやと思っていた。
だから今回換算を途中でやめてみたんだ。どこか間違ってたらごめんな。

521 :520(dion軍):2011/11/10(木) 21:54:50.15 ID:XH9VoxW/0
早速ごめん。
×1Bq放射性物質中では、
○1Bqの放射性物質中では、

522 :520(dion軍):2011/11/10(木) 23:31:14.72 ID:XH9VoxW/0
ほんとにごめん。
1対1を 1+1 で計算して、倍間違えたみたい。
×β線を約100,000,000本、γ線を約150,000,000本、
○β線を約50,000,000本、γ線を約75,000,000本、


523 :地震雷火事名無し(関東地方):2011/11/10(木) 23:47:03.53 ID:yysBwacFO
505さんの前向きさは見習いたいな 通りすがりすまそ

524 :507=508(宮城県):2011/11/11(金) 03:51:45.68 ID:DZyUh/SV0
人体が持つ放射線強度は、
体重60kgの成人男子で約4000Bq(1秒間の)である。
これによる年間の内部被ばく線量は、
0.17ミリシーベルト(mSv)となる。

ところでさ
α線β線γ線の
生体への影響って
それぞれ全く異なるよね
しかも放出エネでも違うし
たとえば
90Yの約2.2もMeVβ線は水透過力約10mmだべ
沢山出っから危ねってワケでもねべ
α線はβ線質量の約7200倍重い
α線は正電荷でβ線は負電荷
電荷量はα線はβ線の2倍
γ線は質量0電荷無し
最も生体に影響あるのがα線
次いでβ線
しかす
透過力は
α線≪β線≪γ線
α核種Puの内部被曝は
こえぇ〜ぞー
β核種40Kは
常に同位体存在比1.17x10^(-5)%出存在し
上述人体放射線強度を齎してっぺ
15Cや他にも天然放射線源体内にあっぺさ

525 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/11(金) 20:05:56.59 ID:a9z58hNz0
http://twitter.com/#!/dr_chasiba より

olivenews The daily olive news
【真の脅威は、死の灰を体内に摂り込む事】 bit.ly/ugb8o8 ドイツ国内の原発周囲5kmで
子どもの発ガン率が他の場所と比べ60%増加し、白血病は倍以上となっている。原発と
近ければ近いほどリスクが高いという関連性は証明された。 by オリーブの声 13日号外!
10 Nov

in reply to ↑

@dr_chasiba
Dr.ちゃしば
@olivenews ドイツの大規模調査による原発からの距離と白血病などの発症頻度を調べた
1999年の論文は bit.ly/sFxqd6 ,KiKK studyは bit.ly/ttowua です。


526 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/11(金) 20:19:05.84 ID:a9z58hNz0
オリーブの声
【真の脅威は、死の灰を体内に摂り込む事】
http://www.olivenews.net/news_30/newsdisp.php?n=117726

527 :地震雷火事名無し(WiMAX):2011/11/11(金) 21:03:00.89 ID:nJftITrZ0
>>513
ICRPの等価線量見て思うんだけど、結局のところ、筋肉や膀胱の癌と骨の癌が
起きる確率をあわせて計算していいの?って思うんだよな。
リスクなんて人によって受け取り方違うし、大雑把すぎないか?
将来おしっこ自分でいけなくなるのが嫌な人が、セシウム余計に回避するような
そんな自由が欲しいよ。だからといってECRR丸呑みしようとは思わないけど。

>>514
Csは体内で化学的な反応起こすほどの量が無かった気がする。
ばら撒かれたセシウムって質量に直すと全部で4kg弱じゃなかったっけ。
蓄積されたところの放射線で考えればいいんじゃないかな。

>>525
こういう論文マジで読むのムズいな。誰か統計教えてよ。
そもそも反論って形式取ってるし、原発がいい影響をもたらすはず無いのでone-sided testでいいとかなんとか…

原発近くで生まれる0-4歳の子供が、5kmの範囲で癌になる可能性は
モデルによれば36.2人で、これに対して実際は55人いたと。
こういうことが偶然起こるのは0.3%程度だから、増えた19人は原発のせいで
白血病になったと考えられると。数字で言うと53%の増加。こう見ればいいのかな。
人数は少ないが、要注意。

528 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/11(金) 21:27:46.73 ID:FbftDmNJ0
ドイツ人が一番嘘つきだ

529 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/11/11(金) 22:05:43.63 ID:4rlcI+B20
>>514
安定なセシウムと放射性セシウムは、分けて考えた方が良いとおも
Cs137 1Bqは、1.9×10^-15 mol
Cs134 1Bqは、1.5×10^-16 mol  かな(計算合ってる?)

既出の、”続よくわかる心電図ver.3.1” (@study2007さんから)では、
塩化セシウム(2mM)で実験している。2×10^-3 [mol/L] の事かな。
血中のK濃度については、>>352
Srが怖い、も既出。更に加えて、>>376 も為になった。 

530 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/11/11(金) 22:25:58.32 ID:4rlcI+B20
日本アイソトープ協会 http://www.jrias.or.jp/index.cfm/6,15092,76,html
より、
−−−−−−−
ICRP Publication 111 日本語版ドラフト 特別公開のお知らせ
   ・・・・・・・・
1)本ドラフトはあくまでも仮訳であり,専門研究者による訳文吟味,翻訳検討委員による校閲,
ICRP委員による監修を経ていない初期段階のものです。
   ・・・・・・・・
−−−−−−−
をお知らせ。

531 :地震雷火事名無し(空):2011/11/12(土) 00:20:51.16 ID:Gt78OHyT0
粒子線の生体影響なんてまともに測定されたことがあるのだろうか?

532 :地震雷火事名無し(茸):2011/11/12(土) 01:38:52.63 ID:HpV/K+NG0
アメリカ産牛肉、平気で食つてるならどのみちオワリだろ。

533 :507=508(宮城県):2011/11/12(土) 08:41:08.34 ID:zX5u/WAs0
>>527
なるほど
物質量的にはかなり少ないっすね
 
>>529
それは初目の資料アリガト
図9-6
「どちらの場合もペースメーカー電位の選択的抑制が観察されました。」

ピーク間時間が約14%くらい異なりますね
ということ?
んだらば
心拍に影響出てんだべや

所謂生物学的半減期が約3倍違う
人体出入り代謝速度差
みたいなものは
厳然としてあるわけで
生体各部で逐次(代謝?)反応してっとすっと
律速段階はどごなんだべ?

まぁ527サンご指摘の通り
物質量依存の影響より
放射線量依存の影響の方が
おっきいそうだべな

534 :地震雷火事名無し(WiMAX):2011/11/12(土) 09:29:50.89 ID:9G9Z+DeG0
>>533
1Bqが、1.9×10^-15 mol、実験で使ったのが2×10^-3だとすると
ざっと12桁くらい違う。

>>529の資料のセシウムを放射性に変えると、1兆ベクレル体内に貯めてることになる。
それくらい貯めると電位に変化がある、つまり化学的にも変化が起きうると。
……まあ、それまでに放射線で死にそう。
なので、セシウムの溜まった場所での化学的反応は無視して、溜まる場所だけ考えればいいかなと。

535 :地震雷火事名無し(関西地方):2011/11/12(土) 13:00:34.93 ID:OPQF52QuO
先週風邪ひいて治ったと思ったらまたひいた

透明な鼻水 頭痛 のど痛

放射能の影響でしょうか

536 :地震雷火事名無し(東日本):2011/11/12(土) 15:14:08.04 ID:jduD5eg90
はい、放射能の影響です。間違いありません。

537 :地震雷火事名無し(茨城県):2011/11/12(土) 17:02:55.74 ID:hxl0raWZ0
ローマなどヨーロッパの都市の石畳からは常時ホットスポット並の放射線が
出ているという話がある、それなのに現地の人はがんの発生率が高いわけでは
ない。よって福島原発事故による被害も限定的だと市の担当者がいうのですが
どう思いますか?

538 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/12(土) 17:23:34.18 ID:jOA7oB6k0
>>537
一つには、ローマのがん発生率をちゃんと比べたか不明。
ローマの線量がどのぐらいなのか>>537には書いていないが5mSv/年とすると
福島ではもっと高い線量の場所がたくさんある。

一般的に欧米人は日本人よりがんの発生率高いと読んだ気がする。

まぁ、福島原発事故による被害は「限定的」だというのは
爆発が起こりそうにない現状では、確かに「限定的」だわな。

外部被ばくは1μSv/hぐらいでも、DNA損傷度がそれほど
ひどくならない可能性はある。バズビーですら1μSv/hが避難の目安というし。
内部被曝は怖いと思う。注意すべき。


539 :地震雷火事名無し(茨城県):2011/11/12(土) 18:32:21.48 ID:hxl0raWZ0
>>538
なるほど。サンクス。

540 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/12(土) 21:14:05.01 ID:jOA7oB6k0
15年戦争資料@wikiというところで見つけた資料に興味深い比較表があったので
こっちに移したんだけど(元ページからはダウンロードしたりと面倒なので)
http://www47.atwiki.jp/goyo-gakusha/pages/68.html

これを見ると経口摂取で大人の場合、ヨウ素はICRPよりECRRの方が
評価が甘い、という見方であってるのかな。
大人の場合でCs134はほぼ同じ、137は約5倍(1.3E-8と6.5E-8)。
そういう見方でおk?

541 :507=508(宮城県):2011/11/13(日) 05:49:48.38 ID:VFC7iPfB0
こんなのが出たべ

セシウム、牛の筋肉に蓄積 福島の警戒区域、東北大調査
2011/11/12 13:11

http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C93819695E3E0E2E2978DE3E0E3E3E0E2E3E39180E2E2E2E2

 放射性セシウムは筋肉にたまりやすいといわれてきたが、今回の調査で改めて裏付けられた。
血液中の濃度が1キログラム当たり60ベクレルの場合、ももの筋肉の濃度は同1800ベクレルだった。
舌や肝臓などの濃度は筋肉よりも低く、血中濃度の10倍程度。
甲状腺には放射性セシウムはほとんど沈着していなかった。

542 :地震雷火事名無し(家):2011/11/13(日) 05:58:15.78 ID:Tlq3RJ4m0
色々な調査結果を上げて その裏づけを貼るのは頭が下がるが
正直に申せば 米ソ英の事故の際にも 既に証明済みであって
さも 初めて分かりました!ってやり方は あまりにも違和感がある
日本の学者は字が読めないのか?

543 :地震雷火事名無し(茸):2011/11/13(日) 06:36:37.07 ID:VaId6bIA0
>>542
科学者は自分で研究しないと気がすまない

544 :地震雷火事名無し(神奈川県):2011/11/13(日) 07:58:56.62 ID:VA5Zklyc0
>>541
血液が30倍なら、尿は?
この前福島の子供の尿から出てたよね。


545 :507=508=541(宮城県):2011/11/13(日) 08:49:36.46 ID:VFC7iPfB0
 
>>541
筋肉内:血液中≒ 30:1 が
巷間言われている通りと
判ったと書いてあるのですが
違いますぅ?
 



546 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/13(日) 10:17:07.06 ID:/SB0OIu00
事故前から牛肉はほとんど食べなくなった。
元の形態を考えると、人間が食べていいのはせいぜい豚までじゃないかと
なんとなく感じたから。

547 :地震雷火事名無し(家):2011/11/13(日) 11:49:57.56 ID:gELwQ4C90
福島の子供から多量に尿からセシウムが出た件だが
そこの検査機関は経験が薄く?導入機の精度が悪かったらしいぞ


548 :537(茨城県):2011/11/13(日) 17:42:55.55 ID:7J7WkO1M0
ヨーロッバの石畳から出ている放射線を浴びても健康被害が問題にならないのは
長い間の歴史の中で現地の人は特定の核種の放射線にDNAレベルでも抵抗力が
ついているという考えはいかがでしょうか。
私たちの身の回りでも、確か杉林の多い地元の人より都会の人の方が花粉症
の発症率は高いですよね。

だとすると、福島原発事故由来の放射線は日本人にとって抵抗力がないので
ヨーロッパの石畳と同じ線量であっても危険なのではないでしょうか?

549 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/13(日) 18:04:54.98 ID:hvPGvI5T0
むしろ天然カリウムの内部被曝による影響が言われてるより支配的なんじゃ?
日本なら自然被曝は外部内部で半々てことになってるけど、実際はα・β線内部被曝の
実効線量係数はもっと大きくて、9割方内部被曝だったとかね。

ECRRとかの係数が大きくなるのも当然というか。

550 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/13(日) 20:57:08.02 ID:ve1Dx8c/0
ECRRは論文が読める人じゃなければ判断できないが、
今中先生やbuvery氏などが否定しているから、
自分は無視するのに十分な材料だと考える

551 :地震雷火事名無し(茸):2011/11/13(日) 22:49:15.65 ID:ft/7URxU0
食べ物だけでなく再生紙もヤバいな。

トイレットペーパーとか新聞や雑誌とか、

552 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/11/13(日) 23:34:21.54 ID:0X/DDLcsO
>>546
気に入った!

553 :地震雷火事名無し(福島県):2011/11/13(日) 23:36:47.62 ID:woDq/Cox0
そういやヨーロッパって確か日本より白血病多かったような

554 :地震雷火事名無し(SB-iPhone):2011/11/13(日) 23:50:31.53 ID:bMd9d36Y0
>>548
あの〜たかだか数百年で放射線に強い
遺伝子変化なんか起こりませんが?
あと杉花粉は都会はアスファルト+コンクリートで好き花粉が地面に吸着しないからだと思います。


555 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/14(月) 00:19:04.37 ID:Y0o7XnXu0
>>540
>ヨウ素はICRPよりECRRの方が
>評価が甘い

ということはないのでは?大人の場合、
実効線量係数(1Bq経口摂取した場合の50年預託実効線量への換算係数Sv/Bq)は、ICRP:2.2E-8, ECRR:1.1E-7 で、ECRRが5倍。

別スレ(御用)にあった
>これで文科省が提案している100Bq/kg基準で食べ物食べると
>どのぐらいになるんだろう。

について、1回限りの摂取と違い、継続して摂取する場合には、預託線量の定義にもどって計算することになると思う。
古いスレでけっこう議論されていたはずだが、自分自身の頭の整理もかねて、もう一度計算してみる。
間違いとかあったら訂正ヨロ。

556 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/14(月) 00:21:00.58 ID:Fx7MMpak0
>>548
どっちかというと、放射線に弱い家系が死に絶えたと考えた方が
可能性が高いような。

しかしそれよりも、ローマの人たちの方が、ほんの少しだけ発がん率が高い、
と考える方がもっと可能性が高いのでは。

花粉症は、大気汚染と関係があるという話も聞いたことある。


557 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/14(月) 00:22:08.85 ID:Fx7MMpak0
>>555
あっそうか。10のマイナス何乗とかいうところが読めてませんでした。
すいませんガチ文系で…


558 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/14(月) 00:26:54.36 ID:Y0o7XnXu0
>>555続き
まず、計算に使う量と、その記号を定義しておく。

E:Cs137の1Bqについてのエネルギー放射(線量率);1.1[J/s] = 1.1*24*3600 [J/day]
  (ベータ線、ガンマ線あわせたものであり、これがすべて体内で全身均一に吸収されるものとする)
t:時間[day]
s:線量預託期間[day];成人では50年間=50*365 [day]
x:放射能摂取期間[day]
f(t):第t日目における1日あたり放射能摂取量;[Bq/day]
D:預託期間sでの蓄積線量(預託線量)[Sv]
M:体重[kg];60kgとする
T:実効半減期[day];70日とする
k:減衰係数=ln2/T;lnは自然対数関数

559 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/14(月) 00:29:15.35 ID:Y0o7XnXu0
>>558続き
一般的な場合、預託期間sでの蓄積線量(預託線量)は、定義に従えば次のように計算されるはずである。
積分記号の後に続く[t,s]などは積分区間を表す。
expは指数関数。uはダミー変数。

D = ∫[0,x] ∫[t,s] E*f(t)*exp(-k*(u-t)) dudt /M

内側の積分は時刻tに摂取した放射能についての、時刻sまでの蓄積線量であり、
外側の積分はこれを摂取期間t=[0,x]にわたって足し合わせたものである。
この式から得られる値の単位はGyであるが、ベータ線、ガンマ線ともに線質係数は1であるから
そのままSvと考えてよい。
この式の値はは一般には数値積分によって求めるしかないが、
特別の場合には初等的な数式によって与えられる。

560 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/14(月) 00:32:47.46 ID:Y0o7XnXu0
>>559続き
放射能が、毎日一定量摂取される場合。f(t) = F = const.

D = (E*F/M)*(1/k)*[x-(1/k)*exp(-k*s)*(1-exp(k*x))]

この式の妥当性を確かめてみる。
最初の1日だけ1Bqを摂取し、その後の摂取はないものとする。F=1,x=1.
このとき、D = 1.6*10^-8 [Sv] となる。
この値はICRPの換算係数1.3*10^-8 [Sv/Bq]とおおよそ同じであり、得られた式はほぼ妥当であると言えよう。

1日100Bqを1年間だけ摂取した場合はどうなるか? F=100,x=365 として
D = 5.8*10^-4 [Sv] = 0.58 [mSv]

50年間=50*365日摂取し続けた場合には?
D = 0.029 [Sv] = 29 [mSv]

561 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/14(月) 00:36:13.24 ID:Y0o7XnXu0
>>560続き
次に、摂取する放射能がだんだん少なくなっていく場合を考える。土壌放射能が減るなどにともない
食品の放射能も減っていくような場合を想定している。
減り方は指数関数的であるとする。
あらたな記号を定義しておく。

H:食品放射能摂取量の半減期[day]
c:減衰係数=ln2/H
kc := k-c

このとき時刻tにおける放射能摂取は初期摂取量をFとして次のようになる。
f(t) = F*exp(-c*t)

この想定のもとに上の積分を実行すれば

D = (E*F/M)*(1/k)*[(1/c)*(1-exp(-c*x))+exp(-k*s)*(1/kc)*(1-exp(kc*x))]

H=3年=3*365日,F=100 で、だんだん減っていくものをx=50年間=50*365日摂取すると
D = 0.0025 [Sv] = 2.5 [mSv]

以上。

562 :地震雷火事名無し(関東地方):2011/11/14(月) 00:43:14.16 ID:qhh7iN4yO
フリースって放射性物質付着しやすい?
ゴミとか洗濯しても取れづらいから気になる

563 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/11/14(月) 01:06:54.23 ID:IdRqO0k+O
3月〜5月くらいによく着てたフリース捨てたよ
近寄ると喉が痛くなったし洗濯しても落ちなそうだったから

564 :地震雷火事名無し(WiMAX):2011/11/14(月) 01:07:55.91 ID:VCRrgOrv0
>>548
>>554氏の指摘どおり、自然淘汰にかかるには年数が短いと思うが
それ以前に、そもそも生物の癌はほとんど年取ってから発症するので
僅かな放射線の違いは遺伝に影響しないと思う
(癌になるころは、既に子作り終わってる)

565 :地震雷火事名無し(福島県):2011/11/14(月) 01:38:58.17 ID:VPmzlHds0
低放射線も高いがん死亡率 非被爆者と比較調査
 広島で被爆した人のうち、浴びた放射線が少量で健康に影響が少ないとされた人でも、
被爆していない人よりがんで死亡する率が高いことが、名古屋大情報連携基盤センターの
宮尾克教授(公衆衛生学)らの研究グループの4日までの疫学調査で分かった。

 研究結果は、9月15日発行の日本衛生学会の英文雑誌で発表する。

 同グループは、放射線影響研究所(放影研)が調査している広島での被爆者
約5万8000人のデータを、1971年当時の広島、岡山両県の住民で原爆投下時に
0−34歳だった非被爆者計約194万人と同じ年齢構成などになるよう補正した。

 その上で、被爆者を被ばく線量によって極低線量(0・005シーベルト未満)、
低線量(0・005−0・1シーベルト未満)、高線量(0・1シーベルト以上)に区分。
それぞれの各種がん死亡率を非被爆者のものと比較した結果、極低、低線量の被爆者は
非被爆者よりも固形がん(白血病など造血器系を除くがん)で1・2−1・3倍高く、
肝がんでは1・7−2・7倍、子宮がんは1・8−2倍高かった。
2008/08/04 23:32 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/200808/CN2008080401001105.html

Hiroshima Survivors Exposed to Very Low Doses of A-bomb Primary Radiation Showed a High Risk for Cancers.
Watanabe T, Miyao M, Honda R and Yamada Y, Environmental Health and Preventive Medicine,13(5):264-270, 2008.09.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2698250/
広島の初期放射線低線量被爆者は高い発がんリスクを示した  渡辺智之、宮尾克、本多隆文、山田裕一 日本衛生学会英文誌
http://www.miyao.i.is.nagoya-u.ac.jp/wp/wp-content/uploads/2010/06/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E8%A8%B3%E5%BA%83%E5%
B3%B6%E4%BD%8E%E7%B7%9A%E9%87%8F%E8%A2%AB%E7%88%86%E8%80%85%E3%81%AE%E3%81%8C%E3%82%93%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%AF.pdf

広島県民との比較におけるLSSの広島被爆者のリスク
http://bbs.2ch2.net/freedom_uploader/img/1238419770/0347.jpg
岡山県民との比較におけるLSSの広島被爆者のリスク
http://bbs.2ch2.net/freedom_uploader/img/1238419770/0348.jpg

566 :507=508=541=545(宮城県):2011/11/14(月) 09:36:32.78 ID:oj3+0Bq+0
おぉーーー
>>561
この実行被曝線量の計算
いいですねぇ〜
アリガト

少し考えてみよう
だべぇ

567 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/11/14(月) 10:13:30.95 ID:1O9tYomE0
>>558-561みたいなレスを短時間で投稿できる人ってどんな人なんだろう

568 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/11/14(月) 15:38:57.55 ID:1gv86P9u0
>>567
書きながら考えたり、計算してるわけじゃじゃないだろ。

569 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/11/14(月) 19:42:59.34 ID:waW/vnagO
身内に厚労省の人間がいて聞いてみたところ、まず甲状腺癌は増えるそうな。
ただ手術さえすれば死ににくいとも言っている。
が、ここにきてTPPで医療保険がなくなる等の話が持ち上がった。
もしアメリカ式の保険制度になると金持ちは高い先進医療を受けられる保険に個人で加入できるが、
貧乏人はまともな保険にすら入れないという事態が起こる。
今後日本中でより癌患者が増加するわけだけど、
現在の国民皆保険がなくなると貧しい家庭に生まれた若年者が高額な癌治療も受けられず次々に死んでいくなんてことがありうると思う。

570 :地震雷火事名無し(千葉県):2011/11/14(月) 20:05:38.98 ID:1tq3tmuO0
安楽死を合法にしてくれればみんなハッピー

571 :地震雷火事名無し(兵庫県):2011/11/14(月) 21:06:40.41 ID:t7yJz1SV0
最近、口の中?体内?から金属臭がする気がするんだけど
大丈夫なのだろうか・・

572 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/11/14(月) 22:08:21.14 ID:Dcg7EzCS0
生体濃縮というのがあるだろう?

573 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/14(月) 22:17:25.77 ID:UpA8l8Qf0
福島原発事故被害者は“髪”を冷蔵庫に保管して下さい! バズビー博士 9/30
http://www.youtube.com/watch?v=zHFkTRelXpI&feature=related
                             <日本語訳: Junebloke>
*概要*
・バズビー博士は、今後、日本政府や東電に対して、放射線による発病を被害者が原告として提   訴する際に、その証拠として【ジップロック方式で自分や家族の髪の毛を保存し、-髪が伸びた期  間の居住場所、日時を記載し、冷蔵保管する】事を提唱。

・ホールボディ・カウンターでは、セシウムしか計測出来ず、政府は健康被害は無いと主張する でしょう。なぜなら、プルトニウム、ウラン、コバルトなどは、計測不能だからで-す。

・しかし、髪の毛を保存しておけば、そこからプルトニウム、ウラン等他の放射性物質各種が検出できるので、証拠保存すべきです!


574 :558-561(東京都):2011/11/14(月) 22:43:50.03 ID:QLMClHpl0
>>555.>>558-561
を書いた者だが、自己批評と補足を少し。
この計算の第一の目的はICRPによる実効線量評価の考え方をトレースすることだった。
その結果、>>560に示すようにICRPとほぼ同程度の換算係数を得ており(ただし本計算のほうが20%程度大きい)、
ICRPも同様の考え方をしていると推測される。>>560での「妥当」とは「妥当なトレースになっている」という意味。


575 :558-561(東京都):2011/11/14(月) 22:51:58.42 ID:QLMClHpl0
>>574続き
では、健康影響評価の基礎データとしての妥当性はどうか?
本計算では吸収エネルギーを体重Mで割ってGyまたはSvとしていることに注意されたい。
放射線は体中に均一にばらまかれているという暗黙の仮定がおかれているのだ。

しかし現実にはそうではない。
上のほうでも議論されているように(>>541など)、セシウムは筋肉組織に偏って分布する。
したがって、放射線のエネルギー吸収も筋肉組織に偏るはずであり、体重ではなく筋肉組織の質量で割り算を行うほうが妥当ではなかろうか?
こう考えるとECRRの評価(>>540参照)はトンデモではなくむしろ妥当なものではないか?

すなわちICRPによる換算係数あるいは本計算>>558-561で求めた値を約5倍(>>540参照)するほうが、ざっくりした健康影響評価の基礎データとしては妥当だと考えられる。

ICRPのFANTOMあるいはコンパートメントモデルではそのあたりも考慮されてはいるはずだが。

576 :558-561(東京都):2011/11/14(月) 22:56:30.08 ID:QLMClHpl0
>>575続き
次に文科省による食品100Bq/kgの提案だが、上に示した計算からはICRP方式による生涯線量20mSv程度を想定していると考えられる。
ICRP的な考え方としてはやむをえないかなというところ。
ECRR的には生涯100mSv程度となって、かなり微妙。
ガンはともかくとしても筋肉の機能障害とかどうなんだろう?

577 :558-561(東京都):2011/11/14(月) 23:06:09.89 ID:QLMClHpl0
>>576続き
あと、上の計算は経口摂取で取り込まれた放射能が全身(あるいは修正するとしても臓器、組織)に均一に分布することを想定したもの。
粒状で難溶性のもの(たとえば土壌粒への吸着Cs)が、肺に吸入摂取された場合は状況がかなり異なるものと考えられる。
いわゆるホットパーティクルの問題。
この場合、局在する線源の周り、セシウム137ベータ線の体組織内での最大飛程1.5mm程度の範囲でベータ集中攻撃を浴びると考えられる。
その結果がどうなるかについては諸説紛々というところではなかろうか。
ベータ核種の場合でも放射性粒のまわりには変異細胞のコロニーができるという報告は培養細胞についてはいくつかある。
ただ、生きた動物個体レベルでは他の機能との相互作用もあり一筋縄ではいかないだろう。

578 :558-561(東京都):2011/11/14(月) 23:16:38.45 ID:QLMClHpl0
>>577続き
計算の説明についての補足。
>>559で「uはダミー変数」と書いたが、不親切っていうか迂闊だったかも。
uも時間を表す記号。
tが放射能を摂取した時刻を表すのに対し、uは体内の放射能の変化についての時間、あるいは「測定」する時刻。
u−tが摂取から「測定」までの時間。uの上限がs(預託期間の終わり)。

以上、禿しく連投スマソ。

579 :地震雷火事名無し(愛媛県):2011/11/14(月) 23:25:01.54 ID:GRdh3gOf0
郡山市で「謎の体調不良」に苦しむ子供が急増中【福島の子供たち】

2011年07月05日 00:00
福島第一原発から西へ50キロ離れた福島県郡山市。実は、この町で謎の体調不良を
訴える子供が急増しているという。郡山市に住む柳沼良子さん(仮名・37)は二人
の子供が外出する際、マスクと長袖を着用させている。にもかかわらず、
長男の啓太君(仮名・9)は目の下にクマができ、顔色も青白い。
長女のさつきちゃん(同・8)は最近、急に鼻血を出すこともあるという。
この症状は『低線量被曝』なのでは? 国立病院機構・北海道がんセンターの
西尾正道院長(放射線治療科)はこう語る。「低線量被曝の初期症状としては、
下痢やのどの渇き、倦怠感、鼻血等があります。しかし、今の段階では放射能との
因果関係について断定的なことは言えません。今後は医師もそれを念頭に置いた診療
を心掛けるべきでしょう」

震災後、不安の中、郡山市で暮らしている子供達やその家族。彼らの不安が少しでも
減らせるよう、原因の究明と対処を急いで欲しい。福島の子供たちを襲う現状を、本誌で公開。

http://jisin.jp/news/2499/2693/

580 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/11/15(火) 00:23:51.83 ID:/QpVEZRc0
>>558 さん ありがとうございます。
ちょっと主旨から外れてしまいますが、気になった点を、、、
>558の E:ガンマ線が、全て体内で吸収されるってことはないでしょう。あと、[J/s]は、[MeV/s]じゃないかな。
>561の H:”土壌放射能が減る”は、環境学的半減期のことかな。だとしたらセシウムの場合はあまり減らなかったと思う。
ググると色々出てくるけど、、、

581 :580(dion軍):2011/11/15(火) 03:44:36.81 ID:/QpVEZRc0
>>558 つづき
あと、T:実効半減期は、100日が妥当じゃないかな。既出のhttp://trustrad.sixcore.jp/biokinetics.html
の図2.2. 10Bq毎日摂取からサチった量を1,420Bqとすると
T=1,420÷10×ln2≒98日だし
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000001cyyt-att/2r9852000001cz7c.pdf#search=
15〜18ページあたりを読んでもT=100日位になりそう。

ガンマ線の吸収率は、田崎先生の”ベクレルからシーベルトへ”を読んで計算できないか、
ググって見つからないか、少しやってみたけどダメだったんだよ、ごめん。


582 :地震雷火事名無し(茸):2011/11/15(火) 05:38:04.80 ID:avu8DPjZ0
>>579
未だに福島に住んでて何にも起きない訳がないだろ
親に言っとけ
子供が病気になるのはおめーのせいだって

583 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/15(火) 08:36:31.05 ID:bliVxYRu0
医学よりおまじないを信じる人は面倒くさいね

584 :地震雷火事名無し(東日本):2011/11/15(火) 09:48:48.03 ID:k28MyEk10
バズビー様を信じる者は救われるのです。
彼はイエス・キリストの生まれ変わりだと確信しました。

585 :地震雷火事名無し(空):2011/11/15(火) 09:50:44.42 ID:4kocbg1j0
千葉住みがたまに御殿場とか行くと空気が澄んでいるんだよね。
うらやましい。

586 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/15(火) 10:21:08.12 ID:bliVxYRu0
葛飾区の水元公園に行くと、空が広いし森に包まれてとても気分が良くなるよ

587 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/11/15(火) 12:23:13.53 ID:fDPeryiH0
>>115
サクっと85まであげるつもりならなくてもいいかもしれない。

588 :587(チベット自治区):2011/11/15(火) 12:23:54.80 ID:fDPeryiH0
誤爆失礼しました。

589 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/11/15(火) 13:06:46.83 ID:fDPeryiH0
誤爆ついでに

http://hes.med.kyoto-u.ac.jp/Fukushima/EHPM2011.html

福島県内のセシウムの経口摂取の予備評価だと。
調査した中で最も高い相馬市の平均値で3Bq/日だと。

個人的な見積もりで関東で(放射線の影響をそこそこ気にしてる人の)生活で高めに
見積もって10Bq/日くらいだと思ってたが、もう少し低く考えててもいいのかな??

590 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/11/15(火) 20:16:34.45 ID:RENt2Mzn0
気にしてる人は1ベクレルも行かないでしょ。気にしない人の平均で1くらいじゃ無い。ウクライナみたいに貧乏な国じゃないから食料の半分以上は外国産だしね。

591 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/15(火) 20:24:30.51 ID:I/XBOnz10
となりが焼却場とかだとわからんよ。
そろそろまともに検査できる医療機関とか探すかな‥。
公立系はまあダメなだろうな。

592 :558-561(東京都):2011/11/15(火) 21:13:46.56 ID:JdTqjbfZ0
>>580>>581
ご指摘サンクス。
まず、
>[J/s]は、[MeV/s]じゃないかな
について。
1[MeV] = 1.6*10^-13[J]で換算したもの。

1崩壊あたりのエネルギーは次のように求めている。
Cs137の94.4%が最大エネルギー0.514[MeV]のベータ線を放出してBa137mになる。
さらにBa137mの90.1%が0.662[MeV]のガンマ線を放出してBa137になる。
また、Cs137の5.6%は最大エネルギー1.176[MeV]のベータ線を放出してBa137になる。これはガンマ線は出さない。

ベータ線の平均エネルギーは
(0.514[MeV]*0.944 + 1.17[MeV]*0.056)/3 = 0.183 [MeV]
Cs137のベータ線のエネルギーは分布を持っている。その分布は低エネルギー側に偏っており、
最大値の約1/3のあたりに平均値がある。3で割ってあるのはそのため。

ガンマ線のエネルギーは
0.662[MeV]*0.944*0.901 = 0.563[MeV]

ベータ線、ガンマ線のエネルギーをあわせて
0.183 [MeV] + 0.563[MeV] = 0.746[MeV]
0.746[MeV]*1.6*10^-13[J/MeV] = 1.194*10^-13 [J]

というわけでE = 1.2*10^-13 [J/s]

おかげでちょっと違ってることがわかったw
この値を使って、以下に訂正。


593 :558-561(東京都):2011/11/15(火) 21:20:27.65 ID:JdTqjbfZ0
>>592続き
最初の1日だけ1Bqを摂取し、その後の摂取はないものとする。F=1,x=1.
このとき、D = 1.7*10^-8 [Sv] となる。
この値はICRPの換算係数1.3*10^-8 [Sv/Bq]とおおよそ同じであり、得られた式はほぼ妥当であると言えよう。

1日100Bqを1年間だけ摂取した場合はどうなるか? F=100,x=365 として
D = 6.4*10^-4 [Sv] = 0.64 [mSv]

50年間摂取し続けた場合には?
D = 0.032 [Sv] = 32 [mSv] 

H=3年=3*365日,F=100 で、だんだん減っていくものをx=50年間摂取すると
D = 0.0039 [Sv] = 3.9 [mSv]

594 :558-561(東京都):2011/11/15(火) 21:27:55.80 ID:JdTqjbfZ0
>>593続き
>ガンマ線が、全て体内で吸収されるってことはないでしょう

おっしゃるとおり。
エネルギー吸収を安全側に(多目に、危険厨側に?)見積もった。ていうかエネルギー吸収の計算がめんどくさかったのでw

どの程度吸収されるかについて、ざっくりと感触的なものを示しておく。
ある点からある方向に出発したガンマ線光子はコンプトン散乱で方向が変わったり弱ったり、光電効果で食われたり
(対電子生成というのもあるが1.022MeV以上のエネルギーでないと起こらないのでCs137では関係ない)
で、その方向に通過するエネルギーは進むにしたがって減衰する。減衰は次の式で表される(普通の光と同じ式)。
  I = I0*exp(-a*r)
強さI0のガンマ線がある方向にr[cm]進んだとき強さIに減衰する。1cmあたりの減衰のしかたを表すのがaで、線吸収係数と呼ばれる。
強さI,I0は物理とか光化学では光子線束密度(単位時間に単位面積を通過する光子の個数)で表すのが普通だが、
量子的なことがあまり関係しない領域ではエネルギー束密度(W/u)で表すことも多い。

595 :558-561(東京都):2011/11/15(火) 21:35:17.72 ID:JdTqjbfZ0
>>594続き
で、具体的にはどうかというと、吸収係数aの値は通過する物質と光子のエネルギーによってちがってくるのだが、
水中ではガンマ線0.5MeVで0.090[1/cm]、1.0MeVで0.067[1/cm]とされる。
Cs137崩壊によるガンマ線は0.662MeVなので、補間すればa = 0.0825[1/cm]といったところ。
体が水でできていると考え、この値を使って計算すると、
距離1cmで92%に減衰、つまり8%が吸収される。
距離10cmで44%に減衰、つまり56%が吸収される。
距離20cmで19%に減衰、つまり81%が吸収される。

全身にCs137が分布している場合は各点、各方向についてこういう計算をして足し合わせれば(積分)いいのだが
今は気分がのらないw
ドンブリ勘定で5割引きってことで今日は手を打ってくれw

てことで吸収されるガンマ線のエネルギーを0.563*0.5=0.282MeVとしよう。
ベータ線、ガンマ線合わせれば
0.183+0.282=0.465MeV = 0.744*10^-13 J
すなわち
E = 0.744*10^-13 [J/s]

596 :558-561(東京都):2011/11/15(火) 21:43:57.21 ID:JdTqjbfZ0
>>595続き
>”土壌放射能が減る”は、環境学的半減期のことかな。

そういうこと。

>だとしたらセシウムの場合はあまり減らなかったと思う。

セシウムの減り方は土壌の質、気候によってものすごく違うので一概には言えないようだ。

土壌の質としては陽イオン交換容量(CECと略されることも)、pHなどがセシウムの吸着の強さを支配する。
粘土鉱物に富み、アルカリ寄りの(酸性が弱い)土壌ほど強く吸着してセシウムが溶脱しにくい。
これは耕作に適した条件の一つでもあり、ちょっと困った現象。
「吸着」という言葉を使ったが、セシウムは粘土鉱物を構成するシリカの網目構造に組み込まれるかたちで
くっついているので頑固な汚れであることは確か。

気候は多雨のほうがセシウムが持ち去られやすい。これはまぁあたりまえだが。

597 :558-561(東京都):2011/11/15(火) 21:50:51.33 ID:JdTqjbfZ0
>>596続き
で、チェルノブイリの場合はセシウムがわりと減りにくい条件らしい。
日本の場合はどうか?
核実験時代とかチェルノブイリ後の何箇所かの土壌中の放射能の減りぐあいを「環境放射能データベース(文科省)」で
ざっと見てエイヤッで半減期3年とした次第。日本全土で通じる保証はない。

ちなみに、国連のチェルノブイリレポートによると、土壌中セシウムの減り方は2段階になっていて、
はじめ2〜3年〜数年はぐっと減り、その後の減りかたはきわめて緩慢、ということらしい。
日本でも第2段階が高い水準でしつこく続く可能性は地域によっては充分あると思う。

まぁ、土壌中で放射能半減とか言っても、そのぶん水圏とかに移って循環していくわけで、
食品中の放射能が同様に減っていくかどうかはちょっと疑問なところもあるんだけどね。
チェルノブイリ後のヨーロッパ諸国のレポートをチラ見したところでは、食品中の放射能も
だいたい足並みそろえて減っていくみたいだ。

ただ、このあたりの問題、環境半減期もさることながら市場での流通管理の課題が大きいんじゃないかと思うけど。

598 :558-561(東京都):2011/11/15(火) 21:52:39.83 ID:JdTqjbfZ0
>>597続き
>実効半減期は、100日が妥当じゃないかな

なるほど。そのほうが妥当みたいだね。

599 :558-561(東京都):2011/11/15(火) 22:04:15.86 ID:JdTqjbfZ0
>>598続き
そういうわけで、ご指摘にしたがって
E = 0.744*10^-13 [J/s]
T = 100 [day]
として計算してみよう。

最初の1日だけ1Bqを摂取し、その後の摂取はないものとする。F=1,x=1.
このとき、D = 1.55*10^-8 [Sv] となる。
この値はICRPの換算係数1.3*10^-8 [Sv/Bq]とおおよそ同じであり、得られた式は(ICRP的に)ほぼ妥当であると言えよう。

1日100Bqを1年間だけ摂取した場合はどうなるか? F=100,x=365 として
D = 5.6*10^-4 [Sv] = 0.56 [mSv]

50年間摂取し続けた場合には?
D = 0.028 [Sv] = 28 [mSv]

「半減期」H=3年=3*365日,F=100 で、だんだん減っていくものをx=50年間摂取すると
D = 0.0024 [Sv] = 2.5 [mSv]

H=6年では
D = 0.0049 [Sv] = 4.9 [mSv]

H=9年では
D = 0.0072 [Sv] = 7.2 [mSv]

以上。

600 :地震雷火事名無し(家):2011/11/15(火) 22:09:35.18 ID:WDRMSCfN0
チェルノブイリ 〜5年目の報告〜
広島の医師、疫学者、被ばく治療専門医師による

http://www.youtube.com/watch?v=G8oJ9IG_JUg&feature=results_main&playnext=1&list=PL5EA88E1C71A042FD

ゴメリ市は1キュリーから5キュリーの汚染地帯
第4避難区域の3万7000ベクレル 55万人が暮らしていた
健康被害・白血病・甲状腺癌が増加 
毎時0.33マイクロシーベルト

広島では2年で白血病が表れ4年後にピークになった
ゴメリでも同じ事が起こった
白血病は放射線医師に多いが因果関係が見つかっていない

これが30000ベクレルも土壌汚染している東京の未来なのか?


601 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/11/15(火) 22:21:52.88 ID:n1JZAXlvO
この冬、東京の小学生が、福島へスキー修学旅行に行くことが決まりました。
都内で既に被曝してるのに、わざわざ原発に向かってさらに被曝しに行くなんて、自分は信じられないんですが、これは是か非か?
風評被害の補填が必要なのだろうが、大人の都合で、断行していいのか?皆さんは、どう考えますか?

602 :地震雷火事名無し(家):2011/11/15(火) 22:24:37.33 ID:TjHGoOnh0
馬鹿じゃねえの
空から降ってくる雪の中にセシウム入ってるのかね


603 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/16(水) 00:52:01.61 ID:Uu6HoSk90
>>601
雪の成分は水だぞ。水はガンマ線の遮蔽効果が高いぞ。

比重0.3ぐらいの雪が1mも積もっていれば、
放射線量を1/10まで下げてくれる計算になる。
おまけに自然放射線までいっしょに下がる。

よってスキー場は全く問題なし。

604 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/11/16(水) 00:55:11.84 ID:lYmsIZ5XP
でもセシウムだのストロンチウムだのが降った海水が蒸発して
雨や雪になるんでないの。

605 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/16(水) 01:05:42.24 ID:Uu6HoSk90
>>604
それすげー薄いし。100000000分の1ぐらいかな。
しかも雨雲は遠い遠いところから飛んでくるんだよ。
ついでに言うと積雪は土壌汚染の再飛散を完璧に押さえ込んでくれる。
積雪自体のガンマ線遮蔽効果と合わせれば理想的なブロックだ。

白銀の世界と化した福島県のスキー場は完璧に綺麗な世界だよ。
冬の間だけはな。

606 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/11/16(水) 01:09:21.70 ID:lYmsIZ5XP
>>605
ありがとう。ちょっと安心した。
確かに震災の時、雪が積もっていたところは
あまり土壌が汚染されなかったみたいだね。
その分、今年の雪解け水はやばかっただろうけど。

607 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/16(水) 01:30:55.49 ID:Uu6HoSk90
>>606
春に雪が溶けるときは何か月分もの雨が一気に溶けて流れ始めるわけだから、
先に土壌の水分が飽和状態になって表面をサラサラと流れ去っていくんだよ。
だから土壌にはあまり残らないんだ。

608 :地震雷火事名無し(千葉県):2011/11/16(水) 01:47:39.68 ID:uZaEAldY0
「福島原発の放射性物質、西日本にも」研究チーム解析 asahi.com
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201111140338.html

>東京電力福島第一原発の事故で大気中に放出された放射性物質が、西日本や北海道にも拡散しているとの解析を日米欧の研究チームがまとめた。
>事故後の天候や雨による放射性物質の降下を加味してシミュレーション。
>ただし、放射能放出が最も多かったとみられる3月19日までは、データがないため解析の対象に含んでおらず、「実際の沈着量は今回の見積もりより多めの可能性が高い」と、詳細な調査が必要だとしている。

セシウム137の土壌中の分布地図(推定値)
本州四国九州が地続きだったり一寸変な地図だけど参考までに
http://www.asahi.com/special/gallery_e/view_photo_feat.html?jisin-pg/TKY201111140635.jpg

北海道の汚染状況はちょっと驚き
特に東部の汚染レベルが高め…広大な酪農地帯があるのに
広島県民はブチ切れなんじゃないのかなコレ…

609 :地震雷火事名無し(茨城県):2011/11/16(水) 02:26:29.14 ID:WGWfDV6k0
>>608
東北の野菜は危ないといわれつつ、
中国四国地方と岩手・山形・青森と色が大して変わらない…。
まぁ、俺の住んでる場所からすれば、羨ましい色であるのは間違いないが。

610 :地震雷火事名無し(WiMAX):2011/11/16(水) 02:55:12.73 ID:ao6kVv9w0
>>608
シミュレーションだからなあ
あと3月19日以前がないと役にたたんような

>>609
3月15日の放出分がないから、相対的に東北はこれより多い
(北海道と西は相対的に少ない)んじゃないかね


611 :地震雷火事名無し(茨城県):2011/11/16(水) 03:04:46.38 ID:WGWfDV6k0
>>610
確かにそうだね

612 :507=508=541=545(宮城県):2011/11/16(水) 08:11:47.35 ID:ALMGRNpR0
また大雑把な話で
すまねけど
細胞内外K濃度で
静止膜電位が定まり
膜電位減少が脱分極
脱分極で心筋収縮
かな?
正常K濃度は
細胞内Kが約140mEq/L
細胞外Kが約4mEq/L
それが
細胞外Kが約3mE1/L以下になっと
不整脈
低K血症発現可能性大?
これってさ
体重比
細胞内液約35%
細胞外液約20%
だから
細胞外K濃度
1mEq/L
変化は
大雑把に
体内K物質量
内←外変化
0.7%
ぐらい?
これに相当する
偽KとしてのCsが
Kチャネル
Na-Kポンプ
阻害して
Kと偽Kが
上述の通りに
細胞内外偏在
すたら
不整脈
低K血症
出るべ
多分
少なくとも
低K血症の症状
高血圧、疲労、筋力低下、神経機能の低下、
不安、イライラ、抑うつ、睡眠障害、虚弱、
便秘、ドライスキン
のどれかは出っぺさ
個人個人の
インスリン分泌
特性も調べた方が
いいがや?
どだべ

613 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/11/16(水) 12:27:50.40 ID:kLCShhA60
そもそも福島のスキー場って磐梯山とかだろ。高く無いじゃん線量。まあ小学生だから大事をとってという気持ちはわからなくも無いがあれでダメなら苗場も白馬もダメだよ。二、三年諦めたら?

614 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/16(水) 18:29:18.81 ID:LNN3eC0/0
雨は危険で雪は安全なのか。
よくわからん。

615 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/11/16(水) 18:38:52.52 ID:5N/vIcQX0
今更雨を過剰に怖がる必要はないだろ。

616 :地震雷火事名無し(茸):2011/11/16(水) 23:11:24.39 ID:RoDAJspG0
頭大丈夫かよ

617 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/11/16(水) 23:56:33.25 ID:PnYJLO3x0
えーと、、、たまたま見つけたけど、このスレ初出かな?
放射線等に関する副読本:
http://www.mext.go.jp/b_menu/shuppan/sonota/detail/1311072.htm


618 :地震雷火事名無し(WiMAX):2011/11/17(木) 02:03:53.79 ID:Y8nXLbbX0
>>612
>>534でも書いたけど、カリウムに相当するだけの放射性セシウムがない。
それだけ集めたら、化学的変化の前に"急性"被曝で死ぬと思う

もともと体内のカリウムも、放射性のものは僅か1万分の1で
その1万分の1が4000bq程度の被曝の要因になってる。それくらい数が違う

619 :地震雷火事名無し(愛知県):2011/11/17(木) 06:13:46.14 ID:lLr8UKq50
今でも大量に漏れてるのに安全な訳無いじゃん

620 :地震雷火事名無し(関東地方):2011/11/17(木) 10:38:32.97 ID:suFUElnmO
ブラウン管テレビを見ると被爆するみたいなんですがマジですか?
液晶テレビは被爆しないのですか?

621 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/17(木) 11:29:02.49 ID:vgXKdVW20
寝ても寝ても眠い

622 :地震雷火事名無し(千葉県):2011/11/17(木) 11:29:19.69 ID:IMXEixr70
マジです。
1〜2マイクロシーベルト/年くらいだったかと。”年”ね。
液晶はしないんじゃないかと。

623 :地震雷火事名無し(関東地方):2011/11/17(木) 11:41:25.75 ID:suFUElnmO
>>622
ありがとうございます。ヒャ〜どうしよう!ケーブルTVデシアナ変換でブラウン管延命ラッキーと思っていたのにorz放射能対策でお金掛かっているのにTV買い換える余裕がないよ・・・

624 :地震雷火事名無し(空):2011/11/17(木) 12:23:33.77 ID:IQYWm9880
そんな被曝気にしてもしょうがない。
福島の外部被曝数時間分じゃないか。

625 :地震雷火事名無し(関東地方):2011/11/17(木) 12:34:09.81 ID:suFUElnmO
>>624
積算医療被爆量が多い20代女子なので、少しでも被爆を減らしたいんですよ

626 :地震雷火事名無し(茨城県):2011/11/17(木) 12:59:06.00 ID:Zw/t/hAg0
欧州がシエスタやらで昼寝をしっかり確保したり陽気な性格でいるのも
ストレス軽減による放射線被害への対処だったりして
あと肉料理や調味料の発展は体の修復か?

まあ放射能だけじゃなくほかにも効果をもたらしそうだけど

627 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/17(木) 19:58:26.31 ID:DRwgVeco0
>>618
ちなみに体内のカリウム40と同じだけセシウム137があったら、1700億ベクレルだな。
半減期の差が8桁。

628 :地震雷火事名無し(茸):2011/11/18(金) 00:19:28.01 ID:qtW2L+zl0
>>625
メーカー問わなければAmazonで19800で地デジ液晶買えるぞ

629 :507=508=541=545(宮城県):2011/11/18(金) 02:38:14.76 ID:wtqJA8uK0
つまり
K
ホメオスタシス

細胞外K
約0.7%
変動されるのには
Csがどの程度
体内に
滞留したら起こるのか?
ってことだべ
放射性同位体K40との比較じゃねし
俺の議論じゃ
134Csや137Csに特定した
議論じゃねし
だから
最初っから

>>508 :地震雷火事名無し(宮城県):2011/11/10(木) 06:20:15.43 ID:CoCIkKT70
ところで、
Cs同位体の
移行係数率の研究ってありますか?
大雑把に
KとCsの生物的半減期も移行係数率の指標でしょうが
Csは骨格筋集積率が高いともいわれ
詳しい同位体別移行係数率が知りたい
なぜかといえば、
巷では
「134Cs、137Csの低線量被曝が心筋にダメージ」
と言われ始めているから

と書いてっぺさ
k_Cs = 内/外
みてなの
k_K < K_Cs
がや?とかっしゃ
偽KとしてCsが
Na-Kポンプ等に
どんな悪さすっかっしゃ
知りてんだべ

わがったすか?

630 :地震雷火事名無し(WiMAX):2011/11/18(金) 03:03:43.26 ID:gm5CZ5uR0
>>629
Csが(Kに関わらず)体内のどこに移行するかって話?なら大変興味あり
Csの存在がKの挙動に影響するって話は、オーダーの違いからにわかに信じがたい

631 :地震雷火事名無し(愛知県):2011/11/19(土) 18:22:46.79 ID:Yaph+1Fh0
筋肉の後 腎臓とかいう話なかったっけ?
大きいから生体膜で詰まっちゃって排出されずそこで被曝、とか?

http://www.ustream.tv/recorded/18345887
50分経過あたりから
辞めて3ヶ月で吐血して腎不全で死亡

632 :地震雷火事名無し(千葉県):2011/11/19(土) 19:49:01.37 ID:B6aQ+mB80
チェルノブイリ、内部被曝なお ロシアの小児科医報告関連トピックス原子力発電所 臓器移植
 チェルノブイリの原発事故から20年以上たっても、周辺住民に放射性セシウムによる
内部被曝(ひばく)が続いていると、ロシアの小児がん専門家が18日、千葉市で開かれたシンポジウムで報告した。
また、子どもの免疫細胞も減少している可能性があることも明らかにした。

 報告したのはロシア連邦立小児血液・腫瘍(しゅよう)・免疫研究センターのルミャンツェフ・センター長。
2009〜10年にベラルーシに住む約550人の子どもの体内の放射性セシウムを調べると、
平均で約4500ベクレル、約2割で7千ベクレル以上の内部被曝があったという。

 03年にベラルーシで亡くなった成人と子どもの分析では、脳や心筋、腎臓、肝臓など
調べた8臓器すべてからセシウムが検出された。どの臓器でも子どもの方が濃度が高く、
甲状腺からは1キロ当たり1200ベクレル検出された。
http://www.asahi.com/national/update/1119/TKY201111180717.htm

633 :地震雷火事名無し(関東地方):2011/11/20(日) 17:32:29.02 ID:M/LcdL0eO
チェルノブイリ以下の放射線量だと学者の調査で証明されちゃったよ。
よってこのスレ終了。\(^O^)/
福島がチェルノブイリ超えたはただの危険厨の妄想でつた。
福島原発事故は死人一人すら出ないレベルだよ。
深刻な健康被害は起きない。


634 :地震雷火事名無し(内モンゴル自治区):2011/11/20(日) 18:03:40.55 ID:TwHeZKQeO
☆☆東電工作員糾弾スレ002☆☆
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/lifeline/1309421929/

635 :地震雷火事名無し(神奈川県):2011/11/20(日) 18:08:51.14 ID:cTVsc1Ge0
>>633 福島沖に流れ出た放射性物質はどうなんだ?
   これは、チェルノブイリをはるかに越えている。

   米野菜類は、今後汚染度は減少に向かうと思うが
   海産物は、これから生物濃縮が主に太平洋岸地域で
   広く長く深刻な汚染が始まる。 最低でも10年は
   食うと、頑健な人でも数年で危なくなるな。

636 :地震雷火事名無し(東日本):2011/11/20(日) 19:19:53.24 ID:A9Zk0Xo/0
>>633
工作員乙。福島は完全にチェルノブイリ超えてるから。

637 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/11/20(日) 23:27:11.93 ID:W9DcVvld0
>549
>むしろ天然カリウムの内部被曝による影響が言われてるより支配的なんじゃ?
うーん、そうかもって思う。
核種が何であれ放射線の影響は、細胞レベルではα,β等の線種とエネルギーの相違でしか区別されないよね。
そしてその影響は、成人では
 細胞分裂を続ける組織においては発癌
 細胞分裂を終えた組織(脳・心臓等)においては死滅による細胞数の減少→老化
として現れるのかな。

発癌に限っても、成人に達した段階で既にカリウム40による内部被曝を受けているわけで。
生まれた後に限っても、それをどう評価したらよいか現在いろいろと行きづまりちう。。。

638 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/20(日) 23:52:11.68 ID:fP314iBc0
活性酸素との比較なんかもあるけど、単位エネルギー量に対する破壊の集中度は、
放射線とは無関係の単発の活性酸素<γ線<<β線<<α線、で、ECRRもこの点は指摘してるね。

あとチェルノブイリの経験では、Cs137が25Bq/kgあたりから
問題が多くなると言う話があるけど、この量は天然K40の3割くらい。
β線のエネルギーはK40の方が高いくらいだけど、この程度の割合で
影響が出る人がいるというのが本当なら、生物はK40と結構全力で戦っていることになるよね。

5億年前に多細胞生物が急に増えたのは、放射性カリウムが減ったからだ、
なんて話も本当かなとかちょっと考えてみたくなる。(5億年でK40は今の3割増くらい)

639 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/11/21(月) 00:29:49.79 ID:bLO7weEa0
逆に考えてみると、
生命は、その誕生からカリウム40に曝されていた。そして
生命は、その進化の過程においてカリウム40に強い機能と構造とを持ちえたものだけが生き延びる事が出来た。
単細胞生物が分裂を繰り返すのは、その生存において必須。
なぜなら分裂できない細胞は、いずれはカリウム40の放射線によって死んでしまうから。
やがておとずれる被曝という必然の前に分裂し、生き延びなければならない。

で、目の前の現実に戻ると、
誕生〜成人までのカリウム40による発癌の確率を概算できないかな、と。


640 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/11/21(月) 00:52:41.53 ID:bLO7weEa0
>>638
>あとチェルノブイリの経験では、Cs137が25Bq/kgあたりから
ありがとうございます。
セシウム137が25Bq/kgは、60kgの人で1,500Bq 
実効半減期(T=100日)から逆算すると、1,500÷1.44T≒10
毎日10Bq程度の経口摂取が1年(3.65T)も続くとこの位になる、と。
ICRPによると、チェルノブイリ周辺の汚染地域では、
事故から20年たっても成人で10〜20Bqのセシウム137を日常的に摂取しているみたいだし。

641 :地震雷火事名無し(東日本):2011/11/21(月) 23:05:21.22 ID:gBWu+VGn0
http://legacy.kek.jp/newskek/2004/marapr/microbeam.html
http://homepage3.nifty.com/anshin-kagaku/sub061019hobutsu2006watanabe.html

安全側の学者にはこういうのも念頭にあんの?

642 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/21(月) 23:21:03.58 ID:SHwAh+uw0
へえ、勉強になる。
でも、安全側の学者はこういうのは無視して終わりだから問題無い。

643 :地震雷火事名無し(千葉県):2011/11/21(月) 23:35:18.19 ID:wSp/zBJR0
バイスタンダー効果はホルミシス派も取り入れそうではある

644 :地震雷火事名無し(WiMAX):2011/11/22(火) 06:54:49.55 ID:oQxPij7R0
>>641
ちょっと気になるので、質問してもいいかい?
・実験結果はアルファ線のみなのか
(現在問題となってるセシウム、ストロンチウムは崩壊系列でアルファ線を出さないはず)
・バイスタンダーの実験における「低線量」の定義は何か
 (ペトカワ効果の論文だと、「低線量」は数mSv/hを当てた時の影響になってる)

ペトカワ効果よりバイスタンダー効果の方がありそう、とされてるのが気になる。

645 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/11/22(火) 11:59:39.53 ID:TIvP1TTA0
>>641
渡辺氏の学説は↓でちゃんと読んだ方がいい。

http://homepage3.nifty.com/anshin-kagaku/sub071120watanabeESI.html

100mSvは閾値として考えてもいいんじゃないか? って結論になってる。



646 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/11/22(火) 19:39:52.19 ID:PFjSr06d0
うちのワンコが足動かなくなった、放射能は関係無いと思いたい、、、

647 :地震雷火事名無し(東日本):2011/11/22(火) 21:45:06.32 ID:3zSFguep0
>>644
すまん詳しい事は誰かわかる人に
その2つは2007年のICRP勧告で言及されてるようだけど
日本は90年の勧告に則ってて検討すらされてないとかなんとか

648 :地震雷火事名無し(千葉県):2011/11/22(火) 23:10:31.59 ID:MP1C7F4H0
>>647
ICRP2007ではリスク評価に組み込まれてないよ。

649 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/22(火) 23:11:16.74 ID:ALqLNiTr0
>>644
>>641ではないし>>641のリンク先は読んでないんだが。

>・実験結果はアルファ線のみなのか

バイスタンダー効果は高LET(アルファ線など線付与エネルギーLinear Energy Transferの高いもの)でも
低LET(ベータ線、ガンマ線など線付与エネルギーの低いもの)でも見られる。
高LETのほうが効果は強い。


>・バイスタンダーの実験における「低線量」の定義は何か

おれが読んだ論文では0.5Gy未満程度の範囲が示してあった。ただ、これは相対的なものだと思う。
細胞の生存率-線量曲線は理論(標的説)的には、低線量部で比較的緩やかに、高線量部で急激に、
生存率が減少する単調な曲線となるはずだが、実際には
はじめの低線量部で生存率が急な減少を示し、そこを過ぎると生存率が増加して理論曲線に近づき、
以降、理論曲線に沿うようになる。
この、はじめの低線量部での生存率急減少がバイスタンダー効果によるものとされる。
これに続く生存率増加に着目すればホルミシス効果ということになるだろうか。

実験的には粒子(アルファ粒子など)1個を細胞1個にピンポイントで照射するということも行われているようだ(放医研HPでも紹介されてた)。
つまり、低線量の下限は放射線1個程度に相当するものと考えられる。



650 :地震雷火事名無し(関西・東海):2011/11/23(水) 00:07:34.97 ID:0blU6O07O
>>646
足が動かないとなるとジステンパー?
しばらく様子を見て調子悪そうなら獣医さんに相談を。

651 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/23(水) 00:40:27.98 ID:XAcckVYs0
>>649
自己レス
>ただ、これは相対的なものだと思う。

って何が相対的なんだか意味わかんねーな。

線種(LET)、細胞種によって変わる理論曲線に対して相対的、
要するに 線種(LET)、細胞種によって変わる、ってことで。

652 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/11/23(水) 17:09:32.67 ID:69DHVvqj0
>>649
ありがとう。だいぶ分かりやすくなった。
0.5Gyはα線で10Sv、β、γ線で500mSvってとこか。
論文に書いてあったのはそれ未満の図なんだろうけど、あまり低線量って気がしないな

実際に自然状態で浴びてる放射線量が、生存率の曲線のどこにあたるか言えないと
増加したときどうなるかは、ちょっとなんともなあ、と思ったりする。
あと、生体内の細胞ではなくて、あくまで試験管内の実験結果だよね。

時間のある時に元論文見てみる。

653 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/11/23(水) 23:41:05.04 ID:2XFExvqi0
ところで、現在進行形で被曝が続いている事を考えると
本当の所はよくわからんがとりあえずの態度として、
食品からの内部被曝についてはセシウム(134プラス137)で
おとな1日10Bq未満
を暫定的な目標にしていくのが現実的なのかな。
楽勝な地域もキビシイ地域もあるとは思うが。

654 :地震雷火事名無し(SB-iPhone):2011/11/24(木) 04:37:16.83 ID:0rglshaP0
質問なんだけど、
首の後ろ片側がパンパンに腫れてる。
体調もだるく、熱っぽい感じ。
会社休んで、整骨院行ってホッカイロで暖めたら、
パンパンの腫れは引いたんだけど、
今度は、結構でかいゴリゴリしたのがある。
整骨院の人からは、
水がたまっていると言うか、
触った事ない感触ですねー、
と言われた。

明日病院に行こうと思うんだけど、
何科がいいのかな?

ageます。スマソ。

655 :地震雷火事名無し(神奈川県):2011/11/24(木) 04:40:43.09 ID:N0mkeol/0
>>654
内科がいいんじゃないか?

656 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/11/24(木) 04:48:17.31 ID:IvFOF2mwO
>>655
ぷくく

657 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/11/24(木) 07:35:35.18 ID:pnQ6JoVp0
>>654
頭頚部は耳鼻咽喉科が専門ですよ。

658 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/11/24(木) 12:55:53.48 ID:GRFGrOZQ0
>>655
内科でも、心療内科が特におすすめ。

659 :地震雷火事名無し(大阪府):2011/11/24(木) 13:15:54.75 ID:zqSjfzdx0
>>654
総合診療科 伊藤蘭みたいな内科医に診断してもらいましょう

660 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/24(木) 16:38:32.52 ID:UMPklo+I0
福島原発事故被害者は“髪”を冷蔵庫に保管して下さい! バズビー博士 9/30
http://www.youtube.com/watch?v=zHFkTRelXpI&feature=related
                             <日本語訳: Junebloke>
*概要*
・バズビー博士は、今後、日本政府や東電に対して、放射線による発病を被害者が原告として提   訴する際に、その証拠として【ジップロック方式で自分や家族の髪の毛を保存し、-髪が伸びた期  間の居住場所、日時を記載し、冷蔵保管する】事を提唱。

・ホールボディ・カウンターでは、セシウムしか計測出来ず、政府は健康被害は無いと主張する でしょう。なぜなら、プルトニウム、ウラン、コバルトなどは、計測不能だからで-す。

・しかし、髪の毛を保存しておけば、そこからプルトニウム、ウラン等他の放射性物質各種が検出できるので、証拠保存すべきです!


661 :地震雷火事名無し(関西・北陸):2011/11/24(木) 16:56:47.97 ID:4ZlEi5cwO
ところで、危険だと心配してる人達、白血球の減少くらいの変化あったか?
それより調べてみたか?

662 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/24(木) 17:21:53.97 ID:eHpwTd1bP
>>661
東京住みだけど、五月の勤め先の健診で、
ずーっと4500くらいだった白血球数が一気に3300に減った。
最近もう一度調べたら4000台に戻ってたけど。
他に健康に表立った問題はないけどなんかやな感じだった。

663 :地震雷火事名無し(神奈川県):2011/11/24(木) 19:36:05.57 ID:zI8LyTYF0
首の後ろってリンパが腫れてるとかかな…

余裕があったらとりあえず総合病院が良いと思う
大きな総合病院なら初診で何科を受信すべきかをコーディネイター係り?
の人が入り口辺りの総合受付とかに居て振り分けてくれるから
(ベテラン風の看護師さんとかだと思う)

664 :地震雷火事名無し(東日本):2011/11/24(木) 20:23:12.53 ID:IFo/E4XQ0
1、セシウム食品 全量検査  米検査 GBO 2000万 10台2億で1万トン/10日
  30kg米袋を10秒でみるGBO検知器  25ベクレル/kgまでわかる

http://www.youtube.com/watch?v=h2Tla-ZRm2Y  10:00−




内部被爆をする必要があるのか?  殺人省庁、政府ども


665 :やだね(アメリカ合衆国):2011/11/28(月) 02:32:00.57 ID:twc5kLVQ0
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=ENBV0oUjvs0#!

666 :地震雷火事名無し(SB-iPhone):2011/11/28(月) 05:11:15.13 ID:XYLA1fMM0
>>655>>657>>659
さくんす。
疲労がたまってたみたい。

今は腫れは引きました。
よかった。

667 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/11/28(月) 17:07:12.45 ID:huYRq/gF0
>>666、ダミアンあめでとう。


668 :地震雷火事名無し(SB-iPhone):2011/11/30(水) 04:46:15.84 ID:McDM4Owp0
29の男が、甲状腺癌だか口頭がんだか、
どっちかのガンになって手術した。
そんな、彼はもにろん安全厨。

669 :地震雷火事名無し(愛知県):2011/11/30(水) 16:23:43.46 ID:LGq9b3g10
安全厨。。。

庶民の安全厨は危険だな
上層部は、安全厨のフリしてちゃんと被曝対策してる

670 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/12/01(木) 22:38:02.18 ID:aiTOsNYw0
今日の朝日新聞より。
−−−以下、一部抜粋−−−
・・・
花粉用マスクをつければ、浮遊しているセシウムをほとんど吸い込まずにすみ、
内部被爆量を減らせるとの実験結果を、東大アイソトープ総合センターなどがまとめた。
・・・
福島第一原発事故直後の3月15日午後3時から翌日午前9時までの18時間、
東大本郷キャンパスで、市販されている不織布の立体型マスクを着用した。
・・・
花粉用マスクで、セシウムのほぼ全てを吸い込まずにすむことが確認された。
・・・
マスクに付着した放射性物質の量から換算すると、仮にマスクをせずに体内に吸い込んでいれば、
内部被爆は9.3マイクロシーベルトに相当していた。
・・・
−−−抜粋終わり−−−

しかし、プルームが来ていた日にピンポイントでマスクって。。。
スレチかも。スマソ

671 :地震雷火事名無し(茨城県):2011/12/03(土) 00:31:35.25 ID:h+76K5D+0
>>538
>バズビーですら1μSv/hが避難の目安というし。

このスレ初めて読んだけど、これがちょっと意外だった。
ほんとうに、そのくらいが真実の目安であることを願う。



672 :地震雷火事名無し(愛知県):2011/12/03(土) 09:01:23.10 ID:d2HGLCS+0
避難て、家を捨てて逃げる事でしょ?
簡単には出来ない、という前提で話してるんだと思う

つか0.6uSv/hで放射線管理区域だし

673 :地震雷火事名無し(神奈川県):2011/12/03(土) 13:35:44.88 ID:5yG4s4ev0
>>670
花粉症とか風邪インフル対策とか保温保湿とか・・・

原発事故情報が仮に一切無かったとしても
一年中で一番マスク率の高い季節だったので
不幸中の幸いだと思った

674 :地震雷火事名無し(WiMAX):2011/12/06(火) 01:45:51.23 ID:nGbOdsN50
>>671
米コロラドのデンバーが平常時で0.5μSv/hだから、そこが一つの目安とKEKの野尻さんは言ってたな。妥当な考え方だと思った。
デンバーには60万人住んでるし、特にがん発生率が多いわけでもない。
世界にはもっと高い放射線量のところもあるが、先進国じゃないところと
癌発生率を比較してもあまり参考にならない(先進国なら米国中部が一番高い?)

柏なんかは現状で0.5μSv/hだけど、数年で下がるだろうから、許容範囲かなとは思う。
1μSv/h超えるところ、2μSv/h超えるところになるとちょっと考えるよね。

もちろん、内部被曝は別換算で注意深く考えるべき。

675 :地震雷火事名無し(WiMAX):2011/12/06(火) 01:51:40.05 ID:nGbOdsN50
あと、誰かにこの計算が正しいのか検証してほしい。
ttp://togetter.com/li/172800
4年で20%になるなら、かなり魅力的。
放射線量の減少予測って全然精度のいいシミュレーションが出てないな。

676 :地震雷火事名無し(東京都):2011/12/06(火) 03:04:39.42 ID:yeY0ERop0
>>675
これ、空間線量にはα線が入ってない事は無視だし、
なぜかセシウムのみで計算してない?
空間線量を測ってる場所が高所にある事とか、
そもそもデータが信用出来るのかっていう疑問は一切持たないんだよね、こういう人。

677 :地震雷火事名無し(WiMAX):2011/12/06(火) 12:22:18.07 ID:nGbOdsN50
>>676
>これ、空間線量にはα線が入ってない事は無視だし、
空間線量にα線が入ってない、ってどういうことかちょっと良く分からない。
解説頼む(皮膚についた粒子からのα線で皮膚がんとか、そういうこと?)
あと今回の原発事故由来で、α線が出る核種ってそんなにあったっけ。

>なぜかセシウムのみで計算してない?
他の核種ってのはストロンチウム?チェルノブイリと比べれば少なくて済むって
話じゃなかったっけ(あまり考える余裕が無いけど)

>空間線量を測ってる場所が高所にある事とか、
>そもそもデータが信用出来るのかっていう疑問は一切持たないんだよね、こういう人。
環境モニタリングよりは航空機地図の方が良いと思う。
航空機で取った地図は、地上測量データ(nnistarさんのデータや早川地図)とも
そんなに違いない。細かいホットスポットの違いはあるけど。
データが信頼できるのかって問題はもちろん残るけど、現状のボランティアデータで
柏が0.5μSv/h(やや超え)くらいじゃなかったけ。大きな差は無かったような。

678 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/12/06(火) 12:22:30.30 ID:vz8sKLb/0
>>674
しかもコロラド州は全米でも有数の長寿州なんだよな、たしか。自殺率は高いらしいけど。
あと、柏でも生活空間の線量で0.5μSv/hオーバーは現状はほとんどないと思う。

>>675
放射線量の専門予測に関しては、都市部か農村部かなどによっても変わってくるんじゃないかと思う。
ただ、自分で千葉北西部で定期的に計測してるデータをもとにすると、現状で純粋な半減期による減衰
よりも倍のペースで減ってる。
短寿命核種がほとんどなくなった6月末の時点で、.25μSv/hだったのだが、計算上では現在は0.22μS
v/hになるはずなのに、実際には0.18μSv/hくらいまで下がってる。

純粋な半減期だけの減少なら3年で50%になるので、このペースを維持すれば、4年で20%も不可能じゃ
ないかもしれない。まあ、不確定要素はいろいろあるから、もう少し様子見ないと分からないかもだけど。


679 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/12/06(火) 12:30:58.95 ID:vz8sKLb/0
>>677
↓柏で精力的に計測されていた方のブログです。

http://papatechan.blog130.fc2.com/

側溝や雨どい下とかの放射線物質が濃縮するところでなければ、9月の時点で
柏でも0.2〜0.3μSv/hが多いと思います。
自分の計測場所は松戸が多いのですが、柏で測った感じでもおおむね一致し
ます。



680 :地震雷火事名無し(WiMAX):2011/12/06(火) 12:48:39.62 ID:nGbOdsN50
>>678 >>679
ありがとう。自分の知識が4〜5月くらいで止まってるのかもしれない。
忘れてるけど、もうそれから六ヶ月以上経ってるんだよね。
それだけ線量も下がってるわけか。測定データの日付にも注意しなきゃならんな。

柏で子供のために頑張ってる人の記録が見れて安心した。

681 :地震雷火事名無し(千葉県):2011/12/06(火) 18:19:19.23 ID:MSvcd4ZP0
明治 粉ミルクから放射性物質
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111206/k10014441591000.html

>埼玉県春日部市の工場で震災後のことし3月14日から20日までの間に加工されたということです。
>原料の脱脂粉乳は、すべて東日本大震災の前に生産されたのもので、
>工場で外気を取り入れて乾燥させる加工工程で、
>東京電力福島第一原子力発電所の事故による大気中の放射性セシウムが入り込んだ可能性がある

もう何もかもが汚染されてる気がする。

682 :地震雷火事名無し(千葉県):2011/12/06(火) 19:54:09.89 ID:U/OCM35H0
>>681
はい。よりによってこんな時に…

都内における大気浮遊塵中の核反応生成物の測定結果について
http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/whats-new/measurement-kako.html
3月15日 10:00-11:00
ヨウ素131  241 Bq/m^3
ヨウ素132  281 Bq/m^3
セシウム134 64 Bq/m^3
セシウム137 60 Bq/m^3

683 :地震雷火事名無し(愛知県):2011/12/09(金) 14:31:03.32 ID:QEzaLLiy0
【3月15日】Meijiの粉ミルクが語る、ダーティーボムの残滓と影響【凄く一大事><】
http://minkara.carview.co.jp/userid/863031/blog/24742767/

684 :地震雷火事名無し(アメリカ合衆国):2011/12/09(金) 15:26:09.86 ID:SsriI26g0 ?2BP(0)
工作員ばっかりだな。
コロラドは山脈があるんだよ。
デンバーと原発があるところは遠い。
原発のあるところは、ロッキーマウンテンのところで、死の灰は
ユタに流れた。ユタの当時の知事の家族は10人死んだ。
いっとくけど、カナダとオーストラリアの医者がおととい、欧米でふくいちは
チェルノブイリの3倍の放射能出してるって発表してるよ。
ちゃんと検索してみな。
バカもいいかげんにしろ。
アメリカ大使館もフランス大使館も、本国から全部食料取り寄せてるよ。
もうほとんど職員がいないけどなw

685 :地震雷火事名無し(東日本):2011/12/09(金) 16:00:26.88 ID:g/+xnU+/0
>>683
マルチは止めなされ

686 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/12/09(金) 20:45:27.98 ID:FUaFBuYg0
>>684
8月にパスポート取りに行ったがアメリカ大使館は平常通りだったぞ?

687 :地震雷火事名無し(空):2011/12/10(土) 18:16:10.65 ID:pYAt8HpO0
>>684
何が言いたいかよくわからないが、デンバーの0.4〜0.5μSv/hはデンバー市の測定値であって
コロラド平原自体はもっと放射線量が高い所がある。岩盤があるから。
上で言ってるのは自然放射線量の話なので、アメリカの原発はこの話に全く関係がない。
外部の放射線量が0.5μSv/h程度で健康に影響が出るかどうか、逃げ出すべきかどうか。重要なのはそこ。
外部被曝は内部被曝と違って、その土地で暮らすにあたって避けれない。
内部被曝は別に考えるってのも、当たり前の話。でも内部被曝は食物避ければ、まだ防げる。

チェルノブイリよりふくいちの方が、陸海あわせて放射能放出量が数倍になってるのも
言われるまでもなく、少し調べれば分かる話(まじめに検討しろよ)。
ふくいちの場合、幸いなことにその8割以上が太平洋に落ち、陸上に沈着した分は
残りのうち、さらに2割とかそんなもん(チェルノブイリは海がなかった)。
そのため、土壌汚染がざっとチェルノブイリの1/10程度。
セシウム換算であって、ストロンチウムやプルトニウムなら遥かに少ない。
もちろん海洋は別だが、海に住んでるわけじゃねえし。

生活かかってるので、過小評価も過大評価もしたくないわけでね。

688 :地震雷火事名無し(北海道):2011/12/10(土) 20:52:54.88 ID:5XVv5/khP
福島の今の放射線量で住んでいても安全なら
国はふくいち由来の放射能が原因の疾患に対して国が補償する法律を作ればいい
もし本当に安全ならなんらかの病気になる人も少ないだろうから補償費用も少なくてすむでしょう
なぜ法律を作らないんですか?


689 :地震雷火事名無し(空):2011/12/10(土) 23:56:21.76 ID:9hF4cYQy0
>>688
あのな、福島っつーのは全国面積3位の広い県なの。お前が言ってるのは福島のどこだよ。

福島の中通りの放射線量は0.5μSv/hじゃ済まないから、話が違う。
会津なら0.5μSv/h未満だから、上記の話が大体当てはまる。浜通りは場所によって全然違う。
飯舘とか浪江とかは、俺の基準では話にならんくらい高い。俺は住まない。

311 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)