5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

震災後落ちつくまでの思いで

1 :地震雷火事名無し(福島県):2011/10/29(土) 11:05:00.91 ID:72QPn+i50
放射能問題はまだ納まらないが・・・
震災の経験を風化させないために語りましょう。

2 :地震雷火事名無し(福島県):2011/10/29(土) 11:24:39.91 ID:72QPn+i50
立てた本人から
3月11日地震時、夜の仕事のため寝ていたところ、地震に飛び起きる。
なぜか、重い本棚を必死に押さえながら地震がおさまるのを待つ。
TVを付けて(停電はなかった)大地震と知り、昔TVで観た阪神大震災のことを思い出し「水を確保しなくては・・・。」と思い、
同居の両親に協力してもらい、風呂、オケ、ペットボトル、鍋など水の入るものかたっぱしから水道水を汲む。(ご近所さんすいませんでした。)
案の定水道止まるが、500リットル以上確保した。(今思うとご近所さんに本当申し訳ない・・・)
職場に電話しようとするが不通。いつもより一時間早く家を出るも、渋滞、道路通行止めにより普段15分でいく職場に2時間半かけて出勤。
職場には誰もいなかった・・・・。しかたなく職場を一人で軽く整理して家路につく。(帰りは一時間半で帰れた。)
超貴重なガソリンを無駄にした・・・・。
家に帰るとTVにかじりつき、原発の危機を知りgkblしてた。

3 :地震雷火事名無し(福島県):2011/10/29(土) 16:04:30.93 ID:72QPn+i50
再び立てた本人
二日目、同居の両親と話して原発のこともあるから外出は控える、食料は少なめに消費するなど話し合う。
電話、メールともに不通。親戚の安否は不明のまま。TVばかり見て一日過ごす。
避難も考えたが道路事情、ガソリンの残量の問題も有り保留。
三日目、離れて暮らす兄弟とメールで連絡できた。
正直震災前、兄弟仲は悪かったのだが、この時ばかりは互いに心配する内容だった。
四日目、兄弟と電話できた。泣きながらお互いの無事を喜ぶ。
「まだ回線不安定だし、みんな電話使いたいから回線使い続けるのはよくない。」と惜しみながら早々に電話を切る。
続いて職場の上司とも連絡、しばらく休業、再開時期不明と言われる。
何日目かは忘れたが、ストレスがピークになり、周辺の状況を自分の目で確認したいと思い外出を決断。
帽子、マスク二重、手袋二重、普段以上の厚着で自転車で外出。
人通り、車普段よりずっと少なかったが、出歩いてる人はみな軽装、マスクもなしで驚いた。
徒歩の人、手にペットボトル、鍋、ポリタンクなどを持ち、給水に向かう様子。店はコンビニも含みどこも開いてなかった。
途中「救援物資運搬中」と大きく書かれたトラックが信号待ちしてたので帽子を脱ぎ、深く頭を下げた。運転手驚いて苦笑いしながら手を振ってくれた。
異常な行動だったか?

4 :地震雷火事名無し(千葉県):2011/10/29(土) 16:07:27.07 ID:zozdwW7D0
まだ何も終わっちゃいない
フクシマはまだ終わってない
現在進行形だ


5 :地震雷火事名無し(福島県):2011/10/30(日) 06:24:35.17 ID:B2/KBYW10
う〜ん、レスがないな・・・。
「3月10、11日午前なにしてた?」ってスレが、なかなかいいはなし集まってたんで、
当日、前日ではなく、震災後の泣けるいいはなし聞きたいと思い立てたんだが・・・。
放射能問題はもちろん継続中だが、地震直後の混乱時、物資不足時のはなしを聞きたいのだが・・・。

6 :地震雷火事名無し(SB-iPhone):2011/10/30(日) 06:32:59.34 ID:q8KZc86k0
首都圏の人間にとっては、今はまだ非常事態のフェーズ2くらいだから、思い出になっていないんじゃないかい?
生活空間で0.30マイクロシーベルト/h以上あるような、人間が継続して住むことのできない地区
また、そのようなホットスポットから飛散してくる放射性物質の内部被曝をいかにして防ぐか
といった、生残をかけた戦時状態にあるわけなので…

7 :地震雷火事名無し(新潟・東北):2011/10/30(日) 07:12:23.78 ID:HFfTtIcIO
いくら継続中と言っても人の記憶は薄れ書き換えられて行くもの。
震災当初の話の集積をするのは良いことだと思うけどな。


8 :地震雷火事名無し(SB-iPhone):2011/10/30(日) 07:17:12.70 ID:q8KZc86k0
必死な思いで都心から磁石を頼りに南西に30km歩いて、何とか帰宅したな〜
途中は停電して真っ暗なエリアもあったが、にちゃんで情報のやり取りしながら
現状や安全なルートを見も知らぬにちゃんの誰かに教えられ、何とかなった。
あれ以来にちゃんねるは、自分にとってけっこう信頼できるメディアとなった。

9 :地震雷火事名無し(福島県):2011/10/31(月) 05:24:41.20 ID:iSnaVOeW0
>>8
そういう話が聞きたかった。ありがとう。
ところでなぜ磁石を持ってたの?どこかで買った?

10 :地震雷火事名無し(福島県):2011/10/31(月) 05:32:35.53 ID:iSnaVOeW0
知り合いの話
地震後仕事が休業状態で、暇だし、非常時だから人の役に立ちたいとボランティアに行こうかと思ったが、
「一人では心細い」と友人を誘うがみんなに断られ、ボランティアを断念。
一人でも行く気概はないのか?と断った私が言う。

11 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/10/31(月) 06:42:03.64 ID:Eb6eTOVlO
11日、地震の後子供を学校に迎えに行く。
一人暮らしの親戚のおばあちゃんを指定避難所に連れて行ったけど、津波が無い地域だったからかどこも稼働して無かった。
どうにか一ヶ所稼働準備してた所におばあちゃんをお願いして帰宅。
余震を警戒して暫く車内にいたけど日が落ちる頃に家に戻った(新築だったから家でダメならどこにいても同じと思った)。
水道とガスは止まらなかったけど、念のため水を確保しつつ火を使わない物で食事を済ませ早めに就寝。



12 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/10/31(月) 06:53:39.32 ID:Eb6eTOVlO
12日、原発から60キロ圏内だったから必死に情報収集してた。
でも外出は控えてた。
10年振りに鍋で米を炊いたんだけど、余りの美味しさに感動した。
原発が爆発した後、夕方にラジオで「皆さん、こうなってしまった以上、自分の責任で自分の命を守って下さい」と言っていたのが印象的。
で、とにかく情報が必要と思いワンセグの電波が入る所まで情報収集に出かけた。
丸1日ぶりにみたテレビで事態がより深刻な事を知らされた。
その後は帰宅して家の全ての換気口や窓をガッチリ目張り、以降2週間完全に籠城。
私は何度か情報収集と買い出しに出かけたが、子供達は一歩も外に出さなかった。
電気が復旧してからは一酸化炭素中毒を警戒して、調理は全て電気で済ませた。

籠城は大袈裟だ、って近所の人に笑われたけど、今となっては正しい判断だったと思っている。



13 :地震雷火事名無し(関東地方):2011/10/31(月) 07:16:15.12 ID:g4t0d8guO
俺夜勤だから朝帰るけど爆発して一週間ぐらいは朝の交通量が少なかったな、日曜日の朝並みだった。夜は街頭や家の電気が消えてて閑散とした雰囲気、みんなどっか行ってしまったのかと思った。@埼玉

14 :地震雷火事名無し(SB-iPhone):2011/10/31(月) 08:35:22.53 ID:+4BKTAFi0
>>9
山登りが趣味なので。その一週間前からなんとなく、ほんとになんとなく理由もなしに
方位磁石とヘッドランプ、携行食と飲料を鞄に入れて、登山靴履いて通勤していた。

15 :地震雷火事名無し(福島県):2011/10/31(月) 09:59:33.98 ID:iSnaVOeW0
>>14
答えてくれてありがとう。不幸中の幸いでしたね。
>>13
福島市でも、停電はしてなかったが、どこも休業で夜すごく暗かった。
夜空がキレイすぎてびっくりした。

16 :地震雷火事名無し(内モンゴル自治区):2011/10/31(月) 11:09:07.85 ID:lVALFn0MO
@仙台
あの日、日が落ちた中、避難所の小学校の体育館へと向かった。
道すがら空を見上げると、仙台に暮らし今までで一番きれいな見事な星空が広がっていた。
この大地震が千年に一度の大地震なら、仙台でこの星空を見ることができるのも千年に一度だね〜
などと友人と話しながら歩いた。
同じこの星空を見ているいろいろな土地のいろいろな人達それぞれに、今日一日のそれぞれの出来事があって、それぞれの嬉しいこと悲しいことがあったんだな…とか考えながら歩いていたら涙が出た。


17 :地震雷火事名無し(宮城県):2011/10/31(月) 19:28:21.16 ID:zlxYXlgY0
@仙台2号

あの時、勤め先の工場にいた俺は突然の揺れに驚いたものの、先輩と
「これは震度4すかねーw」
なんてふざけ合っていた。

直後、震度4の前震から震度6強の本震へ。
工場全体がわななくように揺れ、何かが落ちたり倒れたりする音、誰かが叫ぶ音、そして建物自体の
悲鳴で全ては満ちた。

一瞬で頭が真っ白になった俺は、頑丈な二段式台車の下段に文字通りジャンピングダイブを決め、
呆然としながら激しく揺れる天井を見上げた。
収まらない。揺れが収まらない。工場の限界はどこだ。もう駄目なのか、俺はここで終わりなのか。

本気で死を覚悟した。

18 :地震雷火事名無し(宮城県):2011/10/31(月) 19:34:40.75 ID:zlxYXlgY0
@仙台2号ー2

その時、同じように台車の下に隠れていた先輩が、外に向かってダッシュするのが目に入った。
まだ激しい揺れは収まる気配を見せない。

「外に出るまで無事でいられるかわからないが、このままでは確実に死んでしまう。」

そう思った俺も出口へ走った。
凄まじい揺れの中、這うように腰を低くして、とにかく走った・・と思うが、気がついたら外に出ていた。

外に出ると、何の事は無い、俺が逃げ遅れて一番最後だった。
直後に揺れが収まり、被害を確認しようと工場の中に入りかけたが、激しい余震でそれどころでは
なかった。

工場は倒壊を免れたが、中には入れない。
おまけになぜか突然吹雪いてきた。みるみるうちに、駐車場の車が白く染まり、積もっていく。
工場の軒先で従業員全員が、地震の恐怖と寒さに震えていた。

19 :地震雷火事名無し(宮城県):2011/10/31(月) 19:41:21.97 ID:zlxYXlgY0
@仙台2号ー3

俺は愛車のナビがワンセグ搭載というのに気づいて乗り込んだ。
ワンセグなんて買った時に写りを確認したくらいで、まともに見たのは初めてだ。

工場は電波の都合でNHKは見られず、例の津波空撮は見られなかった。
代わりに見た民放では
「お台場のテレコムタワーが炎上中・・・」
など東京の話題が多く、何が起きてるのかよくわからなかった。まさか東京もやられたのか。

画面が切り替わり、気仙沼や釜石が津波に飲まれていく映像が映し出された。定点カメラが
生きているらしい。
仙台の映像も入り、JR仙台駅屋上の駐車場で、車が激しく動いたのか乱雑になっていたり、
仙台のシンボルタワーの一つ、SS30のアンテナが折れているのがわかった。

ようやく入れるようになった工場の事務所に取って返して報告するが、どうも様子がおかしい。


20 :地震雷火事名無し(宮城県):2011/10/31(月) 19:47:14.23 ID:zlxYXlgY0
@仙台2号ー4

どうやらとてつもない大災害らしいと俺にはわかったのだが、実際テレビもラジオも
停電で使えず、直に情報を確認していない上層部は、状況を飲み込めていなかった。

どうも停電さえ直れば操業を再開するつもりらしく、携帯電話で連絡を試みている。

30分ほど待機した後でようやくあきらめたのか、

「本日は停電だし暗いしこれで解散。明日は休みだから、明後日日曜日に出社して、
後片付けはその時やろう」

という通達が出た。

しかし、そんな呑気な事でいいのだろうか・・・社員の中には沿岸部に住居を構えている
者もいるのだが、上層部は工場の事しか頭に無いようだった。
同じ工業団地内の他の工場はもっと頭の回転が速いらしく、工場の前は帰路を急ぐ車の
渋滞が始まっていた。

21 :@仙台2号(宮城県):2011/10/31(月) 19:49:25.04 ID:zlxYXlgY0
とりあえずここまで。
長くなるから、反響無ければここで終わりにします。

22 :地震雷火事名無し(東日本):2011/10/31(月) 19:55:05.64 ID:V2H9S+Xz0
>>21
いや、興味深く読みました。続きをお願いします。

@仙台市青葉区
※自分は自宅二階にいて、地震の間は猫と一緒に何も倒れてこない壁際で
すごしました。

23 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/10/31(月) 21:12:12.50 ID:Eb6eTOVlO
>>21
自分は11書いた者なんですが、実は仙台出身の福島県在住です。
あの日津波や火災に飲み込まれる故郷をワンセグで呆然と見ていました。
次第に原発問題でこちらも忙殺されましたが、仙台の空撮を見た時の衝撃は今も忘れられません。
そして仙台の情報を少しでも知りたい気持ちは変わりません。
よろしければ続きをお願いします。


24 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/10/31(月) 21:15:50.37 ID:8Yay4UVSO
仙台2号さん、差し支えなければ続きをお願いします。
自分はオロオロして何もできなかったから後学のために他の人の行動や地域の様子が知りたいです。

25 :仙台1号(内モンゴル自治区):2011/10/31(月) 21:53:38.51 ID:lVALFn0MO
2号さん、是非とも続きをお願いします。
読みたいです。
自分は青葉区の自宅マンションで、東京から遊びに来ていた友人といっしょにいたときに地震がきました。


26 :地震雷火事名無し(関東地方):2011/10/31(月) 23:35:04.66 ID:g4t0d8guO
>15本当異様な感じできたね、夜空はめちゃくちゃ綺麗だったのにね

27 :仙台2号(宮城県):2011/11/01(火) 00:46:42.90 ID:sBllnjKd0
では、今夜も遅いので少しずつですが、続きを書きます。

@仙台2号ー5

工場で解散命令が出た直後に、陸自のヘリが飛来した。
時折吹雪くような悪天候の中、危険を冒しての低空飛行だ。
周辺の被害状況を偵察しているのか、この工業団地を一通り見て回ると何処かへ飛び去った。

愛車の雪を払い(そう、地震直後の短時間でこんもり積もるほどの雪が降った)、渋滞している
道路への合流は比較的スムーズだった。

まだ震災発生から1時間ほどだったが、近くの大和駐屯地からだろうか、早くも出動した陸自の災害トラック
と出合った。
その頃津波で多賀城駐屯地が襲われ、出動不能となったのを知るのは後日の話である。

丘の上にある工業地帯から降りると、交差点で1台の軽自動車が事故で放置されていた。
運転手の姿は見えず、事故からそれなりに時間が経過しているようにも見えるが、警察の気配は無い。

その交差点にあるセブンイレブンでは、事故なぞお構いなしで買出しの行列が既に伸び始めていた。

28 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/01(火) 00:55:02.84 ID:sBllnjKd0
@仙台2号ー6

直後に、その地域では大きな県道にぶつかった。
ここで選択を迫られる。

@県道に曲がり、さらに国道に出てひたすら大きな通りを進む。ただし大渋滞間違いなし。
A海には近づくが、裏道を突き進む。

TVで仙台市中心部に近づくにつれ渋滞がひどくなる事はしっていたので、Aを選択した。
津波が来る、あるいは来ている事は百も承知だったが、津波の来そうな地域をかわしながら
進める裏道に自身があったからだ。

しばらく郊外の住宅地(宮城野区新田)へと向かって進む。
途中に古い橋があるので心配だったが、どうにか落橋も無く通行可能だったので、新田に出る。
そこからは一旦海に向かって一直線だ。

この陸橋を超えると国道45号、そして産業道路という地点で、海と並行に走る細い県道へと
進路を取った。
もしそのまま産業道路に向かっていれば、津波に巻き込まれていた可能性があったと知ったのも
後日の話。

29 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/01(火) 01:01:29.25 ID:sBllnjKd0
@仙台2号ー7

細い県道をひた走ると(そう、思惑通り渋滞には合っていない)、宮城野区福田町で
国道45号との交差点に達した。
交差点近くでは宮城県沖地震の警告を無視した、鉄筋無しのブロック塀が倒壊している
ところが散見され、古い納屋の中にも全壊しているものが見受けられた。

45号との交差点で、ようやく大きな異変に出会う。
国道が大渋滞なのはわかるが、歩道もまた人の波。
そして皆、毛布やペットを入れたケージなど、大事そうに抱えて海側から仙台市中心部に
向かって歩いている。
どうやら避難民らしい。

ただ、その時の俺には、避難民達が逃げてきた方角での惨劇はまだ知らない。
裏道を抜けるためにワンセグをカーナビに切り替えていたためもあり、代わりにつけたラジオは
マグニチュードが当初の7クラスから8クラスへと拡大した事を知らせていたが、津波被害に
ついては詳しく話されていなかった。

30 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/01(火) 01:10:42.24 ID:sBllnjKd0
@仙台2号-8

45号の交差点は、思いの他簡単に通過できた。
あまりの大渋滞で車が進まないため、交差する道路の車にとっては障害にならなかったからだ。
かといって、交差点の真ん中を塞ぐ車もおらず、非常事態下でありながら、避難のマナーは完全に
守られていた。

そして俺は福田町を抜け、あちこちで倒壊したブロック塀を避けながら細い路地を縫うように走った。
途中のコンビニはいずれも長蛇の列で、今更並んだとて何が買えるとも思わない。
途中、梅田川とおぼしき橋の上を通過した。
チラリと川面を見ると、何やら荒れ果てた雰囲気で、ここまで津波が遡上した事を知る。
どうやらこのへんがギリギリの安全地帯なのか。

愛車はやがて、扇町という産業地帯に達した。
産業道路を含む、幅広い道路と、数多くの大中小事業者が立ち並ぶ街だ。
普段なら産業関連のトラックや営業車が数多く行き交い、そこも避難の車で渋滞しているに違いない。

ところが。
扇町には、なんと人っ子一人いなかった。
愛車のエンジン音だけがむなしく響く他、車が全く走っていない。気味が悪い。
既にみんな、逃げた後だったのだ。
そして一旦仙台市中心部方面に進路を取った俺の後方僅か数百mでは、実は津波が荒れ狂っていた。
知らぬが仏と言うやつだ。

31 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/01(火) 01:17:04.44 ID:sBllnjKd0
@仙台2号ー9

産業道路を中心部に向けて走ってみたものの、このまま国道4号バイパスにぶつかったのでは
渋滞は免れまい。

そこで俺は途中で南に進路を取り、いよいよ海とのギリギリの線を走る事にした。
最終防衛線として仙台東部道路がある。
高架ではなく土盛り式の高速道路だから、堤防の役割を果たすに違いない。
その陸側を走れば津波は大丈夫だ。

その時の俺は、そう信じていた。

南に進路を取ってすぐ、荒井という場所で俺は渋滞にでくわした。
4号バイパスに逃げる車だ。
俺はその逆方向、海に向かって走った。
ひたすら、仙台東部道路を信じて。

東部道路に達すると、ガード下では消防団が通行止めを命じていた。
そこまでは予想の範囲内だ。さすがにそこから海に向かおうとは思ってない。

通行止めの場所から脇道に入り、東部道路を左に見ながら農道の南下を始めた。

32 :地震雷火事名無し(山形県):2011/11/01(火) 01:18:40.36 ID:/CitUx6Q0
その辺やばいやんか

33 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/01(火) 01:24:42.56 ID:sBllnjKd0
@仙台2号ー10

東部道路沿いに南下する農道はさすがに狭く、すれ違う車でやや混みあっていた。
すれ違うたびに車を止めたり徐行したりするのだが、その頃から余震が激しくなり、
車が凄まじく揺れる。
激しいのになると、ハンドルにしがみついていないと座席から振り落とされそうな勢いだ。
そして路面の亀裂もひどくなり始めた。
ふと見ると、農道の用水路にかかった貧相な橋の中には、叩き割られたように崩壊している
ものや、激しくせり上がり、普通の車では渡れないものも出てきた。

それでも南下していた車列は、あるところで停止を余儀なくされる。
向こうから走ってきた泥だらけで何かゴミのようなものをまとわりつかせたジムニーが、
「引き返せ!」
とジェスチャーで示している。

その頃、ラジオでは福島第1原発が津波による電源喪失とディーゼル発電機の故障により、
原子炉が冷却不能になったと伝えていた。
しかしこっちはそれどころじゃない。
なんだ。一体何が起きているんだ。俺は早く帰りたいのに。

余震と原発の冷徹な事実、そして農道がいつまで通行できるかわからないという焦りで、
俺は判断力を急速に鈍らせていた。

34 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/01(火) 01:32:43.34 ID:sBllnjKd0
@仙台2号-11

車列のほぼ最後尾にいた俺は、バックして体制を整えた。
今思うとバカな話。
そこからもっと海側の集落の道が通れそうだと判断したのだ。
とにかくその時の俺は、いかに渋滞にハマらずこの状況から脱するか、しか考えていなかった。

当時1時間くらいウロウロしたと思っていたが、後から言ったらどうも狭いトコで10分ほどウロウロした
だけらしい。

ともかく俺は集落に向かった。
集落に向かう農道にはなぜか車が何台も止められていたが、俺はただ先を急いだ。
そして、俺の前にいた車が、集落の住民に止められているのを見て、俺の苛立ちは頂点に達した。
一体なんなんだ?

35 :仙台1号(内モンゴル自治区):2011/11/01(火) 01:33:13.44 ID:PsxrVRGOO
ドキドキしてきた…
まさにリアルだ…


36 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/01(火) 01:42:22.49 ID:sBllnjKd0
@仙台2号ー12

ひとしきり苛立つと、なぜだか急に頭がボーッとして、緊張感が無くなった。
ぼんやりとして、全く無警戒に周囲を眺める。

田んぼには水があった。

その頃は晴れていたが、雪が結構降った後だし、溶けた水が溜まっているんだと思った。

では、

「その水が動いているのは、なぜだろう」

妙に緊張感の失せた目で、俺は内陸に向かって流れていく水を見ていた。
ボーッとしていた目には、何かが混ざった黒い水が、ジワジワと田んぼの水かさを上げているようにも・・・

馬鹿野郎!!津波だ!!!!!

一瞬で現実に引き戻された俺は、ギアをバックに叩き込むと、アクセルを床まで踏んだ。
生まれて初めて、バックギアでアクセル全開走行。
後ろで様子を眺めていた車も、淡くってUターン始めるのが見えた。

先にいた車、止めていた住民がどうとかは、頭に無かった。
ただ、逃げる事しか頭に無かった。
冗談じゃない、こんなとこに津波が来るなんて!

後からわかった事だが、沿岸部の東部道路の中で、そこが唯一土盛りではなく高架構造だった。
津波はそこを突破して住宅の床下まで迫り、俺のいた農道はその後全く冠水したらしい。

ともかく、俺の見た津波は単なる波とか水とかそういうんじゃなかった。
水かさは少なくとも、「黒い海の悪意」そのものだった。
海水というより、まるで触手のようだった。
俺が出くわしたのは、その触手の先端だった。

37 :地震雷火事名無し(山形県):2011/11/01(火) 01:46:34.43 ID:/CitUx6Q0
支援

38 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/01(火) 01:50:37.99 ID:sBllnjKd0
@仙台2号ー13

生まれて初めて見た津波は、チョロチョロした先端の流れでした・・・・
なんていうと、人は俺をバカにするかもしれない。

だが、あの津波には、明確な「意志」というか「悪意」が感じられた。
俺はものすごく怖かった。

何もかもあきらめた俺は、辛うじて橋が生きている用水路を越えて、亀裂が入り半壊した
畦道を突破して内陸側に一目散に車を走らせた。
とにかく、海から1cmでも離れたかった。

目指す先には南に向かう市道の渋滞の列が見えたが、たとえ渋滞にハマってもそこまで
行けば大丈夫だと信じ、事実その通りになった。

あとはひたすら渋滞に耐え忍び、若林区沖野まで南下し、県道から国道4号バイパスに向かった。

途中の小学校では既に避難者の受け入れが始まり、不安げな顔の住民が行き交っていた。

39 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/01(火) 02:00:33.15 ID:sBllnjKd0
>>32>>35>>37
ありがとう。しかし明日も仕事だからもう一つ二つ、帰宅するとこまでで今日は終える。

@仙台2号-14

沖野で県道にぶつかる交差点では、県道に入るのに少し時間がかかった。
その県道から東部道路の奥六郷は津波に飲まれ、手前の六郷も危ない。
逃げる方が必死で、一応安全地帯の俺達の車列は、勢い六郷方面からの車に譲りがちに。

県道に乗りさえすればあとは比較的スムーズに進んだのだが、ここでようやく電話が通じ、
家のオフクロの無事を確かめる事ができた。

俺の電話はウィルコム。
首都圏じゃウィルコムは災害でも通じて便利な電話と評価を高めたらしいが、俺に言わせりゃ
とんでもない。
ウィルコムの基地局のほとんどは家庭用電源で稼動していて非常用バッテリーも無く、震災の
停電と同時に通信網はほぼ100%ダウンしていた。

俺の電話はドコモの3Gで通信もできるタイプだったので、メールはWEBは途切れ途切れながらも
利用できたが、音声通信は全くダメだったんだ。
沖野で通じたのは、どうやらたまたま家庭用電源ではない基地局があったかららしい。

それではとウィルコムのPHS通信も試してみたが、これはダメだった。
通じないのではなく、メッセージを読む限りサーバーがアウトらしい。
ウィルコムのサーバーは仙台にあり、震災の直撃を食らったというのは後日聞いた話。

40 :地震雷火事名無し(東日本):2011/11/01(火) 02:02:10.29 ID:R5CDGuOx0
>>38
文章うまくて、引き込まれるね。
どうして海側を目指して運転してたんですか?
帰宅のため、ですかね。

自分は沿岸部には怖くてまだ一度も行ってません。
見ておくべきという話もあるようですが、メンタルが弱いのでショックを受け
て落ち込むことがわかっているので行かない方が自分のためかと思い。

41 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/01(火) 02:03:17.36 ID:EqB6t+cM0
お疲れ様。リアルな話有難う

42 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/01(火) 02:09:20.11 ID:sBllnjKd0
@仙台2号-15

沖野から国道4号バイパスとの交差点に差し掛かったところで拍子抜けした。
信号が動いてるじゃないの!
災害時対応信号では無いはずなので、どうやら宮城県警が頑張って非常用電源で動かしたらしい。

それでも4号バイパスは普段でも渋滞するとこなので、バイパスには入らず旧4号へ、河原町から
長町方面へと向かう道に向かった。

その頃はもう真っ暗なので、事実上車のヘッドライトやテールライトだけが頼りだ。

長町の旧4号に差し掛かったところで、前の車が軒並みスローダウンするポイントがあった。
もう少しで家なのに、なんだよ・・・と思いつつ俺も差し掛かると同時に、愛車がストーンと落ちた。

長町の旧4号は、あちこちで路面の陥没や隆起が起こり、マトモに走れる状況ではなくなっていた。
文字通り山越え谷越えという状況で旧4号を走りきると、ようやく帰宅する事ができた。

家の前に立つと、明かり一つ無い夜空に星がキレイだった・・かどうかは、正直覚えていない。
街の方角を見ると、唯一トラストタワーのみが八木山も越えた向こうで、煌々と明かりを照らしているのが
見えた。
さすが金持ち向けのホテルは違うな・・・などと考えていると、北東の空が赤く染まった。
仙台港のコンビナートが爆発したと、ワンセグTVが伝えていた。

これから一体どうなるのか、何もわからなかった。

43 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/01(火) 02:16:20.96 ID:sBllnjKd0
>>40
選択肢として海側の裏道と山側の裏道を考えたんだけど、
山側の裏道は土砂崩れが予想され(後日確認したらその通りだった)、なおかつ
どうしても途中で4号バイパスを通らざるをえないルートだったので、海側を選んだ。

海側なら、津波の予想されるルートさえ回避すれば少なくとも土砂崩れは無いだろうし、
津波が来るかどうかギリギリのルートなら車も少ないと考えたから。

>>41
ありがとう。
当時を思い出しながら書いてるんだが、今思い出しても恐ろしい。
夢にまで出ないのが幸いで、俺よりもっとひどい目にあった人のPTSDは相当なもんだと思う。

44 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/01(火) 02:17:10.88 ID:sBllnjKd0
さて、今日はこれで終わりにします。

明日の夜までよほどひどい反響が無ければ、また書きますね。

45 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/01(火) 02:20:16.59 ID:sBllnjKd0
最後に一つ。
海側を選んだ重要な理由の一つが、先にも書いた通りウィルコムの電話が完全にダウンして、
家のオフクロとの連絡が全く取れず、安否が気遣われた事。

何より肉親の無事を確かめたくて、俺は家路を急いでいた。
多少リスクを負ってでも、少しでも早く帰れる道を選んだんだ。
だから、なかなか解散命令を出さずズルズルと時間ばかり潰す工場には、猛烈に腹が立った。

46 :地震雷火事名無し(山形県):2011/11/01(火) 02:29:14.13 ID:piymO8BO0
家を流された宮城の被災者だ。今は山形にいる
とりあえず迅速に20mぐらいの高台に逃げたけど来たのは高台よりさらに10m高い津波だった。
そりゃもうおったまげたね。もし高台に残ってたらのんきにここで※してる俺は存在していなかったかもね。
家流されたから合格決まっていた大学やめて就職しようとしたけど、親がなんとか踏ん張ってくれた。

俺の親孝行のハードルを一気にあげやがった…どんなにお礼を言っても足りないよ


47 :地震雷火事名無し(内モンゴル自治区):2011/11/01(火) 02:30:11.62 ID:PsxrVRGOO
2号さんありがとう。
お疲れ様でした。

震災1ヶ月後、一度だけ東部道路を通ったのだけれど、そのときに見た津波跡の光景に愕然としたのを思い出しました。
あるはずのないところにある船や、田んぼの隅に溜まった大量の瓦礫を見て、なぜか無性に腹が立って仕方がなかった。



48 :地震雷火事名無し(山形県):2011/11/01(火) 02:43:34.66 ID:/CitUx6Q0
以前南帆海房に住んでいて、浜街道が通勤コースだっから、あの光景は耐えられなかった。
途中にいた馬達…無理だろうな…

49 :地震雷火事名無し(東日本):2011/11/01(火) 02:45:22.58 ID:R5CDGuOx0
>>45
乙です。自分もウィルコムユーザー。震災のときはほんと腹立たしかった。
他のユーザーがメールだけはできる中で、ウィルコムはメールすら送受信できな
いので、死んだんじゃないかと思われていたらしい…。

お母さん無事で本当によかったですね。

50 :地震雷火事名無し(内モンゴル自治区):2011/11/01(火) 02:49:16.98 ID:PsxrVRGOO
>>46
親御さんがくれたこのチャンス、大学で思いっきり勉強してください!
大きな困難を乗り越えた経験がきっとこれからのあなたの糧になりますね


51 :名無し@孝行息子へ(茸):2011/11/01(火) 03:02:25.54 ID:BD6n49G50
>> 46 立派なご両親だよね。
勉強、大切だもんなぁ… な、親より先に絶対死ぬなよ。それだけで、ご両親は幸せなはず。

お互い、この時を乗り切ろうや。


52 :地震雷火事名無し(山形県):2011/11/01(火) 03:24:19.83 ID:piymO8BO0
>>50
>>51
ありがとうございます!
人一倍努力します。
父ちゃん母ちゃんが汗水流して与えてくれた4年間を無駄にしちまったら…
親も悲しむし、なにより俺のメンタルが耐えきれないよ。

53 :地震雷火事名無し(東日本):2011/11/01(火) 03:38:35.38 ID:R5CDGuOx0
>>52
行きたい大学に行けることになって、本当に本当によかったね!!!
親孝行なよい息子さんを持って、ご両親は幸せだだよ!!
ほんと頼もしい若者よ、ムリせず、でもガンバレ。

54 :11(関東・甲信越):2011/11/01(火) 06:40:59.04 ID:ttJFEXtfO
仙台2号さん、ありがとう。
出て来る地名が全て分かる…。
宮城野区も若林区も太白区も、若い頃過ごした場所が沢山有る。
私の記憶の中の風景は、未だに震災前のままだよ。
あの時、仙台ではそんな事が起こっていたんだね…。

>>52さんみたいな若者がいるなら、日本はまだまだ大丈夫だ!
大学、大変かもしれないけど頑張って。


55 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/02(水) 07:03:42.61 ID:Hk9RXQZD0
ゆうべは急に飲みが入ったもので書けなくてすまぬです。
また今夜書きます。

>>49
ウィルコムは停電回復と同時に使えるようになったので、ほんとわかりやすかった。
震災翌日には仙台市中心部に電源車が入って停電が一部回復したっていうので、
さらに翌日日曜に仙台駅前まで車走らせて、そこから電話した。

あと光ファイバーもアウトで、ひかり電話も軒並みダウンだったね。
これは停電が回復しても光回線がなかなか回復しない事もあり。
俺はNTTの営業もした事あるので、法人の客には絶対1回線はアナログ回線残す
ように言ってたのだが、当時勤めてた工場はオール光回線で電話全滅w

>>54
上げた地名の中で、奥六郷以外はほとんど昔のままだよ。
ただ、長町一丁目とか長町南は地下鉄直上なもんで道路の隆起が激しく、今でも
ウネウネが完全に直ってない。市立病院や五橋のNTT前は今でも夜間車線規制で
復旧工事してるよ。

56 :地震雷火事名無し(内モンゴル自治区):2011/11/02(水) 09:10:07.31 ID:htjetV2uO
@仙台
いまだにADSLの我が家は、地震翌日朝に避難所から戻ってきたときから固定電話が使えました。
災害時の停電を考えて光にしなかったので、それがやはり役立ちました。
普段はサクサクいかなくてイライラするんですけれどね^^;


57 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/02(水) 23:05:38.16 ID:Hk9RXQZD0
@仙台2号ー16

帰宅してみると、当然電気はついていなかったが、庭の足元灯だけは太陽電池で生きていた。
そして意外な事に、水道だけは生きていたので、トイレに困らなかったのが救い。

電気とガスが止まっていたので、オフクロが物置から古い反射式ストーブを出していた。
しかし、何年も使う事無く放置されていた反射式ストーブは芯がシケっており、頼りなく
ブスブスと燃えるのみ。
(これは翌日、芯を天日干しする事で解決した)

これでは湯も沸かせないなという事で、カセットコンロも出した。
幸い、物置を漁るとカセットボンベは5本ほどあり、当座には困らないようだ。

夕飯にはオフクロが近所のコンビニで買ってきていた弁当があった。
震災直後、近所のオバサン達と急いで買いに行ったらしい。
非常時のオバサンは強い。

明かりは懐中電灯があったが、単1電池の買い置きがほとんど無いため極力温存し、
ローソクをうどんの丼に刺したものを何個か用意して、持ち歩き便利&倒れても大丈夫仕様とした。

58 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/02(水) 23:21:10.45 ID:Hk9RXQZD0
@仙台2号ー17

余震が相変わらず激しく、そのたびに火を消しながらではあったが、カセットコンロで沸かした
湯でコーヒーを飲むと、どうにか落ち着いた。

ドコモの3G回線が途切れ途切れながら通じるので、mixiやブログでとりあえずの無事を報告する。
twitterもチェックしたが、全く混乱している上にやたらと救助要請が並んでいる。
中には土地勘もあり、車で行こうと思えば行けない場所では無いものもあったが、果たしてそこまで
たどりつけるのかもわからず、まずは自分の足場を確認するしか無いとあきらめた。

情報入手は家にあった携帯ラジオがメインとなったが、東北放送ラジオは妙にノイズが入る。
後日知ったところでは、沿岸にある荒井送信所が津波被害でダウンしていたようだ。
それでも我が家は八木山かどこかの電波で受信できたが、泉区の中山の方などは全く受信できず。

ノイズ交じりの東北放送ラジオは、津波に襲われた南三陸町志津川からの、メールによる悲鳴を流していた。
「志津川は・・・・無くなりました。病院の4階まで津波に襲われ、町役場も全滅、隣の防災庁舎の屋上で、
町長と何人かが孤立しています。」

志津川は昔よく仕事で行った場所だ。
目をつぶれば町並みが頭に浮かぶ。
それが無くなった・・・・・?

信じられないと思いつつ、車に戻って唯一の映像情報であるワンセグをつけた。
そこに写っていたのは、陸上自衛隊機による気仙沼炎上ライブ映像だった。
気仙沼も仕事で何度も行って、友人知人もお客さんも何人も・・・

何か自分の帰り道に見た物以外の全てが滅んだのでは無いかという暗鬱たる想いに襲われ、余震の中
ヤケグソ気味に眠りについた。
思えば震災当日に暖かい布団で眠れるというのは幸せだったのだが。

そしてその頃、福島県浪江町に住む親戚は、ロクな説明も無く、どこに行くかも知らされないまま、バスで
緊急避難の途上にあった。
もう帰れないなどとは夢にも思わず。

59 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/02(水) 23:33:10.34 ID:Hk9RXQZD0
@仙台2号ー18

翌朝は余震で目が覚めた。
何年ぶりかでオフクロと一緒の部屋で寝たもので、自分の部屋の被害状況を確認していなかったが、
以外にも物が多少散乱した程度で済んでおり、手回し充電式のラジオつき懐中電灯という便利な物を
掘り当てた。
これには携帯電話の充電機能もあったので、オフクロのドコモ携帯を手回しで充電しつつ、コンロで湯を
沸かして朝食の準備。
カセットコンロは我が家には2つあったので、同時稼動で湯を沸かしつつフライパンで料理をするという
芸当も可能だった。
(こういう事もあるので、カセットコンロは2台以上あるといい)

我が家の被害状況は全くの軽微で、電球の傘一つに皿が何枚か、それに庭の灯篭が倒壊したくらい。
灯篭については、石を固定しなくてはいけないところ、庭師が手を抜いてたらしい。

ご近所の情報も入り始めたが、震災直後はとにかく周りの家からアパートから、人がワラワラ飛び出した
そうだ。
裏のアパートの若い女性がパニックになっていたので、近所の1人住まいのオバサンが引き取って寝場所と
食事を提供していた。
我が家の周辺では、少なくとも旧来のコミュニティがまだ機能しているらしい。

近所の仙台市水道局は昨夜俺が帰宅した頃には、既に職員や業者も集まり復旧出動準備を整えていたが、
翌日は朝から給水が始まっていた。
我が家は相変わらず水道に支障は無いので給水に行かずに済んだが、周り一体がそういうわけでもなく、中には
水が出ない家もあった。

60 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/02(水) 23:46:06.27 ID:Hk9RXQZD0
@仙台2号ー19

朝食を取り家の状況を確認した後で、オフクロは近所のスーパーに買出しに出かけた。
車で送っていったが、店は中に入れず店頭販売のみ。
それでも数百人が黙々と並んでいた。
首都圏では暴動寸前の様相で止む無く店を開けたスーパーもあったらしいが、少なくとも
仙台のスーパーではそのような話も無く、皆黙々と並んでいた。

俺はその間にシガーソケット式充電器でウィルコムPHSの充電を行いつつ、近所を見て
回った。
仙台市太白区長町近辺は、道路の亀裂や隆起を除き、大きな損害は無いようだ。
JR長町駅近くでは、緊急停止した東北新幹線が放置されていた。

見ると、長町一丁目にある店・・・何の店だか、ジムのようにも見えるが・・・では、元気に便乗商売?が
行われていた。
オニギリ200円とか、洗濯500円とか、その他諸々。
元気な客引きじみた男までいたが、この事態で高い金を取るというのはさすがにどうかと思った。

近所を一回りしたところでガソリンが心配になってきたので、近所にある「震災対応」スタンドに行って
みたが、閉まっていた。
何が震災対応だ。
後から考えれば、要するに在庫切れだったんだろうが。

ちょっと足を伸ばすと、普段は見向きもしないような小さくオンボロのスタンドに行列ができていた。
どうやら自家発電か手動ポンプかわからないが、営業しているらしい・・・が、2時間半ほど並び、
日没と同時に閉店となった。
俺の順番までは、あと5台ほどだった。
これで愛車のガソリンはもう無い。
さて明日からどうするか。

61 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/03(木) 00:00:56.79 ID:Hk9RXQZD0
@仙台2号ー20

ガソリンスタンドの前に、近所の親戚の様子を見に行ったのが先だった。
親戚の家は太白区役所の近くにあるんだが、築数十年でさすがに外壁が崩落していたので、
とりあえずガレキを撤去した後で、我が家から持ち込んだブルーシートとガムテープ、それにビニール
紐で応急処置を施す。
内壁は生きてるので、まず夜の寒さはこれでしのげるだろう。
親戚の家は水道も止まっていたので、俺が持っていた水タンクに我が家で水詰めて置いていく。

オフクロはスーパーでの買出しから戻ってきたが、煎餅とかポテチとか、そんなのだけ。
スーパーもそれほど物が無い状況らしい。

夜になり、ガソリンのほとんど無い愛車は、たまにワンセグ見るためにエンジンをかけた。
停電2夜目も、状況がよくわからないまま過ぎる。

そうそう、この日は近所で生イカの特配が出た。
ご近所に水産トラックの運転手がいるのだが、震災で高速も通れないし燃料も無いので、
首都圏に持っていくはずだったイカの輸送を断念し、近所に配る事にしたらしい。
とりあえず新鮮なうちにお刺身でいただく。甘くて美味。

62 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/03(木) 00:11:27.07 ID:GLVLQvJ50
@仙台2号ー21

震災3日目(3月13日日曜日)の朝も、元気に余震が鳴っており、そろそろ慣れてくる。
そういえば昨夜のラジオで、仙台市中心部に中部電力だかの応援で電源車が入り、
仙台駅前など一部停電復旧したとの知らせがあった。
行ってみようか。

その前に、日曜に工場に全員出社し、後片付け・・・という話が出ていたのを思い出す。
停電が続いているが、工場はどうなったかなと、行って見ることにした。
通勤に使う愛車のガソリンは尽きていたが、実は俺は車を何台か持っているのだ。
うち1台のガソリンが比較的豊富だったので、例のラジオつき懐中電灯を抱えて車に
乗った(通勤用の車以外のラジオは不調)。

国道4号バイパスは信号も点灯しており、比較的スムーズに走れたと思う。
倒壊しかけた建物も見受けられたが、沿道は目に見える被害もそれほど無い。
ただ、利府街道に入ると、東北新幹線の架線柱があらかた傾いており、容易に復旧できそうに
なさそうな。

そして利府街道はひどい渋滞。
仙台市宮城野区から利府町に差し掛かるあたり、七北田川にかかる橋が隆起したのか、はたまた
道路の方が陥没したのかわからないが、ひどい段差で徐行で無いと通過できないのが原因。
ちなみにこの段差は余震のたびにひどくなり、いくら応急処置してもお手上げで大渋滞というのが
しばらく続く。

63 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/03(木) 00:38:39.12 ID:GLVLQvJ50
@仙台2号ー22

利府街道の渋滞をどうにか抜けて工場に着くが、人気が無い。
建物の外は片付けたと思しき跡があったが、それ以外は何か張り紙があるわけでも
なく、全く状況がわからない。
PHSもまだ通じないので、上司の携帯にも電話ができない。
というか、我が家の電話はアナログ回線なのでそこから電話もしていたのだが、全く
通じない。

さて明日からどうするか・・・この分では操業も無理だしなと思っていたのだが、数日後に
驚愕の事実を目にする事になるのだが。

ともかくその時の俺はとりあえず、停電が復旧したという仙台駅前に向かった。
仙台駅東口までは主要交差点以外の信号が止まっているという以外は、日中という事も
あり地震の影響も感じられず。
クリネックススタジアムあたりまで来ると、ウィルコムPHSにも電波が入った。
そこからあちこちに電話をしてみるが、被災地の友人知人には全く繋がらない。

九州や関東には通じるのだが、宮城岩手福島は全くダメ。
沿岸部に住んでいる友人、仙台港で働いていた親友、無事でいてくれるといいのだが。

帰宅すると、今日もオフクロはスーパーに並んでチョコパイとかを買ってきていた。
昼飯は昨日いただいたイカを使った、イカ玉のお好み焼きだった。
ひどく豪勢に思えて、本当にありがたくいただく。
我が家の食材は生ものこそ無くなり掛けているが(冬とはいえ、冷蔵庫ダウンで真っ先に食った)、
乾物や缶詰でまだ余裕があるし、米もある。
ご近所もおおむね同様なようで、備蓄の少ないアパート暮らしには、近所のオバサンが炊き出しを
していた。

昼食を済ませてお茶なぞ飲んでいると、不意に電気がついた。
震災から49時間ぶりの停電回復である。
近所のアパートで「万歳!」の声が響いた。

早速テレビをつけてニュースを見るが、津波の被災状況は相変わらずよくわからず、福島の原発は
必死に復旧作業をしているとしかわからず。1号機が爆発したのはこの頃だったか?

ちなみに我が家は電気と水道が復旧したので、もしかして風呂に入れるかと思ったのだが、制御が
電気というだけで湯を沸かすのはガスだった。
炊き出しをしていた近所のオバサンの家が灯油ボイラー炊きの風呂だったので停電復旧と共に使える
ようになり、翌日以降たまに借りる事になる。

停電直ったのでネットも繋げるかとパソコン立ち上げたが、肝心の光ファイバー回線が復旧していなかった。
収容局が復旧してネット繋がってるのに気づいたのは、3月17日の話。

オフクロは明日、運行を再開したバスで山形に行くと行っている。
近所のコネで、IHコンロが手に入るらしい。
停電復旧したが、仙台港の仙台市ガス局の供給施設が破壊されてガス復旧のメドが立たないので、
IHコンロは重宝するだろう。
仙台駅まで送るかと言ったが、地下鉄が運行再開したからいいと言われた。

そして夜になり、ようやく連絡の取れた仙台市内の友人から、勤務先のガソリンスタンドが営業再開するという
連絡を受け、俺は夜中から並び始めた。
着いてみると既に列は長く伸びており、俺は80台目くらいだった。

64 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/03(木) 01:07:51.20 ID:GLVLQvJ50
仙台2号ー23

仙台市泉区、震災4日目の朝焼けは眩しかった・・・・

俺は友人の勤務するガソリンスタンドの行列で一夜を明かした。
東北電力の復旧作業は夜を徹して続いているのだが、このスタンドまではなかなか
届かない。
暖を取るために残り少ないガソリンでエンジンをかけてヒーターをつける者、毛布に
くるまる準備のいい者、近所に家があるのか、車を置いて帰った者。
どれにも当てはまらない俺も含めた一団が、スタンド前で身を寄せ合うようにして、
一晩語り明かすように過ごしたのだった。

ラジオは首都圏の様子や、福島原発の危機がメインだった。
というのも泉区の山の方で受信できるAMラジオはNHKくらいで、東北放送ラジオが
受信できなかったのだ(前述したように、送信所の津波被害のため)。
NHKは全国放送のため、どうしても情報が広域に過ぎ、地元の情報は入りにくかった。

ただ、原発が爆発して放射能が飛散したであろう中、
「オレ達はタバコ吸ってるから、きっと放射能も大丈夫だぁ!」
と、元気に喋っていた。
俺達はまだ、笑う余裕があるだけマシだったって事だろう。

その頃福島県浪江町に住んでいる親戚は行方不明になっていた。
強行避難の逃避行という混乱の中、どこの避難所に行ったものやら見当がつかなくなっていたのだ。
二本松まで逃げた後、どうやら福島市の親戚のとこに落ち着いたらしいと消息が判明するまで数日かかった。

そして十数時間待った頃、スタンドの営業がようやく始まった。
停電復旧のメドは結局たたず、どこかから手動ポンプ持ってる業者を呼んで、給油機1台のみ、それも
レギュラーガソリンのみだ。
震災時にハイオク専用車には乗らない方がいいとだけは言えるな。
その手動ポンプも、スタンドの本社に掛け合ってようやく、だったらしい。
内規では本当はダメなんだと。
発電機式のポンプに至っては、法律で使えないらしい。

その十数時間で、メシは一度だけ食えた。
スタンドの前にあるソバ屋が営業再開し、少しずつだがオニギリやソバの提供を始めたからだ。
「お兄ちゃん、もうすぐスタンドも再開するから頑張りなよ!」
と、乏しい在庫からコーラを売ってくれたオバちゃんに、俺は泣いた。

ともかく持っていた携行缶に20Lの補給を受けた俺は、丸一日近くぶりに帰宅できたのだった。
さすがに身も心も限界と感じていた俺に、被災地の惨事まで頭をめぐらす余裕は無かった。

ただ、やっと手に入れたガソリンでどうするか、それだけを考えていた。
原発もヤバイ事になったし、首都圏も買占めで物が無いだろうし、新潟経由で名古屋の父の所に
逃げるか、そんな事を真剣に。

65 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/03(木) 01:33:58.60 ID:GLVLQvJ50
@仙台2号ー24

震災5日目・・・3月15日(火)

いい加減疲れてきた俺は、いよいよ仙台からの脱出を本気で考え始めた。
IHコンロをゲットしたオフクロはそれで満足したようで、避難には乗り気じゃなかったのだが。

その前に工場の様子でも見てみるか、と軽く考えて作業着に着替え、工場に向かった。
どうせまだ操業再開していないだろう。取引先だってまだ再開の見通し立ってないのだ。

・・・・が、工場に着いた俺は呆然とした。
普通に操業している・・・・・

事務所に行くと、偉い奴にいきなり
「なんでお前は出社しないんだ!」
と責められた。

震災依頼のアレコレがフツフツと俺の中で煮詰まり、沸騰しかけたが、それを辛うじて抑え
「ガソリンが無かったので、買うために並んでいました・・・」
とだけ、ボソボソと答えた。
工場で遠距離通勤は俺だけで、近所の奴はガソリンの余裕ある奴と乗り合いで、または自転車で
出勤していた。

後で聞いた話。
日曜に片付けに集まった従業員一同、月曜朝に出勤と言われたもののまさか操業再開は無理だろうと
誰もが思っていたらしいのだが。
停電復旧したとわかった途端、今後の指示を待つつもりで集合していた従業員全員に、
「お前ら何してるんだ、仕事しろ!」
それだけで操業再開したらしい。
もちろん、俺のように出社してこない社員への安否確認は一切無しだ。
驚いた事に、この工場では従業員の連絡先を全く把握しておらず、震災で初めて連絡網が構築される
有様だった。

さて操業再開してるし出社したんだからお前も仕事しろ、と言われたのだが。
俺は正直、頭がパニクって全く仕事ができなかった。
機械の前に立ち尽くしたまま、呆然として何もできなかった。
上司が怒鳴っていた。
でも、俺はまた地震が来たらどうしようと、怖くて動けなかった。
さっきまで逃げる事しか考えていなかったのに、普通に仕事ができるのか?

俺は明確なPTSDの兆候を示していた。

幸い、1時間もしないうちに集合の指示が出て、ガソリンや食料の供給が落ち着くまで操業停止、解散の
命令が出た。
というより、取引先が操業停止しているから、この工場で物作っても意味が無いし、そもそも配送トラックの
燃料が無かった。
当然の事だと、俺は思った。

「うちにはガスコンロのカセットが無いから、誰か譲ってくれないか?」
という偉い奴の声がむなしく響いた。
従業員一同の沈黙は、「お前のせいで買出しにも行けなかったのに、どこに余裕があるんだ」と返答しているようだ。

工場の外に出ると、雨が降ってきた。
車に落ちた雨粒は黒かった。
放射能の黒い雨じゃないかと言う奴もいたが、たぶん車が汚れているからだろう。
仙台港のコンビナート火災はまだ収まっていなかったし、雨粒が黒い原因なぞいくらでもあった。

そして俺は、帰り道にまたガソリンスタンドに並んだ。
燃料供給のアテが無い今、営業再開したスタンドの備蓄だけが頼りだからだ。
雨に打たれながらも、元気よく誘導しているスタンドの店員が救いだった。

66 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/03(木) 01:44:07.12 ID:GLVLQvJ50
今日は誰も見てないようなのでボソボソと書き続けましたが、ここで一旦寝ます。
中途半端な復旧途上の仙台で、インフラはともかくだんだん人心が荒んできている
様子などわかればと。

この頃は物資があるところにはある、という状況だったが、、
・津波被災最前線のど田舎は、自衛隊と米軍がたどり着いたかどうかで明暗が分かれた状態
・同じ津波被災地域でも、無事な地域もある都市部は、かえって素通りされている状態
・津波被災を受けていない地域は、民間の物流頼みで物資は探せばどこかにはある、という状態

こんな感じで、妙にアンバランスだった覚えあり。

「落ち着いたな」と言えるようになるには、もう少しかかるのでありました。
おやすみなさい。

67 :地震雷火事名無し(山形県):2011/11/03(木) 04:20:38.54 ID:MNUHth3/0
おつかれさまです。

68 :地震雷火事名無し(福島県):2011/11/04(金) 01:34:05.43 ID:S8/glV6b0
仙台2号さんとこは、停電したが水道生きてたんだ。
私のとこは、停電は全くしなかったが、水道2週間以上断水続いた。
震災で一番しんどかったのは、私にとっては断水でした。
地震直後大量の水道水を汲んだが、トイレも十分に流せない、風呂にも入れない。
給水は長蛇の列で、十分な量もらってこれない。
何度「明日には水道復旧」のデマに騙され喜び、そして落胆したことか・・・。
震災からずいぶんたった日に、トイレの水が流れる音を聞き、水道復旧を知ったとき、うれしくて泣いた。
最初は鉄錆で真っ赤を通り越して黒ずんだ水がでた。
しばらくして赤みがかった水になったとき、その水で数日ぶりに風呂に入ったが、鉄臭くなってしまい入らない方がよかったと後悔した。
翌日には風呂には十分くらいキレイになったが、飲み水には不適って感じだった。
普通に飲める状態になるまで、復旧後三日を要した。



69 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/04(金) 01:54:00.04 ID:hyI/E2n80
>>68
我が家の近所に仙台市水道局があってね。
「水道局の威信にかけても、何があってもこのへんは断水させない」
と日頃から言われてはいたが、まさか本当にそうなるとは思わんかった。
電気ガスは代替が利くけど、水道だけは何ともならないから、本当にありがたかったね。

女友達がシャワー貸してくれって言うから、お湯は出ないと言ったのに、
それでも冬なのに喜んでシャワーしてたのが印象的。

70 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/04(金) 02:21:25.18 ID:hyI/E2n80
寝る前に一本だけ。

@仙台2号ー25

震災6日目・・・3月16日(水)

工場は自宅待機を命じていた。
「自宅待機なんだから、買い物とかでウロつくな」
と偉い奴は言っていたが、真性のバカだと思った。

バカには構わずガソリンを求めてさまよう。
オフクロは相変わらず買い物だ。スーパーで何かいい物が手に入るだろうか。
ホームセンター(長町のダイシン)にも行ってみたが、店内に入れない上に目ぼしい物・・乾電池
なんかは売り切れで、ここもお菓子くらい。

ガソリンスタンドはどこも行列で、当初入口が複数あるスタンドで入口ごとに行列ができてしまい、
どえらく揉めたところがあったとかで、どこも整理券方式になっていた。
まずは徹夜で整理券をゲットし、後から改めて並ぶというわけだ。

沿岸部の製油所が被災したため、ガソリンの供給は一般車の通行が禁じられた高速道路を使って
細々とだったので、どこのスタンドも備蓄を使い果たしては閉店するという有様だった。

それでも、太白区生出にある出光は、携行缶を持って並べば、整理券無しで買えた。
吹雪く中凍えそうになりながらだったが、今日もガソリンをゲットできたのは幸い。
3時間以上並んで日没の閉店間際にようやくだったが、それでもすぐ買えたような錯覚に陥る。

スタンドに並ぶ前、太白区郡山にある行きつけのラーメン屋「玄龍」が営業していた。
プロパンガスがある限りで醤油らーめんのみだったが、普段680円のところ500円で、ありがたくいただく。
ガソリン買った後、オフクロを連れてもう一度行った。
暖かいラーメンが身にも心にも深く染みた。

帰りしな、その「玄龍」もガス切れで、明日以降営業の見通しが立たない事を知る。
保存の利かない麺だからと、最後に残った僅かな麺を譲ってもらった。ありがたい。

後に石巻赤十字病院の院長が、食糧供給の直談判のため仙台に来た折り、ラーメン屋がやっているのを
見て、
「ラーメン屋がやっているような状態で、石巻の苦境がわかるわけが無い」
と嘆いていたのをTVのドキュメンタリー番組で見たが。
仙台の店にしても、残りが乏しいプロパンガスでどうにか青息吐息でやってる状態だったんだ。
他には太白区西中田(柳生)の「まるまつ」が出来る限りの食材で営業しており、行列ができていた。

夜にまたスタンドを求めて車を流す。
もうやっているスタンドは無かったが、オフクロの好物がコカコーラなのを思い出し、停電復旧した地域の
自販機を回って、10台目くらいでようやく買えた。
多くは停電復旧と同時に買い占められたようだが、田舎の集落なんかの自販機は意外と残っている。
コーラ以外だとなぜかリボンシトロンが多く手に入った。

帰宅すると、近所のオバサンがボイラー炊きの風呂を炊いてくれていた。
震災後初めて風呂に入って、だいぶ生き返った気分になった。

71 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/04(金) 02:37:01.60 ID:hyI/E2n80
番外編で風呂とプロパンガスの話。

@仙台2号ー26

風呂については、家庭の風呂で都市ガス使う所はもちろん使えない。
オール電化の家と、プロパンガス使っている家に関しては、停電さえ復旧すれば風呂に入れた。
それ以外はどうしていたかというと、「風呂に入りに行っていた」。

ご近所に行くか、銭湯や温泉の類だな。

ただし昔ながらの銭湯にしてもスーパー銭湯にしても、重油不足でボイラー炊けずに限定的な営業に留まり、
行列作って整理券もらい、一人10分までとか極端な制限があった。

名取や西多賀のスーパー銭湯「極楽湯」では、夜明け前から行列が絶えなかった。
たかだか10分の風呂入るために、早朝から何時間も並ぶという光景が当たり前だった。
メシを買うのも食うのも、風呂に入るのも、ガソリン買うのも、全部数時間単位で並ぶ世界だった。
一日にできる事は一つか二つしか無い。

では温泉はどうだったか。
意外や温泉も最初は使えなかった。
なぜかって、水道がダウンしてるから熱い源泉を薄められないのだ。
それでも秋保温泉で2軒ほど日帰り入浴をやってたから、何度か通った。
ガソリンをやたらと買ってたのにはそういう事情もある。

だから被災地情報には温泉や銭湯の営業情報も非常に重要だったな。
美容院のシャンプー情報も同様に貴重だった。

そしてプロパンガス。
ガスそのものは震災だからと急に需要が増えたわけでは無いのだが、地震で止まったシステムの
復旧作業で各戸を回る業者は目が回るような忙しさだったようだ。
肝心のガスも供給が途絶えてるから奪い合いのような状態だったらしい。
プロパンガス業者の中には震災で過労死した人の事も聞いた。

72 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/04(金) 02:45:55.42 ID:hyI/E2n80
さらに番外で仙台港の話。

@仙台2号ー27

これは我が家から遠いので縁が無く、知人の話なのだが。
震災後津波の水が引いてすぐ、仙台港周辺に現れたのは自衛隊など救助の人たちだけではなかった。

いわゆる火事場泥棒・・・・とはちょっと違うが、キリンビール仙台工場から流出した缶ビールなどを拾い
に来る地元住民で、ちょっとしたゴールドラッシュ状態だったらしい。
知人に言わせると、
「敷地の外で落ちているのを拾ったんだから、泥棒じゃない」
という事らしい。
知人は毎日飲んでも3か月分の缶ビールを拾ったらしいが、中にはトラックで来て根こそぎ持って行くやつも
いた。
その運転手は「にーちゃんたちも早く持っていかないと無くなるぞ!」と陽気に笑っていたらしい。

捜索にあたる自衛隊員の傍らで缶ビールや、カップラーメンを拾う物は絶えず、そうして拾った奴らは、後から
周りに武勇伝のように語っていた。

しかしそんな彼彼女らでも、貨物コンテナやドブだけは手をつけなかった。
中にまだ遺体が入っているかもしれなかったからだ。

死と欲が渦巻く仙台港周辺は、まさに世紀末の様相を呈していた。

後からその話を聞いた俺は、何か生きているのが嫌になったのを覚えている。

73 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/04(金) 02:54:07.08 ID:hyI/E2n80
そういえばこの頃だったかな。

首都圏で買占めがひどくて物が無いとかいうニュースを見たのは。

スーパーで売り場の担当者が
「もう品物がありません」
と指差す先には、パンやカップラーメンがまだあった。

コンビニでお爺ちゃんが
「こんなものしか買えなかった」
と言って見せた袋には、お茶やパンやオニギリが入っていた。

どちらも人が並んではいなかった。

何が物が無いだ、スーパーの中に入れるし、種類は少なくても買う物があるだけ・・・
津波の直撃を受けなかった俺でさえそう思ったくらいだから、避難所でTV見てた
人たちがどう思ったかは、想像に難くない。
あるいは放心していたのかも。

74 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/11/04(金) 18:43:20.61 ID:COru2NxO0
当日仕事で一晩中、一睡もせずに働いていたけど
現地はもっとすごい状況だったんだよね

75 :地震雷火事名無し(福島県):2011/11/08(火) 16:02:16.87 ID:ZvTJ2iW/0
福島でとあるスーパーが再開したとき、
ほとんどの人が食品、生活必需品を買う中、
カゴ二つ酒類だけでいっぱいにして、重そうにレジに並んでるお爺さんがいた・・・。
酒類はコンビニでも最後まで残ってたのに、一度に大量に買う意味分からなかった・・・。
そのお爺さんは、普段から大量に酒を買い込んでるんだろうか?
ちなみに、福島市内の飲料自販機、ミネラルウォーターは速攻なくなり、
次に果汁系、次にコーヒー等、そして炭酸の順に無くなったと思うが酒は最後まであったと思う。

76 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/09(水) 23:35:19.61 ID:bLSDBX6V0
この先からは毎日淡々とガソリン買う日々。
工場も震災翌々週から操業再開したんで、なおさら平日消費したガソリンを買うために、休日は
早朝から並んでた。

仙台でガソリンの供給が安定したのは4月2日。
この日からENEOSなどの24時間スタンドが通常営業を再開し、ほとんど並ばずにガソリン買えるようになった。

ただ、4月7日の最大余震では、停電した地域で再びガソリンスタンド渋滞が発生し、国道4号バイパス下り線も、
若林区遠見塚のENEOSを先頭にすさまじい渋滞。
実は停電して無い長町付近とかのスタンドだと、普通に並ばず買えたんだけどね。

ガソリンと言えば一つ残念な事があった。

工場が再開してすぐ、「携行缶を持っているものは提出するように」というお達しがあった。
営業の奴を法人契約してるため優先的に給油できるスタンドに並ばせて、携行缶に給油するらしい。
俺はまだ自分の携行缶に半分以上残ってたので出さなかったが、他の奴は提出した。

そして給油された携行缶が戻ってくるのをみんな待っていたのだが・・帰ってきたのは空の缶だった。
工場の出荷用車両に給油を優先したってのはまだわかる。
その残りはどうしたかといえば、工場のお偉方の自家用車に入れていた。

中にはこんな奴もいる。
そいつの携行缶は、手元に返された時、まだガソリンが残っていた。
これで自分の車の燃料不足も少しは解消できる・・・と思っていると、お偉方からの罵声が飛んだ。
「何してるんだ、それは俺の車に入れろ!」
なけ無しのガソリンは、お偉方の車に消え、そいつのところには一滴たりとも残らなかった。

震災で助け合う美談が流れる中、俺の勤めていた工場では、地位を悪用したエゴがまかり通っていた。
こんな会社、いっそ震災で潰れた方がマシだったのにと思った。

77 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/09(水) 23:50:39.03 ID:bLSDBX6V0
生活物資や食料の方は、ガソリンよりは早かった。

印象的だったのはコンビニで、震災後しばらくは数時間のみの限定的な営業。
夜はどこもやってなかったんだ。

我が家の近所でコンビニが通常営業を再開したのは3月24日。
その日の事はよく覚えてる。

工場帰りに、疲れた体に暖かい缶コーヒーでも飲みたいな・・でもコンビニやってないし、
自販機にも物が無いしと思う毎日。
しかし3月も24日になって、一軒のコンビニが、仙台の夜を照らした。

吸い寄せられるように車を寄せた俺は、ドキドキしながら店に入ったものだ。
営業こそ再開したものの、店の中にはほとんど何も無い。

売れ残りの雑誌はいつのだかわからなかったが、それでもそういう「読み物」に飢えていた
何人かが、久しぶりの雑誌を手に取って熱心に読んでいた。
週刊誌とか漫画雑誌が入荷するようになるのは4月に入ってからで、俺なんかは東京の
友人に頼んで送ってもらってたくらい。

生活用品は乾電池など消耗品以外はボチボチ。
食い物は、とにかくオニギリと「ドヤ顔の某シェフ」のニッチン何とかいうインスタントパスタだけが
やたらと売っていた。
それ以外はガムとタブレットなど、腹の足しにならない物が少々で、補給の続かないコンビニの
棚には、他には何も無かった。

飲み物は、お茶と缶コーヒーが少しだけあった。
缶コーヒーを手に取った俺は、しばし戸惑った事をよく覚えている。

「並ばずに物を買うなんて、そんなうまい話が本当にあるものか?」
その時の俺は、本当にそう思っていた。
震災から約二週間の生活は、俺から「日常の買い物」という感覚を完全に奪っていた。

レジで120円払った。
当たり前だが普通に買えた。
久しぶりの、温かい「ジョージア・エメマン微糖」は、復興の味だった。
これから始まるんだな、と思った。。。。。

78 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/10(木) 00:12:18.40 ID:GQjDM5vL0
そういえば、都市ガスが再開したのも4月2日だった。

仙台市ガス局は津波でLNGの供給設備を破壊されたんだが、新潟からのパイプラインが生きて
たんで、それで3月中の再開のメドがついたんだな。
当時は利府のグランディ21の前の公園駐車場に、関西方面からの東邦ガスなど業者多数応援に
来てて、必死こいて復旧してくれてたよ。

3月末から順次供給再開してたんだが、それで我が家は4月2日だから再開早い方。
真っ先に風呂炊いて入ったね。
それまでは近所で貰い湯するか、秋保温泉まで出かけて温泉入るかの二択だったから。
その代わり、近所は灯油炊きボイラーの風呂だったから、ガソリンに加えて灯油も何回も買った。
幸いにして、太白区生出の出光では、ガソリンはともかく灯油はほとんど並ばず買えた。

とにかく、自分の家の風呂は最高だった事は確かだ。

そんな感じで、仙台は4月に入って急速に震災から落ち着いていった。
津波食らった荒浜とか沿岸部は大変だったが、内陸は地滑りとかに合わない限り、インフラの復旧と
ガソリンや食料の通常販売の再開で、震災から3週間ほどで元の生活ができるようになったんだ。

4月7日の最大余震の時はまた停電やら水道止まったとこも多かったし、揺れそのものも大震災より
ひどかったくらいだけど、津波さえ無ければこんなもんだよなって程度だった。

4月の半ばくらいまでは震度5くらいの余震や停電も時々あったけど、それだけだった。

GW直前、一本の電話が入った。
気仙沼で消息不明になっていた友人からだった。
アパートが流され、旦那がケガをしたものの、家族全員無事で、仙台に移住して落ち着いたからと
連絡をくれた。
正直俺は、その友人はダメだっただろうと思ってハナから連絡してなかったもんで、驚くと同時に力が抜けた。
その友人を最後に、俺の親戚縁者友人知人、全員の無事が確認されたのだった。
震災で1人も欠ける事無かったのは、本当に幸いだった。

俺に関しての「震災と、それから落ち着くまでの話」はここまで。
長くなったけど、最後まで読んでくれた人がいたら礼を言いたいと思います。

79 :地震雷火事名無し(福岡県):2011/11/10(木) 00:17:59.73 ID:m8al0Mv30
リアルで情景が浮かぶような文章 凄く考えさせられました
仙台2号さんありがとね 続きヨロシクです

80 :地震雷火事名無し(宮城県):2011/11/10(木) 00:23:25.11 ID:fC3Pha+p0
会社の偉いやつら、ぶん殴りてぇ。

81 :79(福岡県):2011/11/10(木) 00:23:29.66 ID:m8al0Mv30
ごめん>>78で終わりでしたね
最後まで読みました!ありがとう

82 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/10(木) 00:32:07.63 ID:GQjDM5vL0
最後に番外編。俺自身の話では無いので。

震災当時、仙台港にある会社に勤めていた友人の話だ。
友人は震災直後、大津波警報の情報が入ると同時に、会社の全員と共に最上階に上がった。
ラジオかワンセグで情報が入ったのだろう、10m級の超大型津波だとわかり、最上階からさらに
屋上へ。
屋上と言っても正規のものではなく非常階段など無いので、椅子等を積み上げたり、みんなで
力を合わせて上ったそうだ。

そうしてしばらくすると、津波が何もかも流していった。
その時はただ、ただ無力感と、「何もかも終わりだ」と思っていたそうだ。

どうやら最上階までは津波が来なかったが、水が引かないので会社の中で一夜を明かし、翌朝
ガレキや泥をかき分けるようにして、徒歩で家路についた。
友人が10年以上手塩にかけてきた愛車は、どこに行ったものやら見当もつかない。

友人の家は仙台港から近かったので歩いて帰ったが、途中で遺体を見たそうだ。

「あ、これが遺体か。安らかな顔で死んでるな。」

すっかり感覚の麻痺した友人が、遺体を前にして思った感想はそれだけだったらしい。

そして帰り着いた友人の家もまた、津波に巻き込まれていた。
1階の天井にまで津波にあらわれ、中はメチャクチャだったので2階でしばらく過ごさざるをえなくなった。
当然ほとんどが1階にあった食料も流失し、近所のジャスコから流れ着いたカップラーメンなどで飢えを
しのぎ、半壊した無人の商店に食料を求めた事もあったという。
(略奪がどうのという話の中には、こういう話も含まれていると思われる)
プロパンガスのボンベは流されていなかったが、制御用の機器が冠水して使い物にならず、流失を免れた
カセットコンロ頼りだったそうだ。

数日後、ようやく避難所で携帯を充電した友人から連絡をもらった俺は、友人の家に行った。
街道からの道は、誰かの家に刺さっているトラックが塞いでいて行けなかった。

それではと反対側から行くと、逆立ちしたり引っくり返ったりした車がそこら中の家に刺さっており、
片付けに出された家具や電化製品、ガレキで道がほとんど埋まり、軽自動車でようやく通過できるという
有様。
それでも内陸で生き残った清掃業者や建設業者が、ガレキや車の撤去をようやく始めていた。
友人が日常生活を取り戻し、再開した職場に復帰するには数ヶ月かかった。

特に印象的だった友人の体験で、本当に最後にします。ありがとうございました。

83 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/10(木) 00:43:35.71 ID:GQjDM5vL0
>>79>>81
あら。
反応がボチボチ無くなってたんで、早足で終わりにしちゃいましたが。
エピソード的な話はまだあります。
時系列が前後してもいいなら、もう少しスレを伸ばしてみましょうか。
自分の中で震災に一区切りつけるために、気仙沼に出かけた6月まで
いろいろとあります。

まぁ気が向いたら程度という事で、そのうち書きます。

>>80
あれは本当に信じがたい出来事でしたね。
ただ奪うばかりで、ねぎらいや気遣いの言葉はただの一言もありませんでした。
非常時になると、人間の本性がわかりますよ。

84 :地震雷火事名無し(東日本):2011/11/10(木) 00:48:03.39 ID:DKBO5Qii0
仙台2号さん乙。当時の状況が良く分かります。

85 :地震雷火事名無し(四国地方):2011/11/10(木) 01:45:41.18 ID:u9mY58WJO
>復興の味がした

めちゃええ文章やん

86 :地震雷火事名無し(千葉県):2011/11/10(木) 02:05:35.05 ID:EHq8XzU20
仙台2号さん、2ちゃんでこれほど身近に被災された人の実状が分かる
文章に出会わなかったよ。
本当にありがとう。
まだまだ困っている方もいるだろうから、少しだけれど赤十字に募金するよ。

87 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/11/10(木) 05:56:08.98 ID:z7u1TIQxO
仙台2号さんの文章は淡々として無駄がないからとても読みやすいよ。
引き込まれるし、状況が浮かぶようで胸にくる。

貴重な体験談をありがとう。
他にもエピソードがあるなら読みたいと思う。

88 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/10(木) 20:47:17.51 ID:GQjDM5vL0
みんな、ありがとう。

>>85
コンビニで買い物は、文明的な行為なんだ。
こうして一つ一つ、文明文化を取り戻すのも復興だと思う。

>>86
ありがとう。本当にありがとう。
義援金も集まるばかりで配布が進まないなど実情厳しいものはあれど、
底が尽きない限り、必ず困っている誰かの役に立つはずだ。

>>87
感情をこめようと思えばいくらでも込められる。
だが、それはとても辛い事でもある。
だからこそ淡々と書けるのだと思う。

番外編は少しずつ書くから、たまにこのスレ見に来てくれ。

89 :地震雷火事名無し(東日本):2011/11/10(木) 21:36:27.44 ID:BVe3jJGt0
>>88
すごくよかったです。また番外編など楽しみにしています。

私のうちも、ADSLで、こんなこともあろうかと取ってあった昔のプッシュホンが
役になって、固定電話のみ使えました。ただし、かけられなくて、かかってくる
だけでしたが。ちょうど光にする手配をして、開通待ちのときに震災が来たので
したが、またこんなことになるかもしれないし、と、光をキャンセルしました。

90 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/11(金) 01:11:35.89 ID:096RXY2Q0
>>89
俺もインタネットこそ光だが、ちょっとNTT関連の仕事もした事があり、
光回線機器の弱点は知っていたので、電話はアナログのままにしていた。

営業先で
「ひかり電話(NTT東日本の光回線電話)は停電でダウンするから、アナログ残して
おかないと、どうにもならなくなりますよ。」
と、口を酸っぱくして言ったのだが、返ってくる応えは一様に

「バックアップ電源(2時間しかもたない)があるから大丈夫」
「いざとなったら携帯があるし」

あの大災害の後で、どれだけの人が考えを変えただろう。
俺も震災後にヨドバシで店員に「ひかりTV」を薦められたが、
災害で真っ先にダウンするTVなぞいらんと突っぱね、代わりにBSを入れた。

あの時、地上波も非常電源の燃料に不安があり、東北放送などはいつまで放送を
続けられるかわからないと言っていた。
TVの衛星放送と短波ラジオは最後の情報の砦なので、押さえておくべき。

91 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/11(金) 01:27:57.75 ID:096RXY2Q0
これからエピソード編へと移る前に、一つ震災直前の光景を残しておきたいと思う。

そもそもは、震災2日前の地震だった。
マグニチュード7.3。
震度5弱。

その時も工場は結構揺れたが、そろそろ宮城県沖地震が近いのかなという思いは
共通していて、今後地震の時にどうするか、なんて事が話題の中心だった。

工場のお偉方は
「中越地震(新潟)では機械が倒れた。大きな地震が来たら、機械の前の方にいるな」
と言っていたのだが。

俺の先輩の職人は
「地震が来てもよォ、このゴツくて重たい機械の前が一番安全なんだ、こいつはさすがに
倒れないだろうし、天井落ちてきても機械が食い止めるんだって」
と、笑っていた。

課長は俺と図面の話し合いをしてる時、ふと思い立ったように
「あ、地震だ。」
と、軽い余震で揺れる工場をぼんやりと眺めていた。
普段は、そんな事をする人じゃなかった。

ガソリンスタンドに勤める友人は、揺れの間だけタイヤ交換の手を休め、収まると何事も
無かったかのように作業を再開した。

宮城県は数年前から宮城北部地震や岩手宮城内陸地震などで震度5〜6の地震には
何度も見舞われて、地震の巣のようになっていたから、震度5弱ぐらいでは慌てる人は
少なかった。

他の地方の人が
「そんなんじゃ危ないんじゃないの?」
とたしなめると、決まって
「震度5くらいでビビってたら、宮城にゃ住めないよ」
と、笑っていた。

宮城県民は、地震に特別慣れた人種だと、本人たちも思っていた。
そのはずだった。
あの日までは。

その冷静さが仇となった結果が、他県も含む約2万人の旅立ちに繋がった。
2日前の地震が、その傲慢さの総仕上げになった。

92 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/11(金) 01:41:06.95 ID:096RXY2Q0
震災では、俺のように幸運な者ばかりでは無い。
先に上げた仙台港勤務の友人以外にも、いろんな話があった。

震災時、たまたま非番だったスタンド勤務の友人は、自宅の七ヶ浜に車を走らせた。
産業道路を仙台方向に渋滞する車列と反対側、海に向かって車を走らせ、陸上自衛隊
多賀城駐屯地の前にある橋を渡った。

その直後に、彼の走ってきた産業道路は津波に襲われる。
しかし、津波の方向は友人の車を僅かにそれ、間一髪で通過する事ができた。
安全な方向に走っていたはずの車列は、渋滞したまま文字通り全滅した。

さらに友人が帰宅後、その地区も津波に襲われた。
友人の家は高台で難を逃れたが、その下の家は沈んだ。

自宅が助かって幸いと思いきや、大津波警報下の避難指示で、さらに高台の祖母宅に逃れた。
直後、仙台港のコンビナートが爆発し、近くにあった祖母宅に、今度はコンビナート火災による避難命令が出た。

海からは津波、陸からは火災に挟まれるという不安な状態で、結局は元の
自宅で数日を過ごす事になる。

危機を脱した友人がスタンドに復帰すると、そこは血走った目をして神経をとがらせ、
ガソリンを求めに殺到する客との戦場だった。

転戦を重ねた彼が戦場からの帰還を果たすのは、4月に入ってからとなる。

93 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/11(金) 01:57:20.78 ID:096RXY2Q0
宮城県石巻市渡波地区の、俺の一族友人の話。

俺の友人の妹は、震災直後に車での帰宅を図っていた。

進まない車列。
ラジオからの危機を告げる放送。

海の目と鼻の先を通っている国道だか県道だかで渋滞に巻かれていた友人の妹は、
突然の津波に車ごと流された。あっという間だった。

気がつけば、波にもまれながら、港から流れてきた木材につかまり、友人の妹は
かろうじて浮いていた。
雪が吹きすさび、冬の冷たい海水は体力を急速に奪う。

友人の妹は叫んだ。何度も叫んだ。叫んでいないと、意識が遠のきそうだった。

「やっと○○くんと結婚できたのに、こんなところで死んでたまるかー!!」

友人の妹は新婚だった。
まだまだこれからだった。
だからこそ生への執着が勝り、暗くなった頃ようやく旧赤十字病院のあたりに上陸し、
生き延びた。

既に家の近くだったので避難所で母親とすぐに再開して毛布にくるまっていると、
やはり生き残った父親が飛び込んできた。
父親は何よりも先に、妹ではなく妻の名前を叫んだそうだ。

極限の状況の中で、夫婦愛が確かめられた瞬間だった。
友達の妹が、新婚の旦那と再会するのは、その数日後となる。

その一族のエピソードはそれで終わらない。
友人の祖母は、津波で壊滅した牡鹿半島の鮎川浜に住んでいた。

友人も含め、絶望と思っていた。
「おばあちゃんが死んじゃった・・・」
呆然としているところに電話が鳴る。

「おぅぃ、今仙台さ来てんだけど、おめ、どこさいんだ?」
(仙台にいるんだけど、おまえはどこにいるんだ?)

全くの偶然。
友人の祖母は、震災当日仙台の甥の所に出かけていて、無事だった。

悪運に恵まれ全員が生き残った友人の一族は、今、台風などが来ると
容易に冠水する地盤沈下と戦いながら、しぶとく生きている。

94 :地震雷火事名無し(東日本):2011/11/11(金) 02:00:50.49 ID:S738kWdS0
確かになあ、ほんとうに色んな話がありますよね。。。
自分は生まれも育ちも内陸部だから、自分も友人も津波がらみの怖い目には
あわなかったけど、親戚が亡くなったり、家を流されるのを背中に感じなが
ら間一髪で崖を駆け上って家族三人難を逃れたり、流されてたけど若い人が
助け上げてくれて、でも、その流れの中を、みんなが「助けてー」と叫びな
がら流されていくのを見ちゃって、参ってるお年寄りとか、話は色々…。

今日はちょうど8ヶ月ですね。。。黙祷しようと思います。

95 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/11(金) 02:10:10.36 ID:gRi8EgRu0
仙台2号さんお疲れ様です。一気に読ませていただきました。

いろんな恐ろしい思いや、ご苦労が、よく分かりました。
お勤め先の工場のお話は、他人事ながら、腹が立ちました。

レスしたいんだけども、何とレスしていいものか分からなくて、困惑しながら、
食い入るように読んでいる人もたくさんいると思います。

余裕のあるときに、少しずつ、その他の御体験も聞かせていただければと思います。

96 :地震雷火事名無し(長屋):2011/11/11(金) 21:46:33.09 ID:FAbRvTSy0
自分もも会社に仙台港で被災した人がいて、
面識はあるし、会う機会もあるのだけど、
「あの時どうだったんですか?」と聞けない。
つらいこともあっただろうし思い出したくないかもしれないし…
また聞きではこうだったらしいああだったらしいとは聞くけど、
実際どうだったかは体験した人でなければわからないよな



97 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/11(金) 22:08:41.19 ID:096RXY2Q0
私自身のエピソードも踏まえつつ、続けます。
時系列が前後するのはご勘弁を。

@仙台2号ー31

この日何度目だろうか。
ヘリコプターの爆音が響いた。

工場の機械を操作しながら、
また誰か死んだのか・・・・と暗鬱とした気持ちになった。
いや、正確には死んだ、ではない。
見つかった、が正しい。

工場の近くにあるスポーツ施設「グランディ21」は、遺体収容所になっていた。
宮城県内どのへんの範囲までかは知らないが、捜索の上、収容された
遺体の多くが「グランディ21」に運ばれていた。

そこで行方不明者を探しに来た遺族と出会えればラッキー。
冗談じゃない。

工場は震災から10日後、3月21日に本格操業を再開した。
俺も通勤に必要なガソリンを確保し、土日にまたスタンド並べば大丈夫という
体制を整えた。

問題は飯だった。
食料の物流体制はまだ整わず、社員の多くは米だけはあったので、オニギリか
カップラーメン(工場の水道は止まっているから、ポット持参だ)で昼食を取った。

震災前には仕出しの業者から弁当を頼む者もいたが、事もあろうに仙台港の
近くにあった仕出し屋は、津波で壊滅していた。

しばらくして別な仕出し屋と契約したが、壊滅した方はその後誰か助かって集金
とか来たのだろうか。

昼飯後の休憩時間の話題は、自ずと
「親戚が死んだ」
という話と、Youtubeで配信が始まっていた津波の映像だった。

不思議なほど明るい口調で、津波に車を流された奴を馬鹿にした後、死んだ
親戚の葬式がいつになるのか見当もつかない、というような話になるのが常だった。

工場は不思議と仕事があった。
取引先は日本海側にあって操業を続けているところも多く、出荷のトラックは秋田
などで軽油を補給して帰ってきた。

ただ、ある日、福島県のある会社の注文が、材料を切り出したところで急にキャンセルに
なった。
放射能汚染の心配がある地域からの出荷は見通しが立たないからと、部品の注文も
ストップしたのだ。
ウチと同じような下請けが釜石にあり、そこからの部品が来なくて組み立てができないからと、
在庫分以上の注文が来なくなったケースもあった。

ただ、それでも工場はそれなりに忙しかった。
一品物の注文がたまに入るのは、震災で壊れた機械の部品だろうか。

夕闇が迫る中で操業を続ける工場に、またヘリコプターの爆音が聞こえてきた。
断水の続く地域に住む同僚は、震災以来作業着の洗濯ができないと、笑っていた。

98 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/11(金) 22:16:09.49 ID:096RXY2Q0
>>94
8ヶ月。
もう8ヶ月と思うか、まだ8ヶ月と思うか。
自分自身、当時撮影した写真やあちこちに残した日記が無ければ、思い出が
どんどん風化していったはずだ。
辛い話だけど、書ける奴はまた聞きでもいから、どんどん書いた方がいいと思う。

>>95
ありがとう。
正直、こういう話を見て戸惑う人間というのは多いと思う。
無理も無い。
俺だって阪神淡路大震災はまったくの他人事だった。

>>96
話してもいいと思う人は、自ら話をすると思う。
あるいは、話してはみたけども、理解されずに変な同情だけされて嫌になったとか。

99 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/11(金) 22:46:29.71 ID:096RXY2Q0
@仙台2号ー32
震災から数日後に話はまだ戻るが。

多賀城の友人を風呂に入れてやろうと、名取のスーパー銭湯「極楽湯」に、
朝の6時から並んだ。

2時間並んでようやく10分だけ入湯できる整理券をもらうと、多賀城に急いだ。
友人の家は津波で半壊し、風呂などは考えもつかなかった。

多賀城から仙台市宮城野区中野栄にかけての国道45号には、壁ができていた。
津波に流された車が、撤去を待つ間、とりあえずという事で道端によけられ、
あるいは積み上げられていた。

それでも道路以外に流れ着いた車は、そこかしこで放置されたままだった。
一応自衛隊による捜索が行われたうえでの撤去作業だったはずだが、
「絶対中で見つかってない遺体がある」
と、地元住民は確信しているようだった。

中野栄を抜けて津波被害の地域を脱すると、友人がため息をついた
「なんだろうな、このギャップは・・・」
津波の来なかった地域は、地震なぞ無かったかのようだった。

ガソリンの供給が滞っているわりには、車の量はそれなりに多かった。
ただ、飛ばしてあるくような奴はさすがにおらず、誰もがアクセルを緩めていた。

ガソリンの一滴は血の一滴。
俺はアイドリングストップどころか、前の信号が赤になるとわかった瞬間に
エンジンを切り、惰性で進んだ。

それでも友人宅への往復はきわどいものがあったが、そんな事ばかりも
言っていられなかった。

100 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/11(金) 22:52:24.71 ID:096RXY2Q0
@仙台2号-33

慌しく風呂を済ませた友人を乗せて多賀城にトンボ帰りする道すがら、
仙台港近くのポリテクセンター(職業訓練所)に寄った。

俺も以前通った事のある、平屋の溶接棟は、天井近くまで冠水し、工作機械や
溶接機は全滅だった。

後に別な友人が、当時ポリテクに通っていて震災にあったが、職員と訓練生は全員
ただちに3階建ての事務棟に避難し、通学に使っていた愛車が流されていくのを呆然
と見ていたらしい。

ポリテクの前に立つと、空気はどんよりと濁り、空は茶色がかっていた。
ひどくホコリっぽく泥臭い空気を吸いながら周りを見渡すと、近所のマンションの上階に

「ガンバロー多賀城!」

という大きな垂れ幕が下がっていた。
手作りで、マスコミ受けしそうだ。
これで新聞記事やニュースにでも流れたら、胸を熱くする人もいただろう。

だが、修羅場をくぐり抜けて生き延びた友人は、それを見てボソリと言った。

「何が頑張れだよ。何を頑張ればいいんだよ。やめてくれよ・・・・」

俺は何も言えなかった。

気を取り直し、友人の行きつけの店に行った。
陸上自衛隊多賀城駐屯地の前にある焼き鳥屋だ。

主と店員が、津波でどっぷり冠水した店から、畳などを出し終えて一息ついていた。
店の再開は、まだ考えられないと、途方に暮れていた。
主と店員は、中身の少ない箱からタバコを出して、大事そうに吸っていた。
多賀城周辺では、タバコがまだ手に入らなかった。

俺は車にたまたま置いていた、自分のタバコのカートンを差し出した。
主が金を出そうとするのを
「支援物資だ。金はいらない。」
と、押し付けるようにして渡した。

主は本気で泣きながら、すいません、すいませんと何度も言った。
頑張ってください、と言おうとしたが、先ほどの友人のボヤキを思い出して、何も言わなかった。

101 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/11/11(金) 23:05:49.88 ID:XW1Pe917O
11です。
仙台2号さん、お疲れ様です。
福島在住の我が家、年内に関東への転居が決定しました。
関東といっても低汚染地帯だから今よりマシ。
失業しなくて済んだ我が家はまだ良い方。


時々、知人と津波の話になります。
内陸部の我が町は、みんな津波は他人事です。
原発問題が大変だから、余所まで意識が回らないのは仕方ない。
けど、「津波は終わったけと原発は終わってない、我々の方が大変」みたいに言われるのが、仙台市出身の私には辛い。

まだ、津波は終わってないよ。
友達は、今も行方不明。
まだ何も終わってない。
亡くなった知人は両手で足りない。

原発問題は確かに大変だし、私も当事者だけど、もう「終わった事」と扱われるのが何より辛い。


…不幸比べしたって、仕方ないのにね。




愚痴、スマソ。


102 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/11(金) 23:10:13.88 ID:096RXY2Q0
@仙台2号-34

そういえば震災の翌日くらいから行列のできた店に、「焼き鳥屋」がある。
仙台駅前に出かけた帰り、若林区の河原町を通りかかったら行列ができていた。

持ち帰り限定で、数件の焼き鳥屋が営業を再開していたのだ。
炭火焼きが売りの焼き鳥屋は、肉が続く限り営業を続けそうだった。

だったら同じ炭火で焼く牛タン屋も再開しそうだが、市内各所にあるチェーン店「利休」の
再開はずいぶん後の話になる。

他に食い物といえば、直売所を持っている近所の農家にも買いに行った。
後から考えると、放射能混じりかもしれない雨が降った後で何かと問題があるような気がしたが。
当時はそれ以外に、生鮮食品を買う手段が無かった。

泉区にある農場では、ラジオで
「誰でもいいから牛乳を取りにくるよう」
呼びかけていた。
出荷も貯蔵も見通しもたたず、腐らせるくらいなら配ってしまえと、ヤケクソのようだった。

たぶん避難所や沿岸の被災地が優先されたのだろう、市内では炊き出しや露店などはほとんど
見かけなかった。
たいていはスーパーやコンビニに並んだ。

仙台市中心部の、あるファミリーマートでは、全ての物を叩き売りしていた。
「値段も何もあったもんじゃない。とにかく必要としてる人がいるんだし、全部100円でいいから持っていけ!ですよ」
店長もヤケクソ気味だった。

他のコンビニでは、営業再開の噂を聞きつけた住民が徹夜で並んでいた。
子供のミルクを買うために、10時間以上並んだ若い母親もいた。
津波を受けなかったがインフラの壊滅した中心部は、物流にも素通りされるまま、あらゆる物資が不足していた。

しかし、不足している物資は、もっと悲惨な目にあった人々のために必要だからと、文句を言わずに
店が開くのを黙々と待つ人が大半だった。

銀行は営業時間を延長していた。
しかし、金はあっても買う物が無いのには、苦笑するしか無かった。
余裕のある奴は山形や新潟まで買い物に出ていたが、山形でもガソリン不足が深刻になっていた。

103 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/11(金) 23:33:14.18 ID:096RXY2Q0
>>101
>>11さん落ち着き先が決まって何より。
俺も以前
「震災の慰霊碑などあれば行きたいのですが・・・」
と、他地方の友人に言われた事があるが、まだ捜索も続いているような状態で、
現在進行形である震災に、まだ慰霊碑は無い(一部では鎮魂碑が立ったとこもあるが)と、
憮然として言い返してしまった事がある。
ちょっと大人気なかったな。

それと、これから書く話を見て、関東での生活は少し覚悟してほしい。

@仙台2号-35

震災から2週間ほどした頃、福島県浪江町の親戚の続報が入った。
二本松の避難所から福島の親戚に身を寄せた後、子供達が住むところに近いからと、
東京に転居したようだ。
親戚は大混乱の脱出行のさなか、辛うじて通帳と印鑑だけ持って逃げたから、金は
何とかなった。
そこまで機転の回らない住民が多いから、避難所暮らしが辛い人も大勢いた中、親戚は
ラッキーだった。

ただ、悲しい出来事があった。
東京で最初に借りようとしたアパートだが、普通に話が進んでさぁ契約の段になり、元の
住所を伝えたところで不動産業者の顔色が変わった。

「すいません、浪江など福島原発周辺の方はお断りしています。」

親戚は唖然とした。
俺も福島ナンバーの車が石を投げられたり、飲食店で福島県民お断りみたいな話は
聞いていたが、どうせ誇張された半分デマくらいに思っていた。
だから、身内が被害者になるなどと、思ってもみなかった。

幸い他の業者で快く貸してもらったために落ち着く事ができたが、その後も福島県民の
受難は続く事になる。
おまけに町役場なども疎開で機能不全に近いとは言え、自力で避難した者への扱いは
冷淡だった。
近場で抱え込んでいる、自力でどうにもできない避難者だけで手一杯と言えばそれまで
だが。

東京に住んでいる俺の姉も、苦痛を受けた1人だった。
震災ボランティアで何度も宮城や福島を訪れたのだが、とにかくまずは職場の理解が
全く得られなかった。
ボランティアそのものというより、なんで放射能汚染された地域に何度も行くのか、おかしい
んじゃないのか、とか、そういう扱いだった。

遠くから金くらいは出すが、自分が直接影響を受けるのは真っ平ゴメンだ、とか、放射能
帯びてるような人間に近づきたくないとか、そういう話はいくらでもあった。

104 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/11/11(金) 23:35:51.24 ID:UeJRmmVR0
関西へこれば良いのに



105 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/11(金) 23:45:23.69 ID:096RXY2Q0
@仙台2号ー36

工場が再開してから少し経った頃、近所から自転車で通っている同僚が妙な事を言い出した。

「遺体収容所のグランディの前を通ると、急にペダルが重くなる。」

オカルトな話だが、誰も笑わなかった。

「夜になると、グランディから家に帰ろうとする人の霊が見える」

などという話まで飛び出した。
2万人近くが一度に死んだんだ。
それくらいの話はあっても不思議じゃない。

俺も一度だけ見た。

どうにか復旧した高速道路で帰宅中、グランディから伸びる橋の上。
紫色シルエットの人影が何人もいた。

津波に流されて、意識を失って。
気がつきゃ遠く離れた町で遺体になってゴロ寝だ。
帰りたいよな。
故郷に帰りたいよな。
あんなとこで成仏なんかできないよな。

きっとみんな、故郷の、海の近くの故郷に向かって、帰って行ったんだと思う。

106 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/11(金) 23:48:01.87 ID:096RXY2Q0
>>104
移住じゃなくてあくまで避難の場合、よほど腹くくった上で財産にも余裕が無いと、
そうそう遠くには行けないよ。
(>>11の場合、仕事絡みもあるようだから、そもそも選択肢が無いんだろう)
一時帰宅とかで帰らないといけない時もあるから、なおさら。

107 :地震雷火事名無し(山梨県):2011/11/11(金) 23:52:29.36 ID:dzzIKttb0
仙台2号さん
丁寧に読み手に伝わりやすい、また、今後必要と思われる対策案や
情報も織り交ぜていただき感謝して拝読させていただきました。
この文章の多大な作成時間、想い・・・
読み手や・・・、なんといいますか・・・
仙台2号さんの人々を本当に、大切に考えて、出来ることを日常生活で
当たり前に実行している。そんな人柄が伺えます。

私は3児の父で、東海沖地震地域に住むものですが
非常に残念なことですが、私の周りは津波被害の忘却は勿論、
放射能問題ですら真面目に向き合う人がほとんど居ない状況です。
そんな地域ですが、東日本大震災のことを忘れず
少ない事ですが、出来ることを実行している人もおります。
人と人の繋がりを大切に、皆で笑顔を取り戻したいと
切に願い、行動を起こす人がまだまだいることを
こちらで確認させていただきました。
仙台2号さんやコメントされている皆様
久しぶりに希望を感じさせて下さり
心より感謝致します。
ありがとうございます。

長文駄文でスマソデス

108 : 【東北電 74.5 %】 (宮城県):2011/11/12(土) 00:09:14.47 ID:rPV1d1a90
>>101
先ずはお引越し決定おめでとうございます。
横レスになりますが、少々気になったもので…。

私は101さんとは逆で、福島出身仙台在住です。
震災時は実家のある現避難区域におり、震災後転々と避難し、最終的に仙台に越してきました。
過去には宮城・関東数箇所にも住んでいたので、どの地域にも知人がいて、どこの被害も他人事ではありません。
ですがこちらに越してきてから、>>101さんとは正反対の意見を耳にして悲しくなりました。

不幸比べには意味がないと>>101さんが仰ってるように、どんな体験もその人にとって辛い体験です。
宮城でも内陸部では地震も津波も他人事のように扱う人もいます。
でもそれは、生の情報の格差があるから仕方のない事だと思います。
その人の味わった恐怖も憤りも、状況の違う他人には推し量る事しか出来ないですし。

だからこそ、その一部の方が仰った事を理由に、読み手に集団の性質を誤解させるような書き方は控えて頂ければ…と思います。
宮城も福島も大切だからこそ、少しでも対立等して欲しくないので…。

109 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/12(土) 00:13:23.19 ID:DK//F1I+0
@仙台2号-36

俺は遠距離通勤なので仙台東部道路で通勤していたのだが、
仙台東部道路と仙台南部道路が比較的早く復旧したのはありがたかった。

復興の動脈である東北道こそ時間がかかったが、仙台東部道路、そして石巻方面に延びる
三陸道は、住民のための生活道路でもあったわけで。

ただ、東部道路と南部道路を結ぶ若林ジャンクションが津波の直撃を受けてガレキに覆われ、
道路の点検と合わせてすぐには復旧できなかった。

再開後は早速それで通勤したのだが、高い場所から眺める沿岸部の光景には気が滅入った。
工場が残業続きだったので、沿岸部を眺める事ができる上り線は、夜しか走らなかったのだが。

それでも右を見れば停電から回復した都市部の明りがまぶしく。
翻って左を見れば、沿岸部は漆黒の闇。

ただ一本、停電から回復して街灯の点灯している市道があった。
その街灯の列以外に、明りは一切無く、そしてその列は海に向かって真っ直ぐに伸びていた。

街灯がかすかに照らし出していたのは、津波に運ばれた泥に覆われた道路と、そして未だに
水が引かない、田畑だったものだけだった。

それは、海の上を遥か彼方まで延びる、まさに黄泉への道だった。
その道を夜に海へ向けて走ったら、帰れなくなるんじゃないかと思った。

そうした光景を見ながら若林ジャンクションに差し掛かると、一軒の巨大な老人ホームがあった。
震災からしばらくたっていたが、周りに明りも無く、冠水した田畑のど真ん中にそびえ立つそれは、
孤立した要塞のようにも見えた。

海水に包囲された要塞には電気が通っているのか明るかったが、空気がひどく淀んでいた日々が
続いていたためか、ひどく鈍く、ぼんやりとした明かりに見えた。
いまにも消えそうなロウソクにも似た、その明かりを毎日見ながら帰るのは、気の滅入る話だった。

ある日残業も無く、明るい内に東部道路を走った。
海の方を見て、笑い出したくなった。

こんなに海が近いなんて、今まで知らなかった!

今まで森だと思って見ていたのは、海岸の防潮林だった。
それらの木々は周りの家々と共にほとんどがなぎ倒され、海がよく見えた。
なぎ倒された木々は丸太となって、流された家と共に、東部道路の近くの農地まで転々と、流されてきていた。

春になっても、それら農地だったところは復旧する事が無かった。
ただ、草だけが生えてきて、青々とした荒地になった。

いい加減荒れ地っぷりが板についたところで、ようやくガレキや丸太が撤去され始まったのは、
8月くらいの話である。

110 :地震雷火事名無し(関西地方):2011/11/12(土) 00:19:16.14 ID:/SarZCvwO
仙台2号様
私は子に被曝と思われる症状がでたと判断したので東京のホトスポから疎開しています。愚かな母の動物的勘だけで動きました。経済的にいつまで続くか…
民放TVの震災の話は何だか苦手でみていられなくなるのですが、あなた様の書く文章は辛く胸が苦しくなっても読まずにはいられません。気持ちに余裕ができたらまた色々教えて下さいね。
御自愛下さい。

111 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/12(土) 00:37:10.92 ID:DK//F1I+0
>>107
俺は何もしとらんよ。
ただオフクロの手助けをし、近所の世話に少しだけ加わり、たまたま縁のあった人に
タバコを出したりフロに連れて行ったりしただけで。
その程度の話なら、ここには腐るほどある。

むしろ褒め称えられるべき人々は、他に大勢いる。

ボランティアに来ていただいた全国の多くの方々。
そして津波が来た時に最後まで全力を尽くし、還らぬ人となった人達。

特に警察消防(消防団含む)と自治体職員は、自らが助からない事を知ってか知らぬか、
自らを省みず住民の避難に命尽きるまで奮闘した。

彼らは、義務を果たした。

全国的には南三陸町の防災無線が、防災庁舎が津波に飲まれる寸前まで放送を続けた
事がよく知られているが。

地元紙では、同じように津波に飲まれながら、最上階にある放送室まで海水がなだれこみ、
放送機器が冠水して使用不能になるまで
「早く高台に逃げろ!」
と絶叫していた、女川町役場の防災無線の話も報道されている。
(女川町の場合、幸いにして役場屋上は残ったので、最後まで放送していた職員も助かったが)

これらのほとんどは、震災が起きるまでは>>107さんが言っていたのと同じ
「いつ起きるかわからない災害なんて、普段から真面目に考えているわけがない」
人々だったよ。

大丈夫。
みんな日頃はどうあれ、いざとなれば普段は忘れている人間らしさを、たちどころに取り戻す。

だから今は安心して、何事も無い日々を送ってほしい。
震災の事ばかり考えず、楽しい思い出も、いっぱい作ってほしい。

そしていろいろな事を考える人がいるけど、なるべくなら責めないでほしい。
・・・俺が書いても、それほど説得力は無いかもしれないが。

112 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/12(土) 00:52:41.57 ID:DK//F1I+0
>>108
俺も例外じゃないが、誰だって自分にとっては、自分が一番辛いものだよ。

他人の苦労や悲しみを「知って」はいても「理解」する事は難しい。

できる事は、できるだけ他人を責めない事。
「理解できない事を、理解する事」
それだけだよね。

今はとにかく、こういう話が出てしまう事は仕方の無い事だと思う。

>>109
ありがとう。
本能だけで動くとアレコレ言われるのは仕方の無い事だけど、母親というのはまず
人間である前に「母」だから。

俺は男だから、そういう行動に出る事を理解はできないが、「母親だからという事であれば」納得はできる。

あとは、母として現実的な手法をどんどん模索してほしい。
経済的に苦しいなら、役所やマザーズハローワーク的な所も含め、相談できそうな
ところは片端から当たって欲しい。

探せば意外と役に立ちそうな制度などがある場合もあるから、とにかく母として
強くあるためにも、行動を。
そしていつか「ウチの母さんは強かった」と言われて欲しい。

ウチのオフクロなんか普段はボケ老人一歩手前じゃないかと思う事もあるが、危急存亡の
時となると、やはり「母は強し」と思わざるをえない。



113 :地震雷火事名無し(内モンゴル自治区):2011/11/12(土) 00:55:08.51 ID:Lm+Y6oft0
仙台なんてバブルで飲み屋やら高級車売れまくり自治体なんだろ
パンダまで呼ぼうとか気楽な街だな
少しは沿岸に目を向けろよ宮城県民はw

114 : 【東北電 72.4 %】 (宮城県):2011/11/12(土) 00:58:44.84 ID:rPV1d1a90
>>111
責めているように見えたならごめんなさい。
決して責めたかった訳じゃなくて、立場は逆だけど似たような感情を抱いたからこそ、これ以上軋轢が生じる事は避けたかったんです。
一番は日本中揉め事なく平和になればって思います。
福島県民だった私がここで言っても、今は反感買うだけかもしれないですけれど…。

スレ汚し失礼致しました。

115 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/12(土) 02:13:06.46 ID:DK//F1I+0
>>113
仙台市若林区・宮城野区沿岸は津波で壊滅した。
この世の地獄を見たければ、俺のいる太白区長町近辺からは車で10分もかからなかった。

救援のために舞い降りた業者や団体などでホテルは満席だったが、震災の惨状を目の当
たりにして、荒れた心を癒すために血走った目で酒をあおりまくり、皆殺気立っていた。

とにかく同じような作業を同じような時間に切り上げる団体ばかりのため、旅館ホテルの厨房や
仲居は、自らもまた被災者であるにも関わらず、客の怒号を浴びる事に甘んじた。
そうした人々が発散しようと出かける歓楽街がどうだったかまでは、俺は聞いていない。

それもまた震災の一面。

パンダはなぜ市長がそれに決めたのかは知らないが、震災で明らかに精神的ショックと
ストレスを抱えている子供達には、何らかの癒しが必要なのは確かだ。
パンダ以外に、例の実物大ガンダムを誘致したらという声もある。

高級車は知らん。少なくとも町の中心部で増えたというイメージは全く無い。

>>114
うん。
言いたい事はわかるつもり。
ただ、上辺だけ取り繕うより、本心から思う事があるなら言ってしまった方がいい事もある。

その上で、言ってしまった者に含む事をせず、ただ受け入れればいいかと思う。
だから俺はとにかく、今ここでは現実を伝えている。

116 :地震雷火事名無し(福岡県):2011/11/12(土) 02:58:11.36 ID:Yha1bL+10
続編キター!
早速読ませてもらいました ありがとうございます!
九州ですがうちも職場が海に近くて もし津波来たらどうしようとか
色々考えながら読んでいます。
淡々と書いてくれていても、やっぱり東北の人達の温かさが伝わるよ

117 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/12(土) 03:36:41.14 ID:DK//F1I+0
>>116
津波に関しては、逃げる以外無い。
それ以外の全ては死に直結する。

今までの話では温かさを感じるエピソードが多かったかもしれないが、
そういう話だけではない。
この先そういう話も出ると思う。

俺にしたところで美談ばかりじゃないんだ。
大災害だから助けてもらえるとばかり思わないように、そのへんも書かねばならないとは思ってる。

話はまだまだ続くが、今日はさすがに寝る。

118 :地震雷火事名無し(千葉県):2011/11/12(土) 03:48:05.62 ID:98kP+V8X0
放射線被害は現在進行中
もう逃げようよ
福島のみんなも立派な日本人なんだから後の世に子孫を残さなきゃダメだよ。

119 :地震雷火事名無し(千代田):2011/11/12(土) 04:42:47.72 ID:zIPFSXnN0
カタワの子孫な

120 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/12(土) 13:40:01.97 ID:DK//F1I+0
>>118
名古屋に住んでいる俺の父親も同じような事を言った。
具体的にどうするんだと言ったら

「そんなの、何とかなるだろ」

しか言わなかった。
要するに、どうにもならないのだ。

俺も一度は仙台からすら逃げようとした身だ。
しかし。

>>119
あの時、誰でも平等に救われ、あるいは死んだ。
あなたも変わらない。

121 :地震雷火事名無し(関西地方):2011/11/12(土) 14:12:19.21 ID:/SarZCvwO
「人の前に母」辛くなったら心の中でつぶやいてみます。よく泣く母ちゃんだけどがんばります。ありがとう。

あなた様の文章にはどこか品があります。礼の一言すらなくガソリンを奪った上役ですら極限の人間のしたたかさにみせてしまう、そういう文章です。
だから長文が嫌がられるネットの中でこれだけ魅せられる人がいるのです。
あなた様はとても鋭く優しい方なのだと思います。時にその鋭さが両刃となり御自身をせめたりなさいませぬよう。

続編楽しみにしています

122 :地震雷火事名無し(大阪府):2011/11/12(土) 17:21:05.91 ID:SSmOxEKS0
宮城はいまや津波よりも放射能でしょうな
あの知事なんとかせんとシャレにならんぞ

123 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/12(土) 19:40:14.21 ID:DK//F1I+0
>>121
ありがとう。

ただ、普段は「上から目線」であるとか、「何事も他人事に聞こえる」とよく言われる。
俺は客観的には、そう褒められた人間では無いという事だ。

ただ、こうして現実をありのままに書く事で、感謝をいただいた事に、
大変ありがたく思う。

強くあろう。

>>122
公式情報を信じてよいならば、という但し書きつきであるが、仙台とその近郊に関しては、
風向きの関係で放射性物質が少ない事になっている。

逃げ場の無い人間としては、それを頼りに日々暮らす以外無い。

村井知事については全てに賛成できるわけではないが、何を考えているのかよくわからない
政治家に比べると、今回の震災に限っては人を得ていたと思う。

少なくとも無能では無く、それで充分だった。

印象的だったのは、東北の震災関連の生放送だ。
各知事や専門家などが出演して被災地とも中継を結び、今後を考えるという企画だったが。
村井知事が何かの報告をしている真っ最中に、結構な規模の余震が起きた。

TVで見ていてもスタジオ内の揺れがわかり、カメラも震えるような状況だったが、村井知事は
冷静沈着なまま、熱心に発言を続けた。

少なくとも村井知事には胆力があり、震災の時はそれが求められた。
文字通り地獄を見て生還した南三陸町の佐藤町長と同様、神では無くただ人であるならば、
落ち着けば批判も出るのは当然。

しかし、悲壮な覚悟で挑まねばならなかった難局で、あの頃の頼もしさは忘れられない。
いつか静かに、役目を終えてほしいものと思う。

124 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/12(土) 23:57:00.17 ID:DK//F1I+0
@仙台2号-37

震災から6日目くらいだろうか。

雪が降っていた。
寒さに震えながら、携行缶を持って、黙々と並ぶ人の列。

俺は列の最後に並ぼうとして、最後尾の人に聞いた。
「整理券ですか?」
「そうだよ。」

前夜から並んだ人に、整理券を配り終えた後らしい。
そうやって整理券を手に入れた人しか、この列には並べない。そう、決まっている。

俺はあきらめて、その場に背を向けた。

「ちょっとすいません」

若い女性の声に振り向くと、携行缶、もし使わないなら貸してくれませんか?と言われた。
俺はうーん、とうなりながら考えた。
彼女の隣に、彼氏らしき男がいたのを見てから、俺は断った。

どのみち、彼女に携行缶を貸しても、この列では給油に最低2時間はかかる。
その時間で他のスタンドを探して、並ぶべきだ。
だいたい、整理券があるなら、車で並んでも確実に給油できる。

あちこち回っていたので、他のスタンドのアテはあった。
毎日ガソリン買うために並んでいると、あそこなら今からでも間に合うかも、とか見当がつくものだ。

125 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/13(日) 00:02:10.44 ID:XaHplY9C0
@仙台2号-38

車で20分ほど走って別なスタンドに向かい、また携行缶を持って列の最後尾についた。

「整理券ですか?」
「ここは大丈夫だよ。5時半まで営業するって。」

俺は列の人数をざっと数え、時計を見た。
1人あたり給油に5分として、今の人数は・・・えーと今は2時半だから。大丈夫か。

さっきのスタンドより山に近いので、雪というよりちょっと吹雪いていた。
寒さを紛らわすために、近くの人とはよく話した。
給油を終えたのだろう、一台のバイクが、荷台に携行缶を載せて、人の列をかき分けた。

「じゃーまだぁー!」

乱暴な態度に、一瞬列の空気が冷える。

「アイツ、ドイツ人だぞ!"ジャーマンだぁ〜"ってな、アハハ!」

近所のご隠居らしい人が、そう言って笑った。
周りの人も、笑った。
俺も、笑った。

ちょっと前の方に、2L程度しか無い、小さな携行缶を持って並んでいる男がいた。

「兄ちゃん、それじゃもったいないよ!車かい、バイクかい?」
「はぁ、バイクです。」
「だったらバイク持ってきちゃいなよ、どうせ給油する量は同じだし、バイクくらいならみんな
文句ねぇよ!」

そうだ、持ってこい持ってこいと、他の人も声をかけていた。
最終的にその男は、自分のバイクを引っ張ってきて列に並んだ。
店員からも、文句は無かった。

俺たちはそうやって、知らないモン同士でも「戦友」となり、黙々とした行列を少しでも明るく
しようとしていた。

5時半少し前、どうにか俺の携行缶に10Lのガソリンが入った。
ありがとう、と一言言った後で、明日はやりますか、と聞いた。

わかりません、と店員は言った。
明日の事は、明日わかるのが、震災以降は常だったから、まぁ妥当な線だと思った。

126 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/13(日) 00:06:40.35 ID:XaHplY9C0
@仙台2号-39

震災直後の仙台では、多くの場合給油待ちに2つのパターンがあった。

「車で並ぶ」か
「携行缶を持って並ぶ」か。

車で並んでも時間的には大差無いように思えるが、数kmに及ぶ車の列に並んでいると、先が見えない
不安がある。
実際、列がいつまでも進まないので不安になり、歩いて先に行くと数十台先で車は無人やら寝ているやら。

その先の車列はとっくに消え、スタンドは閉店した後だった、なんて事はザラにある。
ひどい場合になると、その先に新しい車の列ができている。
翌日朝に配布される「かもしれない」整理券をもらうためだ。

そうしたリスクを考えると、スタンドが見えるところ、できるならば敷地の中で並び、先が進んでいるのが
見える方がいいのだ。
たとえ吹雪こうが、雨が降ろうが。

だから、携行缶を持つ長い人の列ができた。

理由はもう一つある。
スタンドによっては、
「携行缶をお持ちの方は、整理券不要」
という事もあるのだ。

たぶん、全員が車でという事になると、給油待ちの車で道路が塞がり、交通への支障が大きいからだろう。
片側1車線の道路に、みっしりと給油待ちの車が並び、事実上通行止めになっている道路すらあった。

だから俺も、携行缶を持って並んだ。
どのみち仙台では、ほとんどのスタンドで10L程度の給油制限をしている。
20L給油してもらえれば上等、ひどい場合は5Lの場合もある。
ならば携行缶でも充分なのだ。

スタンドにはタンクローリーが来ていないわけではないので、全くガソリンが無いわけではない。
ただ、まずは緊急車両へのガソリンが必要だった。
災害救援車両にも、公共交通機関へも。

震災から4日後くらいには、民営路線バスの宮城交通ですら、燃料不足で運行が危ぶまれた。
災害救援車両ですら、給油待ちの列を作っていた。
個人向けのガソリンは、その余りをちょっとだけ融通する、というレベルだった。

仙台の公共交通機関は、地下鉄こそ富沢〜台原間での折り返し運転ですぐに復旧したものの、JRは容易に
復旧できなかった。
路線バスは動いていたが、もともと駅を基点に郊外の住宅地と結ぶというシステムだったため、JRが動かな
ければ、意味をなさない路線も多かった。

必然的に、車の需要は増えた。
買出しや通勤のため、ガソリンが必要だった。
しまいには、ガソリンを買うためにガソリンが必要になった。
一度に10Lくらいしか給油されないのだから、無理も無い。

震災時にたまたま愛車のガソリンがほとんど無く、携行缶も持っていなかった同僚は、スタンドに並ぶ事すら
できずに、燃料事情が好転する4月まで自転車で過ごした。

127 :地震雷火事名無し(長野県):2011/11/13(日) 00:45:25.88 ID:gI/vXfsD0
今日、はじめてこのスレ見た。
仙台2号さんの書き込み追って見てたら目から汁が。
なんでだろう でもカタルシスというか、少しスッキリした
いいスレ見つけてラッキーでした。仙台2号さんありがとう。

128 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/13(日) 01:03:02.42 ID:XaHplY9C0
>>127
ありがとう。

沿岸部とかもっと悲惨な奴はいるしニュースでもさんざん報道されてはいるが。

仙台の内陸部のように「中途半端に被災地」な場合、こういう陰鬱な日々が続いた、
という事実はあまり知られて無いと思う。

津波で根こそぎやられたわけではないのだが、ジワジワと弱っていく中で、少しずつ
点滴を受けながら回復を待つ患者のようなのだ。

そういう意味では、阪神淡路大震災の神戸のように、直下型地震の直撃を受けた
大都市とは、また違った感覚がある。

話に聞く戦時下の都市とか、共産体制化での市民の暮らしとかに近い。
何かもっとジメジメと湿った、暗いものだな。

129 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/13(日) 22:23:04.83 ID:XaHplY9C0
@仙台2号-40

震災後10日を過ぎたあたりから、仙台などでスタンドを経営する「カメイ」あたりが
当日の営業情報を、毎朝HPにアップするようになっていた。

俺もそれを見て、カメイの西中田SSに並んだ。
震災から16日を過ぎた頃である。

朝6時頃に行くと、既に列は長く伸びていた。
太白大橋の南側にある西中田SSから、県道仙台館腰線を北に延びた列は太白区役所まで
達し、そこからJR長町駅方面に曲がった最後尾に俺は並んだ。
スタンドまでは2.8km。

先頭はおそらく前日から並んでいる。
いくら営業情報が毎朝アップされるとはいえ、ある程度の目星をつけて前日から並ぶ奴が
いるのは当たり前だった。

しばらく並んでいると、長町駅方面に曲がらず、国道286方面から真っ直ぐ並ぼうと横入り
する奴が出てきた。
こういうのは日常茶飯事である。
一部ではこうした行為で激しいケンカになり、警官が出動する騒ぎまで起きていたが、警備員を
雇ってまで誘導するスタンドは僅かだ。

俺は列に着いてすぐ、すぐ目の前にある地下鉄長町南駅のトイレで用を済ませた。
スタンドに並ぶ時は、近くのどこにトイレがあるかのチェックは欠かせない。

本来なら、スタンドに並ぶ時は、車にせよ携行缶にせよ、2人1組が望ましい。
トイレや食事などで列を離れる事ができるからだ。

俺は1人だったので、そのへんは気を使った。
トイレを済ませて1時間ほどすると、腹が減ったので食事を取る。
これもスタンドに並ぶには不可欠のものだ。

4時間ほどして、列はようやく太白大橋の半ばを過ぎた。
ここで店員が何かの札を掲げているのを見つける。

「レギュラーのみ」

ハイオクや軽油は、今日は扱っていないという事らしい。
これも珍しい事では無いが(逆にハイオクや軽油のみという事もある)、気の利いた
スタンドでは、こうした札を持った店員を列の最後尾まで歩かせる。

ここは気の利かないスタンドのようで、ただスタンドの近くまで来た車を、ボーッと
待ちながら札を掲げるのみだった。

並んでから6時間ほどで、レギュラー20Lを給油。
今週もこれで通勤できると、胸を撫で下ろした。

130 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/13(日) 22:35:23.00 ID:XaHplY9C0
@仙台2号-41

スタンドに並んでいると、時々妙な奴が来る。

列を全く無視して強引にスタンドに入ろうとして、店員に呼び止められるオバさんやオジさん。
何か言い争っているというか、一方的にまくしたてては、店を出て行く。

優先的に給油できる「緊急車両」も、信用できるかどうかはわからない。
本来であれば、警察などが発行した証明書が必要だが、中には窓やボディに

「○○○○ 緊急車両」

のようなプレートやステッカーを貼った車両もいる。
最初のうちは本物ばかりだったろうが、次第に偽者も出てくる。

俺自身が見たわけではないが、シャコタンのワゴンRに「仙台市交通局」と書かれた段ボールを
貼った若い兄ちゃんが、店員に追い返されていたらしい。

また、山形のスタンドに勤める俺の友人はこんな体験をした。

作業着のような物を着た1BOXカーが突然列を無視してスタンドに入り、給油を求めた。
緊急車両だという。
胡散臭いものを感じた友人は、警察発行の証明書の提出を求めた。

「あー、どこいったっけー、忘れたなー。」

とぼけた顔をして目をそらす相手を、友人は追い返した。

非常時だというのに、平時と同じ感覚で誤魔化せば済むと思っている人間や、ゴネ得を狙う人間も
いくらでもいた。

工場で俺の同僚は、列にうまく割り込んで得をしたという、自慢話をしていた。
割り込まれた相手は睨んできたので、一生懸命顔をそらしてごまかしたと、笑っていた。

俺は何も言わず、そいつの顔を冷たく見ていた。
最悪だと思った。

131 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県【22:31 震度2】):2011/11/13(日) 22:41:22.30 ID:XaHplY9C0
@仙台2号-42

震災から数日して通信事情が少しずつ回復してくると、友人達の苦境もmixiなどで目にするようになった。

老人ホームに勤める友人は、通勤に使うガソリンが尽きてきたと書いていた。
震災からこっち、朝から晩まで働きづめのため、ガソリンを買いに行く事もできないという。
このままでは、帰宅せずに車中泊で働くしか無い、と結んでいた。

俺は少し考えた後、その日買っていたガソリンから5Lほど融通できるが、それで少ししのげないかとメールした。
友人からは、感謝の言葉と共に、
「左官業をしている父親から、少し融通してもらえたから大丈夫」
と返事が来た。

彼の老人ホームは、同じグループで経営しているいくつかのホームが、津波で流されていた。
同僚の安否もわからない中、明るく頑張っていた。

132 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県【22:31 震度2】):2011/11/13(日) 22:50:42.73 ID:XaHplY9C0
@仙台2号-43

山元町の友人は、食料不足を訴えていた。

俺は家の乏しい食材から、缶詰やカロリーメイトを持っていけるがどうか、と連絡した。

そんなのは家にあるし米もあるけど、オカズのバラエティが無くて困っていると、返事が来た。
しかも自家発電があるので停電もせず、水道も井戸水があるし、本当に困っているのは自分の
バイクのガソリンが無い事だけだという。

さすがにバカにしていると思って、そいつとはしばらく連絡を取らなかった。

だが、今思えば友人は何とか叫びたかったんだと思う。
山元町は宮城県沿岸最南端の町で、津波で沿岸部は全滅していた。

友人の家は内陸なので無事だったが、沿岸にある自動車学校に通う同級生が、何人か犠牲になっていた。
おまけに福島原発にも近いため、宮城県内では比較的高い放射能も検出されていた。

さらには、どういうわけか山元町だけが震災での被害報告がなかなか上がらず、報道も宮城県北部沿岸に
集中したため、山元は半ば忘れられたようになっていた。

友人は、自分達がこのまま忘れ去られるのではないかと、怖かったのだと思う。

あまりの被害の大きさに、山元のような地域は多かった。
自分達で必死にアピールしないと、救援が来ないような地域もいくらでもあった。

無事だった地域も、まずは自分達の足元を固めて、日常の回復を図るので精一杯だった。

133 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/13(日) 23:01:07.57 ID:XaHplY9C0
@仙台2号-44

JR仙台駅の近くに住む女友達は、洗濯機とシャワーを求めていた。

中心部は停電こそ真っ先に回復したものの、ガスと水道の復旧は思うように進んでいなかった。

俺は、ガスがまだ不通だから熱いシャワーは無理だが、電気と水道が生きてるから洗濯機は貸せる、と
メールした。
冷たくてもいいからシャワーも使わせてくれと、返事が来た。

彼女と直接連絡を取ったのは5年ぶりくらいで、震災をきっかけに久々の再開を果たした。

彼女は震災後も機能を果たさねばならない類の会社に勤めており、震災以来数日間、風呂にも入れず
洗濯もできずで働いていた。

だから、冷たいシャワーでも喜んで浴びていたが、さすがに風邪をひかせるわけにはいかないので、
オフクロにヒーターと温かいコーヒーを準備してもらった。

彼女は断水が直るまでもう一度我が家に来て、その時は夕食を共にした。
石巻の実家が津波被害を受け、家族が避難所暮らしとなっている彼女に、少しでも家族の団欒のような
ものを、というオフクロの配慮だった。

彼女を車で家に送る道すがら、旧国道4号の愛宕大橋付近で、古い家が燃えていた。
停電から回復した後に、暖房器具でもつけっぱなしにしていたか、ブレーカーから火花でも吹いたか。

送り届けた後の帰り道、消防の消火が始まっていた。
どうやら消防は機能を維持しているらしい。

134 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/13(日) 23:18:56.72 ID:XaHplY9C0
@仙台2号-45

俺は女友達と違って、風呂にそこまでの有り難味を感じないタチだったので、
震災以来数日は風呂もシャワーも浴びていなかった。

震災から5日後くらいに近所で風呂を貸してもらい、2〜3日おきに仕事帰りにも
風呂をいただいたが、灯油を節約するため「追い炊き」をしていなかったので、
ぬるいのは仕方ない事だった。

そこで、休日には車で30分ほどの「秋保温泉」にオフクロと2人で出かけた。

秋保温泉と一口に言っても、温泉街なので何軒かの大小宿泊施設があるのだが。
その中の「ホテル きよ水」が比較的早く、日帰り入浴を再開していた。

いくらか駐車場待ちの行列に並んだ後でロビーに入ると、中は人でごったがえしていた。
ほとんどは仙台市か周辺部の人だろう。

ホテルの営業も再開していたので、救援で来仙したガス関係の業者なども多く見かけた。
そうした宿泊客と日帰り入浴は別な風呂で、整理券を買って順番待ちをする。

夕方であればだいたい1時間ほど待つので、順番待ちの客相手に100円で売っている
スープなどはありがたくいただいた。

ロビーのそばにある御土産屋も営業していたのが、妙に場違いな感じだった。
久しぶりに風呂に入れると喜んでいる、疲れた家族連れなどがロビーに溢れている事を
除けば、普段通りの温泉のように思える。

確か、最初に「きよ水」に行ったのは、震災から1週間ほどしてからだと思う。
広い洗い場で体を洗い、たっぷりと熱い湯で満たされた温泉に入り、肩まで湯につかる。

これはとんでもない贅沢だぞ、と思い、身も心もとろけるような気持ちになった。
震災から今まで溜め込んでいたものが、汗とともに流れていく。

温泉から上がると、休憩室の自動販売機でジュースを買えた。
幸せを感じながら、やはり喜んで長風呂をしているであろう、オフクロを待った。
オフクロは近所の風呂では湯冷めして風邪をひくからと、温泉以外には入らなかった。

「きよ水」には、ガスが復旧するまで4回ほど通った。

135 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/13(日) 23:52:29.61 ID:XaHplY9C0
@仙台2号ー46

震災からしばらくは、あまり沿岸の津波被害地域に踏み込む事の無かった俺。
多賀城の友人宅で津波の爪痕は見ていたが、ギリギリ沿岸というのはなかなか
行かなかった。

その理由としてはガソリンをケチったのもあるが、仙台市とその近郊の沿岸部は
警察消防に封鎖されており、住民しか入れなかったからだ。

野次馬が捜索活動の妨げになるとかいう話もあり、目と鼻の先にありながら、沿岸部は
遠かった。

仙台東部道路の陸側までは行けるので、ある日ガード下から向こうを覗いた事も
あったが、見ない方がいいものばかりだった。
全てが、茶色い泥に染まっており、何が何だかわからなかった。
若林奥六郷が壊滅したのは確かなようだった。

初めて沿岸に行ったのは、4月に仙台空港が復旧してからだ。
仙台に所用で帰ってきた父親を、仙台空港に送り届けた。

仙台空港そのものは滑走路と空港ビル1階が津波にやられたのみだったが、周辺の
工場、店舗、格納庫など空港施設は1階部分が軒並み津波を被ったのがわかった。

とはいえそこまでは、多賀城の産業道路などで見た光景と変わりが無い。
気がかりなのは、空港の入口から海が見えた事だった。
ありえない光景だった。

俺は意を決して、仙台空港と海岸を隔てる貞山堀を渡る。
堀の上にかかる橋を越えてすぐ、俺は困惑した。
たかが橋一本渡っただけなのに、自分がどこにいるのかわからないのだ。

見慣れた風景だった。
家からそれほど遠くない事もあり、海岸に花火をしに行ったり、デートをしたり、何度も
通った道だった。
橋を渡ってすぐ、海岸へと向かう道には、集落がある。
俺の記憶ではそうだった。

そこは、真っ平になっていた。
風景と記憶が整合せずに、混乱する。

たぶん、元の風景を知らない人間なら、
「あぁすごいな。悲惨だな。」
で済むだろう。
しかし、元の風景が目に焼きついている人間に取っては、それは衝撃を通り越した何かなのだ。

車を止め、数秒。そこから動けなかった。
ガレキは既に撤去されて道ができていたが、どこで曲がればいいかわからなかった。

二度ほど道を間違えて、たぶんこれがそうだという道を走ると。
小さな野球場「だった」ものがあった。
ゴミ処理施設「だった」ものがあった。
古くて貧相なラブホテル「だった」ものがあった。
海の見える快適そうな老人ホーム「だった」ものがあった。

記憶の中では、全てが残っている。
よく車をすっ飛ばした、どこまでもまっすぐ続く海岸道路は途中で通行止め。
どうやら、津波で途中から消失したらしかった。

俺の思い出まで消失してたまるかと、思った。

136 :地震雷火事名無し(北陸地方):2011/11/13(日) 23:52:55.05 ID:AdnFrKvsO
仙台2号の記録は生々しくて非常に読む価値があったが、ちょっと過去に捕らわれ過ぎじゃねーか
津波は終わったことでいいだろ
死んだ人間が帰ってくるわけじゃない
津波に区切りをつけて、汚染という次の問題に目を向けることは大切じゃないのか
避難する人を脅してるようにしか見えないレスが混じってるぞ

137 :地震雷火事名無し(宮城県):2011/11/14(月) 00:10:51.88 ID:EtyvuDOc0
私は若林区の六郷に住んでいるものです。
(ちなみに職場も大和町工業団地です)

2号さんのお話がほんとにあのときの情景や心境がそのままで、なんだかずっと自分の中で溜まっていた気持ちを代弁してくれているようで胸が熱くなりました。

海がこんなに近いなんて...っていうのは、ほんとに驚きました。元の風景を知ってる人でなければ分からない感覚ですね。

やっぱりまだ地元民にとっては津波は終わってません。(また余震の可能性もありますし)どうか、もうこの悲劇を繰り返さないためにも多くの人に事実を伝えることが残された者の使命だと感じてます。

長々とすいません。続き楽しみにしてます。

138 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/14(月) 00:17:03.97 ID:LTDZi5yb0
仙台2号さんが、親とか、友達とか、人とのつながりを大事にしているところを読むと、
読んでいる方も、少しほっとする。

やっぱり、人とのつながりは、大切なんだね。

そして、人々を、その、つながりごと飲み込んでしまう、津波の恐ろしさ。

139 :地震雷火事名無し(西日本):2011/11/14(月) 01:48:02.35 ID:oAc4Uy700
>>136
第三者からすれば、とっくに終わったことでも、
当事者にすれば、10年経っても、20年経っても、
それこそ50年経っても、
終わってないことって沢山あるんだよ

目を向けられる人が目を向け、
行動すればいい

140 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/14(月) 01:48:46.53 ID:GZcYPNKa0
>>136
こういう話がある。
地元の新聞「河北新報」の震災情報面には、まだ毎日掲載される情報がある。
「震災で亡くなった人」
の名前だ。

行方不明者の捜索はまだ続けられており、見つかってもDNA鑑定で時間がかかるなど。
そうやって判明したご遺体は、遺族には
「おかえり。ようやく帰ってきたね」
という思いと共に迎えられる。
帰ってくる、という言葉には、いろいろな意味があるんだ。

まだ帰ってきていない人は、大勢いる。
だから、まだ捜索は続けられている。

>>137
ありがとう。
俺だけでなく、いろいろな人が書ければいいと思う。
ただ、書けない人も多いと思う。
俺は書けるだけ幸せだな。

>>138
震災をきっかけに挨拶をするようになったご近所や、再会を果たした人というのもある。
一方で、遠方の人などはつながりが薄くなる場面もある。
震災対応批判にかこつけて、政治などへのストレスを発散している遠方の友人がいたが、
正直そういう姿は見たくなかった。

141 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/14(月) 01:51:36.20 ID:GZcYPNKa0
>>139
終わりは無いが、「区切り」はある。
しかし今はまだ「区切り」の時間では無い。
そんな感じだな。

142 :地震雷火事名無し(関東地方):2011/11/14(月) 02:25:15.30 ID:cbuBbrSIO
今考えてみると身震いするな
ミヤネ屋を見ていて、トイレで脱糞してる時に地震がグラグラきて、「お、地震か…」グラグラグラグラガタガタ
ガっタガっタドドドド!!
「おいおいマジかよおい!」と絶叫…ドアの向こうではガシャーンバタバタバタバタ
一応冷静に尻を拭き、小便を出す…約3分くらいだったかな

テレビでもただ事じゃない状態で、港だかが映し出しされていて、少し経つと津波がきて
建物を浚っていく映像

家の外では消防やらが拡声器で非難を誘導してた、港の水が全て引いてしまい、砂が丸見え
だったそうだ

家族を非難させ、オレだけ残って海を眺めていたよ
幸いにもデカい津波は来なかったので、助かった
しかし夜になってからの気仙沼の映像には戦慄した

千葉でも大爆発、原発の異常、そして爆発
放射性物質の恐怖、雨…


143 :地震雷火事名無し(WiMAX):2011/11/14(月) 02:52:49.52 ID:2DiUogoz0
時間軸的にスレチかもだが震災当日の四国リポート。
街頭ビジョンの人だかりがざわついてるので様子を伺うと緊急地震速報。
津波警報マップと各地の揺れ映像にざわめきながら一同釘付け。
しばらくして津波到達、東北各沿岸の建物や車が流される中継画像、
シーンと静まり返り。
オッサンから女子高生まで殺気立った表情。
そして日赤の献血ブースに長蛇の列。
募金箱はそれまでの他の時のモノと違いチャリンチャリンと音がせず
ぼすっぼすっと札の沈む音。
忘れなれない昼下がりの一コマでした。

144 :地震雷火事名無し(内モンゴル自治区):2011/11/14(月) 03:50:26.47 ID:oA1tNWfNO
>>143

サンクス。被災地以外の報告リアル。こうして日本中が助けてくれた。涙。

145 :地震雷火事名無し(東海・関東):2011/11/14(月) 04:03:39.39 ID:cHlPtPzMO
ケータイスマソ
仙台2号、おまい本出せ
東京下町住まいだが、百部は俺が買う

146 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/11/14(月) 04:38:16.14 ID:g/gJV2CxO
私も買います。
仙台2号さんに本書いて欲しい。

147 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/11/14(月) 06:53:25.51 ID:O2risc78O
3月11日
揺れた時、ついに来たかと冷静だった。
子供の時から関東大震災が来ると言われ続けていたからだ。
揺れが長く続くから、おい、長すぎ無いか?って苛ってきたが
収まったら怪我ひとつなく無事でよっしゃと満足した。
と、同時に関東に住む兄弟の安否が気になり、関西の友人に無事だぞと連絡を取ろうとしたが
携帯使えず
参ったなぁ…と思っていたら2時間後くらいに関西の友人から
良かったぁ。電話繋がって無事?と携帯に電話が入った。
そっちは大丈夫なのか?と聞いたら全く問題無いよと聞いて安堵する
(関西は本当に無事とかは解らなかった)

携帯が繋がる事が解り、兄弟と連絡を取ると同じく無事だった。

自宅が停電しているのは解っていたので、その日は電気が通ってる兄弟宅に向かって帰宅する。

兄弟宅は普通に電気が通っていている間ずっとニュースを見続ける
日付が変わった頃、自宅の電気が通った事を確認して帰宅。

それから1週間後以降にガソリンスタンド探しが始まる(完全に無くなってからじゃヤバいので無くなる前に入れておく)

友人、身内のガソリンスタンドがやってるの見かけたよという生情報が鍵を握るようになる。

4月11日も確かでかい余震がきたような…。

ちょうど1ヶ月後かよってゾッとしたのは覚えている。

148 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/11/14(月) 08:46:41.83 ID:3kWTNsfwO
昼まで寝てて、まだ微妙に寝起きみたいな感じで部屋でボーっとしてたらデカい地震。
普通の地震じゃないことは大きな揺れと異様な長さでわかった。
反射的にモッズコートを羽織り、部屋の外に出てみたら電柱が大きく揺れている。
幼稚園くらいの子供を抱えて慌てて車に乗せ、どこかへ向かう近所のアパートの母親の姿が見える。

自宅の玄関の柱につかまりながらフードをかぶって頭をまもり、出口を確保。
揺れが収まってきたので母屋に入り、祖母の無事を確認。
こちらの声掛けには気づかず、大きな音でニュースに見入っている。
緊急地震速報。

かなり大きな地震であることを確認しつつ、また揺れがぶり返す。
休みだった父が慌てて部屋から降りてくる。
ディズニー勤務の姉に安否確認のメールをするも送信不可。

リビングにはテレビがないので、余震に怯えながら父とワンセグでニュースを観る。
津波で東北の街や車が流されていく映像。
浦安が液状化して浸水しているとの情報。
父と一緒に姉の無事を祈る。
「ランドの駐車場が液状化だって!大丈夫?」とメールするが回線が混乱していて返信はなし。

18時半ごろになってやっと「地震すごかったね!家は大丈夫?」とのメールが届く。
無事を伝えたが、メールが届いている確信が持てない。

けっきょく姉はディズニーで一晩を過ごし、翌日に帰宅難民として帰ってきた。

149 :地震雷火事名無し(大阪府):2011/11/14(月) 17:37:15.45 ID:KlScw18S0
食品の汚染度 消費者の口に届く直前まで分からない!?
http://nikkan-spa.jp/85350

村井嘉浩宮城県知事は「詳細な数値を出したところで消費者
の皆さんは理解ができない。(500Bq/kg以下の)証明書が
ついていればどれだけ食べても問題がない」と8月22日の記
者会見で語っている。


思い出話もいいが宮城県人は本当にこの知事やら
県会議員を何とかした方がいいと思うぞ。

150 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/11/14(月) 18:14:34.77 ID:0Zr9zod7O
ここは思い出を語る場所なんだから、余計な茶々を入れるな。邪ー魔だー。


あ、いけね。俺もドイツ人になっちまった。

151 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/15(火) 00:01:47.33 ID:DIABW8y90
だいぶ増えてきたね。
俺は所用のため今日は続きを書く余裕が無いが、どんどん増えてほしいと思う。
津波や原発以外でも、みんないろいろと思うところはあるはずなんだ。

>>145>>146
ありがとう。
まずは全て書ききるよ。
その先は縁があるかどうかで。

>>142>>147>>148
関東も凄かったようだね。
俺は震災直後のお台場のテレコムセンターの火災映像見て、

「東京を写してる場合じゃないだろう」

と思ったが、あの時は震災の直撃を受けた誰もが
「なんで自分のとこが写ってないんだ?」
と思ってたはずだ。

>>143
そこまで見ていたという事は、あなたも行ってくれたんだね。
心から御礼申し上げます。
俺は阪神淡路大震災の時は、全くの他人事、地球の裏側で
起きた出来事くらいにしか感じてなかった。
それを思うと、本当に申し訳ない。

>>149
ありがとう。
心配してくれて。
しかし、俺達はこれからも、地元の野菜や肉や魚を食っていくだろう。
俺は東北の野菜が好きだ。
東北の肉が好きだ。
東北の魚が好きだ。
その結果がどうなるかは、この先の歴史に教えてもらう事にするよ。
ありがとう。

152 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/11/15(火) 00:28:30.57 ID:oN66q6d+0
311@東京1
外から帰宅したばかりで椅子に座る間もなくカタカタと食器棚が揺れだす。

猫が低姿勢で身構えるのを横目に落ちてきそうな物を押さえながら「大丈夫よ」と猫に声かけるも揺れは大きくなり、パニックになった猫は窓から屋上に向かって猛ダッシュで逃走。

一旦収まったと思いベランダに出るも揺れがまた始まる。3階なので電線電柱が大振りに揺れてるのを目の高さで確認。

とりあえず道路にいた近所のおばちゃんに声かけて道路中央から動くなと指示する。
猫は障害物のない屋上にいるからとりあえず安心。

ただ事でない地震な事だけ瞬時に把握。

子供達の顔が頭をよぎる。

153 :地震雷火事名無し(関西地方):2011/11/15(火) 00:42:51.68 ID:rANgDhfiO
仙台2号様
東北の野菜・肉・魚が好きなのはわかる。本当に美味しいもの。
だけどね。あなたは語っていかなきゃならない使命があると思う。皆たった8ヶ月前の事なのに日々雑事に追われ過去の事になりかけている。そんな私たちをあなたが3月11日当時の東北にに連れていってくれてる。それも2ちゃんで。
残念だけど、3月11日前の野菜や魚じゃないんだ。三年我慢しよう。あなたが生き残ったのは絶対意味がある。
東電や政府にあなたの寿命をくれてやる事はない。日本は雨の恵みがある。ロシアより絶対早く綺麗な東北が戻る。だけどそれまでは少し我慢しましょうよ。あなたは語り部として見たこと感じたことを生き抜いて語りつがなきゃ。

長文でエラソ〜にと気分悪くしたらごめんなさいね

でもやっぱり言わずにはいられなかったわ

154 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/11/15(火) 00:45:54.90 ID:oN66q6d+0
311@東京2

上着も羽織らず携帯だけ握りしめて小学校までダッシュ。

道路には近所の人が出てきて集まってる。
走ってる間にも揺れ続けてたかもしれないが気づいてる余裕もなかった。
学校に着くと校庭に避難している真っ只中。校長が「前日避難訓練したんです」と自慢げに話してるのがはなにつく。
ラジオや無線で情報収集した様には一切見えない。
避難訓練の自慢ばかり。
学校サイドは通常授業後に下校させるから保護者は帰れと言ってきた。
校門では他の保護者が引き取らせて欲しいと抗議していた。連絡網で下校状況を連絡するとのんきな校長に「携帯が通じないんです」とキレてる保護者もいた。この時初めて握っている携帯が役立たずだと私は知る。
後にこの対応が大問題になった。

155 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/11/15(火) 00:54:00.04 ID:pKF1lU/SO
あの日、最後の約束を言えなかった。
今年の春に結婚しようと…

昼食を一緒にとり別れた矢先に、大地震が来た。携帯の連絡もとれず、津波警報が鳴り響く中、彼女の事が不安になり、戻ろうとしたが、渋滞で無理ただ…

津波が押し寄せる中を必死に走り逃げながら、彼女の事を祈り続けた。
でも…彼女とは永遠になってしまった。
あの日を忘れない…3・11

156 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/11/15(火) 01:09:01.32 ID:oN66q6d+0
311@東京3
子供を引き取りにきたのに返してもらえない中、余震は続いていた。学校に腹が立つ以前に子供には安全に家に帰ってきて欲しかった。
だが高学年は6時間目続行と信じられない事を学校は言ってきた。

下の子供の下校まで待ち帰路につくと駐車場の車は余震で上下左右ありえない揺れ方で無人のまま暴れまくってた。

157 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/11/15(火) 01:21:52.37 ID:pKF1lU/SO
数日経って、車内で見つかりました。
綺麗な姿で良かったです。大切な思い出は、あの日になってしまった事が未だに心残りです。

火葬場で約束しました。「今年の春に結婚しよう!」と…

今は、今を一生懸命に生きてます。
皆さんに、幸せが来ると良いですね。

では

158 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/11/15(火) 01:28:32.70 ID:oN66q6d+0
311@東京4
学校の外は危険な状態なのに校長は何を考えてるんだろうか。姑に下の子供を預け学校に戻った。高学年を迎えくる保護者は少なかった。共働きの家なら母親も仕事中の時間だから今思えは当然だ。集団下校になっていたので近所の子供達が家に入るまで送った。

159 :地震雷火事名無し(広島県):2011/11/15(火) 01:36:34.13 ID:3STclWRZ0
3号機が爆発した翌日
朝ゴミ捨てに出たら、妙にピンク色にもやってて、異臭がした。
なんていうか、今までかいだことのないような金属的な薬品臭だった。

150Km以上はなれていたのでまさかとは思ったが、身内のものこんなにおい今までかいだことがないとか、のどがいがらっぽいとか言っていたので決断。

とりもなおさず、家中の開口部に養生テープで目張りして、どこに逃げる。

首都圏は地震のときの混乱を見ていたので、そうだ長野にしようと決めた。

これ以上ひどい爆発が有ったら、もう二度と家に住めないと覚悟した。

途中、群馬県の藤岡辺りまでもやってて臭かった、そこから先は空気の臭いが元に戻った。

高速はすいていた。

長野では固唾をのんで、原発の行く末を見守ってた。

@栃木南部

いまははっきりと分かるが。
放射能には臭いはないかもしれないけれど、爆発で飛んできた放射能に汚染された諸々の化学物質は、臭うのよね。
べつに放射性元素だけが飛んできた訳じゃないのだから。

160 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/11/15(火) 01:39:54.13 ID:oN66q6d+0
311@東京5
送り届けた子供達の中には親が帰宅難民になり日付がかわるまで子供だけで過ごした家庭もあったと聞いたのは後の話。これが学校側の最大のミスになり災害マニュアルの対応不足が大問題になった。隣の小学校は親が迎えにくるまで職員が保護していた。

161 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/15(火) 01:50:31.29 ID:hF0709XS0
>>155
>>157

どうか前を向いて気持ちを強く生きて行って下さいね。
震災から8ヶ月が経ち、津波被災者の方々の事は現在進行形で続く原発被災者の陰に隠れてしまって風化されて行ってしまいがちに感じますが

大切な家族や恋人や友人の命を津波によって一瞬にして持って行かれてしまった人が沢山居ると言う事を被災地以外で不自由無く暮らす人間も決して忘れてはいけないなと改めて思いました。

162 :東京下町(東海・関東):2011/11/15(火) 01:51:26.93 ID:DqLADPbaO
おまい、すげえ構成力と、人を纏める能力あるな
頼むから本出せ。千部買い取りで、 近所に配るから

163 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/15(火) 02:16:50.64 ID:DIABW8y90
所用終了。
明日も仕事なので今日は寝る。

>東京1さん
情報が無い場合は現状維持が基本というのは結構聞く。
それが致命的な過ちとなってしまった例が、沿岸部ではあったと聞くが。

東京の場合は、帰宅難民が子供に思わぬ影響を及ぼす事があったのか。
これはなかなか報道されない事実だと思う。
もっと広まっていい話だ。

>>153
ありがとう。
ただ、食物の話については理論よりも感情の話だと思う。

俺には専門的な知識は無い。
自力で何かを測定する手段も無いし、やる気も無い。

やったところで、判断する知識が無いからだ。
ゆえに、安全と思う指針は公式の物以外に無い。

放射能以外の化学肥料や添加物など、全てにおいて公式の指針で許された物で日々過ごしているのだから、
放射能に関してだけ公式を拒絶する理由も無い。

であれば、感情的に問題が無ければ食うのが当然、そう思う事にしている。

むろん、食においてストレスを感じながらというのも不健康なので、
感情的に許せないのであれば、食わないという選択肢は当然だ。

俺はそうした、さまざまな選択肢を許容する。

>>155>>157
故人に深い哀悼の意を。
俺も間接的にではあるが、震災により思わぬ別れに遭遇した。
近い内に書く事になると思う。

>>159
栃木南部と言えば遠いようにも感じるが、風向き次第でどうにでもなるからな。
仙台はその点、運が良かったようだ。

>>162
俺は何もしていない。
ただ、正直に書いているだけだ。
本当にいずれ縁があれば、その時はよろしく頼む。

本と言えば、
「河北新報のいちばん長い日」
は秀逸だ。

地元紙の震災当日からの苦闘を描いたものだが、仙台市民として素直に
共感できる部分が多い。
俺の話に思うところがある人であれば、是非ともお薦めしたい。

164 :東京下町(東海・関東):2011/11/15(火) 02:41:59.54 ID:DqLADPbaO
おまいさんの物言い が好きだ
本出せ、頼むから本出せ。
realだ。

165 :地震雷火事名無し(関東地方):2011/11/15(火) 02:42:57.63 ID:RPwRAQ6t0

>放射能以外の化学肥料や添加物など、
>全てにおいて公式の指針で許された物で日々過ごしているのだから、
>放射能に関してだけ公式を拒絶する理由も無い。


あなたは、これだけが、本当に残念だ・・・。
国家というものが危機的な事態におちいると、どれほど冷徹に、どれほど残忍に国民を欺くものか
歴史を少し学んだことがある人ならば、重々わかっているはずだと思う。

そして、「原発が爆発した」という事実は、ありとあらゆる分野において、
日本という一国家はもちろん、世界中をも揺るがしかねない大危機なのですよ。

それなのに、あなたのような聡明な人が、化学肥料やら添加物やらと放射能を同列に語ることが、本当に残念でなりません。
自然放射線と原発由来の放射線に違いは無いだとか、
内部被爆は外部被爆より害が少ないだとか、
あなたも汚染地の多くの住人と同じように、
大本営や御用学者のいろんな大嘘を小耳に挟むうちに、知らず知らず安全洗脳されているのかもね。

残念
それしか言えない


166 :地震雷火事名無し(関東地方):2011/11/15(火) 03:00:16.74 ID:RPwRAQ6t0
スレチだからこれでもうお仕舞いにするけど
こういうメールも回ってたんだよ



121 :可愛い奥様:2011/10/11(火) 18:49:18.43 ID:qRNothAv0
風向きの問題だったのよね。
三月の半ばまでは南風が続いた。だから関東は平気だった。
22日に北風が吹いて、おまけに雨。
前日だか前々日に予報が出てから
外出するな、 雨具と雨に濡れた服や靴はビニール袋に入れて捨てろ
という内容がメーリスで回った。
某帝国大学工学部の院・教授関係が出元。
教授会・学会つながりで拡散したらしい。
出版関係は著者経由で流れたと思われ。
半信半疑で数名の知人には回した。
別の人から、同じメールを見せられた。 その人も、首をひねっていた。
ほ ん と う だ っ た。
連中は知っていたんだよ。 一生忘れない。


140 :可愛い奥様:2011/10/11(火) 19:43:17.04 ID:A1NK46og0
>>121
私も同じ経験しました。
たぶん、その教授会経由拡散だと思う。
震災直後から、情報が入り始めて信じられないと言うか
信じたくなかったんだけど、国内ニュースじゃあてにならないんで
CNNとか見て確認してた。
お偉いさんは、家族避難させちゃったしね。
今、避難先から関東へ家族は戻ったけど、食べ物は関西より
向こうの物しか食べるなってなってる。お偉いさんから釘さされてるよ。
22日の前にはかなり情報が入って、今から見れば全部本当だった。
私も忘れない…
>>121さんは、当然3号機の真実も知ってるよね?
 何を今更って思ったけど、やっぱりだったよ。プルトニウムが
飛び散るわけだわ。



私はこの教授経由ではなく、○芝の社員から「絶対に秘密」ということで、
同じような内容を聞いた
その人は、西に親戚もなく何の宛もなかったけど、即日奥さんと子供を西へ逃がしてた


167 :地震雷火事名無し(北陸地方):2011/11/15(火) 03:02:16.83 ID:X9Ocm1QJO
>>140
うーん俺のいいたいことが伝わってないみたいだ
津波と汚染って別に平行して考えていいんだよね
津波のことばかりに捕らわれてると、汚染っていう次の津波から逃げられないんじゃないか?って言いたいんだわ
仙台2号さんは津波の話ばっかりで原発の話をほとんどしない
目を背けているみたいだよ
俺は関東から避難した口だけど、目を背ければ終わる問題だとは思えない

関東に残った友人の話を聞く限りだと、汚染を気にしない人もいるようで、差別があったって話もなく、福島県人差別って話は相当レアな話だと思ってます
北陸なんてのほほんとしてるしね

元々仙台2号さんが汚染なんてない、大丈夫って思っている方なら聞き流して下さい

168 :地震雷火事名無し(北陸地方):2011/11/15(火) 03:05:33.87 ID:X9Ocm1QJO
あまり意見ばかり書くのもあれなので、俺も時間が取れたら避難したときの話を書くことにしよう

169 :地震雷火事名無し(北陸地方):2011/11/15(火) 03:10:23.17 ID:X9Ocm1QJO
ああ、すまん
最後に一言だけ意見いうなら、肉やら魚やら土地やらより人を守った方がいいんじゃないかね
5年後、どうなってもいいやってスタンスのようだけど、目の前でガキが死にだしたら絶対後悔するよ
飯舘村村長のような狂気を感じるぜ

170 :地震雷火事名無し(関東地方):2011/11/15(火) 03:23:21.83 ID:RPwRAQ6t0

>>167
>仙台2号さんは津波の話ばっかりで原発の話をほとんどしない
>目を背けているみたいだよ

横レスすまんけど、そのとおりだと思う
実は自分、宮城の被災地に親友がいるんだ。(たいした被害は受けなかったけど)
それで、何となくあっちの人の心理も、なんとなくわかる部分がある。
親友が語った言葉や、言葉にしなかったけど伝わったことを纏めると
「今は、津波の被害と地震の被害から立ち直ることでいっぱいいっぱいで
 それに、日々の生活や自分の心理状態を立て直すことでいっぱいいっぱいで
 とてもじゃないけど、食べもののの放射能のことまで考える余裕が無い」
ということみたい。
無理みたい。精神的に。


>福島県人差別って話は相当レアな話だと思ってます

レアかどうかは知らないけど、
大本営や県が「被災地から逃げたらいじめられるぞ」的なデマを流していることは
普通に考えればわかります。国の補助金でネット工作費として2億円ついてますし。
先日うpされた上杉さん(だっけ?フリージャーナリスト)の動画でも
福島の公務員が「(福島から)絶対逃がさない。人口が減ってしまえば、税収が減る。つまり、自分達の給料が減る。」
最悪、自治体が滅びますからね。

>>169
同意です。
子供のいない人はいいと思う。完全に自己責任だから
理想を言えば、国が被災地の農民や漁民を、西の閑耕地や漁村に移住させて、
これまでの技術や経験を、西の土地で発揮して貰うのがいちばんいいんだけどね
でも、国は絶対それやる気無いから
逃げたい人が自分で逃げるしかないんだよね


171 :地震雷火事名無し(東日本):2011/11/15(火) 03:37:39.74 ID:SVgUrH2Y0
仙台住みですが、放射能に対する温度差は、すごく大きいと感じています。

自分は、3/20頃、知人から女川原発関連の方が避難した話など、色々聞いて
物凄いナーバスになって、避難しようか迷ったり(結局正しく汚染の状況が
わかってない段階で下手に動かなくてよかったと思っています)、友人知人
に注意を促したけど、ほんときょとんとされて、「えー、宮城は大丈夫でしょ
う」などと相手にされず…。

4月入ってからは、食について物凄い気をつけて、県庁やJA、メーカーなどに
検査をしてほしいと電話したり、兄弟友人知人に注意喚起したけど、相手にさ
れず、というか、兄弟には逆切れされ。

その後、自分の読みが全て当たって、心配してた食材からどんどん放射能が検
出されてるのに、それでもまだ気にしないで外食してる友人知人多数…。

今は、3/12には西に避難した素早い友達と、隠れ危険厨のように情報交換をし
てる状況。
(3/16ぐらいにやっと連絡とれるようになって、「赤ちゃんがいるから逃げた
方が…」と言おうと思ったら、既に西に避難してた)

妹には何か言うと「そこまで余裕ない!!!!」と切れられたけど、最近になって
ガイガーカウンター貸せと言ってきてるので、徐々に気にはするようになって
は来てる模様ではあるが、子供は給食の牛乳は飲ませてるらしく、本当に今後
が心配です。。。兄は都内にいて、事故前と全く同じ外食中心、魚大好き生活
だけど、何を言っても聞く耳持たないから、もう死んだものと諦めてる。悲し
いけど。

172 :地震雷火事名無し(関東地方):2011/11/15(火) 03:56:35.07 ID:RPwRAQ6t0
最後に苦言を。

>>151
>俺達はこれからも、地元の野菜や肉や魚を食っていくだろう。

この「俺達」という言葉が、どうしても引っかかる。
なんで「俺」じゃないの?どうして他人のことまでわかるの?
「俺」で良いじゃないですか。

被災地に住む人だって、子供のいる人なんか特に、
本当は、地元のご近所さんが作ってる野菜や、顔見知りのおじさんが取ってきた魚じゃなく、西の野菜や西の魚を取り寄せたい…と思ってる人だっているんだよ。
「俺達」って言葉は、被災地の方が大好きな「絆」って言葉と同じで、
被災地のものを食べて復興の手助けをしない奴は、仲間じゃない…という、
非難めいた意味が、暗に込められている気がする。
仙台2号さんが自分で気づいているかいないかはわからないけど。
そして、こういう言葉を聞くたびに、被災地で「逃げたい」「安全なものを食べたい」と思っている人は、まるで自分が悪いことでもしているかのように、
まるで責められているように感じているんだよ。
そういう人には、「絆」という言葉は「鎖」という意味だ。
逃げようとしている人の気力をそぎ、逃げることを断念させ、
西の野菜を買うことをためらわせ、子供達を内部被爆させる「鎖」。

頼むから、
「 俺 はこれからも、地元の野菜や肉や魚を食っていくだろう 」にしてください。
あなた以外の誰が地元の食べものを食べようと食べまいと、ほっといてあげてください。
親友もまさにそういう状況の中にいて、
冷静判断も冷静な行動も、なかなかできずにいるんだ。
本当にかわいそうだ。



173 :地震雷火事名無し(東日本):2011/11/15(火) 04:14:32.96 ID:SVgUrH2Y0
>>172
悲しいまでに正論ですね。。。
自分も東北の食にこの上ない愛着があるので、>>151の言ってることもすごく
わかる。

わかるけど、震災前からチェルノブイリのドキュメンタリーなどを見てきただ
けに、東北の食が好きだから自分は食べるよ、とは、とても言えないし、危険
かもしれないものを、多くの人が食べるかもしれない状況を本当に憂いてきま
した。

「もっと検査をしてください。安全なら宮城産のものを食べたいんです、でも
検査もせず、結果も公表しないと、県内産は全部避けるしかありません、もっ
と検査をしてもっと公表してください」と言い続けています。

某スーパーは50ベクレルとはいえ、独自の基準を発表したので、少しだけ心の
平安が戻りました。これまで子連れのよその方がスーパーで何も考えずにカゴ
に県内産の椎茸なんかを入れてるのを見て、内心心配でたまらなかったんで…。

174 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/11/15(火) 05:24:56.89 ID:MhSUIa1vO
仙台2号さんの読ませていただきました。
自分茨城住みなんですが津波被害以外ほとんど同じ感じでビックリです!まあ津波も酷い所もありましたがそんなに変わらないんですね


175 :地震雷火事名無し(SB-iPhone):2011/11/15(火) 08:46:01.74 ID:p56AALUL0
そのときいわき市に住んでていろいろあった方だと思ってたけどみんないろいろあったんだね。読んでると共感したりして忘れかけてた細かいこととかも思い出してきた

176 :地震雷火事名無し(庭):2011/11/15(火) 09:26:50.23 ID:BsWYi0HY0
愛知県民@311
通信インフラ系コールセンタ勤務。
会社(名古屋市内)で仕事していて、高層ビルのためめちゃくちゃ揺れた(近隣地震計は震度3)。何度も揺れがきた。

ここが震源じゃなきゃ相当でかいぞ、と皆でテレビ。東北で大地震のテロップと九段会館天井崩落で怪我人の映像。親戚はすべて東海以西。友人のなかで唯一東日本、福島海沿いに住んでる大学の友人のこととが脳裏に浮かぶ。

直後凄まじい数の障害問合わせ(東北関東繋がりにくい)をこなす。



177 :地震雷火事名無し(庭):2011/11/15(火) 09:39:07.18 ID:BsWYi0HY0
愛知県民@311
翌日彼女の住むまちが津波でのまれる映像が。内陸住みなわたしには台風と豪雨しか経験がない。地震も震度4まで。津波という言葉に戸惑う。彼女と過ごした大学の思い出がぐるぐる。
不安だが、家族ではない自分は被災地に電話はかけられない。通信に余計な負荷がかかる。数日後短いメール。数日後、生きてるよとメールが。津波は彼女の家からわずかにそれていた。一晩中泣いた。

今彼女は西日本に避難中。
いつでも会えると思ってしばらくあってなかっ
た。でもそうじゃないんだと知った。会いたいときに会いに行こうと決めた。そして会いたいと言われたら笑顔でおいで、と言おうときめた。






178 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/11/15(火) 12:51:41.08 ID:oN66q6d+0
311@東京6

地震発生から一時間、ようやくテレビを見た。津波警報で東日本太平洋側は真っ赤に染まっていた。石巻沿岸部に住む知人の安否を一番に心配し不安になった。本震発生数分前にブログがアップされていた。ここから、知人の安否確認にSNSが活躍する事になる。

179 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/11/15(火) 13:09:01.39 ID:oN66q6d+0
311@東京7
東京ではWILLCOMが使えた。普段あまり使わないWILLCOMにこの日は感謝した。au→WILLCOMに旦那から連絡がきた。旦那の会社はauだった。渋滞にはまり動かないらしく帰宅時間がわからないと。それでも、その日のうちに帰宅はできた。

180 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/11/15(火) 13:18:39.16 ID:oN66q6d+0
312@東京8
本震から翌日早朝、上司から自宅待機の連絡がきた。この日は仕事だったが子供の側にいてやれと、子持ちなので配慮された。早起きしていたのに急に休みになったので、商店街の開店時刻に買い物に出た。

181 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/11/15(火) 13:31:45.42 ID:oN66q6d+0
312@東京9
土曜日という事もあって朝から賑わっていた。単価が安いので週末夫婦でまとめ買いする家庭が多い。まだ買い占めが始まる前だ。週明けにはびっくりする程長い列が出来る事になる。スーパーの品薄により普段買わない個人商店に流れてきたのだ。

182 :地震雷火事名無し(山形県):2011/11/15(火) 23:09:44.71 ID:Y+eJt6bz0
まあ言いたいことはわかるが2号さんの話は凄い興味深くて楽しみだから
あんまり突っ込まないでほしいな、書きずらくなるだろうし

183 :地震雷火事名無し(山形県):2011/11/16(水) 00:21:49.34 ID:0DwlbM550
>>182
どこの中学だ?wwww

書きずらく→書きづらく

184 :地震雷火事名無し(福岡県):2011/11/16(水) 00:34:10.18 ID:zY87vUwv0
放射能を気にしてない旨のツッコミはね・・スレチとまでは言わんが

震災後落ち着くまで放射能を気にすることすら出来なかった人達が
本当に沢山いらっしゃったことを絶対忘れてはならないと思うんだ

>>156
あのあとも勉強したとか東京の小学生パネェ!

185 :東京下町(東海・関東):2011/11/16(水) 01:48:16.72 ID:pAcqL+qBO
こっちもいろいろあったからな。
仙台二号に期待だな

186 :地震雷火事名無し(宮城県):2011/11/16(水) 02:30:37.04 ID:495iucku0
仙台市在住。既婚者。子供いない。自分の妻の実家は仙台。

放射能から逃げようと思っても、逃げられなかった。
職場は仙台だし、長期避難したら首だろう。
避難先でどうやって暮すのか・・・。貯蓄もそんなにない。

とにかく食料を探す。ガソリンを探す。


自分の視点では、震災前と比べて現在でも外食する人も減っていないし、普通にみんなたべている感じ。


放射能ないところにいきたいけど、かなりの範囲にとびちっているわけで、
どうすっぺって感じ。なにもできない・・・・・・・・

187 :地震雷火事名無し(関東地方):2011/11/16(水) 02:37:09.48 ID:1uQ2e+vi0
>>186
つ通販
つマスク

「被爆は総量」
避けた分だけ、確実に避けられる


188 :地震雷火事名無し(関東地方):2011/11/16(水) 02:39:02.51 ID:1uQ2e+vi0
爆→曝
でした
書き損じチェック厳しそうなのでw


189 :地震雷火事名無し(宮城県):2011/11/16(水) 12:33:53.93 ID:p1IOwL5j0
仙台2号さん、多分ご近所w
中途半端な被災地の陰鬱感、わかるわかる〜。
家がある人にはなんの援助もなかったからね。
全て自分たちでやるしかなかった。

津波の事ばかりで、放射能汚染のことを考えていないという意見もあるけれど、
当時(3月)はそれどころじゃなかったんだよ、仙台は。
大きな余震が続く中、ライフラインが途絶え、いつ復旧するかわからない上、
食糧確保・ガソリン確保と、とにかく目の前のことでいっぱいいっぱい。
次の日の生活がどうなるかわからないのに、放射能のことまでは考えられなかった。

今は放射能を気にしている人、結構いると思う。
ガイガー持って歩いている人もいるし、食べ物は北海道か西のものしか食べないと言っている人もいる。
ただ、あまり言えない雰囲気なのも確か。
東北に住んでいるのに、東北の食べ物を否定するとは何事か!と怒り出す人もいるから。

190 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/16(水) 21:06:26.13 ID:kqzDHovJ0
しばし執筆中断中。
来週まで続きが書けないかもしれないと思い、一応断りを入れておく。

俺の話に原発や放射能があまり出てこないのは、純粋に
「ネタが無い」
からだ。

俺はただ正直に身の回りに起こった事を書いているので、
起きていない事は書けない。

TVのニュースで原発報道が盛んにされていた事は知っている。

だが、TVについては、どちらかというと、ニュースそのものより欄外に表示される
「生活関連情報」
の方が大事だった。
高速道路が開通したから通勤が楽になるな、であるとか。
JRの運行が再開したから自動車通勤ラッシュが少しはマシになるかもしれない、とか。

日常が少しでも良くなる要素を、探していた。

落ち着いた後で多少目を向けるようにもなったが、このスレは

「震災後落ち着くまでの思い出」

なので、落ち着くまでの間に思い出に残るような話の中に、原発や放射能の思い出は
ほとんど無いので、俺が書く事も無い。
そういう事で了解して欲しい。

むしろその点については、太平洋沿岸以外の諸君が詳しいと思うし、思い出も多いだろう。
ネタの無い俺に代わり、存分に披露してもらいたいと思う。

191 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/16(水) 21:21:06.85 ID:kqzDHovJ0
俺はこのような人間なので、全ての諸君の期待に応える事はできない。

むしろ、期待を裏切る事も多いと思う。
いや、俺は生まれてこのかた、裏切りばかりを重ねてきたのではないかと。
そう思う事さえある。

だが、それでよいと思う。


震災の後、悪かったと思う事と、良かったと思う事が一つずつある。

悪かったと思う事は、

「何かが変わるかと思ったが、何も変わらなかった」

事だ。
まことに不謹慎な事ではあるが、正直に書く。

この未曾有の大災害で、多大なる犠牲者の屍を積み重ねた上に、何か新しい世界が生まれるのではないか。
そういう期待も、持っていた。
おそらく俺は、社会不適合者なのだと思う。

そしてこの世界は、何も変わらなかった。
俺は大いに失望した。



そして良かった事は、

「様々な事を考え、発信する事が許され、他人との違いに堂々と反論できる世界は、残った」

事だ。

その意味において、俺に失望し、抗議する方々の意見を、俺は大いに歓迎する。

失望と、反論と、抗議という宴において、諸君の一人一人が主役となれる。

大いに歌い、踊り、主張するのだ。
それはとても素晴らしい事だと、俺は心の底より思う。

俺自身の書き込みもそうだが、ここに書かれている事は単なる文字の羅列に過ぎない。

俺という人間は、その文字の羅列から、物事の本質を読み取ろうとする。

俺の書き込みからも、何らかの本質を読み取っていただけるならば、幸いだ。

192 :地震雷火事名無し(芋):2011/11/16(水) 21:25:02.23 ID:hiyjPZTA0
普通に外食が多い人間は保険かけてないと後に大変な事になるだろな
全面核戦争レベルの食物が普通に外食では使われてる訳だし
飲食業で削れるのは人件費と食材費だから
福島や東北の食べ物が安い値段で飲食業に流れてるのは確かな事

後に被害が出ても飲食業界は国に全ての責任をかぶせられるからな

193 :地震雷火事名無し(アラビア):2011/11/16(水) 21:26:11.62 ID:eEvUfxSW0
皆さん、初めまして(^-^)
おともだちになっていただけますか?
そちらでゆっくりお話できればと思います。
よろしくお願いします
お願いしますっ
http://curt.kr/DrZeA
http://curt.kr/dHmDr
http://curt.kr/lv7da

194 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/16(水) 21:27:22.51 ID:kqzDHovJ0
さてすまない。
少々調子に乗りすぎて自分の主張をしすぎたようだ。

俺に何かを期待する事があるとすれば、震災の思い出しかないだろう。

だが、先にも書いたが、今週末まで多忙を極めており、おそらくは来週にならないと書けない。

次の話は、4月からの話が中心になると思う。
4月7日の夜に起きた出来事と、一夜明けた後の事からだ。

ある意味、この日の出来事は、東日本大震災という分岐点の、本質の一つをつくものとなる。

それではまた。

195 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/11/16(水) 21:53:05.66 ID:SXWXwK/10
>様々な事を考え、発信する事が許され、他人との違いに堂々と反論できる世界は、残った

東北関東を見る限りそうは思えないけどな(放射能的な意味で)
むしろ言いたいことも言えず思考を停止させられてしまった世界のようにしか見えない

196 :((((((((○○)))))))))(石川県):2011/11/16(水) 21:56:34.97 ID:RYAzaLJU0

プルサーマル 東北の候補者に聞く 自民全員が推進
2009/08/27 06:10 【河北新報】
衆院選の東北25選挙区の立候補者95人に実施したアンケート(全員が回答)で、
プルサーマル計画の是非について聞いた。
自民党の公認候補候補は全員が実施に賛成した。
民主党の公認候補は賛否が分かれた。
共産、社民両党の公認候補は全員が反対した。
http://www.47news.jp/localnews/miyagi/2009/08/post_20090827110600.html

青森県 津島雄二 江渡聡徳 大島理森 木村太郎
岩手県 鈴木俊一
宮城県 土井亨 秋葉賢也 西村明宏 伊藤信太郎 小野寺五典
秋田県 御法川信英
山形県 遠藤利明 遠藤武彦 加藤紘一
福島県 亀岡偉民 根本匠 吉野正芳
比例 坂本剛二 中野正志 佐藤剛男 玉沢徳一郎 二田孝治 渡部篤 金田勝年

以上自民党東北候補者(全員プルサーマル推進)





197 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/16(水) 22:21:59.12 ID:yCSavm840
>>194
いつも、食い入るように読ませていただいております。

>次の話は、4月からの話が中心になると思う。
>4月7日の夜に起きた出来事と、一夜明けた後の事からだ。

これは、全く想像もつきません。ぜひ読ませていただきたいと思います。

しかし、これだけの文章力と、賢さ。
あなたは一体、何者なのでしょうか?

198 :地震雷火事名無し(内モンゴル自治区):2011/11/16(水) 22:33:57.19 ID:lDPadCEmO
@仙台
311からしばらくは原発云々どころじゃなかったんだよね。
今考えてみれば恐ろしいことなんだけどさ。
毎日食料調達のために品物があるのかすらわからないスーパーに何時間も並び、水確保のためにも並んで…。
物流が停滞混乱していたので、今日並んでやっと買い物が出来たスーパーが、明日以降店を開けるのかどうかもわからない。
また来るかもしれない大きな地震のために備えたくても物はなし。
街中に普段よりも人がウロウロしていた。
みんな何か手に入るものがないか探して街中を歩き回ってた。



199 :地震雷火事名無し(東日本):2011/11/17(木) 03:42:53.58 ID:YE//ZcyJ0
正論を言うヤツはダメ、反論できない正論を言うヤツはさらにダメ。
正論どおりに行動できる人間も組織も存在しない、情というものが
あり心が働いている以上、感情は必ず理性を上回る。
世の中には仕方ないどうにもできないものがあるんだから、
あきらめて静かに生きるのが逆説的に正しい場合もあるだろうよ。

200 :千葉県民(関東地方):2011/11/17(木) 03:59:52.79 ID:kPJEY6TpO
88まで読んだ。
仙台2号さんをはじめ、いろんな人の書き込みにとても感謝したいと思います。

3月11日以来で一番強く、生きてて良かったと感じました。
とにかくありがとう!

201 :地震雷火事名無し(東日本):2011/11/17(木) 10:53:09.15 ID:i6RqzrDY0
震災数日後に仙台から福島の実家に避難、15だか16日にまた仙台に戻ってきた
友人に聞いたのですが、福島ではずっとテレビで「○○地区何ミリシーベルト、
○○地区何ミリシーベルト」と線量を報じてて、不急の外出は控え、マスクを
着用するようにと、言ってたそう。

で、福島から帰宅する道中、県境までは皆マスクしてたりして防護ルックなの
に、県境超えた途端、みんな無防備で困惑したって。

宮城住みですが、ほんと、テレビも見れなくて爆発シーンも見てないし、誰も
公には放射能注意なんて言ってくれなかったし、おかげで、水汲みやら、食糧
やらのために長時間並んで、露天で売ってた野菜も食べちゃったんだよね…。

宮城民の放射能に対する危機感の薄さは、地震と津波でそれどころじゃないっ
てこともあると思うけど、爆発シーンを見たことない人が多いせいじゃないか
と思ってる。

自分はかなり後になってから(4月に入ってからかも)ネットで見たけど。

202 :地震雷火事名無し(山形県):2011/11/17(木) 23:54:59.44 ID:SQHLUNhy0
やっぱ仙台は大変だったんだね
山形も並ばないでガソリン買えたのは3月28日からだった



203 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/11/18(金) 14:06:25.33 ID:kn0Jl8QmO
山形も大変でしたよね。
震災当時、東北に行くには新潟経由で山形に入るしか方法がなくて。
報道されませんでしたが、被災地と同じように、ガソリンも灯油も重油も食品もなくなりましたね。
東北でも屈指の豪雪地帯でどんなにご苦労されたことでしょう。
同じ東北だものと、被災者受け入れも地道に励んでおられました。
山形の温かさを忘れませんよ。

204 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/11/18(金) 18:49:00.32 ID:3TgdhfWb0
なんでここまで仙台2号アゲされてんの?ちょっとこの流れキモ杉
確かに文章は上手いけど、自分に酔った>>190>>191みたいな語り口は
ハッキリ言ってキモイです。文章の好みはさておき、人間性を疑う部分もあり

>>190
>このスレは「震災後落ち着くまでの思い出」なので、落ち着くまでの間に思い出に
>残るような話の中に、原発や放射能の思い出はほとんど無いので、
>俺が書く事も無い。そういう事で了解して欲しい。

いや、了解できないね。
「このスレは震災後落ち着くまでの思い出を書くスレ」と言いながら、

>>151
>俺達はこれからも、地元の野菜や肉や魚を食っていくだろう。

と、未来に対する自分の考えを書いたのは、お前の方だろw
「自分は言ってもいいが他人は言うな」とはどういう了見だよw
このスレは確かに「震災後落ち着くまでの思い出」というスレタイだし、思い出を中心に語るスレに違いないけど、
思い出や経験に付随する思いや未来について語ったっていいはずだろ。当然。
勝手に禁止すんな

これまでのことはどうでもいいから、これからは
逃げたい、被曝怖いと思ってる人を「おれたち」とか「絆」とかいう言葉で縛って苦しめるのはやめてくれ。

津波の被害にあった地域の人が、放射能=第二の津波について、なかなか考える余地が無いことは想像に難くない
でも、覚えているだろ?忘れちまったのか?
津波は待ってくれなかっただろ?放射能=第二の津波も同じなんだよ。
「疲れてるんだ、今は考えられない」と言ったところで、放射能は待ってくれないんだよ。
今もどんどん(特に子供達を)蝕んでいるんだよ。目に見えないだけで。

回復しはじめた奴からでいいから、第二の津波のことについても、少しづつでも真剣に調べて真剣に考えろ。
「ここは過去を話すスレだから未来のことは云々」言って、
これ以上話を逸らして誤魔化すのもやめてくれ。


>>199
はい、そうですね。ですから一人で勝手に死んでください
周りの人間を「おれたち」だの「絆」だの言って巻き込むな!

205 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/11/18(金) 19:05:54.05 ID:3TgdhfWb0
>>191
「悪かったと思うこと」「良かったと思うこと」、両方とも同意しかねる。

まず「震災の後、悪かったと思うこと」だが
そもそも「震災は終わっていない」。一段落すらしていない。
一段落した(人もいる)のは、「津波と地震の被害だけ」だ。

俺は、今回の震災でもっとも深刻なのは、実は津波ではなく、放射能なんだろうと思う。
(今現在の被害者数で言えば、もちろん津波だが)
でも、そのことがが明らかになるまでには、まだしばらく時間がかかる。
時が経てば(日本ではほとんどの奇形は堕胎されるので)死産や子供の病気が隠しきれないほど、誤魔化しきれないほど増えるだろう。
その頃には、放射能の被害は(津波の比では無いほど)日本全国に大打撃を与え、世界中に影響を及ぼすことも、いよいよ隠し切れなくなるだろう。

にもかかわらず、俺は「何も変わらない」とは思っていない。
これは俺の想像だけど、今はまだ選挙権をもっていない子供達、
自分の大切な友人たちが、一人二人と歯が欠けるように死んでゆく世代の子供達は、
これまでの大人たちが原発を推進してきた流れを、根底から変えてくれると信じている。
もちろん、はかない望みかもしれないんだけどね

「良かったと思うこと」については、>>195の言うとおりだ。
その意味で、仙台2号は現実の片側が全く見えていない(あるいは意図的に見ようとしていない)と思う。

206 :地震雷火事名無し(米):2011/11/18(金) 19:13:57.32 ID:xGyWxaYP0 ?2BP(0)
在米だけど4月から7月までホットスポットの実家に老人を助けるため帰国して
その頃はホットスポットとは知らなかったが、幸いにもNHKが24時間ネットでフリーで、
またCNNなどで福島の状態を刻々と知らせていたため、超危険廚だったので
すでに出来る限りの万策をしていたと思うが、成田空港に着いたとき、鉄の味がすると
言っていた人々に驚愕したことが忘れられない。自分も鉄っぽい味がするなと思ったが、
危険廚だから精神的なものだと思ったのだ。
なので>> ID:3TgdhfWb0のいうことはよくわかるが、このスレは震災後落ち着くまでの思いで
スレ。自分はこのスレが一番気に入っているし、拡散したいと思うよ。
遠くからは何でもいえるので、寄付くらいしかできることはない。

207 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/11/18(金) 19:17:13.67 ID:PyvCLl0qO
>>161さん>>163さん
有り難う御座います。 後々に、彼女の親友から聞かされました。
前日に、妊娠4ヵ月と判明したらしいです。その報告を震災日に話すと言ってたらしいです…
今夜は、重大発表が有ると彼女は嬉しそうに言ってた理由が、その時に分かりました。

前を向いて歩く事は…辛い思い出を隠しながら、自分の道を切開いて行くと思います。
私達の未来はそこから始まると、信じて今日に至ってます。

208 :206(米):2011/11/18(金) 19:23:40.86 ID:xGyWxaYP0 ?2BP(0)
いちばん大事な事を書き損なった。
ほかにいくらでも原発を語るスレはある。
自分はいまでは超超超危険廚、だけどここを読んだおかげで津波被害のひどさを
思い出した。そうだった、もっとできることをしないとと
思い出した。原発のほうはかなりの人たちが気にしているが、
津波被災者がどれほどのケアを受けているのか心配になってきたのは
仙台2号氏なくては存続できないこのスレのおかげ。


209 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/11/18(金) 19:24:31.33 ID:3TgdhfWb0

>>206
>このスレは震災後落ち着くまでの思いでスレ

繰り返しになるが
だからといって、思い出や経験に付随する思いや未来について、語ってはいけないはずが無い。仙台2号だって未来に対する思いを語ってるだろうが。
何?仙台2号は、放射能の危険を言わない人だから、語ってもいいの?
放射能の危険を言う奴だけ、未来について語るの禁止?

「震災後落ち着くまでの思いで」中心のスレであることは確かだから、このへんで黙るわ。



このスレに、言論の自由が残るといいねw



210 :206&208(米):2011/11/18(金) 19:27:27.87 ID:xGyWxaYP0 ?2BP(0)
>>207
彼女さんは貴方が喜んでくれると
信じてたんだね。素晴らしい関係だね。
最後の2行、何不自由なく暮らしながら日々の生活から
さらに不幸を生み出している自分のことを
恥ずかしく思った。貴方のように生きたいよ。

211 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/11/18(金) 19:30:10.26 ID:3TgdhfWb0
ごめん、俺ももう一つだけ
嫌味な言い方じゃなく、ちゃんと言っておきたい。

ひとりひとりが津波の被害を心に留め置くことは、もちろん、ものすごく大事なことだ。
しかし、津波の被害を語る中で、まるで誤魔化すように「おれたち」とか「絆」とかいう言葉を使って、第二の津波に巻き込まれる人間を増やすようなことだけは、してほしくない。第二の津波に巻き込まれるのは「自分だけ」にしてほしい。

「津波てんでんこ」
「放射能てんでんこ」



もう黙る


212 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/11/18(金) 20:02:48.76 ID:PyvCLl0qO
>>210さん

不幸とは、自分自身が追い込まれた時に生み出す事だと思います。
どうか、自分自身を責めないで下さい。

普通を普通に暮らす事が幸せと思います。
被災地では、同じ環境の中で暮らす人々は、愚痴を零す事が出来ませんでした。
それだけ被災地が、TVで報道された以上に悲惨な現状だったと思います。

貴方の幸せを祈って失礼します。



213 :地震雷火事名無し(茸):2011/11/18(金) 21:04:41.22 ID:w1b24hE+0
>>209
放射能の危険を語るなとは誰も言っていないだろう。

>このスレに、言論の自由が残るといいねw

冷静になれ。


214 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/11/18(金) 21:37:10.03 ID:3TgdhfWb0
>>213
もう黙るって言ったんだけどさ。
はっきり言っておくぞ。

  そのものズバリ「放射能の危険を語るな」と言わなくても、
  「放射能の危険を語ってはいけないムードにすること」で、
  言論の自由を奪っているんだよ。

「おれたち」とか「絆」とかいう言葉も同じ。
「おれたちは地元の食べ物を食べる」とか「おれたちは絆で結ばれてるから、必ずこの土地を復興してみせる」とか言うことは、
「放射能の危険を語ってはいけないムード」にすることでもあり
「放射能の危険を語る奴は悪者というムード」にすることでもあり、
言論の自由どころか、人間の尊厳さえ奪いかねないことなんだよ。
そのものズバリ「引っ越すな。被曝が怖くてもガマンして地元に残れ」とか
「たとえ被曝して病気になったとしても、ガマンして地元の食べ物を食え」とか、
そんなことハッキリ言う阿呆はあまりいないだろ?
(福島県スレとか見てると、実際そういうこと言われて参ってる人も結構いるんだけどね)

俺は、仙台2号のように文章を書くのが上手い奴が、こういう言葉をさりげなく織り交ぜながら共感を呼ぶことで、皆が「放射能の危険を語ってはいけないムード」に流されていくことを警戒してるの。


「もう黙る」なんて言わない方がいいねw
こういう反論されることもあるもんね。
でも「思い出」を語ることが中心のスレであることは了解してるよ。
だからつまらないレスつけないで。
できれば俺も黙っていたいから


215 :このスレのファンの一人(関東地方):2011/11/18(金) 21:50:54.19 ID:he2Dd3GqO
「このスレの良いところ」
@震災発生から生活が落ち着くまでの経緯を客観的にシンプルに語る書き手がたくさん参加している。
A特にガソリン、電気、水道、ガスなどの供給無いと何が困るのか、回復すると何が好転するのかなどの話は、未経験者にはとても貴重。
B反論もちゃんと登場して、ある程度バランスがとられている(dion軍さんは確か原発スレでも24時間体制の嵐担当だから、スルー推奨らしい。悪い人じゃないと思うけど)

216 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/11/18(金) 21:53:33.77 ID:3TgdhfWb0
>>215
おいおい
Bは人違いだぞw
しかし(dion軍)って本当に評判悪い奴が多いんだよなぁw

217 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/18(金) 22:07:54.02 ID:ynfbChKC0
>>214
言ってることは、あなたが正しいと思う。心から同意する。
仙台2号さんに賛辞レスを書いてきた自分も、放射能に関しては、全くそう思う。

で、仙台2号さんは、放射能に関しては『安全厨』なんだよ。
それは自分も、聞いてみようかと思ったけど、どうせ聞いてもしょうがないと思って、聞くのを止めた。
それはもう、何をもう、どうしようもない。永遠に交わることのない分かれ道。

それはそれとして、津波被害を受けられた方々の、生々しい記憶を、
文章力の高い人から聞いてみたいというのも、それはそれでアリだと思う。

千葉沖地震や、東海・東南海・南海三連動地震が切迫している中で、
太平洋側に住んでいる人間のほとんどは、津波は他人事ではない。明日は我が身。
その日が来た時の、覚悟を決めたり、腹をくくるために、
仙台2号さんの話は、とてもありがたいと思う。

218 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/18(金) 22:18:17.15 ID:ynfbChKC0
大地震や津波が来て、電気もガスも水道も、全てが止まった時に、
人間はものすごい『情弱状態』になる。電気が来なくなったとたん、
情報的に、恐ろしいほど脆弱になる。

物資の備蓄がないと、食い物や、燃料や、いろいろなものを求めて、
一日の大部分を費やす。

原発からの大量の放射性プルームが来ている中で、屋外での炊き出しを食べる。
ガソリンの列に並ぶ。放射能が来ていることはなんとなく知っていても、
それをしないと、いずれは飢えたり凍えたりして、生きていけない。

それは、太平洋側に住んでいる人間はみな、明日の我が身だ。
そうならないために、あらかじめどうすればいいか?
家に備蓄するか?家が壊れたら車に備蓄するか?車も壊れたらどうするか?
そういうことを考えるために、仙台2号さんの体験談は、とても有益だ。

219 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/18(金) 22:28:15.67 ID:ynfbChKC0
情報源がラジオしかなければ、
(漏えいした水素で建屋が爆発しても、原発には圧力容器と格納容器が2重であるのだから、
 それらが破壊されてなければ、放射性物質の漏えいは、深刻なものにはならないはず)
(黒鉛炉のチェルノブイリとは違う。スリーマイル周辺住民に、健康被害があったとは聞いたことがない)
と、3/11以前は中途半端に原発に詳しかったオレも、そう判断してしまったと思う。

とにかく、家の電気が2週間や1か月、来なくなっても、情弱状態にならないよう、
あらかじめ備えをしておくことが重要だと、このスレを見てよく理解できた。

220 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/11/18(金) 22:29:48.96 ID:3TgdhfWb0
>>217>>218
そうだね。全くそのとおりだと思います
仙台2号は何しろ文章力あるもんね

221 :地震雷火事名無し(兵庫県):2011/11/18(金) 22:54:57.14 ID:dTqSPUOL0
面倒だから関わらずにおこうと思ったけど、
気にせず住み続ける、気にせず食べるという人の存在は
住み続けたくないし食べたくない人にとっては正直に言って迷惑なんだよ。
遠く離れた俺にとっても。
みんな汚染地を離れ、誰も汚染物を食べなければ
誰も汚染食品を作らないし、誰も汚染されないのに。
だからみんなナーバスになる。
「だけど被災地の人たちは気の毒だしそんなこと言えない」というスタンスは
悪循環でしかない。


222 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/18(金) 23:08:47.41 ID:ynfbChKC0
>>221
全く同感する。

とは言え、仙台2号さんほどの聡明な人が、なぜに安全厨なのか?
彼は、聡明な上に、親や、友人や、近所の人々などの、人と人とのつながりを大切にする人だ。
だけど彼は、友人に(原発がブッ壊れて、放射能がヤバいらしいぜ)とは言わない。
それはいったい、なぜなのか?

(嫌なものは見たくない。聞きたくない。そういう話をする奴がいるから、そんな悪いことが起こる)
みたいな、言霊ヒステリーとも思えない。

言霊ヒステリー安全厨と違って、彼は、卓越した文章力で、いろいろなことを語ってくれる。
相当頭のいい人なのだろう。放射能の話題は、うまく、賢明にかわす。老練な政治家の答弁のように。

それは一体なんなのか?オレは、彼の言葉や、経験を、もっともっと聞いてみたいと思う。

223 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/11/18(金) 23:17:51.74 ID:WUMMtvGP0
>>221さすがにそこまで、他人に強制しようと思わない。
大人は勝手にすればいい。自分で決めればいい。
ただ日本人って根が陰湿な人が多いと気づいた。単純思考の私には、ずいぶん面倒だと思った。
最初の総理会見には絶望した。「みんなできるだけ遠くに逃げて」というと思ったのに。
たくさんの子供が被曝しても、国も多数の生産者も知らん振り。
実家に避難しても、ちょっと意に沿わなければ、すぐ出て行けといわれる。
勝手にきて長く遊びにきた位の認識。
小さな孫に健康被害が出てもいいの?と聞いても知らないそんなの、という実の祖父母。

仙台さんのお話、単純にこの先が聞きたいから荒れないで欲しい、
でも199のような、意味不明な擁護が来るとさすがにそりゃないわって思う
仙台さんは若そうだから考えが及ばないこともあるだろう。
お母さんにも聞くといいよ。オバサマ方の非常時の強さの理由を。
正論ダメだとかいう人はさすがに荒らしレベルでおかしいだろう。

自分も東京1さんと同じ思いをした。小学校へ迎えにいっても
「教育委員会が学校に待機させろと…」等というイカレたことを学校は説明して
強風で埃の舞うグランドに長時間待機させられ、迎えに来た親に夕方までひきわたされなかった。
学校は何様だ?非常時に、児童の命を親以上に引き受ける権利など、学校や教師にはない。

224 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/18(金) 23:24:16.00 ID:ynfbChKC0
3/11以前は、圧倒的な多数派であったはずの、オレたち危険厨は、
この8ヶ月の間に、いつのまにか少数派になり、

『風評被害で被災地をいじめる悪い奴』
『神経過敏の宗教的ヒステリー集団』
『科学に無知な愚か者』

にされてしまった。放射能の入った食べ物を、食べたくないと言っただけで、
『死ね非国民』
という扱いをされるようになってしまった。

枝野元官房長官や、御用学者がいうことは、保険会社の約款のように、
小さい字でいろいろな留保がついた、後でいかようにも言い逃れができる、
腐った言葉だ。そういう言葉は、もう聞き飽きた。

被災地の現場で、一所懸命生きながら、なおかつ放射能については安全厨で、
たぐいまれな文章力を持った人の言葉を、立場は違っても、聞いてみたい。

225 :地震雷火事名無し(兵庫県):2011/11/18(金) 23:37:54.02 ID:dTqSPUOL0
危険厨が少数派になったという実感は特にないが、
新しい情報が発表される度に、
知らずに福島産の食品をずっと子供に食べさせてました><
群馬産は安全だと思って食べていたのに><
みたいな人が大勢出てくるのを目にする。
そういう人たちが、その後放射能に気をつけるのか、
諦めて気にしないで生きていくのかは謎だ。


226 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/11/18(金) 23:50:32.64 ID:3TgdhfWb0
>>224
>3/11以前は、圧倒的な多数派であったはずの、オレたち危険厨は、
>この8ヶ月の間に、いつのまにか少数派に

んなこたぁないと思うよ。
「あからさま危険厨」が減って、「隠れ危険厨」が増えただけ。
なぜかというと、この8ヶ月間の間に、危険厨は学習したから。
「あ。今は言っても無理なのね」って。
大本営や自治体がこれほど安全洗脳してるんじゃ、とてもとてもw
少なくとも、奇形児や死産や病気が爆発的に増え、子供が病気になったり死んだりした親どもが、やっと目を覚ましてファビョり始めるまでは
リアルで何を言っても無理。

ほんと、ネットがあってよかったよ
本当のことが言えるのも、本当のことが聞けるのも、ネットだけだわw

227 :地震雷火事名無し(宮城県):2011/11/18(金) 23:57:06.04 ID:7fCCGK/n0
そうそう、リアルではとても言えない。オカシイ人思われるからね。
「日本経済がどうなってもいいのか」と言う人もいる。
この国は命よりお金が大切なんだよ。

228 :このスレのファンの一人(関東地方):2011/11/18(金) 23:58:31.31 ID:he2Dd3GqO
仙台2号さんの話のいいところ
@ありふれた日常生活のちょっとした出来事や風景から大事なことを読み取り、伝えてくれること。
A安全厨、危険厨という単純な2分法を超えたところに立った話を展開していること。

229 :地震雷火事名無し(千葉県):2011/11/19(土) 00:46:14.89 ID:hvvNOB+W0
茨城県南沿岸
流れぶった切る様で悪いけど書かせてくれ、さっき地震来て311の時の事を思い出してな・・・

その日その時間は仕事で工場の二階に居た、最初の揺れ(宮城沖本震)でパートさんたちがパニック起こしてたので外に繋がる階段を降りはじめた
降りる際中に2回目の揺れ(福島沖)、階段が左右にしなって落ちそうになりながらなんとか全員外に避難
道路は車が走っており、外で固まっている自分たちを見て不思議そうにしていた
固まってワンセグで気仙沼や石巻の映像を見ている最中に3回目(茨城沖)の揺れ、震度は5弱と後に分かったが立っていられなくて全員地面に手をついてしゃがんでいた
海沿いにある工場へ連絡しようにも繋がらず、上司が車で走って知らせに行った
自分たちはまた地震が来て建物が崩れたら危険なので駐車場の方へ避難、自宅が近い人が家の様子を見に戻る
それを見て自分も対岸の自宅へ帰宅、丁度帰ってきた母親と共に隠れて出てこないネコを探しながらとるモノをとって車に運んだ
結局猫は見つからず、泣く泣く車を走らせて橋に乗った瞬間防災無線が響いてきた、「津波が沖合10kmまで来ています!ただちに高台へ避難してください!!」
ワンセグで気仙沼の様子を見ていたのでゾッとして、会社に向かい津波がそこまで来ていると告げて自分は親と一緒に高台へ避難
とりあえず食料の確保をとイオンに向かうと、電気が消えて車がまばらに止まっているだけで静まり返っていて恐ろしくなった
長いので一旦切る、ネコ探してたりして1時間くらい家にいたけどパニクってたんだなって今なら思う
本来ならすぐ高台に逃げるべきで、冷静な判断力完全に失ってた

230 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/11/19(土) 00:51:02.97 ID:7CSw3LJ4O
ここは放射能汚染について語るスレなのか?

単なる「スレ違い」ってやつだろう。何が言論の自由だ、笑わせるな。
危険だの安全だの言いたい奴は、いくらでも語れるスレが他にあるんだから、そっち行け。

ここは「思いで」を語り、それを聞くスレだ。

ここで「思いで」を書いたり聞いたりする人は、震災で積もった自分の中の澱を、あの日からの事を、自分や他人の「思いで」によって何とか気持ちを整理し消化しようとしているんだ。

どうか「思いで」を書いてくれ。
中学生の娘を持つ俺の親戚も、放射能から逃れて移住した。
移住するまでの2ヶ月間、避難を手伝ったり、いさかいが起こったり、本当に色々なことがあった。

この震災で起こった出来事は、まだ俺の中でも整理がつかず、まだ書くことが出来そうにない。
ただ、このスレで他の人の「思いで」読むと、身につまされて悲しくなっても、共感する何かを与えてくれる。

ただ単に危険だ安全だだとか、絆だ鎖だだとか言うんじゃなくて、それにまつわるあなたの思い出を聞きたいんだ。

231 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/11/19(土) 00:56:00.90 ID:7CSw3LJ4O
>>229

何か俺の長文で邪魔してごめんなさい。

続き聞かせて。

232 :地震雷火事名無し(福岡県):2011/11/19(土) 01:12:47.00 ID:2SGAaVWO0
自分は311後関東からすぐ西に引っ越した超危険厨
けど仙台2号さんの話もっと聞きたいぞ

放射能の危険性と 大震災を経験した個人がどう生きるのかの選択は
別問題だよ 自分は後者を読みたくてこのスレに来てるよ

あと、超危険厨はこの8ヶ月で自分がセーフだと思える生活環境を
既に確立済み。数が減ったのは情報に踊らされてるにわか危険厨かな

自分は二度と親の墓参りにも来るなと言われても逃げたし後悔してない。
けれど 仙台2号がここで食って生きるって言った覚悟が分かる気がするよ

233 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/19(土) 01:16:13.92 ID:7Uhp7MPk0
>>232
>自分は二度と親の墓参りにも来るなと言われても逃げたし後悔してない。

あなたの体験も、ぜひ聞いてみたいと思うんですが・・・。

234 :地震雷火事名無し(福岡県):2011/11/19(土) 01:20:55.23 ID:2SGAaVWO0
>>229
ごめん割り込んだ 続きヨロです

235 :地震雷火事名無し(千葉県):2011/11/19(土) 01:22:15.80 ID:hvvNOB+W0
茨城県南沿岸 続き・書いてるだけで手が震える

その後弟と連絡が取れ、高台へ避難しているのが分かったので残るは携帯をもたない父親の安否
就業先が鹿島の工業地帯な為津波をもろに受ける所だった、近くに高台は工場とホテル位しかなく正直ダメかもしれないと覚悟した
自分たちは津波注意報に変わった頃下に降りてコンビニの駐車場で、ガソリン節約の為に1台の車に移って電池式のラジオを聞いていた
食料も買えてない為母親が一旦家に帰ろうと言い、帰宅すると庭に父親の車があった
地震の後すぐに避難しろと言われ戻ってきていたという、それから家の中の食糧を持って再び対岸のコンビニの駐車場へ
それから一晩、度々くる揺れに怯えながら一睡もできずに過ごした
翌日母親が会社に顔を出してくると言うので、自分も行ってみたところ人は数人しかおらずその日は休業と張り紙がしてあった
卸売の会社でパンやカップめん等日持ちする食品が合ったので許可を貰って購入した、正直助かった
津波警報も解除されたので自宅へ戻る、倒れたテレビや棚を片付けながらライフラインの確認をする
うちはガスだったのでコンロは使える、電気はその日の夕方には復旧、しかし水道はダメだった
テレビでは被災地の様子が次々と報道される、しかし自分たちの地域は全くと言っていいほど報道されなかった
茨城や千葉の沿岸部はどうなの?と思いネットで検索してやっと神栖市・旭市の津波被害を知った
鹿島臨海工業地域では火災が起き、津波でコンテナが街中まで押し寄せ、道路があちこち陥没、停電と断水
旭市飯岡は津波で死者が出ていて、海沿いの家屋はほぼ全壊、かなりの地域が浸水していて、後日うちのお客さんの夫婦も津波で亡くなったと聞いた
余震の続く中で3日目に会社は営業再開し、とにかくなんでもいいからと買付け取引先のスーパーや個人商店へと品物を卸した
ガソリンも乏しい中だったが、自分たちが動かなければここに国からの支援は来ないという思いは皆あったと思う
ごめん、もうちょい続く

236 :地震雷火事名無し(千葉県):2011/11/19(土) 02:03:15.74 ID:hvvNOB+W0
茨城県南沿岸 さらに続き
そんな中でおきたのが「計画停電」、しかも日が落ちる5時以降に神栖・銚子・旭は含まれていた
水も出ず・電気も無く暗い中、ろうそくの明かりでパンを齧りながら泣いた、思ったのは「どうして、ここも津波の被害を受けているのにどうして」だった
計画停電も茨城と千葉の知事が抗議して対象から外された位で、ようやく被災地として見られることになったが
ようやくTVで旭や神栖が流れた時「忘れられた被災地」と紹介された事に言葉が出なかった
(千葉は旭以南も津波被害を受けているけど出るのは旭だけ、銚子も全壊家屋があり・大学も津波被害にあっているが報道はなし)
(ついでに銚子市で赤十字から全壊家屋の家に支給されたのは5千円と聞いた、死者が出なかったとはいえ全財産持ってかれてる人が居るのにあんまりだと思った)
神栖市は市内全域断水、井戸を持っている家が多かったので給水車に加え市内70か所で給水が行われ
うちも近所の家が井戸を持っていたので、大事に使わせていただいた
断水は翌月20日まで1か月間続いた、自分たちの地域は早い方で、神栖市内でも沿岸部はそこからさらに1か月以上かかった
水の無い生活に精神力はそぎ落とされた、トイレに行くにも水の入ったバケツをいちいち持っていかないと流せない
風呂はかろうじて銚子市の方は断水していないので入浴施設で2〜3日に1度入りに行った
飲み水はペットボトルの物は極力とっておいて、会社で汲んできた水を利用した
風呂にためた水が無くなれば、バケツで何往復もしながら井戸から汲んできてまた貯めておく
手は濡れティッシュなどで拭き、食器は貯め水で洗ってから飲料水で洗い流していた
1月後に水道から水が出たときは泣いて喜んだ、久しぶりに自宅の風呂にゆっくりと浸かりながらそれまでの日々を思い返していて
電子パネルの日付を見てそこでやっと思い出した、自分の26回目の誕生日がとうに過ぎてた事を
そんな事を考える余裕もなかった、今思い返しても当日何を食べたかも覚えていない
ただ「水が無い」と焦燥していた記憶しか残っていなかったけど、そこでやっとそう言う事を考えられる位安心出来たと分かった
(その後会社の水道管が壊れて断水した時に記憶がよみがえってマジ泣きした位にはもうトラウマになってたけど)
最近旭や神栖の市内を車で通った、家が無くなって更地になっている所や現時点でも液状化で倒れた電柱や歪んだ道路を見かける
まだまだ震災の爪痕が残っているけど、こうやって書き込みできる位には元の生活に戻り始めてる
震災の記憶を忘れないように、これから生きる人やほかの地域の人にも見て他人事だと思わず考えてもらえるようにと思って書きました
長々失礼しました

237 :地震雷火事名無し(内モンゴル自治区):2011/11/19(土) 08:14:26.13 ID:R7+kvostO
>>235-236
書いてくれてありがとう。
私もその地域の計画停電には正直疑問というか、逆に怒りを覚えていました
水がない生活はお辛かったですね…
誕生日のことすら考える余裕もない程に、
あの頃は最低限の生活を一日一日やり過ごしていくことで精一杯だったんですよね。。
本当に、電気水道ガスのある「当たり前の暮らし」の有り難みを気づかされますね。

238 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/19(土) 18:23:19.39 ID:7Uhp7MPk0
>>229>>235>>236
思いで乙です。
(津波警報が出てるなかで、パニクって、自宅で1時間猫を探す)
というのは、生々しいね。災害時は、判断力が普段より低下しちゃうんだろうね。

電気ガス水道で、災害時には水道が最も早く復旧するというけど、
逆の場合もあるんだね。仙台2号さんもそうだけど、
(ないものを求めて、1日のほとんどを費やす)のは同じなんだね。

遅まきながら、26回目のお誕生日おめでとうございます。

239 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/11/19(土) 18:40:35.01 ID:AzbtsSNyO
>>230
もしかして仙台2号さんですか?

茨城って震度5弱どころか、震度6強じゃなかったっけ?

240 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/11/19(土) 18:55:57.49 ID:BNqsNyzWO
茨城は6強です。4くらいの震度から、いきなり6強になりました。
地震発生から、5分近くは揺れてましたよ。
神栖も津波が来て、住金が火災になり、工業地帯は、しばらく機能停止状態でしたね。知り合いが話してました


241 :230(関東・甲信越):2011/11/19(土) 21:46:04.19 ID:7CSw3LJ4O
>>239
私は仙台2号さんじゃないですよ。


242 :地震雷火事名無し(茸):2011/11/20(日) 00:08:06.23 ID:JB/O0czh0
>>237
当たり前の暮らしがこれほど尊いとは思いませんでしたね、考え方を改めさせられました

>>238
ありがとうございます。
神栖市は潮来の浄水場から水を引いているのですが、潮来がほぼ全域液状化で浄水場はメタメタになってしまった上
神栖市も液状化で水道管が沈下したので地面の上に仮の管を敷き直す所からでしたので復旧が遅れました

震度6強だったんですか、初めて知りました
親がその時丁度銚子大橋の上にいたんですが、前の築50年の橋だったら数十台まとめて川の底だったかも知れないと言っていました
震災前に開通しててよかったです

243 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/11/20(日) 08:20:15.95 ID:JbJVGe0wO
謎が多いね。茨城市民では、なさそう

244 :地震雷火事名無し(四国地方):2011/11/20(日) 11:39:44.46 ID:f+WjeHM0O
2ちゃんにしてはなかなか為になるスレだな

245 :地震雷火事名無し(埼玉県):2011/11/21(月) 01:59:44.29 ID:nLJWRkjx0
良スレすぎる。
宮城にいてネット見られなくて、日本に何が起きたか知りたいんだ。
だって、卵一パック貰った母親が深々お辞儀するんだよ?浪費家なのに。
いつも渋滞の国道2車線がガラガラで、水を求める人がわらわら歩いてて。
カオスすぎて今でも夢みたいだ。
募金箱にお札とか、西日本の状況もすごく参考になったよ

246 :地震雷火事名無し(福島県):2011/11/23(水) 03:26:02.30 ID:rORm8fbD0
震災後のTVの思いで
地震後、各局CMなしで震災情報流していた。
同じ情報が何回も流れていた。たまに新しい情報も。
もう見ていたくない!しかし、重要な情報もあるかもと観続ける。
そんな時間が過ぎた。
どれくらいたったころか、一部世間では大不評だった「ぽぽぽぽ〜ん」のCMが流れた。
内容ではなく「CMが流れた。」って事実に感涙した。
福島では今でも、ニュース番組等放送時、画面下に放射線情報の字幕が流れる。
他の地域ではどうだったのだろうか?

247 :地震雷火事名無し(福島県):2011/11/23(水) 03:37:35.50 ID:rORm8fbD0
募金の思い出ってゆーかごく最近のできごと。
会社でタイの大洪水被害に対する募金活動があった。
タイといえば、震災時かなり早い時点で支援を表明した国だと思い出す。
給料日前で、財布の中少し寂しかったが5千円札を入れる。
私は正直裕福ではないんで、かなりの金額。
震災を経験してなかったらせいぜい100円がいいとこだったと思う。
その後給料日まで、昼食ワンランク落とした。

248 :地震雷火事名無し(千葉県):2011/11/23(水) 03:44:06.85 ID:0OkYkP3u0
ずっとNHKしか見てなかったから、
ポポポポーンがウザがられていること自体、知らなかった。

249 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/11/23(水) 09:04:26.93 ID:MaO45yQcO
新潟市中央区 震度4
津波も倒壊もなかったから、生活にほとんど変化がなかった。
3月中は電池やカセットガス等が品薄になったり、ガソリンの値段が多少上がったりはしたが、すぐに元通りに。
ただ、いつも揺れてるような、体感の錯覚は夏くらいまで消えなかったな。
県外者用にペットと入れる避難所を作ったのは、地元ながら新潟GJだった。
その駐車場に泥だらけの車や、割れたウインドウを段ボールで塞いだ車がたくさん停めてあるのを見て、災害の無情さに泣けた。
夏には閉鎖されたようだが、あの避難所にいた皆さんは、無事に暮らせているだろうか。

250 :地震雷火事名無し(茸):2011/11/23(水) 21:55:34.97 ID:zVH3uAsM0
愛知県西部住み。
311発生時は多分、震度3か4だったと思う。

長野県から転勤が決まり、3月は愛知県で物件探しをしていた。
311も朝から家族で物件を回っていた…肌寒い日だった。
物件探しも終わり帰路に着いた頃、信号待ちをしていたら家族が
「車、揺れてない?」
と言うので、私は近くの店ののぼりが風ではためいているのを確認し
「風でしょ?」
と返事をした。
何事もなく車は発進した。

その後、仕事を終えた義母がたまたま私たちの車の後ろを走っていてクラクションで合図してきたので停車した。
義母が走って来て「地震があったのよ?大丈夫だった?」と言うので、そこで初めて風じゃなく地震だったのかと気づいたくらい呑気だった。
ちなみに義母と義姉は仕事中で、職場ではみんな自分だけ体調が悪くなったのかと思うような目眩を伴う気持ち悪い揺れだったそうだ。

やがて旦那の実家に着き義母が先に家に入ったが、すぐに血相変えて飛びだしてきた。
そう、あの衝撃の津波映像を目の当たりにしたからだ。
私達も慌てて家に入り、テレビを見て凍りついた。
確か、海沿いにある高速道路?を津波が飲み込むライブ映像だった。
まだ走ってる車がいるのに。
これは映画か?
生まれて初めて見る映像に、その場に立ち尽くした。
子どもも、異様な映像に声も出せないようだった。
その後、アメーバみたいに全てを飲み込む映像も黙って見ているしかなかった。

やがて、全国の被害状況が報道され始める。
多分、日が暮れる前には報道されだしたはず。
私の実家は長野、埼玉に実の弟、東京には叔父がいるため、関東が震度6と報道された時には背筋が寒くなった。
正直なところ、あの津波ライブ映像が凄すぎて家族に連絡を取ることを忘れていた。
だから、時すでに遅し…かろうじて長野の両親の無事は確認できたが、弟と叔父には連絡が取れなくなっていた。


長くなりますので、いったん切ります。

251 :地震雷火事名無し(茸):2011/11/23(水) 22:29:46.59 ID:zVH3uAsM0
愛知県西部2

弟と叔父に連絡がついたのは、それから2時間くらいたった頃だと思う。
長野の父のメールが届き、無事がわかった。
しかし電波は不安定で、送信ができても受信にはかなりの時間を要した。
弟はたまたま休みで江東区の高層ビルにいて、叔父は職場(こちらも高層ビル)で被災した。
それはそれは長い揺れでブンブン振り回されて、もうダメかもと覚悟したと言っていた。
その後やはり帰宅難民となり、東京駅で一晩中待機するとメールが入ったのを最後に連絡は途絶えた。
携帯の充電もかなり心細くなっていたようだ。

ほっと一息つく間もなく、私たちはテレビに見いっていた。
やがて気仙沼の大規模火災が起き、千葉の火災と合わせて、まさに地獄絵図とはこれかと涙が出てきた。
これからどうなるのかと不安に思いながら、貴重品などを鞄に入れて枕元に置き子どもを寝かしつけた。

しかし眠れるはずがない。
余震が相次いだのもそうだが、色々気になって眠れない。
結局この夜はワンセグを見たりネットで情報収集しているうちに夜が明けた。

続きはまた書きます。
つたない文章ですみません。


252 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/23(水) 23:56:12.12 ID:UPRgVUmC0
多忙で少々体調を崩した事もあり、間が開いてすまない。
本日より執筆再開する。

いろいろと話が増えてきて何より。
既に別な話も進んでいるようであるが、俺にも時間の制約があるもので、整理は
スレ読者独自に行っていただけると助かる。

一つ書き加えておくと、俺は放射能安全論者ではない。
今までの話の中で扱いこそ小さいものの、おそらくは福島県沿岸・中通り地方に
次いで、宮城県民の原発災害に対する切実さは強い。

ただ、俺には逃げ場が無かった。
逃げられるような環境になった頃には、すっかり鈍感になっていた。
「だってなぁ、今更なぁ・・・」
という奴だ。
この「鈍感」という奴がポイントで、そうでなければ生きていく事はできない。

あるいは、徹底的に臆病になるかだ。
この場合の「臆病」とは、卑怯者を意味する語句では無い。

石橋を叩いて渡る人間は、俺の周りにも存在する。
幼い子供のいる家庭などは特にそうだ。

ただ、俺がそれに気づいたのは、つい最近の事だ。
俺はやはり、鈍感なのだろう。

だからこうして、書いている。

書けない人間は、まだ大勢いる。
「震災後落ちつく」に至らない人間がまだ大勢群れをなしており、
いつになったらそうした人々が「落ちつく」事になるのか、俺には見当もつかない。

253 :地震雷火事名無し(東海・関東):2011/11/24(木) 00:12:31.71 ID:RRipDGoSO
最新の原発爆発後に九州に逃げた
ずっとNHKラジオをつけていたんだが、女性アナウンサーが一緒に頑張っていこうみたいなことを言いながらよく泣くんだ
民放ならともかくNHKでこれなんだから、原発の内情を知って泣いているのだと思った
音楽はクラシックやジュピターみたいなのばかりで、流行の音楽は一切流れなかった


254 :地震雷火事名無し(東海・関東):2011/11/24(木) 00:16:35.90 ID:RRipDGoSO

×最新
○最初

255 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/24(木) 00:25:10.64 ID:Ngcgah5q0
@仙台2号ー47

4月5日。
俺は、かつて津波から逃げ出した、あの農道に立っていた。

農道には泥が一面覆った跡が残っており、周りの田んぼには漂流物が多い。
あの日、迂回路を求める車を、手を振って止めていた住民はどうなったか。

見た限り、集落そのものは無事だった。
海に近い低地のためか、元々土盛りがしてあり、多少の浸水には動じなそうだ。

おそらく、最悪でも床下浸水程度で済んだのではあるまいか。
どの家からも畳が外に出されていない事からも、それが伺えた。

仙台東部道路の下を抜けて海側に出ると、いきなりガレキや車が山をなしていた。
震災当日、俺が近くを通った時には無かったものだ。
夕方以降の第何波かわからないが、津波はひたすら続いたという事なのだろう。

つまり俺は、運が良かったという事だ。

俺がここに立っていたのは理由がある。
4月に入り、インフラも復旧がだいぶ進み、店も会社も通常の営業になった。
ガソリンスタンドの通常営業が始まると、渋滞も放置車もたちどころに消えた。
少なくとも仙台で津波被害を受けなかった場所の大半は、震災前の姿に戻った事になる。

もちろん、山の斜面を切り開いた住宅地では斜面崩落の危険が続き、全壊判定を受けて
赤紙(居住禁止)を貼られたマンションなどもある。

仙台市中心部でも、ランドマークタワーであるSS30ビルのアンテナが折れて垂れ下がったまま。
落下時の被害を防ぐため、北目町通りの通行止めは続いていた。

それでも、人々の暮らしは平穏を取り戻している。
震災前と変わりない暮らし。

津波や原発の被害を受けた地域の事は
「ちょっと遠いところの、かわいそうな出来事」
くらいに思い、自分たちとは無縁の出来事のように思えてきた。

相変わらず余震はあったが、
「もう震災ほど大きいものは来ないだろう」
と、やり過ごす気持ちになりつつあった。

余震だ。
あくまで余震なのだ。
だんだん回数も規模も減って、何もかも今まで通りになるだろう。
なに、宮城は元々地震が多い。
元に戻っただけだ。

そのはずだった。
震災はとうに、喉元を過ぎていた。

256 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/24(木) 00:47:31.39 ID:BzBTCpuV0
 岩手の叔母は日帰り出張でたまたま都内に来てて、帰りの新幹線に乗る寸前に地震に遭った。
東京駅の地下街は、地震が収まった途端に蜘蛛の子散らすようにみないなくなったそうだ。
きっと人々はホームに上がったり外へ出ようと改札に向かって走り出したんだと思う。
食堂街や売店からはものがなくなり、電車も動かないので東京駅で一晩明かした。

翌日早朝に連絡があってびっくりしたが(夢にも東京にいるとは思わなかった)、自分の都内の家より
寝る部屋や布団、車もある俺の実家にがんばって電車乗ってそっちに行ってほしいとお願いした。
結局それは正解で、新幹線はもちろん東北道も復旧の目処が立たなかったので、1週間埼玉に滞在し、
そこから大阪まで行き、伊丹から花巻空港の飛行機で叔母は岩手に帰れた。

実家は計画停電はあったもの、食べ物もガスも水道もあった。だが、画面から流れてくる映像には
商売やって根性座った叔母でも物が食べられないほどだった。
今すぐにでも帰りたいけど帰れない、しかも行き慣れた陸前高田や仙台空港が津波にのまれる状況は、
自分には計り知れないぐらいのショックだったと思う。

257 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/24(木) 01:00:16.25 ID:Ngcgah5q0
@仙台2号ー48

俺の家は、どうしたわけか、内陸にも関わらず、海からの地鳴りがよく響く。
数年前の宮城県北部地震以来、マグニチュード5以上の地震が海で発生すると、
決まって海からの唸り声が聞こえてくるのだ。

もっとも、俺の耳がたまたま、その周波数に合っているだけかもしれない。
オフクロもご近所も、誰もその声を聞かないと言う。

4月7日深夜。

また唸り声が聞こえて来た。
海は今夜も不機嫌らしい。

最初は空気の妙な微震動。そして明瞭に聞こえ出す地鳴りの音。

ビリビリビリ・・・とも、ズズズズズ・・とも、何とも形容しがたい音だ。

とはいえ、震災から1ヶ月近くが経過し、俺もいい加減慣れてきていた。
最初のうちこそ怯えてみせたものの、この頃になると

「あー余震ね、はいはい。」

と独り言をつぶやき、元の作業に戻るのだ。
その日も、最初はそう言って余裕を見せたつもりだった。

だが、揺れが強さを増した。
この揺れ方には覚えがあった。
部屋のアチコチがガタガタと音を立て、テーブルの上のコーヒーが波を打つ。

「ちょ、ちょっと待った!」

待った無し。
揺れはさらに激しさを増し、こぼれ始めたコーヒーカップを手にした俺は、
部屋の真ん中に退避。

直後に、押入れが開いて物が落ちてきた。
震災の片づけをようやくやったばかりなのに。
パソコンのモニターがチラつき、停電を心配したが結局消えなかった。

258 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/24(木) 01:04:01.04 ID:Ngcgah5q0
@仙台2号ー49

揺れが収まらない内に俺はパソコンに飛びつき、Hi-netを開いた。
速報はまだだ。
しかしかなり大きい。コーヒーがこぼれるくらいだから、最低でも震度5強。

急にオフクロの事を思い出した俺は、廊下に出てオフクロを呼んだ。
階下にいるオフクロは無事で、家財にも被害は無いらしい。

TVをつけてNHKを見ると、震度6弱?強?と言う。
仙台駅前の定点カメラには、仙台の北西で激しい閃光が輝いていた。
後にわかるが、その方向にある変電所で東北電力の幹線が落ちており、
東北のあちこちで停電。

裏のアパートの住民が、ガソリンでも買いに行くのか、車を急発進させていた。
俺も何かしなければ・・・とふと思うが、よく考えると電気も水道も止まっていない。
ガスも大丈夫そうだし、停電してないならガソリンスタンドが閉まる事も無いだろう。

ただ、工場で何か物でも落ちて後片付けがあるかもしれないし、朝は早い方が
いいだろうからと、俺は構わず寝る事にした。


その頃、東松島市に住む友人宅とその周辺では、深夜に大音響で津波警報のサイレンが
鳴り響き、住民全員が大慌てで避難を始めていた。

震災でもギリギリで津波被害を免れた地域であったが、だからと言って次も大丈夫という
保証は無い。

沿岸部の誰もが、震災の記憶を強制的に引きずり出されている頃。
俺はのん気に寝ていた。

内陸部でインフラも止まらないというのは、幸せなものだ。

259 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/24(木) 01:20:03.35 ID:Ngcgah5q0
@仙台2号ー49

4月8日の夜が明けた。

早起きした俺が最初に聞いたのは、オフクロからの
「ガスが出ない」
という困惑の声だった。

どうやら昨夜のうちにガスは止まっていたようだ。
試しに点火した時は、配管に残ったガスでたまたまついただけ、という事らしい。

もしかして昨夜の地震は大事だったのか。
改めて慌てた俺はTVでNHKを見た。

東北のかなりの地域が停電。
実のところ、我が家が停電しなかったのは、運のいい事だとわかった。

次に高速道路。
津波警報で東部道路が通行止めなのはわかったが、東北道すら通行止めだった。
何てこった。
工場への出勤が心配になる。
急いで朝食を取って家を出ると、国道4号バイパスが猛烈な渋滞で、先に進めない。

これは何時間かかるかわからないと、工場に電話するが不通。
上司の携帯に電話しても不通。
どうなっているのか。

仕方ないので渋滞の車中で過ごしていると、不意に渋滞が途切れた。
何の事は無い、遠見塚のエネオスで、ガソリンスタンド渋滞だった。

震災の時じゃあるまいし、大袈裟な。
それが俺の、率直な感想だった。
何しろ、家の近くにあるスタンドには無かった光景だ。

そこからは4号バイパスも普通に流れていた。
苦竹ICを抜けると、また渋滞になると同時に、空気が妙な感じになってきた。

全体的に空の色といい、景色といい、茶色がかっている。
何か大事なものが抜け落ちたような、そんな色。

不意に、震災直後に訪れた多賀城を思い出した。
あそこも、どこか茶色がかった風景だった。

恐らくは激しい揺れによって舞い上げられた埃によるものだろう。
それは、震災の色だった。

260 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/24(木) 01:35:49.82 ID:Ngcgah5q0
@仙台2号ー50

渋滞のひどい4号バイパスにハマっていると、俺の
ウィルコムPHSが圏外になっていた。

回線をドコモ3Gに切り換え、東京の姉にメールを送る。
「現在4号バイパスを北上中。どうも停電らしく渋滞。先がどうなっているか、わからない。」

東北新幹線の下をくぐる。
何か周りの雰囲気がおかしい。
妙に「普段の朝の忙しい空気」が感じられず、静かだ。

山崎JCTで利府街道に下りようとすると、嫌でも目に入るものがあった。
国産自動車という、高級外車を並べたディーラーだ。
震災にすら耐えたはずのショールーム。
巨大な縦長のガラス。
一枚残さず砕け散っていた。

山崎JCTを下りて利府街道の信号は、軒並み停電していた。
それだけではなく、あちこちで電柱が傾ぎ、路面の割れが目立っていた。
宮城野区岩切では、個人経営の電気屋が傾いていた。
あれではシャッターを開けるのは無理だろう。

なんだ。
単なる余震では無かったのか。
これじゃ、震災の時よりひどいじゃないか。

再び姉にメールを送る。
「利府街道。岩切で損害がひどい。とりあえず工場へ向かう。」

261 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/24(木) 01:58:51.12 ID:Ngcgah5q0
@仙台2号ー51

結局、工場に着いたのは1時間ほど遅刻してだった。

上司が怒っているが、どうにもならない。
何が起こっているのかよくわからぬまま、ほうほうの体でたどり着いたのが実情だ。

工場では何人かが機械に取り付いていた。
残りは手持ち無沙汰で、何も動いていない。
工場は完全に停電していた。

では機械に取り付いている奴らが何をしているかと言えば、数トンあるプレス機が
昨夜の地震でバタバタと暴れたらしく、激しく動いた上に床の電線を踏みつけていた。

取り付いているのは、プレス機をジャッキで何とか持ち上げようとしているらしいが、
どうやら重過ぎてメーカーのサポートを呼ばねばならないらしい。
そしてメーカーは、震災復旧で多忙なため、いつ来るかわからなかった。

「あんさんの機械だよ?」
先輩に言われるまでもなく、それは俺が日頃使っているプレス機だった。
俺は頭を抱えた。
これじゃ仕事にならない。

どのみち停電なので、仕事にはならなかった。
やる事も無く工場の中でブラブラしていると、1時間ほどしてお偉方がやってきた。

どうやら、仙台駅近くに住んでいるお偉方も、仙台市北部から利府町にかけての
有様は予想外だったらしく、目を白黒させている。

従業員一同を集合させ、家に被害のあった者は、と呼びかけると、数人の手が上がった。
我が家ではガスが止まった程度だが。
利府や塩釜では、停電だけでなく、水道まで止まったところがあるらしい。

さすがにこの日は、すぐ解散命令が出た。
4月8日は金曜日なので、今日休んでもさすがに月曜には停電も直っているだろう。

ただ、ここに来て新たな命令が出た。
「余震に備えて、台車の上の製品は全てヒモでくくっておけ。」

震災直後ですら、無かった命令だ。
疑問は湧かなかった。

「震災は、3月11日で終わりでは無い。」

昨夜の地震の威力は、それを誰もが認識するのに充分だった。

このような地震に、あと何度耐えられるのか。

この日を境に、俺の
「地震には慣れている」
という妙な自信は、完全に吹き飛んだ。

また震災のような惨事が、繰り返されるのでは無いか。
不安を消しきれない毎日が、しばらく続く事になる。

262 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/24(木) 02:22:06.66 ID:Ngcgah5q0
@仙台2号ー52

工場が臨時休業になると、俺は仙台北部道路の利府しらかし台インターに向かった。
あるいは、高速がどこか通れないか。
4号バイパスで再び渋滞にハマるのもウンザリしていた。

料金所には警備員がいた。
どこを通るのか聞かれる。
東部道路は津波が怖いし、東北道に抜けて仙台南インターまで。

警備員は地図を見せて、東部道路は閉鎖だが、利府しらかし台インターから山側の
北部道路と、東北道は通れる。
そう教えてくれた。

礼を言うと俺はETCを抜けて北部道路に入った。
まだ被災者無料制度は始まっていない。

が。

北部道路に入った途端に仰天した。
山を削って作られた直線道路。
うねり、ひび割れ、段差もあり。
かつての面影が全く無い。

これでよくも、通行止めにしないものだと思った。
50km/hも出せれば上等な路面状況で、トロトロと走る。

以前、新潟中越沖地震で段差だらけになった関越道を走った事があるが、
あそこの方がまだマシだった。

途中、震災で巨大な落石が転がった谷間がある。
巨岩は昨夜の地震で、パックリと割れていた。
地震の威力の証明だった。

263 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/24(木) 02:25:39.91 ID:ck1wM0PR0
>>261
数トンあるプレス機は、もともと、工場の天井クレーンで据え付けたんじゃないのかな?
であれば、電気が復旧してから、元の位置に戻せばいんじゃないかと?

停電状態で、人力ジャッキで元の位置に戻せというのは、
工場のお偉方は、何を考えているんだと。

企業の危機管理としては、がんばって出勤してきた従業員に、
家族の安否を確認させるのが先じゃないかと。

仙台2号さんの勤め先の工場のお偉方には、他人事ながら、
腹が立ってならない。

264 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/24(木) 02:28:11.06 ID:Ngcgah5q0
@仙台2号ー53

東北道は被害も少なく、仙台南インターまでスムーズに帰れたので、
よく通っていたサーキットに寄ってみる事にした。

震災直後もしぶとく営業していたミニサーキット。
安普請のコントロールタワーが倒壊していないかと心配だったが、
震災にも昨夜の地震にも耐えていた。

採石場の跡地に作ったサーキットだけに、地盤が強いらしい。
ただ、コースのひび割れだけは目立った。

社長の奥さんと話すと、震災で路面が割れたりしたおかげで、
オフロードコースのジムニー連中は、コースの難易度が上がったと、
かえって喜んでいるらしかった。

何が幸いするかわからないものだ。

ただ、震災で病院が一時閉鎖になったおかげで、社長の体調が
崩れたというのが気がかりだった。

社長はガンだった。

この社長に限らず、俺もかかりつけの医者から薬があまり出なくて、困った
時期があった。
震災の物資不足は、当然医薬品にも及んだ。

4月に入り、医薬品の供給も安定したが。
常時服用する薬の在庫が乏しい状況というのは、辛いものがある。
このような時。
可能であれば、日頃から処方箋を取っておき、薬の安定供給が見込める地域に
出かけて買うというのも、一つの手だろう。

さておき、帰宅するとオフクロがガスが直ったと喜んでいた。
どうやらガスの供給が止まったわけでなく、メーターの耐震装置が作動して、ガスを
止めていただけらしい。
近所のオバさんが、メーターのスイッチをリセットしてくれたそうだ。

オバさんは相変わらず強い。

(今日はこれにてオシマイ)

265 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/24(木) 02:31:18.20 ID:ck1wM0PR0
>>264
>どうやらガスの供給が止まったわけでなく、メーターの耐震装置が作動して、
>ガスを止めていただけらしい。
>近所のオバさんが、メーターのスイッチをリセットしてくれたそうだ。

この知識は、ものすごく役に立ちますね。
いいことを聞いた。

266 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/24(木) 02:35:52.49 ID:Ngcgah5q0
本日これにて終了。

>>263
俺が勤めていた工場には、天井クレーンが無い。
資材の搬入口にある奴だけだ。
零細工場にはよくある話。

よって機械を動かすのも基本は人力。
後日メーカーサポートが来て直したが、実はそれも人力ジャッキ。

なので、そこは特に怒るところでは無かったりする。

267 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/24(木) 02:46:18.93 ID:ck1wM0PR0
>>266
なるほど。

まあ、落ち着いて考えてみれば、天井クレーンのある工場では、
クレーンそのものが、震災でレールから落っこちたかも知れないね。

ともかく、大震災の被災地では、最初の地震よりも小さい余震が来ても、
(インフラ全てが弱っているので)かなり大きい被害が出るんだな、
ということが分かって、ありがとうございます。

268 :地震雷火事名無し(兵庫県):2011/11/24(木) 02:57:18.38 ID:64sb9yVD0
>>265
そういえば震災直後、
このことを知らない人たちの書き込みがあまりにも多くて驚いた。

269 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/24(木) 08:02:46.96 ID:yDztq3kl0
>>268
うちも3日間ほど風呂や炊事は我慢してたw
あの揺れではインフラは死んで当然、という思い込みもあったからね。

270 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/24(木) 09:34:01.41 ID:dSaQ7TMK0
>>267

誤解の無いよう書き加えておきたい。

4月7日深夜の大余震は、規模こそ震災本震より小さいものの、
局所的な震度は、震災を明らかに上回った場所もある。

少なくとも、宮城県利府町、仙台市宮城野区岩切を見る限りでは
震災以上の揺れに襲われた事が、見て取れた。

工場でも、震災では俺の担当するプレス機は、ほとんど動かなかった。
それが大余震の際は、明らかに飛び跳ねるほど動いていた。

プレス機が床を這う電源ケーブルを踏みつけていたのが、証明している。

塩釜市に住んでいる友人も、家の基礎をやられて全壊判定を受けた。

内陸部では避難所の閉鎖が始まるタイミングだったため、家が損壊したのに
避難所へ入る事を断られるという事態すら発生した。

本編で書いた、「国産自動車」。
今でもショールームのガラスは割れたまま。
中の車のみ運び出され、半年以上たっても営業再開する気配が無い。

4月7日は「大余震」というより、「第二次大震災」だったとも言える。
津波や原発被害が無かったために、その実態は地元ですら、なかなか伝わっていない。

271 :地震雷火事名無し(長屋):2011/11/24(木) 09:52:23.20 ID:yAO6G4GC0
震災後落ち着くまで?ストレスと混乱で記憶が飛んでて殆ど覚えてないよw
たぶん情報収集してたと思うけど、マジ具体的に思い出せないほどの精神状態だったナー
気が付いたら一か月以上経ってて、テレビがフツーの番組構成に戻ってた感じ。

272 :地震雷火事名無し(茸):2011/11/24(木) 10:27:19.11 ID:u8W4iW3X0
愛知県西部3

ろくに眠れないまま翌朝を迎え、やはり家族も同じく眠そうな顔で居間に集まった。
でも、誰ともなくテレビをつける。

やはり311は夢じゃなかった。
日が昇り、被災地の惨状をまざまざと見せつけられた。

家の基礎しか残っていない荒れ果てた土地。
少し高台になった道で取り残された方々が手を振っている映像。
病院か学校か、屋上にヘルプと書かれた建物。

次々と映し出される残酷な映像…。

ただ昨日と少し状況が変わっていることがあった。
津波の映像は編集されたものが多かったこと。
多分リアルタイムの映像はまだ人がいる車が流されたりと、かなりショッキングなものだったのでマスコミがカットしたんだろうと感じた。
でも遠く離れた私たちを震え上がらせるには、何もなくなった荒野の映像や速報テロップで流される死者数だけでも十分だった。

そしてこの日は、原発のニュースが盛んに始まるようになった。
専門家と称する人々が代わる代わる出てきて専門用語を並べる。
アナウンサーがイライラしながら「それは…と言うことですか?」と尋ねても、「だと思いますが実際に見てないからわかりません。」と、そんな話の繰り返しだった。
政府の言い方も回りくどくて、何を言いたいのかさっぱりわからなくて…余計に気持ちが沈んでしまった。



273 :地震雷火事名無し(東海・関東):2011/11/24(木) 11:59:03.14 ID:tefGSXkEO
@東京下町
久しぶりに開いたら
色々なレス&仙台2号 氏
産まれたばかりの姪のミルク用のミネラルウォーター探しに
帰宅難民の方々の合間を縫って
深夜の自販機巡りをしたことを
思い出すよ。

雇われチャリ屋の俺は
翌日の「在庫切れ」の事態(自転車がだよ)なんか
思いもよらなかった

仙台2号、しつこいが
おまい本出せ

274 :sage(東京都):2011/11/24(木) 12:53:04.53 ID:UC48Q5Fj0
「河北新報のいちばん長い日」一気に読み通した。
思い出せば岩手内陸部の田舎からダンボールで山の幸が
送られてきた時、クッション代わりに丸めて入れられてたのが
いつも河北新報だった。だからささやかな応援の気持ちも込めて購入した。

275 :地震雷火事名無し(新潟県):2011/11/24(木) 13:48:02.31 ID:aBCykUgu0
新潟市中央区4

デパート一階にいた。
震度は中越地震の経験から大きくは感じなかったが、時間が長くて耐え切れずに外へ。
(外は看板とかでリスクはあったけど、何も落ちていなかったのを確認して)
沢山の人も外に出ていた。新潟震源だと思っていたが、「宮城で震度7」を聞いて凍りつく。
幼稚園の息子をすぐさまお迎えに行き、2階建ての喫茶店へ。ラジオからお台場が火事のニュースを聞いて、お客さんが「東京にいる娘と電話がつながらない」と困っていた。
バスで帰宅し、夫と合流。夫は会社帰りの車運転中に橋の上で地震にあってた。ラジオでは緊急地震速報が流れたらしい。
テレビを見ると、すでに津波到達後の映像。
家族の安全に感謝して寝たら、新潟長野県境でもでかい地震来た。
次の日は原発が・・・・・。
福島の人たちに救援物資を送ったり、避難所へ持っていったりした。
町で出会った福島の人にもホテル代を渡したり、個人で動ける範囲で動いた。
しかし、原発での汚染を逃れたはずの新潟に汚染牛、腐葉土・・・・。
夏ごろ、日本を出て行くことを決意した。



276 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/25(金) 00:25:32.50 ID:w/2Iz/2N0
@仙台2号ー54

また話は3月に戻るが。

震災で危機を迎えたものの一つに、「医療」がある。

あらゆる物資が不足する中、医薬品も例外では無く。
運ばれる医薬品は津波被災地に向かったのか、仙台では常に不足がちだった。

たとえばかかりつけの病院から、1か月分の薬を貰っていたとする。
それが震災直後は半月分しかもらえず。

「薬の供給が安定するまで、これでしのいでください」

という事だった。

聞けば薬が全く無いわけでは無いらしい。
ただ、「取り決め」で、そういう事になっているらしかった。

そうしないと、仙台市内の病院からあっという間に薬が無くなってしまうという事なのだろう。

ニュースでは、停電のため、人工呼吸器が止まって亡くなった人の話が流れていた。
ラジオやTVでは、

「透析の必要な方は、○○病院に来てください。」

という情報を、盛んに流していた。
どうやら、ほとんどの病院で透析のための機械が使えないらしい。
辛うじて稼動している病院へ案内するしか無い。
そういう状態だった。

普段からケアを受け続けていないと生きていけない人々の命は、被災地の後方にあたる
仙台市内陸部でも、危険に晒されていた。

一方で、内科など暇をかこっている病院もあった。
ある病院では
「病院開けてるんだけど、患者さんが来ないな・・・」
という、のん気なツイートをtwitterで流していた。
どうも、病院がやっているのに気づいてもらえないのか、今は病院どころでは無いという事なのか。

答えは、俺がかかりつけの病院に行った時に判明した。

その病院は仙台市の中心部にあるのだが。
震災の翌日も、根性で営業していた。

だが、患者は予約も含めて誰1人来なかった。
患者のほとんどはJRや地下鉄で来るため、誰も病院にたどりつけなかったのだろうと、話していた。
車が使える者は、買出しで病院どころでは無かったのだろうと。

そもそもあの時、停電で真っ暗な町医者がやっていると思う者は、少なかったと思う。

生死に関わるような問題を抱えているのでも無い限り、まずは食料。水。ガソリンだった。
薬は後回しだった。

それでも供給制限が続いていた薬が、正常に処方されるようになったのは、4月に入ってからだった。

277 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/25(金) 00:53:04.29 ID:w/2Iz/2N0
@仙台2号ー55

そしてまた4月へ。

4月7日の大余震の後も、余震は続いた。
もう、震災の余震なのか、大余震のそのまた余震なのか、さっぱりわからない。

一つだけわかっている事は、それでも仕事は続くという事だ。

4月12日はその代表的な一日だった。

バンッ

という音がしたかどうか。
突然の停電。

それも15時直前、震災のあった時間だ。
何か嫌な感じがしつつも、東北電力に電話をかける。

どうも、この工場があるブロックだけ停電になったらしい。
原因は不明。

向かいのブロックも信号も停電していない中、工場の中はストーブも消え、
しんしんと冷えてくる。

電気を必要としない部署は作業続行を命ぜられていたが、16時くらいになると、
陽も落ちてきて作業続行が難しくなってきた。

「もういいから帰ろうぜ?今日もどうせ仕事にならねぇよ。」

工員が口々にボヤいていると、電気が突然復旧した。
やれやれだ。
停電が復旧したなら、仕事を続けなければならない。

278 :地震雷火事名無し(宮城県):2011/11/25(金) 01:00:10.24 ID:w/2Iz/2N0
@仙台2号ー56

突然の停電で狂った調子を、何とか取り戻したと思ったのは17時くらい。
外はもう暗いが、電気があるから操業は続く。

バンッ

また停電。

「畜生!やってられるか!」

いい加減頭にきた俺は、軍手を丸めて床に叩き付けた。
もう嫌だ。帰る。

いや、駄目だ。
帰さない。

そう言わんばかりに、誰かの携帯の緊急地震速報が鳴った。

まさか。
嘘だろう?

最悪のタイミング。
停電で真っ暗な工場は、激しい揺れに襲われた。
震度5強。
余震で、震度5強。

「逃げろ!」

バタバタと走り出す工員達。
逃げるにしても、真っ暗だから足が進まない。
どうにか外にまろび出ると、暗闇に沈んだ工場がガタガタと揺れ、足がよろけた。

揺れが収まって数分後に、停電は回復した。
狙いすましたような、停電と地震のコンビネーションだった。

その日も余震が続く中、停電分を取り戻すための残業は続いた。
製造業の悲しい性だ。

一体なんなんだ。
震災からもう一ヶ月過ぎたというのに。

こんな地震だらけの生活もういやだ、と俺は泣きたくなった。
こんな工場で、死にたくないと思った。

しかし現実には、
「地震だよ!」
という誰かの叫び声が上がるたび、身をこわばらせ、神経を張り詰めながら。
毎日の仕事は続いた。

279 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/25(金) 01:27:14.50 ID:w/2Iz/2N0
失礼。
先に書いた「震度5強」は「震度5弱」の誤りだった。

@仙台2号ー57

1ヶ月過ぎても激しい余震が収まらない状況に、気が病んでいたのか。

眠りは常に浅く、疲れは取れず。
いくら津波にやられなかったとはいえ、震災は無事だったはずの人と街を、
ジワジワと真綿で首を絞めるように痛め続けていた。

4月半ばには、相当夢見も悪かったらしい。
日記を見ると、このような記述がある。


「この街は今日で空気が無くなるからもう駄目だと言われた。
ガソリンが手に入らない。
街から逃げられない。
運良くガソリンが手に入った人は、皆街から逃げた。

残った俺は、最後の食事をオフクロと食べた。
最後に、空気が無くなり、息苦しくなってもう終わりだと思っていたら、目が覚めた。」


「コンビニに寄っている時、、激しい揺れに襲われた。
いきなり目の前で、コンビニの看板が轟音を立てて落ちた。

あたりが真っ暗になり、どうにか車にたどりついたものの、
ライトをつけても全く明るくならない。
もう駄目だ、おしまいだと思っていると、目が覚めた。」


最初の日記は、潜在意識では放射能を恐れていたという事だろうか。

次の日記は、多賀城で津波により全壊したコンビニを見た記憶から
来ているのか。

どちらにしても、二度と見たくない類の夢だった。

せめて夢の中では、平和でいたかった。
そしてそれは、なかなかかなわぬ夢だった。

とりあえず暗闇だけはどうにかしようと、アマゾンで手回し発電式のLED懐中電灯を買った。
他の物資はともかく、単1電池だけは後々まで品不足が続いていたからだ。

東京の姉からエネループなど充電式単3電池と単1アダプターが届いていたが、停電したら
充電式電池なぞ、ただの乾電池と変わりない。

内陸部では宅配便が復旧していたので、荷物は届くのが救いだった。

宅配便と言えば、3月末にはヤマトが早々に復旧したが、佐川は営業所止めがしばらく続いた。
仙台の佐川は1箇所しか無いので、佐川で荷物を受け取るには、一時期かなりの行列だったと
聞いている。

(本日ここまで)

280 :地震雷火事名無し(東海・関東):2011/11/25(金) 01:33:47.66 ID:mcdA3UnaO
@東京下町
おまいはなんなんだ
天才の類いか?
俺は縁あって、そっちに知人が多い
聞いた話がまんまだ
おまいが何者かは知らん
が、本出せ。毎回ケータイスマソ

281 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/25(金) 01:43:40.29 ID:w/2Iz/2N0
>>280
俺は単なる仙台2号。
それ以上でも、それ以下でも無い。
ましてや、天才でも無い。

多少頭がいいのを鼻にかけた挙句、
プライドばかりが高い無能な人間として、底辺に落ち。
(『神童も 二十歳過ぎればただの人』という奴だ)

やさぐれた零細工場の工員として、大震災の直撃を受けた。
ただ、それだけだ。

毎度高い評価をいただき、済まない。
聞いた話がまんまと言うのは、俺が特別な人間では無いという事だ。

あの頃は、誰もが仙台2号だった。
俺はその「まんま」を、ただ文字にしているに過ぎない。

また明日、会おう。

282 :地震雷火事名無し(東海・関東):2011/11/25(金) 02:59:42.96 ID:mcdA3UnaO
@東京下町
レス遅れてスマン
明日おまいの文章を待ってる
おやすみ
期待どうりだな、おまいは

283 :地震雷火事名無し(東海・関東):2011/11/25(金) 03:20:29.76 ID:mcdA3UnaO
@東京下町
蛇足だが
読ませる文章ってのは、天才だと思う
俺は久しぶりに
纏まった文章を
読んだ気がしたんだ

284 :地震雷火事名無し(関東地方):2011/11/25(金) 03:37:39.75 ID:D0go2+Nj0
自演かと思うほどのアゲっぷりにワロタw
いい加減ウザいわ

285 :地震雷火事名無し(長屋):2011/11/25(金) 10:11:47.15 ID:6PduG1nN0
一人じゃ弱い。
複数の人間の、あの時の話を要約して本にすると面白いかも。

286 :地震雷火事名無し(四国地方):2011/11/25(金) 12:58:08.13 ID:M8wQMa3/O
更新が楽しみなスレだな 情景が浮かぶ
工場の工員っていう底辺っぷりが最高だな

287 :地震雷火事名無し(福島県):2011/11/25(金) 17:15:38.88 ID:oVk82GEH0
3月16日に用があって車で近くまで出かけたら
いつも混みまくりの国道に車1台も走ってなかったw
途中すれ違ったのは東京方面に向かう避難者用のバスだけ
信号は止まってるし、店は閉まってるし、海沿い見たら津波でメチャクチャになってるし
あの時は今までにない光景だった

288 :地震雷火事名無し(茸):2011/11/25(金) 19:52:36.01 ID:ZekSJgGc0
愛知県西部4

震災の翌日か翌々日、埼玉の弟からメールが来た。
付き合っている彼女の実家が茨城にあり、向こうはライフラインが復旧せず度重なる余震に怯えているから、食料など持ちつつ様子を見てくると。
幸運にも、レンタカーを借りることができたらしい。


私は大丈夫かと思ったが、聞けば彼女はまだご両親に会えていないという。
無事だけは確認したらしいが、実家まで帰れず弟のアパートにいたのだ。
彼女のお父さんは地元の消防団で出ずっぱり、お母さんはひとりで傾いた家を守っているという…。

私だって彼女の立場なら、実家が心配で仕方ないだろう。

弟はうちの両親にもメールをしたようで両親はかなり心配したが、私も弟に助太刀して送り出した。
途中で危険を察知したら必ず引き返すこと、海沿いは走らないこと、無理せず休みながら行くこと、連絡は必ずすること…。
それだけ伝えて、あとは本人たちに任せた。


弟も大切な人を守ろうとしているのだ。
そういう意味では、震災は人を強くしたかもしれない。


289 :地震雷火事名無し(茸):2011/11/25(金) 20:16:26.88 ID:ZekSJgGc0
愛知県西部5

長野にいる両親と弟のことでやり取りをした頃には、余震もまだ予断を許さない状況だった。
確か、飛騨地方で頻発していたし、長野の栄村の地震も大きなニュースになったあとだった。


引っ越しを控えていた私達はまだ荷物が長野にあり、物件探しが落ち着いたら長野に一度戻る予定でいた。

しかし両親は、私達が戻るのを渋った。
小さな子を抱えて途中でなにかあったら…と心配でたまらなかったらしい。

それは当然だ。
送り出す身待つ身というものは、気が気でないはずだ。


しかし私達は長野へ向かった。
水や食料など、途中で万が一何かあっても大丈夫なように準備をして、行った。
引っ越してしまえばなかなか会えなくなる。
また大地震が起きないとも限らない。
だから、明日に期待せず今帰ることに決めたのだ。


途中のSAは、すでに水や食料の買い占めが始まっていた。
ガソリンスタンドも長蛇の列。
驚きの光景だった。
どうやら東へ行くほど状況はひどい。


改めて震災の影響を感じながら走っていたら、自衛隊の救援部隊や計トラックに物資を載せた車が私達を追い抜いて行った。
重機を載せたトラックもいた。


被災地と自分達の置かれた状況がいかに違うか、考えさせられた。




290 :地震雷火事名無し(東海・関東):2011/11/25(金) 22:51:47.72 ID:mcdA3UnaO
@東京下町
>>285
そうだな。禿同
愛知西部et cetera
皆さんの文才纏めてな

291 :地震雷火事名無し(関西地方):2011/11/25(金) 23:01:39.58 ID:Pwr7ukluO
仙台2号さん
ネットの長文は幼稚な自己顕示欲と手におえないナルシシズムを感じる場合がほとんどなのに。。
文章に品があるだけでなく少し色気も感じる。
やっぱり凄いわよ。
又いうけど、食べ物気をつけてね
おやすみ

292 :地震雷火事名無し(関東地方):2011/11/26(土) 09:52:16.53 ID:Ra/yJK6F0
ものすごい絶賛してる人って、
良い本とか小説とか、あまり読んだことがない人なのかね
ベストセラーじゃなくて名作といわれてる本を
片っ端から読んでみたら良いよ
スレチすまそ

293 :地震雷火事名無し(関東地方):2011/11/26(土) 09:54:17.57 ID:Ra/yJK6F0
あ、別に仙台2号さんの文章が下手だなんて思ってないよ。
普通に上手い文章だと思ってますw

294 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/11/26(土) 12:19:38.56 ID:aeMTv1l8O
>>292
そうとはいいきれないかも
文を渇望する気持ちがわかる気がするのだ
言葉にできぬ程のショックを受けて混乱した精神が
誰かが言葉にしてくれたものを読むことでやっと整理できる時期なんだと思うんさ



295 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/26(土) 14:01:09.94 ID:ZJ4W/nxj0
>>294
そう、それだ。
おいらもあの頃の自分の精神状態をうまく言葉にできない。
それを誰かが上手にやってくれたら、やはり涙が出てくる。

296 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/26(土) 21:21:45.34 ID:4gREkOH70
今日は宮城県沿岸部最南端の山元町・磯浜漁港に行った。
数ヶ月掛けて、ようやく大規模な防波堤が姿を現しつつある。

無人の荒野で復興が始まるのは、こうした護岸の後という事か。
ガレキの山も埋め立てや土盛りの足しになればと思うが、単純に
埋めればいいというものでも無いのだろう。

@仙台2号ー58

4月に入って物流が安定しても入手難だったものがある。

タバコだ。

輸入タバコは、物流回復と共に入手できるようになったが。
JTの国産タバコは出荷制限が敷かれており、物によっては探さないと見つからない事も。
あってもカートン買いは御法度で、1人2個までなどの制限がある。

理由は意外なところにあった。

タバコのフィルターを製造する、「日本フィルター工業」の多賀城工場が津波で全滅した事だ。

国産タバコのフィルターで大きなシェアを誇った多賀城工場の全滅で、国産タバコの
製造はピンチに陥った。

これはタバコ全体の話だから、被災地以外もそうだったのかもしれないが。
ともかく売っている国産タバコは少なかった。

しかも俺は工場の底辺労働者である。
ペーペーの俺が吸うのは200円のゴールデンバット。
上司がワンランク上とはいえ、240円のエコー。

いわゆる旧3種タバコと言われる激安な爺さまタバコだが、これらの出荷制限がきつかった。

俺はガソリン同様に足で探し回っていただので、比較的困らなかった。

例えば、仙台空港近くのセブンイレブン。
ここは津波の直撃で住民の多くが流されたり避難したままだから、
比較的在庫が豊富だぞ、とか。
そんな感じだ。

上司のエコーが困り物で、バットより需要があるので、なかなか手に入らない。
残り少ないエコーをチビチビ吸っているのを見かねて、俺も少し協力した。

毎日帰りに寄るコンビニを変えて、あのローソンで2個、そこのセブンイレブンで3個とか、
上限いっぱい買っておき、翌朝上司に渡す。

別にゴマすりというわけじゃない。
愛煙家同士の戦友愛ってとこだな。

国産タバコの供給が安定したのは、6月から7月にかけてだろうか。
ゴールデンバットは一番遅くて、7月半ばだった。

しかし、工場の近所にあるヤマザキデイリーで結構ストックがあるのを知ってたので、
俺は結局バットは切らさずに済んだ。

タバコの流通が途絶えた時は、マイナーなコンビニやタバコ屋が結構狙い目だと思う。

297 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/11/26(土) 22:35:30.60 ID:PJ8HCBJJ0
テレビは毎月11日にはNHKの緊急地震速報から一連の事態を放送すべき
東電福島第一1号・3号の爆発映像も含めて

298 :地震雷火事名無し(宮城県):2011/11/26(土) 23:08:03.51 ID:Lec8y/IE0
仙台2号さんには及ばないが、ちょっとだけ。仙台住みです。

3月16日朝8時、国道45号のガソリンスタンドの給油待ちの車列の最後尾に並んでいました。
ちょうど中野栄駅の所で、道路の両脇には津波でボコボコになった車が脇に寄せられていました。
何十台とあったと思う。
よく見るとシートにビニールがかぶさったままの新車が大半でした。
日産の、納入前の新車を検査する工場が近くにあるのを思い出した。
(この車たちが納車されるのを、心待ちにしていたであろう購入者・・・。)

この時は給油するまで7時間30分かかりました。
入れられたのは2000円分だけで13リットル位。

国道45号線なので、他県の消防車の隊列が何度か、北上していきました。
ALL神奈川県の十数台の車列など、台数が多いと先頭と最後尾には仙台市消防局の赤い車が帯同してるみたいだったが、
ぽつんと一台だけ消防車が走ってきた。

那覇市消防局!

えーっつて、正直ビックリした。
そんな遠くから、ありがたかったし、
同時に異常事態なんだということを思い知らされた瞬間でもあったな〜


299 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/26(土) 23:32:12.43 ID:4gREkOH70
@仙台2号ー59

4月の半ば頃、俺はなけなしの金をはたき、auのスマートフォンと、
乾電池で使えるワンセグTVを買った。

スマートフォンはhtcのEVOだ。
これならauの3Gに加えて、WiMAXも使える。

それまで使っていたウィルコムのPHSは、そのままにした。
ウィルコム回線と、ドコモの3Gも使えるからだ。

震災の教訓として、
「情報通信手段は、複数持つのが望ましい」
というのが俺の結論。

震災直後はウィルコムも自宅のアナログ回線も使えず電話は事実上ダウン。
ドコモの3G回線でtwitterやmixiに繋ぐのが、唯一の情報発信手段だった。
俺はそれを使い、外部に自身の無事を伝えた。

ワンセグTVもその一環。
愛車の1台にワンセグつきカーナビはあったものの。
ガス欠で一時、TVを見られない状態になった時の不安が、教訓。

ヨドバシカメラで探したが、乾電池式のワンセグTVというのはSONYの1機種しか
見当たらず、在庫切れで予約した。

ポータブルワンセグそのものは結構な種類があるのだが、どれも充電式。
コンパクトで安価なのはいいのだが、エネループと同じ問題・・すなわち充電手段が
無くなれば、使用に大きな制限がつく。

SONYの乾電池式ワンセグは、単3乾電池さえ多く備蓄しておけば、それなりに使える。
しかも、アンテナ端子があるので、外部アンテナに繋げば地デジの受信も可能だった。


俺の買い物のついでに、オフクロは地デジTVを買っていた。
我が家は一部アナログTVが残っていたので、その代替なのだが、さらにデジタルBSも
導入する事とした。

これも情報入手手段を増やすためで、震災時には地元放送局も自家発電の燃料問題で、
きわどい状況にある事を、放送で伝えていた。

そうなると、被災地では最悪の場合、地上波TVの放送自体が困難になる事もある。
衛星放送を使えば、地上波が途絶えても、TVでの情報入手ができるはずだった。

情報通信手段についてはだいぶ神経質になっているが、4月7日深夜の大余震で、そう決めた。

「まだ終わりじゃないかもしれない」

正直、まだそう思っている。


なお、こうした電化製品の全てはヨドバシカメラで購入した。

震災後、家電量販店のほとんどが、4月に入ってなお通常営業を行えない中。
なぜかヨドバシカメラだけが、震災後1週間もしないうちに通常営業を再開。

もしかすると、仙台で真っ先に通常営業を再開した大規模量販店は、ヨドバシカメラかもしれない。

300 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/26(土) 23:39:12.32 ID:4gREkOH70
>>298
陸自の九州の部隊にも何度か遭遇したけど。
那覇市消防局はすごいね。

俺は米軍の車列にも何度か遭遇したけど、彼らは沖縄か米本土から来てるはずで、
遠くから非常にありがたかった。

震災翌日だったか、名古屋市水道局の隊列に出会った時も、心の中で喝采を叫んだよ。

警察は今日も山元で警視庁のパトカーとすれ違い、未だに他県の警察が頑張って
くれてる事に感謝してる。

301 :地震雷火事名無し(宮城県):2011/11/27(日) 00:01:18.41 ID:Lec8y/IE0
毎朝国道4号を使って通勤してるんだが、3月のある数日間は毎朝、同じ運転手の大阪市ガス局のトラックとすれ違っていた。
心の中で、おはよう!、ご苦労様です、ありがとうございます、って声掛けてた。

あと、4月8日の朝、神戸市消防局の救急車、消防車とかとすれ違ったんだけど、
あれは震災からずっといてくれてたからなのか、それとも前日の夜に起きた最大余震のあとに
駆け付けてきたのか、未だに気になっているいるんだよね。




302 :地震雷火事名無し(福島県):2011/11/27(日) 00:19:46.83 ID:HDMadEX70
私はタンクローリー車を見て、それが大分県のトラック協会の災害派遣幕が掲げてあったので、感激して協会にお礼のメールを送ってしまいました。

@福島

303 :地震雷火事名無し(埼玉県):2011/11/27(日) 00:56:05.65 ID:2+5Jo1+X0
震災後の水道水問題の頃、1歳に満たない甥にと実家のある町まで
リュックサックになんとか確保できたペットボトル(容量は500mℓ〜2ℓまでさまざま)
を詰め込んで電車を乗り継いで持っていったことくらいかなぁ。

途中の自販機で水があったら1本買い足して、を繰り返したら最終的には30kg弱くらい担いでた。
お袋からお礼と「戦後の買出しみたいだな」って言われて苦笑いしてたっけなぁ。

その後、お袋は夏に死んで(地震前から調子は悪かった)しまったので、今でもたまにふと思い出す。

地震当日はオフィスビルが新しかったのでなんら被害はなかったが、当日帰宅は無理だった。
でも東北の状況をTVで見た後ではそんなことはどうでもよかった。
翌日帰宅最中に首都高速の上を鳥取から来た災害支援の車が一般者ばかりの渋滞に巻き込まれていたのがなんとも複雑だった。

乱文スミマセン。
@埼玉

304 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/27(日) 00:57:09.22 ID:1W6zxXYi0
@東京多摩地区-1

3/11。新宿の本社で勤務中に地震。
机の上のモノが、全部床に落ちる。落ち着いてから元に戻す。
その後トイレに行く。地震が終わった後も、水の配管がギシギシ言っていて、
不気味な音を立てる。

テレビによると、東北地方に大津波が襲ったらしい。
いろいろなニュースの中で、ナントカ原子力発電所が、なんかのトラブルとのこと。

JRや私鉄も全部止まり、会社に泊まる決心。とは言え、なかなか眠れないので、
どうも気になった、原子力発電所の情報を検索。官邸HPにたどりつく。

夜の2時くらい。PDFファイルを何気に見ていると、
 ○時○分:燃料溶融
 □時□分:圧力容器設計圧力到達
というのがあり、血の気が引いた。官僚が政治家に上げたペーパーを、
そのままPDFにしたのだと思った。これは危険。きわめて危険。
非常危険、というスイッチが入った。

(下手したら、この場所にいると、死ぬ)
と思ったので、会社から脱出し、自宅(東京都立川市)まで逃げることとした。
運良く新宿駅近辺でタクシーがつかまった。だがその後、大渋滞。
家に着いたのは、明け方。

305 :地震雷火事名無し(東京都):2011/11/27(日) 01:05:40.09 ID:1W6zxXYi0
@東京多摩地区-2

家に着いてから、少し仮眠。目が覚めてから、
(もし、原子力発電所が大事故を起こすと)
(大量の放射性物質が放出される)
(その場合、政府は、交通規制をして、大勢の人間を避難させるはず)
(そうなると、遠くにいても、食料品や生活必需品の流通の、サプライチェーンに、
 大きな障害が発生するはず)
(放射性物質の量によるが、水道水も汚染されるはず)

と考えて、近所のスーパーに、水や保存食の買い出しに出かけた。
(すでに大勢集まっていて、競争、取り合いなどの、ひどい状況だろうな)
と思ったら、意外に客がいなかった。余裕で水や、保存食が買えた。

306 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/27(日) 02:13:54.81 ID:WwWZIgVo0
@仙台2号ー60

4月半ば以降は、あっという間に過ぎ、5月になった。
日が伸びていく中で、仙台東部道路から工場帰りに見る風景も明るくなり。

ガレキや流木、大破した車や家屋を毎日見るのも辛いので。
海が見えない出勤時はともかく、帰りは東北道を使う事が増えた。

時々東部道路で帰ると、5月の半ばには、内陸側の田んぼでは、田植えが始まった。
海側では、田植えの代わりに、雑草が生い茂ってきている。

時々雨が降っても排水されない事もあり、ちょっとした湿地帯のような有様だった。

そんな中で、俺は一つの別れを迎える。
5月の、ある晴れた日の事だった。

近所のサーキットに出かけ、いつものようにコントロールタワーで奥さんに挨拶。
すると、奥さんの携帯が鳴った。
裏の1BOXカーに社長がいるから、来てくれと言う。

乗り込むと、運転席に社長がいた。
肌はカサカサになり、痩せ細ってはいたが、まだ生きていた。

もう何を食べても、栄養がどこかに行っちまう。
もう12ミリのナットも回せなくてよ・・・と社長は笑った。

震災までは元気に営業で走り回ってた社長だが、病院が一時閉鎖になって、
投薬も治療も受けられない間に、急速に悪化したと言っていた。
社長は、自分がガンだと知っていた。

俺は気を紛らわそうとして、いろいろな事を話した。

何言ってんだい、前なんかボテ腹だったじゃないか。
今の方が海の男みたいでカッコイイよ。

そう話している間にも、サーキットの客が入れ替わり立ち代り、社長に挨拶に来た。
その一人一人に優しく声をかけ、その後で俺に、
「アイツの車、売り先探す約束で・・」
などと、気がかりな事を伝えていた。

俺は隣に座っている社長の命が、急速に萎びていくのがわかり、いたたまれなくなった。
この人は、もうすぐ死んでしまう。
そして、自分でもそれを知っている。
今ここでこうしているのは、みんなに別れを告げるためだと。

俺にはどうする事もできない。
震災が、もしも震災が無ければ。

この人は、もう少し生きられたんじゃないのか。

俺は、じゃあまたな、と言って別れた。
それが最後だった。

社長はその2ヵ月後、容態が急変し、亡くなった。
最後まで仕事の打ち合わせをして、その直後だった。

いろいろと恩義のある人の死は、震災で強制的に速められた。
震災がまさか、こうした形で俺の頼るべき人を奪い去るとは、思っていなかった。

俺は正直、途方に暮れた。

307 :地震雷火事名無し(山形県):2011/11/27(日) 03:31:22.12 ID:3IFO875r0
震災当日はホントに寒かった
布団に包まり震えながら真っ暗な外を見ていた
蔵王山のシルエットを見ながら
「この山の向こうでは、この寒さの中冷たい海水に苦しんでる人が大勢・・・・」
と思いぞっとしていた

ガソリンが切れてしまい何度か自転車で通勤した
いい加減温かくなってもいい時期なのに
いつまでも寒く、何度も雪が降った
寒さが本当に憎らしかった




308 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/27(日) 04:21:37.72 ID:WwWZIgVo0
>>307
あの頃は寒かったね。

寒いのは毎年の事とはいえ、工場で使うストーブの灯油が手に入らなくて、
キンキンに冷えたまま仕事するのはキツかった。

雪も厳しかった。
雪が降るたびに、除雪車の燃料はどこまでもつのだろうと。
緊急車両の燃料はあるはずだが、それが尽きて、雪に閉ざされるのが怖かった。

津波では、水死だけでなく、凍死した人も大勢いると聞く。
一方で、寒いおかげで遺体の腐乱が抑えられたとか。
いいのか悪いのか判断しかねる話も聞く。

トイレもそうだな。
ほとんど水道が止まった中で、トイレもろくろく流せない状況は、
夏だったらかなりしんどい環境になったのは間違い無い。

309 :地震雷火事名無し(内モンゴル自治区):2011/11/27(日) 10:03:51.51 ID:le2PlKaMO
>>302
うちの町内会には、軽トラにオレンジ色のタンクを2つ積んだ給水車が来てくれた
軽トラに「鬼北町」って書いてあって、どこの町かと聞いてみたら愛媛県だと。
そんな遠くから軽トラで来てくれたのかと、衝撃だった。
途中でタンクの水が尽きて給水拠点に補給に行ったきり随分戻ってこなくて、
戻ってから聞いたら道に迷ったと言ってたけど無理もないと思った。
愛媛県の方ここを見てたらお礼を言いたいです。
あの時はありがとう。

310 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/11/27(日) 12:32:09.44 ID:ZXU1YgeLO
3月下旬、東北道を通ると、様々な県の消防・警察・水道局・支援のゼッケンを付けた民間車両が上下線問わず走っていた。

今は千葉に住んでいるが、福島が実家。
そんな車を見かける度に涙が出そうなくらい嬉しく、心の中で頭を下げた。

311 :地震雷火事名無し(四国地方):2011/11/28(月) 01:00:54.55 ID:7+EW2A1eO
youtubeで震災後の仙台市街を神戸隊の救急車と消防車が車列をなして移動してる画像があるが
あれは愛媛県人の俺にも心意気が伝わって魂に雷を打たれた。

312 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/28(月) 01:53:59.01 ID:2LkOdwEO0
@仙台2号ー61

6月。

公私共に一段落のついた俺は、意を決して車を北へ走らせた。
震災から3ヶ月、そろそろ区切りをつけたくなっていたからだ。

まだ地震は怖かったが、自分の気持ちに整理をつけたかった。
そのためには、何も知らないで済ませるわけにはいかない。
そう思っていた。

最終目的地は、宮城県北端に近い町、気仙沼。
そこまでの間にある、自分の思い出が残る場所を巡る。

それは、震災以前に存在した自分との、ある意味では別れの旅だった。

313 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/28(月) 02:18:19.43 ID:2LkOdwEO0
@仙台2号ー62

利府街道を北上し、最初に訪れたのは、東松島町の野蒜海岸。
震災直後、JR仙石線の列車が連絡不能になったと言われていた場所だ。

三陸道が開通するまでは、石巻に仕事で通うのに、よく通った道。
夜のデートコースにも使った海岸。
津波で何もかも。

彼岸だったためか、墓場には喪服姿が目立ち、自宅だったであろう場所に、
花をたむける姿も。

海岸にガレキを運ぶためか、行き交うダンプがせわしない。
俺は足早に野蒜を離れた。

東松島町の矢本では、航空自衛隊松島基地周辺が、大きな変化も無く
コンビニすら営業しているのに驚いた。
津波は国道45号を越えたはずだが、復興が急ピッチで進んだのか、
俺がたまたま被害の薄い地域を走ったのか。

松島基地の前から、石巻工業港に直結している橋は、落ちていて迂回を強いられた。
石巻工業港の工業地帯に入り、大破した貨車が積み上げられている日本製紙の前を
通って海岸へ。

日和大橋の手前、南浜町という住宅地で、俺はこの日初めて絶句した。
住宅やアパートが立ち並ぶ一角は、文字通り全滅。

道路すら引き剥がされたのか、凸凹の泥道を徐行しながら周りを見渡した。
仕事中によく寄ったコンビニも。
営業に行った俺にドスの利いた声を響かせた親方のいた寿司屋も。
どこにも無い。

それは、
「過去そこに存在した俺」
との、断絶でもあった。
そこにいた俺もまた、この街とともに、消えたのだ。

しかし絶望している暇は無い。
まだまだ先は長いのだ。

日和大橋を渡ると、渡波の水産加工地区では、どこかの県警の警官が、手信号で交通整理をしていた。
このあたりの信号は、震災から3ヶ月を経ても復旧していない。

渡波から国道398号に入ると、道路が妙にかさ上げされている事に気づく。
数日前に見た、震災による地盤沈下で冠水した街の情景が思い出された。
道路はともかく、そこより低い場所になってしまった家が大丈夫か気になる。
道路のかさ上げは、所によってはガードレールを埋めるほど高かった。

314 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/28(月) 02:50:36.41 ID:2LkOdwEO0
@仙台2号ー63

海岸沿いに国道398号を東進し、女川町に入る。
YouTubeで女川を襲った津波は見ていた。鉄筋コンクリートビルすら倒壊するほどの威力だった事も。

ただ、女川に入ってからしばらくは平穏だった。
以前、営業で通った老人ホームが目に入る。
無事だ。
もしかして、津波直後こそひどかったものの、思ったより大した事は無いんじゃないのか。

俺の希望的観測は、老人ホームのある丘を越えた瞬間に、消滅した。
そこは「かつて女川町だった場所」でしか、なくなっていた。
海の奥に広がる、小さくとも立派な港町だったのだが。

かろうじて残った町役場とマリンパル女川の他は、石。コンクリ塊。横倒しになったビル。それだけ。
道路すら定かでなかった。
一応、砂利を敷いてあるところが道路なのだろうと思い、カーナビと相談しながら進むのだが。

海の前に来ると、海面が地面スレスレまで迫り、あふれそうだ。
要するに、地盤沈下で満潮だと冠水するため、一面に砂利を敷いてかさ上げし、
道路は一段高くしているだけだ。

女川は、ただ何も無くなっただけでなく、沈没しかけていた。
高台の上の体育館から、避難した住民が街を見下ろしていた。
沈没する船を見送っているようにも、見えた。

今にもあふれてきそうな海面にビクビクしながら、俺は女川も足早に抜けた。
国道398号をそのまま海岸沿いにひた走る。

398号は数年前に高台への大規模な移設がなされ、立派なトンネルや橋も完成している。
そういった場所は震災の影響もほとんど無かったかのように、飛ばして走れた。
俺でも飛ばしているつもりなのに、地元の軽トラは軽々と抜いて行った。

それでも、時には迂回を強いられる時もあった。
場合によっては、事もあろうに壊滅した集落の中を迂回する事もあった。

無数にある小さな漁港では、何隻かの漁船が、所在無げに停泊している。
近くの小屋では焚き火をする漁師達。
漁港の傍にある漁村は軒並み津波で壊滅しているから、漁師は近くの避難所から通っているのだろう。

国道は大きな入り江のようなところにカーブして落ちていく。
どうやらここが石巻市雄勝(旧雄勝町)らしい。

「らしい」というのは、ここがまた、真っ平な場所だったからだ。
一部の鉄筋コンクリート建てを除き、ここもまた、石ころだらけ。

女川よりも開けた地形だけに、余計寒々しかった。
思い出したのは、大空襲で壊滅した東京の写真。
見渡す限り、無事な家や建物は見当たらなかった。

文字通りの「全滅」。
ここまでくると、もはや以前の姿を思い出すのも難しい。

実際にはそこから離れた役場や、高台の家はあったのだが、その時の俺は
半ば錯乱したようにうろたえており、全く目に入らなかった。
早くここから離れたくて、たまらなかった。

平らにならされた海側から転じて陸側を見ると、ビルの上に観光バスが乗り上げている。
なるほど、テレビで見た通りだ。
馬鹿野郎。

315 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/28(月) 02:53:43.04 ID:2LkOdwEO0
今日はここで終わり。

どこかで見たような話ばかりなので、今までに比べると退屈かもしれず、申し訳ない。
ただ、「俺の震災後落ち着くまでの話」の最終章なので、もうすぐ終わる。

316 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/11/28(月) 08:31:39.32 ID:s/csoXOZO
>>312
>自分の気持ちに整理をつけたかった。
>そのためには、何も知らないで済ませるわけにはいかない。
>そう思っていた。


俺もそうだった。

興味本意や野次馬根性などでは決してなく、
自分の郷土が、思い出の地が、一体どうなってしまったのか知りたい。
見たところでどうにもならないし、ショックを受け傷付くだけなのも分かってる。
それでも知らなかったでは済ませられない。

覚悟は決めて行ったつもりだけど、涙が止まらなかったなあ。

317 :地震雷火事名無し(内モンゴル自治区):2011/11/28(月) 21:39:51.96 ID:4i3OO3UBO
ありがとう。言葉にしてくれてる人達みんなに。
私もいつか書きたい。
今は、震災から生き残って放射能から逃れて新しい生活を建て直し始めたばかり。
ここを覗いて少しずつ気持ちを整理している。

318 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/29(火) 00:51:36.99 ID:507QrOty0
@仙台2号ー64

石巻市雄勝を背にすると、国道398号は山の中を走り、しばし津波の事を忘れる。
やがて山を下ると、ダム湖のような大きな水面が見えた。
あれはなんだ?

カーナビにも、それらしき湖や沼の情報は無い。
もちろん、俺の記憶にも無い。
忽然と現れた湖の正体は、北上川の堤防を乗り越えてなだれ込み、滞留した海水のようだ。

さらに下りると、そこが石巻市立大川小学校の近くだった。
児童教諭が、ほぼ全滅した小学校だ。

国道からは小学校は見えない。
その方面の県道は、その先で津波により土地ごと消失しているので、行く事も無い。

そこから川を越えていけば、すぐに石巻市北上(旧北上町)なのだが。
新北上大橋が川のど真ん中で流失しているので、数キロ上流の石巻市河北(旧河北町)を迂回せねばならない。

ガードレールが流失し、路盤もところどころで消失した県道を、慎重にゴトゴトと走らせる。
スピードを上げてうっかりスリップしようものなら、そのまま堤防から転落しかねない。

仕事で来た事のある、のどかな農村風景は、津波ですっかり破壊されていた。
そもそも、ここがそんなに海に近い場所などと、考えた事も無かった。

県道での迂回は、慎重に走る車列で渋滞気味で、時間がかかった。
ようやく河北に着くと、内陸部のためか、震災の爪痕はほとんど見られない、のどかな風景が広がっていた。

ただ、風が吹くと、周りの藪から、何かが激しく舞い上がった。
ものすごい数のヤブ蚊だ。
蚊柱なんてものじゃない、まるで壁。見た事も無い密度。

河北で一旦国道45号に上がると、そのまま内陸を走って南三陸町に抜けようか、という考えが浮かんだ。
少し北に車を走らせようとして、すぐに通行止めに出くわした。
崖崩れが崩落か、ともかく河北から登米町津山(旧津山町)方面への通過は不可らしい。
(2011年11月現在、通行止めは続いている)

三陸道河北インターまで南下して、三陸道で内陸を北上するか。
そのまま北上への迂回路に戻り、海岸沿いに南三陸へ向かうか。
俺は海岸を選択した。

迂回路も最初はのん気なものだったが、海に近づくにつれ、破壊された家屋や学校が目立つようになる。
市役所の支所(旧北上町役場)の手前あたりから、路盤が破壊されて、全く思うように進めず。
進める道を進むという形で、どうにか南三陸町への軌道に乗り、再び国道398号を走る。

途中の集落で、ようやく何枚か写真を撮った。
破壊され尽くした集落と、少し高台で難を逃れた、ピカピカの立派な橋。

それが、三陸の小集落の全てのように、思えた。

319 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/29(火) 01:11:46.08 ID:507QrOty0
@仙台2号ー65

車は南三陸町戸倉に達した。
海岸沿いに国道398号で北上した時の、南三陸町の玄関口だ。

Googleストリートビューで往年の風景を見ると、のどかな漁業と農業の集落だった事がわかる。
今は、何も無い。
津波が来た時にはどうしたのか。
みんな山に登って逃げたのか。
だいぶ上の家まで津波に砕かれていたが。

やがて南三陸町の中心部、志津川(旧志津川町)に入る。
自衛隊の架けた仮橋を通り、志津川に着いた愛車から降り立つと。
まぁ、TVや新聞で見たままの風景だ。
それ以上の感想を抱きようが無い。

4階まで津波にさらされたという志津川病院他、いくつかの高層建築は、その姿をとどめていた。
ただ、それだけだった。

鉄骨だけになった防災庁舎が見える。
原型をとどめている病院その他に比べ、鉄骨だけになったその姿は、えらく安普請に見えた。
はるか彼方でボロボロの姿をさらしているのは、県の合同庁舎らしい。

志津川で国道45号に合流し、少し北に走ると志津川の工業団地が見えた。
仮店舗でローソンが営業していると聞いている。
寄ってみようか。

だが、倉庫のような殺風景な仮店舗を前にして、俺は中には入れなかった。
風景だけならまだしも、避難民という現実に触れるのが、正直怖かった。

その後、11月にまた現地入りした際には普通に活気があって、俺もコンビニや仮設店舗で
買い物をしたが。
6月の志津川は、まだとてつもなく暗くて先が読めないような気がした。

望んだ事とはいえ、こういう風景ばかりを見続けていると、頭の中が無味乾燥になってくる。
もはや、頭の中にはいかなる感想も思い浮かばない。
ただ、現実があるのみだ。
数年前、ここにいたはずの過去の俺はどこに行ったのだろう。
津波で一緒に流されたのかもしれない。
さようなら、だ。

320 :地震雷火事名無し(内モンゴル自治区):2011/11/29(火) 01:19:13.00 ID:sgAVHpTm0
当日は休みだったが、直後は通じてたメールがすぐに繋がらなくなった。
(携帯は初めからアウト)
タクシーで実家へ行き、翌朝は職場(介護施設)に向かうと
皆はすぐ避難できるようフロアへ布団を敷き、寒さと恐怖に震えていた。
停電で古い石油ストーブが唯一の暖房、水道も少量ずつしか水が出ない
利用者さんへ配る食事といえば紙コップ半分ほどのお粥。
不満を漏らす人もいたけれど、ほとんどは「戦時中に比べたら贅沢だ」と耐えてくれた。

高給をもらってる偉いさんより若い新人職員のほうが休まずに働いたし
電池とか食料を提供してくれたなぁ。
非常時に人間性が出るって本当だなと思った。

321 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/29(火) 01:28:11.13 ID:507QrOty0
@仙台2号ー66

沈んだ、というより。
乾いた、という気分のまま、車を走らせた。
次は南三陸町歌津(歌津町)だ。

ここは、見上げるほどの高台にある小学校にまで、津波が達した。
どうせ、ガレキしか無いだろう。
もはやどこだって、同じだ。
そんな妙な気分でいた俺の前に、驚くべき物が現れる。

やさぐれた気分のまま、ボーッとしていたからだろう。
最初は気づかずに、通り過ぎた。
しかし、何か引っかかるものがあった。

車を下りて、振り返った。
ガレキ、打ち上げられた漁船。
海も見えないような場所なのに、津波もご苦労な事だ。
そして廃墟。津波に砕かれた、廃墟。

いや、そうなのか。

俺は歩いて、来た道を引き返した。
車から見えた廃墟は、どうやら何かの施設の裏手らしかった。
表に回る。

「営業中」

真っ赤な看板を見て、俺は息を呑んだ。
ガレキまみれになりながら、生きていた。
それは、ガソリンスタンドだった。

「津波のバカヤロー!でも負けねぇぞ!」
「タイヤ交換、オイル交換OK」
「灯油配達します」

並んでいる看板の文字こそ勇ましいが、文字通り半壊した姿が痛々しかった。
しかし、その店は確かに生きている。
店の背景がガレキの山だろうと、打ち上げられた漁船だろうと、意に介さぬ風で、
半ば廃墟になりながら、生きている。
だからどうした、と言わんばかりに。

信じられなかった。
だが、これもまた現実だ。
震災から3ヶ月。
復興という力が、動き出している。

これが俺が初めて見た、「復興」だった。
それはガレキの山の中から、産声を上げていた。

322 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/29(火) 01:42:12.35 ID:507QrOty0
本日ここまで。

なお、先の日曜に再び南三陸町に行った。
志津川の街中では、とにもかくにもとガソリンスタンドが次々に営業を再開しており、
おまけにどういうわけだか、コンビニがやたらと乱立していた。

他に買い物をする場所が無いとはいえ、震災前より多いくらいだ。
ほとんど仮設店舗とはいえ、セブンイレブン、ミニストップ、ファミマ、ローソンなんでもござれ。
仮設住宅の近くには、すぐ近くに3軒乱立している事すらあった。

それだけでなく、仮設商店街を待たずに、早々にプレハブで営業再開している店舗もいくつかある。

歌津で半壊のまま営業していたスタンドに至っては、周囲のガレキや漁船も片付けられ、店構えも
一新してピカピカになっていた。
周りはまだ廃墟だらけなのだから、妙な風景なのは確かだが。

その近くでは新築の鉄筋構造物の建設が始まっており、南三陸の復興は宮城県内でも
かなり早い部類に入るかもしれない。

とにかく他では見られない活気があるのは、確かだ。
被災地で明るい光景を見たいなら、南三陸町へ行け、と言いたい。

323 :地震雷火事名無し(アラビア):2011/11/29(火) 04:36:28.99 ID:ZuC4NRTt0
俺宮町だけど2日目に超少ないけどバスが走ってたり。
太陽の明かりだけでラーメン屋やってたのはマジで尊敬した。
おい、こいつら仕事してるよ!ってね。
俺も負けてられるかって触発されて震災4日目から出勤した。
妻1人家において。
妻は家に1人で居るのは怖いとのことで避難所で1週間すごした。
数日避難所のトイレのにおいは酷かった。そんなこと言ってられないんだけど。
友人と子供とその家族が津波で死んだを聞いたのはそれから1ヶ月先のお話。
新婚で子供生まれたばかり。
Google行方不明者リストとにらめっこの毎日でしたね。
今は交流も無かった遺族と仲良くなった。
あの時こうれば良かった、こうすれば死ななかったって話とかでね。うん。
それでも飯食って生きていかなきゃならんわけで、火葬場で出された
食い物は下向かんと一緒に食べた。

324 :地震雷火事名無し(SB-iPhone):2011/11/29(火) 06:46:37.11 ID:2F6UlKQG0
仙台2号さんまだ続いてたのか

ブログにでも一気にまとめたらどうかね

325 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/11/29(火) 10:56:04.69 ID:0x5ZRhUFO
いろんな人の体験談だから
まとめサイトを作れたらと思うんだが
でも作り方がわからないよー

326 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/29(火) 23:29:41.35 ID:qEcgmuMC0
@仙台2号ー67

夕闇が迫る頃、ようやく気仙沼に滑り込んだ。
もっと早く着くはずだったが、途中の国道45号は、歌津や本吉で、落橋などによりバイパスが通行不能。
山の中を迂回するようにして、ようやくたどりつく。
それが震災から3ヶ月を経た気仙沼という場所だった。

もちろん道すがら、海岸に近い集落はボロボロだった。
気仙沼市本吉(旧本吉町)では、山を越えた津波が、本吉の市街地の背後を遮断するように、
市街地から山側の集落を飲み込んでいた。

ただ、気仙沼中心部に近づくにつれ、明かりのついている家も目立つようになった。
道一本挟んだだけで、海側は全壊、山側は煌々と明かりがついているような所もあった。

市街地に入る直前、海側の「薬王堂」というでかい薬屋は鉄骨むき出しになっていた。
向かいの山側、ホームセンター「コメリ」は普通に営業していた。

車は気仙沼港へ向かう。
津波が到達しなかったおかげで、震災前と変わりない賑わいを保つ商業地区、田中前を抜ける。
気仙沼市全体が大被害を受けたように思っていたが、ここでは仙台市内陸部と変わりなかった。

津波に一階が洗われたという気仙沼警察署周辺も、復旧した所が多いようだ。
なんだかんだで、このへん一番の都市は違うなと思っていると、市内を流れる大川に架かる橋に
差し掛かる。

その向こうは。


一転して、静まり返っていた。
息を止められたかのように。
まるで、橋の向こうは、見捨てられたかのようだった。

水産加工工場や問屋が立ち並ぶ商工業地帯。
ここも地盤沈下が激しいのだろう。
そこら中が冠水したままだ。
その上に土盛りして、砂利を敷いた仮設道路。
それも一部だけ。

水産関係の施設の残骸が折り重なってた。
ようやく再開したという魚市場だけがキレイなものだったが、逆にガレキの中で
孤立したように見えた。
支援のために入港している海自の特務艦が、どこか寂しげだ。
決してニュースでは伝えない光景。

俺がここに足を向けたのには理由があった。
以前の仕事で、何度も宿泊したホテルがあった。
ものすごくうまい海産物尽くしの料亭が併設されていて、いつも冬には出張でうまい物を食い、
うまい酒を飲んだ。
そこは、どうなっただろう。

結果はわかっていたが、カーナビを頼りに俺は進んだ。
もはや原型を留めていない街では、そうしなければ、たどりつけなかった。

そして俺は、見た。
海水の上に立つ、料亭を。
隣のホテルは。あのボロくて小さくて、どこがホテルだと思ったあれは、どこに行ったのだろう。
半壊した料亭だけが、1人取り残されて、海の上にたたずんでいた。
俺は夕闇の迫る気仙沼港で、それをしばらく呆然と見ていた。

また俺の場所が、一つ。

327 :地震雷火事名無し(大阪府):2011/11/29(火) 23:32:46.79 ID:dlpJJP/F0
仙台2号さんは、朗読も上手そうだな
朗読にしてみてはどうか?

328 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/29(火) 23:44:41.75 ID:qEcgmuMC0
@仙台2号ー68

気仙沼では、陽が落ちて暗くなるまで、あちこちを見て回った。

何時間も膝詰めで車談義を交わした、あの電気工事屋はどうなっただろう。
所在地の鹿折地区に入ると、そこはTVのライブ映像でも有名な重油火災で、
街全体が焼け落ち、ガレキも他とは違って、赤黒く焼け焦げていた。

それでも電気屋を探していると、道は漂着した大型漁船に塞がれた。

あきらめて、造船所に向かう。
山に沈む夕日に照らされ、焼け焦げた漁船が船台の上で朽ち果てていた。

かろうじて復旧した、沖合いの大島に向かうフェリーが目の前を過ぎた。
いつも船を追いかけていた、カモメの群れすら見かけない。

何か、南三陸よりも黒々とした絶望感が、そこにはあった。
高台の工業地帯が生き残った南三陸と違い、気仙沼は港に集中した工業地帯が、
壊滅したからかもしれない。

鹿折地区から、国道45号バイパスに上った。
土盛りした高台の上で、バイパス沿いのローソンが普通に営業していた。
津波にさらわれ、火災で焼け落ちた街の上で。奇妙なものだった。

ローソンで買った弁当で腹ごしらえをしていると、不意にスマホの「なまず警報」が
鳴り、車が揺れた。
震度4。

自分がどこにいるのかを思い出し、恐怖で身も心も硬くなった。
今、大地震が起きて津波が来たら、ここは安全なのか。

帰ろう。
俺は足早に気仙沼を去る事にした。
帰り道がまた、真っ暗で怖かった。
仙台の自宅に帰った頃には、くたびれ果てて、耳鳴りがした。

329 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/30(水) 00:11:52.18 ID:Gg1lFgf90
@仙台2号ー最終回

8月。
震災から5ヶ月。
盆。

俺は福島県相馬市を経由して、宮城県沿岸部最南端の、山元町に来ていた。
相馬は、原発被害の避難区域では無かったものの、人気がやけに無かった。

山元の沿岸を一通り見て回った。
大勢の教習生が流された、自動車学校も見た。
他に見るものと言えば、半壊した小学校と、ガレキの山くらいだった。

緑豊かな寂れた漁村が広がっていたそこは、廃墟というよりも、既に自然に
還り始めていた。

JR常磐線も線路から何から流され、宮城県最南端の坂元駅は、周囲の集落が
流された後に広がる、雑草の草原の中で、なぜかトイレだけが残っていた。
まるで廃線の秘境駅跡のようだが、ここは震災前はちょっとした街だった。
今は草原というか、湿原というか。

ある日人類が滅びたら、まずはこういう風景になるのだろう。
そう思わせるに、充分な光景だった。

俺は磯浜の海水浴場だったところに立った。
ずいぶん昔に、海水浴で来た事のある、キレイな浜だった。

海岸線は滅茶苦茶になり、破壊された防波堤を作り直す工事もしていたが。
ここがかつての姿を取り戻すことはあるのかは、わからない。

ほんの少しだけ、浜が残っていた。
海水浴場のなごりが、俺の足元を、記憶という形で伝ってくる。
浜から、海を眺めた。

2万人もの死者行方不明者を出すような、凶暴な海には見えなかった。
夏の太陽の光が降り注ぎ、優しげに、青くきらめいていた。
俺の記憶にある、太平洋そのものだった。

俺は気がついた。
あの日以来、これほど間近で、海とまともに向き合ったのは、初めてな事に。

震災から5ヶ月、ようやく何もかも落ち着いた俺は、被災地の沿岸を巡り、
最後がこの山元だった。

ようやく、全てを落ち着いて見ることができる。
そう、思った。

少し高い波が来て、サンダル履きの俺の足を、濡らした。
カンカン照りの中で、冷たさが少し心地良かった。
もう怖いとは、思わなかった。

(了)

330 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/30(水) 00:20:50.18 ID:Gg1lFgf90
「仙台2号が震災後落ち着くまでの思い出」
これにて終了とさせていただく。

自分でも予想外に長々と書いてしまったが、ようやく終わって自分でもホッとしている。
思い出せば細かい話はまだあるような気もするが、まとまった話を書く事は、もう
無いだろう。

ところで>>327
俺は昔、放送部にいた。
朗読やアナウンスは苦手だったので、もっぱらディレクター業に専念していたが。
思えば文章はその頃から、語り調な気がする。

さて、今後もこのスレに常駐はしてるから、名指しで質問があれば受けるが。
差し当たりはROM専で、他の人の思い出もたくさん見たい。

俺のように長々とで無くて構わないから、落ち着いた人は思い出をつづっていって欲しい。

最後に、俺の文章に方々から高い評価をいただいた。
ここでまとめて、皆さんに感謝する。

ここまでの評価をいただけたのは、俺が一方的に敬愛している、
作家の佐藤大輔先生の影響によらしむるところだと思う。

それでは皆さん。
ありがとうございました。

331 :地震雷火事名無し(福島県):2011/11/30(水) 00:31:39.22 ID:Xk26BpeE0
3月11日前に戻りたいなあ。
戻ってどうすんのよって書き込みされたけど
当事者じゃないとわからないよ。
不安が解消されたのは、ガイガー購入して
自分の回りを測定して数値がわかってから。
知らないから怖かった。
今はずっと福島に住みたいって思う。

332 :地震雷火事名無し(関西地方):2011/11/30(水) 00:48:52.07 ID:QIfBvC7TO
お疲れ様(=^ェ^=)
仙台2号さん

あなた様の品のある文章好きでしたよ。頂いたお言葉大事にします
また書きたくなったら書いてね(* ̄▽ ̄)ノ~~ ♪


333 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/30(水) 01:44:08.21 ID:Gg1lFgf90
>>332
ありがとう。

そういえば先日、南三陸町志津川の街中で仮設再開した店に、こんな看板が上がっていた。
「なつかしい未来へ、ようこそ」

あなたの子供がこれから育つ道も、あなたがいつか通った、懐かしい未来。

今は苦労もしているだろうが、あなたとお子さんに素晴らしい「なつかしい未来」があらん事を。

334 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/30(水) 01:55:05.64 ID:Gg1lFgf90
>>333
今写真見たらちょっと違った。

×「なつかしい未来へ、ようこそ」
○「なつかしい未来へ」

勝手に脳内改変して失礼。

ちなみにこの看板上げてたのは「ちばのり店」という海苔屋で、塩味の味付け海苔が韓国海苔とも違う
和風な味で、口の中に日本の塩と海苔の風味が広がって、とても美味い。
酒のアテでも充分いける。
今は廃墟の真ん中にプレハブ建ててるが、1月には合同庁舎裏の仮設商店街に移転するそうだ。

335 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/11/30(水) 02:07:47.14 ID:z1Ltyhp7O
>>325
エブリスタはどうかな?
2号さんに直接投稿して頂く形になってしまうけど…
読者数多ければ書籍化も…

336 :地震雷火事名無し(関西・東海):2011/11/30(水) 02:28:56.82 ID:IOolsmIIO
仙台2号さん ありがとうございました。

337 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/11/30(水) 02:36:15.14 ID:1TGMV9GwO
仙台2号さん。
ちなみに気仙沼の田中前はそこそこ津波が来ましたよ。
復旧を早めにやったので、三ヶ月後くらいには被災地には見えないくらいになりましたが。

338 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/11/30(水) 02:37:49.45 ID:dvIN9XhmO
いたって普通の朝だったし、昼は適当に食べた
そして地震

電話が全く通じなくて、ウェブで友人と連絡をとったよ

仙台に住む知人は三人
一人はサイト経由で、もう一人は二週間後に連絡があって、もう一人は未だ連絡が取れない


すごく不思議なのは、あれだけの地震の後

確かに稼がなければいけない現実はあるけれど

普段なら風邪をひいたらすぐに休むような人でも
何かに取り付かれたように、仕事場に向かう気持ちって何なんだろう

突然起きた非日常からの逃避行動?
まだ此処は日常にあるという確認の為なのか

339 :地震雷火事名無し(SB-iPhone):2011/11/30(水) 07:19:28.87 ID:SLLPJsjv0
仙台2号さんのストーリー、このスレだけにおいておくのは勿体無いよな
震災の当時の様子もリアルに伝わるし文章も小説風だし


340 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/30(水) 09:34:32.42 ID:f7tk1zN20
>>335
エブリスタ見たが、携帯小説サイトなのだな。
実際に小説となると、ただ投稿するだけでなく、整理や誤字脱字チェックもして、
時系列を多少考慮した再構成も必要になるだろう。

何をやるにしても、書いたものはまとめた一つの形にはして、
とりあえず手元に置いておこうと思う。

その過程で、他の人のも少し整理するかも。

341 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/11/30(水) 09:43:42.24 ID:f7tk1zN20
>>336>>337>>339
ありがとう。

気仙沼の田中前については、googleの衛星写真と、気仙沼警察署の1階が水没したという
報道から、壊滅したというイメージだった。
他の津波被災地では、街灯以外の電気がつく事も稀な頃で、吉野家すら営業し、ネオンも
煌々とついている田中前は復旧が早く、さすが都市部と思わせた。

仙台で言うと、仙台港三井アウトレットのようなイメージだな。
あそこも、3月末に観覧車のネオンが再点灯した時には驚いた。
てっきりもうダメなんだ、解体されるばかりなんだと思ってたので。

342 :地震雷火事名無し(関西・北陸):2011/11/30(水) 10:54:20.33 ID:NXTp3rskO
帰宅に3時間(平時20分)かかったあの日。
頻繁にくる余震。
放射性物質の恐怖。
ものがなくてガラガラのスーパー、コンビニ。
米が…ガソリンが…。
そして計画停電。
非日常の中でなんとか日常を保とうと仕事に行った。
スーパーに元通りものが並び出し、計画停電が肩すかしの連発になって放射能汚染の話題もスルー推奨傾向に。
街も人も普通にしているようだし、有感地震もほとんどない。
だけど、目に見えない放射能が身の回りに存在することが頭から離れたことはいまだにない。
@神奈川県沿岸部在住

343 :地震雷火事名無し(埼玉県):2011/11/30(水) 10:57:10.94 ID:2BW5Bd7R0
>>338
私の実父、震災翌日から仙台中心部の職場に行くと聞かず、
歩きとバスで通勤した。
暇があれば帰宅するようなサボリーマンが何故?と思ったら
浮気相手の安否を確認していたと後にゲロったwww

344 :地震雷火事名無し(四国地方):2011/11/30(水) 19:38:32.69 ID:Ds+Xf6lhO
佐藤大輔って眼鏡豚のミリヲタだよね?
仙台2号さん、お疲れ様でした。
また折に触れて思いでを綴ってください。

345 :地震雷火事名無し(栃木県):2011/12/01(木) 01:31:24.64 ID:APpaqase0
ようやく追いついたら終わってたwww 仙台2号さん乙でした。

これ、懐かしの電車♂みたいにまとめサイト化できないモンかねぇ・・・

あるいは、なんの脈略もないけど、河北新報のどなたかに頼むとか。

346 :地震雷火事名無し(東京都):2011/12/01(木) 21:41:11.57 ID:jGrIiN4n0
仙台2号さん、お疲れ様でした。

生々しい被災体験を、湿っぽくない客観的で淡々とした文章で、
読む方もつらくなく読むことができたのは、とても有り難いです。

今後も、追補編みたいな感じで、ご体験の1コマ1コマを、
レスしていただければと思います。

347 :地震雷火事名無し(四国地方):2011/12/03(土) 00:30:01.91 ID:6iO7hKmfO
新作まだぁ?

348 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/12/04(日) 00:23:51.65 ID:vXSHVlSqO
ガソリンや物流が元に戻ってきた頃、我が家に一時避難することになった友人達を迎えに、車で仙台に行った。
まさか東部道路から海が見えるとは思わなかった。
そして、東部道路から海までの広い田んぼに突き刺さった、無数の車。
抜けるような青空の下、瓦礫は撤去されているのに、車だけが何十台も突き刺さったままの異様な光景に、鳥肌と涙が止まらなかった。
視界がぼやけて危ないし、もう東部道路を通る勇気もないしで、下道を走ってきた。
しかし、名取の空港ボウルの遺体安置所の看板を見た途端、またブワッと涙が溢れてしまった。
とにかくゴシゴシゴシゴシ目を擦って、無理やり視界を確保した。
仙台出身他県住み7年だが、震災直後からずっと仙台に帰りたくて帰りたくて仕方がなかった。
いまは以前より落ち着いたが、時々沸き起こる強烈なホームシックは、まだある。
東北支店に飛ばしてくんないかな。
震災以来、そればかり考えてる。

349 :地震雷火事名無し(徳島県):2011/12/04(日) 01:35:24.39 ID:LmBilgqN0
飯館村での話し。かなりリアルだよ。
http://d.hatena.ne.jp/eisberg/20111127/1322433832

350 :地震雷火事名無し(千葉県):2011/12/04(日) 02:42:00.29 ID:4/xVAr6U0
今日はじめてこのスレに来て、全部読みとおしましたよ
仙台二号さんも、他の方も、書いてくれてありがとう。
こうやって書いて残しておけば、誰かしらが来て読んで、何かを心に残していくから、いいと思うよ。

351 :地震雷火事名無し(四国地方):2011/12/04(日) 22:57:28.95 ID:jR5zCDe+O
>>349
長すぎw
だがかなり深刻な内容だな

352 :地震雷火事名無し(宮城県):2011/12/04(日) 23:36:03.34 ID:ZmQeAQMI0
>>317
あなたにレスしようしようと思ってずっと何も思いつかなかった。
このスレ福島県の人が立てたんだったね。
福島の人のためにスレが役立ってくれればいいなと思います。

353 :地震雷火事名無し(内モンゴル自治区):2011/12/04(日) 23:37:50.34 ID:BvOMWG/KO
>>309
大変でしたね、今は落ち着かれていることを祈ります。
自分はあの地震で関東から愛媛に帰ったくち、当時は自分たちだけ逃げ出すようで心苦しく後ろ髪をひかれた記憶があります。
鬼北町は高知に近い方の地域だけど山あいだから冬は雪が積もるし愛媛でも寒いところだったはず。田舎なりの良いところだと思う。
遊びに行ったら地元の方に給水のことで感謝している方がいると話題にしてきますね。
あなたも旅行など何か機会があればぜひ訪れてみて下さい。鬼北はミカンも美味しいです。

354 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/12/06(火) 00:15:07.95 ID:knWQywb10
自分の話は終わったが、今の仕事柄(そう、今は工場勤務ではない)
いろいろな話を聞く機会がある。

まとまったら、また書いてもいいだろうか?

震災の「その日」そのものはどうやら別スレがあるようなので、

「落ち着くまで」

「未だ落ち着かず我が身」

といった話になると思う。

355 :地震雷火事名無し(大阪府):2011/12/06(火) 00:24:47.22 ID:1sY7rAmt0
>>354
是非、聞きたいです。
またお願いします。

356 :地震雷火事名無し(東京都):2011/12/06(火) 00:35:03.13 ID:S+T16GrF0
そんなにスレ違いに神経質にならんでも良いのに。
テキトーで良いよ。テキトーで。

357 :地震雷火事名無し(家):2011/12/06(火) 00:48:03.06 ID:qUJpV3od0
もう忘れた。で、年末紅白で思い出すだろう。

358 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/12/06(火) 01:15:18.67 ID:Kct0p9QKO
適当っていい言葉だよね。>>356は優しい人
仙台2号さん、またいつかお願いします

359 :地震雷火事名無し(関東・東海):2011/12/06(火) 02:47:41.34 ID:fMUIrd+pO
@東京下町
仙台2号、お疲れさま
淡々としたおまいの文章が好きだ
俺はガキの頃に歩いて日本を回った
その頃旅先で世話になった、若林区の人と陸前浜田の人が亡くなった
俺の家内と三人の子供は、放射能汚染対策で京都に逃がした
あれから独り東京で仕事しながらの毎日、でおまいの文章を見つけた

おまい、このスレ纏めろ
しつこいが頼むから本にしろ
またな






360 :名無し(空):2011/12/06(火) 02:52:27.75 ID:5JNlW11p0
なんで命令口調なの?

361 :地震雷火事名無し(内モンゴル自治区):2011/12/06(火) 08:32:34.17 ID:V1UE0DxfO
別にいいんでないの。親しみを込めたつもりなんだべ。

362 :309(内モンゴル自治区):2011/12/06(火) 22:57:24.00 ID:uNO1lKhjO
>>353
愛媛の方に伝わって嬉しいです。
きっと鬼北町という地名は感謝の気持ちと共にずっと覚えていくと思います。
いつか訪ねてみたいです。
そして、もしも何かあった時には今度はこちらが手助けしたい。
これは今回支援を受けたみんなが感じていることだと思います。
@宮城

363 :地震雷火事名無し(茸):2011/12/07(水) 09:24:57.79 ID:1HJ3HiDZ0
あの日、3月11日は会社さぼってけいおん観てた。
最初の地震は普通の揺れで、また地震かくらいに思いけいおんを見続けてると棚の物が落ちそうになり手で押さえていたらドーンと音と共に激しい揺れがきた。
タンスやらソファーが倒れてきてこれはヤバいと思いひとまずベランダに出ると回りの住宅から屋根の瓦が落ち始めた。
これ、家くずれるんじゃね?と、ベランダの手すりに捕まりながら思いいつ二階からいつ飛び降りようか考えてると地震が収まってきた。
その地震の瞬間一番記憶に残ってるのが、うちの近所は野良猫が多いんだけどその野良猫達がものすごいスピードで西に逃げていった光景だった。

地震が収まり外に出ると近所の人達も外に集まり出し身を寄せあっていた。
俺は、しばらく呆然としたまま落ちてきた屋根の瓦を見ながら大変なことになったなくらいにしか考えられないでいた。

すぐ近くにある原子力発電所ではもっと大変なことになってることも知らずにいて…。
@原発立地町住民

364 :地震雷火事名無し(関東地方):2011/12/07(水) 10:00:54.79 ID:QgkDDv55O
>>363

> その地震の瞬間一番記憶に残ってるのが、うちの近所は野良猫が多いんだけどその野良猫達がものすごいスピードで西に逃げていった光景だった。

西の反対の東に震源地や海や原発があるとしたら、猫たちの野性は何を感じたんでしょうね。

365 :地震雷火事名無し(宮城県):2011/12/07(水) 22:26:53.76 ID:crpDNjjU0
なんかいろんな人から飼ってる猫が3.11以降数日間帰ってこなかったという話聞くよ。
実家の猫も2日3日帰ってこなかったって言ってた。
聞いた話での最長は1週間。
猫達の間で何かあったのではなかろうか。

366 :地震雷火事名無し(東京都):2011/12/07(水) 22:28:40.39 ID:9eGC7Z0B0
審議中だったんだろうな

367 :365(宮城県):2011/12/07(水) 22:29:52.01 ID:crpDNjjU0
ちなみにおれんとこ仙台市で津波被害が無かった地域です。

368 :地震雷火事名無し(栃木県):2011/12/07(水) 22:31:50.00 ID:I0KTVZVu0
>>366
ちとワロタwww ウチの猫3匹はかな〜り怯えて甘えん坊だった。

369 :地震雷火事名無し(東京都):2011/12/08(木) 00:14:07.73 ID:hPv15xJy0
猫たちは何食ってたんだろうな・・・・・
まさか・・・・

370 :sage(WiMAX):2011/12/08(木) 11:00:50.85 ID:eLFK0LWp0
>>365
猫会議だろうな・・・。

371 :地震雷火事名無し(茸):2011/12/08(木) 18:52:28.83 ID:hsdHyQ4b0
@原発立地町住民

猫さん達はどこ行っちゃったんでしょうね?

その後自分は被害の状況がどんななのか家の中に入ろうとした瞬間、ゴゴゴゴと地鳴りがなり始めまたも震度6位の余震がきた。家に入ろうにも危なくて入れない状況がしばらく続いて、俺は近所の状況を見て回ることにした。

そこらじゅうの家で屋根の瓦が落ちていて道路のマンホールがあちこちでもち上がっていた。余震がちょっと収まってきた頃家の中に入ってみると、もうどの部屋もタンスやら物が落ちてぐちゃぐちゃになっていて風呂の水道管も破裂して水が飛び出していた。

これは片付けるの大変だなぁと激しい余震の中思っていた。
次の日からその場所に帰れなくなることも知らずに…。

372 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/12/08(木) 18:54:53.54 ID:SC5wSW5O0
>>367
その辺に知り合いがいるんだが
やっぱ安全洗脳がものすごい地域なの?

373 :地震雷火事名無し(西日本):2011/12/08(木) 19:05:29.43 ID:Zhc5tmBz0
逃げる猫はまだ野生が残っているんだろうな。

知り合いの飼っている猫なんか地震が来るたびに、
「またこいつ(飼い主)が揺らしているんだな」と言いだけな、困った顔で見るそうだw

飼い主がデラックスな体だから仕方無いけど、
そこまで人慣れしている猫もどうかとw

374 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/12/08(木) 20:51:48.96 ID:uj4mVCDY0
>>372
仙台について誤解があるようだが、洗脳というのは聞いた事が無い。

震災直後、情報不足のまま放射能濃度が一番高い時期を過ごしたという
以外は、東京と変わりが無い。

宮城県南部は福島県との隣接地域で放射能濃度が高いという報道。
それに関連して、宮城県でもそうした地域は福島県並の補償や検診が
なされるべきではという報道。

宮城県北部で稲わらや干草に高濃度放射性物質が検出され、さらには
その最終処分が決まらないまま、仮の集積場からなかなか動かせない
という事実も報道されている。

最近では、仙台市の業者が、検査済み一等米を横流しし、未検査米を
学校給食に供給していたとして、大問題に。
これは子供を抱える家庭には大問題だな。
我が家の近所の業者で、正直恥ずかしい。

そのような感じで報道されており、情報統制という印象は無い。。
東京でも、何を報道されても、都民のほとんどがガイガーカウンター持参
でウロウロしてるわけじゃないのと、全く同様なわけだ。

民家の軒先や床下から怪しげな放射性物質が見つかったという話も聞か
ないから、むしろ東京は原発に関係なく大変なんだなと、こちらが思うくらい。

ここに至るまで、これは駄目だからもう避難しようと考える者は、とうの
昔にいなくなっているわけだから、必然と言える。

375 :地震雷火事名無し(大阪府):2011/12/08(木) 21:12:21.01 ID:+vfMxawW0
てか震災はまだ落ち着いてなんかいない
半永久的に現在進行中だよ


376 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/12/08(木) 21:27:13.08 ID:uj4mVCDY0
番外編-1

その日、Kがいたのは塩竃市の税務署だった。

ゼロ・アワー。

揺れを感じる。
最初は大きいと感じる程度。

キャビネットから本や書類が落ち、そのうちキャビネットそのものが
倒れてくるに及んでも、のん気なKは、まだ

「なんか大きな地震だな」

程度に思っていたという。

そんなKの目の前で、いきなり床の継ぎ目がガタン、と外れた。
そのまま床に亀裂が入る。
塩竃市でも、市役所は耐震構造だったらしいが、税務署は違ったという。

そこに至り、Kもようやく事態の重要性に気づいた。
・・・のはいいが、何もできず床に這いつくばり、柱に手をかけるのが精一杯だった。

ようやく揺れが収まると、「津波が来るぞ、逃げろ!」と騒ぎが始まったという。
普段は温厚なKだが、その時はさすがに我先にと逃げる人の波に加わった。

海はすぐ近くだ。
どこへ逃げる。

KはJR仙石線の本塩釜駅に向かった。
当たり前だが、仙石線は止まっていた。
それどころか、駅舎も扉を閉ざし、気がつけば辺りは閑散としていた。
Kは、もしかして逃げ遅れたのかと、身震いした。

のん気者のKが津波を免れたのは、まだ30分以上の猶予があったからに他ならない。

377 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/12/08(木) 21:36:21.02 ID:uj4mVCDY0
番外編-2

一方その頃。

Mは勤務先を離れ、仙台市若林区の荒浜に向かっていた。
自宅へ戻るためだ。

ラジオなどで津波の事は知っていたはずだが、それでも海へ。
自宅へと向かうのは、人間にもあるであろう、帰巣本能ゆえかもしれない。

荒浜へ向かう道は空いていた。
荒浜から内陸へ向かう車線は混んでいた。

それでもMは自宅へと走った。
車は、仙台東部道路のすぐ近くまで来ていた。
もうすぐ我が家だ。
家は無事なのか心配だ。

その時、一機のヘリが上空に現れた。
霞の目駐屯地を飛び立った、陸自のヘリだろうか。

低空を飛びながら、ヘリのスピーカーから怒声が響いた。

「津波が来ています!ただちに引き返してください!!沿岸に近寄らないでください!」

Mは知った。
既に自宅にたどり着くのは、不可能な事を。

378 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/12/08(木) 21:43:31.90 ID:uj4mVCDY0
番外編-3

その頃、Gは仙台から東京に来ていた。
会社の研修を受けるためだ。

研修先で激しい揺れに襲われたGは、ただちに研修を切り上げ、
解散するように要求した。

講師は動揺し、何も決められないようだった。
見切りをつけたGは、同僚とともにその場を引き上げた。

TVもラジオも無く、携帯もネットもろくに繋がらない。
Gは東京駅にたどりついたが、そこで新幹線が動かず、仙台に
帰れない事を知る。

Gは同僚ともども、どこかのビルの地下で、あきらめたように
床に腰を下ろした。
床の冷たさが身に染みたが、どうにもならなかった。

Gはこの日、ホームレスとなった。
仙台の詳しい状況が飲み込めるまで、2日ほどかかった。

379 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/12/08(木) 22:00:03.43 ID:uj4mVCDY0
番外編-4

Oは恵比寿にあるオフィスで、ゼロ・アワーを迎えた。

オフィスのあるビルは、免震ビルだ。
どうやら、俺のいた貧相な工場より、よほど激しい揺れに襲われたらしい。
免震ビルとは、そういうものらしい。

仙台でも、仙台駅前の高層ビル「アエル」から、向かいの「アジュール」などの
免震ビルが、コンニャクのように揺れているのが見えたという。

Oのオフィスも例外ではなく、オフィスのテーブルの下に飛び込んだものの、
目の前では大型のFAX/コピー複合機が飛び跳ねていた。

潜り込んだテーブルも、足が全て宙を浮いて飛び跳ね、潜り込んだ全員が
テーブルの足を掴んで床に押さえつけていたという。

それでも収まった揺れの後で、やれやれと後片付けをしていると、上司が
飛んできた。

「Oクン!これはキミの街じゃないのか?」

停電せずに済んだ中で、TVはどこかの海岸線を写していた。
見覚えのある風景を、NHKが空撮で放映していた。

Oは慌てて携帯を取り出し、

「津波、逃げて!」

と、何度もメールを送った。

Oの弟は、地元の道に詳しい。
大震災で渋滞を見越して、海沿いの道をあえて通るかもしれない。
空撮は、仙台市から名取市の沿岸が津波に飲み込む様を写していた。

Oの弟から返事は来なかった。
弟の携帯・・というかPHSはウィルコムだった。
ウィルコムPHSが停電でそっくりダウンしている事など知りようが無い。

もっとも、Oの弟はその頃、仙台東部道路の近くで、津波に遭遇して
慌てふためき逃げ出しており、メールが来てもそれどころではなかったのだが。

俺は、夜中にようやく届いたメールを見て面食らった。
今頃来ても遅いが、さすが血の繋がった姉は、俺の行動パターンを見抜いていると。

Oの弟・・すなわち俺は、姉に無事を知らせるメールを送った。
未だに音声通信回線は、復旧していなかった。

380 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/12/08(木) 22:10:32.25 ID:uj4mVCDY0
番外編-5

Aは、勤め先の、仙台市若林区六丁の目にある本社駐車場でゼロ・アワーを迎えた。

あたりの電柱やポールが波打つようにたわむ。
近くの自動車ディーラーでは、ショールームのガラスが音を立てて
割れ、展示車が転落する。

そのような中で、携帯の緊急地震速報が鳴り響いていた。
今頃来ても、遅いじゃないか。

それでもAは、屋外にいたので、屋内にいた者ほどの恐怖を味あわずに済んだ。

Aの勤務する部署は、仙台港近くの仙台市宮城野区蒲生(がもう)にあった。
大津波警報で、戻れなかった。

仕方ないので本社の片づけを少し手伝った後、自宅に戻る事とした。
塩竃の自宅へ向かう道路−利府街道までの道は、裏道を使ったものの、大渋滞で
いくらも進まなかった。

心細くなり、何度も電話した。
どこにも繋がらなかった。

ようやく繋がったのは、同じく東松島市の自宅に戻る途中のTだった。
Tも、同じ道の少し先の方で、渋滞にはまっていた。

Aは、誰かに繋がったという想いと、渋滞の先の状況が少しだけわかったという
事で、深く安堵した。

その頃、Aの職場は津波に襲われ、周りの住宅地もろとも、ガレキの山と化していた。

381 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/12/08(木) 22:23:38.61 ID:uj4mVCDY0
番外編-6

仙台市太白区長町にあるN整体院にとって、午後2時46分という時間は、
ちょっとしたラストスパートの時間だ。

50分コースの場合、施術をほぼ終え、仕上げに起き上がった患者の
首や肩をほぐしている時である。

揺れが始まり、激しくなる頃になって、ようやく携帯の緊急地震速報が鳴った。
そうはいっても既に揺れは激しく。

幸い、整体院のベッドの周囲には、倒れてケガをするようなものは無く、
人体模型が転倒し、机の上が散乱する程度で済んだが、揺れが収まるまでの
間は、ただひたすら耐え忍ぶしか無かった。

施術は終えていたので、患者を送り返した後で、整体院の入っているビルの
壁面にヒビが入っているのに気づいた。

そしてビルの駐車場でも一悶着が起きていた。
停電のため、駐車場のゲートが開かないのである。

連絡先の警備会社への電話も、繋がらない。
やむをえず、ゲートの虎ジマのポールを切断して、車を通した。

数日後、施術を受けに行った俺は、その切られたポールを見て首をかしげ、
院長に事の顛末を聞いた。

駐車場のゲートが復旧されたのは、4月に入ってからの事である。

382 :地震雷火事名無し(宮城県【23:32 震度1】):2011/12/08(木) 23:45:23.61 ID:Lo1R+oup0
仙台2号さん、
さすがだね!面白いよ。
特にご自分の件が。

俺はその時、パチンコ屋にた。
俺を避けるように天井が落ちてきた。椅子の背もたれに引っつかってる天井の下を、
こんな所では死ねない、と、必死にその天井の下をくぐり抜けたよ。

それ以来パチンコ屋には行っていない。

383 :地震雷火事名無し(空):2011/12/09(金) 00:06:26.53 ID:46XQ+STb0
>>372
すごいよー
by仙台市民

384 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/12/09(金) 01:12:25.02 ID:CHsd/gRb0
>>383
やっぱりorz
宮城関連のスレ覗くと、みんなそう言うね

>>374
オマエが言うなら、やっぱり仙台は完全洗脳されてんだなwww
仙台2号は文章 だけ はうまいが、ゴリゴリの安全厨
なまじ文章がうまいから、かえってタチが悪い
「これからも俺 たち は地元の食べ物を食べる」とかサラリと書く
絆という名の見えない鎖で汚染地の住人を無意識のうちに縛りつけるトリックを使うから
「放射能と被曝問題」に限っては、
みんな、仙台2号には騙されないよう気をつけろよw


385 :地震雷火事名無し(東京都):2011/12/09(金) 01:20:14.17 ID:5rOU9hIy0
仙台2号さんの文章を見てると、
仙台の人って安全洗脳完了済みなんだってことが、なんとなく分かるよ。
悲しいことに。

386 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/12/09(金) 01:25:01.92 ID:CHsd/gRb0
>>385
そうそう、それ。
哀しいよね。なまじ文章がうまいだけに。

387 :地震雷火事名無し(兵庫県):2011/12/09(金) 01:54:12.99 ID:rvqDOGCh0
報道等、他県や海外と比べないと洗脳されているかどうかもわからないからな。

388 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/12/09(金) 02:08:55.12 ID:FBzO1av9O
実際今現在も渦中にいて、移住するあてもないのなら仕方がないと思うよ
そんなに簡単な話じゃないんだよ
当日に放射能が降り注ぐ中で水を汲まなければならなかった状況
それが今も続いているんだよ、きっと

389 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/12/09(金) 02:28:27.76 ID:CHsd/gRb0
被災地で今も災害時の状態から抜けられない人なら仕方ないよね。どうしようもない
だけど、一段落して、家も残ってる人とか、多少でも貯蓄のある人とか、
そういう人は、できることなら安全地帯の食べ物を通販したり、飲み水をミネ水やRO水に変えたりできる人だっているはずじゃない?
特に子供のいる人。
そういう人までも、安全洗脳されて深く考えずに危険な食べ物を食べてる現実
いわゆる「正常化バイアス」と「同調バイアス」に流されて、何となく被曝してる現実
ちゃんと自分の意志で選択してるわけじゃないんだもん
キツいわ

390 :地震雷火事名無し(兵庫県):2011/12/09(金) 02:31:38.12 ID:rvqDOGCh0
>>388
それは皮肉?
心理的にはどうあれ、そんな状況が今も続いてたらまずいだろう。
折角生き延びた人たちが日々自殺的行為を続けるなんて悲惨だ。


391 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/12/09(金) 03:10:13.66 ID:IF6UHApIO
震災を風化させないように体験を書こうってスレだからさ
兵庫県とdion軍も何か書いてけよ
危険厨の「わたしたち」もたくさんいるはず


392 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/12/09(金) 03:19:33.86 ID:yPENn8WJO
俺たちって言った!とかまだ言ってるんですか。
あなたに糾弾を受けてから、もう言わないようにされているじゃないですか。
一般人1人の発言を聞いただけで、仙台や被災者を一括りにしてるのは、あなたの方ですよ。
人を何だと思ってるんですか。
赤子じゃあるまいし、それぞれ個々の判断で生きてますよ。
危機感があろうと無かろうと、あなたのように子供っぽく騒がないだけです。
あなたが感じるほど、この方の哲学に影響力はありませんよ。
当事者だけが知る体験談に興味があるだけです。
そう興奮せず落ち着いて静かにしていてください。

393 :地震雷火事名無し(兵庫県):2011/12/09(金) 03:37:55.26 ID:rvqDOGCh0
体験か、
震災があったことに気づいたのが11日の夕方だった。
久しぶりにテレビをつけて、その夜はテレビの前で寝ようと思ったが眠れなかったので
一晩中、非常用持ち出し袋をチェックしたり、避難のシミュレーションしたり、
海の様子を見に行ったりしていた。
その後1ヶ月ぐらいはほとんどまともに眠れず、毎晩原発の情報収集をしていた。

ほどなく原発が爆発し、関東の友人が心配になった。
13日、思い切って東京、神奈川、群馬の友人たちに連絡した。
子供がいる家庭もあるし、逃げて来て欲しかったが、
「群馬は原発から遠いから大丈夫」
「コンビニに物が少ないくらいで普通」
「それより給食がないので弁当作りのために早起きするのが大変」
「夫が昔原発作業員で、大丈夫だと言ってるから」
「エネループ買い占めたから停電でも大丈夫」
みんなそんな反応で、ますます心配になった。

親は最初から、お前ねらーだろうと思うほどの危険厨だった。
スーパーに安全なものがないというので、
道の駅や直売所で野菜等を買って毎週届け続けている。

394 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/12/09(金) 04:09:04.67 ID:IF6UHApIO
書いてくれてありがとう。
やはり体験を書いてくれると説得力あるよ
なるほど仙台2号の事が心配になるわなーって。
上でも被災地で葛藤するご友人のことを書いている方がいて
ああそういうことなんだって思ってさ。

395 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/12/09(金) 07:19:38.65 ID:OdbLnWyFO
>>384

だから、お前の思い出を書けよ。

396 :地震雷火事名無し(内モンゴル自治区):2011/12/09(金) 09:07:54.35 ID:LYiHgXHlO
仙台人が正常性バイアス、もしくは認知的不協和に陥っているのは本当ですよ。
誰も放射能の話をしたがらない。
もちろん情報は遮断されていないし、たまに「こわいねー」と口に出す人はいる。
一瞬シーン・・となった後に、慌てて誰かが「でもほら!仙台はそんなに汚染されてないし!」「うんうんそうだよね」「気にしてたらやってらんないよね」な流れ。
学校でさえ、『みなさんもっと外遊びして健康な体を作りましょう』(側溝等セシウムが溜まっているから近付くな的注意は一切ない)だし、給食は地産地消(最近福島米が擬装されてたけど)だし。
震災ショックから立ち直るので精一杯、これ以上何も聞きたくない状態。
津波から逃れた地域でも、ガスは一ヶ月使えなかったし、続く余震の恐怖、食料を求めてさ迷った、でも津波被害に遭った人よりまし、文句言ってらんない、復興しなくちゃね!!
そんな精神状態なんです。いくら危険を説いても無駄ですよ。情報は遮断されてないんです。でも耳も目も塞いでいるんです。


397 :地震雷火事名無し(SB-iPhone):2011/12/09(金) 10:57:58.61 ID:Xzu8Ean10
仙台に限らず、日本人のほとんどが
汚染そんなにひどくない大丈夫(^^)って言ってる。
自分の住んでるとこが放射能汚染されてるなんて認めたくないだけ。
認めると、移住やらできる限りの除染やらいろいろ調べたり考えたりめんどくさくなる現実から逃避したいんだよ。考えるのがめんどくさい。

汚染問題は一生ものの長期戦だからな
大丈夫大丈夫って今まで通りボケーと暮らしたいだけ


398 :地震雷火事名無し(内モンゴル自治区):2011/12/09(金) 11:34:09.46 ID:LYiHgXHlO
>>397
仙台に限らず、日本人のほとんどが汚染そんなにひどくない大丈夫(^^)って言ってる。

その通り。
宮城の人は、「福島なんで逃げないんだ」と思ってるし、関西人は「関東なんでまだ平常運転なんだ」と思ってるし、外国から見りゃ「日本オワタ」だから。

399 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/12/09(金) 12:57:41.31 ID:OdbLnWyFO
だからさあ、そういう話しはそういう板が有るだろうよ。
何回言われれば分かるの?馬鹿なの?

どうしてもこのスレで安全だ危険だ言いたいなら、それに絡めた「思い出」まで書けよ。


400 :地震雷火事名無し(東京都):2011/12/09(金) 13:26:41.80 ID:6pt5vq6X0
福島県産の野菜を食べないやつは非国民扱い
避難した人は社会的な意味で二度と帰ってこられず
「放射能が怖い」「被曝したくない」とうっかり草刈りの時期に言えば、「あなたは除染に協力しないのか!」と町内会で詰られる

会津の人は廃藩置県が行われてから150年近く経とうというのに
いまだに脱藩が重罪だと思ってる。

嫌な意味で会津魂が発揮されてしまってる。

401 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/12/09(金) 13:33:21.44 ID:fpCnhfkIO
思い出というか、少し不思議?な体験。

震災前の、3月の7日か8日だったはず。
ふと、「そういえばチェルノブイリって、今どうなったんだろう?」
そう思って、事故当時から現在までの事を調べなおした。
その時は、何故か気になったから調べただけだから、「怖いな〜」程度だった。

だから震災の後に原発が爆発した時は全身が震えた。
家族に「大丈夫だよ」と言いながら、恐怖でいっぱいだった。
我が家は原発から50キロ付近だったから、「キエフと同じ位…?」と考えて絶望した。
周囲は震災の後片付けで、誰も原発の心配なんてしていなかった、表向きは。

みんな言うんだよ、「50キロも離れているんだから大丈夫」って。


幸い、1号機と3号機の爆発は風向きの関係でかわせた。
だけど2号機の時はもろに被った。
風向きと時間を考えたら、逃げるのはもう間に合わなかった。
下手に動けないと判断したからおおよそ三週間、自宅で籠城した。

その後も極力外出は控えて、マスクに長袖…町で浮いてた(笑)
秋の人事異動に志願して、家族と福島を脱出、今に至る。


何故あのとき突然チェルノブイリを調べようなんて思ったのか、今でも分からない。
虫の知らせ、ってやつなんだろうか。



402 :地震雷火事名無し(タイ):2011/12/09(金) 13:44:21.24 ID:jm0s2F/w0
>>398
そのとおり、海外では日本の終わったが定説。
この間も粉ミルク+福島で水揚げされた魚の試食会に?
狂ってると反応多し

403 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/12/09(金) 15:03:41.77 ID:CHsd/gRb0
>>392
おまえ、これまでの流れ全部読んだ?
全部読んだ上で言ってるなら、オマエも仙台2号に負けず劣らず、歪みまくりだわw
仙台2号は、あれだけ多くの人に指摘されてるにもかかわらず、
自分の言葉を一度も訂正していない。
もし仙台2号が、
「確かに、地元の食べ物を本当に食べたい思ってるかどうか、今後も地元の食べ物を食べ続けるかどうかなんてことは、俺は俺ひとりのことしかわからないのに、『俺達』と言ったのは間違いだった。『俺はこれからも地元の食べ物を食べ続ける』に訂正するよ」
というような書き込みを、たった一度でもしていれば、
オマエの言うとおり「まだ言ってるんですか?!」と火病るのも、わからんでもない。
しかし仙台2号は、自分の言葉を一度も訂正することなく、
しかも>>374みたいな書き込みをして
洗脳なんて聞いた事が無い(www)まで言うのだから、
叩かれない方がどうかしてるわw


>>397
>仙台に限らず、日本人のほとんどが 汚染そんなにひどくない大丈夫(^^)って言ってる。
俺は日本中に散らばってる友人達と話すにつけ、
特に仙台(宮城)が酷いような気がしている。日本全国、均一ではないと思う。
だからこそ、日本人の仲間内でも、葛藤し、混乱してる。


>>395
俺の土地は津波被害の無かった土地だから、震災後の思い出で一番心に刻まれているのは、
原発事故と放射能による、仲の良かった人間関係の混乱と葛藤と諦念、
つまり、安全厨のオマエらがいちばん聞きたくない話ばかりだ。
言っとくが、俺の話は仙台2号の話のように、被災者のカタルシスを昇華して涙を流して気持ちよくなれるような話ではない。
被災者が今も意識的に目を逸らしている事実を目の前に突きつける、現在進行形の話だ。
それでも聞きたいか?
俺はここで、被災者達の様々な話を読んでいて、自分の震災後の思い出や出来事を語るのは自重していたが、
それでもどうしても聞きたいというなら、少しづつ書いてやるよ。俺にとってもすごくキツイことだがな


404 :地震雷火事名無し(茨城県):2011/12/09(金) 15:35:20.57 ID:UAh8NSBA0
震災後、お気に入りのラーメン屋のラーメン最初に食った時、すげー旨かった。


405 :地震雷火事名無し(東京都):2011/12/09(金) 15:51:09.94 ID:2i2QxfIi0
お、お、おれ俺の、震さささささいご後の、あ後のおもお思いでえは

406 :地震雷火事名無し(四国地方):2011/12/09(金) 15:58:11.12 ID:uuKmaodYO
>>403
いや 別に聞きたくないわ

407 :地震雷火事名無し(内モンゴル自治区):2011/12/09(金) 16:19:48.73 ID:gkGIYqfPO
>>403
私もとくに聞きたいとはおもいませんので…結構です。

408 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/12/09(金) 16:35:03.16 ID:FBzO1av9O
確かに仙台の友人は未だにグルメ祭りしてるw
だけど東京の友人もグルメ祭り
神戸の友人も同じく

福島でさえ避難しない人がいるんだし、その周りや関東で正常バイアスも納得だよ
関西以西においては無知の極み
つまり日本全国総白痴化
救いようがないあほ国民

だから特定の地域をとやかく言うのは間違いだね


自分は今もまだ非常事態だけど、比較的安全な食材確保が済んできてやや落ち着いたかな
当初は下痢しまくる程テンパった
広島に避難した時に、広島の人の呑気さに驚いたけど
東京に戻った時に東京の人の呑気さに絶望した
今はもう周りには期待も何もしていない
自分の出来ることをするのみ
そういう意味で、諦めるな自分!がんばれ自分!と言う1億人分の1人の日本復興計画実行中

409 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/12/09(金) 16:37:01.11 ID:CHsd/gRb0
>>396
>情報は遮断されてないんです。でも耳も目も塞いでいるんです。

たぶんそれが正解だろうね
仙台は、津波の被害と放射能の被害、両方厳しいという特殊な位置だから
余計へんな安全洗脳されちゃってるんだろうね


>>406>>407
だろ?w
ここ読んでいれば、ここの奴らが俺の体験した出来事や思い出なんて、
「アーアー聞こえない聞きたくない」状態だってことは、わかりすぎるほどわかるわw
だから黙ってたんだし、これからもわざわざここには書かないよ


410 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/12/09(金) 16:48:16.88 ID:FBzO1av9O
>>409
原発の話絡めちゃうとまだ終わってないわ、オワタ感満載になるわで収拾つかなくなるでしょ
このスレはそこまで踏み込まないで良いんじゃないの?
取り敢えず地震や津波の被害からの落ち着くまでの話でさ
それだって近年にない被害の大きさだったんだから

411 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/12/09(金) 16:56:03.80 ID:CHsd/gRb0
>原発の話絡めちゃうとまだ終わってないわ、オワタ感満載になるわで収拾つかなくなるでしょ

そうだよ。
そしてその「収拾つかない現実」こそが、まさに今の日本の真の姿なのに
どうしてもその現実から目を背けたい奴も多いのさ。このスレみたいにな
このスレでは原発の話はおいといて、とりあえず収拾したっぽい感じにしておきたいんだろ
よくわかるよw

412 :地震雷火事名無し(関東地方):2011/12/09(金) 17:54:28.02 ID:OTpuuM/rO
dion軍さん。
あなたの言うことに誰も異論はない。でももう少し別のところで頑張ってください。

>>1
>放射能問題はまだ納まらないが・・・
>震災の経験を風化させないために語りましょう。

とスレ主さんは書いてる。

それに即していろんな人が身近な経験を語ってくれている。そして、その話に静かに耳を傾けている人は多い。
さまざまな経験談の中に、生きる希望を見いだす人も少なくないし、これからの日本を考えるきっかけを与えられることもある。

dion軍さん。
このスレで余計な時間とエネルギーを無駄遣いしないようにご自愛ください。

413 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/12/09(金) 18:51:44.54 ID:IF6UHApIO
>>403
無理やり書かなくていいけど
聞きたい

414 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/12/09(金) 19:03:05.44 ID:CHsd/gRb0
>>412
>あなたの言うことに誰も異論はない。

いや、異論のある人もいるってばw
他人の意見を自分と同じだと思い込まない方がいいよ。
仙台2号みたいに。


>>413
やめとくよ
どう見ても、ここでは聞きたくない人の方が多そうw
そのうち他で書くわ


415 :地震雷火事名無し(内モンゴル自治区):2011/12/09(金) 19:31:10.78 ID:LYiHgXHlO
396、398です。
私が書いたのは、仙台2号さんを責める為ではなくむしろ逆。
仙台のほとんどにはまだ負荷が多き過ぎるのだから、それ以上求めるなって事。スレタイは『落ち着く迄』とあるけど、まだまだ落ち着いてなんかないんですよ。
私は仙台2号氏の書き込みに心を添わせつつ、dion CHsd/gRb0氏の苛立ちもよーくわかる。
私は仙台で暮らした後に他県に移り、そして懐かしの仙台に戻って落ち着いた頃に震災に逢い、身を引き裂かれる思いで移住したから。
友人達に「逃げろ!」と言いたい。でも、無理なんだよ。もう残ると決めた人達に不安を煽る事を言ってなんになる。
彼らの生活を補償してやれる甲斐性は私にはない。
放射能は待ってはくれないし疲れを知らないけれど、人間の心はそんなに簡単じゃない。
震災の心の整理がついたら考える余裕が出来るかもしれない。
待つしかない。いつでも手を差し伸べられるように心構えしつつ。

416 :地震雷火事名無し(内モンゴル自治区):2011/12/09(金) 19:37:25.86 ID:LYiHgXHlO
書き忘れた。

dion CHsd/gRb0

このスレがまだ放射能問題に正面から向き合えない事は私はしょうがないと思っている。
あなたの今の苛立ちに繋がる過程もいつか聞きたい。待っている。

417 :地震雷火事名無し(dion軍):2011/12/09(金) 19:42:39.43 ID:CHsd/gRb0
これで最後の書き込みにするわ

>>415
>友人達に「逃げろ!」と言いたい。でも、無理なんだよ。
>もう残ると決めた人達に不安を煽る事を言ってなんになる。
>彼らの生活を補償してやれる甲斐性は私にはない。

当然だ。私も仙台の友人に「逃げろ」なんて言う気は全く無い。
逃げられるもんなら逃げたいと思ってるのは、本人だ。

>放射能は待ってはくれないし疲れを知らないけれど、
>人間の心はそんなに簡単じゃない。
>震災の心の整理がついたら考える余裕が出来るかもしれない。

人間の心はそんなに簡単じゃないのはそのとおりだが、
そろそろ現実に目を向けて、何が起こってるのかを自分で真面目に調べてほしいし、
「食べ物を通販する」とか「マスクする」とか、その程度の被曝を避ける勇気は持ってほしい。
放射能は待ってくれないんだから。命がかかってんだから

そして、そういう人たちの勇気をへし折るような「復興」だの「絆」だのの言葉には、もううんざりだ!

そして、
仙台に住む友人をはじめ、微妙な地域のたくさんの人たちが一刻も早く目を覚まして
一人でも二人でも、多くの人たちの命が無駄になりませんように。


418 :地震雷火事名無し(関西・東海):2011/12/09(金) 19:43:00.52 ID:lla8iIwFO
震災後じゃないだろ。始まったばかりだろが

419 :地震雷火事名無し(新疆ウイグル自治区):2011/12/09(金) 19:45:28.57 ID:FKBh/I1b0
そのとおり
本当の地獄はこれから

東北と関東のな

420 :地震雷火事名無し(内モンゴル自治区):2011/12/09(金) 20:23:27.33 ID:LYiHgXHlO
『復興』、『絆』。自衛しながらその土地にいる者、自衛に疲れて移住する者(自分がそう)にとって呪縛の言葉。
残る者にとっても呪縛だけれど、縛られている綱が見えなければ奮起の魔法。
リアルで言えないからせめてネットで吠えるのは私も同じ。一人でも助かって欲しい。

421 :地震雷火事名無し(滋賀県):2011/12/09(金) 20:37:19.09 ID:m2pweS5LI
原発立地町住民さんの続きが聞きたい。

422 :地震雷火事名無し(大阪府):2011/12/09(金) 20:39:02.25 ID:VpFXSVuN0
リアルでも言いまくってるよw

423 :地震雷火事名無し(チベット自治区):2011/12/09(金) 21:15:25.02 ID:kSKoVrbZ0
影では進めていたことだろうが、民主政権からの震災後
この国は独裁社会にガラリと風変わりしてしまった

民衆も半島が運営するテレビで未だ日本マンセーの平和ボケ状態
日本の体制はそのうち北朝鮮となんら変わらないようになるだろうな

424 :地震雷火事名無し(関東地方):2011/12/09(金) 21:46:17.75 ID:OTpuuM/rO
>>417
> これで最後の書き込みにするわ

>>211
> もう黙る。

同じdion軍さん?

425 :地震雷火事名無し(大阪府):2011/12/09(金) 22:12:38.92 ID:l4RQ1W5F0
新潮社の人見てるぅ?

426 :地震雷火事名無し(東京都):2011/12/09(金) 23:40:50.50 ID:5rOU9hIy0
放射能の思い出を語りたい人は、
脱力スレに来なさい。

427 :地震雷火事名無し(大阪府):2011/12/10(土) 00:05:59.19 ID:oMA5w6p/0
壮絶な体験にもかかわらず、事実のみを淡々と書いてくださったので
ニュースでは伝わらない部分もよくわかり感謝しています。
原発問題は原発スレで好きなだけ討論すればいいと思います。

428 :地震雷火事名無し(新潟・東北):2011/12/10(土) 01:40:12.67 ID:VA86TuWwO
自分、仙台市だが放射能に神経質になって生活してるぞ。比較的、安全な物しか食わんよ。別に家庭持ちの子ありじゃないがね。(これからも予定無し)

429 :地震雷火事名無し(東日本):2011/12/10(土) 01:57:06.27 ID:h2cQ2ATM0
だから放射能の話はよそでやれと言われてるのが何故わからない?

430 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/12/10(土) 10:55:41.61 ID:jLME0vpXO
あのさ
地震おk放射能ダメとかじゃなくてさ
このスレだけでも書き込んでくれた人の話は丸ごと受け止めるって訳にはいかないかな
いろんな人が別々のところで様々な体験してて
一つの事象の捉え方も当然違うわけじゃん?

431 :地震雷火事名無し(関東・甲信越):2011/12/10(土) 11:08:08.76 ID:jLME0vpXO
ごめんよく考えたら
これもただのわがままだな
やっぱ撤回する
だからスレ分けて棲み分けたり
まとめサイトとかつくるんだな


432 :地震雷火事名無し(WiMAX):2011/12/10(土) 13:20:12.59 ID:0ElheZ+y0
放射能の問題も含めた思い出を、書きたい人が書けばいいだけのことだろう。
批判だけや擁護だけの書き込みが存在することが、おかしい。
おれもしばらくしたら書くが、震災は放射能汚染および政府の情報操作からの自己防御と
その情報をリアルタイムに教えてくれ、守ってくれた友人たちとの絆なしには語れない。
大抵の人はそうやって生き延びてきたはずで、政府の情報操作に馬鹿正直に乗っかっている人は少数派では?
ただ、これも書くけど、福島県と、宮城・岩手では、それぞれに異常な事が起きているのも事実。

433 :地震雷火事名無し(東京都):2011/12/10(土) 13:44:40.85 ID:DiWfZjzc0
コマケーことはいいんだよ!

434 :地震雷火事名無し(SB-iPhone):2011/12/10(土) 16:09:56.33 ID:vLNRIAFq0
大体この災害に伴う思い出なんて人それぞれ十人十色だろ
四六時中、放射線量の数値をきにしてたり、キチガイ政府にムカついてたり、今にもきそうな直下大地震にビクビクしたり

ちなみに個人的な一番の思い出(現在進行中)は、日本がここまでキチガイ国家であるこを痛感するイベントが多すぎること


435 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/12/10(土) 23:10:55.57 ID:rHw1qVvq0
一応、放射能がらみの事も書いておいた方がいいようなので、一つ。
といっても、本当にこの一つしか無い。

そもそも放射能の話題自体が無いので、俺には本当に書きようが無いのだ。
誰かが「放射能の話題をすると話をそらされる」と書いていたが、
そもそも話題に上る事自体が皆無に近い。

これも誰かが書いていた事なのだが、放射能以上の事態に直面している
場合、それを優先せざるをえない。

しかしながら、放射能以上の事態というのが存在しない場合は、当然放射能に
関する話題を最重点にせざるをえない。

同じ仙台市民でも、そのあたりは立場によりスタンスが分かれるところだと思う。

436 :仙台2号 ◆LaS5efkS5. (宮城県):2011/12/10(土) 23:35:49.11 ID:rHw1qVvq0
番外編-7

勤める工場にて、5月くらいだったと思う。
先輩が俺に真剣な顔をして聞いてきた。

「なあ、おまえ福島県の野菜とか食おうと思うか?俺は絶対に食わないね!」

俺は仕事の手を休めず答えた。

「はぁ。自分は普通に食いますが。」
「なんでだよ?!ありえねえだろ!あいつら放射能に汚染されてるんだぜ?」
「そうは言いますが・・・福島に梨農家の知り合いもおりますし、今年もそこの
梨を楽しみにしております。」

「だって内部被爆するだろう!」
「そうですねぇ。検査してセシウム出たら、さすがに自分も嫌ですが。」
「そうだよな。誰でもそうだよ。」

「とはいえ、野菜なんてオフクロが買ってきますし。」
「スーパーで野菜買う時、○○産ってあるじゃないですか。あれって信じてます?」
「・・・・・・」

「前に中国産の野菜が国産と偽って、問題ある野菜が平気で並んでたじゃないですか。」
「そんな事もあったな」
「どうも自分には、今回も同じような事が起きると思っているのです。」
「であれば、問題無いと思って買った野菜が福島産だったって事もあるわけじゃないですか。」

「・・・・・・・」
「そりゃ気分的に、福島以外の野菜の方が安心するって気持ちはわかります。」
「ただ、産地偽装が平然と行われてるこの国で、放射能から逃げようって、無駄な話のような気も
してるんです。」
「・・・・・まぁ、確かになぁ。」

「こいつはあくまで気の持ちようですが」

と、俺は手を休めた。
「産地偽装されてるかもしれない怪しげな野菜、それも妙な農薬使った不健康なもん食ってるより、
明らかに福島産って書いてあって、検査済の食ってる方が、まだ安全かもしれませんよ。」
「少なくとも、産地偽装で【福島産】と書く奴はイマドキいないでしょうから」
「ハハッ、確かにそうだな。」

「それより先輩、もうトシなんだがら、内部被爆したって寿命とか大して縮まんないでしょう。
お子さんも家出たんだし、別に被爆してもいいんじゃないですか?もう髪も無いからわかんないッスよ。」
「いや、やっぱり被爆は嫌だって!」

俺が連載?で紹介した期間の中で、放射能の話題をしたのは、おそらくこれが最初で最後だったと思う。

これを見て「やっぱり洗脳してる!」と受け取るか。
あるいは、この会話の中から何らかの真理を見つけ出すか。
そこは読者諸兄にお任せしたい。

437 :地震雷火事名無し(東京都):2011/12/11(日) 00:30:40.85 ID:S3pIA8gM0
ん。まあ定番の安全厨会話だな。
そういうことだよ。

318 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)