5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【石川】 能登の高齢化が深刻に

1 :名無しさん@涙目です。(青森県):2011/03/07(月) 22:50:20.44 ID:Aw7pns5L0● ?PLT(18000) ポイント特典

開業医も高齢化 奥能登、3分の1が65歳以上
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20110303101.htm
今月に閉院した医院=輪島市町野町
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20110303101.jpg

医師不足が深刻な奥能登2市2町で、開業医の3分の1が65歳以上となり、
医師の高齢化が進んでいることが2日までに、能登北部医師会の調査で分かった。
輪島市中心部か ら約20キロ離れた同市町野町では今月、住民のかかりつけ医として
50年以上働いてき た医師が高齢化を理由に閉院。
こうした流れは今後も続くとみられ、医療関係者の間では、地域医療の弱体化を危惧する声が漏れている。

能登北部医師会によると、2日現在の奥能登の開業医(歯科医除く)は33人で、
うち 11人が65歳以上。60歳以上でみると半数近い14人に上り、
大半は後継者がいないという。
同医師会の北川浩文会長は「数年以内にさらに幾つかの開業医が
閉院せざるをえない危機的状況だ」と、懸念を隠さない。

1日、閉院した町野町の医院は、院長(83)が1959(昭和34)年に開業し、
内科と小児科、眼科が専門だった。同町金蔵の井池光夫さん(82)は、
急患が入って宴席を中座した院長の姿を思い起こし
「四六時中休みなく、われわれの命を守ってくれた」と 閉院を惜しむ。

輪島市町野町では2008(平成20)年にも別の開業医が閉院しており、
開業医は1人を残すのみとなった。遠出が難しい高齢の患者が増え、
身近な開業医への期待は高いが 、今後、同町の患者の一部は市立輪島病院や
輪島市街地、能登町の開業医に通うことも想定される。
市立輪島病院の井上治事務長は「バスやタクシーでの通院は避けられず、
患者の負担は増すばかりだ」と指摘する。

22 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★